KURIHARA, Yutaka

写真a

Affiliation

Affiliated organization, The Waseda International House of Literature

Job title

Assistant Professor(without tenure)

Mail Address

E-mail address

Homepage URL

http://blog.livedoor.jp/moyoko0629/

Education 【 display / non-display

  • 2014.04
    -
    2020.03

    WASEDA University   Graduate School of Letters, Arts and Sciences(Doctoral Program)   Japanese Studies  

  • 2011.04
    -
    2013.03

    WASEDA University   Graduate School of Letters, Arts and Sciences(Master's Program)   Japanese Studies  

  • 2007.04
    -
    2011.03

    WASEDA University   School of Humanities and Social Sciences   Japanese Studies  

Degree 【 display / non-display

  • 2021.02   早稲田大学   博士(文学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2021.04
    -
    Now

    Daito Bunka University   Faculty of Literature

  • 2021.04
    -
    Now

    Waseda University   International House of Literature   Assistant Professor(non-tenure-track)

  • 2019.10
    -
    2021.03

    WASEDA University   The Waseda International House of Literature   Research Associate

  • 2017.09
    -
    2017.12

    The Shinjuku Foundation for Creation of Future   Natsume Soseki Memorial Museum   Curator

  • 2014.04
    -
    2017.08

    SHINJUKU City   Culture and Tourism Division   Cultural Property Researcher

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    昭和文学会

  •  
     
     

    島崎藤村学会

  •  
     
     

    早稲田大学国文学会

  •  
     
     

    ASSOCIATION FOR JAPANESE SOCIAL LITERATURE

  •  
     
     

    ASSOCIATION FOR MODERN JAPANESE LITERARY STUDIES

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Japanese literature

Research Interests 【 display / non-display

  • Cultural Resources Studies

  • Literary Museum

  • Digital Preservation

  • History of Social Thought

  • Japanese Modern Literature

Papers 【 display / non-display

  • 「分配」における経世済民の思想 島崎藤村と早川三代治の経済学の共振性

    栗原 悠

    文藝と批評   13 ( 4 )  2021.11

    Authorship:Corresponding author

  • Juteini

    KURIHARA Yutaka

      ( 48 ) 19 - 29  2021.09  [Refereed]  [Domestic journal]

    Authorship:Corresponding author

  • The Intention of Humor in Toson Shimazaki’s Arashi, and Its Consequences:Projecting on the Matsuo Basho Critique

    KURIHARA Yutaka

      ( 12 ) 176 - 187  2021.03  [Refereed]  [Domestic journal]

    Authorship:Corresponding author

  • doctoral essay

    KURIHARA Yutaka

       2021.02  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

  • A Discourse on Tōson Shimazaki’s Sannin:Matsumoto, the College Town, and the Education of Women

    KURIHARA Yutaka

    WASEDA RILAS JOURNAL   ( 8 ) (13)546 - (23)536  2020.10  [Refereed]  [Domestic journal]

    Authorship:Corresponding author

display all >>

Misc 【 display / non-display

display all >>

Other 【 display / non-display

  • 漱石山房記念館情報検索システム(データベース設計・構築)

    2017.09
    -
     

Research Projects 【 display / non-display

  • 1920-30年代の文学テクストにおける幕末・明治維新表象についての研究

    特定課題(若手・アーリーキャリア支援)

    Project Year :

    2021.04
    -
    2022.03
     

    Authorship: Principal investigator

  • 1920-30年代の文学テクストにおける幕末・明治維新表象の研究

    研究基盤形成

    Project Year :

    2021.04
    -
    2022.03
     

    Authorship: Principal investigator

  • 1920 年代の島崎藤村における社会思想の影響

    研究基盤形成

    Project Year :

    2020.06
    -
    2021.03
     

    Authorship: Principal investigator

Presentations 【 display / non-display

  • 「山陰土産」における「名家」と「素人」

    栗原 悠

    島崎藤村学会(第45回全国大会)  (豊岡市豊岡市民会館)  島崎藤村学会

    Presentation date: 2018.09

     View Summary

    [司会]中山弘明

  • 島崎藤村を描く「感想文」/「嵐」から読む島崎藤村 一九二〇年代の「文体」の試み

    栗原 悠

    日本近代文学会(2015年度国際研究集会)  (早稲田大学早稲田キャンパス14号館)  日本近代文学会

    Presentation date: 2015.11

     View Summary

    パネル報告「「Style」と「文体」の交差」 [パネリスト] 服部徹也(代表)「漱石『英文学形式論』における「Style」と「文体」」 長瀬海「漱石が世界で読まれるとき ジョン・ネイスン訳Light and Darkから考える 翻訳とStyleの問題」 クリス・ローウィー(Chris Lowy)「『吾輩ハ猫ニナル』における文体を考える 横山悠太による文体の試み」 [ディスカッサント]坪井秀人

Specific Research 【 display / non-display

  • 1920 年代の島崎藤村における社会思想の影響

    2020  

     View Summary

     本研究課題の成果は、主に以下の三論文の公表である。 第一は、「島崎藤村「三人」論 学都・松本と女子教育」である。ここでは小説テクスト「三人」の分析を通して藤村の地方都市における女子教育への関心を明らかにした。第二は「島崎藤村「嵐」における〈ユーモア〉の志向とその帰趨 松尾芭蕉評価を補助線として」である。ここでは当時を代表する小説テクスト「嵐」に藤村自身の松尾芭蕉イメージが仮託されていた点を指摘し、それが物語をどのように性格付けたのかを論じた。 以上の二論を含む博士学位請求論文「島崎藤村研究 一九二〇年代を中心に」を文学研究科に提出し、これを以て2月に博士の学位授与を認められた。

 

Teaching Experience 【 display / non-display

  • xxx

    Daito Bunka University  

    2021.04
    -
    Now
     

  • undicided

    Daito Bunka University  

    2021.04
    -
    Now
     

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2019.04
    -
    2021.03

    Association for Modern Japanese Literary Studies  undiceded

Social Activities 【 display / non-display

  • Architect & Author : Building on the Spark

    NHK WORLD  NEWSROOM TOKYO 

    2021.10
    -
     

  • undecided

    WASEDA University  Waseda Weekly 

    2021.09
    -
     

  • 市川市・市民文化講座(夏目漱石について)

    市川市教育委員会 

    2016.11
     
     

  • 新宿歴史博物館・ボランティアガイドレベルアップ講座(第3回)

    新宿未来創造財団 

    2016.06