2022/05/18 更新

写真a

タカハシ トオル
高橋 徹
所属
人間科学学術院 人間科学部
職名
助教
プロフィール

人がどのように自身の「思考」や「思い」によって苦しめられ,どうしたらそれらとうまく付き合えるようになるのかに関心があります。そのための方法として,今の体験にただただ気づいていくマインドフルネスに着目して研究しています。
現在は,以下の研究に携わっています。
1. Five Facet Mindfulness Questionnaireの短縮版の作成と妥当性・信頼性の検討 → Takahashi et al., 2022 (Frontiers in Psychology)

2. マインドフルネスのメカニズムの予測符号化モデルに基づく理解 → 髙橋・荻島, 2022(心理学評論)

3. うつと不安に対するマインドフルネス集団療法の作用機序研究ーマインドワンダリングと関わる脳波による検討ー(ランダム化比較試験)

 

自閉スペクトラム症に関する以下の共同研究も行っています。

1. 潜在的な対人志向性を測定する潜在連合テスト(Implicit Association Test)の開発

2. 自閉スペクトラム症者の社会的カモフラージュ行動とメンタルヘルスの関連

3. Autism Acceptance Questions 日本語版の開発

 

また、幸せになろうとして幸せから遠ざかる社会や人間の仕組みに関心があります。そのような仕組みを、評価判断しないマインドフルネスの態度が緩和するのではないかと考えて、社会学者の人と共同で調査研究をしています。

学歴

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学大学院   人間科学研究科   博士後期課程  

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    早稲田大学大学院   人間科学研究科   修士課程  

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    東京大学   教育学部   教育心理学コース  

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    東京大学   教養学部前期課程   理科二類  

学位

  • 2021年03月   早稲田大学   博士(人間科学)

  • 2017年03月   早稲田大学   修士(人間科学)

  • 2015年03月   東京大学   学士(教育学)

経歴

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   人間科学学術院   助教

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   人間科学学術院   助手

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    日本学術振興会   特別研究員DC1

  • 2018年04月
    -
    2018年09月

    東京成徳大学   経営学部   非常勤講師(数理の基礎)

  • 2017年09月
    -
    2018年03月

    早稲田大学   人間科学部   教育コーチ(専門ゼミ(行動医学))

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    早稲田大学重点領域研究機構   戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)   研究補助者

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    日本認知療法・認知行動療法学会

  •  
     
     

    日本行動医学会

  •  
     
     

    日本不安症学会

  •  
     
     

    日本心身医学会

  •  
     
     

    日本ストレス学会

  •  
     
     

    日本健康心理学会

  •  
     
     

    日本心理学会

  •  
     
     

    日本マインドフルネス学会

  •  
     
     

    日本認知・行動療法学会

▼全件表示

 

研究分野

  • 基盤脳科学

  • 臨床心理学

研究キーワード

  • 社会的カモフラージュ

  • 自閉スペクトラム症

  • 予測符号化

  • 脳波

  • ニューロフィードバック

  • メタ的気づき

  • マインドワンダリング

  • 不安

  • うつ

  • マインドフルネス

▼全件表示

論文

  • Effect of a Mindfulness-Based Intervention on Self-Compassionate Behaviors: A Randomized Controlled Trial

    Taro Uchida, Toru Takahashi, Fukiko Sugiyama, Tomoki Kikai, Yusuke Nitta, Hiroaki Kumano

    Psychological Reports     1 - 31  2022年05月  [査読有り]

  • The Validity and Reliability of the Short Form of the Five Facet Mindfulness Questionnaire in Japan

    Toru Takahashi, Junichi Saito, Masahiro Fujino, Masashi Sato, Hiroaki Kumano

    Frontiers in Psychology   13   833381  2022年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • The relationship between stability of interpersonal coordination and inter-brain EEG synchronization during anti-phase tapping

    Yuto Kurihara, Toru Takahashi, Rieko Osu

    Scientific Reports   12   6164  2022年04月  [査読有り]

    DOI

  • A method of measuring the ability of disengagement from mind-wandering using electroencephalogram and its relationship to mindfulness and depressive symptoms

    Issaku Kawashima, Toru Takahashi, Tomoki Kikai, Fukiko Sugiyama, Hiroaki Kumano

    Psychology & Neuroscience   15   14 - 27  2022年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Efficiency and Stability of Step-To Gait in Slow Walking

    Kento Hirayama, Yohei Otaka, Taichi Kurayama, Toru Takahashi, Yutaka Tomita, Seigo Inoue, Kaoru Honaga, Kunitsugu Kondo, Rieko Osu

    Frontiers in Human Neuroscience   15  2022年01月  [査読有り]

    DOI

  • 経頭蓋静磁場刺激が自己注目状態時の前頭前野に与える影響の予備的検討

    片山広大, 富田望, 二瓶穂香, 高橋徹, 栗原勇人, 芝田純也, 美馬達也, 大須理英子, 熊野宏昭

    早稲田大学臨床心理学研究   21   35 - 41  2021年12月  [査読有り]

  • マインドフルネスのメカニズムの予測符号化モデルに基づく理解

    髙橋徹, 荻島大凱

    心理学評論   64 ( 3 ) 295 - 317  2021年12月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Global perspectives on autism acceptance, camouflaging behaviours and mental health in autism spectrum disorder: A registered report protocol

    Connor Tom Keating, Lydia Hickman, Philippine Geelhand, Toru Takahashi, Joan Leung, Bianca Schuster, Alicia Rybicki, Teresa Marie Girolamo, Elise Clin, Fanny Papastamou, Marie Belenger, Inge-Marie Eigsti, Jennifer Louise Cook, Hirotaka Kosaka, Rieko Osu, Yuko Okamoto, Sophie Sowden

    PLOS ONE   16 ( 12 ) e0261774  2021年12月  [査読有り]

    DOI

  • Effects of transdiagnostic group treatment for sleep disturbances in adult Attention-deficit/hyperactivity disorders and Autistic spectrum disorder: A pilot study

    Miho Ishii, Wakako Ito, Yuki Karube, Yuko Ogawa, Anna Tagawa, Shunta Maeda, Hideki Sato, Toru Takahashi, Natsumi Inomata, Hajime Narisawa, Yoshikazu Takaesu, Koichiro Watanabe, Isa Okajima

    Sleep and Biological Rhythms    2021年11月  [査読有り]

  • The Moderating Effect of Attention-Deficit Hyperactivity Disorder Symptoms on the Relationship Between Procrastination and Internalizing Symptoms in the General Adult Population

    Mana Oguchi, Toru Takahashi, Yusuke Nitta, Hiroaki Kumano

    Frontiers in Psychology   12  2021年10月  [査読有り]

    DOI

  • 調整的音楽療法(RMT)第1期における介入効果の検討

    二瓶 穂香, 小口 真奈, 高橋 徹, 仁田 雄介, 管 思清, 榎本 ことみ, 朴木 優斗, 熊野 宏昭

    人間科学研究   34 ( 2 ) 101 - 107  2021年09月  [査読有り]

  • 事象関連電位P300を用いた能動的注意制御機能の測定法

    朴木 優斗, 管 思清, 小口 真奈, 髙橋 徹, 仁田 雄介, 富田 望, 熊野 宏昭

    人間科学研究   33 ( 2 ) 279 - 286  2021年03月  [査読有り]

    CiNii

  • Effects of the Attention Training Technique on Brain Activity in Healthy University Students Assessed by EEG Source Imaging

    Kaori Usui, Issaku Kawashima, Nozomi Tomita, Toru Takahashi, Hiroaki Kumano

    Psychological Reports   (Published online)   1 - 20  2021年02月  [査読有り]

     概要を見る

    This study aimed to investigate the neurocognitive effects of the Attention Training Technique (ATT) on brain activity in healthy participants. The participants included 20 university students who were asked to practice ATT as a homework assignment for 20 days. The intracerebral source localization of their electroencephalogram during rest and the ATT task, which comprised selective attention, attention switching, and divided attention conditions, was evaluated by standardized low-resolution brain electromagnetic tomography. Brain activity during rest was subtracted from that during the ATT task, and that was compared before and after the homework assignment. The results for the divided attention condition indicated significantly decreased alpha 1 frequency band power in the left orbital frontal cortex (OFC) and alpha 2 power in the right inferior temporal cortex. Further, decreased alpha 1 power in the left OFC correlated with reduced subjective difficulty during the divided attention condition. One possibility is that the brain activity changed as the effect of ATT practice, although this study cannot confirm causality. Further studies are required which include a control group that would complete similar training without the ATT task.

    DOI

  • Transcranial direct current stimulation of the posterior parietal cortex biases human hand choice

    Kento Hirayama, Takayuki Koga, Toru Takahashi, Rieko Osu

    Scientific Reports   11 ( 1 ) 1 - 10  2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    <title>Abstract</title>Hand choices—deciding which hand to use to reach for targets—represent continuous, daily, unconscious decisions. The posterior parietal cortex (PPC) contralateral to the selected hand is activated during a hand-choice task, and disruption of left PPC activity with a single-pulse transcranial magnetic stimulation prior to the execution of the motion suppresses the choice to use the right hand but not vice versa. These findings imply the involvement of either bilateral or left PPC in hand choice. To determine whether the effects of PPC’s activity are essential and/or symmetrical in hand choice, we increased or decreased PPC excitability in 16 healthy participants using transcranial direct current stimulation (tDCS; 10 min, 2 mA, 5 × 7 cm) and examined its online and residual effects on hand-choice probability and reaction time. After the right PPC was stimulated with an anode and the left PPC with a cathode, the probability of left-hand choice significantly increased and reaction time significantly decreased. However, no significant changes were observed with the stimulation of the right PPC with a cathode and the left PPC with an anode. These findings, thus, reveal the asymmetry of PPC-mediated regulation in hand choice.

    DOI

  • 日常生活場面における徐波睡眠と気分の影響関係の検討 -ウェアラブル端末を用いた1週間の縦断調査より-

    榎本 ことみ, 甲斐 七海, 髙橋 徹, 小口 真奈, 管 思清, 仁田 雄介, 熊野 宏昭

    早稲田大学臨床心理学研究   20 ( 1 ) 27 - 33  2020年12月

    CiNii

  • Effects of the time-of-day (morning vs. afternoon) of implementing a combined physical and cognitive exercise program on cognitive functions and mood of older adults: A randomized controlled study

    Toru Takahashi, Tomosumi Haitani, Fumiko Tanaka, Takaki Yamagishi, Yasuo Kawakami, Shigenobu Shibata, Hiroaki Kumano

    Advances in Gerontology   33 ( 3 ) 595 - 599  2020年09月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:筆頭著者

  • Dispositional Mindfulness Mediates the Relationship Between Sensory-Processing Sensitivity and Trait Anxiety, Well-Being, and Psychosomatic Symptoms.

    Toru Takahashi, Issaku Kawashima, Yusuke Nitta, Hiroaki Kumano

    Psychological reports   123 ( 4 ) 1083 - 1098  2020年08月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    Recent studies have suggested that sensory-processing sensitivity correlates to poor psychological and physical health. However, it remains unclear how this occurs. Sensory-processing sensitivity can be understood as sensitivity to sensations without the presence of intentional awareness and a nonreactive attitude, which are the components of mindfulness. We tested the hypothesis that dispositional mindfulness mediates the relationship between sensory-processing sensitivity and trait anxiety, well-being and psychosomatic symptoms. We analyzed data from 563 participating young adults living in Japan. Multiple mediation analysis showed that the four facets (nonreactivity, nonjudging, describing, and acting with awareness) of mindfulness partially mediated the effects of sub-factors of sensory-processing sensitivity (low sensory threshold and ease of excitation) on trait anxiety. Nonreactivity, describing, and acting with awareness partially mediated the effect of low sensory threshold on well-being and fully mediated the effect of ease of excitation. Nonjudging and acting with awareness partially mediated the effects of low sensory threshold and ease of excitation on psychosomatic symptoms. As a whole, the mediation hypotheses were supported, and it was determined that the improvement of dispositional mindfulness may prove effective for the psychological and physical problems of people with high sensory-processing sensitivity.

    DOI PubMed

  • 日常生活場面におけるセルフコンパッション行動の測定法の開発

    内田 太朗, 髙橋 徹, 仁田 雄介, 熊野 宏昭

    行動医学研究   25 ( 0 ) 24 - 34  2020年05月  [査読有り]  [国内誌]

     概要を見る

    セルフコンパッション(Self-compassion:SC)とは、苦痛の緩和のために慈しみをもって自分に接することである。SC特性は、精神的健康と関連があることが、様々な調査研究で明らかにされてきた。しかしながら、先行研究において、SCは特性あるいは状態として測定されてきたため、SCが日常生活場面で具体的にどのように実行されているかは不明である。また、実際の日常生活場面におけるSCをアセスメントするツールがないため、臨床現場などにおいて、SCに対する介入効果を十分に検討することができない。これらの問題を解決するための方法の1つに、SCを特性や状態としてではなく、具体的な行動として測定することが考えられる。そこで、本研究では、臨床行動分析の機能的アセスメントの枠組みに基づき、行動の形態および行動の結果の2つの観点からSC行動を測定する方法を開発し、その妥当性を検討することを目的とした。大学生および大学院生31名を対象とし、日常生活場面における、SC行動を測定する質問項目を用いて、携帯端末を用いた調査を実施した。SC行動の形態(項目は「自分自身をなだめる」「優しさをもって自分に接する」「苦痛を緩和しようとする」「セルフヴァリデーションをする」)および行動の結果(項目は「落ち着きの増加」「自分への優しさの増加」「苦痛の緩和」「自己批判の減少」)をそれぞれ説明変数とし、状態SC、状態well-being、アクセプタンスをそれぞれ目的変数としたマルチレベル単回帰分析を行った。分析の結果、SC行動の形態の項目「自分自身をなだめる」、「優しさをもって自分に接する」、「苦痛を緩和しようとする」は、状態SCの高さを有意に予測した。また、SC行動の結果の項目「落ち着きの増加」、「自分への優しさの増加」、「苦痛の緩和」は、状態SCの高さを有意に予測し、「自己批判の減少」は、状態SCの高さを有意傾向で予測した。これらの結果から,本研究で作成したSC行動を測定するおおよその項目は、妥当であることが示唆された。SC行動の形態の項目「自分自身をなだめる」は、状態well-beingの高さを有意傾向で予測し、SC行動の結果の項目「苦痛の緩和」は状態well-beingの高さを有意に予測した。しかし、それら以外のSC行動の形態および結果の項目は、状態well-beingの高さを有意に予測しなかった。これらの結果から、SC行動後の60分以内における状態well-beingは増加しない可能性がある。今後の研究では、SC行動がその後のwell-beingを増加させるかどうかをより詳細に検討するために、SC行動と(1)本研究で測定されなかった状態well-beingの要素との関連性を検討、(2)60分以降あるいは1日全体の状態well-beingとの関連性を検討、(3)well-being特性との関連性を検討することが必要である。SC行動の形態の項目「自分自身をなだめる」、「優しさをもって自分に接する」、「苦痛を緩和しようとする」は、アクセプタンスの高さを有意に予測した。また、SC行動の結果の項目「自分への優しさの増加」「自己批判の減少」は、アクセプタンスの高さを有意に予測し、「落ち着きの増加」は、アクセプタンスの高さを有意傾向で予測した。これらの結果から,SC行動の種類によって,アクセプタンスの高さを予測する程度が異なることが示された。本研究の限界点として、SC行動の先行条件および確立操作を検討できなかったことが挙げられる。今後の研究で、どのような文脈下でSC行動が生起しやすいのかを検討することや、ルールなどを含めた確立操作がSC行動の生起に与える影響を検討することが望まれる。そうすることにより、SC行動を生起・維持させる変数に関する知見が蓄積され、機能的アセスメントの枠組みからSC行動をより詳細に捉えることが可能となると考えられる。

    DOI CiNii

  • Changes in Mind-Wandering and Cognitive Fusion Through Mindfulness Group Therapy for Depression and Anxiety

    Toru Takahashi, Tomoki Kikai, Fukiko Sugiyama, Issaku Kawashima, Ayaka Kuroda, Kaori Usui, Wakana Maeda, Taro Uchida, Siqing Guan, Mana Oguchi, Hiroaki Kumano

    Journal of Cognitive Psychotherapy   34 ( 2 ) 162 - 176  2020年05月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    The mechanisms of efficacy in mindfulness-based interventions for depression and anxiety are not fully understood. To clarify these mechanisms, we tested the hypotheses that mind-wandering, daydreaming, cognitive fusion, and experiential avoidance will decrease through mindfulness group therapy, and this decrease will correlate with improvements in depression and anxiety. Participants self-reported depression and/or anxiety (<italic>N</italic> = 28) took part in an 8-week mindfulness group therapy program. They were assessed using self-report scales at pre- and post-intervention, and at 2-month follow-up. Results indicated that depression and trait-anxiety decreased between pre- and post-intervention with moderate effect sizes, which were maintained at follow-up. Mind-wandering and cognitive fusion also decreased between pre- and post-intervention with small to moderate effect sizes, and maintained at follow-up. The decreases in mind-wandering and cognitive fusion moderately correlated with improvements in depression and anxiety, suggesting that decreases in mind-wandering and cognitive fusion might underlie efficacious mechanisms of mindfulness group therapy.

    DOI

  • Avoidance Behavior Prevents Modification of Fear Memory During Reconsolidation.

    Yusuke Nitta, Toru Takahashi, Tomosumi Haitani, Eriko Sugimori, Hiroaki Kumano

    Psychological reports   123 ( 2 ) 224 - 238  2020年04月  [査読有り]  [国際誌]

    DOI PubMed

  • 恐怖記憶に対するイメージ書き直しと記憶の再固定化の関係

    仁田 雄介, 高橋 徹, 熊野 宏昭

    不安症研究   11 ( 1 ) 2 - 12  2019年11月  [査読有り]  [国内誌]

    DOI

  • 日本在住の青年における感覚処理感受性と心身の不適応の関連―重回帰分析による感覚処理感受性の下位因子ごとの検討―.

    高橋徹, 熊野宏昭

    人間科学研究   32 ( 2 ) 235 - 243  2019年09月  [査読有り]  [国内誌]

  • Changes in depression and anxiety through mindfulness group therapy in Japan: the role of mindfulness and self-compassion as possible mediators

    Toru Takahashi, Fukiko Sugiyama, Tomoki Kikai, Issaku Kawashima, Siqing Guan, Mana Oguchi, Taro Uchida, Hiroaki Kumano

    BioPsychoSocial Medicine   13 ( 4 ) 1 - 10  2019年02月  [査読有り]  [国際誌]

    DOI

  • スキミング速読訓練法がワーキングメモリ及び選択的注意に及ぼす影響

    管 思清, 内田 太朗, 阿賀 千夏, 嘉陽 みのり, 浦島 直子, 立石 七海, 甲斐 圭太郎, 仁田 雄介, 髙橋 徹, 熊野 宏昭

    早稲田大学臨床心理学研究   18 ( 1 ) 69 - 73  2018年12月  [査読有り]

    CiNii

  • 失恋に関する自伝的記憶の再固定化進行中のアップデート

    立石 七海, 仁田 雄介, 髙橋 徹, 灰谷 知純, 川島 一朔, 鈴木 佑梨, 熊野 宏昭

    早稲田大学臨床心理学研究   17 ( 1 ) 51 - 57  2017年12月  [査読有り]

    CiNii

  • チャルーン・サティ瞑想が大学生の注意課題中の脳活動と抑うつ傾向に与える影響の検討

    鄭 河敏, 髙橋 徹, 甲斐 圭太郎, 立石 七海, 灰谷 知純, 鈴木 佑梨, 仁田 雄介, 川島 一朔, 熊野 宏昭

    早稲田大学臨床心理学研究   17 ( 1 ) 77 - 83  2017年12月  [査読有り]

    CiNii

  • チャルーン・サティ瞑想合宿における体験がもたらす心理的変化の検討

    高橋 徹, 川島 一朔, 熊野 宏昭

    早稲田大学臨床心理学研究   16 ( 1 ) 111 - 125  2016年12月  [査読有り]

    CiNii

  • 記憶再固定化進行中の行動的介入による恐怖記憶のアップデート

    仁田 雄介, 髙橋 徹, 熊野 宏昭

    不安症研究   8 ( 1 ) 58 - 66  2016年  [査読有り]  [国内誌]

     概要を見る

    <p>消去訓練を行うと消去学習が成立し,恐怖条件づけによる恐怖反応が抑制される。しかし,消去学習は恐怖記憶を改変しないため,恐怖反応の再発が起こる。消去学習を利用した技法はエクスポージャー療法と呼ばれており,不安症の治療に用いられている。エクスポージャー療法後にも不安症が再発する可能性が示唆されており,再発を防ぐ治療法が必要とされている。そこで,記憶再固定化というメカニズムが注目されている。記憶痕跡は固定化すると改変できないと従来は考えられていた。しかし近年,想起によって固定化された記憶痕跡が不安定になり,その後再固定化することが明らかになった。再固定化が進行している間は,想起した恐怖記憶を改変できることが示されている。そして,再固定化進行中の消去訓練は恐怖反応の再発を防ぐことが,近年の研究によって示唆されている。今後,不安症に対する再固定化を利用した介入の有効性の検討を進める必要がある。</p>

    DOI CiNii

  • 注意訓練がマインドワンダリング及び抑うつ・不安へ及ぼす影響

    臼井 香, 川島 一朔, 灰谷 知純, 杉山 風輝子, 富田 望, 佐々木 彩, 高橋 徹, 熊野 宏昭

    早稲田大学臨床心理学研究   15 ( 1 ) 91 - 99  2015年12月  [査読有り]

    CiNii

  • 日常生活場面における先行条件と体験の回避の関連の検討

    本田 暉, 嶋 大樹, 齋藤 順一, 岩田 彩香, 高橋 徹, 熊野 宏昭

    早稲田大学臨床心理学研究   15 ( 1 ) 35 - 43  2015年12月  [査読有り]

    CiNii

  • マインドフルネス傾向とネガティブ感情反応性の関連 -場面イメージ法による気分誘導手続きを用いて-

    高橋 徹, 灰谷 知純, 杉山 風輝子, 川島 一朔, 臼井 香, 本田 暉, 熊野 宏昭, 佐々木 彩

    早稲田大学臨床心理学研究   15 ( 1 ) 81 - 90  2015年12月  [査読有り]

    CiNii

▼全件表示

書籍等出版物

  • 仏典とマインドフルネス 負の反応とその対処法

    高橋徹, 熊野宏昭( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 瞑想中の雑念を脳波で可視化する――マインドフルネス療法がうつ・不安を低減するメカニズム)

    臨川書店  2021年06月

  • 大法輪 特集 生活にいかせるマインドフルネスと呼吸法

    高橋徹, 熊野宏昭( 担当: 分担執筆,  担当範囲: マインドフルネスのメリットを科学する)

    大法輪閣  2020年03月

  • 職場で使えるカウンセリング

    高橋徹, 熊野宏昭( 担当: 分担執筆,  担当範囲: マインドフルネス)

    誠信書房  2019年

  • マインドフルネス精神医学 マインドフルネスに生きるメソッド.

    川島一朔, 高橋徹, 熊野宏昭( 担当: 共訳,  担当範囲: Chapter2:可塑性と統合 マインドフルネスの神経科学)

    新興医学出版社  2019年

  • 今日から実践!日常診療に役立つ行動医学・心身医学アプローチ

    高橋徹, 熊野宏昭( 担当: 分担執筆,  担当範囲: マインドフルネス)

    医歯薬出版  2018年11月 ISBN: 9784263206829

Misc

  • うつ・不安へのマインドフルネス介入の作用機序~セルフコンパッションの媒介効果~

    高橋徹, 木甲斐智紀, 杉山風輝子, 内田太朗, 管思清, 小口真奈, 熊野宏昭

    第28回日本行動医学会学術総会     P-2-4  2021年11月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Does shifting time from mind-wandering explain the effect of a mindfulness-based intervention?

    Toru Takahashi, Taro Uchida, Issaku Kawashima, Fukiko Sugiyama, Tomoki Kikai, Siqing Guan, Mana Oguchi, Hiroaki Kumano

    32nd International Congress of Psychology    2021年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 注意制御は恐怖条件づけと消去学習に影響を及ぼすか

    朴木優斗, 管思清, 管思清, 小口真奈, 小口真奈, 高橋徹, 高橋徹, 仁田雄介, 仁田雄介, 熊野宏昭

    日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集   27th (CD-ROM)  2020年

    J-GLOBAL

  • 日常生活場面における主観的な睡眠状態が翌日の気分に与える影響

    榎本ことみ, 小口真奈, 小口真奈, 管思清, 管思清, 仁田雄介, 仁田雄介, 高橋徹, 高橋徹, 熊野宏昭

    日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集   27th (CD-ROM)  2020年

    J-GLOBAL

  • うつ・不安に対するマインドフルネス集団療法の作用機序:思考へのメタ的気づきに着目して

    高橋徹, 杉山風輝子, 木甲斐智紀, 管思清, 小口真奈, 内田太朗, 佐藤誠之, コウイクジョウ, 熊野宏昭

    第2回日本心身医学関連学会合同集会    2019年11月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 日本語版Five Facet Mindfulness Questionnaire短縮版の作成と妥当性の検討

    高橋徹, 齋藤順一, 藤野正寛, 佐藤誠之, 熊野宏昭

    日本健康心理学会第32回大会    2019年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Interceptive awareness mediates the relationship between mindfulness group therapy and decrease in depression: the interim analyses of randomized controlled trial.

    Takahashi T, Kikai T, Sugiyama F, Guan S, Oguchi M, Uchida T, Kumano H

    9th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies    2019年07月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 不安・うつに対するマインドフルネス集団療法の作用機序:マインドワンダリング の行動・生理指標との関連

    高橋徹, 川島一朔, 杉山風輝子, 木甲斐智紀, 管思清, 小口真奈, 内田太朗, 熊野宏昭

    第11回日本不安症学会学術大会    2019年03月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 分割的注意が不安症状に影響を及ぼす際の作用機序に関する選択的レビュー~脅威刺激に対する注意資源配分量から~

    朴木優斗, 富田望, 仁田雄介, 仁田雄介, 高橋徹, 高橋徹, 管思清, 熊野宏昭

    日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集   26th  2019年

    J-GLOBAL

  • 自分への抜苦与楽の動機が,日常生活場面におけるセルフコンパッション行動に及ぼす影響の検討

    内田太朗, 高橋徹, 仁田雄介, 熊野宏昭

    日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集   26th  2019年

    J-GLOBAL

  • 洞察瞑想はマインドワンダリングへのメタ的気づきを高める ─瞑想実践者における集中瞑想との直後効果の比較─.

    高橋徹, 川島一朔, 藤野正寛, 熊野宏昭

    日本マインドフルネス学会第 5 回大会    2018年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Differential Changes in Delta Waves between Focused-Attention Meditation and Open-Monitoring Meditation before and after the Awareness of Mind-Wandering in Experienced Meditators.

    Takahashi T, Kawashima I, Fujino M, Kumano H

    2018 Mind & Life International Research Institute    2018年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 呼吸に同期した純音の提示による数息観時のマインドワンダリング抑制効果の検討

    星野 孝文, 豊村 暁, 寺内 萌絵, 髙橋 徹, 廣神 佑香, 成島 響子, 灰谷 知純, 熊野 宏昭, 三井 真一

    The Kitakanto medical journal = 北関東医学   68 ( 3 ) 201 - 202  2018年08月

    CiNii

  • 脳波を用いたマインドフルネス瞑想中のニューロフィードバックに関する研究

    寺内 萌絵, 豊村 暁, 星野 孝文, 高橋 徹, 成島 響子, 廣神 佑香, 灰谷 知純, 三井 真一, 熊野 宏昭

    The Kitakanto medical journal = 北関東医学   68 ( 3 ) 212 - 212  2018年08月

    CiNii

  • Review on the relationship between mindfulness and feedback-related negativity in terms of the predictive coding model of mindfulness.

    Takahashi T, Kumano H

    International Conference on Mindfulness 2018    2018年07月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 不安・うつを対象としたマインドフルネス集団療法の効果とメカニズムの検討.

    高橋徹, 木甲斐智紀, 杉山風輝子, 前田わかな, 鄭河敏, 川島一朔, 熊野宏昭

    第 10 回日本不安症学会学術大会    2018年03月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Changes in EEG before and after the awareness of mind-wandering during focused-attention meditation and open-monitoring meditation in meditators.

    Takahashi T, Kawashima I, Haitani T, Fujino M, Kumano K

    European Summer Research Institute 2017    2017年07月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Investigating neural effects of attention training technique

    Kaori Usui, Issaku Kawashima, Tomosumi Haitani, Fukiko Sugiyama, Aya Sasaki, Toru Takahashi, Hiroaki Kumano

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51   888 - 888  2016年07月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Influence of avoidance behavior on extinction training during memory reconsolidation

    Yusuke Nitta, Toru Takahashi, Tomosumi Haitani, Issaku Kawashima, Kaori Usui, Hiroaki Kumano

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51   869 - 869  2016年07月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Experience report of vipassana meditation in Thailand.

    Takahashi T, Kawashima I, Kumano H

    31st International Congress of Psychology 2016    2016年07月  [査読有り]

  • Sensory-processing sensitivity as related to psychosomatic health in healthy Japanese people

    Toru Takahashi, Tomosumi Haitani, Fukiko Sugiyama, Issaku Kawashima, Kaori Usui, Hikari Honda, Hiroaki Kumano

    31st International Congress of Psychology 2016    2016年07月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Relation between Sensory-Processing Sensitivity and Reactivity to Negative Mood Induction by Imagination Method.

    Takahashi T, Haitani T, Kawashima I, Sasaki A, Usui K, Honda H, Kumano H

    8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies    2016年06月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Relationship between dispositional mindfulness and negative affective reactivity ―Using mood induction by the situation image method―.

    Takahashi T, Haitani T, Sugiyama F, Kawashima I, Sasaki A, Usui K, Honda H, Kumano H

    2015 Annual Conference of the Korean Psychological Association    2015年08月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 注意訓練における神経科学的効果の検討(一般演題)

    臼井 香, 川島 一朔, 灰谷 知純, 杉山 風輝子, 富田 望, 佐々木 彩, 高橋 徹, 熊野 宏昭

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集   ( 41 ) 270 - 271  2015年

    CiNii

  • 認知的フュージョンが日常生活場面での体験の回避に与える影響の検討(一般演題)

    本田 暉, 嶋 大樹, 大内 佑子, 斎藤 順一, 岩田 彩香, 高橋 徹, 熊野 宏昭

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集   ( 41 ) 282 - 283  2015年

    CiNii

  • 感覚処理感受性に対するマインドフルネス傾向の調整効果の検討(一般演題)

    高橋 徹, 灰谷 知純, 川島 一朔, 佐々木 彩, 臼井 香, 杉山 風輝子, 熊野 宏昭

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集   ( 41 ) 272 - 273  2015年

    CiNii

▼全件表示

受賞

  • 第10回 WASEDA e-Teaching Award Good Practice賞

    2022年03月   早稲田大学   心理学研究法02  

    受賞者: 高橋徹

  • 小野梓記念賞 学術賞

    2021年03月   早稲田大学   うつ・不安に対するマインドフルネス介入の作用機序の検討── 反応しないスキルの主観指標と脳波指標の役割──  

    受賞者: 高橋徹

  • 第26回日本行動医学会学術総会 優秀演題賞

    2020年12月   日本行動医学会   日常生活場面における主観的な睡眠状態が翌日の気分に与える影響  

    受賞者: 榎本ことみ, 小口真奈, 管思清, 仁田雄介, 高橋徹, 熊野宏昭

  • アーリーキャリアヘルスサイコロジスト賞

    2019年09月   日本健康心理学会   Interceptive awareness mediates the relationship between mindfulness group therapy and decrease in depression: the interim analyses of randomized controlled trial  

    受賞者: Toru Takahashi, Tomoki Kikai, Fukiko Sugiyama, Siqing Guan, Mana Oguchi, Taro Uchida, Hiroaki Kumano

  • 優秀ポスター発表賞

    2018年12月   日本マインドフルネス学会   洞察瞑想はマインドワンダリングへのメタ的気づきを高める ──瞑想実践者における集中瞑想との直後効果の比較──  

    受賞者: 高橋徹, 川島一朔, 藤野正寛, 熊野宏昭

  • 優秀発表賞

    2018年09月   第 65 回北関東医学会総会   脳波を用いたマインドフルネス瞑想中のニューロフィードバックに関する研究  

    受賞者: 寺内萌絵, 豊村暁, 星野孝文, 高橋徹, 成島響子, 廣神佑香, 灰谷知純, 三井真一, 熊野宏昭

  • 優秀ポスター発表賞

    2015年08月   日本マインドフルネス学会   2種類の瞑想の短期的な効果が瞑想初心者の注意ネットワークに与える影響  

    受賞者: 灰谷知純, 川島一朔, 臼井香, 杉山風輝子, 佐々木彩, 高橋徹, 井上ウィマラ, 熊野宏昭

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 自閉スペクトラム症者の孤独感の背景要因の解明:潜在的な対人志向性と他者からの受容

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究

    研究期間:

    2022年04月
    -
    2025年03月
     

    高橋 徹

  • うつ・不安に対するマインドフルネス集団療法の治療効果の予測:安静時脳波に着目して

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

    研究期間:

    2020年09月
    -
    2022年03月
     

    高橋 徹

  • うつ病の再発防止のためのマインドフルネスのニューロフィードバック介入法の開発

    日本学術振興会  特別研究員DC1

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    高橋徹

講演・口頭発表等

  • Shifting time from mind-wandering predicted by EEG using machine learning relates to mindful skills

    Toru Takahashi, Issaku Kawashima, Masahiro Fujino, Hiroaki Kumano

    32nd International Congress of Psychology  

    発表年月: 2021年07月

  • The mechanism of mindfulness intervention for depression and anxiety: Estimating the fluctuation of mind-wandering during meditation by EEG

    Toru Takahashi, Taro Uchida, Hiroaki Kumano

    Mindfulness and Human Cognition: A Joint Research Project of Buddhist studies, Psychology, and Neuroscience  

    発表年月: 2021年03月

    開催年月:
    2021年03月
    -
     
  • うつ・不安に対するマインドフルネス集団療法の効果予測ーマインドフルネスのメカニズム変数と発達障害傾向に着目してー

    高橋徹

    日本認知・行動療法学会第45回大会  

    発表年月: 2019年08月

  • Immediate Effect of Focused Attention and Open Monitoring Meditation on Mind-Wandering and Meta-Awareness of Mind-Wandering in Experienced Meditators.

    Takahashi T, Kawashima I, Fujino M, Kumano H

    International Symposium for Contemplative Research  

    発表年月: 2018年11月

  • The neural correlates of open monitoring meditation and its effects on meta-awareness

    Takahashi T

    International Symposium on Clinical Neuroscience of Mindfulness  

    発表年月: 2018年10月

  • Mindfulness Moderates the Relationship between Sensory-Processing Sensitivity and Psychosomatic Distress.

    Takahashi T, Haitani T, Kawashima I, Sasaki A, Usui K, Sugiyama F, Kumano H

    The 3rd Psychology and Health Conference  

    発表年月: 2015年09月

▼全件表示

特定課題研究

  • 自閉スペクトラム症者の被受容感と精神的健康の関係

    2021年  

     概要を見る

    本研究課題は、自閉スペクトラム症者が、自身の特性を周囲に受容されていると感じる程度が、精神的健康と関連しているかどうかを明らかにすることを目的としていた。そのために、自閉スペクトラム症者の被受容感を測定する自己評定尺度であるAutism Acceptance Questionsの日本語版を作成する計画を含めたPreregisteredreportを、バーミンガム大学との共同研究として作成し、事前査読を経てPLoS ONEで発表するに至った。現在、そのPreregistered reportに従って、Autism AcceptanceQuestions日本語版の翻訳作業を進めるとともに、妥当性の検討のための自閉スペクトラム症者を対象とした調査の準備を進めている。

  • うつ・不安に対するマインドフルネス集団療法の効果の予測ー生理・心理・行動指標から

    2020年  

     概要を見る

    どのような脳波の特徴を持つ人が、特にマインドフルネス集団療法が有効であるのかを検証することを目的としていたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、新たなデータを取得することができなかった。そこで、研究室のプロジェクト研究で既に取得していたマインドフルネス集団療法の臨床試験のデータを整理し、約50名分ほどの3分間の安静時の脳波データが利用可能であると判断できた。それらの脳波データを対象に機械学習のモデルを適用する研究をこれまで進めてきたため、そのノウハウを用いて、今後うつ・不安の改善量と関連する脳波の特徴を探索する解析を進める予定である。

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 数理の基礎

    東京成徳大学  

  • 心理実習

    早稲田大学  

  • 暗黙知の科学

    早稲田大学  

  • 心理演習

    早稲田大学  

  • ライフサイエンス研究法

    早稲田大学  

  • ライフサイエンス入門(生体システム)

    早稲田大学  

  • 心理学研究法

    早稲田大学  

▼全件表示

 

委員歴

  • 2022年01月
    -
    継続中

    日本マインドフルネス学会  「マインドフルネス研究」編集委員

社会貢献活動

  • 脳科学から紐解くマインドフルネスの効果 〜頭の中ではどんな変化が起きている?〜

    株式会社Hakali【Awarefy LIVE vol.7】 

    2021年11月
    -
     

  • マインドフルネス瞑想で脳に起こる変化

    株式会社Melon 

    2021年08月
    -
     

  • マインドフルネス瞑想中、脳で何が起きているのか?

    埼玉県新座市  自殺予防対策事業 ゲートキーパー養成講座 

    2021年01月
    -
     

  • マインドフルネスで脳がどう変わるのか?

    埼玉県新座市  自殺予防対策事業 ゲートキーパー養成講座 

    2020年02月
    -
     

  • マインドフルネスの脳神経科学

    埼玉県新座市  自殺予防対策事業 ゲートキーパー養成講座 

    2018年10月
    -
    2018年11月

  • マインドフルネスの効果の神経メカニズム

    埼玉県新座市  自殺予防対策事業 ゲートキーパー養成講座 

    2017年09月
    -
     

▼全件表示

メディア報道