TOMITA, Nozomi

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Assistant Professor(without tenure)

Education 【 display / non-display

  • 2015.04
    -
    2018.03

    Waseda University  

  • 2013.04
    -
    2015.03

    Waseda University  

  • 2009.04
    -
    2013.03

    Waseda University   School of Human Sciences  

Degree 【 display / non-display

  • 2018.03   早稲田大学   博士(人間科学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2021.07
    -
    Now

    新座すずのきクリニック 新座すずのき復職支援プログラム・アドバイザー(非常勤)

  • 2020.04
    -
    Now

    実践女子大学人間社会学部 非常勤講師

  • 2018.04
    -
    Now

    Faculty of Human Sciences, Waseda University   Assistant Professor

  • 2018.04
    -
    Now

    綾瀬駅前診療所 主任心理士/実習指導員(非常勤)

  • 2020.08
    -
    2021.03

    信州大学教育学部 非常勤講師

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本ストレス学会

  •  
     
     

    日本教育心理学会

  •  
     
     

    日本認知療法・認知行動療法学会

  •  
     
     

    日本行動医学会

  •  
     
     

    日本心身医学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Cognitive science

  • Clinical psychology

Research Interests 【 display / non-display

  • 臨床心理学、認知行動療法、認知神経科学、社交不安症、メタ認知療法

Papers 【 display / non-display

  • Self-focused attention related to social anxiety during free speaking tasks activates the right frontopolar area

    Nozomi Tomita, Hiroaki Kumano

    Current Psychology   Epub ahead of print  2021.09  [Refereed]

    Authorship:Lead author

     View Summary

    <title>Abstract</title>Self-focused attention (SFA) and other-focused attention (OFA) are central maintenance factors of social anxiety. Tomita et al., Cognitive Therapy and Research 44:511–525, 2020 investigated brain activities when manipulating SFA and OFA during speech tasks, after controlling for social anxiety, using near-infrared spectroscopy (NIRS) and eye-tracking. Compared with the control condition, the SFA condition demonstrated greater activity in the right frontopolar area (rFPA) and right dorsolateral prefrontal cortex. In the OFA condition, relative to controls, activity was greater in the left superior temporal gyrus. We investigated whether the activity in these brain areas increased in healthy individuals in proportion to their social anxiety tendency without manipulating SFA and OFA. Thirty-nine participants performed speech tasks under a no attentional manipulation (no-instruction) condition and a control (looking at various places) condition. Brain activity was measured using NIRS (oxy-Hb responses), and eye movements were tracked. We found that higher social anxiety was associated with higher rFPA activity in the no-instruction condition compared to the control condition and that higher subjective SFA during the no-instruction condition with higher social anxiety was associated with increased rFPA between the no-instruction and control conditions. These results suggest that greater activity in the rFPA is a useful objective measure of SFA related to social anxiety during speech tasks.

    DOI

  • Effects of the Attention Training Technique on Brain Activity in Healthy University Students Assessed by EEG Source Imaging

    Kaori Usui, Issaku Kawashima, Nozomi Tomita, Toru Takahashi, Hiroaki Kumano

    Psychological Reports   Epub ahead of print   003329412098810 - 003329412098810  2021.02  [Refereed]

     View Summary

    This study aimed to investigate the neurocognitive effects of the Attention Training Technique (ATT) on brain activity in healthy participants. The participants included 20 university students who were asked to practice ATT as a homework assignment for 20 days. The intracerebral source localization of their electroencephalogram during rest and the ATT task, which comprised selective attention, attention switching, and divided attention conditions, was evaluated by standardized low-resolution brain electromagnetic tomography. Brain activity during rest was subtracted from that during the ATT task, and that was compared before and after the homework assignment. The results for the divided attention condition indicated significantly decreased alpha 1 frequency band power in the left orbital frontal cortex (OFC) and alpha 2 power in the right inferior temporal cortex. Further, decreased alpha 1 power in the left OFC correlated with reduced subjective difficulty during the divided attention condition. One possibility is that the brain activity changed as the effect of ATT practice, although this study cannot confirm causality. Further studies are required which include a control group that would complete similar training without the ATT task.

    DOI

  • Effect of transcranial static magnetic field stimulation on the prefrontal area during the self-focused attention

      印刷中  2021  [Refereed]

  • ディタッチト・マインドフルネスに関するメタ認知的知識尺度の作成および信頼性と妥当性の検討

    武井友紀, 藤島雄磨, 富田 望, 南出歩美, 梅津千佳, 熊野宏昭

    行動医学研究   印刷中  2021  [Refereed]

  • 社交不安症状と表情への注意バイアス, および注意の向け方に関するメタ認知的信念の関連性

    南出歩美, 富田 望, 亀谷知麻記, 武井友紀, 梅津千佳, 熊野宏昭

    認知行動療法研究   印刷中  2021  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 認知行動療法事典

    富田 望( Part: Contributor)

    丸善出版  2019.09

     View Summary

    担当箇所:パニック症のアセスメント

  • 社交不安症の有病率――罹患年齢などの疫学から――、小山 司編「社交不安症 UPDATE――エスシタロプラムによるアプローチを中心に――」、先端医学社、東京、33-39

    富田 望, 嶋 大樹, 熊野宏昭( Part: Contributor)

    2017

  • 実践!マインドフルネス――今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン――

    熊野宏昭, 富田 望, 樋沼友子, 荒木美乃里, 黒田彩加( Part: Joint author)

    2016

  • 有斐閣 現代心理学辞典

    富田 望( Part: Contributor)

    有斐閣 

     View Summary

    担当箇所:コーピング, ストレス, ストレス緩衝効果, ストレスマネジメント

Misc 【 display / non-display

Awards 【 display / non-display

  • 日本行動医学会 奨励賞

    2021.09   日本行動医学会   The moderating effect of positive metacognitive beliefs about maladaptive coping behavior on the relationship between attention ability and clinical symptoms

    Winner: FUJISHIMA Yuma, TAKEI Yuki, TOMITA Nozomi, IKEDA Hiroto, MINAMIDE Ayumi, KUMANO Hiroaki

  • 第13回日本不安症学会学術大会 若手優秀演題賞

    2021.06   日本不安症学会   高社交不安者における自己注目と注意バイアスは脳活動と視線にどのように現れるか

    Winner: 富田 望, 熊野宏昭

  • 第26回日本行動医学会学術総会 優秀演題賞

    2019.12   日本行動医学会   ディタッチト・マインドフルネスに対するメタ認知的知識尺度の作成および信頼性・妥当性の検討

    Winner: 武井友紀, 南出歩美, 富田 望, 熊野宏昭

  • 第59回日本心身医学会学術講演会 若手優秀発表賞

    2018.06   日本心身医学会   社交不安症における心的視点尺度と注意の偏りを測定する客観的指標との関連

    Winner: 富田 望, 熊野宏昭

  • 早稲田大学小野梓記念賞 学術賞

    2018.03   早稲田大学   社交不安における自己注目と注意バイアスの統一的理解

    Winner: 富田 望

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • 社交不安における自己注目リアルタイム測定とバーチャルリアリティ介入システムの開発

    若手研究

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

     View Summary

    社交不安症 (Social Anxiety Disorder: SAD) は、10人に1人が罹患する精神疾患であり、自己注目(自己への過度な注意)という注意の問題が中核的な維持要因となっている。本研究では、①眼球運動と瞳孔径や瞬目数、心拍の情報から社会的場面における自己注目状態を検出する方法論を確立すること、②自己注目の生起を予測する環境中の刺激を明らかにすること、③バーチャルリアリティの空間上に②で明らかにされた刺激を呈示し、自己注目が生起しやすい状況であっても注意を適切にコントロールできるようにするための新たな介入システムを開発することを目的とする

  • 社交不安症に対する注意に特化した治療プログラムの開発:自己注目の本質的役割の解明

    研究活動スタート支援

    Project Year :

    2018.08
    -
    2020.03
     

     View Summary

    社交不安症(Social Anxiety Disorder: SAD)は、10人に1人が罹患する精神疾患であり、自己注目(自己への過度な注意)や注意バイアス(他者への過度な注意)といった注意の問題が維持要因となっている。脳機能との関わりが深い注意への介入は、薬物療法と心理療法の中間に位置づけられる効率の良い方法であり、病態の性質上対話中心の心理療法が継続しにくいという社交不安特有の問題を打破する新たな治療法となることが期待できる。そこで、本研究では、注意に焦点化した介入プログラムを開発し、その効果を検証することを通して、SADの本質的理解を深めることを目的とする。第1に,社交不安症患者3名に対してメタ認知療法に基づく注意に焦点化した心理療法を実施し,社交不安症状,自己注目,注意バイアスの経時的な変化を測定することによって介入効果および奏功プロセスについて検討を行った。具体的には,心療内科の面接室にて,自己注目の変容に焦点をあてたビデオフィードバック,注意訓練法(Attention Training Technique: ATT),状況への再注意法を組み込んだSocial mishap exposure,自己注目・注意バイアスに関するメタ認知的信念への介入を実施した。介入の結果,社交不安症状の低下に加えて,自己注目の構成要素である観察者視点が低下し,ディタッチト・マインドフルネス視点(自己の状態と他者を含む外部状況の両者を俯瞰できる適応的な状態)が増加するという変化が捉えられた。一方で,メタ認知的信念の変化については十分な改善が示されず,プログラムを作る上での今後の課題が明らかにされた。第2に,自己注目に対する介入法として提案されているATTについて,社交不安症特有の自己注目に合わせたATTのプロトコルを開発し,その効果を検証した。社交不安傾向を有する大学生30名を自己注目ATT群と通常ATT群に振り分け,いずれの群においても2週間の介入を行った。実験参加者には,介入の前後において,社交不安に関する質問紙への回答とスピーチ課題の実施を求め,日常生活における社交不安の変化とスピーチ中の自己注目の変化の両者を測定した。介入研究の結果,自己注目ATT群では, 社交状況への恐怖感を測定する質問紙の得点や,スピーチに関する反芻を測定する質問紙の得点が有意に減少した。したがって,社会的場面に近い刺激をATTに取り入れることによって,従来のATTよりも社交状況への恐怖感を低減できる可能性が示唆された。大学生を対象とした基礎研究に加えて,社交不安症患者に対する介入を行ったことで,注意に特化した治療プログラムの開発にむけて,プログラムに組み込むべき要件と課題を明らかにすることができたため。今後は,社交不安症患者に対する個別カウンセリングを継続的に実施し,治療プログラムおよび使用するマニュアルやワークブックを確定させていく。また,自己注目や注意バイアスの発生を予測する変数を基礎研究によって明らかにし,その成果を基に自己注目や注意バイアスの低減を意図したエクスポージャーの具体的な手続きを検討していく。さらに,研究の遂行に関わるこれまでの研究成果の論文化を行う

  • The self-focused attention and the threat monitoring in social anxiety: Optimization of the intervention to attentional dysfunction.

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

  • 社交不安症における注意の偏りの可視化と介入法の最適化

    日本学術振興会特別研究員(DC)

    Project Year :

    2017.04
    -
    2018.03
     

  • 社交不安症における注意制御不全への介入方法の最適化

    Project Year :

    2016.04
    -
    2017.03
     

Presentations 【 display / non-display

  • Does autism tendency change the effect of field and observer perspective in social settings on clinical symptoms?

    Tomita, N, Minamide, A, Kumano, H

    The 7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference 2021 

    Presentation date: 2021.07

    Event date:
    2021.07
     
     
  • Relation between parameters of eye-movements and self/other-focused attention in social situations

    Tomita, N, Minamide, A, Kumano, H

    The 32nd International Congress of Psychology 

    Presentation date: 2021.07

  • Correlation among social anxiety, attentional biases toward angry faces, and metacognitive beliefs about focused attention.

    Minamide, A, Tomita, N, Kai, K, Kumagai, M, Kumano, H

    The 32nd International Congress of Psychology 

    Presentation date: 2021.07

  • サイバー空間が生み出す心理的支援と臨床実習の新たな形 シンポジウム4:サイバー空間を活用した認知行動療法の近未来

    富田 望, 仁田雄介, 熊野宏昭

    日本行動医学会第27回大会 

    Presentation date: 2020.12

  • 不適応的な対処行動に関するメタ認知的信念と臨床症状および適応・不適応状態との関連性の検討

    藤島雄磨, 武井友紀, 富田 望, 池田寛人, 南出歩美, 熊野宏昭

    日本行動医学会第27回大会 

    Presentation date: 2020.12

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 社交不安症における自己注目のリアルタイム測定法の開発

    2020  

     View Summary

     大学生55名を対象に、社交不安症状および肯定的/否定的なメタ認知的信念を測定する質問紙尺度と、注意の偏りを測定するドット・プローブ課題を実施し、各変数間の関連性を検討した。その結果、社交不安高群において怒り顔への注意の偏りが示された。また、媒介分析の結果、怒り顔への注意の偏りと社交不安症状の関連性は、否定的なメタ認知的信念により完全媒介された。一方で、否定的なメタ認知的信念と社交不安症状の間に注意の偏りは媒介していなかった。本研究は横断研究であり因果関係を推定しているに留まっているため、今後は注意の偏りに介入を行い、社交不安の改善にメタ認知的信念の変化が媒介するかを明らかにする必要がある。

  • 社交不安症における自己注目のリアルタイム測定法の開発

    2020  

     View Summary

     社交不安症については、自己注目、注意バイアス、注意の向け方に関する誤ったメタ認知といった注意の問題が指摘されている。本研究では、オンラインでの調査研究を実施し、有効回答640名を自閉症スペクトラム傾向高群と低群に振り分け、群ごとに注意に関する各変数と社交不安症状との相関分析を実施した。その結果、従来適応的な注意の向け方と考えられてきた「現場視点(自己注目の対照概念)」について、自閉症スペクトラム傾向高群のみにおいて社交不安症状と有意な正の相関を示した。したがって、自閉症スペクトラムの程度が高い場合、現場視点の機能が変わる可能性が示唆された。

  • ヴァーチャルリアリティを用いた社交不安者の視点取得に関する検討

    2019  

     View Summary

     本研究では、社交不安の維持要因である「観察者視点による自己注目(他者視点を用いて自己をネガティブに評価すること)」とスピーチ中の眼球運動との関連性を検討した。大学生34名を対象に、視線追跡装置を装着した上でスピーチ課題を実施し、スキャンパス(視線が泳ぐ程度)を測定した。また、質問紙を用いてスピーチ中における観察者視点の程度を測定した。その結果、両者の間には負の相関が示され、観察者視点を取るほどスキャンパスが短くなることが示唆された。以上より、今後の研究においてヴァーチャルリアリティ上で観察者視点を修正する訓練を行う際に、スキャンパスが訓練効果の指標として役立つ可能性が考えられた。

  • 社交不安症患者における自己注目と注意バイアスの時系列変化の解明

    2018  

     View Summary

     社交不安症患者を対象に実験を実施するための予備的研究として,大学生39名を対象にスピーチ中の視線の動きと脳活動を測定し,実験参加者の社交不安傾向とスピーチ中の自己注目,注意バイアスの関連性を検討した。そして,得られた研究成果を国際誌であるSocial cognitive and affective neuroscienceに投稿し,査読者からの回答をふまえて実験手続きを再考した。また,大学生30名を対象に,自己注目を低減させるための方法である注意訓練法(Wells, 2007)を実施し,介入によってスピーチ中の自己注目や注意バイアスがどのように変化するのかを検討した。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • 感情・人格心理学

    信州大学  

  • 心理演習

    早稲田大学  

  • 関係行政論

    早稲田大学  

  • 公認心理師の職責

    早稲田大学、実践女子大学  

  • 行動臨床科学研究法(心理学実験)

    早稲田大学  

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2021.04
    -
    Now

    日本認知・行動療法学会  研究推進委員

  • 2020.07
    -
    Now

    日本認知・行動療法学会  企画委員

  • 2018.09
    -
    Now

    日本認知・行動療法学会  教育・研修委員