2022/11/29 更新

写真a

クボタ ソウ
久保田 荘
Scopus 論文情報  
論文数: 0  Citation: 0  h-index: 3

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
政治経済学術院 政治経済学部
職名
准教授(テニュアトラック)

他学部・他研究科等兼任情報

  • 社会科学総合学術院   大学院社会科学研究科

学歴

  • 2011年09月
    -
    2017年08月

    プリンストン大学   経済学研究科  

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    東京大学   経済学研究科  

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    一橋大学   経済学部  

学位

  • 東京大学   修士(経済学)

  • プリンストン大学(Princeton University)   博士(Ph.D)

経歴

  • 2018年08月
    -
    継続中

    一橋大学   社会科学高等研究院   特任講師

  • 2017年09月
    -
    2018年07月

    東京大学   公共政策大学院   特任講師

  •  
     
     

    一橋大学 社会科学高等研究院   特任講師

所属学協会

  •  
     
     

    American Economic Association

  •  
     
     

    日本経済学会

 

研究分野

  • 経済政策

  • 経済政策

研究キーワード

  • 経済学

論文

  • Real Indeterminacy of Stationary Monetary Equilibria in Centralized Economies (共著)

    神谷和也, 久保田荘, 中島可友奈

    Japanese Economic Review   68 ( 4 ) 497 - 520  2017年12月  [査読有り]

     概要を見る

    We show that real indeterminacy of stationary equilibria, by which the set of stationary equilibria is a continuum and the real allocation varies among equilibria, may arise in some general equilibrium models with fiat money. The conditions under which such equilibria arise are: (i) each household optimally saves a constant amount of money; and (ii) at least two households face different budget constraints. We present various models, including a decentralized money search model and a centralized model with a monopoly firm, to explain how these conditions lead to real indeterminacy. Finally, we present a policy that uniquely implements any desirable outcome.

受賞

  • 中島記念国際交流財団奨学金

    2011年08月   公益財団法人 中島記念国際交流財団  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 幣の存在の経済理論的基礎付

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2011年08月
     

講演・口頭発表等

  • Child Care Costs and Stagnating Female Labor Force Participation in the US

    久保田 荘  [招待有り]

    Summer Workshop on Economic Theory  

    発表年月: 2018年09月

  • Culture and Labor Supply: Decline in Female Market Work in Turkey

    久保田 荘

    OSIPP Economics Brownbag Seminar  

    発表年月: 2018年05月

  • Indeterminacy in Search Theory of Money: Bilateral vs. Multilateral Trades

    So Kubota

    Society for Nonlinear Dynamics and Econometrics  

    発表年月: 2018年02月

  • Child Care Costs and Stagnating Female Labor Force Participation in the US

    So Kubota

    GRIPS-KEIO Macroeconomic and Policies Workshop  

    発表年月: 2018年02月

  • Culture and Labor Supply: Decline in Female Market Work in Turkey

    久保田 荘

    Economic Theory and Policy Workshop  

    発表年月: 2018年02月

  • Child Care Costs and Stagnating Female Labor Force Participation in the US

    So Kubota

    GRIPS-U Tokyo Workshop  

    発表年月: 2017年12月

  • Indeterminacy in Search Theory of Money: Bilateral vs. Multilateral Trades

    久保田 荘

    東京大学ミクロ経済学ワークショップ  

    発表年月: 2017年11月

  • Child Care Costs and Stagnating Female Labor Force Participation in the US

    久保田 荘

    一橋大学マクロ金融ワークショップ  

    発表年月: 2017年10月

  • Child Care Costs and Stagnating Female Labor Force Participation in the US

    So Kubota  [招待有り]

    Bogazici University  

    発表年月: 2017年02月

  • Child Care Costs and Stagnating Female Labor Force Participation in the US

    So Kubota  [招待有り]

    Istanbul Technical University  

    発表年月: 2017年02月

  • Child Care Costs and Stagnating Female Labor Force Participation in the US

    久保田 荘  [招待有り]

    Koc University  

    発表年月: 2017年02月

  • Child Care Costs and Stagnating Female Labor Force Participation in the US

    久保田 荘  [招待有り]

    東京大学マクロ経済学ワークショップ  

    発表年月: 2017年02月

  • Child Care Costs and Stagnating Female Labor Force Participation in the US

    So Kubota  [招待有り]

    Sungkyunkwan University  

    発表年月: 2017年02月

  • Indeterminacy in Search Theory of Money: Bilateral vs. Multilateral Trades

    So Kubota

    Summer Workshop on Money, Banking, Payments, and Finance  

    発表年月: 2014年08月

  • Indeterminacy in Search Theory of Money: Bilateral vs. Multilateral Trades

    久保田 荘

    Spring Meeting of Japanese Economic Association  

    発表年月: 2011年06月

  • Indeterminacy in Search Theory of Money: Bilateral vs. Multilateral Trades

    久保田 荘  [招待有り]

    Search Theory Workshop  

    発表年月: 2011年05月

  • Real Indeterminacy of Stationary Monetary Equilibria in Centralized Economies

    So Kubota  [招待有り]

    International Young Economist Conference  

    発表年月: 2010年10月

  • Real Indeterminacy of Stationary Monetary Equilibria in Centralized Economies

    久保田 荘  [招待有り]

    Summer Workshop on Economic Theory  

    発表年月: 2010年08月

  • Real Indeterminacy of Stationary Monetary Equilibria in Centralized Economies

    久保田 荘  [招待有り]

    数理経済学研究会  

    発表年月: 2010年07月

  • Decentralized Trading and the Superneutrality of Money

    久保田 荘

    Search Theory Workshop  

    発表年月: 2009年06月

▼全件表示

学内研究費(特定課題)

  • 新型コロナウイルス危機のマクロ経済分析

    2021年   遠山祐太, 大西宏一郎, 田中聡史, 兼田充

     概要を見る

    本課題について、私は2020年に交付された10万円特別定額給付金の政策効果検証、及び感染症と経済の融合モデルを用いた緊急事態宣言の分析を行った。前者について、みずほ銀行口座データ、およびマネーフォワード社の家計簿アプリのデータを用いて、給付金支給後の人々の消費行動変化を測定した。その結果、10万円のうち平均で2,3万円程度が消費されたこと、また流動性制約の影響が大きかったことなどが分かった。後者については、世界的に急ピッチで開発が行われた、感染症疫学モデルとマクロ経済モデルを融合した疫学マクロモデルを用いて、緊急事態宣言の感染・経済効果の政策シナリオ分析を行い、新型コロナウイルス感染症対策分科会へ結果を提出した。

  • 女性雇用の国際比較分析

    2020年   松田

     概要を見る

    本研究では主にアメリカの保育市場と女性労働の関係に取り組んだ。アメリカの保育市場について、クリントン政権下でChild Care Development Fundと呼ばれる低所得者向けの育児支援補助が拡大された。これは本来女性の労働参加を促進するが、逆にfamily daycare homeと呼ばれる個人経営の保育園を自宅で営む保育士で、かつ彼女たち自身もワーキングマザーである人々の職業選択に影響を与えたという仮説を検証した。IPUMS census個票用いて、そのような保育士兼ワーキングマザーの地域別偏在を調べた。その結果、確かに保育士兼ワーキングマザーの多い地域ほど保育園の価格が上昇したことが確認された。

  • 貨幣保有の異質性を含むサーチモデルと金融政策

    2019年   神谷和也

     概要を見る

    本研究では、貨幣の流通を基礎付けた上で金融政策の効果を考察する貨幣サーチ理論について研究を行った。この分野では端緒となったkiyotaki-Mooreモデルから始まって、それに貨幣数量を導入する形で分析が進められた。貨幣保有の異質性により分析が困難になり、また均衡が無限に存在するなどの問題が知られている。応用分野ではLagos-Wrightなど人口的な構造によりこの問題を回避しているが、私は神戸大学の神谷和也と共同で、貨幣保有についての異質性やナッシュ交渉のよる取引などモデルの基礎的な要素を持ちつつも、簡潔に解くことができるモデルを開発した。均衡の性質を調べ、また金融政策が貨幣取引における買い手と売り手の交渉力の移転によって効果を持ちうることを示した。

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • Macroeconomics for Public Policy

    東京大学公共政策大学院  

  • Principles of Macroeconomics

    東京大学公共政策大学院