小林 和夫 (コバヤシ カズオ)

写真a

所属

政治経済学術院 政治経済学部

職名

准教授

プロフィール

専門分野は、グローバル経済史、アフリカ経済史。

これまでに、西アフリカの消費に注目して近代世界経済の興隆過程を見直す研究に取り組んできました。その主な研究成果として、2019年に、Palgrave Macmillan社のCambridge Imperial and Post-Colonial Studies Seriesから、Indian Cotton Textiles in West Africa: African Agency, Consumer Demand and the Making of the Global Economy, 1750-1850を刊行しました(ペーパーバック版は2020年8月に刊行)。

大学の講義では、各地域の人々の主体性を重視しながら、様々な経済発展のパターンやグローバル化の展開を踏まえて、現代世界の多元的な成り立ちを論じています。

学位 【 表示 / 非表示

  • LSE   PhD (Economic History)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    国立民族学博物館   共同研究員

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   政治経済学術院   准教授

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    大阪産業大学   経済学部   専任講師

  • 2018年02月
    -
    2018年03月

    ウォーリック大学   グローバルヒストリー文化研究所   客員准教授

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    独立行政法人 日本学術振興会   特別研究員PD

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経済史

  • 史学一般

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 熱帯経済

  • 経済史

  • グローバル化

  • インド

  • 西アフリカ

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Tecendo redes imperiais: uma dimensão asiática do comércio britânico de escravos no Atlântico no século XVIII

    Kazuo Kobayashi

    Afro-Ásia   63   11 - 39  2021年06月  [査読有り]  [国際誌]

    DOI

  • 19世紀の西アフリカにおけるパームオイル生産と輸出ーW.A. ルイスの「熱帯の発展」論・再考

    小林 和夫

    社会経済史学   85 ( 4 ) 7 - 21  2020年02月  [査読有り]

  • The British Atlantic Slave Trade and Indian Cotton Textiles: The Case of Thomas Lumley & Co.

    Kazuo Kobayashi

    Modern Global Trade and the Asian Regional Economy (edited by Tomoko Shiroyama)     59 - 85  2018年06月  [招待有り]

    DOI

  • Indian Textiles and Gum Arabic in the Lower Senegal River: Global Significance of Local Trade and Consumers in the Early Nineteenth Century

    Kazuo Kobayashi

    African Economic History   45 ( 2 ) 27 - 53  2017年  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    This article proposes to give a new answer to one of the central questions in African and global economic histories: how West Africa contributed to economies outside the region. Recent studies have highlighted that consumers played a significant role in the processes of trade and production. The article combines this consumer-led perspective with a new set of quantitative and qualitative data. Trade figures drawn from the British and French trade statistics reveal the peculiar demand for Indian indigo-blue cotton textiles, called guinees, in Senegal compared with other regions of West Africa in the early nineteenth century. This finding revises Joseph Inikori's argument about the triumph of British cottons in West Africa. Subsequently, this article places the consumption of guinees within the wider context of commercial networks in the trade in gum arabic in the lower Senegal River region and analyzes the social and ecological factors that underpinned the persistent demand for guinees among local consumers, taking into account the continuation of local textile production in West Africa. In so doing, this article argues that consumer behavior in Senegal mattered not only for the gum trade and but also conditioned a part of global trade networks that extended from South Asia through Western Europe and reached Africa in the early nineteenth century.

    DOI

  • [PhD Thesis] Indian Cotton Textiles and the Senegal River Valley in a Globalising World: Production, Trade and Consumption, 1750-1850

    Kazuo Kobayashi

    London School of Economics and Political Science    2016年02月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Indian Cotton Textiles in West Africa: African Agency, Consumer Demand and the Making of the Global Economy, 1750-1850

    Kazuo Kobayashi( 担当: 単著)

    Palgrave Macmillan  2019年06月 ISBN: 9783030186746  [査読有り]

     概要を見る

    This book focuses on the significant role of West African consumers in the development of the global economy. It explores their demand for Indian cotton textiles and how their consumption shaped patterns of global trade, influencing economies and businesses from Western Europe to South Asia. In turn, the book examines how cotton textile production in southern India responded to this demand. Through this perspective of a south-south economic history, the study foregrounds African agency and considers the lasting impact on production and exports in South Asia. It also considers how European commercial and imperial expansion provided a complex web of networks, linking West African consumers and Indian weavers. Crucially, it demonstrates the emergence of the modern global economy.

    ペーパーバック版は、2020年8月に刊行 (ISBN: 9783030186777)。

    書評掲載: Economic History Review 73/3 (2020), pp. 876-877.

    DOI

Misc 【 表示 / 非表示

  • 【事典項目】アフリカ人奴隷貿易と中南米

    小林 和夫

    社会経済史学事典     428 - 429  2021年06月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 【事典項目】大西洋・アフリカ交易

    小林 和夫

    社会経済史学事典     74 - 75  2021年06月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 【書評】「ユーラシア諸帝国の興亡とグローバル・ヒストリー」(ジョン・ダーウィン『ティムール以後 上・下』)

    小林 和夫

    図書新聞   ( 3491 ) 3  2021年04月  [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等  

  • [Book Review] The English East India Company's Silk Enterprise in Bengal, 1750–1850: Economy, Empire and Business. By Karolina Hutková. pp. 275. Woodbridge, Boydell Press, 2019

    Kazuo Kobayashi

    Journal of the Royal Asiatic Society   30 ( 4 ) 774 - 776  2020年10月  [招待有り]   [ 国際誌 ]

    書評論文,書評,文献紹介等  

    DOI

  • 大西洋奴隷貿易

    小林 和夫

    論点・西洋史学(金澤周作監修、藤井崇、青谷秀紀、古谷大輔、坂本優一郎、小野沢透編著)     192 - 193  2020年04月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター賞

    2014年06月   日本西洋史学会   大西洋奴隷貿易とイギリス東インド会社  

    受賞者: 小林 和夫

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 「循環」を問い直す―物質・文化・環境を繋ぐグローバルヒストリー

    研究期間:

    2019年10月
    -
    2025年03月
     

    杉浦 未樹

  • 西アフリカ経済の発展径路に関する歴史的研究ー繊維産業を事例にして

    若手研究

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

    小林 和夫

    担当区分: 研究代表者

  • 人類史における移動概念の再構築――「自由」と「不自由」の相克に注目して

    研究期間:

    2019年10月
    -
    2022年03月
     

    鈴木英明

  • インド洋交易圏の統計的研究―近代世界における地域交易像の再構築ー

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    杉原 薫

  • 近現代における環インド洋熱帯地域の複数発展径路-発展と低開発の複眼的視野の中で

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    脇村 孝平

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • The British Atlantic Slave Trade and Indian Cotton Textiles: An Umbrella Model

    Kazuo Kobayashi  [招待有り]

    VIII EIHC (VIII International Meeting of Colonial History) – Impérios Coloniais da Era Moderna: rupturas e permanências (Colonial Empires of the Modern Age: Permanences and Ruptures)   (Online) 

    発表年月: 2021年09月

  • An Umbrella System: South Asia in the Early Modern Atlantic

    Kazuo Kobayashi  [招待有り]

    South Asia through a Global Lens   Department of Economic History, LSE  

    発表年月: 2021年05月

  • 西アフリカ経済の発展径路にかんする試論ー19世紀のパームオイル輸出生産を事例として

    小林 和夫  [招待有り]

    経済史研究会   東京大学大学院経済学研究科  

    発表年月: 2021年01月

  • 大西洋奴隷貿易とその後ー西アフリカ、インド綿布、世界経済

    小林 和夫  [招待有り]

    「「奴隷」と隷属の世界史-地中海型奴隷制度論を中心として-」研究会  

    発表年月: 2020年12月

    開催年月:
    2020年12月
     
     
  • The Core-Periphery Model Reconsidered

    Kazuo Kobayashi  [招待有り]

    Categories at Work in Global History   (University of Warwick) 

    発表年月: 2019年10月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 18-19世紀のサハラ以南アフリカとグローバル経済―繊維貿易に注目して

    2019年  

     概要を見る

    主な研究成果として、パルグレイヴ・マクミラン社のケンブリッジ帝国ポストコロニアル研究叢書の一冊として英文単著を刊行した。本書では、西アフリカの消費者のインド綿布に対する需要に注目して、18世紀から19世紀半ばのグローバル化の主要な局面ー具体的には、18世紀の大西洋奴隷貿易とそれに伴う大西洋経済の興隆、イギリス産業革命、19世紀のグローバル経済の興隆ーにおける西アフリカの位置付けを再考した。その際に、south-south economic historyというパースペクティヴを導入して、ヨーロッパ人の主体性が強調されがちな「中心」-「周辺」の関係と異なる世界経済史像の提示を試みた。これに加えて、『社会経済史学』85/4(2020年)から学術論文(日本語)を発表した。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • グローバル史

    早稲田大学  

    2020年09月
    -
    継続中
     

  • 経済史方法論

    早稲田大学  

    2020年04月
    -
    継続中
     

  • 西洋経済史の諸問題A

    早稲田大学  

    2019年10月
    -
    継続中
     

  • Global Economic History (intermediate)

    早稲田大学  

    2019年10月
    -
    継続中
     

  • Global Economic History (introductory)

    早稲田大学  

    2019年04月
    -
    継続中
     

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    社会経済史学会  企画委員

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • African Threads Hackney Style: 400 Years of Textile Journeys from Africa to Hackney

    ハックニー博物館  African Threads Hackney Style: 400 Years of Textile Journeys from Africa to Hackney 

    2015年10月
    -
    2016年01月

  • The Textile Trade in West Africa

    ハックニー博物館  African Threads Hackney Style: 400 Years of Textile Journeys from Africa to Hackney  (ハックニー博物館) 

    2015年10月
     
     

メディア報道 【 表示 / 非表示

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Session organiser, 'Tropical Economies in the Making of the Modern World'

    学会・研究会等

    XVIII World Economic History Congress   MIT(アメリカ合衆国・ボストン)

    2018年07月
    -
     
  • Session organiser, 'Textile Trade and African Consumers in a Globalizing World, 17th -19th Century'

    学会・研究会等

    XVII World Economic History Congress   国立京都国際会館

    2015年08月
    -
     
  • 'Transition and Continuity in Global Trade from the Eighteenth to the Early Nineteenth Century'

    学会・研究会等

    The Second Congress of the Asian Association of World Historians   梨花女子大学校(韓国・ソウル)

    2012年04月
    -
     
  • Africa Development. Afrique et développement; African Economic History; Economic History Review; Oxford Research Encyclopedia of African History; Textile History

    査読等