2022/08/17 更新

写真a

カワシマ コウヘイ
川島 浩平
所属
スポーツ科学学術院 スポーツ科学部
職名
教授

兼担

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴

  •  
    -
    1992年

    ブラウン大学大学院   歴史・人類学研究科   アメリカ史  

  •  
    -
    1992年

    Brown University   Graduate School, Division of History and Anthropology   American history  

  •  
    -
    1985年

    筑波大学   第二学群   地域・比較文化  

  •  
    -
    1985年

    筑波大学  

学位

  • 文学博士

経歴

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   スポーツ科学部   教授   博士

  • 2003年
    -
     

    - 武蔵大学 教授

  • 2003年
    -
     

    - Musashi University, Professor

  • 1998年
    -
    2003年

    武蔵大学 助教授

  • 1998年
    -
    2003年

    武蔵大学

  • 1994年
    -
    1998年

    神田外語大学 講師

  • 1994年
    -
    1998年

    神田外語大学

  • 1992年
    -
    1994年

    共立女子大学 研究助手

  • 1992年
    -
    1994年

    共立女子大学

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    日本スポーツ人類学会

  •  
     
     

    西洋史学会

  •  
     
     

    アメリカ研究学会(American Studies Association)

  •  
     
     

    アメリカ史学会

  •  
     
     

    アメリカ史研究者学会 (Organization of America Historians)

  •  
     
     

    アメリカ歴史学会 (American Historical Association)

  •  
     
     

    歴史・人類学会

  •  
     
     

    アメリカ学会

  •  
     
     

    Japanese Association of Sport Anthropology

  •  
     
     

    The Historical Science Society of Japan

  •  
     
     

    Association of Western Histories

  •  
     
     

    American Studies Association

  •  
     
     

    The Society of American Historical Studies

  •  
     
     

    Organization of American Historians

  •  
     
     

    The American Historical Association

  •  
     
     

    The Association of History and Anthropology

  •  
     
     

    The Japanese Association of American Studies

▼全件表示

 

研究分野

  • 文化人類学、民俗学

  • 社会学

  • ヨーロッパ史、アメリカ史

  • スポーツ科学

研究キーワード

  • アスリート

  • アメリカ

  • 表象

  • 運動能力

  • メディア

  • ステレオタイプ

  • 人種

  • スポーツ

  • athlete

  • United States

  • America

  • representation

  • athletic ability

  • media

  • stereotype

  • race

  • sport

▼全件表示

論文

  • ハーレム・ルネサンスにおけるスポーツ言説―「黒人アスリートの時代」へのプレリュードとして―

    川島浩平

    多民族研究   13   10 - 29  2020年  [招待有り]

  • Introducing American Sports to Japan: Baseball, Basketball, and Football in the Meiji, Taisho, and Showa Eras (1868-1934),

    Kohei Kawashima

    Journal of Human and Cultural Sciences   42 ( 2 ) 113 - 130  2018年03月

    担当区分:筆頭著者

  • ’We will Try Again, Again, Again to Make It Bigger’--Japan, American Football, and the Super Bowl: Past, Present, and Future,

    Kohei Kawashima

    The International Journal of the History of Sport    2017年07月

  • Human genetic research, race, ethnicity and the labeling of populations: recommendations based on an interdisciplinary workshop in Japan

    Yasuko Takezawa, thers

    BMC Medical Ethics   15 ( 33 )  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    Background: A challenge in human genome research is how to describe the populations being studied. The use of improper and/or imprecise terms has the potential to both generate and reinforce prejudices and to diminish the clinical value of the research. The issue of population descriptors has not attracted enough academic attention outside North America and Europe. In January 2012, we held a two-day workshop, the first of its kind in Japan, to engage in interdisciplinary dialogue between scholars in the humanities, social sciences, medical sciences, and genetics to begin an ongoing discussion of the social and ethical issues associated with population descriptors. Discussion. Through the interdisciplinary dialogue, we confirmed that the issue of race, ethnicity and genetic research has not been extensively discussed in certain Asian communities and other regions. We have found, for example, the continued use of the problematic term, "Mongoloid" or continental terms such as "European," "African," and "Asian," as population descriptors in genetic studies. We, therefore, introduce guidelines for reporting human genetic studies aimed at scientists and researchers in these regions. Conclusion: We need to anticipate the various potential social and ethical problems entailed in population descriptors. Scientists have a social responsibility to convey their research findings outside of their communities as accurately as possible, and to consider how the public may perceive and respond to the descriptors that appear in research papers and media articles. © 2014 Takezawa et al.; licensee BioMed Central Ltd.

    DOI PubMed

  • 帝国日本における『黒人身体能力』との遭遇と人種・民族秩序の再編成

    川島浩平

    現代スポーツ評論   27 ( 27 ) 100 - 108  2012年

    CiNii

  • 日本社会における「黒人身体能力神話」の受容―「人種」/「黒人」という言葉・概念との遭遇とその習得を中心に―

    川島浩平

    人文学報   100 ( 100 ) 77 - 112  2011年

     概要を見る

    「黒人は固有の運動能力を有する」という意味での「黒人身体能力神話」を研究の対象とするにあたって,次の二つの立場を措定することがで、きる。第一は,「神話」の浸透を国際的な広がりをもつ現象として捉え,その起源と形成・普及の過程をグローパルな視点から解明しようとする立場である。第二は,「神話」の浸透におけるすぐれて日本的な状況に注目する立場である。ここで問われるべきは,「神話」の歴史性や時代的文脈におけるその性質であると同時に,否それ以上に,「量的」あるいは「比率的」な展開のありかたである。すなわち,グローパルな水準に照らし,「なぜ日本において,かくも無批判に『神話』が受容されるのか」である。本論は第二の立場に立ち,「神話」の日本における受容の過程を,「人種」/「黒人」という言葉・概念との遭遇とその習得を中心に解明することを目的とする。具体的な構成は以下の通りである。まず第一節にて,「黒人」,「身体能力」,「神話」などの主要概念に定義を与え,文献調査や意識調査の結果を紹介し,日米間の神話に対する意識や態度の差異の度合を明らかにする。第二節では,研究調査の方法論を詳述する。特に,アンケートと聞き取りの結果に基づいて設定した神話受容の過程を解明するために検討すべき4つの経験領域(1 実際の「黒人」との遭遇,2. 「人種」や「黒人」という言葉・概念との遭遇とその習得,3. これらの言葉・概念の公的教育カリキュラムによる学習. 4. 「神話」を支持するに至った契機と体験)の説明に力点を置く。第三節では,第一の経験領域に関してすでに発表した主要な分析結果を報告し,第四節では,第二の経験領域に関して具体的な分析を行う。最後にこの分析に続く作業を展望し,本研究調査の意義を指摘する。The image of the African American as a genetically-advantaged athlete prevails in Japanese society even today. According to a preliminary survey done at several universities in Japan, more than 90% of respondents (all Japanese university students) answered that African Americans are better athletes than European Americans-let alone the Japanese-and attributed the reason to biology or genetics. In other words, they still cling to the old stereotype of the innateness of African American athleticism. These results may surprise participants in the American intellectual community, where the problematics of such stereotypes have long been the subject of study and intervention. They are an unfortunate indication that in terms of knowledge and experience. Japanese attitudes toward the sensitive issue of racial differences are well behind those of their American counterparts, calling to mind racial attitudes in the era of Jesse Owens and Joe Louis. Following a summary of American/Japanese major differences in the respondents' attitudes toward race, this presentation analyzes why the Japanese answered in the way they did, and drawing on information derived from the replies of their American counterparts, searches for ways in which such attitudes can be shifted toward a more balanced perspective.

    DOI CiNii

  • 日本の小学校・中学校における『人種』・『黒人』観の形成と定着―学習指導の内容と知識の習得を中心に―

    川島浩平

    武蔵大学人文学会雑誌   42   127 - 154  2011年

    担当区分:筆頭著者

  • 「日本男子マラソンが金メダルにもっとも近づいた日」1928 年五輪アムステルダム大会マラソン競技における『人種』表象の考察にむけて

    川島浩平

    武蔵大学総合研究所紀要   20   236 - 256  2010年

    担当区分:筆頭著者

  • 黒人身体能力」に対するアメリカ人の認否のダイナミクス―「人種」/「黒人」という言葉・概念との遭遇とその習得を中心に―

    川島浩平

    武蔵大学総合研究所紀要   19   225 - 246  2009年

▼全件表示

書籍等出版物

  • スポーツ人類学 : グローバリゼーションと身体

    Besnier, Niko, Brownell, Susan, Carter, Thomas F., 川島, 浩平, 石井, 昌幸, 窪田, 暁, 松岡, 秀明

    共和国  2020年09月 ISBN: 9784907986650

  • スポーツの世界史

    坂上, 康博, 中房, 敏朗, 石井, 昌幸, 高嶋, 航( 担当範囲: 「第9章 アメリカ 「レベル・プレイングフィールド」を目指す限りなき挑戦」)

    一色出版,悠書館 (発売)  2018年09月 ISBN: 9784909383044

  • アメリカ文化事典

    アメリカ学会( 担当範囲: 第15章「スポーツ・レジャー・娯楽」)

    丸善出版  2018年01月 ISBN: 9784621302149

  • Touchdown: An American Obsession

    Kohei Kawashima( 担当: 共著,  担当範囲: Chapter 18 American Football in Japan)

    Great Barrington, MA: Berkshire, 2018  2018年

  • 「血」の政治学を越えて : hybridity

    川島, 浩平, 竹沢, 泰子, 岡村, 兵衛, 高, 美哿, 成田, 龍一, 菅野, 優香, 水谷, 智, Williams, Duncan Ryūken, 辛島, 理人, 李, 洪章, 工藤, 正子, Uehara Carter, Mitzi, 河口, 和也( 担当範囲: 「6章 アメリカスポーツ発展期における混血アスリートの人種意識」pp.191-220.)

    東京大学出版会  2016年09月 ISBN: 9784130541435

  • 21世紀スポーツ大事典 = Encyclopedia of modern sport

    中村, 敏雄, 高橋, 健夫, 寒川, 恒夫, 友添, 秀則( 担当範囲: 「アメリカにおけるスポーツとキリスト教」(pp.447-451)、「スポーツ能力と人種」(pp.913-919)、「アメリカスポーツ史」(pp.581-587)、「26 スポーツと人種」(pp.907-942))

    大修館書店  2015年01月 ISBN: 9784469062359

  • 新時代アメリカ社会を知るための60章

    大類, 久恵, 落合, 明子, 赤尾, 千波, 明石, 紀雄( 担当範囲: 「第1章 2012年オバマ再選―草の根運動に負けた風見鶏ロムニー」(pp.16-20)、「第24章 混血(マルチレイス)―人種の「終焉」か、「担保」か?」(pp.115-118)、「第27章 スポーツと人種―黒人身体能力神話の再検討へ」(pp.127-131)、「第34章 女性アスリート増加の光と影―スポーツとジェンダー」(pp.156-159))

    明石書店  2013年06月 ISBN: 9784750338323

  • 人種とスポーツ : 黒人は本当に「速く」「強い」のか

    川島, 浩平

    中央公論新社  2012年05月 ISBN: 9784121021632

  • 『人種の表象と社会的リアリティ』担当章題目「人種表象としての『黒人身体能力』―現代アメリカ社会におけるその意義・役割と変容をめぐって―」

    岩波書店  2009年

  • Racial Representations and Social Reality coauthor, in Japanese (writing one chapter titled “’Black Athleticism’ as a Racial Representation—How its Meaning and Role Transformed in Contemporary American Society—”).

    Tokyo: Iwanami Publishing Co.  2009年

  • 久保文明・有賀夏紀編『個人と国家のあいだ〈家族・団体・運動〉』

    ミネルヴァ書房  2007年 ISBN: 4623049477

  • アメリカスポーツと人種(ジョン・ホバマン著 翻訳)

    明石書店  2007年

  • Translation of John Hoberman, Darwin’s Athletes: How Sport Has Damaged Black America and Preserved the Myth of Race

    (Tokyo: Akashi Publishing Co.)  2007年

  • In-Between Nation and Individuals: Family, Organization, Movement, coauthor, in Japanese (writing one chapter titled “Basketball and the American Dream: The Foundation and Transformation of an American Sport Viewed from an Organizational Perspective”)

    (Kyoto: Minerva Publishing Co., 2007)  2007年 ISBN: 4623049477

  • 史料で読むアメリカ文化史5 アメリカ的価値観の変容1960年代―20世紀末(古矢旬編 共著)

    東京大学出版会  2006年 ISBN: 4130250450

  • American Clubs, co-author, in Japanese (writing one chapter titled “Boston Brahmins: Clubs in the Boston Upper Class”)

    (Tokyo: Yamakawa Publishing Co.)  2006年

  • Documentary History of American Culture Volume 5, co-author, in Japanese (writing one chapter titled “Race and Sports in America: From Muhammad Ali to Michael Jordan).

    (Tokyo: University of Tokyo Press)  2006年 ISBN: 4130250450

  • クラブが創った国アメリカ 結社の世界史5(共著)

    山川出版社  2005年 ISBN: 463444450X

  • スポーツにおける名誉・称号(共著)

    創文企画  2005年 ISBN: 4921164339

  • Honor and Title in Sports, co-author, in Japanese (writing one chapter titled “An American-Japanese Comparative Study of the Sense of Honor: The Glory of Olympic Athletes and Culture, Race, Power”)

    (Tokyo: Sobun-Kikaku Publishing Co.)  2005年

  • 人種とスポーツをめぐるアメリカの言説―黒人は天性のアスリートか?―

    教養としてのスポーツ人類学 大修館書店  2004年

  • Discourse on race and Sports in the US : Are Blacks Natural Athletes?

    Introduction to Sports Anthropology  2004年

  • 21世紀アメリカ社会を知るための67章

    明石書房  2002年

  • 都市コミュニティと階級・エスニシティーボストン・バックベイ地区の形成と変容、1850-1940

    御茶ノ水書房  2002年

  • 36 Chapters on 21st-Century American Society

    Akashi Publishing Co.  2002年

  • Class, Ethnicity and Urban Community : The Formation and Transformation of Boston's Back Bay ,1850-1940

    Ochanomizu Publishing Co.  2002年

  • キング牧師と人種統合-その夢と現実-

    武蔵大学公開講座叢書『時代を生きた人々』 御茶の水書房  2001年

  • Martin L. King, Jr. and Racial Integration : His Dream and Reality

    Open Lecture Series at Musashi University : People in History  2001年

  • 地図でよむアメリカ:歴史と現在 (共著)

    雄山閣出版  1999年

  • 「国民国家の形成と国立公文書館-アメリカ合衆国の場合-」

    『国民国家とアーカイブズ』日本図書センター  1999年

  • An Atlas of the United States : Past and Present

    1999年

  • "The Formation of the Nation State and the National Archives : the Case of the United States"

    The Nation State and the Archives  1999年

  • 現代アメリカ社会を知るための60章(共編著)

    明石書店  1998年

  • 60 Chapters on Contemporary American Society

    Akashi Publishing, Inc.  1998年

▼全件表示

Misc

  • 黒い肌の「異人種」との遭遇―「黒人身体能力神話」浸透度の文化的格差をさぐるための序論的考察として―

    川島浩平

    武蔵大学総合研究所紀要   18  2009年

  • 「黒人身体能力神話」浸透度の文化的格差をさぐる―概念規定と方法論を中心に―

    川島浩平

    武蔵大学人文学会雑誌   40 ( 4 )  2009年

  • Encountering a ‘Black-Skin Race’: A Prefatory Study for the Investigation of Cultural Differences in the Way the 'Myth of Black Athleticism' Has Infiltrated

    Kohei Kawashima

    Journal of Musashi University Research Center   18  2009年

  • 「黒人身体能力神話」浸透度の文化的格差をさぐる : 概念規定と方法論を中心に

    川島 浩平

    武蔵大学人文学会雑誌   40 ( 4 ) 1 - 29  2009年

    CiNii

  • ダーウィンズ・アスリーツのその後10年 ―――アメリカにおける人種とスポーツの間―――

    川島浩平

    スポーツ社会学研究   16   3 - 21  2008年

  • “Re-examining John Hoberman’s Analysis in Darwin’s Athletes of the Relationships between Race and Sports in American Culture".

    Kohei Kawashima

    Japanese Journal of Sport Sociology 16 (January 2008)   16  2008年

  • スポーツにおける人種差別を克服するために

    川島浩平

    体育科教育   55 ( 1 ) 46 - 49  2006年

  • 書評『Kathryn Jay - More than Just a Game』

    学鐙 丸善    2004年

  • 人種研究の対象としてのアメリカスポーツ ―黒人運動能力論争と日本人(アジア人)ステレオタイプの場合―

    武蔵大学人文学会雑誌   35-4, 111-148  2004年

  • American Sports as a Subject for "Race" Studies : The African American's Athletic Abilits and Stereotypes of Japanese (Asian) Athletes as Examples

    The Journal of Human and Cultural Sciences   35-4, 111-148  2004年

  • アメリカスポーツの今―「人種」への冷ややかで執拗な視線

    現代スポーツ評論   9  2003年

  • アメリカの「人種」論争と日本人アスリート

    力の意志   2003年11月号  2003年

  • American Sports of Today: A Critical but Persistent Look at "Race"

    Contemporary Sports Review   9  2003年

  • Controversies over "Race" in the United States and the Japanese Athlete

    The Will of Power   November  2003年

  • "Suzuki"から"Ichiro"へー2001年アメリカ・メジャーリーグ序盤戦における鈴木一郎(イチロー)とメディア報道

    武蔵大学人文学会雑誌   34-2   1 - 38  2002年

  • アメリカスポーツと人種ー日米両国における研究の動向と展望

    川島浩平

    武蔵大学人文学会雑誌   33-4, 125-152   101 - 128  2002年

    担当区分:筆頭著者

  • From "Suzuki" to "Ichiro" :The Seattle Mariners' Japanese Baseball Idol and Mass Media Reporting during the Early 2001 MLB season

    The Journal of Human and Cultural Sciences   34-2, 1-38  2002年

  • New Currents in American Sport Studeis and Japanese Scholarship -From a Perspective on Race and Ethnicity

    The Journal of Human and Cultural Sciences   33-4, 125-152  2002年

  • 通史記述の条件と可能性-1990年代におけるアメリカ史概説書邦語文献の場合

    アメリカ史研究   ( 23 ) 2 - 8  2000年

  • Review: Kathryn Jay - More than Just a Game

    Kohei Kawashima

    Gakuto Maruzen    2000年

  • A Review of American History Textbooks by Japanese Scholars Published during the 1990s

    Studies of American History   ( 23 ) 2 - 8  2000年

  • 世紀転換期ボストン社会の階級とジェンダー-階級間交流での女性の保守性に関する一考察-

    アメリカ研究   ( 32 )  1998年

  • The Social Conservatism of Boston's White Women in Inter-Class Interaction at the Turn of the Century

    The American Review   ( 32 )  1998年

  • 日本人高校生射殺事件と社会階級

    川島浩平

    神田外語大学紀要   ( 9 ) 27 - 46  1997年

  • The 1992 Murder of a Japanese High School Student and the Role of Social Class

    Journal of Kanda University of International Studies   ( 9 ) 27 - 46  1997年

  • 大衆文化の興隆とアメリカの統合-階級的視点からの一考察-

    川島浩平

    共立女子大学総合文化研究所年報   ( 1 ) 160 - 163  1995年

  • ボストンブラーミン,新興産業家層,バックベイコミュニティの形成

    神田外語大学紀要   ( 7 ) 83 - 99  1995年

  • The Rise of Popular Culture and the Integration of America : An Analysis from the perspective of Class

    Bulletin of Center for Interdisciplinary Studies of Science and Culture at Kyoritsu Women's University   ( 1 ) 160 - 163  1995年

  • The Boston Brachmins, the ┣DBNouveaux Riches(/)-┫DB, and the Formation of the Back Bay Community

    The Journal of Kanda University of International Studies   ( 7 ) 83 - 99  1995年

  • 公生活における旧家層(ブラーミン)と新興産業家層の融合-ボストンバックベイ地区の場合

    アメリカ研究英文ジャーナル   ( 5 ) 27 - 41  1994年

  • The Brahmins Encounter the Nouveaux Riches : An Analysis of their Mingling in the Public Lives of the Boston Elite

    Kohei Kawashima

    The Japanese Journal of American Studies   ( 5 ) 27 - 41  1994年

  • “Fighting Racism in Japan’s Sporting World,”

    Kohei Kawashima

    Physical Education Taishukan Publishing Co.   November ( 2006 )

▼全件表示

Works(作品等)

  • 基盤研究(C):アメリカ合衆国における黒人身体能力神話およびスポーツへの固執と対抗言説・戦略

    2008年
    -
    2012年

  • 「人種」としてのアフリカ系アメリカ人アスリート ―その実在性と表現・表象―

    2004年
    -
     

  • African American Athletes as a "Race" : Realities, Expressions, Representations

    2004年
    -
     

  • 人種の表象と表現

    2003年
    -
     

  • 「人種」の概念と実在性をめぐる学際的基礎研究

    2003年
    -
     

  • The Representation and Expression of Race

    2003年
    -
     

  • An Interdisciplinary and Basic Study of the Concept and Reality of "Race"

    2003年
    -
     

▼全件表示

受賞

  • 日本アメリカ学会清水博賞

    2003年  

  • The Shimizu Hiroshi Award by the Japanese Association of American Studies

    2003年  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • アメリカ合衆国における運動能力・身体能力の人種間格差に関する言説・表象とその社会的影響

    総合研究

    研究期間:

    2008年
    -
    2012年
     

     概要を見る

    1990年代はアメリカ合衆国の黒人アスリートの黄金時代といわれ、三大スポーツ(野球、アメフト、バスケ)や陸上競技において黒い肌の選手たちが圧倒的に優位な地位を築き上げた。この時代には、運動能力・身体能力の人種的格差に関する言説や表象がメディアを通じて社会に浸透し、多数の黒人青少年が、スポーツを成功のための唯一の道と信じ込み、他の進路に目もくれず、過度の情熱と努力を注ぎ込む一種の病理現象(スポーツ・フィグゼーション)をもたらしたとの告発が相次いだ。しかしその後の10年間に国際スポーツ界の勢力地図は徐々に塗り替えられ、プロ、アマのスポーツ空間において黒人アスリートは往年の地位を失いつつある。この研究は、人種間格差に関する言説や表象と、それがもたらした社会的影響のその後を追跡し、スポーツ界における以上のような変化の中で、支配的ステレオタイプに抵抗する人々の努力と経験を掘り起こすことを目的とする。

  • アメリカ合衆国における黒人身体能力神話およびスポーツへの固執と対抗言説・戦略

    科学研究費補助金

    研究期間:

    2008年
    -
    2012年
     

     概要を見る

    アフリカ系アメリカ人(以下黒人)というエスニック集団を構成する一人ひとりは、いうまでもなく、多様な文化的、社会的、経済的背景を負っている。同集団は、生い立ち、才能、能力を初めとして、学歴、収入と職業、階級などがそれぞれ異なる個人から構成されているわけである。にもかかわらず黒人は、一定の性質を共有する集団であるかの如く見なされることが多い。優れた運動能力は、そうした性質の最たるものである。本研究は、以上のような理解を踏まえて、次の二つを目的とする。第一に、アメリカ合衆国(以下合衆国)において、黒人というエスニック集団を運動能力・身体能力に秀でた人々として一括りにするステレオタイプが、いかに、そしてなぜ生成され、人々の認識に対する影響力を保持し、いかなる弊害をもたらしてきたかを分析すること、そして第二に、このようなステレオタイプへの対抗言説・戦略がいかなる規模と密度で構築・展開され、その有効性がいかなるものであるのかを究明することである。

  • 日米におけるスポーツと人種表象・意識に関する比較研究

    科学研究費補助金

    研究期間:

    2006年
    -
     
     

     概要を見る

    アフリカ系アメリカ人のスポーツ選手は、様々な文化的、社会的、経済的背景に育った人間であり、得意とする身体の技術や能力も異なっている。しかし日本において彼ら・彼女らは、「黒人」というカテゴリーでくくられ、一定の性質を共有する集団であるかのごとくみなされている。さらには、「陸上やバスケに強い」、「優れた瞬発力、跳躍力、身体能力」、「ウィンタースポーツが苦手」、「泳ぎが下手」などさまざまな印象や表象をパッケージとして背負い込まされ、視聴者や読者へと報道される。こうした印象や表象は、一見多様であるかに見えるが、それぞれの間には一定の関連が存在する。それが黒人アスリートという全体像を構成し、マスメディアを通じて流布され、言説が形成される。わが国において黒人は人種として確実に存在し、アスレティシズムがその認識の形成に果たす役割はきわめて大きい
    海外に目を向けると、社会科学や自然科学の学界における人種とアスレティシズムの関連をめぐる論争に、いやでも気づかされる。人種は存在するのか、アスレティシズムは人種に固有の性質か、それは遺伝するのかなど、かつてタブーとされた問題に異なる角度からメスが入れられている。人種とアスレティシズムの関連をめぐる言説は多重的な構造をなしており、その全貌を捉えるのは容易ではない。ステレオタイプを追認するナイーブな言説もあれば、それを批判する言説もある。しかし確かなのは、人種とアスレティシズムというテーマに、多くの学識者が熱い視線を向けているということである。
    本研究は、黒人アスリートの運動能力に対する意識や立場の、日米間にみられる格差を明らかにし、それらが形成される原因と過程を検討することを目的とする。

  • アメリカ合衆国における人種とスポーツ

    科学研究費補助金

    研究期間:

    2006年
    -
     
     

  • アメリカにおける黒人運動能力論争の歴史と現在

    その他の研究制度

    研究期間:

    2001年
    -
     
     

  • アメリカスポーツ報道における日本人ステレオイタプ

    その他の研究制度

    研究期間:

    2000年
    -
     
     

  • Sports and Race in the United States

    Grant-in-Aid for Scientific Research

    研究期間:

    1998年
    -
     
     

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Looking at “Superior” Black Athletes during the Era of White Supremacyin Search of the Origin of a Myth

    History Department Seminar at Georgia State University  

    発表年月: 2009年

  • Experiences of College Students and the Formation of Racial Discourses in Japan

    History Department Seminar at the University of Missouri Kansas City  

    発表年月: 2009年

  • “Searching the 1920s for Early Manifestations of a Myth: Fritz Pollard, Paul Robeson, and “Natural” Black Athleticism,”

    the North American Society for Sport History Annual Conference, Nashville, North Carolina  

    発表年月: 2009年

  • “’Demigods’ of the Pre-Myth Era: Athletic African American Men during the 1910s and 1920s,”

    the Japan Association for Sport Anthropology Annual Conference, Waseda University, Japan.  

    発表年月: 2009年

  • “Sports and ‘Race’: Pitfalls and Research Agenda regarding ‘Racial’ Interpretations of Athletic Ability,”

    a plenary lecture at the Japan Football Association Annual Conference, Musashi University, Japan.  

    発表年月: 2009年

  • “Reconstruction in the Representation of “Black” Athletes: Recent “Nature vs. Nurture” Controversy as a Context,”

    the 12th Kyoto University International Symposium “Changing Images of Race—Viewed from Representation—“ Kyoto University, Kyoto.  

    発表年月: 2008年

  • “Japanese Perspectives on the Myth of ‘Black’ (African American) Athleticism,”

    the North American Society for the Sociology of Sports Annual Conference, Denver, USA.  

    発表年月: 2008年

  • “The Globalization of American Sports Culture and the Myth of Black Athleticism,”

    the 43rd American Studies Association of Korea International Conference, Soul National University, Korea  

    発表年月: 2008年

  • “Representing ‘Black Athletes’ in Contemporary Sport Cinema,”

    5th World Congress of the International Sociology of Sport Association.  

    発表年月: 2008年

  • “Discourse and Representation on Racial Differences in Athletic Ability and their Influences in American Society: A Preliminary Study,”

    presentation at the 9th Annual Conference of the Japanese Association for the Anthropology of Sports  

    発表年月: 2008年

  • “John Hoberman’s Darwin’s Athletes and Racism in American Sports,”

    presenter for Workshop “Representations and Expressions of Race” at University of Kyoto, Institute of Human Sciences.  

    発表年月: 2007年

  • 「黒人」アスリートと運動・身体能力(athleticism)―日米の学生による表象・言説を手がかりとして―

    日本スポーツ人類学会月例会スポじんサロン  

    発表年月: 2006年

  • 日米における『黒人運動能力・身体能力(black athleticism)』表象

    京都大学人文科学研究科「人種研」研究会  

    発表年月: 2006年

  • AMERICAN SPORTS: AN EMERGING FIELD OF INTERNATIONAL INQUIRY

    アメリカ学会年次大会ワークショップA:Relocating "America"  

    発表年月: 2006年

  • see the Japanese pages

    see the Japanese pages  

▼全件表示

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2003年
    -
     

    -アメリカスポーツと人種についての研究に従事

  • 2003年
    -
     

    - Engaged in a study of sports and race in the United States

  • 1992年
    -
    2002年

    ボストン都市コミュニティについての研究に従事

  • 1992年
    -
    2002年

    Engaged in a study of urban communities in Boston, USA

  • 1994年
    -
    1995年

    アメリカ史学会  代表

  • 1994年
    -
     

    The Society of American Historical Studies  Chairman

▼全件表示