2022/01/24 更新

写真a

ナガシマ マサル
永島 優
所属
附属機関・学校 高等研究所
職名
講師(任期付)

兼担

  • 国際学術院   大学院アジア太平洋研究科

学歴

  • 2016年04月
    -
    2020年03月

    政策研究大学院大学   政策研究科  

  • 2013年10月
    -
    2016年03月

    政策研究大学院大学   政策研究科  

  • 2009年04月
    -
    2013年03月

    早稲田大学   政治経済学部   経済学科  

経歴

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   高等研究所   講師

所属学協会

  • 2019年
    -
    継続中

    開発経済学会

  • 2016年
    -
    継続中

    日本経済学会

 

研究分野

  • 公共経済、労働経済

  • 経済政策   開発経済

研究キーワード

  • 文化

  • ミクロ計量経済学

  • 医療

  • 教育

  • 経済発展・経済開発

論文

  • Pregnant in haste? Evidence of reproductive behaviours in Uganda

    Masaru Nagashima, Chikako Yamauchi

    mimeograph    2020年08月

    担当区分:筆頭著者

  • Female Education and Brideprice: Evidence from a Primary Education Reform in Uganda

    Masaru Nagashima, Chikako Yamauchi

    WIAS Discussion Paper    2020年08月

    担当区分:筆頭著者

  • Days of Schooling and Educational Inequality: Evidence from schools with saturday class in Japan

    Tomohiko Inui, Naomi Kodama, Masaru Nagashima

    経済産業研究所ディスカッション・ペーパー    2018年11月

  • Empirical Study on the Utilization and Effects of Health Checkups in Japan

    Tomohiko Inui, Yukiko Ito, Atsushi Kawakami, Xin Xin Ma, Masaru Nagashima, Meng Zhao

    経済産業研究所ディスカッション・ペーパー    2017年05月

Misc

  • Understanding Culture and Economic Development

    永島優

    Japanese Association for Development Economics News Letter    2020年09月

    担当区分:筆頭著者

    その他  

受賞

  • 優秀論文賞

    2017年11月   応用計量経済学コンファレンス   Pregnant in Haste? Evidence of Reproductive Behaviours in Uganda  

  • 第一種奨学金返還免除

    2016年05月   日本学生支援機構  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • eラーニング・モバイル送金とマラリア撲滅

    KDDI財団  調査研究助成

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2024年03月
     

    加賀谷渉

  • ボツワナにおけるHIV感染予防行動と治療・予防の無償化政策に関する実証分析

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)

    研究期間:

    2020年10月
    -
    2022年03月
     

  • アフリカの女性と家族の行動に関する経済分析

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

    永島優

講演・口頭発表等

  • Female Education and Brideprice: Evidence from Primary Education Reform in Uganda

    永島優

    WINPEC Empirical Microeconomics Research Seminar  

    発表年月: 2020年07月

  • Birth Spacing and Birth Weight: A Plausibly Exogenous Analysis

    永島優

    開発経済学会若手会議  

    発表年月: 2019年11月

  • Pregnant in haste? Evidence of Reproductive Behaviours in Uganda

    永島優  [招待有り]

    小樽商科大学  

    発表年月: 2019年07月

  • Female Education and Brideprice: Evidence from a Primary Education Reform in Uganda

    永島優

    Nordic Conference on Development Economics  

    発表年月: 2019年06月

  • Pregnant in haste? Evidence of reproductive behaviours in Uganda

    永島優  [招待有り]

    南アフリカ医療研究機構  

    発表年月: 2019年

  • Pregnant in haste? Evidence of reproductive behaviours in Uganda

    永島優

    Hayami Conference  

    発表年月: 2018年12月

▼全件表示

特定課題研究

  • ボツワナにおけるAIDS治療の無償化政策とHIV予防行動に関する実証分析

    2020年  

     概要を見る

    本研究では、2002年以降実施されたAIDSの治療の無償化がHIV感染予防行動にもたらした影響を分析する。本年度は、データの取得と整理、初期的な分析までを目標としていた。取得予定だったデータは主に2つある。1つは、標本調査による社会経済データだが、取得は完了し、整理も行った。もう1つは、医療機関の位置情報と、無償AIDS治療の開始時期の情報である。これらは取得済みであり、整理を行った。しかし、コロナ禍により結合作業に必要な追加情報の取得が遅滞している。コロナ禍の影響で調査・分析は持ち越したが、個別のデータの整理は完了し、分析準備は整えることができた。この準備をもとに、今後さらに研究を加速させていきたい。

 

現在担当している科目

担当経験のある科目(授業)

  • 社会科学における数学

    学習院大学  

    2016年
    -
    継続中
     

  • Introductory Econometrics

    政策研究大学院大学  

    2017年
     
     
     

  • Mathematics for Economics

    政策研究大学院大学  

    2016年
    -
    2017年