石川 奈保子 (イシカワ ナオコ)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

講師(任期付)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2019年01月

    早稲田大学大学院   人間科学研究科   博士後期課程  

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    早稲田大学大学院   人間科学研究科   修士課程  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(人間科学)

  • 早稲田大学   修士(人間科学)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本心理学会

  •  
     
     

    日本教育心理学会

  •  
     
     

    教育システム情報学会

  •  
     
     

    日本教育工学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 教育工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • eラーニング

  • 社会人学生

  • オンライン大学

  • 自己調整学習

  • インストラクショナルデザイン

論文 【 表示 / 非表示

  • 大学オンライン課程における学生からの援助要請への対応態度による学習支援者の配慮事項の違い

    石川奈保子

    日本教育工学会論文誌   44 ( suppl. ) 129 - 132  2021年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • オンライン大学の学生の自己調整学習とその支援方法

    石川奈保子

    早稲田大学    2019年  [査読有り]

  • オンライン大学で学ぶ学生の自己調整学習方略およびつまずき対処方略

    石川奈保子, 向後千春

    日本教育工学会論文誌   41 ( 4 ) 329 - 343  2018年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 大学院のオンライン授業におけるレポート相互評価の実践:ルーブリック活用が評価の信頼性・妥当性におよぼす効果の検討

    鈴木伸子, 石川奈保子, 向後千春

    コンピュータ&エデュケーション   43   43 - 48  2017年  [査読有り]

  • 大学通信教育課程の社会人学生における自己調整学習方略間 の影響関係の分析

    石川奈保子, 向後千春

    日本教育工学会論文誌   40 ( 4 ) 315 - 324  2017年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第27回論文賞

    2013年09月   日本教育工学会   大学におけるeラーニングとグループワークを組み合わせたブレンド型授業の設計と実践  

    受賞者: 向後千春, 冨永敦子, 石川奈保子

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 社会人大学院生に対する研究活動支援モデルの構築

    若手研究

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

    石川 奈保子

  • オンライン大学で学ぶ女性の学習環境と自己調整学習

    研究活動スタート支援

    研究期間:

    2019年08月
    -
    2021年03月
     

    石川 奈保子

     概要を見る

    eラーニング制大学通信教育課程(オンライン大学)で学ぶ女性の学習環境の現状をインタビュー調査することで、学習阻害要因と、その対処としてどのように自己調整学習をしているのかを明らかにすることを目的とする。オンライン大学の学生の約9割は社会人である。特に女性は、仕事に加え、家事・育児・介護も担いながら学習している場合も多い。女性の学習環境における問題点と理想、学習時間の確保や学習継続のための方略について検討することで、生涯学習の成功の方法構築に寄与したい。
    2019年度は14人に対してインタビュー調査を実施した。(1)学習の目的、(2)学習環境の現状と理想、(3)学習をうまく進めるために工夫していること、(4)卒業後の自身の理想像、について、半構造化面接法を用いてインタビューした。
    2020年度は、引き続きインタビュー調査を実施するとともに、データ分析と成果発表を進める。インタビュー対象人数は合計20人程度を想定している。よって、2020年度はさらに6人程度の協力者にインタビュー調査を実施する。2019年度の課題として、20・30代の協力者が少ないことが挙げられる。そこで、若年層を中心に協力者を募集することで、幅広い年代の学生が在籍する「オンライン大学」だからこそ構築される学習環境を明らかにしたい。最終年度であるため、データ分析を進めながら学会発表を順次行う。最終的な成果として論文化を進めていく。

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 教育の場を構築する科学館職員の動機と方略

    石川奈保子, 牧野遼作, 城綾実, 宗政由桐

    日本教育工学会研究会  

    発表年月: 2021年07月

    開催年月:
    2021年07月
    -
     
  • 大学オンライン授業における自己調整学習方略の活用とeラーニング指向性との関連

    石川奈保子, 石田百合子

    日本教育工学会研究会  

    発表年月: 2021年05月

    開催年月:
    2021年05月
    -
     
  • オンライン大学で学ぶ女性の学習環境

    石川奈保子

    日本教育工学会2021年春季全国大会  

    発表年月: 2021年03月

  • オンライン大学のメンターによる学生への支援の実態

    石川奈保子

    日本教育工学会研究会  

    発表年月: 2020年12月

  • オンライン大学のメンターによる学生支援の課題

    石川奈保子

    日本教育工学会2020年春季全国大会  

    発表年月: 2020年03月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • オンライン大学で学ぶ女性の学習環境と自己調整学習

    2019年  

     概要を見る

    eラーニング制大学通信教育課程(オンライン大学)で学ぶ女性の学習環境の現状をインタビュー調査することで、学習阻害要因とその対処としてどのように自己調整学習をしているのかを明らかにすることを目的とする。オンライン大学の学生の約9割は社会人である。特に女性は、仕事に加え、家事・育児・介護も担いながら学習している場合も多い。女性の学習環境における問題点と理想、学習時間の確保や学習継続のための方略について検討することで、生涯学習の成功の方法構築をに寄与したい。2019年度はインタビュー調査を実施した。2020年度も引き続きインタビュー調査を実施するとともに、分析と成果発表を進める。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>