下司 忠大 (シモツカサ タダヒロ)

写真a

所属

文学学術院 文学部

職名

助教

ホームページ

https://sites.google.com/site/tshimo121107

学位 【 表示 / 非表示

  • 2020年07月   早稲田大学   博士 (文学)

  • 2016年03月   早稲田大学   修士 (文学)

  • 2014年03月   学習院大学   学士 (心理学)

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 教育心理学   パーソナリティ心理学

  • 臨床心理学   パーソナリティ心理学

  • 社会心理学   パーソナリティ心理学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 心理尺度

  • 個人差

  • 性格

  • 性格心理学

  • 人格心理学

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Cross-Sectional Age Differences in the Dark Triad Traits in Two Japanese Samples

    Tetsuya Kawamoto, Tadahiro Shimotsukasa, Atsushi Oshio

    PSYCHOLOGY AND AGING   35 ( 1 ) 91 - 96  2020年02月  [査読有り]

     概要を見る

    This study investigated the age differences in the Dark Triad (DT) traits with 2 independent samples. Personality was measured using the Short Dark Triad and the Dark Triad Ditty Dozen. Results showed a significant negative correlation between age and DT traits except for narcissism, which differed between the samples. Significant age-by-sex interaction effects were observed for Macitiavellianism and the DT composite score, indicating that women showed a steeper downward age trend in dark personalities.

    DOI

  • Dark Triadと向社会性:向社会的な社会に向けて

    下司忠大, 小塩真司

    心理学評論   63 ( 4 ) 422 - 432  2020年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 全般的集団同一視傾向尺度(GGIT)の作成と信頼性・妥当性の検証

    松木 祐馬, 下司 忠大

    パーソナリティ研究   29 ( 2 ) 47 - 49  2020年  [査読有り]

     概要を見る

    <p>The purpose of this study is to develop the General Group Identification Tendency (GGIT) scale that measures individual tendency to identify with ingroups regardless of the type of group and examine its reliability and validity. Results of questionnaire surveys that were conducted with university students showed sufficient internal consistency and validity, which was estimated in terms of the relationship with contextualism, degree of identification with the university, collective self-esteem, and allocentric tendency. These results indicated that the GGIT scale is valid.</p>

    DOI CiNii

  • 日照時間とパーソナリティ――外向性と神経症傾向の地域差に注目して

    吉野 伸哉, 下司 忠大, 小塩 真司

    パーソナリティ研究   28 ( 3 ) 256 - 259  2020年  [査読有り]

     概要を見る

    <p>The present study examined the relationships of sunshine duration with extraversion and neuroticism. Previous studies suggested that individuals living in regions that receive little direct sunlight tend to experience depression and lack of sleep, which are associated with particular personality traits. Moreover, they are associated with increases in the amount of serotonin with longer daylight durations. We used a Japanese dataset including 18,922 adults (9,227 females; mean age: 47.74) and conducted a prefecture-level analysis. Results of multiple regression analysis indicated that neuroticism was negatively associated with sunshine duration while extraversion was not. The results showed that sunshine duration may explain the variance of regional differences in personality traits.</p>

    DOI CiNii

  • Big Five personality traits in inmates and normal adults in Japan

    Tadahiro Shimotsukasa, Atsushi Oshio, Masayuki Tani, Mayuko Yamaki

    Personality and Individual Differences   141 ( 15 ) 81 - 85  2019年04月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • たのしいベイズモデリングーー事例で拓く研究のフロンティアーー

    豊田 秀樹, 下司 忠大, 清水 裕士, 平川 真, 鈴木 朋子, 坂本 次郎, 小杉 孝司, 武藤 拓之, 紀ノ定 保礼, 岡田 謙介, 徳岡 大, 難波 修史, 後藤 崇志, 国里 愛彦, 井上 和哉, 鬼田 崇作, 草薙 邦広, 竹林 由武, 仙取 恵太, 北條 大樹( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第2章 血液型と性格には関連がある?──ベイズ的アプローチによる再分析──, pp13-20))

    北大路書房  2018年09月 ISBN: 9784762830402

Misc 【 表示 / 非表示

その他 【 表示 / 非表示

  • 2016-2018年度 早稲田大学大学院博士後期課程若手研究者養成奨学金 採用

受賞 【 表示 / 非表示

  • 奨励賞

    2020年08月   日本パーソナリティ心理学会   日照時間とパーソナリティ-外向性と神経症傾向の地域差に注目して-  

    受賞者: 吉野伸哉 下司忠大 小塩真司

  • 奨励賞

    2019年08月   日本パーソナリティ心理学会   サディズムとスポーツにおける競技成績との関連―駆け引き上手を媒介変数として―  

    受賞者: 下司忠大, 陶山智, 小塩真司, 大束忠司

  • 優秀発表賞(ポスター発表)

    2018年03月   Society for Tokyo Young Psychologists (STYP)   Dark Tetrad を測定する短縮版尺度の開発―遺伝的アルゴリズム を用いた尺度開発―  

    受賞者: 下司忠大, 三枝高大, 小塩真司

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 日米間におけるダークパーソナリティ特性の文化的等価性の検討

    研究活動スタート支援

    研究期間:

    2020年09月
    -
    2022年03月
     

    下司 忠大

  • 高ダークパーソナリティ傾向者の非道徳的社会化プロセスの検討

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

    下司 忠大

    担当区分: 研究代表者

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 日常社会の中のパーソナリティ特性

    小塩真司, 下司忠大, 吉野伸哉, 西田裕紀子, 髙橋雄介, 谷伊織

    日本心理学会第84回大会  

    発表年月: 2020年10月

    開催年月:
    2020年10月
     
     
  • パーソナリティ尺度構成の現在 ―多様な尺度構成の現場から― (日本パーソナリティ心理学会第27回大会準備委員会企画シンポジウム)

    川本 静香, 小塩 真司, 橋本 泰央, 下司 忠大, 外山 美樹, 箕浦 有希久, 稲垣 勉, 村井 潤一郎

    日本パーソナリティ心理学会第27回大会  

    発表年月: 2018年09月

  • Dark Triadによるゴミのポイ捨て行動の予測 (口頭発表)

    下司 忠大, 吉野 伸哉, 小塩 真司

    日本社会心理学会第59回大会  

    発表年月: 2018年09月

  • 個人内過程および対人関係におけるDark Triadの諸相 (自主企画シンポジウム)

    喜入 暁, 下司 忠大, 田村 紋女, 田崎 優里, 川本 哲也, 谷 伊織

    日本パーソナリティ心理学会第27回大会  

    発表年月: 2018年09月

  • Dark Triadと対人関係――「ダークな人」の戦略性・適応性―― (自主企画シンポジウム)

    下司 忠大, 増井 啓太, 田村 紋女, 喜入 暁, 川本 哲也, 阿部 晋吾

    日本パーソナリティ心理学会第26回大会  

    発表年月: 2017年09月

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 心理学調査実習

    立教大学  

  • パソコン応用

    東京家政大学  

  • 心理学I

    桐蔭横浜大学  

  • 行動心理学入門

    宇都宮大学  

  • 実験心理学入門

    宇都宮大学  

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中

    日本パーソナリティ心理学会  広報委員会 委員

  • 2020年09月
    -
    継続中

    日本パーソナリティ心理学会  機関紙編集委員会 委員

  • 2018年02月
    -
    2019年08月

    日本パーソナリティ心理学会  ヤングサイコロジストプログラム 企画担当代表

  • 2016年02月
    -
    2017年08月

    日本パーソナリティ心理学会  ヤングサイコロジストプログラム 企画担当

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 高等部講義 - 先輩の授業 -「心理学入門」

    埼玉平成高等学校 (中高一貫コース) 

    2017年12月
    -