芦田 明美 (アシダ アケミ)

写真a

所属

国際学術院 大学院アジア太平洋研究科

職名

講師(任期付)

学位 【 表示 / 非表示

  • 2014年09月   神戸大学   博士(学術)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学 アジア太平洋研究科

  • 2019年09月
    -
    継続中

    武蔵大学   社会学部   非常勤講師

  • 2019年04月
    -
    継続中

    東京大学   大学院教育学研究科   特任研究員

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    東京大学大学院教育学研究科   日本学術振興会 特別研究員PD

  • 2013年
    -
    2018年

    関西学院大学   非常勤講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    継続中

    日本教育社会学会

  • 2012年
    -
    継続中

    Comparative and International Education Society

  • 2010年10月
    -
    継続中

    国際開発学会

  • 2010年10月
    -
    継続中

    日本比較教育学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 教育社会学

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparative analysis of schooling situations using longitudinal data: improving enrollment patterns of individual children in Honduras

    Akemi Ashida

    International Journal of Comparative Education and Development    2021年08月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Higher education in Japan: internationalization, the Sustainable Development Goals and survivability

    Sachi Edwards, Akemi Ashida

    International Journal of Comparative Education and Development   ahead-of-print ( ahead-of-print )  2020年11月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    <jats:sec><jats:title content-type="abstract-subheading">Purpose</jats:title><jats:p>This paper reviews the national and institutional internationalization activities in Japan's higher education sector and considers the extent to which these efforts have attempted to incorporate and/or contribute to meeting the Sustainable Development Goals (SDGs).</jats:p></jats:sec><jats:sec><jats:title content-type="abstract-subheading">Design/methodology/approach</jats:title><jats:p>This paper was developed based on a review of available demographic data on internationalization in Japan (in both English and Japanese), a survey of recent scholarly literature on this topic and conversations with numerous faculty and staff members working on internationalization issues in a wide range of higher education institutions throughout the country.</jats:p></jats:sec><jats:sec><jats:title content-type="abstract-subheading">Findings</jats:title><jats:p>There are substantial internationalization efforts being made at both national and institutional levels, yet scholars and practitioners of higher education question the extent to which genuine internationalization is occurring. Moreover, the metrics used to track internationalization are somewhat limited and the available data, in many cases, can be complicated to interpret. A bit of tension also exists in Japanese universities between those who support the movement to internationalize and those who see it as a passing fad, an intrusion on their academic freedom and/or as a guise for Westernization – a tension that some cite, along with language barriers and system misalignment, as a challenge to internationalization.</jats:p></jats:sec><jats:sec><jats:title content-type="abstract-subheading">Originality/value</jats:title><jats:p>Numerous scholars discuss the internationalization of higher education in Japan. The originality of this paper is in the comparison of Japan's higher education internationalization efforts to the movement to achieve the SDGs – both in Japan and as a global effort.</jats:p></jats:sec>

    DOI

  • 修学パターンからみる中米ホンジュラス共和国の子どもたちの修学実態3地域比較

    芦田 明美

    東京大学大学院教育学研究科紀要   ( 58 ) 191 - 200  2019年03月  [国内誌]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    This study targeted the Republic of Honduras that had the challenge to improve primary completion rate. This study analyzed student enrollment situations in different areas of Honduras with a focus on their enrollment patterns by using longitudinal data that is possible to see individual details. The results revealed that three different areas showed the same or similar trends in the true cohort table, enrollment patterns leading to graduation or dropout. The percentage of graduates without repetition is especially high in the capital area. However, the most frequent pattern in the island area was a dropout in the early grades. In addition, there was a clear difference among the areas when we compared their enrollment situations by the age of entrance.

    DOI CiNii

  • An Analysis of Primary School Dropout Patterns in Honduras

    Takeshi Sekiya, Akemi Ashida

    Journal of Latinos and Education   16 ( 1 ) 65 - 73  2017年01月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    © 2017 Taylor & Francis Group, LLC. This study hypothesized that repeating a grade is one reason why Honduran primary students drop out of school but not the main reason. Using longitudinal data, we analyzed student enrollment patterns up until students left school. The results revealed that many students dropped out suddenly without having previously repeated a grade, although many dropouts had also repeated a grade at some point, and repeating a grade experience was not among the most frequently appearing dropout patterns in any of the completed grades. The findings indicated that low expectations of education and the need to enter the labor market were causes of immediate dropout.

    DOI

  • Actual enrollment situation in Bay Islands of Honduras:Analysis using the data of primary school children in Caribbean resort area

    Ashida Akemi

    Journal of Global Tourism Research   2 ( 2 ) 87 - 92  2017年  [招待有り]

    DOI CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な開発における「文化」の居場所 : 「誰一人取り残さない」開発への応答

    関根, 久雄( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第4章 SDGs時代における「学び」のあり方を「文化」の視点から捉え直す(北村友人・荻巣崇世・芦田明美))

    春風社  2021年01月 ISBN: 9784861107115

  • 国際教育開発への挑戦 : これからの教育・社会・理論

    荻巣, 崇世, 橋本, 憲幸, 川口, 純( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第4章「修学状況の変遷を捉える-横断的データおよび縦断的データ双方の視点から」)

    東信堂  2021年01月 ISBN: 9784798916712

  • SDGs時代の教育 : すべての人に質の高い学びの機会を

    北村, 友人, 佐藤, 真久, 佐藤, 学( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第7章「高等教育」)

    学文社  2019年04月 ISBN: 9784762028755

  • グローバルエデュケーションモニタリングレポート2019 概要 移住、避難と教育:壁を作るのではなく、橋を架ける

    吉田和浩, 芦田明美, 荻巣崇世( 担当: 共訳)

    広島大学教育開発国際協力研究センター、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター  2019年01月

  • 開発途上国で学ぶ子どもたち : マクロ政策に資するミクロな修学実態分析

    關谷, 武司( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 序章「子どもたちを取り巻く、修学状況の変遷」、 第1章「小学校でつまずくホンジュラス地方都市の子どもたち」、第2章「エルサルバドル地方都市の少女たちの足跡」、 終章「Education 2030に向けてミクロな修学実態分析がもたらし得る可能性」)

    関西学院大学出版会  2018年09月 ISBN: 9784862832634

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Guest editorial

    Yuto Kitamura, Jing Liu, Akemi Ashida, Sachi Edwards

    International Journal of Comparative Education and Development   23 ( 3 ) 153 - 156  2021年08月

    DOI

  • 課題研究報告III 高等教育の国際化と知識外交

    北村友人, 芦田明美

    教育社会学研究 第108集     282 - 283  2021年07月

  • Guest editorial

    Yuto Kitamura, Jing Liu, Akemi Ashida, Sachi Edwards

    International Journal of Comparative Education and Development   23 ( 2 ) 61 - 64  2021年05月

    DOI

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2018年度国際開発学会奨励賞

    2018年11月   国際開発学会  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 開発途上国の教育の質向上(SDG4達成)に資する国際比較研究―教授学習過程の解明

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2024年03月
     

    関谷 武司, 馬場 卓也, 乾 美紀, 江嵜 那留穂, 石坂 広樹, 石田 洋子, 北村 友人, 芦田 明美, 小川 啓一, 川口 純, 吉田 夏帆, 萱島 信子

    担当区分: 研究分担者

  • インドシナ諸国における就学前教育及び教員政策に関する研究

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2020年07月
    -
    2023年03月
     

    小川 啓一

  • 初等・中等教育修了に向けた修学実態の変容の解明―修学パターンの国内間及び年代比較

    若手研究

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月
     

    芦田 明美

    担当区分: 研究代表者

     概要を見る

    本研究では、教育のアクセスから質、公正性、学びへと優先事項が移り、初等および中等教育の修了が目標として掲げられるSDG4.1の下、初等・中等教育課程の子どもたちの個々の修学実態がいかなる状態にあるのか、明らかにすることを目的とする。特に、地域間の格差の発生状況に着目し、教育の質および公正性の観点から、その改善状況や方策を検討する。そして、地域特性の異なる3地域を考慮した検討から得られる知見を用いて、ホンジュラス国全土への提言に止まらず、同国に続く後発開発途上国への提言を引き出すことを試みる。
    研究初年度となる本年度は、対象国における現地調査の実施は見合わせたものの、現地の研究協力者の協力を得て、修学状況に関するデータベースの収録年代の更新作業を行なった。また、本研究課題の分析にかかわる社会背景および歴史的な出来事に関する資料の収集、修学実態の分析、学会等での研究成果発表を実施した。これまでの分析により明らかになった結果の一例を以下に記す。
    地域特性の異なる首都と地方都市を対象に、初等および中等教育課程における修学実態の地域間比較および年代間比較について検討したところ、1990年以降の世界における基礎教育重視の潮流に沿う形で、両地域において就学状況が改善され、初等教育課程の卒業者および前期中等教育への進学者が増加していることが確認できた。しかしながら、地域間の修学実態の差については就学年代が新しくなるにつれて顕著になり、特に地方都市においては留年がいまだ課題として残る様子が見られる。また、対象校を退学後、別の地域へと移動し前期中等教育へ進学したケースも確認されたことから、年代が新しくなるにつれて地方都市における人の移動が顕著になる傾向も見えてきた。現在、これらの分析結果をもとに論文の執筆を進めている。

  • ポストEFA教育政策立案に資する「正コーホート法」による修学実態の国際比較研究

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2019年03月
     

    関谷 武司, 石坂 広樹, 北村 友人, 芦田 明美, 山田 肖子, 小川 啓一, 川口 純, 牟田 博光, 江嵜 那留穂, 吉田 夏帆, 伴 遥奈, 西川 智貴, 神前 駿太

     概要を見る

    開発途上国における個々の子どもたちの修学実態を明らかにするために、縦断的データを用いて正コーホート分析を実施した結果、学校・家庭・社会経済的要因、国家教育政策等の影響は、子どもたちの修学パターンに現れていると考えられた。例えば、ミャンマーでは社会経済的地位(SES)の高い学校と比較してSESの低い学校の方が、修学状況が芳しくなく、オーバーエイジによる負の影響も受けやすいことが分かった。また、ネパールでは家庭要因等により一時的な退学を経験する子どもたちの姿が明らかとなった。その他マラウイやザンビア等のアフリカ地域においても、横断的データからは浮かび上がらない極めて特異な修学パターンが確認された。

  • 開発途上国における幼児教育・保育財政の比較研究-私的支出と公正の観点から-

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2017年06月
    -
    2019年03月
     

    小川 啓一, 芦田 明美, 坂上 勝喜

    担当区分: 連携研究者

     概要を見る

    本研究は、ベトナム、ラオス、カンボジア、バングラデシュを事例に幼児教育の財政分析を需要側の視点から行い、研究成果をもとに政策提言を行った。研究成果は、国内外の学会等において発表するとともに、各事例国の政策担当者・国際機関の教育専門家に共有し、関係する研究者・実務者との意見交換・討議を行う中で、幼児教育・保育財政に関する開発途上国の文脈を踏まえた新たな理論枠組み、評価指標の構築に努めた。また、事例国の関係省庁やユネスコ・バンコクをはじめとする国際機関と共同でワークショップやシンポジウムを開催し研究成果と政策提言を共有することにより、幼児教育政策や援助機関のプロジェクト等の実践の改善に貢献をした。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 「国際教育開発への挑戦」への挑戦:修学状況の変遷を捉える—横断的データおよび縦断的データ双方の視点から

    芦田明美

    第三世界の教育研究会9月例会  

    発表年月: 2021年09月

  • 開発途上国の学校現場におけるコロナのもたらした影響:ホンジュラスおよびカンボジアの事例

    芦田明美

    日本比較教育学会第57回大会  

    発表年月: 2021年06月

  • どう具現化するか ―新たな「連携」と「協働」の形の模索―

    芦田明美

    国際開発学会第22回春季大会、企画セッション「国際教育開発への挑戦 ―これからの教育・社会・理論―」  

    発表年月: 2021年06月

  • How changing from on-site to online classes influenced graduate students’ learning strategies: lessons from the COVID-19 pandemic

    The 65th Annual Conference Comparative and International Education Society  

    発表年月: 2021年

    開催年月:
    2021年04月
    -
    2021年05月
  • 中米ホンジュラス共和国の子どもたちの修学実態の変容 —初等教育から前期中等教育への移行に着目して—

    芦田明美

    国際開発学会 第31回全国大会  

    発表年月: 2020年12月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • アジア地域を対象とした個々の修学実態の検討—途上国における修学の改善を目指して

    2020年  

     概要を見る

    &nbsp; &nbsp;COVID-19によるパンデミックにより、当初の研究計画を変更する必要が生じたため、今年度は1)過去に収集した修学記録のデータベースの精緻化作業に注力、2)コロナ禍における教育への政府・教育省・学校・教員レベルでの対応について、現地協力者の協力により情報収集を行った。その結果、完全な対面の形には戻っていないものの、オンラインでの授業再開がなされている様子が確認された。オンライン教育へアクセスできる層とできない層の新たな格差が生じ、対応は教員レベルに任され、負担が生じている実態が明らかになった。また、教員へのインタビューでは、授業は実施できたもののその質は高いとはいえず、今後教育の質が悪化するのではないかと懸念する回答が得られた。

  • 歴史的社会背景と修学実態の関連性に関する検討

    2019年  

     概要を見る

    1951年から1979年の間に対象校に入学した3,271名の児童の学籍記録を第一学年への登録者数、最終学年到達者数、退学者数ごとに算出し、歴史的社会背景及び経済状況に関する情報を登録者数、最終学年到達者数、退学者数からなる修学動向とのつき合わせを実施。その結果、軍事クーデターの発生時期には登録者数の増減が見られ、教育へのアクセス自体が不安定となり、特に中米紛争の発生翌年以降に就学者数に顕著な減少が見られた。隣国を中心に激化した影響を間接的に受けたことにより、就学者数に上述した顕著な減少が見られたのではないかと考えられる。研究目的の達成にあたっては、さらなる検討が求められるため、今後も分析を継続する。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • Writing and Research Skills

    Graduate School of Asia-Pacific Studies, Waseda University  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • International Development and Evaluation

    Graduate School of Asia-Pacific Studies, Waseda University  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 国際開発評価論

    早稲田大学大学院アジア太平洋研究科  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • ライティング&リサーチ・スキル

    早稲田大学大学院アジア太平洋研究科  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 国際社会における日本の発展の経験(E)

    早稲田大学大学院アジア太平洋研究科  

    2019年
    -
    継続中
     

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    継続中

    日本比較教育学会  国際交流委員会 委員

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本教育社会学会  研究委員