菊地 雄太 (キクチ ユウタ)

写真a

所属

商学学術院 大学院商学研究科

職名

講師(任期付)

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   修士(経済学)

  • 横浜国立大学   博士(経済学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   商学研究科   講師

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    北海道大学   経済学研究院   助教

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    日本学術振興会特別研究員(DC2)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    American Economic Association

  •  
     
     

    日本経済学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 公共経済、労働経済

  • 経済統計

  • 経済政策

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 応用計量経済学

  • 政策評価

論文 【 表示 / 非表示

  • Impact of university reform on research performance aggregated and disaggregated across research fields: a case study of the partial privatization of Japanese national universities

    Yuta Kikuchi

    JAPANESE ECONOMIC REVIEW    2021年06月  [査読有り]

     概要を見る

    <title>Abstract</title>This study quantitatively estimates the impacts of the partial privatization of Japanese national universities (as implemented in 2004) on research performance outcomes, which are aggregated and disaggregated across research fields. Japanese private universities can be viewed as counterfactuals not targeted by the reform for the same period, which provides within-country variations in this governance/managerial change. Difference-in-differences estimation strategies using private universities as control groups show that the partial privatization of national universities has resulted in a deterioration in the quality and quantity of national universities’ research output, as constructed using publication records from 1999 to 2009. The study then estimates the effects of partial privatization disaggregated by research field and finds that only medical science is negatively affected by the partial privatization. This study is the first to provide a quantitative assessment of whether the partial privatization of Japanese universities has been favorable for research performance using an identification strategy based on a quasi-experiment. It also reveals the heterogeneous impacts across research fields and departments.

    DOI

  • 「近年の生産関数推定法の概観」

    菊地雄太, 今井晋, 鈴木広人

    『社会科学研究』(東京大学社会科学研究所)   72巻 ( 第2号 )  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 「寡占市場の均衡化における製品の品質の生産費用に対する影響の識別:推定に関するノート」

    今井晋, 菊地雄太, 佐々木潔, 鈴木広人

    『經濟學研究』70/2    2020年

  • 「操作変数を使わない需要関数の推定」

    今井晋, 菊地雄太, 田中藍子

    『現代経済学の潮流2019 』(東洋経済新報社)    2019年  [査読有り]

  • Evaluating Professor Value-added: Evidence from Professor and Student Matching in Physics

    Kikuchi Yuta, Nakajima Ryo

    The Social Science Research Network    2018年03月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第十回応用計量経済学コンファレンス優秀論文賞

    2015年11月   一橋大学  

    受賞者: 菊地雄太

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 日本の転職とキャリア形成

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2025年03月
     

    照山博司

    担当区分: 研究分担者

  • 研究者の時間配分と研究生産性の実証分析

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

    菊地雄太

    担当区分: 研究代表者

  • 将来の仕事と生活に関する主観的期待調査による期待形成、就業選択、政策効果の分析

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月
     

    奥村綱雄

  • 需要ショックを取り入れた場合の生産関数の識別推定法の開発

    研究期間:

    2020年06月
    -
    2021年03月
     

    菊地雄太

    担当区分: 研究代表者

  • 大学が生み出す付加価値の実証分析:大学院教育および産学連携活動の評価

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    菊地雄太

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Joint Identification and Estimation of Firm-Level Markup and Production Function

    Yuta Kikuchi

    早稲田大学商学部金曜セミナー  

    発表年月: 2020年11月

  • Joint Identification and Estimation of Firm-Level Markup and Production Function

    Yuta Kikuchi

    Summer Workshop on Economic Theory (SWET) 2020 (Otaru University of Commerce)  

    発表年月: 2020年08月

  • Do Consumers Forget Product Quality They Learned?

    Susumu Imai, Yuta Kikuchi, Hiroto Suzuki, Kaede Tominaga

    2nd International Conference on HR Social Science Economics and Business  

    発表年月: 2019年12月

  • Estimating Demand without Instruments: A Progress Report

    Susumu Imai, Yuta Kikuchi, and Aiko Tanaka

    日本銀行調査統計局 行内セミナー  

    発表年月: 2019年05月

  • A Dynamic Model of Consumer Behavior - Purchase, Consumption and Inventories

    Susume IMAI, Yuta KIKUCHI, Hiroto SUZUKI

    The 19th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems  

    発表年月: 2018年12月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 転職者のキャリアシミュレーション分析

    2019年   今井晋

     概要を見る

    労働者が転職市場を通じて、どのようにすれば効率的な熟練形成をできるようになるか研究を行った。第一に、労働者のキャリア予測についてのプログラムを作成した。労働者が将来を視野に入れてキャリア選択を行うモデルを数値演算的に解いて、その解をもとに様々なシナリオでの労働者のキャリアの疑似データを数値演算的に発生させ、そのデータを元にキャリアアドバイスを行うための定量的検証を行った。第二に、企業と転職者との効率的なマッチングのプロセスについて考察した。近年は求人側の選好に寄り沿った最適化が主流であるが、求職者と求人側の双方の選好を考慮したマーケットの最適化のため、DAアルゴリズムによって効率性を高めうることを検証した。以上を元に某企業と議論し、今後は中高齢者の転職活動を焦点とすべきと有益なフィードバックをいただき、継続的に議論、研究を行っている。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 英書文献研究

    早稲田大学  

  • 統計基礎

    早稲田大学  

  • 統計学

    北海道大学  

  • コンピューターリテラシー(VBA)

    横浜国立大学  

  • 計量経済学

    早稲田大学  

全件表示 >>