Updated on 2021/12/08

写真a

 
SAKAMOTO, Tatsuya
 
Affiliation
Faculty of Political Science and Economics, School of Political Science and Economics
Job title
Professor(without tenure)

Education

  • 1984.03
    -
     

    Keio University   Graduate School, Division of Economics  

  • 1981.03
    -
     

    Keio University   Graduate School, Division of Economics  

  • 1979.03
    -
     

    Keio University   Faculty of Economics  

Degree

  • 1996.11   Keio University   博士(経済学)

Research Experience

  • 2019.04
    -
    Now

    Keio University   Professor Emeritus

  • 2019.04
    -
    Now

    Waseda University   School of Political Science and Economics   Professor (untenured)

  • 1996.04
    -
    2019.03

    Keio University   Faculty of Economics   Professor

  • 2005.05
    -
    2009.05

    Keio University   Vice President

  • 2003.10
    -
    2005.09

    大学国際センター所長

  • 2003.10
    -
    2005.09

    大学日本語・日本文化教育センター所長

  • 1996.04
    -
    2005.05

    大学院経済学研究科委員

  • 2001.10
    -
    2003.09

    大学国際センター副所長

  • 1999.10
    -
    2001.09

    大学院経済学研究科学習指導委員

  • 1995.10
    -
    1997.09

    大学経済学部学習指導主任

  • 1995.10
    -
    1997.09

    大学経済学部運営委員

  • 1995.03
    -
    1997.09

    大学通信教育部学習指導主任

  • 1996.04
    -
    1997.03

    京都大学経済学部非常勤講師

  • 1995.04
    -
    1996.03

    名古屋大学大学院経済学研究科非常勤講師

  • 1989.04
    -
    1996.03

    Keio University   Faculty of Economics

  • 1993.04
    -
    1995.03

    聖心女子大学文学部非常勤講師

  • 1993.10
    -
    1995.02

    大学通信教育部学習指導副主任

  • 1991.10
    -
    1993.09

    大学経済学部学習指導副主任

  • 1982.04
    -
    1989.03

    Keio University   Faculty of Economics

  • 1984.09
    -
    1986.08

    日本学術振興会 ,海外特別研究員

  •  
     
     

    Keio University Faculty of Economics   Professor Emeritus

▼display all

Professional Memberships

  •  
     
     

    Japanese Scociety for the History of Social Thought

  •  
     
     

    Japanese Society for British Philosophy

  •  
     
     

    Japanese Society for the History of Economic Thought

  •  
     
     

    Eighteenth Century Scottish Studies Society

  •  
     
     

    The Hume Society

  •  
     
     

    政治思想学会

▼display all

 

Research Areas

  • Economic doctrines and economic thought

Papers

  • Out of the Shadow of Adam Smith: David Hume and Sir James Steuart as Enlightenment Economists

    Tatsuya Sakamoto

    Eighteenth-Century Scotland   35   22 - 25  2021.06

  • 「「啓蒙」思想史としての「社会思想史」」

    坂本達哉

    社会思想史研究   44   19 - 36  2020.09

  • Dennis Rasmussen’s "The Infidel and the Professor: David Hume, Adam Smith, and the Friendship that Shaped Modern Thought""

    SAKAMOTO TATSUYA

    The Journal of the History of Economic Thought   41 ( 3 ) 448 - 450  2019.09  [Invited]

  • アダム・スミスと福沢諭吉-<共感>と<独立自尊>のあいだ-

    SAKAMOTO TATSUYA

    福澤諭吉年鑑   44   115 - 132  2017.12  [Invited]

  • Hume in Brtish Intellectual History

    SAKAMOTO TATSUYA

    イギリス哲学研究   ( 39 ) 5 - 18  2016.03  [Refereed]  [Invited]

  • イギリス労働党コービン旋風が問う「格差」(上)(中)(下)

    SAKAMOTO TATSUYA

    朝日新聞DIGITAL WEBRONZA    2015.12

  • やさしい こころと経済学「第12章日本人の精神性(1)-(10)」

    SAKAMOTO TATSUYA

    日本経済新聞    2015.06  [Refereed]  [Invited]

  • Review of the Oxford Handbook of Adam Smith

    SAKAMOTO TATSUYA

    Eighteenth-Century Scotland   29   15 - 16  2015.06  [Invited]

  • 第38回国際ヒューム学会年次大会(生誕300年記念大会)に参加して

    SAKAMOTO TATSUYA

    Studies in British Philosophy   ( 35 )  2012.03

  • 書評「田中敏弘『道徳・政治・文学論集』、田中秀夫『政治論集』」

    SAKAMOTO TATSUYA

    Studeis in British Philosophy   ( 35 )  2012.03

  • ヒューム社会科学における「懐疑」と「自然」

    SAKAMOTO TATSUYA

    思想   ( 1052 ) 46-61  2011.12

  • 訳者解題「アマルティア・セン『デイヴィッド・ヒュームと倫理学の諸要求』」

    SAKAMOTO TATSUYA

    思想   ( 1052 ) 195-198  2011.12

  • David Hume and the Demands of Ethics

    SAKAMOTO TATSUYA

    思想   ( 1052 ) 198-213  2011.12

  • Hume's "Early Memoranda" and the Making of His Political Economy

    Tatsuya Sakamoto

    HUME STUDIES   37 ( 2 ) 131 - 164  2011.11

     View Summary

    This essay argues that while the so-called "Hume's Early Memoranda" has long been regarded as Hume's juvenile work composed before A Treatise of Human Nature, there is significant internal and external evidence to the contrary. M. A. Stewart's recent thesis made a new attempt to move the period of composition to the early 1740s. I seek in the following essay to date the composition even later, in the latter half of the 1740s. Re-examined in this new light, the memoranda credibly emerges as a work of preparation for Hume's political economy to be published as Political Discourses in 1752. Historical and biographical details thus reconstructed around the process of Hume's composition of the memoranda reveal the hitherto-unrecognized complexity with which Hume's economic thought was gradually formed in close and profound connections with his moral, political and historical thinking.

  • 書評 水田洋『アダム・スミス論集-国際的研究状況のなかで』ミネルヴァ書房、2009年。

    SAKAMOTO TATSUYA

    社会思想史研究   ( 34 ) 261-5  2010.09

  • 書評 田中秀夫編著『啓蒙のエピステーメーと経済学の生誕』京都大学学術出版会、2008年。

    SAKAMOTO TATSUYA

    Studies in British Philosophy   ( 33 ) 127-128  2010.03

  • A Charactersitic of Intellectual History of Britain in Japan:The tradition of "Civil Scociety" Studies

    SAKAMOTO TATSUYA

    政治思想研究   ( 6 ) 34-60  2006.05  [Refereed]

  • 第31回ヒューム学会年次大会(東京)への道

    SAKAMOTO TATSUYA

    The Journal of the Japanese Society for British Philosophy   ( 28 ) 151-157  2005.03

  • スコットランド啓蒙における学問の国と社交の国

    一橋大学社会科学古典資料センター年報   ( 22号 ) 8-14  2002.03

     View Summary

    スコットランド啓蒙思想とフランス啓蒙思想との歴史的役割の相違(改良か革命か)から、前者における思想伝達の学としての修辞学の特別の意義が生じたことを指摘。その典型例としてのヒュームの文体論を考察し、その観点から、文明社会的社交性において女性が果たすべき重要な役割への彼の着目を意義づける。

  • K.ホーコンセン「初期近代自然法の意義」

    壽里 竜

    イギリス哲学研究   ( 25号 )  2002.03

     View Summary

    ボストン大学教授K.ホーコンセンが来日した折りの講演会の原稿を全訳し、その学術上の意義を訳者解題として説明する。

  • ダブリンの18世紀――18世紀スコットランド研究学会(ECSSS)に参加して――

    Tatsuya Sakamoto

    イギリス哲学研究   ( 23号 )  2000.03

     View Summary

    1999年8月にダブリンで開催されたスコットランド研究学会の報告紀。最近のスコットランド思想研究の動向を反映する報告について紹介。とりわけ、フランシス・ハチソン関係について詳細に論点を紹介。

  • Kazuo Okochi, 1976. A Short History of Japanese Translations of The Wealth of Nations

    Tatsuya Sakamoto

    Adam Smith Across Nations: Translations and Receptions of The Wealth of Nations, edited by Cheng-chung Lai,Oxford University Press,2000.     181-193  2000

     View Summary

    大河内一男「国富論翻訳小史」の英語訳。英語圏以外におけるスミス研究の歴史を、各国のスミス研究を紹介する論文、資料の集成によって描き出す共著の一部

  • 戦後『市民社会』思想の再検討に向けて

    神奈川大学評論   ( 26号 ) 63-75  1997.03

     View Summary

    戦後日本の思想潮流の中軸を形成した「市民社会」思想の意義と問題点を、大塚久男、丸山真男、内田義彦などの言説と影響力の特質を検討しながら解明。現代における欧米の市民社会論の興隆との比較もあわせておこない、日本の伝統との異同を考察する。

  • 市民社会

    坂本 達哉

    現代の経済と消費生活 '97 : 協同組合の視角から    1997.01

  • ヒューム社会科学の歴史像

    経済学史学会年報   ( 32号 ) 99-105  1994.11

     View Summary

    デヴィッド・ヒュームの社会・経済思想をめぐる内外の諸研究を、過去20年の範囲でサーヴェイする学界展望論文。とりわけ、政治思想的研究と経済思想的研究との関連と差異を示し、ヒューム思想の全体像の解明のためには両者の内在的交渉が必要であることを指摘。(被引用数4)

  • 富と徳-スコットランド啓蒙における経済学の形成-

    水田洋, 杉山忠平, 坂本達哉, 玉置紀夫, 篠原久, 生越利昭, 鈴木亮, 田中秀夫, 堀田誠三, 大友敏明, 星野彰男

        1-77  1990.11

     View Summary

    英語圏におけるスコットランド啓蒙思想研究において画期的なものと広く認められている原著(1983年)の全訳。第1章I.ホント=M.イグナティエフ「『国富論』における必要と正義-序論」(p.1-p.77)担当。(被引用数12)

  • Anonymous Writings of David Hume

    David Raphael and Tatsuya Sakamoto

    Journal of the History of Philosophy   Vol.28 ( No.2 ) 271-282  1990.07  [Refereed]

     View Summary

    アダム・スミスの『道徳感情論』に対するある匿名書評がヒュームによるものであることを証言したG・チャーマーズのメモを発見し、その文献学的考証と思想史的意義の確定を試みた。(被引用数5)

  • 名誉革命体制評価をめぐるヒュームとウォーレス(IV)

    三田学会雑誌   83巻 ( 1号 ) 88-120  1990.04  [Refereed]

     View Summary

    これまでの議論を総括的に再構成しつつ、ヒュームの文明社会構想における時系列的な論点の変化と移動、それらにともなう学的認識の深化・発展の意義などを18世紀思想の背景と19世紀思想への発展をも視野に収めながら論じる。(被引用数8)

  • 名誉革命体制評価をめぐるヒュームとウォーレス(III)

    三田学会雑誌   82巻 ( 3号 ) 118-143  1989.10  [Refereed]

     View Summary

    ヒュームの大著『イングランド史』を彼の文明社会論の歴史的応用として体系的に解読する。当時より長らくトーリー主義史観の典型とされてきた同書の政治的議論を、経済論をふくむヒュームの社会科学的歴史分析の結論として新鮮な姿でよみがえらせる。(被引用数8)

  • 名誉革命体制評価をめぐるヒュームとウォーレス(II)

    三田学会雑誌   81巻 ( 2号 ) 60-83  1988.07  [Refereed]

     View Summary

    ヒュームとウォーレスとの重商主義政策をめぐる論争の詳細な分析により、ヒュームの重商主義批判が通俗的ウィッグ主義批判の視点からの独自の文明社会構想に根ざすものであることを解明する。(被引用数8)

  • 名誉革命体制評価をめぐるヒュームとウォーレス(I)

    三田学会雑誌   81巻 ( 1号 ) 105-130  1988.04  [Refereed]

     View Summary

    ヒュームのフランス体験を書簡を通じて分析、モンテスキュー風土理論の根本批判としての意味を持つ彼の生活様式の理論がいかに独自に形成されたかを分析。(被引用数8)

  • ヒューム正義論の特質と意義-所有権論と経済論-

    三田学会雑誌   75巻 ( 1号 ) 92-111  1982.02  [Refereed]

     View Summary

    ヒュームの所有権理論をロック以降の18世紀を代表する所有権と正義の理論と捉え、その思想史的意義、ヒューム経済学との関連を解明する。(被引用数3)

▼display all

Books and Other Publications

  • David Hume and Adam Smith : a Japanese perspective

    Tatsuya Sakamoto

    Routledge  2021.05 ISBN: 9784861662218

  • 社会思想史学会編『社会思想史事典』

    坂本達哉( Part: Contributor, pp.22-24,136-137,186-187)

    丸善出版  2019.01

  • やさしい行動経済学

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author, 第1章「日本人は競争が嫌い?ー精神性の特徴」)

    日本経済新聞社  2017.12

  • The Diffusion of Western Economic Ideas in East Asia, edited by Malcolm Warner

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author, 16.Adam Smith's Sympathy in Modern Japanese Perspectives)

    Routledge  2017.02

  • The Adam Smith Review, Volume 9, edited by Fonna Forman

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author, pp.127-144: Adam Smith's dialogue with Rousseau and Hume: Yoshihiko Uchida and the birth of The Wealth of Nations)

    Routledge  2016.09

  • The Oxford Handbook of David Hume edited by Paul Russell

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author, 28. Hume's Philosophical Economics)

    Oxford University Press  2016.03

  • こころ動かす経済学

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author, 第1章「日本人は競争が嫌い?-精神性の特徴」)

    日本経済新聞社  2015.10

  • 徳・商業・文明社会

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint editor)

    京都大学学術出版会  2015.04

  • Preface to The Mizuta library of rare books in the history of European social thought : a catalogue of the collection held at Nagoya University Library / edited by Eriko Nakai ;

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Other)

    Tokyo : Edition Synapse ; London : Routledge  2014.12

  • History of Social Thought:From Machaivelli to Rawls

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Sole author)

    Nagoya University Press  2014.04

  • 古典から読み解く経済思想

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author)

    ミネルヴァ書房  2012.05

  • 回想 小林昇

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author)

    日本経済評論社  2011.12

  • Hume's Sceptical Optimism:The Birth of A Social Science

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Sole author, 407+33)

    Keio University Press  2011.10

  • 啓蒙と社会-文明観の変容

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author)

    京都大学学術出版会  2011.03

  • 経済学の源流 : 欧米諸都市が育んだ100の古典 : 第23回慶應義塾図書館貴重書展示会図録編集・執筆

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Sole author)

    慶應義塾図書館  2010.10

  • 高橋誠一郎 人と学問

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author)

    慶應義塾大学出版会  2010.07

  • A Companion to Hume

    Tatsuya SAKAMOTO( Part: Sole author, 373-387)

    Blackwell Publishing Ltd.  2008

  • Rupublicanism Renaissance

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Sole author, 135-194)

    NTT出版  2007.08

  • Economic Development and Social Change: Historical roots and modern perspectives

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author, 190-199)

    Routledge:London and New York  2006

  • That Nobl Science of Politics by S. Collini, D. Winch and J. Burrow,Cambridge University Press, 1983.

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint translator)

    京都・ミネルヴァ書房  2005.07

  • 黎明期の経済学

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author, i-v, 213-260)

    日本経済評論社  2005.04

  • 黎明期の経済学

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author)

    日本経済評論社  2005.04

  • ヒューム読本

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author, 230-253)

    法政大学出版局  2005.04

  • Iwanami Encyclopedia of Contemporary Economics

    SAKAMOTO TATSUYA( Part: Joint author)

    Iwanami Publishing Company  2004.09

  • The Rise of Political Economy in the Scottish Enlightenment

    坂本 達哉ほ( Part: Joint author)

    Routledge:London  2003.04

  • Chapter six of The Rise of Political Economy in the Scottish Enlightenment ed. by Tatsuya Sakamoto and Hideo Tanaka

    坂本 達哉( Part: Sole author)

    Routledge, London  2003.04

  • The Rise of Political Economy in the Scottish Enlightenment ed. by Tatsuya Sakamoto and Hideo Tanaka

    Tatsuya Sakamoto, Hideo Tanaka( Part: Joint author)

    Routledge, London  2003.04

  • 哲学・思想翻訳語事典

    坂本 達哉( Part: Other, 211-212)

    論創社・東京  2003.01

  • 自由と秩序の経済思想史

    高哲男, 坂本達哉, 米田昇平, 中村広治, 度会勝義, 深貝保則, 植村邦彦, 田村信一, 御崎加代子, 藤井賢治, 井上, 義朗, 荒川章義, 江頭進, 寺尾建( Part: Joint author, 13-34)

    名古屋大学出版会  2002.04

     View Summary

    ジョン・ロックとデヴィッド・ヒュームの経済思想を、前者の市民社会論から後者の文明社会論への転換として対比的に考察する。とりわけ、それぞれの政治思想における社会形成理論と経済思想における貨幣理論との有機的関連を独自の視点から解明する。

  • 近代思想のアンビバレンス

    野地洋行, 坂本達哉, 高草木光一, 的場昭弘, 篠原洋治, 大塚彰, 米山光儀( Part: Joint author, 193-226)

    御茶の水書房  1997.09

     View Summary

    近代イギリスにおける社会観の変化を、「中流身分」の観念を手がかりに考察し、下層大衆を文明化の担い手としては否認していたヒューム、スミスら18世紀の理論家たちから、労働者階級の政治的・道徳的向上に期待したジェームズ・ミル以降の功利主義理論家たちとの歴史的位相差を解明する。(被引用数5)

  • Hume's Civilize'd Sciety:Indusrty, Knowledge,Liberty

    Tatsuya Sakamoto( Part: Sole author, 420)

    創文社  1995.12

     View Summary

    デヴィッド・ヒュームの政治・経済・歴史思想の総体を文明社会の概念によって捉え、その歴史的形成過程と体系構成とを解明する。方法としては、スコットランド啓蒙思想の他の思想家たちとの比較分析や、書簡、伝記的諸事実を用いた実証的方法が駆使されている。(被引用数78)

  • 経済思想史-社会認識の諸類型-

    鈴木信雄, 坂本達哉, 八幡清文, 太田一広, 市岡義章, 千賀重義, 松井名津, 石塚良次, 小林純, 井上琢智, 内田博, 岸川富士夫, 古川順一, 御崎加代子, 井上義朗, 高哲男, 吉田雅明, 八木紀一郎, 水田健, 橋本努, 丸山真人( Part: Joint author, 10-24)

    名古屋大学出版会  1995.04

     View Summary

    近・現代の欧米の経済思想を歴史・理論・思想の観点から多角的に分析する。とくに、ヒュームの経済思想の全体像を、伝記、理論、思想の観点から総合的に提示する。(被引用数2)

  • アダム・スミスを語る

    高島善哉, 水田洋, 杉山忠平, 大森郁夫, 坂本達哉, 出口勇蔵, 竹本洋, 田中秀夫, 小林昇, 杉原四郎, 西沢保( Part: Joint author, 1-28 41-123)

    ミネルヴァ書房  1993.11

     View Summary

    日本における戦前、戦中、戦後のアダム・スミス研究の展開をその担い手たち(高島善哉、出口勇蔵、小林昇、水田洋、杉原四郎)に聞く、インタビュー集成。

  • 市場と貨幣の経済思想

    古川順一, 太田一広, 坂本達哉, 大森郁夫, 鈴木信雄, 水田健, 栗田啓子, 深貝保則( Part: Joint author, 67-98)

    昭和堂  1989.04

     View Summary

    ヒュームの貨幣理論を彼の文明社会思想全体の中で位置づける。とくに、研究史上の中心論点であった、ヒュームにおける貨幣数量説と連続的影響説との整合性を、生活様式論の系論として説明する。(被引用数3)

  • 古典派経済学研究(I)

    只腰親和, 坂本達哉, 梅津順一, 太田一広, 栗田啓子, 千賀重義, 服部正治, 深貝保則( Part: Joint author, 31-72)

    雄松堂出版  1984.10

     View Summary

    ヒュームの哲学的労働概念を初期から中期まで形成史的に追跡し、それと彼の経済学との内的関連を追究する。(被引用数8)

▼display all

Works

  • 慶応義塾の国際戦略なぜ「国際教養学部」を作ら(れ)ないのか?

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2008.08
    -
    Now

  • 対談「大学の国際化と競争力」

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2008.04
    -
    Now

  • 大学の国際戦略と事業展開慶應義塾大学をモデルケースとして

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2008.03
    -
    Now

  • Keio University's Southeast-Asia Initiatives

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2008.02
    -
    Now

  • 慶應義塾の国際戦略と大学ランキング

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2007.11
    -
    Now

  • 慶應義塾の国際連携-その現状と将来展望ー

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2007.05
    -
    Now

  • Keio University's Global Strategy: The OGI and Its Achievements

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2007.01
    -
    Now

  • 世界の中の慶應義塾--その現状と展望

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2005.10
    -
    Now

  • 慶應義塾大学国際化の道

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2005.01
    -
    Now

  • アダム・スミス研究と田中正司先生の学問

    坂本 達哉  Other 

    2004.01
    -
    Now

  • スコットランド啓蒙における「学問の国」と「社交の国」

    Other 

    2001.11
    -
    Now

     View Summary

    スコットランド啓蒙思想における文体、書物、修辞学などがもつ独自の思想的意義について考察。とくにヒュームの文体論がスコットランド啓蒙全体の特徴を総括する位置にある点を指摘し、思想伝達における女性の特有の役割とスコットランド表現の問題をめぐるヒュームの議論を取り上げた。

  • 慶應義塾大学図書館所蔵ヒューム関係文献について

    坂本 達哉  Other 

    2001.10
    -
    Now

     View Summary

    スコットランド啓蒙の思想家群においてヒュームが占める独自の位置を紹介。あわせて、慶應義塾大学図書館が所蔵するヒューム著作を一覧表として整理し、東京大学、中央大学など、国内他大学のヒューム著作所蔵状況と比較する。

  • 社会思想と現代

    坂本 達哉  Other 

    2001.07
    -
    Now

  • 田中秀夫『啓蒙と改革-ジョン・ミラー研究-』(名古屋大学出版会、1999年)

    Other 

    2000.11
    -
    Now

     View Summary

    田中秀夫氏の新著を論評する。日本で初めての本格的なジョン・ミラー研究であることの意義を指摘し、国際的な研究動向のなかで、位置づける。

  • 道徳感情論

    Other 

    2000.11
    -
    Now

     View Summary

    アダム・スミスの『道徳感情論』の内容と政治思想的意義を簡潔に説明。スミスの正義論が同書において道徳論的に基礎づけられ、自然権論とも功利主義とも異なる独自の理論足り得ていることを指摘する。

  • 社会思想史研究の現状と課題

    Other 

    2000.03
    -
    Now

     View Summary

    現代における社会思想史研究の現状と問題点を、日本における戦前以来の伝統と、国際的な思想史研究の動向との比較検討を通じて考察。

  • Review Article: S. Sugihara and T. Tanaka eds., Economic Thought and Modernization in Japan(Edward Elgar, 1998)

    Other 

    2000.01
    -
    Now

     View Summary

    杉原史郎、田中敏弘が編集した日本の近代化と経済学史研究をめぐる英文論文集の詳細な紹介と論評。長い伝統をもつ日本の経済学史研究が日本の近代化過程、とりわけ資本主義化の歴史と不可分の関連にあることを示した本書の意義を多角的に考察する。

  • 市場経済と国民国家は越えられえるか?

    Other 

    1999.10
    -
    Now

     View Summary

    ジョン・ロック、デヴィッド・ヒューム、アダム・スミスの思想を比較検討しながら、市場経済と国家国民の思想とイデオロギーが、人間本性にかんする哲学的考察にうらづけられた原理的なものとして、容易に乗り越えられない論理的必然性をもつことを論じる。

  • スコットランド啓蒙の政治・社会思想

    坂本 達哉  Other 

    1999.10
    -
    Now

  • Shoji Tanaka, The Ethics of Adam Smith: the Theory of Moral Sentiments and the Wealth of Nations

    Other 

    1999.06
    -
    Now

     View Summary

    田中正司『アダム・スミスの倫理学』(御茶の水書房、1997年)を英語圏の読者に紹介する目的で書かれた書評。同書が、欧米のスミス研究をふまえた国際的水準のものであることを指摘。

  • ヒューム文明社会論における共和制と民主主義

    Other 

    1998.12
    -
    Now

     View Summary

    18世紀を代表する保守主義思想家とされてきたヒュームにおける共和制と民主主義の問題を、彼の文明社会理論のなかで位置づける。「勤労・知識・自由」というヒュームの基本原理が、産業革命後の新たな歴史段階で帯びる急進的含意を考察し、ヒューム自身がどこまで民主主義的原理を許容したか、その限界点を探る。

  • ヒューム思想と現代

    坂本 達哉  Other 

    1998.10
    -
    Now

  • 丸山真男からヒュームまで

    Other 

    1995.12
    -
    Now

     View Summary

    丸山真男の『「文明論の概略」を読む』にあらわれた、バックル、ギゾーの高い評価を手がかりに、ヒュームと丸山をつなぐ思想的伏流として、J.H.バートンの存在を指摘する。

  • ヒュームと文明社会

    Other 

    1995.11
    -
    Now

     View Summary

    私の著書『ヒュームの文明社会-勤労・知識・自由-』についての紹介記事。日本におけるヒューム受容史から説きはじめ、ヒューム文明社会論と日本の伝統的な市民社会論との異同を論じる。

  • 森島通夫『思想としての近代経済学』(岩波新書)

    Other 

    1995.04
    -
    Now

     View Summary

    森嶋通夫氏の一般向け著作を書評。マルクスとワルラスを資本主義経済学として理論的・歴史的に同質と見るなど、随所に独創的な見解が盛り込まれている点を評価しつつも、ウェーバー評価などに見られる思想分析の一面性をも指摘。

  • 社会主義体制の変革と経済学

    竹森俊平, 鳥居泰彦, 福岡正夫, 坂本達哉, セルゲイ・ブラギンスキー  Other 

    1994.10
    -
    Now

     View Summary

    社会主義体制崩壊後の世界について、経済学のゆくえを座談会形式で展望。市場経済の建設途上に現れるであろう諸困難をロシア、中国を中心に論じ、とりわけ、官僚制と合理的政治制度の育成が民主化の鍵であることを主張。

  • J.B.Stewart, Opinion and Reform in Hume's Political Philosophy,Princeton University Press, 1992.

    Other 

    1993.11
    -
    Now

     View Summary

    J.B.Stewartのヒュームにかんする重要著作を書評。典型的な保守主義的思想家とみられてきたヒュームを改革主者として捉え直す本書の主張に大筋で理解を示した上で、個別的な問題点を提示。

  • 田中秀夫『スコットランド啓蒙思想史研究』(名古屋大学出版会、1991年)

    Other 

    1992.10
    -
    Now

     View Summary

    田中秀夫氏の最新著作の詳細な論評。日本の研究史で初めてのスコットランド啓蒙研究としての意義を指摘しながら、各章について、その解釈上の問題点を指摘。

  • Alexander Broadie, The Tradition of Scottish Philosophy,Edinburgh University Press, 1990.

    Other 

    1992.06
    -
    Now

     View Summary

    A.Broadieの新著の書評。18世紀スコットランド哲学の源流としての16-7世紀スコットランド哲学の意義を解明した本著の意義を高く評価。内外のスコットランド啓蒙思想研究の盲点の指摘として、その意義を強調。

  • M.A. Stewart ed., Studies in the Philosophy of the Scottish Enlightenment,Oxford University Press, 1990.

    Other 

    1991.11
    -
    Now

     View Summary

    M.A.Stewart編のスコットランド啓蒙思想をめぐる最新かつ最高水準の論文集を書評。各論文の内容を簡潔に紹介した上で、それらの学問的水準の高さ、日本の研究の相対的遅れを指摘し、警鐘を鳴らす。

  • グラスゴウと啓蒙

    Other 

    1991.06
    -
    Now

     View Summary

    エディンバラとならぶスコットランド啓蒙の中心地であった18世紀のグラスゴウに焦点をあて、その歴史的・社会的特質を考察。その近代的学問の導入の遅れと教会の権威主義的性格が、逆に世紀の後半以降、都市の政治的急進化を準備したことを指摘。

  • 安藤隆穂『フランス啓蒙思想の展開』(名古屋大学出版会、1989年)

    Other 

    1989.09
    -
    Now

     View Summary

    安藤隆穂の最新著を詳細に論評。日本におけるフランス啓蒙研究における注目すべき成果である点を評価しつつ、各章毎にその意義と問題点を指摘する。

  • スコットランド啓蒙思想の遺産とその継承

    Other 

    1989.06
    -
    Now

     View Summary

    Norbert Waszekの著書The Scottish Enlightenment and Hegel's Account of Civil Society (Kluwer, 1988)を詳細に検討し、その学術的意義を論評。(被引用数2)

  • 大学の「国際化」とは何か-「留学生30万人計画」をめぐって-

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2009.11
    -
     

  • The Legacy of Fukuzawa and the Future of Keio

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2009.07
    -
     

  • Impact of the Global Financial Crisis on International Higher EducationinJapan

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2009.03
    -
     

  • 「留学生30万人計画」と大学のグローバル戦略

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2009.01
    -
     

  • Quality Access in Japanese Higher Education and Its Challenges

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2008.12
    -
     

  • 慶応義塾大学の留学生政策-質の多様化による数の拡大をめざしてー

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2008.08
    -
     

  • 慶応義塾海外拠点の現状と課題

    SAKAMOTO TATSUYA  Other 

    2008.06
    -
     

▼display all

Awards

  • 日本学士院賞

    2001.06   日本学士院   ヒュームの文明社会-勤労・知識・自由-

    Winner: 坂本達哉

  • 義塾賞

    1996.11   学校法人 慶應義塾   ヒュームの文明社会-勤労・知識・自由-

    Winner: 坂本達哉

  • サントリー学芸賞

    1996.11   サントリー文化財団   ヒュームの文明社会-勤労・知識・自由-

    Winner: 坂本達哉

Presentations

  • 内田義彦『経済学の生誕』の生誕――市民社会の「正義」をもとめて――

    SAKAMOTO TATSUYA  [Invited]

    経済学史学会第82回全国大会 共通論題「日本経済思想の貢献1968→2018  (東京大学本郷キャンパス)  経済学史学会

    Presentation date: 2018.06

  • アダム・スミスと福澤諭吉――<共感>と<独立自尊>のあいだ

    SAKAMOTO TATSUYA  [Invited]

    福澤諭吉協会「第128回土曜セミナー」  (交詢社)  福澤諭吉協会

    Presentation date: 2016.12

  • 会長講演「イギリス思想史におけるヒューム」

    SAKAMOTO TATSUYA  [Invited]

    日本イギリス哲学会第39回研究大会  (甲南大学 岡本キャンパス)  日本イギリス哲学会

    Presentation date: 2015.03

  • 社会思想で読み解く格差論

    SAKAMOTO TATSUYA

    朝日カルチャーセンター講座「民主主義か資本主義か」  (東京)  朝日カルチャーセンター

    Presentation date: 2015.03

  • 水田文庫と水田洋ーその方法的一体性をめぐってー

    SAKAMOTO TATSUYA  [Invited]

    名古屋大学付属図書館蔵水田文庫貴重書目録刊行記念講演会  (名古屋大学付属図書館)  名古屋大学付属図書館

    Presentation date: 2014.12

  • 私のヒューム研究と日本の社会思想史研究

    SAKAMOTO TATSUYA  [Invited]

    第8回名古屋大学高等研究院レクチャー「近代を問う東アジア」  (名古屋大学高等研究院)  名古屋大学高等研究院

    Presentation date: 2013.01

  • What was important about Adam Smith? : The Case of Yoshihiko Uchida’s The Birth of Economic Science”

    SAKAMOTO TATSUYA  [Invited]

    Adam Smith in International Contexts: An Adam Smith Workshop  (Taipei, Taiwan)  The Center for Political Thought, RCHSS, Academia Sinica

    Presentation date: 2012.12

  • いまなぜヒュームかーイギリス哲学における利己心と利他心

    SAKAMOTO TATSUYA  [Invited]

    日本イギリス哲学会研究大会  (京都大学)  日本イギリス哲学会

    Presentation date: 2011.03

  • 社会思想史家としての高橋誠一郎

    SAKAMOTO TATSUYA  [Invited]

    生誕125年記念・経済学部連続講演会「高橋誠一郎-人と学問」  (慶應義塾大学三田キャンパス 旧図書館大会議室)  慶應義塾大学経済学部

    Presentation date: 2009.11

  • 私悪は公益?-日本におけるイギリス思想史研究の一特質

    SAKAMOTO TATSUYA

    2005年度政治思想学会研究会  (日本大学法学部)  政治思想学会

    Presentation date: 2005.05

  • Hume as a Social Scientist

    坂本 達哉  [Invited]

    The 30th Annual Hume Society Conference  (University of Nevada, Las Vegas)  The Hume Society

    Presentation date: 2003.07

  • Hume's Early Memoranda and the Shaping of His Political Economy

    坂本 達哉  [Invited]

    The Conference on David Hume's Political Economy  (New York City, USA)  Barnard College, Columbia University

    Presentation date: 2003.05

  • Genesis of David Hume's Political Economy as a Systemof Manners

    The 6th Conference of the European Society for the History of Economic Thought  (University of Crete, Greece)  The European Society of the History of Economic Thought

    Presentation date: 2002.03

     View Summary

    ヒュームにおける経済発展理論の特質を、「生活様式」論の観点から整理。ヒューム思想の内在的発展においてその概念がもつ特別の意義を解明。貨幣数量説と連続的影響説との理論的整合性を同じ観点から分析。

  • 『ヒュームの文明社会』その後

     [Invited]

    第12回ヒューム研究学会 

    Presentation date: 2001.09

     View Summary

    出版以来約6年をへた自著に対して寄せられてきた書評、論評に対して、現時点での私の見解を述べる。とくに、文明社会論と生活様式論との関連、スコットランド啓蒙におけるヒュームの位置づけをめぐって、現時点での残された論点を整理する。

  • ヒュームにおける文明社会と政治

     [Invited]

    日本政治学会99年度研究会  (國學院大学) 

    Presentation date: 1999.10

     View Summary

    ヒューム政治思想の特質を18世紀思想史全体のなかで考察。とくに、ヒュームの経験主義哲学と彼の文明社会論との方法的関連を強調し、ヒュームの社会契約説批判がもつ文明社会論的含意を指摘する。

  • 道徳感覚理論をめぐるハチソンとヒューム

     [Invited]

    第10回ヒューム研究学会  (神戸大学) 

    Presentation date: 1999.09

     View Summary

    ハチソン道徳論の中心となる道徳感覚論とヒュームの道徳論との異同を対比的に分析。この論点をめぐる国際的研究動向を紹介し、問題の所在を指摘する。

  • Radicalism and Moderation in Francis Hutcheson's Social Theory

    The Tenth International Congress on the Enlightenment  (University College Dublin, Ireland)  The Eighteenth Century Scottish Studies Society

    Presentation date: 1999.07

     View Summary

    スコットランド啓蒙思想の父と言われるフランシス・ハチソンの思想を総合的に再考察。とりわけ、ハチソンのダブリン時代の思想環境を重視し、モールズワース、アーバックルなどの議論とハチソンの議論との関連を分析。

  • ヒュームにおける文明社会の危機と名誉革命体制の危機

     [Invited]

    経済学史学会第59回大会フォーラム「文明社会の光と影」 

    Presentation date: 1995.10

     View Summary

    ヒュームの文明社会認識における生活様式論を軸に、その積極的歴史認識を解明するとともに、現状と将来におけるイギリス社会の深刻な政治・経済・社会問題(公債累積問題、植民地問題、階級対立問題など)についてのヒュームの展望を考察。

  • 一八世紀における所有と自由

     [Invited]

    日本イギリス哲学会第15回研究大会シンポジウム「私的所有と自由の問題」 

    Presentation date: 1991.03

     View Summary

    18世紀イギリス思想史における自由と所有の問題を、ヒューム、スミスらの経験的自然法=文明社会認識の段階からベンサムらの功利主義社会科学の段階への変化として整理。とくに、歴史状況の変化と分析装置・概念の変化との絡み合いを考察。

  • 一八世紀啓蒙の動態-スコットランド啓蒙思想をめぐって-

    田中秀夫, 坂本達哉

    社会思想史研究 

    Presentation date: 1988.10

     View Summary

    欧米における研究が急速に進展するなか、日本の研究水準を引き上げるべく企画された社会思想史学会大会シンポジウムの記録(報告と討論)。スコットランド啓蒙におけるヒュームの位置と独自性を論じる。

  • 名誉革命体制をめぐるヒュームとウォーレス

     [Invited]

    社会思想史学会第12回大会シンポジウム「一八世紀啓蒙の動態-スコットランド啓蒙をめぐって」 

    Presentation date: 1987.10

     View Summary

    スコットランド啓蒙思想全体、なかでもヒューム思想理解の鍵が彼の名誉革命体制理解にあることを指摘し、同時代人R.ウォーレスとの対比によってその特徴を分析する。

  • スコットランド啓蒙エディンバラ国際会議に参加して

    社会思想史研究 

    Presentation date: 1987.10

     View Summary

    1986年8月にエディンバラ市内で行われた大規模な学術的・社会的イヴェントの概要を報告。とくに、スコットランド啓蒙研究の新段階を表す各種の研究報告を紹介し、近い将来の研究動向を占う。(被引用数8)

  • ヒューム正義論の特質と意義

    日本イギリス哲学会第6回研究大会 

    Presentation date: 1982.03

     View Summary

    ヒューム正義論の革新を近代的所有権論の展開にあると理解し、ロック所有権論との対比において、その特質を分析。ヒュームにおける所有権論と経済論との内面的連関も指摘。

▼display all

 

Syllabus

▼display all

Teaching Experience

  • 社会思想

    Keio University  

  • 自由研究セミナー

    Keio University  

  • 経済思想の歴史

    Keio University  

  • 社会思想

    慶應義塾  

  • 自由研究セミナー

    慶應義塾  

  • 経済思想の歴史

    慶應義塾  

  • RESEARCH SEMINAR (THESIS)

    Keio University  

  • RESEARCH SEMINAR C

    Keio University  

  • RESEARCH SEMINAR D

    Keio University  

  • 研究会(卒業論文)

    慶應義塾  

  • 研究会c

    慶應義塾  

  • 研究会d

    慶應義塾  

▼display all

 

Committee Memberships

  • 1995.10
    -
    Now

    Eighteenth Century Scottiss Studies Society  Member

  • 2021.04
    -
    2023.03

    経済学史学会  代表幹事

  • 2016.04
    -
    2019.03

    社会思想史学会  代表幹事

  • 2015.04
    -
    2017.03

    経済学史学会  常任幹事/英文論集委員長

  • 2014.04
    -
    2016.03

    日本イギリス哲学会  会長/理事

  • 2013.04
    -
    2016.03

    社会思想史学会  幹事/常任幹事

  • 2013.04
    -
    2015.03

    経済学史学会  常任幹事/『経済学史研究』編集委員長

  • 2013.04
    -
    2014.03

    京都大学大学院経済学研究科・経済学部  外部評価委員

  • 2009.04
    -
    2012.03

    文部科学省中央教育審議会  専門委員

  • 2009.06
    -
    2011.07

    The World Economic Forum’s Global Agenda Council on Diversity & Talent  member

  • 2004.04
    -
    2011.03

    日本私立大学連盟 国際交流委員会  国際交流委員会委員

  • 2006.04
    -
    2010.03

    日本学生支援機構 日本留学生試験実施委員会  委員

  • 2005.07
    -
    2009.06

    国際教育支援協会  理事

  • 2009.05
    -
    2009.06

    日本学術振興会  平成21年度国際化拠点整備事業(グローバル30)プログラム委員会審査部会専門委員

  • 2005.01
    -
    2007.12

    The Hume Society  Executive committee Member

  • 2004.10
    -
    2006.03

    独立行政法人 日本学生支援機構  短期留学推進制度実施委員会委員

  • 2001.10
    -
    2005.09

    The Hume Society  Member of the Editorial Board of the Hume Studies

  • 2004.06
    -
    2005.05

    独立行政法人 日本学生支援機構  私費外国人留学生等学習奨励費給付制度受給者選考委員会委員

  • 2004.08
     
     

    31st Annual Hume Society Conference  Conference co-Director and Head of Local Organizing Committee

  • 1999.04
    -
    2001.03

    経済学史学会  常任幹事・英文論集委員長

  • 1997.08
    -
     

    The Hume Society  Conference Co-organizer for the 24th Annual Hume Society Conference(Monteray, California)

▼display all

Social Activities

  • 学校法人常盤大学 評議員

    2012.04
    -
    Now

  • 大学改革支援・学位授与機構 第二期国立大学法人等教育研究評価専門委員

    2016.04
    -
    2017.03

  • 大学評価・学位授与機構 大学機関別認証評価委員会専門委員

    2015.04
    -
    2016.03

  • 文部科学省中央教育審議会

    2009.04
    -
    2012.03

  • The World Economic Forum’s Global Agenda Council on Diversity & Talent

    2009.06
    -
    2011.07

  • 日本私立大学連盟 国際交流委員会

    2004.04
    -
    2011.03

  • 日本学生支援機構 日本留学生試験実施委員会

    2006.04
    -
    2010.03

  • 国際教育支援協会

    2005.07
    -
    2009.06

  • 独立行政法人 日本学生支援機構

    2004.10
    -
    2006.03

  • JASSO

    2004.06
    -
    2005.05

▼display all