前川 卓 (マエカワ タカシ)

写真a

所属

理工学術院 理工学術院総合研究所

職名

上級研究員(研究院教授)

ホームページ

http://maekawalab-ynu.com

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年

    マサチューセッツ工科大学   工学部   海洋工学科  

  •  
    -
    1976年

    早稲田大学   理工学部   機械工学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • マサチューセッツ工科大学(アメリカ合衆国)   Ph.D.

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院総合研究所   上級研究員(研究院教授)

  • 2019年04月
    -
    継続中

    横浜国立大学   名誉教授

  • 2003年04月
    -
    2019年03月

    横浜国立大学 大学院工学研究院 システムの創生部門 教授

  • 1999年07月
    -
    2003年03月

    マサチューセッツ工科大学 工学部 海洋工学科 主席研究員

  • 1994年09月
    -
    1999年06月

    マサチューセッツ工科大学 工学部 海洋工学科 研究員・講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2020年08月
    -
    継続中

    日本応用数理学会

  •  
     
     

    日本機械学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 設計工学

論文 【 表示 / 非表示

  • Accurate High-Order Derivatives of Geodesic Paths on Smooth Surfaces

    Felix Scholz, Takashi Maekawa

    Computer-Aided Design   140   103082 - 103082  2021年11月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

    DOI

  • Fabrication of doubly-curved CFRP shell structures with control over fiber directions

    Masahito Takezawa, Yuto Otoguro, Kohei Matsuo, Tadahiro Shibutani, Akio Sakurai, Takashi Maekawa

    Computer-Aided Design   136   103028 - 103028  2021年07月  [査読有り]

    DOI

  • Two-Lane Path Planning of Autonomous Vehicles in 2.5D Environments

    Riku Usami, Yuji Kobashi, Taiki Onuma, Takashi Maekawa

    IEEE Transactions on Intelligent Vehicles   5 ( 2 ) 281 - 293  2020年06月  [査読有り]

    DOI

  • Control of lines of curvature for plate forming in shipbuilding

    M. Takezawa, K. Matsuo, T. Maekawa

    Computer Aided Geometric Design   75  2019年11月  [査読有り]

  • Automatic Two-Lane Path Generation for Autonomous Vehicles Using Quartic B-Spline Curves

    Taketoshi Suzuki, Riku Usami, Takashi Maekawa

    IEEE Transactions on Intelligent Vehicles   3 ( 4 ) 547 - 558  2018年12月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Shape Interrogation for Computer Aided Design and Manufacturing

    前川 卓( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2002年02月

  • Handbook of Computer Aided Geometric Design Chapter 25 Intersection Problems

    ( 担当: 共著)

    Elsevier Science Publisher  2002年

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 「曲面生成装置および曲面生成用プログラム」

    土江庄一, 前川 卓

    特許権

  • 運搬車両の管制システム及び運搬車両の管理方法

    前川卓, 鈴木健稔, 宇佐美陸, 小橋裕司, 竹田幸司, 田貫富和

    特許権

  • 「軌道算出プログラム、加工装置、及び、軌道算出方法」

    前川 卓

    特許権

  • 目的面形状物製造方法、目的面形状物製造装置、部材形状取得装置およびプログラム

    前川 卓, 竹澤 正仁

    特許権

  • 「除去部分設定装置、曲面形成装置、除去部分設定方法、曲面形成方法およびプログラム」

    前川 卓, 村富 洋一, 竹澤 正仁

    特許権

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 貢献賞

    2019年09月   日本機械学会 設計工学・システム部門  

    受賞者: 前川 卓

  • 発明表彰

    2019年05月   横浜国立大学  

    受賞者: 前川 卓

  • 120周年記念功労者表彰

    2017年11月   日本機械学会  

    受賞者: 前川 卓

  • 特別研究員等の書面審査 表彰

    2016年08月   日本学術振興協会  

    受賞者: 前川 卓

  • 設計・システム部門 業績賞

    2014年09月   日本機械学会  

    受賞者: 前川 卓

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 炭素繊維刺しゅう機によるCFRP自由曲面成形方法の開発と応用

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    前川 卓, 松尾 宏平, 澁谷 忠弘, 竹澤 正仁

     概要を見る

    1)曲面を伸ばしたり切込みを入れたりせずに、曲げ変形のみで平面に展開できる曲面を可展面という。可展面のガウス曲率はゼロであることから、ガウス曲率がゼロに近い値を取る領域では曲率線を止め、基布に無駄な切込みを抑えるようにすることにより、切込み量の少ないガラスクロス基布を作成することができた。
    2)プリフォームの基布上に炭素繊維束を刺しゅうするための一筆書きツールパスを生成する基礎アルゴリズムを開発した。開発手法を自動車フード曲面に適用することで、平面展開図上において1本で繋がったツールパスを生成することができた。また生成したツールパスCADデータを刺しゅう機に適したデータ形式に変換して入力することで、生成したツールパスに沿って炭素繊維束をプリフォーム基布上に縫い付けることができた。
    3)改良型曲率線展開法で展開した短冊状の基材を張り合わせることで曲面を有する製品形状を再構築できることを利用して、設計形状の雌型を必要としない新たなCFRP成形手法の実用化に向けて開発を開始した。本年度は、プリフォームに比較的剛性の高いガラスロービングクロスを用いて成形試験を行うことで、より実用的な成形が可能であることを示した。しかし成形中の自重による変形、ならびに成形後の製品表面の平滑性については改善する必要がありこれらの課題について、引き続き取り組む。
    4)数値シミュレーションを通してその妥当性を検証した。標準的なプロペラを対象に、モード解析と静解析を実施して、炭素繊維による効率的な強化方法について検討した。炭素繊維を任意の曲線に沿って配置することで、より軽量かつ高強度なプロペラ構造が期待できる。また、主応力分布をもとに炭素繊維の配置を決定するための試行として、ボンネットのシェル要素モデルを対象に主応力分布から応力線を作成するための基礎検討を行った。

  • 曲率線展開法に基づくCFRP成形技術の開発と応用

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    前川 卓

    担当区分: 研究代表者

     概要を見る

    地球の温暖化に伴い、今後CO2排出量の規制強化がますます進むと予測される中、自動車、航空機、船舶等日常的に使用される乗り物の軽量化は、CO2排出量の削減に直接的に大きく貢献することができる。このような背景の中、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)は鉄と比較して高価ではあるものの、重さが約4分の1、強度が10倍の高機能材料であり、鉄の代替材料として注目を集めている。その中でもとりわけ、自動車、航空機の翼と胴体とのブレンド曲面、新幹線のノーズ、船舶のプロペラ、ハル等の形状は意匠性や流体力学特性を満たさなければならない複雑な曲面をしており、各層毎のCFRPの切り込みをどのように決めれば高強度でかつ、仕上げ工程の少ない製品に仕上がるのかという統一された基準がない。本研究ではこれらの複雑な曲面に曲率線展開法に基づいた新たな成形加工方法を適用することにより様々なCFRP曲面を作製し、その用途に応じた強度試験や数値シミュレーションを通

  • 幾何処理による曲面曲率コントロールとそのIsogeometric解析への応用

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

    前川卓

    担当区分: 研究代表者

  • 幾何処理による点群の位置並びに法線ベクトルのフィッティング

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2008年04月
    -
    2011年03月
     

    前川 卓

    担当区分: 研究代表者

  • ポリゴンメッシュで形成された3次元ソリッドモデルの電子指紋に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2004年04月
    -
    2007年03月
     

    前川 卓

    担当区分: 研究代表者

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 掘削面に対する油圧ショベル作業具正対手法に関する研究

    佐藤 隆人, 前川 卓

    第 26 回設計工学・システム部門講演会   (慶應義塾大学 日吉キャンパス)  日本機械学会  

    発表年月: 2016年10月

  • From CAD Models to Toy Brick Sculptures: A 3D Block Printer

    Y. Maeda, O. Nakano, T. Maekawa, S. Maruo

    RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS)   (Daejeon, Korea)  2016 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS)  

    発表年月: 2016年10月

  • 法線マップ直接編集による流線型形状曲面の設計

    蓼沼 周, 前川 卓  [招待有り]

    情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会  

    発表年月: 2015年11月

  • 自立性と安定性を考慮したレゴモデル組み立て図の自動生成

    狐崎 拓哉, 竹澤 正仁, 佐々木 雄飛, 前川 卓  [招待有り]

    情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会  

    発表年月: 2015年11月

  • 照度差ステレオ法を用いた検査システムの開発

    町田賢一郎, 井本治孝, 前川卓  [招待有り]

    第 25 回設計工学・システム部門講演会  

    発表年月: 2015年09月

全件表示 >>

 

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 応用機械設計製図II

    横浜国立大学  

  • 設計統合CAD

    横浜国立大学  

  • 設計と加工

    横浜国立大学  

  • 機械設計 I

    横浜国立大学  

  • 機構学Ⅰ

    横浜国立大学  

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年03月
    -
    継続中

    Computer-Aided Design  Editor

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Rhinocerosによる3次元CAD理論入門

    工学研究院  (横浜国立大学田町サテライトキャンパス) 

    2006年09月
    -
     

     概要を見る

    3次元CADソフトRhinocerosを使って製品設計を行う際の曲線・曲面理論の基礎知識を習得し、演習や実際の応用事例を通して理解を深める。

  • Rhinocerosによる3次元CAD理論入門

    工学研究院  (横浜国立大学田町サテライトキャンパス) 

    2005年09月
    -
     

     概要を見る

    3次元CADソフトRhinocerosを使って製品設計を行う際の曲線・曲面理論の基礎知識を習得し、演習や実際の応用事例を通して理解を深める。