中村 優一 (ナカムラ ユウイチ)

写真a

所属

附属機関・学校 グローバルエデュケーションセンター

職名

講師(任期付)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    慶應義塾大学大学院   理工学研究科   開放環境科学専攻  

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    慶應義塾大学大学院   理工学研究科   開放環境科学専攻  

  • 2010年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾大学   理工学部   システムデザイン工学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月
    -
    継続中

    内閣府 日本学術会議事務局   上席学術調査員

  • 2020年01月
    -
    継続中

    東京都健康長寿医療センター   健康長寿イノベーションセンター   非常勤研究員

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   グローバルエデュケーションセンター   講師(常勤)

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    慶應義塾   インフォメーションテクノロジーセンター   助教(常勤)

  • 2015年09月
    -
    2015年12月

    CEA Grenoble   研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    電子情報通信学会

  •  
     
     

    情報処理学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ウェブ情報学、サービス情報学   データ公開基盤

  • 情報ネットワーク

  • 情報セキュリティ   データプライバシ

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 匿名化

  • データプライバシ

  • データ公開

論文 【 表示 / 非表示

  • Digital Watermarking for Anonymized Data with Low Information Loss

    Yuichi Nakamura, Hiroaki Nishi

    IEEE Access     1 - 1  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • A privacy-preserving sharing method of electricity usage using self-organizing map

    Yuichi Nakamura, Keiya Harada, Hiroaki Nishi

      4 ( 1 ) 24 - 29  2018年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    Smart meters for measuring electricity usage are expected in electricity usage management. Although the relevant power supplier stores the measured data, the data are worth sharing among power suppliers because the entire data of a city will be required to control the regional grid stability or demand–supply balance. Even though many techniques and methods of privacy-preserving data mining have been studied to share data while preserving data privacy, a study on sharing electricity usage data is still lacking. In this paper, we propose a sharing method of electricity usage while preserving data privacy using a self-organizing map.

    DOI

  • Anonymization method based on sparse coding for power usage data

    K. Harada, Y. Ohno, Y. Nakamura, H. Nishi

    2018 IEEE 16th International Conference on Industrial Informatics (INDIN)     571 - 576  2018年  [査読有り]

    DOI

  • Novel Method to Watermark Anonymized Data for Data Publishing

    Yuichi Nakamura, Yoshimichi Nakatsuka, Hiroaki Nishi

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E100D ( 8 ) 1671 - 1679  2017年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    In this study, an anonymization infrastructure for the secondary use of data is proposed. The proposed infrastructure can publish data that includes privacy information while preserving the privacy by using anonymization techniques. The infrastructure considers a situation where ill-motivated users redistribute the data without authorization. Therefore, we propose a watermarking method for anonymized data to solve this problem. The proposed method is implemented, and the proposed method's tolerance against attacks is evaluated.

    DOI

  • Implementation and Evaluation of an FPGA-Based Network Data Anonymizer

    Yuichi Nakamura, Sota Sawaguchi, Hiroaki Nishi

    IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING   12   S134 - S140  2017年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    Privacy concern is a key element in recent Internet development, as more data transfers are acquired and analyzed while packets traverse the network. Data analysis can provide many benefits to internet service providers and users, such as recommendation services based on user activity on the Internet. While these services make use of the vast amounts of content and statistical data that can be acquired from network transactions, service providers face the challenge of ensuring that their services do not cause any privacy infringements. To cope with this problem, anonymization methods such as anonymity and l-diversity are commonly utilized to generalize datasets and eliminate private information. However, performing anonymization on a vast amount of data acquired from a network imposes high calculation costs. In this paper, we focus on proposing and implementing a field-programmable gate array (FPGA)-based data anonymizer to accelerate the anonymization of data that are used for internet services. A RAM-based anonymizer is proposed and tested using real-life internet traffic to evaluate how it performs under network applications. (C) 2017 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by John Wiley & Sons, Inc.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Urban Systems Design (Book Chapter)

    西 宏章, 中村 優一( 担当: 共著,  担当範囲: Chapter 10 - IoT-based monitoring for smart community)

    Elsevier  2020年02月 ISBN: 9780128160558

    DOI

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • Anonymization System, Issuance Device, and Program

    US10,303,897

    NISHI HIROAKI, OKADA KENGO, NAKAMURA YUICHI

    特許権

  • 匿名化システム、発行装置及びプログラム

    特許6264656

    西宏章, 岡田健吾, 中村優一

    特許権

その他 【 表示 / 非表示

  • 技術標準化貢献

     概要を見る

    ITU-T デリバラブルへの論文の被引用

    Technical Reports on "Anonymization infrastructure and open data in smart sustainable cities"
    ITU-T Working Group 2 Focus Group Smart Sustainable Cities

    https://www.itu.int/en/ITU-T/focusgroups/ssc/Documents/website/web-fg-ssc-0234-r9-technical_report_anonymization_infrastructure_open_data_in_ssc.docx

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第9回 WASEDA e-Teaching Award Good Practice賞

    2021年03月   早稲田大学 大学総合研究センター  

    受賞者: 中村 優一

  • 第33回電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術学生賞)

    2018年03月   電気通信普及財団   Novel Method to Watermark Anonymized Data for Data Publishing  

    受賞者: 中村 優一

  • Best Author Award

    2016年11月   IEEE SmartGridComm, Workshop on Smart City Infrastructure and Applications (WSCIA’16)   Self-Organizing Map Using Classification Method for Services in Multilayer Computing Environments  

    受賞者: 中村 優一

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • PWSCUP2020コンテスト:AMIC ("Anonymity against Membership Inference" Contest)

    千田浩司, 荒井ひろみ, 井口誠, 小栗秀暢, 菊池浩明, 黒政敦史, 中川裕志, 中村優一, 西山賢志郎, 野島良, 長谷川聡, 波多野卓磨, 濱田浩気, 古川諒, 山田明, 渡辺知恵美

    情報処理学会 Computer Security Symposium 2020  

    発表年月: 2020年10月

    開催年月:
    2020年10月
     
     
  • PWS Cup 2019: ID識別・トレース推定に強い位置情報の匿名加工技術を競う

    村上 隆夫, 荒井 ひろみ, 井口 誠, 小栗 秀暢, 菊池 浩明, 黒政 敦史, 中川 裕志, 中村 優一, 西山 賢志郎, 野島 良, 波多野 卓磨, 濱田 浩気, 山岡 裕司, 山口 高康, 山田 明, 渡辺 知恵美

    コンピュータセキュリティシンポジウム2019  

    発表年月: 2019年10月

  • データ利活用とプライバシ保護

    中村 優一  [招待有り]

    明治大学 理工学部 特別講義1  

    発表年月: 2019年06月

  • 匿名化データのための電子透かしとそのBlind検出手法の提案

    大野雄太, 中村優一, 西宏章

    電子情報通信学会 ディペンダブルコンピューティング研究会 (DC)  

    発表年月: 2017年03月

  • 二次利用のためのデータ属性を考慮した匿名化加工手法の提案と検討

    中村優一, 細江貴博, 西宏章

    電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会 (CPSY)  

    発表年月: 2016年12月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • プライバシに配慮したデータ公開・共有によるデータ利活用のための技術に関する研究

    2020年  

     概要を見る

    本研究助成を受け、プライバシに配慮したデータ公開・共有によるデータ利活用のための技術を検討した。データ共有に関わる役割は、生成・保管しているデータを提供する「データ提供者」、提供されたデータを利活用する「データ利用者」、そして提供者と利用者の間のデータ授受を仲介する「データ仲介者」の3つに大別できる。2020年度は主にデータ仲介者に注目し、個人に関するデータの集まりに対して、誰の情報が含まれているか分からないようにデータを匿名化する技術について研究を進め、最終的に、研究会論文1本として報告した。またプライバシに配慮の必要なデータの安全な研究利用を促進するための研究も進めており、2021年度以降も引き続き本課題に取り組む予定である。

  • データ利活用のためのデータ共有に適用可能なプライバシ保護技術の検討

    2019年  

     概要を見る

    本研究助成を受け、データ利活用のためのデータ共有に適用可能なプライバシ保護技術を検討した。データ共有に関わる役割は、生成・保管しているデータを提供する「データ提供者」、提供されたデータを利活用する「データ利用者」、そして提供者と利用者の間のデータ授受を仲介する「データ仲介者」の3つに大別できる。本研究ではデータ共有の中心であるデータ仲介者の役割としてストレージサーバを構築しながら研究を進め、最終的に、研究会論文1本および書籍1章として報告した。2019年度の結果を踏まえ、2020年度以降はまた異なる視点でデータ共有を捉えつつ研究をさらに進め、安心・安全なデータ利活用へさらに貢献したい。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • プログラミング入門

    早稲田大学  

    2020年04月
    -
    継続中
     

  • サーバマネジメントβ

    早稲田大学  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • サーバマネジメントα

    早稲田大学  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 情報セキュリティ技術

    早稲田大学  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • データベース(SQL入門)

    早稲田大学  

    2019年04月
    -
    継続中
     

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    IEEE Standards Association  IEEE P21451-1-6 Standards Committee Working Group Member

  • 2019年07月
    -
    継続中

    情報処理学会 コンピュータセキュリティ研究会 プライバシーワークショップ(PWS)  実行委員

  • 2019年06月
    -
    継続中

    電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会  専門委員