UEMURA, Midori

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Assistant Professor(without tenure)

Degree 【 display / non-display

  • 早稲田大学   博士(人間科学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2020.04
    -
    Now

    Mejiro University   Faculty of Human Sciences Department of Psychological Counseling

  • 2019.04
    -
    Now

    早稲田大学人間科学学術院   心理相談室   相談員

  • 2019.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

  • 2017.04
    -
    2019.03

    学校法人開桜学院 日々輝学園高等学校   常勤カウンセラー

  • 2014.04
    -
    2017.03

    日本学術振興会   特別研究員(DC1)

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    Association for Contextual Behavioral Science

  •  
     
     

    日本認知・行動療法学会

  •  
     
     

    日本学校メンタルヘルス学会

  •  
     
     

    日本行動分析学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Clinical psychology

Research Interests 【 display / non-display

  • Relational Frame Theory

  • Educational Psychology

  • Counseling

  • Clinical Psychology

Papers 【 display / non-display

  • RECENT RESEARCH INTO THE THRD WAVE OF COGNITIVE BEHAVIORAL THERAPY: A REVIEW OF ACCEPTANCE AND COMMITMENT THERAPY FOR CHILDREN AND ADLESCENTS

    Midori UEMURA, Tomu OHTSUKI

    Japanese Journal of Child and Adolescent Psychology   62 ( 1 ) 52 - 63  2021.07  [Invited]

    Authorship:Lead author

  • Development of the Japanese version of the inventory of statements about self-injury and classification of nonsuicidal self-injury in adolescents based on its functions

    Journal of Health Psychology Research   33 ( 2 ) 103 - 114  2021.02  [Refereed]

  • Development of the Appraisal of Self-Injury Scale and Evaluation of Its Reliability and Validity.

    Iijima, Y., Katsuragawa, T.

    Journal of school mental health   23 ( 1 ) in press  2020  [Refereed]

  • A new understanding of self-control from the perspective of Relational Frame Theory

    Midori UEMURA

    Waseda University    2017.03  [Refereed]

  • Multiple exemplar training of relational responding in accordance with comparative and temporal relation in young children : Establishing derived relational responding and transformation of stimulus function as generalized operant behavior

    Midori UEMURA, Tomu OHTSUKI, Hironori SHIMADA

    Behavioral science research   55 ( 2 ) 117 - 128  2017.03  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • セラピストが10代のあなたにすすめるACTワークブック —悩める人が イキイキするための自分のトリセツ −

    大月 友, 石津憲一郎, 下田芳幸, 田代恭子, 上村 碧( Part: Joint translator, 第3章〜第6章)

    星和書店  2016.07

Misc 【 display / non-display

  • 関係フレーム理論(RFT)の展開 臨床発達心理学への寄与

    大月 友, 武藤 崇, 野田 航, 丹治 敬之, 上村 碧, 野呂 文行

    日本心理学会大会発表論文集   78回   SS31 - SS31  2014.08

Other 【 display / non-display

  • 日本学生支援機構奨学金 業績優秀者のための奨学金返還免除 全額免除

    2013.12
    -
     

Awards 【 display / non-display

  • Award

    2017.09   JABCT  

Research Projects 【 display / non-display

  • ことばの力の育成に焦点を充てたセルフ・コントロール支援パッケージの開発と実践

    Project Year :

    2020.04
    -
     
     

  • 関係フレーム理論によるセルフ・コントロールの構成要素の分析と支援方法の検討

    Project Year :

    2019.04
    -
     
     

  • 関係訓練を応用したセルフコントロール支援の開発および日常般化への効果検討

    Project Year :

    2014.04
    -
    2017.03
     

    上村 碧

    Authorship: Principal investigator

Presentations 【 display / non-display

  • スクールカウンセリングの現場でみえる子どものこころ

     [Invited]

    帯広市民大学講座 

    Presentation date: 2020

  • 心理学を知ると,世の中の見え方が変わる 〜生活でも使える心理学の実際〜

    上村 碧  [Invited]

    帯広市民大学講座 

    Presentation date: 2019

  • 関係フレーム理論による児童のセルフ・コントロールに対する新たな理解(受賞記念講演)

    上村 碧  [Invited]

    日本認知・行動療法学会第44回大会抄録集 

    Presentation date: 2018.10

  • セルフ・コントロールに対する関係フレーム理論からの新たな理解(小講演)

    上村 碧

    日本認知・行動療法学会第43回大会発表抄録集 

    Presentation date: 2017.09

  • アクセプタンス方略がパフォーマンスに与える影響 —けん玉チャレンジの不安はコントロールすべき?アクセプトすべき?—

    大月 友, 鳴海さつき, 上村 碧

    日本認知・行動療法学会第42回大会抄録集 

    Presentation date: 2016.09

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • ことばの力の育成に焦点を充てたセルフ・コントロール支援パッケージの開発と実践

    2020   桂川 泰典

     View Summary

     本研究では,ことば(推論)の獲得に付随する,セルフ・コントロールの変容過程を解明し,ことばの力(推論する力)の育成に焦点をあてた,セルフ,コントロールの支援プログラムを提案する。そのために,2020年度においては,2019年度に引き続き,先行研究における知見の取りまとめや,データの整理および論文の執筆を行った。 現在,定型発達児における,ことば(推論)の獲得とセルフ・コントロールの関連に関する研究について,『Journal of Contextual Behavioral Science』への投稿に向けて論文を執筆中である。また,発達障害児における関連を検討した研究については,『特殊教育学研究』への投稿に向けて論文を執筆中である。

  • 関係フレーム理論によるセルフ・コントロールの構成要素の分析と支援方法の検討

    2019   桂川 泰典

     View Summary

     本研究では,ことば(推論)の獲得に付随する,セルフ・コントロールの変容過程を解明し,ことばの力(推論する力)の育成に焦点をあてた,セルフ,コントロールの支援プログラムを提案する。そのために,2019年度においては,先行研究における知見の取りまとめや,データの整理および成果の発表,論文の執筆を行った。 具体的には,多領域の心理学研究者が集う国内の研究会である,『Psychological education and conference for enriching』にて,研究成果の発表を行った。また,アウトリーチ活動として,帯広市教育委員会主催の『帯広市民大学講座』にて研究成果を報告した。さらに,現在論文を執筆中であり,『Journal of Contextual Behavioral Science』に投稿予定である。

 

Syllabus 【 display / non-display

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2020.04
    -
    Now

    日本認知・行動療法学会  広報委員

  • 2017.04
    -
    2019.03

    さいたま市発達障害者支援連絡協議会  評議員