YUASA, Shoma

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Assistant Professor(without tenure)

Education 【 display / non-display

  • 2015.04
    -
    2021.03

    早稲田大学大学院文学研究科西洋史学コース博士後期課程  

  • 2017.09
    -
    2018.06

    パリ・ソルボンヌ大学 UFR d'Histoire フランス政府給費留学(BGF Partenaire)  

  • 2013.04
    -
    2015.03

    Waseda University   Graduate School of Letters, Arts and Sciences  

  • 2009.04
    -
    2013.03

    Waseda University   School of Humanities and Social Sciences  

Degree 【 display / non-display

  • 2021.02   早稲田大学   博士(文学)

  • 2015.03   早稲田大学   修士(文学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2021.04
    -
    Now

    Rikkyo University   College of Economics   兼任講師

  • 2021.04
    -
    Now

    Seigakuin University   Faculty of Humanities   非常勤講師

  • 2021.04
    -
    Now

    早稲田大学文学学術院 助教

  • 2020.04
    -
    2021.03

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences   Research Associate

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    THE HISTORICAL SOCIETY OF JAPAN

  •  
     
     

    世界史研究会

  •  
     
     

    西洋近現代史研究会

  •  
     
     

    Societe franco-japonaise des Sciences historigue

  •  
     
     

    早稲田大学史学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • History of Europe and America   フランス史

Research Interests 【 display / non-display

  • 政治史

  • フランス第三共和政

  • フランス近代史

  • フランス史

Papers 【 display / non-display

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • <報告要旨>フランス第三共和政とボナパルト派左派 : 一八八〇年代のジェローム派を中心に

    湯浅 翔馬

    史観   180   133 - 135  2019.03

  • <報告要旨>フランス第三共和政初期(1870-1889)におけるボナパルティズムの展開 ─ポール・ド・カサニャックを中心に─

    湯浅 翔馬

    西洋近現代史研究会報告要旨シリーズ   2  2018.08

Other 【 display / non-display

  • <文書館紹介>「パリ警視庁文書館 ─Sous-série BAを中心に─」(西洋近現代史研究会12月例会、2018年12月15日)

    2018.12
     
     

Research Projects 【 display / non-display

  • 19〜20世紀転換期のフランスにおける保守派右翼と反ユダヤ主義

    Project Year :

    2021.04
    -
    2022.03
     

  • 1880〜1910年代のフランスにおけるボナパルティストとナショナリストの研究

    Project Year :

    2020.04
    -
    2021.03
     

    Authorship: Principal investigator

Presentations 【 display / non-display

  • ボナパルト派とブーランジェ事件 ―セーヌ県におけるヴィクトル派の運動を中心に―

    湯浅 翔馬

    関西フランス史研究会第181回(再編第56回) 

    Presentation date: 2019.07

  • フランス第三共和政とボナパルト派左派 ―1880 年代のジェローム派を中心に―

    湯浅 翔馬

    2018年度早稲田大学史学会大会 

    Presentation date: 2018.10

  • フランス第三共和政初期(1870-1889)におけるボナパルティズムの展開 ─ポール・ド・カサニャックを中心に─

    湯浅 翔馬

    西洋近現代史研究会7月例会 

    Presentation date: 2017.07

  • フランス第三共和政初期のボナパルト派におけるヴィクトル派の形成と展開 1879-1885

    湯浅 翔馬

    日本西洋史学会第67回大会 

    Presentation date: 2017.05

  • <ポスター発表>フランス第三共和政初期のボナパルト派の展開 ─ジュール・アミーグとポール・ド・カサニャック─

    湯浅 翔馬

    日本西洋史学会第66回大会 

    Presentation date: 2016.05

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 1880〜1910年代のフランスにおけるボナパルティストとナショナリストの研究

    2020  

     View Summary

     本研究では、旧来の右翼であるボナパルティストと新興の右翼勢力であるナショナリストの関係を明らかにするべく、1880年代におけるボナパルト派左派集団であるジェローム派と、急進共和派出身のブーランジストの間の相互作用を検討した。その成果を「「ナポレオン」と共和政 ─ブーランジェ事件期におけるジェローム派の思想と運動─」『西洋史論叢』第42号に掲載した。 また第一次世界大戦前夜のパリのカルティエ・ラタンにおけるアクシオン・フランセーズと、ボナパルト派の青年組織(人民投票青年同盟Les Jeunnesses plébiscitaires、およびその学生セクションである人民投票派学生連合Union des Étudiants plébiscitaires)の敵対関係と影響関係に関する論文を2021年度に学会紙に投稿する予定である。

 

Teaching Experience 【 display / non-display

  • Francophone Cultures

    Seigakuin University, Faculty of Humanities  

    2021.04
    -
    Now
     

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2021.05
    -
    Now

    歴史学研究会 委員

  • 2020.04
    -
    Now

    早稲田大学史学会  庶務

  • 2020.04
    -
    Now

    早稲田大学西洋史研究会  事務局

  • 2017
    -
    Now

    西洋近現代史研究会  運営委員(例会担当)

  • 2016
    -
    2017

    歴史学研究会  近代史部会委員