田上 悠太 (タノウエ ユウタ)

写真a

所属

商学学術院 ビジネス・ファイナンス研究センター

職名

助教

兼担 【 表示 / 非表示

  • 商学学術院   大学院経営管理研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2017年03月

    総合研究大学院大学   複合科学研究科   統計科学専攻  

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    早稲田大学   商学部  

学位 【 表示 / 非表示

  • 総合研究大学院大学   統計科学

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    継続中

    早稲田大学   ビジネス・ファイナンス研究センター   助教(任期あり)

  • 2017年04月
    -
    2018年08月

    統計数理研究所   リスク解析戦略センター   特任助教

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    日本学術振興会   特別研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本金融・証券計量・工学学会

  •  
     
     

    日本統計学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 金融、ファイナンス   信用リスク

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 統計科学

  • 信用リスク

論文 【 表示 / 非表示

  • デフォルト企業の正常復帰に関する要因分析と正常復帰確率推定モデル

    田上悠太, 山下智志

    統計数理   63 ( 1 ) 145 - 161  2015年06月  [査読有り]

  • Impact of domestic travel restrictions on transmission of COVID-19 infection using public transportation network approach

    Yayoi Murano, Ryo Ueno, Shoi Shi, Takayuki Kawashima, Yuta Tanoue, Shiori Tanaka, Shuhei Nomura, Hiromichi Shoji, Toshiaki Shimizu, Huy Nguyen, Hiroaki Miyata, Stuart Gilmour, Daisuke Yoneoka

    Scientific Reports   11 ( 1 )  2021年12月

     概要を見る

    <title>Abstract</title>The international spread of COVID-19 infection has attracted global attention, but the impact of local or domestic travel restriction on public transportation network remains unclear. Passenger volume data for the domestic public transportation network in Japan and the time at which the first confirmed COVID-19 case was observed in each prefecture were extracted from public data sources. A survival approach in which a hazard was modeled as a function of the closeness centrality on the network was utilized to estimate the risk of importation of COVID-19 in each prefecture. A total of 46 prefectures with imported cases were identified. Hypothetical scenario analyses indicated that both strategies of locking down the metropolitan areas and restricting domestic airline travel would be equally effective in reducing the risk of importation of COVID-19. While caution is necessary that the data were limited to June 2020 when the pandemic was in its initial stage and that no other virus spreading routes have been considered, domestic travel restrictions were effective to prevent the spread of COVID-19 on public transportation network in Japan. Instead of lockdown that might seriously damage the economy, milder travel restrictions could have the similar impact on controlling the domestic transmission of COVID-19.

    DOI

  • Geographically weighted generalized Farrington algorithm for rapid outbreak detection over short data accumulation periods

    Daisuke Yoneoka, Takayuki Kawashima, Koji Makiyama, Yuta Tanoue, Shuhei Nomura, Akifumi Eguchi

    Statistics in Medicine    2021年09月

    DOI

  • Reasons for being unsure or unwilling regarding intention to take COVID-19 vaccine among Japanese people: A large cross-sectional national survey

    Shuhei Nomura, Akifumi Eguchi, Daisuke Yoneoka, Takayuki Kawashima, Yuta Tanoue, Michio Murakami, Haruka Sakamoto, Keiko Maruyama-Sakurai, Stuart Gilmour, Shoi Shi, Hiroyuki Kunishima, Satoshi Kaneko, Megumi Adachi, Koki Shimada, Yoshiko Yamamoto, Hiroaki Miyata

    The Lancet Regional Health - Western Pacific   14   100223 - 100223  2021年09月

    DOI

  • Mobility Patterns in Different Age Groups in Japan during the COVID-19 Pandemic: a Small Area Time Series Analysis through March 2021

    Shuhei Nomura, Yuta Tanoue, Daisuke Yoneoka, Stuart Gilmour, Takayuki Kawashima, Akifumi Eguchi, Hiroaki Miyata

    Journal of Urban Health    2021年08月

     概要を見る

    <title>Abstract</title>In the COVID-19 era, movement restrictions are crucial to slow virus transmission and have been implemented in most parts of the world, including Japan. To find new insights on human mobility and movement restrictions encouraged (but not forced) by the emergency declaration in Japan, we analyzed mobility data at 35 major stations and downtown areas in Japan—each defined as an area overlaid by several 125-meter grids—from September 1, 2019 to March 19, 2021. Data on the total number of unique individuals per hour passing through each area were obtained from Yahoo Japan Corporation (i.e., more than 13,500 data points for each area). We examined the temporal trend in the ratio of the rolling seven-day daily average of the total population to a baseline on January 16, 2020, by ten-year age groups in five time frames. We demonstrated that the degree and trend of mobility decline after the declaration of a state of emergency varies across age groups and even at the subregional level. We demonstrated that monitoring dynamic geographic and temporal mobility information stratified by detailed population characteristics can help guide not only exit strategies from an ongoing emergency declaration, but also initial response strategies before the next possible resurgence. Combining such detailed data with data on vaccination coverage and COVID-19 incidence (including the status of the health care delivery system) can help governments and local authorities develop community-specific mobility restriction policies. This could include strengthening incentives to stay home and raising awareness of cognitive errors that weaken people's resolve to refrain from nonessential movement.

    DOI

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第二回統計数理研究所優秀学生賞

    2017年03月   統計数理研究所  

    受賞者: 田上悠太

  • 第二回総合研究大学院大学未来科学者賞

    2016年04月   総合研究大学院大学  

    受賞者: 田上悠太

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 依存のある裾が重い確率変数の和の集中不等式に関しての研究

    2020年  

     概要を見る

    先行研究のLampertら(2018)、更に申請者が昨年導いた結果は、集中不等式を依存性のある場合に拡張した点は優れているが、以下の問題点がある。1.α混合係数という推定できない量に集中不等式が依存していること、2.上限、下限がある確率変数、ガウス型確率変数のある確率変数のみに対して適用可能である。本研究では、以上の問題を克服した。具体的には、劣ガウス型、劣指数型の確率変数に対して、ピアソンのファイに基づいた依存性のある確率変数の集中不等式の導出を行った。

  • テールリスク計量のための依存のある確率変数の輪の集中不等式に関しての研究

    2019年  

     概要を見る

    本研究の目的は、様々な金融リスクの計量化に必要な依存のある確率変数の和の分布の集中不等式の導出である。例えば株のポートフォリオ全体の損失のValue at riskや期待ショートフォールの算出のためには、依存のある確率変数の和の分布の集中不等式の導出が必要となる本研究では先行研究Lampertら(2018)で導かれている依存性のある確率変数の和の集中不等式を拡張した。具体的には、1.集中不等式をよりタイトにした。2.集中不等式を劣ガウス型の確率変数に適用可能なように拡張した。

  • デフォルト時損失率に対して影響を与える要因の分析

    2018年  

     概要を見る

    本研究では、デフォルト時損失率(貸出に占める損失の割合)推定モデルの精度向上のための研究を行った。1.景気、マクロ経済変動がデフォルト時損失率に与える影響について研究。日本の銀行貸出債権のデータを用いてデフォルト時損失率に景気、マクロ経済変動が及ぼす影響について分析を行った。2.データベースに含まれる大量の説明変数の中から、モデル推定精度の向上に有効な説明変数の特定を行う研究。銀行貸出債権には付随する大量の情報がある。これらの大量の情報の中から、デフォルト時損失率推定モデルを作成する際に用いる変数特定方法に関して理論的な研究を行った。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示