稲田 修一 (イナダ シュウイチ)

写真a

所属

附属機関・学校 リサーチイノベーションセンター

職名

教授(任期付)

プロフィール

1979年、九大院修士(情報工学専攻)、1984年、米国コロラド大院修士(経済学専攻)。総務省にて近畿総合通信局長、大臣官房審議官等を歴任し、モバイル、セキュリティ、情報流通などの政策立案や技術開発・標準化業務に従事。2012年に東京大学先端科学技術研究センター特任教授に就任し、IoT/データ活用によるビジネス革新や価値創造について研究。2016年に一般社団法人情報通信技術委員会事務局長に就任し、標準化のマネジメント業務に従事。2019年から早稲田大学研究戦略センター教授。その他に現在、総務省「異能vation」プログラム評価委員、京都大学情報環境機構ITアドバイザー、スマートIoT推進フォーラムIoT価値創造推進チームリーダーなどとしても活動。近著に「ビッグデータがビジネスを変える」(2012年アスキー新書)、M2M/IoT教科書(2015年インプレス)(監修)、知識ゼロからのビッグデータ入門(2016年幻冬舎)などがある。

学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学   工学修士

  • コロラド大学ボルダー校   MA

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   教授

  • 2016年07月
    -
    2019年07月

    一般社団法人情報通信技術委員会   事務局長

  • 2012年12月
    -
    2017年03月

    東京大学   先端科学技術研究センター   特任教授

  • 2010年07月
    -
    2012年09月

    総務省   大臣官房審議官(情報流通行政局担当)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    継続中

    情報処理学会

  • 2016年11月
    -
    継続中

    地区防災計画学会

  • 2013年09月
    -
    継続中

    情報通信学会

  • 1978年
    -
    継続中

    電子情報通信学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報ネットワーク

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 情報ネットワーク, データ活用による価値創造/ビジネス変革

論文 【 表示 / 非表示

  • 災害対策におけるデータ活用の可能性

    稲田 修一

    地区防災計画学会誌   vol.7   16 - 24  2016年08月

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 知識ゼロからのビッグデータ入門

    稲田, 修一( 担当: 単著)

    幻冬舎  2016年 ISBN: 9784344903081

  • M2M/IoT教科書

    稲田, 修一, 富田, 二三彦, 山崎, 徳和, モバイルコンピューティング推進コンソーシアム( 担当: 共著)

    インプレス  2015年 ISBN: 9784844337850

  • スマート化する放送 : ICTの革新と放送の変容

    日本民間放送連盟研究所( 担当: 分担執筆)

    三省堂  2014年 ISBN: 9784385363035

  • ビッグデータがビジネスを変える

    稲田, 修一( 担当: 単著)

    アスキー・メディアワークス,角川グループパブリッシング (発売)  2012年12月 ISBN: 9784048868815

  • 三次元映像

    稲田, 修一( 担当: 編集)

    昭晃堂  1991年 ISBN: 4785620749

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    一般社団法人 情報処理学会  アドバイザリーボード 委員

  • 2018年11月
    -
    継続中

    総務省  「異能vation」プログラム評価委員

  • 2017年06月
    -
    継続中

    スマートIoT推進フォーラム  IoT価値創造推進チーム リーダー

  • 2017年02月
    -
    継続中

    地区防災計画学会  最高顧問

  • 2016年08月
    -
    継続中

    一般社団法人 IoTリサーチ&デザイン  アドバイザー

全件表示 >>