三浦 宏太 (ミウラ コウタ)

写真a

所属

理工学術院 先進理工学部

職名

助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   先進理工学研究科   電気・情報生命専攻 博士後期課程  

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学   先進理工学研究科   電気・情報生命専攻 修士課程  

学位 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月   早稲田大学   博士(理学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   先進理工学部 電気・情報生命工学科   助教

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   先進理工学部 電気・情報生命工学科   助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    日本生化学会

  • 2016年08月
    -
    継続中

    日本分子生物学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物物理学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 光生物学

  • サーモジェネティクス

  • 抗体工学

論文 【 表示 / 非表示

  • Rapid Oxidation Following Photoreduction in the Avian Cryptochrome4 Photocycle

    Hiroaki Otsuka, Hiromasa Mitsui, Kota Miura, Keiko Okano, Yasushi Imamoto, Toshiyuki Okano

    Biochemistry   59 ( 38 ) 3615 - 3625  2020年09月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    Avian magnetoreception is assumed to occur in the retina. Although its molecular mechanism is unclear, magnetic field-dependent formation and the stability of radical-containing photointermediate(s) are suggested to play key roles in a hypothesis called the radical pair mechanism. Chicken cryptochrome4 (cCRY4) has been identified as a candidate magnetoreceptive molecule due to its expression in the retina and its ability to form stable flavin neutral radicals (FADH●) upon blue light absorption. Herein, we used millisecond flash photolysis to investigate the cCRY4 photocycle, in both the presence and absence of dithiothreitol (DTT); detecting the anion radical form of FAD (FAD●-) under both conditions. Using spectral data obtained during flash photolysis and UV-visible photospectroscopy, we estimated the absolute absorbance spectra of the photointermediates, thus allowing us to decompose each spectrum into its individual components. Notably, in the absence of DTT, approximately 37% and 63% of FAD●- was oxidized to FADOX and protonated to form FADH●, respectively. Singular value decomposition analysis suggested the presence of two FAD●- molecular species, each of which was destined to be oxidized to FADOX or protonated to FADH●. A tyrosine neutral radical was also detected; however, it likely decayed concomitantly with the oxidation of FAD●-. On the basis of these results, we considered the occurrence of bifurcation prior to FAD●- generation, or during FAD●- oxidization, and discussed the potential role played by the tyrosine radical in the radical pair mechanism.

    DOI PubMed

  • THETA system allows one-step isolation of tagged proteins through temperature-dependent protein–peptide interaction

    Kota Miura, Yusuke Tsuji, Hiromasa Mitsui, Takuya Oshima, Yosei Noshi, Yudai Arisawa, Keiko Okano, Toshiyuki Okano

    Communications Biology   2 ( 1 ) 207  2019年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI PubMed

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第93回日本生化学会大会 若手優秀賞

    2020年10月   日本生化学会   温度変化によるタンパク質精製系THETA systemを支える抗原-抗体反応の熱力学・分子動力学解析  

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • THETAシステムを基盤とした抗原-抗体反応の温度依存性解析

    2020年  

     概要を見る

    熱刺激によるタンパク質間相互作用の制御は、その有用性にも関わらず、達成するためのツールが未発達である。申請者らは以前、温度依存的に大きく結合力が変化する抗体を発見し、それを応用したタンパク質精製系THETAシステムを開発した。本研究では、抗体の温度依存性の分子基盤を解明し、抗原-抗体反応の温度依存的な制御を可能にすることを目的とした。まず、複数の抗体の結合力の温度依存性を調べたところ、広く商業的に利用される抗体の中にも温度応答性を持つものが存在することを発見した。また、そのような抗体がTHETAシステムに適用可能であることを示した。

  • THETAシステムを基盤とした抗原・抗体反応の温度依存性解析

    2020年  

     概要を見る

    熱刺激によるタンパク質間相互作用の制御は、その有用性にも関わらず、達成するためのツールが未発達である。申請者らは以前、温度依存的に大きく結合力が変化する抗体を発見し、それを応用したタンパク質精製系THETAシステムを開発した。本研究では、抗体の温度依存性の分子基盤を解明し、抗原-抗体反応の温度依存的な制御を可能にすることを目的とした。まず、複数の抗体の結合力の温度依存性を調べたところ、広く商業的に利用される抗体の中にも温度応答性を持つものが存在することを発見した。また、そのような抗体がTHETAシステムに適用可能であることを示した。

  • 温度によるタンパク質相互作用の制御系確立にむけた温度依存的な抗原・抗体反応の解析

    2019年  

     概要を見る

    本研究では、タンパク質間相互作用の制御系を構築するためのアプローチとして、抗原-抗体反応の温度応答性に着目し、応用的利用法の開発とメカニズムの解明を目的とした。申請者らは、4 °Cと比較して37 °Cで結合定数が約1/480に低下するユニークな抗体を発見し、それを応用したタンパク質精製系THETA systemを構築した (Miura et al., 2019)。さらに、様々な抗体で検証すると一部の抗体には温度依存性が見られた。続いて、熱力学的パラメータの解析およびシミュレーション解析を行った。この結果から、温度依存性のメカニズムに抗原-抗体間の水素結合が関わる可能性が考えられた。