TOMONO, Takayuki

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Assistant Professor(without tenure)

Homepage URL

http://researchers.waseda.jp/profile/ja.759cff783633a8841da3e0a24d5620ba.html

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    2021.03

    Waseda University   Graduate School of Human Sciences  

  •  
    -
    2016.03

    Waseda University   Graduate School of Human Sciences  

  •  
    -
    2014.03

    Waseda University   School of Human Sciences  

Degree 【 display / non-display

  • 早稲田大学   博士(人間科学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2021.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

  • 2020.12
    -
    Now

    国立障害者リハビリテーションセンター 学院   非常勤講師

  • 2020.04
    -
    Now

    東京都立大学   非常勤講師

  • 2017.04
    -
    Now

    国立大学病院機構 西埼玉中央病院附属看護学校   非常勤講師

  • 2019.04
    -
    2021.03

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    JAPANESE COGNITIVE SCIENCE SOCIETY

  •  
     
     

    The Japanese Society for Ecological Psychology

  •  
     
     

    日本建築学会

  •  
     
     

    THE JAPANESE SOCIETY OF SOCIAL PSYCHOLOGY

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Human interface and interaction   人間工学

  • Cognitive science   生態心理学

  • Experimental psychology

Research Interests 【 display / non-display

  • Personal space

  • Body configuration

  • Aperture passability

  • アフォーダンス

  • 障害物回避

display all >>

Papers 【 display / non-display

Misc 【 display / non-display

Awards 【 display / non-display

  • 第34回大会発表賞

    2017.12   日本認知科学会   間隙をつくる障害物の“人らしさ”は, 通り抜け行為に影響を与えるか? -間隙の通過可否判断研究からの一考察-

    Winner: 友野 貴之, 古山 宣洋, 三嶋 博之

Research Projects 【 display / non-display

  • 横断歩道における歩行者の優先性を実質化するトラフィックヒエラルキーにかかる研究

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2021.04
    -
    2024.03
     

    加藤 麻樹, 友野 貴之, 佐藤 健, 申 紅仙

    Authorship: Coinvestigator(s)

  • 間隙通過時に利用される光学情報の種類が、移動経路の可制御性に与える影響

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

    三嶋 博之, 古山 宣洋, 友野 貴之

    Authorship: Coinvestigator(s)

  • 身体の不自由さが人と人の間の通り抜け行為に及ぼす影響

    Project Year :

    2019.06
    -
    2020.03
     

    友野 貴之

    Authorship: Principal investigator

Presentations 【 display / non-display

  • 立位姿勢での会話における家具・什器の効果検証 その3:テーブルのサイズおよび高さが正対する会話参与者の姿勢に与える影響

    友野 貴之, 小松 優里, 阿部 廣二, 古山 宣洋, 上西 基弘, 花田 愛

    2021年度日本建築学会大会 

    Presentation date: 2021.09

  • Effects of Shoe Fit on Gait and Posture

    Ryota MURANO, Takeshi SATO, Takayuki TOMONO, Chika MATSUYAMA, Macky KATO

    21st Triennial Congress of the International Ergonomics Association 

    Presentation date: 2021.06

  • 道幅および歩行者数が歩きスマホをするエージェントの挙動に与える影響

    松山 智佳, 友野 貴之, 村野 良太, 加藤 麻樹

    日本人間工学会第62回大会 

    Presentation date: 2021.05

  • 靴底に歩行補助を目的とした加工を施した婦人靴の着用が歩行姿勢に与える影響

    村野 良太, 友野 貴之, 佐藤 健, 松山 智佳, 市川 寛子, 豊田 真実, 加藤 麻樹

    日本人間工学会第62回大会 

    Presentation date: 2021.05

  • 高齢ドライバーは運転中にどこに気をつけなければならないか?

    堀口亨, 楢橋正都, 松山智佳, 村野良太, 友野貴之, 加藤麻樹

    日本交通心理学会 2020年度(第85回)福岡大会 

    Presentation date: 2020.11

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 身体の不自由さが人と人の間の通り抜け行為に及ぼす影響

    2019  

     View Summary

    病変による身体の不自由さなど, 身体の変化がすき間の通り抜け行為(間隙通過)にどのように影響を与えるのかについて調査を行った. また, 病変による身体の変化における間隙通過研究だけでなく, 拡張された身体における間隙通過や視覚以外の情報を用いた間隙通過, 人工物や他者を介した間隙通過, パーソナルスペースを考慮した間隙通過の研究など多岐にわたる間隙通過研究を整理・外観し今後の課題について考察した. 調査の成果を学術雑誌『認知科学』に投稿した.

 

Syllabus 【 display / non-display

Teaching Experience 【 display / non-display

  • 心理学実験B 01

    早稲田大学 人間科学部  

    2021.06
    -
    Now
     

  • データリテラシーⅢ

    早稲田大学 人間科学部  

    2021.04
    -
    Now
     

  • 認知心理学

    国立障害者リハビリテーションセンター学院 リハビリテーション体育学科  

    2020.12
    -
    Now
     

  • 情報リテラシー実践 I

    東京都立大学 人文社会学部  

    2020.04
    -
    Now
     

  • 情報科学

    国立病院機構 西埼玉中央病院附属看護学校  

    2017.04
    -
    Now