2022/08/11 更新

写真a

クモイ ゲンドウ
雲居 玄道
所属
附属機関・学校 データ科学センター
職名
講師(任期付)

兼担

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    早稲田大学   大学院創造理工学研究科   経営システム工学専攻 博士後期課程  

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    早稲田大学   理工学部   経営システム工学科  

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    麻布高等学校  

学位

  • 2022年02月   早稲田大学   博士(工学)

経歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   データ科学センター   講師

  • 2019年04月
    -
    2022年03月

    早稲田大学・理工学術院・創造理工学部   経営システム工学科   助手

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    浄土真宗本願寺派総合研究所   研究助手

所属学協会

  •  
     
     

    IEEE

  •  
     
     

    経営情報学会

  •  
     
     

    日本気象学会

  •  
     
     

    情報処理学会

 

研究分野

  • 社会システム工学

  • 中国哲学、印度哲学、仏教学

  • 情報学基礎論

  • 大気水圏科学

  • 知能情報学

  • 子ども学、保育学

  • 統計科学

▼全件表示

論文

  • Transfer Learning Based on Probabilistic Latent Semantic Analysis for Analyzing Purchase Behavior Considering Customers' Membership Stages

    Tianxiang YANG, Gendo KUMOI, Haruka YAMASHITA, Masayuki GOTO

    Journal of Japan Industrial Management Association   73 ( 2E ) 160 - 175  2022年07月  [査読有り]

    DOI

  • 同一顧客の購入数が少ない商品群を対象とした購買履歴に基づく商品特性分析モデル

    山極 綾子, 雲居玄道, 後藤 正幸

    電子情報通信学会論文誌 D   J105-D ( 5 ) 297 - 309  2022年05月  [査読有り]

    DOI

  • 顧客成長を促す施策立案のための特徴転移型クラスタリングモデル

    平野 洋介, 楊 添翔, 雲居 玄道, 阿部 永, 立花 徹也, 後藤 正幸

    情報処理学会論文誌   62 ( 10 ) 1704 - 1715  2021年10月  [査読有り]

  • Deep Learning with Data Augmentation to Add Data Around Classification Boundaries

    Hideki Fujinami, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    Industrial Engineering & Management Systems   20 ( 3 ) 384 - 397  2021年09月  [査読有り]

    DOI

  • 多値分類問題におけるECOC法の最適性に関する一考察

    雲居 玄道, 八木 秀樹, 小林 学, 後藤 正幸, 平澤 茂一

    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM)   14 ( 3 ) 1 - 10  2021年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    与えられた二値判分類器を組み合わせて用いる多値分類器の構成法の1つに,符号理論の枠組みを導入した誤り訂正符号に基づく多値分類法(Error-Correcting Output Coding:ECOC法)がある.この手法が実データに対して良い性能を示すことは実験的に知られているが,ECOC法に対する分類精度について,理論的な最適性については明らかになっていない.そこで本研究では最大事後確率分類を可能とする二値分類器を仮定した場合,ECOC法が最適な多値分類法になる十分条件を示す.この結果,同様の仮定のもとでn-vs-allおよびExhaustive符号が最適な多値分類法になることが示せる.これは種々のECOC法に対する最適性の議論の方向性の1つを示唆している.

    CiNii

  • トピックモデルに基づく多様性を考慮した回答文書検索モデル

    大川 順也, 雲居 玄道, 後藤 正幸

    経営情報学会誌   30 ( 1 ) 31 - 46  2021年06月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>一般的な質問応答システムでは,ユーザから与えられた質問を解析し,情報源となる文書集合から,質問に対する適切な回答を検索するモデル(回答文書検索モデル)を構築することで回答候補を抽出し,回答の自動化を実現している.</p><p>コミュニティQAサイト(cQAサイト)における質問・回答文書に対して,回答文書検索モデルを構築する場合,基本的な手法として質問文書の類似度による手法が考えられる.しかし,cQAサイトで見られるような,質問ごとに存在する回答文書の多様性を的確に掴みながら,適切な内容の回答文書を提示することは困難であると考えられる.そこで本研究では,トピックモデルの代表的な手法であるLatent Dirichlet Allocation(LDA)を用いることで,従来手法では対応できなかった回答文書の多様性を考慮可能な回答文書検索モデルの構築手法を提案する.最後に,提案モデルの有効性を検証するため,実際にcQAサイトに投稿された質問・回答文書を用いた検証実験を行い,検索結果の性能を評価するとともに,得られた結果に基づいて考察を行う.</p>

    DOI CiNii

  • A Latent Class Analysis for Item Demand Based on Temperature Difference and Store Characteristics

    Yuto Seko, Ryotaro Shimizu, Gendo Kumoi, Tomohiro Yoshikai, Masayuki Goto

    Industrial Engineering & Management Systems   20 ( 1 ) 35 - 47  2021年03月  [査読有り]

    DOI

  • A Study on Customer Purchase Behavior Analysis Based on Hidden Topic Markov Models

    Mio Hotoda, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    Industrial Engineering & Management Systems   20 ( 1 ) 48 - 60  2021年03月  [査読有り]

    DOI

  • 潜在的ディリクレ配分法を用いた問合せ文書と回答文書の関係分析モデルとその応用に関する一考察

    大川 順也, 雲居 玄道, 後藤 正幸

    経営情報学会誌   29 ( 1 ) 39 - 54  2020年06月  [査読有り]

  • 多値文書分類のための情報理論的基準による2元符号語表の構成法

    雲居玄道, 八木秀樹, 後藤正幸, 平澤茂一

    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用   13 ( 1 ) 1 - 12  2020年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Analytical Model of Customer Purchase Behavior Considering Page Transitions on EC Site

    Mio Hotoda, Hiroki Mizuochi, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    Total Quality Science   5 ( 1 ) 23 - 33  2019年10月  [査読有り]

  • Binary Document Classification Based on Fast Flux Discriminant with Similarity Measure on Word Set

    Keisuke Okubo, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    Industrial Engineering & Management Systems   18 ( 2 ) 235 - 241  2019年07月  [査読有り]

  • 非負値行列因子分解を用いたプラットフォームビジネスにおける顧客生涯価値予測

    蓮本恭輔, 雲居玄道, 後藤正幸

    情報処理学会論文誌   60 ( 7 ) 1283 - 1293  2019年07月  [査読有り]

  • 葬儀・仏前結婚式に関して

    雲居玄道

    浄土真宗総合研究   11   69 - 81  2017年  [査読有り]

  • 2値判別器を用いた多値分類方式のシステム評価

    平澤 茂一, 雲居 玄道, 小林 学, 後藤 正幸, 稲積 宏誠

    経営情報学会 全国研究発表大会要旨集   2016   13 - 16  2016年

     概要を見る

    2値判別器を複数個用いた多値分類のための構成方法について考察し,レート歪関数の視点より構築したシステム評価モデルによりその性能を評価する.M(M≧3)個のクラス(カテゴリ)からなる分類問題をN個(N≧M-1)の2値判別器により構成する.この問題の構成方法は,M個(符号語数)の長さN(符号長)の行ベクトルを持つM行N列の行列Wをどう与えるかに帰着する.一般に与えられたカテゴリ数Mに対し,分類誤り確率Peと判別器数Nがトレードオフの関係にあることを示し,Mが大きくなる時の振舞いをシステム評価モデルにより明らかにする.ベンチマークデータ(文書分類問題)により具体的な性能を評価し,望ましい性質を持つことを示す.

    DOI CiNii

  • A Design of Recommendation Based on Flexible Mixture Model Considering Purchasing Interest and Post-Purchase Satisfaction

    Takeshi Suzuki, Gendo Kumoi, Kenta Mikawa, Masayuki Goto

    日本経営工学会論文誌   64   570 - 578  2014年01月  [査読有り]

  • Word Sequence Kernelに基づく剽窃文書発見手法

    道祖本 信哉, 雲居 玄道, 石田 崇, 平澤 茂一

    経営情報学会 全国研究発表大会要旨集   2008   115 - 115  2008年

     概要を見る

    近年,情報技術の発達により,blog などWEB ページのデジタル文書の著作権侵害が問題となっている.しかし,デジタル文書の増加により剽窃文書を人手で調査するのは困難となっている.本研究では,対象とする文書から自動的に剽窃の疑いのある文書を発見する手法を提案する.この手法は,従来のSmith-Waterman アルゴリズムを用いた方法では検出しきれなかった部分の改善を図るために,Word Sequence Kernel(WSK) に基づいた剽窃文判定アルゴリズムを利用している.新聞記事やWeb ページ及びそれらを基に剽窃された文書を用い,評価実験を行い提案手法の有効性を示す.

    DOI CiNii

  • 著作権侵害文書検出のためのストリングカーネルを用いた要約文発見手法

    雲居 玄道, 石田 崇, 後藤 正幸, 平澤 茂一

    経営情報学会 全国研究発表大会要旨集   2008   74 - 74  2008年

     概要を見る

    近年,インターネットの普及によって,デジタル文書の著作権侵害が深刻な問題となっている.この問題の1 つに,著作物を著作権所有者の許可なく要約し,これを公開することがあげられる.本研究では,著作権の保護対象となる著作物のうち,新聞記事を対象とする.新聞記事から要約された,デジタル文書を発見する手法において,部分的に類似する記事が数多く存在する社説が,精度を下げることが知られている.このため,社説から作成された要約文を特定する手法を提案する.新聞記事とそれを元に人手で要約されたデジタル文書を用いて評価実験を行い,提案システムの有効性を示す.

    DOI CiNii

▼全件表示

書籍等出版物

  • 本願寺白熱教室 お坊さんは社会で何をするのか?

    雲居 玄道( 担当: 共著,  担当範囲: ウェブに見る宗教の公共性)

    法蔵館  2015年06月

Misc

  • Performance Evaluation of ECOC Considering Estimated Probability of Binary Classifiers

    Gendo Kumoi, Hideki Yagi, Manabu Kobayashi, Masayuki Goto, Shigeichi Hirasawa

    Proc. 10th World CIST Conf.    2022年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Time Window Topic Model for Analyzing Customer Browsing Behavior

    Fumiyo Ito, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    IEEE 12th International Workshop on Computational Intelligence and Applications    2021年11月  [査読有り]

  • A Study on New Product Recommendation Using Multi-Label CVAE for Fresh Flowers

    Aya Kitasato, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    IEEE 12th International Workshop on Computational Intelligence and Applications    2021年11月  [査読有り]

  • Store Analysis Using Latent Representation of Robust Variational Autoencoder Based on Sales History Data

    Ryogo Okubo, Ryosuke Uehara, Gendo Kumoi, Masayuki Goto, Tomohiro Yoshikai

    The 19th Asian Network for Quality Congress    2021年10月  [査読有り]

  • A Node Sharing Learning Method for Deep Neural Networks in Multi-Label Classification

    Kodai Ishikura, Aya Kitasato, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    The 19th Asian Network for Quality Congress    2021年10月  [査読有り]

  • A Discussion on Improving Fraud Detection Performance by Generative Adversarial Networks for Transactions Data

    Guanyu Yang, Yuki Tsuboi, Ryotaro Shimizu, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    The 19th Asian Network for Quality Congress    2021年10月  [査読有り]

  • A Study on Analysis Model of Customers' Purchasing Behavior based on Knowledge Graph Attention Network

    Fumiyo Ito, Zhiying Zhang, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    18th Asian Network for Quality Congress    2020年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Hypothesis Discovery Method for Predicting Change in Multidimensional Time-series Data

    Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    2020 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics     854 - 859  2020年10月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A QA System Model Considering Relationship of Topics between Question/Answer Documents

    Junya Okawa, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    2019 Asian Conference of Management Science & Applications ACMSA2019    2019年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Study on Accuracy of Causal Effects Estimation for Unknown True Causal Structure

    Kazuma Inoue, Gendo Kumoi, Shunsuke Horii, Tota Suko, Masayuki Goto

    2019 Asian Conference of Management Science & Applications ACMSA2019    2019年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Important Variables Selection for Customer Feature Analysis Using Anomaly Detection Method

    Hirotake Arai, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    2019 Asian Conference of Management Science & Applications ACMSA2019    2019年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Study of Out of Manifold Data Augmentation in Deep Neural Network

    Hideki Fujinami, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    2019 Asian Conference of Management Science & Applications ACMSA2019    2019年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Study on Customer Purchase Behavior Analysis Based on Hidden Topic Markov Models

    Mio Hotoda, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

    2019 Asian Conference of Management Science & Applications ACMSA2019    2019年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • An Analytical Model to Activate Non-Royal Users of Multifunctional Credit Card

    Yuto Seko, Gendo Kumoi, Masayuki Goto, Tetsuya Tachibana

    2019 Asian Conference of Management Science & Applications ACMSA2019    2019年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Study on Text Analysis Model to Support Creation of Summarized Weather Forecast

    Takuma Matsumoto, Yuto Seko, Gendo Kumoi, Masayuki Goto, Tomohiro Yoshikai

    17th Asian Network for Quality Congress ANQ2019   ID-218  2019年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • System Evaluation of Ternary Error-Correcting Output Codes for Multiclass Classification Problems*

    Shigeichi Hirasawa, Gendo Kumoi, Hideki Yagi, Manabu Kobayashi, Masayuki Goto, Tetsuya Sakai, Hiroshige Inazumi

    2019 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC)    2019年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI

  • Greedy Features Quantity Selection Method from Multivariate Time Series Data for Customer Classification

    Gendo KUMOI, Masayuki GOTO

    4th International Conference on Big Data, Cloud Computing, and Data Science Engineering    2019年05月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Pattern Analysis Model Based on Users' Action Series on a Portal Site for Job-hunting

    Yuuki Sugiyama, Gendo Kumoi, Masayuki Goto, Takashi Sakurai

      ID196  2018年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Model to Detect Unique Customers Based on Time-series Log Data

    Xiaoyan Zhang, Haruka Yamashita, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

      ID207  2018年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Study on Automatic Classification of Query Documents Considering Question Contents

    Keisuke Okubo, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

      ID222  2018年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • An Analytical Model of Customer Purchase Behavior Considering Page Transitions on EC Site

    Mio Hotoda, Hiroki Mizuochi, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

      JP-042  2018年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Prediction Model of Item Demands Based on Temperature Gap and Store Characteristics

    Yuto Seko, Ryotaro Shimizu, Gendo Kumoi, Masayuki Goto, Tomohiro Yoshikai

      JP-044  2018年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • System Evaluation of Error Correcting Output Codes for Artificial Data Methods

    Shigeichi Hirasawa, Gendo Kumoi, Manabu Kobayashi, Masayuki Goto, Hiroshige Inazumi

        112 - 122  2018年06月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Greedy Construction Approach of Codeword Table on Error Correcting Output Coding for Multivalued Classification and Its Evaluation by Using Artificial Data

    Gendo Kumoi, Hideki Yagi, Manabu Kobayashi, Masayuki Goto, Shigeichi Hirasawa

        15 - 22  2018年06月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • System evaluation of construction methods for multi-class problems using binary classifiers

    Shigeichi Hirasawa, Gendo Kumoi, Manabu Kobayashi, Masayuki Goto, Hiroshige Inazumi

    Advances in Intelligent Systems and Computing   746   909 - 919  2018年03月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

     概要を見る

    Construction methods for multi-valued classification (multi-class) systems using binary classifiers are discussed and evaluated by a trade-off model for system evaluation based on rate-distortion theory. Suppose the multi-class systems consisted of M(≥3) categories and N(≥M-1) binary classifiers, then they can be represented by a matrix W, where the matrix W is given by a table of M code words with length N, called a code word table. For a document classification task, the relationship between the probability of classification error Pe and the number of binary classifiers N for given M is investigated, and we show that our constructed systems satisfy desirable properties such as “Flexible”, and “Elastic”. In particular, modified Reed Muller codes perform well: they are shown to be “Effective elastic”. As a second application we consider a hand-written character recognition task, and we show that the desirable properties are also satisfied.

    DOI

  • Transfer Learning Based on Probabilistic Latent Semantic Analysis for Analyzing Purchase Behavior Considering Customers' Membership Stages

    Tianxiang Yang, Gendo Kumoi, Haruka Yamashita, Masayuki Goto

       2017年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Binary Document Classication Based on Fast Flux Discriminant with Similarity Measure on Word Set

    Keisuke Okubo, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

       2017年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Study on Extraction of Important Items Focused on Customer Growth Based on Network Analysis

    Hiroaki Ito, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

      ID164  2017年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Study on Semi-supervised Learning Using a Small Number of Positive Example Documents and Unlabeled Documents

    Hiroki Mizuochi, Sei Okayama, Gendo Kumoi, Masayuki Goto

      ICT-15  2017年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 人工データを用いた誤り訂正符号に基づく多値分類法における符号語表構成に関する一考察

    雲居玄道, 三川健太, 八木秀樹, 後藤正幸, 平澤茂一

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM)   40th  2017年

    J-GLOBAL

  • A Study of Document Classification Based on Polya Mixture Distribution

    Gendo Kumoi, Kenta Mikawa, Masayuki Goto, Shigeichi Hirasawa

      No.136-1  2012年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Proposal of Extracting Unknown Information from Customer Review for SWOT Analysis

    Kenta Mikawa, Gendo Kumoi, KazumaSuzuki, Masayuki Goto

      167 ( ID141 )  2011年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Study on the Recommender System Based on Probabilistic Latent Model

    Takeshi Suzuki, Gendo Kumoi, Kenta Mikawa, Masayuki Goto

      ID127  2011年01月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • A Study on Automatic Summarization of Customer Reviews Based on Maximum Coverage Problem

    Takashi Takemura, Gendo Kumoi, Gou Hosoya, Masayuki Goto

      ID124  2011年01月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Automated Source Code Plagiarism Detection Based on Coding Style Model

    Kenta Hibi, Gendo Kumoi, Kenta Mikawa, Masayuki Goto

      ID147  2011年01月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Multivalued Document Classification by Maximization of Posterior Probability Based on Relevance Vector Machine

    Ryosuke Odai, Gendo Kumoi, Kenta Mikawa, Gou Hosoya, Masayuki Goto

      ID205  2011年01月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • PLSIを用いた文書分類手法に関する一考察

    雲居 玄道, 石田 崇, 後藤 正幸, 平澤 茂一

    電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   110 ( 301 ) 13 - 18  2010年11月

     概要を見る

    近年,電子文書の増加に伴い効率的な知識獲得が重要な課題となっている.その手法のひとつに文書分類手法がある.本稿では,この文書分類手法にProbabilistic Latent Semantic Indexing (PLSI)を用いる.PLSIの特徴として,マルチカテゴリに対応していることと,EMアルゴリズムによる解法であることがあげられる.本稿においては,このEMアルゴリズムを用いて,少量の学習データに対して分類可能な手法を提案する.さらに,本手法をWEBページ分類に適用し,その有効性を明らかにする.

    CiNii

  • 混合 Polya 分布に基づくサブカテゴリを考慮した文書分類手法

    牛尼 夏海, 雲居 玄道, 石田 崇, 後藤 正幸

    電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論   110 ( 137 ) 13 - 18  2010年07月

     概要を見る

    本研究では,混合Polya分布を確率的言語モデルとして用いた文書分類方法を提案する.従来,確率的言語モデルを用いた文書分類手法においては,スポーツや政治といった既知のカテゴリに1つの確率分布を与えた混合分布を考え,新規の文書について帰属度を計算し,分類を行っていた.本研究では,カテゴリの中にさらに複数の未知の潜在トピックの存在を仮定し,それらをサブカテゴリと定義する.サブカテゴリに1つのPolya分布を与え,新規の文書においてサブカテゴリへの帰属度を計算し,サブカテゴリへの分類を行い,そのサブカテゴリが属するカテゴリへ最終的に分類される手法と,カテゴリへの帰属度をサブカテゴリの混合Polya分布より計算し,カテゴリへの分類を行う方法の2つの分類方法を提案し,それらの有効性を示す.

    CiNii

  • D-012 フォークソノミーにおけるタグの意味的関係分析に関する一考察(データベース,一般論文)

    岸端 佑季, 雲居 玄道, 後藤 正幸, 東 基衞

    情報科学技術フォーラム講演論文集   8 ( 2 ) 145 - 146  2009年08月

    CiNii

  • Student questionnaire analyses using the clustering method based on the PLSI model

    Takashi Ishida, Hisashi Hamada, Gendo Kumoi, Masayuki Goto, Shigeichi Hirasawa

        159 - 164  2009年05月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Document classification methods with a small-size training set

    Gendo Kumoi, Takashi Ishida, Masayuki Goto, Shigeichi Hirasawa

        153 - 158  2009年05月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

▼全件表示

受賞

  • 2021年度論文賞

    2021年11月   経営情報学会   潜在的ディリクレ配分法を用いた問合せ文書と回答文書の関係分析モデルとその応用に関する一考察  

    受賞者: 大川 順也, 雲居 玄道, 後藤 正幸

  • 企業賞,DBSJ特別賞

    2020年11月   国立情報学研究所 情報学研究データリポジトリIDRユーザフォーラム   Knowledge Graph Attention Networkに基づく購買行動分析モデルに関する一考察  

    受賞者: 伊藤史世, 張志穎, 雲居玄道, 後藤正幸

  • The World CIST'18 best paper award

    2018年03月   6th World Conference on Information Systems and Technologies (WorldCist'18)  

講演・口頭発表等

  • お寺の人が思春期の生きづらさを学んでみたら

    雲居 玄道, 藤田 圭子, 武田 正文, 古川 潤哉

    日本科学振興協会 第1回総会・キックオフミーティング  

    発表年月: 2022年06月

    開催年月:
    2022年06月
    -
     
  • プログラミング言語教育のための自然言語における第2言語教育法の援用に関する調査研究

    石倉滉大, 雲居玄道, 梅澤克之, 小林 学, 中野美知子, 平澤茂一

    情報処理学会第84回全国大会  

    発表年月: 2022年03月

  • 構成的符号化を用いたECOCの一構成法(続)

    平澤茂一, 雲居玄道, 八木秀樹, 小林 学, 後藤正幸, 稲積宏誠

    情報処理学会第84回全国大会  

    発表年月: 2022年03月

  • BERTによる特徴抽出を駆使した商品レビュー分析モデルに関する一考察

    山下皓太郎, 雲居玄道, 蓮本恭輔, 後藤正幸

    情報処理学会第84回全国大会  

    発表年月: 2022年03月

  • 二値分類器の推定誤差に基づく多値分類性能に関する一考察

    雲居玄道, 八木秀樹, 小林 学, 後藤正幸, 平澤 茂一

    第44回情報理論とその応用シンポジウム  

    発表年月: 2021年12月

  • 売り切れ情報を考慮したマルチタスク学習に基づく惣菜アイテムの需要予測モデルに関する一考察

    上原諒介, 雲居玄道, 後藤正幸, 吉開朋弘

    第44回情報理論とその応用シンポジウム,  

    発表年月: 2021年12月

  • Webサイトの閲覧行動分析のための時間窓トピックモデルの提案

    伊藤史世, 雲居玄道, 後藤正幸

    第44回情報理論とその応用シンポジウム  

    発表年月: 2021年12月

  • 購買履歴と画像情報を共学習するCVAEに基づく生花の新商品イメージ自動生成手法

    北里 礼, 雲居玄道, 後藤正幸

    第44回情報理論とその応用シンポジウム  

    発表年月: 2021年12月

  • 売り切れを考慮した小売チェーン店の需要予測に関する分析

    上原諒介, 雲居玄道, 後藤正幸, 吉開朋弘

    日本経営工学会秋季大会  

    発表年月: 2021年11月

  • マルチラベル分類におけるDeep Neural Networkの共有構造の構築法に関する一考察

    石倉 滉大, 北里 礼, 雲居 玄道, 後藤 正幸

    人工知能学会全国大会論文集   一般社団法人 人工知能学会  

    発表年月: 2021年06月

    開催年月:
    2021年06月
     
     

     概要を見る

    <p>近年,1つの文書に複数のラベルが付与されることを想定するマルチラベル分類に関する技術の重要性が高まっている.このマルチラベル分類問題を解くためのアプローチの1つに,関係性の高いラベル同士でDeep Neural Networkの中間層を共有したネットワークを構築するBranched Multi-Task Networks(BMTN)がある.BMTNでは,中間層の共有構造をラベル間の類似度のクラスタリングによって決定するが,分析者が中間層ごとのクラスタ数を事前に設定する必要がある.そのため,ラベル間の関係性を適切に表現できるクラスタ数が決定されているとは限らない.そこで本研究では,クラスタリングにおいて,ラベル間の関係性を適切に表現できるクラスタ数の決定アルゴリズムを提案する.これにより,分析者に依らない適切なクラスタ数の決定が可能となる.そのため,関係性の低いラベルは独立に学習され,関係性の高いラベルに特化した学習が可能となり推定精度の向上が期待される.最後に,提案手法を読売新聞記事データに適用し,推定精度の向上と共有構造の解釈による有用性を示した.</p>

  • 出品履歴データを学習したRobust Variational Autoencoderの潜在表現による店舗分析

    大久保 亮吾, 上原 諒介, 雲居 玄道, 後藤 正幸, 吉開 朋弘

    人工知能学会全国大会論文集   一般社団法人 人工知能学会  

    発表年月: 2021年06月

    開催年月:
    2021年06月
     
     

     概要を見る

    <p>本研究では,複数店舗を有する小売チェーンを対象とし,フードロス解消のための惣菜商品に着目した店舗間の特徴を分析するモデルを提案する.このとき,各店舗で出品される惣菜の種類は,全店舗で販売される惣菜種類数の1割程度に留まり,スパースなデータである.このスパース性への対応のため次元圧縮手法の適用を考えるにあたり,独自性の強い出品を行う店舗などが存在するため,入力データのばらつきが大きく,単純な手法の適用は難しい.そこで,入力データのばらつきに頑健な次元圧縮手法であるRobust Variational Autoencoder(RVAE)を適用し,入力データの特徴を有した潜在表現を獲得可能する.RVAEの潜在表現は確率分布として出力され,一般には,この確率分布からサンプリングして類似度を測る.これに対し本研究では,サンプリングすることなく確率分布間の距離を計算する手法を提案する.これにより,出品傾向が類似する店舗の検出を行う.加えて,RVAEで得られた再構成誤差から出品傾向が他の店舗と大きく異なる店舗の検出が可能となる.最後に,提案手法を実データに適用し,その有効性を検証する.</p>

  • 仮想通貨取引データに対する敵対的生成ネットワークを用いた分類性能向上手法の検討

    楊 冠宇, 清水良太郎, 雲居玄道, 後藤正幸

    日本経営工学会春季大会  

    発表年月: 2021年05月

    開催年月:
    2021年05月
     
     
  • 深層異常検知モデルの中間表現によるデータ分析手法に関する一考察

    北里 礼, 相木将寛, 雲居玄道, 後藤正幸

    日本経営工学会春季大会  

    発表年月: 2021年05月

    開催年月:
    2021年05月
     
     
  • Robust Variational Autoencoderの潜在表現による店舗分析モデルに関する一考察

    大久保亮吾, 上原諒介, 雲居玄道, 後藤正幸, 吉開朋弘

    日本経営工学会春季大会  

    発表年月: 2021年05月

    開催年月:
    2021年05月
     
     
  • マルチラベル分類におけるDeep Neural Network のノード共有学習法

    石倉滉大, 北里 礼, 雲居玄道, 後藤正幸

    日本経営工学会春季大会  

    発表年月: 2021年05月

    開催年月:
    2021年05月
     
     
  • 複数店舗を有する小売チェーンにおける代替商品検出アルゴリズムの提案

    上原諒介, 雲居玄道, 後藤正幸, 吉開朋弘

    日本経営工学会春季大会  

    発表年月: 2021年05月

    開催年月:
    2021年05月
     
     
  • 動く教材で学ぶデータエンジニアリング

    雲居玄道, 八木秀樹, 後藤正幸

    日本経営工学会春季大会  

    発表年月: 2021年05月

    開催年月:
    2021年05月
     
     
  • 構成的符号化を用いたECOCの一構成法

    雲居玄道, 平澤茂一, 八木秀樹, 小林 学, 後藤正幸

    日本経営工学会春季大会  

    発表年月: 2021年05月

    開催年月:
    2021年05月
     
     
  • 生花ECサイトの購買履歴に基づく商品特性分析モデル

    山極綾子, 雲居玄道, 後藤正幸

    第19回日本データベース学会年次大会 DEIM2021  

    発表年月: 2021年03月

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • ユーザ行動分析のための Knowledge Graph Attention Networkの拡張に関する一考察

    伊藤史世, 張 志穎, 雲居玄道, 後藤正幸  [招待有り]

    第19回日本データベース学会年次大会 DEIM2021  

    発表年月: 2021年03月

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • 多値分類問題におけるECOC法の最適性に関する一考察

    雲居 玄道, 八木 秀樹, 小林 学, 後藤 正幸, 平澤 茂一

    第131回数理モデル化と問題解決研究発表会  

    発表年月: 2020年12月

  • 顧客分類のための多次元時系列データに基づく特徴量選択法

    雲居 玄道, 後藤 正幸

    第131回数理モデル化と問題解決研究発表会  

    発表年月: 2020年12月

  • 天気予報情報を活用した全球数値予報モデルの可視化手法に関する一考察

    松元琢真, 雲居玄道, 後藤正幸, 吉開朋弘

    日本計算機統計学会 第34回シンポジウム  

    発表年月: 2020年11月

  • 顧客成長のための施策立案を導く特徴転移型クラスタリングモデルの提案

    平野洋介, 楊添翔, 雲居玄道, 阿部 永, 立花徹也, 後藤正幸

    日本計算機統計学会 第34回シンポジウム  

    発表年月: 2020年11月

  • Knowledge Graph Attention Networkに基づく購買行動分析モデルに関する一考察

    伊藤史世, 張 志穎, 雲居玄道, 後藤正幸

    国立情報学研究所 情報学研究データリポジトリIDRユーザフォーラム(IDRユーザフォーラム2020)  

    発表年月: 2020年11月

  • クレジット切替施策検討のためのポイントカードユーザ分析モデル

    平野洋介, 楊 添翔, 雲居玄道, 後藤正幸, 高橋雅信, 阿部 永, 立花徹也

    日本経営工学会秋季大会  

    発表年月: 2020年10月

  • 天気予報文作成支援のための位置情報付き自動タギング手法に関する一考察

    松元琢真, 雲居玄道, 後藤正幸, 吉開朋弘

    日本経営工学会秋季大会  

    発表年月: 2020年10月

  • Knowledge Graph Attention Networkに基づく購買行動分析モデルに関する一考察

    伊藤史世, 張 志穎, 雲居玄道, 後藤正幸

    第34回人工知能学会全国大会  

    発表年月: 2020年06月

  • カテゴリ毎にAuto Encoderを用いるDeep Neural Networkの構築法に関する一考察

    今井虎太郎, 後藤亮介, 雲居玄道, 後藤正幸

    第34回人工知能学会全国大会  

    発表年月: 2020年06月

  • 多値文書分類のためのq元符号語表構成法に関する一考察

    雲居玄道, 八木秀樹, 小林学, 後藤正幸, 平澤茂一

    第42回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2019)  

    発表年月: 2019年11月

  • 異常検知モデルに基づく顧客特徴分析に関する一考察

    新井浩健, 雲居玄道, 後藤正幸

    第42回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2019)  

    発表年月: 2019年11月

  • 深層学習におけるデータ拡張による汎化性能の向上に関する研究

    藤波英輝, 雲居玄道, 後藤正幸

    第42回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2019)  

    発表年月: 2019年11月

  • 真の因果構造が未知の場合の因果効果の推定精度について

    井上一磨, 雲居玄道, 堀井俊佑, 須子統太, 後藤正幸

    第42回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2019)  

    発表年月: 2019年11月

  • 多機能クレジットカードの利用履歴データに対する潜在クラスモデル分析

    世古裕都, 雲居玄道, 後藤正幸, 立花徹也

    第42回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2019)  

    発表年月: 2019年11月

  • Hidden Topic Markov Modelsに基づく顧客購買行動分析に関する一考察

    保戸田未桜, 雲居玄道, 後藤正幸

    第42回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2019)  

    発表年月: 2019年11月

  • 質問・回答文書のトピック関連度を考慮したQAシステムモデル

    大川順也, 雲居玄道, 後藤正幸

    第42回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2019)  

    発表年月: 2019年11月

  • q元 Exhaustive Codeを用いた多値分類手法に関する研究

    雲居 玄道, 八木秀樹, 小林学, 後藤正幸, 平澤茂一

    第18回情報科学技術フォーラム  

    発表年月: 2019年09月

  • 天気予報文作成支援のためのテキスト分析モデルに関する研究

    松元琢真, 世古裕都, 雲居玄道, 吉開朋弘

    日本気象学会 2019年春季大会  

    発表年月: 2019年05月

  • 概況文作成支援のための数値予報類似度算出法

    雲居玄道, 後藤正幸, 吉開朋弘

    日本気象学会 2019年春季大会  

    発表年月: 2019年05月

  • 潜在的ディリクレ配分法を用いた問合せ文書と回答文書の関係分析

    大川順也, 雲居玄道, 後藤正幸

    第21回情報論的学習理論ワークショップ  

    発表年月: 2018年11月

  • 概況文作成支援のための予想天気図類似度算出法

    雲居玄道, 後藤正幸, 吉開朋弘

    第21回情報論的学習理論ワークショップ  

    発表年月: 2018年11月

  • 人工データによる2値判別器を用いた多値分類システムの評価

    平澤茂一, 雲居玄道, 小林 学, 後藤正幸, 稲積宏誠

    経営情報学会 PACIS2018 主催記念特別全国研究発表大会  

    発表年月: 2018年06月

  • 会員ステージ制における顧客の行動分析のための転移学習モデルについて

    楊 添翔, 雲居玄道, 山下 遙, 後藤正幸

    日本経営工学会春季大会予稿集  

    発表年月: 2018年05月

  • EC サイトにおけるページ遷移順序を考慮した購買行動分析

    保戸田 未桜, 水落洋貴, 雲居玄道, 後藤正幸

    日本経営工学会春季大会予稿集  

    発表年月: 2018年05月

  • 気象条件と店舗特性を考慮した商品別需要モデル構築に関する一考察

    世古裕都, 清水 良太郎, 雲居玄道, 後藤正幸, 吉開朋弘

    日本経営工学会春季大会予稿集  

    発表年月: 2018年05月

  • Tweetデータに基づく料理画像の魅力度定量化モデル

    藤波英輝, 清水 良太郎, 雲居玄道, 後藤正幸

    日本経営工学会春季大会予稿集  

    発表年月: 2018年05月

  • 非負値行列因子分解による顧客購買パターン抽出と顧客生涯価値予測

    蓮本恭輔, 後藤正幸, 雲居玄道

    情報処理学会第80回全国大会  

    発表年月: 2018年03月

  • ネットワーク分析に基づく顧客成長のための重要商品の抽出手法に関する一考察

    伊藤寛彬, 雲居玄道, 後藤正幸

    第40回情報理論とその応用シンポジウム  

    発表年月: 2017年11月

  • 人工データを用いた誤り訂正符号に基づく多値分類法における符号語表構成に関する一考察

    雲居玄道, 三川健太, 八木秀樹, 後藤正幸, 平澤茂一

    第40回情報理論とその応用シンポジウム  

    発表年月: 2017年11月

  • 符号理論に基づく多値文書分類における二値判別器の相関に着目した符号語構成法

    雲居玄道, 八木秀樹, 後藤正幸, 平澤茂一

    第16回情報科学技術フォーラム  

    発表年月: 2017年09月

  • FFDを用いた二値分類のための次元削減法に関する一考察

    大窪啓介, 雲居玄道, 後藤正幸

    情報処理学会 第115回数理モデル化と問題解決研究発表会  

    発表年月: 2017年09月

  • 符号理論の観点による二値判別器の相関に着目した多値文書分類のための符号語構成法

    雲居玄道, 八木秀樹, 後藤正幸, 平澤茂一

    情報処理学会 第115回数理モデル化と問題解決研究発表会  

    発表年月: 2017年09月

  • 少数の正例とラベルなし文書を用いた半教師付き学習に関する一考察

    水落洋貴, 岡山 成, 雲居玄道, 後藤正幸

    日本経営工学会春季大会予稿集  

    発表年月: 2017年05月

  • 2値判別器を用いた多値分類方式のシステム評価(続)

    平澤茂一, 雲居玄道, 小林 学, 後藤正幸, 稲積宏誠

    情報処理学会第79回全国大会  

    発表年月: 2017年03月

  • 二値判別器の性能に着目したECOC法による多値文書分類における符号語構成に関する一考察

    雲居玄道, 八木秀樹, 後藤正幸, 平澤茂一

    情報処理学会第79回全国大会  

    発表年月: 2017年03月

  • 顧客の成長に着目したネットワーク分析による重要商品の抽出に関する一考察

    伊藤寛彬, 雲居玄道, 山下 遥, 後藤正幸

    情報処理学会第79回全国大会  

    発表年月: 2017年03月

  • ECOC法による多値文書分類における符号語構成における一考察

    雲居玄道, 小林 学, 後藤正幸, 平澤茂一

    第15回情報科学技術フォーラム  

    発表年月: 2016年09月

  • 2値判別器を用いた多値分類方式のシステム評価

    平澤茂一, 雲居玄道, 小林 学, 後藤正幸, 稲積宏誠

    経営情報学会2016年秋季全国研究発表大会  

    発表年月: 2016年09月

  • 区役所窓口を対象とした来庁者滞在時間予測モデルの構築

    数藤 光太郎, 阿内宏武, 雲居玄道, 後藤正幸

    日本経営工学会春季大会予稿集  

    発表年月: 2016年05月

  • 編集履歴可視化システムを用いたLearning Analytics 〜Cプログラミング科目における編集履歴と評価得点データを統合した分析モデル

    後藤正幸, 三川健太, 雲居玄道, 小林 学, 荒本道隆, 平澤茂一

    情報処理学会 第78回全国大会  

    発表年月: 2016年03月

  • 潜在トピックを考慮した未観測なカテゴリを含む文書集合の自動分類手法の提案

    山本祐生, 雲居玄道, 三川健太, 後藤正幸

    日本経営工学会 平成27年春季大会 予稿集  

    発表年月: 2015年05月

  • 類似性に基づくラベル選択法を用いたマルチトピック文書分類

    秋山龍太郎, 雲居玄道, 三川健太, 後藤正幸

    第37回情報理論とその応用シンポジウム  

    発表年月: 2014年12月

  • シンボルの累積出現回数を条件とするモデルクラスのベイズ予測アルゴリズムについて

    阿内宏武, 三川健太, 雲居玄道, 後藤正幸

    第37回情報理論とその応用シンポジウム  

    発表年月: 2014年12月

  • ECOC SVMにおけるデータ数の偏りを考慮した多値文書分類手法に関する一考察

    安田直生, 雲居玄道, 三川健太, 後藤正幸

    日本経営工学会 平成26年秋季大会 予稿集  

    発表年月: 2014年11月

  • シンボルの出現回数を考慮したベイズ予測アルゴリズムに関する一考察

    阿内宏武, 三川健太, 雲居玄道, 後藤正幸

    日本経営工学会 平成26年秋季大会 予稿集  

    発表年月: 2014年11月

  • ラベルごとのデータ数のバランスを考慮したマルチトピック文書分類

    秋山龍太郎, 雲居玄道, 後藤正幸

    日本経営工学会 平成26年秋季大会 予稿集  

    発表年月: 2014年11月

  • 就職ポータルサイトにおける企業紹介文評価のための有用単語評価法

    古山 亮, 雲居玄道, 後藤正幸

    日本経営工学会 平成25年春季大会予稿集  

    発表年月: 2013年05月

  • 特徴語に注目したSmith-Watermanアルゴリズムに基づく剽窃ソースコードの自動検出手法

    日比健太, 雲居玄道, 三川健太, 後藤正幸

    電子情報通信学会 技術研究報告 人工知能と知識処理研究会(AI)  

    発表年月: 2012年11月

  • 文書分類問題におけるカテゴリに注目した可変長Nグラム法

    井上大樹, 雲居玄道, 三川健太, 後藤正幸

    日本経営工学会 平成24年春季大会予稿集  

    発表年月: 2012年05月

  • 選択型と記述型の学生アンケートの分析

    平澤茂一, 石田 崇, 雲居玄道, 後藤正幸

    情報処理学会第74 回全国大会  

    発表年月: 2012年03月

  • 二値判別器の組み合わせによるRVM多値文書分類手法に関する一考察

    小田井良輔, 雲居玄道, 三川健太, 後藤正幸

    情報科学技術フォーラム講演論文集  

    発表年月: 2011年09月

  • コーディングスタイルモデルに基づく剽窃ソースコードの自動検出手法

    日比健太, 雲居玄道, 三川健太, 後藤正幸

    日本経営工学会 平成23年春季大会予稿集  

    発表年月: 2011年05月

  • 確率潜在空間モデルに基づく推薦システムに関する研究

    鈴木健史, 雲居玄道, 三川健太, 後藤正幸

    日本経営工学会 平成23年春季大会予稿集  

    発表年月: 2011年05月

  • 最大被覆問題に基づくユーザレビュー集約手法に関する一考察

    竹村隆, 雲居玄道, 後藤正幸

    経営情報学会 秋季全国研究発表大会  

    発表年月: 2010年11月

  • 事後確率最大判別法に基づくRVM多値文書分類手法の提案

    小田井良輔, 谷口祐樹, 雲居玄道, 後藤正幸

    経営情報学会 秋季全国研究発表大会  

    発表年月: 2010年11月

  • 学生アンケートに基づくe-learning 授業評価モデルの検討

    石田 崇, 雲居玄道, 後藤正幸, 後藤幸功, 平澤茂一

    経営情報学会 秋季全国研究発表大会  

    発表年月: 2010年11月

  • PLSIを用いた文書分類手法に関する一考察

    雲居玄道, 石田 崇, 後藤正幸, 平澤茂一

    電子情報通信学会 技術研究報告  

    発表年月: 2010年11月

  • 混合Polya分布に基づくサブカテゴリを考慮した文書分類手法

    牛尼夏海, 雲居玄道, 石田 崇, 後藤正幸

    電子情報通信学会技術研究報告  

    発表年月: 2010年07月

  • フォークソノミーにおけるタグの意味的関係分析に関する一考察

    岸端佑季, 雲居玄道, 後藤正幸, 東 基衞

    第8回情報科学技術フォーラム講演論文集  

    発表年月: 2009年09月

  • 著作権侵害文書検出のためのストリングカーネルを用いた要約文発見手法

    雲居玄道, 石田崇, 後藤正幸, 平澤茂一

    経営情報学会2008秋季大会  

    発表年月: 2008年11月

  • PLSIモデルを用いた中国語の文書自動分類

    濱田 弥, 雲居玄道, 石田 崇, 平澤茂一

    経営情報学会2008秋季大会  

    発表年月: 2008年06月

  • 著作権侵害文書検出のための要約文発見手法

    雲居玄道, 濱田 弥, 坂口朋章, 八木秀樹, 平澤 茂一

    経営情報学会2007秋季大会  

    発表年月: 2007年11月

  • 著作権侵害検出のための剽窃Webページ発見システム

    坂口朋章, 雲居玄道, 石田 崇, 平澤茂一

    経営情報学会2007秋季大会  

    発表年月: 2007年11月

▼全件表示

特定課題研究

  • フードロス最小化のための天候情報を用いた打ち切りデータに基づく生鮮品需要予測モデル

    2021年  

     概要を見る

    惣菜の高精度な需要予測は,在庫管理の観点や,昨今求められているSDGsの観点からも重要な取り組みである.本研究では,スーパーマーケットチェーンにおける購買履歴データを用いて,惣菜の需要変動要因を考慮した上で,アイテムの需要の連動性を反映しながら全アイテムの需要を定量的に予測するモデルを構築する.このとき,実際に販売された数量は出品数と等しくなり,それ以上の値は観測することができないため,購買履歴データはアイテムの実需要を表していない可能性がある.以上より本研究では,過去の売り切れの可能性を考慮した上で,多種のアイテムの需要量を同時に目的変数としたモデルを提案した.

  • フードロス最小化のための詳細な天候情報に基づく生鮮品需要予測モデル

    2021年  

     概要を見る

    本研究では,複数店舗を有する小売チェーンにおける惣菜類の販売に焦点を当て,チェーン全体の利益増加に寄与する分析を行う.対象とする小売チェーンにおいて,販売する惣菜類の種類や数量,提供タイミング等は各店舗で経験的に決定されている.小売チェーンにとって,総菜需要量を把握することは重要な問題であるが,類似商品は需要が分散しており,個別に分析することは適切ではない.そこで本研究では,ある商品の代わりとなるような商品を代替商品と定義し,代替商品を検出することを研究目的とする.これを全商品の組み合わせに適用することにより,出品日の類似度の低い組み合わせ,すなわち代替性の高い商品を検出が可能となった.

  • 高次元時系列データに対する仮説発見のためのパターン認識手法

    2020年  

     概要を見る

    近年,ネットワークに接続された電子機器から,その利用履歴である多次元時系列データが収集可能となっている.電子機器メーカーの恒常的なマーケティング活動において,顧客であるユーザの電子機器の利用履歴データを詳細に分析することは多大な価値を生むことが期待できる.しかし,取得された膨大なデータを全て人手で分析することは,計算量や人的コストの点から現実的ではない.そこで本研究では,対象となる電子機器の利用における消耗品のの選択要因に注目する.その上で,遺伝的アルゴリズムに基づく特徴量選択法を提案する.これにより恒常的な運用が可能な特徴量を同定が可能になることを示す.

  • 予報現業支援のための気象情報に対する仮説発見および天気予報文自動生成

    2020年  

     概要を見る

    気象予報士が気象状況を読み解く力には経験により差が生じるという問題がある.そこで本研究では画像認識で用いられるAttention Branch Networkに対し数値データである全球数値予報モデルを入力として,入力ごとにマルチタグでタグを推定するとともに,タグごとにAttention Mapを出力することによりタグごとの注視領域を特定する方法を提案する.GSMを用いてタグを推定することで,予想天気図より高精度な気象状況の推定が可能となると考えられる.さらに,Attention Mapを活用することにより,各物理量の組み合わせにより推定されるタグの対象地域の可視化が可能になると考えられる.

  • 高次元時系列データに対する次世代パターン認識手法の開発と応用による仮説発見

    2019年  

     概要を見る

    近年,ユビキタスセンシングシステムに代表されように,機器は,数百から数万ものセンサが実装されている.そして,これらのセンサから時々刻々と計測されるデータが,IoT技術の発展に伴い,データを収集・蓄積することが可能となっている.そのため,これら高次元時系列データに対しての研究が活発化している.これらのログデータは高次元時系列データであり,従来技術を単純に適用できない複数の問題がある.1つは,データの獲得コストやモデル複雑さ,解釈性の困難さなどである.そこで,本研究では,マーケティング施策立案のための仮説発見を目的とし手法の提案を行った.

 

現在担当している科目

▼全件表示