2024/05/26 更新

写真a

サクマ ユリ
佐久間 由梨
所属
教育・総合科学学術院 教育学部
職名
教授
学位
Ph.D. ( University of Wisconsin-Madison )

経歴

  • 2023年04月
    -
    継続中

    東京大学   教養学部後期課程   非常勤講師

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   教育学部英語英文学科   教授

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   教育学部英語英文学科   准教授

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    立教大学   非常勤講師

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    専修大学   准教授

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    専修大学   講師

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    成蹊大学   非常勤講師

  • 2011年09月
    -
    2013年03月

    一橋大学   非常勤講師

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    立教大学   非常勤講師

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    専修大学   非常勤講師

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    首都大学東京   非常勤講師

▼全件表示

学歴

  • 2006年08月
    -
    2011年12月

    ウィスコンシン大学マディソン校博士課程   英文学   文学研究  

  • 2005年04月
    -
    2009年09月

    一橋大学博士課程   言語社会研究科  

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    東京学芸大学大学院修士課程   英語教育専攻外国語教育講座   英米文学・文化分野  

  • 1998年04月
    -
    2002年03月

    東京学芸大学   教育学部   中等教育教員養成課程英語専攻  

委員歴

  • 2023年06月
    -
    継続中

    日本英文学会関東支部  「関東英文学研究」編集委員

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学ジェンダー研究所  『ジェンダー研究21』編集委員

  • 2020年
    -
    継続中

    アメリカ学会  評議員

  • 2021年
    -
    2023年

    アメリカ学会  年次大会企画委員

  • 2019年04月
    -
    2022年03月

    日本アメリカ文学会  編集室

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    日本アメリカ文学会東京支部  事務局(支部会報・渉外担当)

▼全件表示

所属学協会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学 ジェンダー研究所

  •  
     
     

    IASPM

  •  
     
     

    日本ポピュラー音楽学会

  •  
     
     

    日本ヘミングウェイ協会

  •  
     
     

    日本マーク・トウェイン協会

  •  
     
     

    アメリカ学会

  •  
     
     

    MLA

  •  
     
     

    日本英文学会

  •  
     
     

    日本アメリカ文学会

▼全件表示

研究分野

  • 英文学、英語圏文学   アメリカ文学

研究キーワード

  • アメリカ文学

  • アフリカ系アメリカ人文学

  • ジェンダー

  • ブラック・フェミニズム

  • ジャズ

  • ポピュラー・ミュージック

  • 暴力

  • 人種

▼全件表示

受賞

  • 東京学芸大学教育文化賞大賞

    2004年08月   東京学芸大学   「アメリカ公民権運動期の黒人教育文化に関する一考察――ジェームズ・ボールドウィンの<サニーのブルース>にみる大衆欺瞞としての教育」  

    受賞者: 佐久間由梨

  • 雑誌『スイングジャーナル』優秀論文受賞

    2002年09月   スイングジャーナル社   「ジャズと私」  

    受賞者: 佐久間由梨

 

論文

  • ジャズとアフリカ系アメリカ人文学

    佐久間由梨

    『文學界』11月号     88 - 97  2022年10月  [招待有り]

  • African American Migration Narratives of the Harlem Renaissance: Jazz as Symbol of Racial Uplift, "Low-down" Migrants, and Black Feminism

    Yuri Sakuma

    The Japanese Journal of American Studies   33   25 - 44  2022年06月  [査読有り]

  • ブラック・ライヴズ・マター時代のジャズ――クリスチャン・スコット・アトゥンデ・アジュアとテリ・リン・キャリントンの即興実践

    佐久間由梨

    『現代思想 10月臨時増刊号 Black Lives Matter』   48 ( 13 ) 229 - 235  2020年09月  [招待有り]

  • 複数形の歴史の語り方――ジーナ・アポストルのInsurrecto(2018)にみる米比戦争とバランギガ虐殺

    佐久間由梨

    『専修大学 人文科学研究所月報』   ( 305 ) 69 - 80  2020年05月

  • ミレニアル世代のジャズ : カマシ・ワシントンをジャズ史とBlack Lives Matterに位置付けるとき

    佐久間由梨

    『立教アメリカン・スタディーズ』   42   31 - 49  2020年05月

  • "Political Uses of Improvisational Oratory---Frances Watkins Harper as a Female African American Reformer and Performer"

    佐久間由梨

    『学術研究――人文科学・社会科学編』(早稲田大学 教育・総合科学学術院)   ( 68 ) 165 - 175  2020年03月

  • "From Freezing to Hot to Cool" 『ジャズ』におけるジャズと暴力

    佐久間由梨

    『ユリイカ―特集トニ・モリスン』令和元年10月号   51 ( 17 ) 104 - 112  2019年10月  [招待有り]

  • 「ジャズに聴くハーレム・ルネサンス――デューク・エリントンの "Black and Tan Fantasy" (1927)」

    佐久間由梨

    『アメリカ文学(日本アメリカ文学会東京支部会報)』   ( 80 ) 11 - 18  2019年06月  [査読有り]

  • 「村上春樹のアメリカ黒人文化とジャズ――『ノルウェイの森』と『海辺のカフカ』におけるジョン・コルトレーン表象から」

    佐久間由梨

    『専修大学人文科学研究所月報 特別共同研究「村上春樹 表象の領域」特集号』   ( 293 ) 24 - 48  2018年

  • 「ジャズの好みについて語るときに中上健次と村上春樹が語っていること」

    佐久間由梨

    現文研(専修大学現代文化研究会)   ( 93 ) 38 - 55  2017年03月

  • 「ロシア文学とアメリカ黒人文学――ドストエフスキーとリチャード・ライトの二重の意識」

    佐久間由梨

    『人文科学研究所月報』(専修大学人文科学研究所)   ( 280 ) 29 - 48  2016年02月

    CiNii

  • 「愛とエクスタシーの詩学――ハーレム・ルネサンスの黒人女性詩人たち」

    佐久間由梨

    『現文研』(専修大学現代文化研究会)   ( 90 ) 71 - 87  2014年

  • “‘Revolutionary Theatre’ or ‘Syncre-Theatre’: Derek Walcott’s Walker (2002) and the Representations of Temporality.”

    Yuri Sakuma

    CTR (Comparative Theatre Review)(西洋比較演劇研究会)   13 ( 1 ) 31 - 54  2014年  [査読有り]

  • “The Spatio-Temporal Community in Jean Toomer’s Cane.”

    Yuri Sakuma

    『言語文化研究所報』(津田塾大学言語文化研究所)   ( 29 ) 6 - 17  2014年

    CiNii

  • 「『アメリカ国内のコスモポリタニズム』――アラン・ロックのコスモポリタニズムから読み直すThe New Negro (1925)」

    佐久間由梨

    『アメリカ文学研究』(日本アメリカ文学会)   49 ( 49 ) 21 - 38  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    Alain Locke (1885-1954), a seminal African American intellectual of the early twentieth century, is today best known as a midwife of the Harlem Renaissance and editor of The New Negro (1925). His multi-faceted contributions to the artistic and intellectual landscape of the Harlem Renaissance are widely recognized, but the depth of his philosophy-specially his pragmatism, cosmopolitanism, and multiculturalism-remains underappreciated. This essay aims to fill that gap by examining Locke's philosophical works, arguing that cosmopolitanism is an important philosophical foundation both for Locke and The New Negro. In addition, this essay seeks to provide a detailed account of Locke's relationship with Horace Kallen, another important philosopher of cultural pluralism, and William James, a pragmatist philosopher. Their relationships reveal the way in which Locke's cosmopolitanism builds on the cultural pluralism fostered by these important philosophers. The beginning of this article investigates why Locke's cosmopolitanism has been misunderstood for a long time. One reason is that the term "cosmopolitanism" in the early-to-mid twentieth-century was associated with the ideal of the universal human community, one that requires a person to transcend all particular racial, ethnic, and local differences and divisions. This sense of cosmopolitanism was problematic for African Americans; cosmopolitanism for African Americans meant abandoning their racial differences and assimilating into the dominant group. As a result, at the time when Locke articulated his ideal of cosmopolitanism, he was criticized by other African American artists and critics for espousing cosmopolitanism as an assimilation strategy. However, this was only a partial understanding of Locke's cosmopolitanism. By closely examining his unpublished manuscript "Cosmopolitanism" (1908), this essay reveals that, rather than theorizing cosmopolitanism as a way to assimilation, Locke created what can be called multicultural cosmopolitanism (or critical cosmopolitanism). Locke's cosmopolitanism articulates a vision of a multicultural America, in which ethnic and racial differences are part of a shared national community. Locke's critical cosmopolitanism, in this sense, resonates with Horace Kallen's "cultural pluralism," which rejected the melting pot theory and expectations of conformity during the great wave of European immigration. By juxtaposing Locke with other contemporary multiculturalists in this way, this essay analyzes what is unique about Locke's cosmopolitanism. The latter half of this essay argues that Locke's theory of multicultural cosmopolitanism opens up a new understanding of The New Negro. Traditionally, critics have identified this anthology as a cultural nationalist text that forged a new racial consciousness among African Americans. At the same time, however, the scope of The New Negro is actually far larger. In this anthology, Locke collects a variety of contributions that support his view of multicultural cosmopolitanism. Among the selections in The New Negro, John Matheus's short story "Fog," winner of the 1925 Opportunity prize, is of great importance for this essay. The story foregrounds American cultural pluralism-or what Locke calls a "cosmopolitanism within a nation" and "unity through diversity"-in the context of the modern urban landscape. Describing a variety of immigrants and racial minorities sitting side by side in a single train car, "Fog" represents Locke's multicultural-cosmopolitanism that sought an inter-racial, inter-ethnic, and intercultural communication.

    DOI CiNii

  • 「“Now/here”――“Nowhere”:即興、共同体、アメリカ黒人文学」

    佐久間由梨

    『人文科学研究所月報』(専修大学人文科学研究所)   ( 267 ) 1 - 16  2013年

     概要を見る

    本論考は、近年急速に発展しつつある批判的即興研究という学問分野の展望を紹介し、即興が新たなる共同性を想像/創造する可能性と結びついていることを示した。とくに、即興という視座を導入しながらネラ・ラーセンの『流砂(Quicksand)』(1928)を分析した。本小説がハーレムのキャバレーでジャズの即興演奏をたとえ束の間でも分かち合う観客達を描きながら、多様性、流動性、一時性に特徴づけられる即興的な共同性の在り方をひそかに描いてもいることを論じた。

    CiNii

  • “Improvised Communities: The Aesthetics and Politics of African American Literature and Culture, 1892-1936.”

    Yuri Sakuma

    University of Wisconsin-Madison    2011年

  • 「リンチと拷問の世紀転換期――『リンチについて』(1892-1900)と『グアンタナモ』(2004)」

    佐久間由梨

    『アメリカ研究』   ( 第44号 ) 79 - 99  2010年03月  [査読有り]

    CiNii

  • “Per/forming Poetry: Aesthetics in Langston Hughes’s ‘Three Songs about Lynching.’”

    Yuri Sakuma

    Studies in English Literature   ( 50 ) 81 - 100  2009年03月  [査読有り]

    CiNii

  • 「<スイングする黒い体>――ラングストン・ヒューズの短編におけるリンチ、ジャズ、パフォーマンス」

    佐久間由梨

    『言語社会』(一橋大学大学院言語社会研究科)   ( 3 ) 215 - 231  2008年03月  [査読有り]

  • “Montage of a Dream Deferred: Langston Hughes, Harlem, and Jazz in the 1940s.”

    Yuri Sakuma

    Journal of the American Literature Society of Japan   2006 ( 5 ) 34 - 53  2007年  [査読有り]

    DOI CiNii

  • 「アメリカ公民権運動期の黒人教育文化に関する一考察――ジェームズ・ボールドウィンの<サニーのブルース>にみる大.衆欺瞞としての教育」

    佐久間由梨

    Leo   ( 33 ) 79 - 100  2004年

▼全件表示

書籍等出版物

  • その輝きを僕は知らない(解説)

    関 麻衣子( 担当: その他,  担当範囲: 巻末解説)

    早川書房  2023年03月 ISBN: 4152102209

    ASIN

  • 「いま」を考えるアメリカ史

    藤永康政, 松原宏之( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 変化するメディア―ジェンダーとポピュラー・ミュージック)

    ミネルヴァ書房  2022年09月 ISBN: 9784623094448

  • 〈言語社会〉を想像する: 一橋大学言語社会研究科25年の歩み

    中井亜佐子, 小岩信治, 小泉順也編著( 担当: その他,  担当範囲: アフリカ系アメリカ人文学・文化研究とジャズ)

    小鳥遊書房  2022年03月 ISBN: 4909812792

    ASIN

  • 脱領域・脱構築・脱半球――二一世紀人文学のために

    巽孝之監修, 下河辺美知子, 越智博美, 後藤和彦, 原田範行編著( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Barbara Johnson--「脱構築とブラック・フェミニズムの出会い」)

    小鳥遊書房  2021年10月

  • ハーレム・ルネサンス ――〈ニュー・ニグロ〉の文化社会批評

    深瀬, 有希子, 常山, 菜穂子, 中垣, 恒太郎, 松本, 昇( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第13章 ミドルブラウ・エンターテイメント・ジャズの発展――フレッチャー・ヘンダーソンとデューク・エリントンの1920年代)

    明石書店  2021年08月 ISBN: 9784750352299

  • 深まりゆくアメリカ文学――源流と展開

    竹内理矢, 山本洋平( 担当: 分担執筆,  担当範囲: ハーレム・ルネサンス――アフリカ系アメリカ人初の芸術文化運動)

    ミネルヴァ書房  2021年04月

  • AA 五十年後のアルバート・アイラー

    細田成嗣編著( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 現代から再検証するアルバート・アイラーの政治性と宗教性——ブラック・ライヴズ・マター期のジャズの先駆者として)

    カンパニー社  2021年01月

  • よくわかるアメリカ文化史

    巽, 孝之, 宇沢, 美子( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 音楽――ジャズ/ブルース)

    ミネルヴァ書房  2020年04月 ISBN: 9784623088409

▼全件表示

Works(作品等)

  • 日米教育委員会フルブライト大学院留学プログラム奨学生

    佐久間由梨  その他 

    2006年
    -
    2008年

講演・口頭発表等

  • 「カモナ・マイハウス」――占領期日本の検閲政策をすり抜けるジャズ

    佐久間由梨  [招待有り]

    日本英文学会全国大会 シンポジア第7部門 危機の時代と批評  

    発表年月: 2024年05月

    開催年月:
    2024年05月
     
     
  • (試写会トークショー)『コール・ジェーン -女性たちの秘密の電話-』Fan’s Voice独占最速試写会

    司会, 立田敦子(映画ジャーナリスト)登壇者, 森直人(映画ライター), 佐久間由梨  [招待有り]

    発表年月: 2024年02月

    開催年月:
    2024年02月
     
     
  • (試写会トークショー)『カラーパープル』Fan’s Voice独占試写会

    司会:⽴⽥敦⼦(映画ジャーナリスト)、登壇者:佐久間由梨

    『カラーパープル』Fan’s Voice独占試写会 トークショー  

    発表年月: 2024年02月

    開催年月:
    2024年02月
     
     
  • 江利チエミと占領期日本のジャズ/売春――ジャズ受容史研究とフェミニズム研究を交差させるとき

    佐久間由梨

    日本ポピュラー音楽学会 第35回全国大会  

    発表年月: 2023年12月

    開催年月:
    2023年12月
     
     
  • ブラック・フェミニスト・ジャズ・スタディーズ―Farah Jasmine Griffin, Hazel V. Carby, Angela Y. Davisによるジャズの家父長制批判

    佐久間由梨  [招待有り]

    日本アメリカ文学会 第62回全国大会  

    発表年月: 2023年10月

    開催年月:
    2023年10月
     
     
  • “The Dawn of Feminism in Post-occupation Japanese Jazz-influenced Songs”

    佐久間由梨

    IASPM | International Association for the Study of Popular Music, 2023 Conference  

    発表年月: 2023年06月

    開催年月:
    2023年06月
     
     
  • (トークイベント)中條千晴×佐久間由梨×つやちゃん「女性ミュージシャンの困難を考える」『女性ジャズミュージシャンの社会学 -音楽性・女性性・周縁化-』(青土社)刊行記念

    中條千晴, 佐久間由梨×つやちゃん

    B&B 本屋イベント  

    発表年月: 2023年05月

  • 「いつもスイング ジャズの歌」―美空ひばりとビッグ・バンド・ジャズ

    佐久間由梨  [招待有り]

    大衆音楽の環太洋的越境と包摂の力学 主催:科学研究費・基盤研究 「メイフラワー・コンパクトにおける排除/包括の理論と環大西洋文化の再定位」  

    発表年月: 2022年12月

    開催年月:
    2022年12月
     
     
  • 『彼女たちの断片』上映会&講演会 石原燃さんと語るフェミニズムと中絶

    石原燃, 講演, 森山至貴, 松永典子, 佐久間由梨

    早稲田大学ジェンダー研究所シンポジウム  

    発表年月: 2022年12月

    開催年月:
    2022年12月
     
     
  • 性的同意ハンドブック、授業でどう使う?―ワークショップ型模擬授業の実践から考える

    シャベル×Voice Up Japan Waseda×早稲田大学ジェンダー研究所の有志

    早稲田大学ジェンダー研究所  

    発表年月: 2022年09月

    開催年月:
    2022年09月
     
     
  • ジェンダーから再訪するジャズ史――ブラック・フェミニズムからBLMまで

    佐久間由梨

    早稲田大学 ジェンダー研究所 7月例会  

    発表年月: 2022年07月

    開催年月:
    2022年07月
    -
     
  • 21 世紀のジャズと BLM―カマシ・ワシントンとテリ・リン・キャリトンに聴く新世代ジャズ

     [招待有り]

    第46回上智⼤学英⽂学会  

    発表年月: 2021年10月

    開催年月:
    2021年10月
     
     
  • BLM (Black Lives Matter)運動とジャズ

    佐久間由梨  [招待有り]

    専修大学人文科学研究所定例研究会  

    発表年月: 2020年12月

    開催年月:
    2020年12月
     
     
  • “Harmony of Difference”――カマシ・ワシントンに聴くジャズの今

    佐久間由梨  [招待有り]

    立教大学アメリカ研究所設立 80 周年記念シンポジウム 「ミレニアル世代をめぐる想像力」  

    発表年月: 2020年01月

  • Social Mobility/Movements: The NAACP’s Silent Parade and Its Representations in Carrie Williams Clifford’s The Widening Light (1922) and Toni Morrison’s Jazz (1992)

    佐久間由梨

    American Studies Association, Annual Meeting  

    発表年月: 2019年11月

  • Now/here”――“Nowhere": アフリカ系アメリカ人文学における共同体再考――即興研究の知見から

    佐久間由梨  [招待有り]

    大東文化大学院英文学専攻特別講義  

    発表年月: 2019年02月

  • 「ジャズに聴くハーレム・ルネサンス――デューク・エリントンの“Black and Tan Fantasy”」

    佐久間由梨

    日本アメリカ文学会東京支部 6月例会シンポジウム「ハーレム・ルネサンス再訪」   (慶應義塾大学)  日本アメリカ文学会東京支部  

    発表年月: 2018年06月

     概要を見る

    本発表ではハーレムの白人専用高級ナイトクラブで人気を博したエリントンの“Black and Tan Fantasy” (1927)を分析したい。人種問題、黒人内の階級格差、黒人芸術の理想をめぐる異なる思惑、南部黒人音楽の伝統、奴隷制や未開主義などのステレオタイプの商品化といった議論を、死と再生(復興)という主題のうちに映しだす本楽曲が、ハーレム・ルネサンスの縮図となっていることを示したい。

  • 「21世紀におけるポピュラー・ミュージックの倫理学――ミュージック・ビデオと音楽フェス」

    佐久間由梨

    上廣倫理財団研究助成 研究発表会   (公益財団法人 上廣倫理財団)  上廣倫理財団  

    発表年月: 2017年12月

     概要を見る

    本発表は、21世紀、バラク・オバマ政権前後のアメリカにおけるポピュラー・ミュージックが、従来的な意味での「抗議」に加え、「他者性の倫理(ethics of alterity)」を要請するという特徴を持つことを示した。Lady Gaga, Beyonce, Mcklemore, Kendrick Lamarなどの楽曲を分析することで、多くの楽曲が多様性と平等を理想とする社会において、「自己」と「他者」とが互いを完全に理解することが不可能であるという前提に立ちつつ、相互に応答できる地平を見据えていることを検証した。

  • 「村上春樹の描くジャズ――ジョン・コルトレーンの『マイ・フェヴァリット・シングズ』を中心に」

    佐久間由梨

    Jay Rubin講演会 村上春樹を聴く   (専修大学)  専修大学人文科学研究所  

    発表年月: 2014年11月

  • 「黒人詩、ホモエロティシズム、ユートピア」

    佐久間由梨

    日本英文学会関東支部第9回大会 英米文学部門シンポジウム「ユートピア/ディストピア再考――歴史、ジェンダー、共同体」   (成城大学)  日本英文学会関東支部  

    発表年月: 2014年06月

     概要を見る

    本発表は、黒人初の芸術文化運動であるハーレム・ルネサンス期の詩とユートピアとの関連性について考察した。扱った作家は、ラングストン・ヒューズ(Langston Hughes)とアンジェリーナ・ウェルド・グリムキ(Angelina Weld Grimké)である。ルイ・マラン(Louis Marin)の“Utopic”(修辞的・詩的作用が生みだす言語領域としてのユートピア)という概念に依拠しつつ、両詩人の詩的言語が、いまだ到来することのない世界や未来を形象化していること、さらに、ユートピアの形象がホモエロティックな欲望と深く関連していることを論じた。

  • 「アメリカ黒人文学における災害と絆」

    佐久間由梨

    講演会:災害と文学   (専修大学)  専修大学人文科学研究所  

    発表年月: 2014年06月

  • 「『黒人文学らしさ』についての一考察――ハーレム・ルネサンスの多様な詩学」

    佐久間由梨

    専修大学現文研究所研究会   (専修大学)  専修大学現文研究所  

    発表年月: 2013年06月

  • 「愛、エクスタシー、コスモポリタニズムの詩学――ハーレム・ルネサンスの黒人女性詩人たち」

    佐久間由梨

    日本アメリカ文学会東京支部5月例会 分科会(詩部門)   (慶應義塾大学)  日本アメリカ文学会東京支部  

    発表年月: 2013年05月

  • 「“Cosmopolitanism within a Nation”――アラン・ロックのコスモポリタニズム思想から読み直すThe New Negro(1925)」

    日本アメリカ文学会東京支部3月例会分科会(現代散文部門)   (慶應義塾大学)  日本アメリカ文学会東京支部  

    発表年月: 2012年03月

  • 「“Moving Mosaic”――ネラ・ラーセンのQuicksand(1928)における即興的共同体の可能性」

    日本英文学会第83回全国大会   (北九州市立大学)  日本英文学会  

    発表年月: 2011年05月

  • “From Property to Performance: Frances Harper’s Iola Leroy,or Shadows Uplifted as Improvisational Theater.”

    Madlit Conference   (University of Wisconsin-Madison)  University of Wisconsin-Madison  

    発表年月: 2010年03月

  • 「“A Black Body Swinging”:ラングストン・ヒューズの作品における、リンチとジャズについて」

    日本アメリカ文学会東京支部分科会(現代散文)   (慶應義塾大学)  日本アメリカ文学会東京支部  

    発表年月: 2006年05月

  • 「『叶わぬ夢のモンタージュ』―−Langston HughesのMontage of a Dream Deferredにおけるジャズの意義」

    日本アメリカ文学会第44回全国大会   (北海学園大学)  日本アメリカ文学会東京支部  

    発表年月: 2005年10月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 「ジャズと文学:日米文学研究とインプロヴィゼーション・スタディーズの視点から」

    日本学術振興会  科研費:若手研究

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    佐久間由梨

  • 「21世紀におけるポピュラー・ミュージックの倫理学――ミュージック・ビデオと音楽フェス」

    上廣倫理財団  上廣倫理財団受託研究

    研究期間:

    2016年
    -
    2017年
     

    佐久間由梨

  • 「ハーレム・ルネサンス期におけるコスモポリタニズム思想の展開」

    日本学術振興会  科研費:研究活動スタート支援

    研究期間:

    2013年
    -
    2015年
     

    佐久間由梨

Misc

  • (映画パンフレット 解説)「壊された家族を、癒し、再生させていく黒人女性たち」

    佐久間由梨

    映画『カラーパープル』パンフレット    2024年02月

  • (ウェブメディア記事)【特集】あの人が選んだ「2023年のベスト3」

    佐久間由梨

    ARBAN    2023年12月

    その他  

  • (ウェブメディア記事)クィアの人々の「リアルな生活」に、作家として言葉と物語を与えること──ブッカー賞最終候補作『その輝きを僕は知らない』解説

    佐久間由梨

    Hayakawa Books & Magazines(β)    2023年03月

    記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • シンポジウム報告 早稲田大学ジェンダー研究所主催『彼女たちの断片』上演会&講演会 石原燃さんと語るフェミニズムと中絶

    佐久間由梨

    『ジェンダー研究21』   12   84 - 87  2023年01月

    その他  

  • (ウェブメディア記事)【特集】2022年のベストアルバム─あの人が選んだ 「今年の3作品」

    佐久間由梨

    ARBAN    2022年12月

    その他  

  • ジュエル・ゴメス 「ドント・エクスプレイン」 作者・作品紹介

    佐久間由梨

    『文學界』11月号     73 - 73  2022年10月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • (エッセイ)トム・ソーヤー、ロック少年、そしてジャズ少年になる

    日本マーク・トウェイン協会 NEWSLETTER   ( 56 ) 8 - 8  2022年09月  [招待有り]

  • (ウェブメディア記事)【特集】2021年のベストアルバム─あの人が選んだ 今年の3枚

    佐久間由梨

    ARBAN    2021年12月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • (書評)惣谷美智子・岩上はる子編『めぐりあうテクストたち――ブロンテ文学の遺産と影響』惣谷美智子・岩上はる子編

    佐久間由梨

    『ジェンダー研究21』(早稲田大学ジェンダー研究所)   10   69 - 77  2021年03月

    書評論文,書評,文献紹介等  

  • (書評)峯真依子著『奴隷の文学誌――声と文字の相克をたどる』

    佐久間由梨

    『アメリカ文学研究』   ( 56 ) 51 - 57  2020年03月

    書評論文,書評,文献紹介等  

  • (書評)『ジョン・ブラウンの屍を超えて――南北戦争とその時代』

    佐久間由梨

    「アメリカ学会会報」   ( 192 ) 4 - 4  2016年12月

    書評論文,書評,文献紹介等  

  • (翻訳)「TAFKAPかく語りき」

    佐久間由梨

    『現代思想8月臨時増刊号 総特集◎プリンス』     13 - 23  2016年07月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 英文学会第87回大会Proceedings: 黒人詩、ホモエロティシズム、ユートピア

    佐久間由梨

    英文学会第87回大会Proceedings     153 - 154  2015年09月

    記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

  • (書評)里内克巳編著『バラク・オバマの言葉と文学――自伝が語る人種とアメリカ

    佐久間由梨

    「アメリカ学会会報」   89 ( 179 ) 155 - 158  2012年

    書評論文,書評,文献紹介等  

    CiNii

  • 日本英文学会第83回大会Proceeding: "Moving Mosaic"―ネラ・ラーセンのQuicksand (1928)における即興的共同体の可能性

    佐久間由梨

    日本英文学会第83回大会Proceedings   83   16 - 18  2011年

    記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    CiNii

  • 「研究手帖:世界文学からみた日本」

    佐久間由梨

    『現代思想』   38 ( 1 ) 246 - 246  2010年05月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • (翻訳)「マイケル・オークワード「『リズムの奴隷』――本質主義(者)のさまざまな変異 あるいはマイケル・ジャクソンの奇妙な事例」

    佐久間由梨

    『現代思想――臨時増刊総特集マイケル・ジャクソン』   37 ( 11 ) 184 - 205  2009年08月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    CiNii

  • (論考)「人種、文化、国家――アミリ・バラカのジャズ・ポエトリーとジョン・コルトレーン」

    佐久間由梨

    『OLE通信』 (東京学芸大学英語研究会有志による同人誌)   1 ( 1 ) 20 - 31  2004年

    その他  

  • (論考)「ラングストン・ヒューズのMontage of a Dream Deferred――見果てぬ終わらぬ夢、ビバップの詩」

    佐久間由梨

    『OLE通信』(東京学芸大学英語研究会有志による同人誌)   0 ( 0 ) 77 - 92  2002年

    その他  

▼全件表示

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • Introduction to American Culture

    早稲田大学教育学部英語英文学科  

    2020年09月
    -
    継続中
     

  • アメリカ詩研究

    早稲田大学教育学部英語英文学科  

    2020年04月
    -
    継続中
     

  • 米文学講読

    早稲田大学教育学部英語英文学科  

    2020年04月
    -
    継続中
     

  • 英米文学語学演習

    早稲田大学教育学部英語英文学科  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • Introduction to Literature and Culture

    早稲田大学教育学部英語英文学科  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • アメリカ文学特論II-1(20世紀アメリカ小説研究 1)

    早稲田大学教育学研究科(大学院)  

    2019年04月
    -
    継続中
     

▼全件表示

 

他学部・他研究科等兼任情報

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • 教育・総合科学学術院   大学院教育学研究科

特定課題制度(学内資金)

  • ジャズ・スタディーズの発展に向けて――人種およびジェンダーの視点から

    2023年  

     概要を見る

    2023年度特定課題研究助成費により、ジェンダーの観点から日米のジャズ史を再考するというプロジェクトに着手することができた。具体的には、日本の占領期におけるジャズと、アメリカの1970年代以降のブラック・フェミニズムとジャズとの関連性を調査した。論文を出版することはできなかったが、3回の学会発表を実施した。2023年6月にアメリカで開催されたIASPM(International Association for the Study of Popular Music)の国際学会では、占領期日本のジャズに影響を受けた歌謡曲が、アメリカ化されゆく日本および、戦後の混乱と貧困の中を生きた日本人女性の経験を描き出していることを論じた。2023年10月に開催された日本アメリカ文学会全国大会では、「ブラック・フェミニスト・ジャズ・スタディーズ―Farah Jasmine Griffin, Hazel V. Carby, Angela Y. Davisによるジャズの家父長制批判」というタイトルで、アメリカのブラック・フェミニスト批評家たちによるジャズ批評の特色について考察した。黒人であり女性でもあるという立ち位置から、ブラック・フェミニストのジャズ批評家たちが、男性ジャズ奏者や男性ジャズ批評家への「敬意と批判」という相克する感情のなかで執筆していることを論じた。2023年12月に開催された日本ポピュラー音楽学会全国大会では、「江利チエミと占領期日本のジャズ/売春――ジャズ受容史研究とフェミニズム研究を交差させるとき」というタイトルで発表し、占領期日本のジャズをジェンダーから研究する際、フェミニズム研究とジャズ研究を学際的に交差させる方法論が有効であることを提案した。本研究女性により、これまで男性主導の音楽とみなされてきたジャズに、日米の女性たちがどのように関わってきたのか、さらに、男性主導のジャズをジェンダーやフェミニズムの観点から再考するための研究の方法論をいかに見出すべきかという問を探求できたことは大きな収穫である。