木伏 紅緒 (キブシ ベニオ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    京都大学   人間・環境学研究科  

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    京都大学   人間・環境学研究科  

  • 2009年04月
    -
    2013年03月

    早稲田大学   スポーツ科学部   スポーツ医科学科  

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    明治薬科大学   非常勤講師

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本運動生理学会

  •  
     
     

    日本トレーニング科学会

  •  
     
     

    日本体育学会

  •  
     
     

    日本バイオメカニクス学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経科学一般

  • スポーツ科学

  • 体育、身体教育学

  • リハビリテーション科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 表面筋電図

  • 歩行

  • 神経科学

  • バイオメカニクス

  • 運動制御

論文 【 表示 / 非表示

  • Modular control of muscle coordination patterns during various stride time and stride length combinations

    Kibushi B, Moritani T, Kouzaki M

    Gait & Posture    2021年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • COORDINATION PATTERNS AND REDUCED FORCE EXERTION IN THE NOVICE OF CLEAN EXERCISE.

    Kibushi B, Sado N, Kouzaki M

    ISBS Proceedings Archive.   38 ( 1 ) 71  2020年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Local dynamic stability in temporal pattern of intersegmental coordination during various stride time and stride length combinations

    Kibushi B, Moritani T, Kouzaki M

    Exp Brain Res   237 ( 1 ) 257 - 271  2019年  [査読有り]

    DOI PubMed

  • Speed-dependent modulation of muscle activity based on muscle synergies during treadmill walking

    Benio Kibushi, Shota Hagio, Toshio Moritani, Motoki Kouzaki

    Frontiers in Human Neuroscience   12   4  2018年01月  [査読有り]

     概要を見る

    The regulation of walking speed is easily achieved. However, the central nervous system (CNS) must coordinate numerous muscles in order to achieve a smooth and continuous control of walking speed. To control walking speed appropriately, the CNS may need to utilize a simplified system for the control of numerous muscles. Previous studies have revealed that the CNS may control walking via muscle synergies that simplify the control of muscles by modularly organizing several muscles. We hypothesized that the CNS controls the walking speed by flexibly modulating activation of muscle synergies within one gait cycle. Then, we investigated how the activation of muscle synergies depend on walking speeds using the center of activity (CoA) that indicates the center of the distribution of activation timing within one gait cycle. Ten healthy men walked on a treadmill at 14 different walking speeds. We measured the surface electromyograms (EMGs) and kinematic data. Muscle synergies were extracted using non-negative matrix factorization. Then, we calculated the CoA of each muscle synergy. We observed that the CoA of each specific synergy would shift as the walking speed changed. The CoA that was mainly activated during the heel contact phase (C1) and the activation that contributed to the double support phase (C3) shifted to the earlier phase as the walking speed increased, whereas the CoA that produced swing initiation motion (C4) and the activation that related to the late-swing phase (C5) shifted to the later phase. This shifting of the CoAindicates that the CNScontrols intensive activation of muscle synergies during the regulation of walking speed. In addition, shifting the CoA might be associated with changes in kinematics or kinetics depending on the walking speed. We concluded that the CNSflexibly controls the activation of muscle synergies in regulation of walking speed.

    DOI PubMed

  • Lower local dynamic stability and invariable orbital stability in the activation of muscle synergies in response to accelerated walking speeds

    Kibushi B, Hagio S, Moritani T, Kouzaki M

    Front Hum Neurosci   12   485  2018年  [査読有り]

    DOI PubMed

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 第32回日本トレーニング科学会大会傍聴記

    木伏紅緒

    トレーニング科学   31 ( 4 ) 235 - 238  2020年

    担当区分:筆頭著者

    その他  

  • 歩行動作における筋および関節の協調システム (特集 トレーニングを運動学習として捉える)

    木伏 紅緒

    トレーニング科学   31 ( 1 ) 11 - 16  2019年

    CiNii

  • 歩行における高齢者の筋活動の制御機構 (特集 高齢社会へのバイオメカニクス支援)

    木伏 紅緒, 神﨑 素樹

    バイオメカニクス研究   21 ( 3 ) 119 - 123  2017年

    CiNii

受賞 【 表示 / 非表示

  • 若手研究奨励賞

    2019年10月   日本トレーニング科学会   パワークリーン動作の技術向上に伴う筋協調パターンの調整  

    受賞者: 木伏紅緒, 新澤庸介, 神崎素樹

  • 発表賞

    2019年06月   第1回彗ひろば   Data-driven spectral analysis for social biomechanics  

    受賞者: 藤井慶輔, 武石直也, 稲葉優希, 木伏紅緒, 神崎素樹, 河原吉伸

  • Student travel award

    2018年07月   The International Society of Electrophysiology and Kinesiology   Divergence in temporal coordination of kinematic synergies during non-preferred stride time-length combinations  

    受賞者: 木伏紅緒, 森谷敏夫, 神崎素樹

  • 若手研究奨励賞

    2018年03月   京都滋賀体育学会   非最適な歩行における運動学シナジーの時間協調の発散性  

    受賞者: 木伏紅緒, 森谷敏夫, 神崎素樹

  • 若手奨励賞(基礎部門)

    2014年09月   日本バイオメカニクス学会   筋シナジー数の相違に基づく若齢者歩行と高齢者歩行の比較  

    受賞者: 木伏紅緒, 萩生翔大, 木村哲也, 神崎素樹

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 歩行動作を構成する生体力学的サブタスク間での相互依存性

    若手研究

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2023年03月
     

    木伏紅緒

    担当区分: 研究代表者

  • 筋協調の感覚代替システム構築の試みと歩行学習への応用

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

    木伏紅緒

    担当区分: 研究代表者

  • 新規歩行パターンの学習における筋協調システムの形成機序の解明

    研究期間:

    2019年08月
    -
    2021年03月
     

    木伏 紅緒

    担当区分: 研究代表者

  • 筋協調に基づいたスポーツパフォーマンス評価システムの構築

    研究期間:

    2019年09月
    -
    2021年02月
     

    木伏 紅緒

    担当区分: 研究代表者

  • ヒトの歩行動作における制御機構の解明

    特別研究員(DC1)

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    木伏 紅緒

    担当区分: 研究代表者

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Different Number of Muscle Synergies During Treadmill Walking Between Young and Elderly Adults.

    Benio Kibushi, Shota Hagio, Testuya Kimura, Motoki Kouzaki

    European College of Sport Science 19th Annual Congress   (アムステルダム) 

  • Flexible recruitment of muscle synergies during treadmill walking depended on speeds.

    Benio Kibushi, Shota Hagio, Toshio Moritani, Motoki Kouzaki

    Society for Neuroscience 45th Annual Congress   (シカゴ) 

  • Local dynamic stability in activations of muscle synergies during treadmill walking.

    Benio Kibushi, Shota Hagio, Motoki Kouzaki

    Society for Neuroscience 46th Annual Congress   (サンディエゴ) 

  • Local and orbital dynamic stability in the muscle activity during walking.

    Benio Kibushi, Shota Hagio, Motoki Kouzaki

    The XXVI Congress of the International Society of Biomechanics   (ブリスベン) 

  • Divergence in temporal coordination of kinematic synergies during non-preferred stride time-length combinations.

    Benio Kibushi, Motoki Kouzaki

    The XXII Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology   (ダブリン) 

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 筋協調を運動感覚として捉えるバイオフィードバックシステムの構築

    2021年  

     概要を見る

    筋協調は言語的に説明困難な曖昧な運動感覚である.筋協調を定量的データに基づいた筋協調パターンとして直感的に知覚する手法を構築し,運動学習者が筋協調に関する情報を利用できれば,運動記憶の固定化や運動学習速度の向上に貢献できると考えた.そこで本研究の目的を運動中の筋協調を直感的に把握できる手法を構築することとした.本年度は,昨年度に構築したシステムを改良し,音の鳴る閾値を自在に調整可能となった.そして改良したシステムを用い,筋活動を音として鳴らす閾値が歩行安定性に影響するかを検証した.

  • 筋協調を運動感覚として捉えるバイオフィードバックシステムの構築

    2020年  

     概要を見る

    筋協調は言語的に説明困難な曖昧な運動感覚である.筋協調を定量的データに基づいた筋協調パターンとして直感的に知覚する手法を構築し,運動学習者が筋協調に関する情報を利用できれば,運動記憶の固定化や運動学習速度の向上に貢献できると考えた.そこで本研究の目的を運動中の筋協調を直感的に把握できる手法を構築することとした.本年度は,ふたつの筋を音として知覚できるシステムを構築した.現在はシステムの有効性を検証するために,ペダリング動作中の主働筋-拮抗筋の共収縮の改善に有益かを検証している.

  • 筋協調を運動感覚として捉えるバイオフィードバックシステムの構築と歩行学習への応用

    2020年  

     概要を見る

     筋協調は言語的に説明困難な曖昧な運動感覚である.筋協調を定量的データに基づいた筋協調パターンとして直感的に知覚する手法を構築し,運動学習者が筋協調に関する情報を利用できれば,運動記憶の固定化や運動学習速度の向上に貢献できると考えた.そこで本研究の目的を (1)運動中の筋協調を直感的に把握できる手法を構築すること,(2)筋協調のフィードバックが歩行学習に及ぼす効果を明らかにすることとした.本年度は,ふたつの筋活動を音として知覚できるシステムを構築した.現在は新規歩行パターンの学習に対する有効性を検証するために,歩行中の足部軌道フィードバックシステムの調整を行っている.

  • 筋協調を運動感覚として捉えるバイオフィードバックシステムの構築と歩行学習への応用

    2020年  

     概要を見る

     筋協調は言語的に説明困難な曖昧な運動感覚である.筋協調を定量的データに基づいた筋協調パターンとして直感的に知覚する手法を構築し,運動学習者が筋協調に関する情報を利用できれば,運動記憶の固定化や運動学習速度の向上に貢献できると考えた.そこで本研究の目的を (1)運動中の筋協調を直感的に把握できる手法を構築すること,(2)筋協調のフィードバックが歩行学習に及ぼす効果を明らかにすることとした.本年度は,ふたつの筋活動を音として知覚できるシステムを構築した.現在は新規歩行パターンの学習に対する有効性を検証するために,歩行中の足部軌道フィードバックシステムの調整を行っている.

  • 筋協調解析によるスポーツパフォーマンス評価システムの構築

    2019年  

     概要を見る

     アスリートがどのように筋を協調的に働かせているかを定量することは,トレーニング評価やパフォーマンス評価に大きく貢献すると考えられる.そこで本研究課題では,筋シナジーという筋協調を定量化する解析手法を用い,筋シナジーに基づいたスポーツパフォーマンス評価の有用性を検証することを目的とした.本年度は,ウェイトリフティング動作の初心者と経験者を対象として筋協調パターンを比較し,筋協調パターンの特徴と技術の習熟の関連性を分析した.その結果,初心者に特有の不適切な動作と関連した筋協調パターンを明らかにした.本研究により,筋協調パターンを用いたスポーツパフォーマンス評価が有用である可能性が示唆された.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年08月
    -
    継続中

    日本体育学会  「応用(領域横断)研究部会」 健康福祉研究部会 委員

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本トレーニング科学会  編集委員

  • 2019年
    -
    継続中

    日本バイオメカニクス学会  「彗ひろば」実行委員