2022/11/28 更新

写真a

ハタケヤマ カン
畠山 歓
Scopus 論文情報  
論文数: 0  Citation: 0  h-index: 14

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
理工学術院 先進理工学部
職名
講師(任期付)

他学部・他研究科等兼任情報

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

学歴

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学   先進理工学研究科   先進理工学専攻  

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    早稲田大学   先進理工学研究科   応用化学専攻  

  • 2009年04月
    -
    2013年03月

    早稲田大学   先進理工学部   応用化学科  

  •  
    -
    2009年03月

    早稲田大学 高等学院  

学位

  • 博士(工学)

経歴

  • 2018年04月
    -
     

    早稲田大学   応用化学科   講師(任期付)

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    独立行政法人日本学術振興会 特別研究員DC1

  • 2017年01月
    -
    2017年03月

    テキサスA&M大学   Lutkenhaus' group   訪問研究員

  • 2015年03月
    -
    2015年05月

    Evonik Industries AG   インターンシップ

所属学協会

  •  
     
     

    有機合成化学協会

  •  
     
     

    高分子学会

  •  
     
     

    日本化学会

 

研究分野

  • 高分子化学

研究キーワード

  • リチウムイオン電池

  • 有機電気化学

  • 有機エレクトロニクス

  • マテリアルズ・インフォマティクス

  • 機能性高分子

  • 高分子化学

▼全件表示

論文

  • Accelerating charge/discharge of lithium iron phosphate by charge mediation reaction of poly(dimethylfluoflavin-substituted norbornene)

    Kan Hatakeyama-Sato, Choitsu Go, Takahiro Kaseyama, Takuji Yoshimoto, Kenichi Oyaizu

    Chemistry Letters    2022年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Exploration of organic superionic glassy conductors by process and materials informatics with lossless graph database

    Kan Hatakeyama-Sato, Momoka Umeki, Hiroki Adachi, Naoaki Kuwata, Gen Hasegawa, Kenichi Oyaizu

    npj Computational Materials   8 ( 1 )  2022年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

  • Automated Design of Li+‐Conducting Polymer by Quantum‐Inspired Annealing

    Kan Hatakeyama‐Sato, Hiroki Adachi, Momoka Umeki, Takahiro Kashikawa, Koichi Kimura, Kenichi Oyaizu

    Macromolecular Rapid Communications     2200385 - 2200385  2022年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

  • Quadruply fused aromatic heterocycles toward 4 V‐class robust organic cathode‐active materials

    Kan Hatakeyama-Sato, Choitsu Go, Tomoki Akahane, Takahiro Kaseyama, Takuji Yoshimoto, Kenichi Oyaizu

    Batteries & Supercaps    2022年04月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • A PROXYL‐Type Norbornene Polymer for High‐Voltage Cathodes in Lithium Batteries

    Kan Hatakeyama‐Sato, Satoshi Matsumoto, Hirofumi Takami, Tomomi Nagatsuka, Kenichi Oyaizu

    Macromolecular Rapid Communications   42 ( 19 ) 2100374 - 2100374  2021年10月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Generative Models for Extrapolation Prediction in Materials Informatics

    Kan Hatakeyama-Sato, Kenichi Oyaizu

    ACS Omega   6 ( 22 ) 14566 - 14574  2021年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Anomalous potential shifts of redox-active molecules in highly concentrated electrolytes

    Kan Hatakeyama-Sato, Satoshi Matsumoto, Ikuma Aida, Kenichi Oyaizu

    Chemistry Letters    2021年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

  • TEMPO‐Substituted Poly(ethylene sulfide) for Solid‐State Electro‐Chemical Charge Storage

    Kan Hatakeyama‐Sato, Hisato Wakamatsu, Satoshi Matsumoto, Karin Sadakuni, Koji Matsuoka, Tomomi Nagatsuka, Kenichi Oyaizu

    Macromolecular Rapid Communications   42 ( 4 ) 2000607 - 2000607  2021年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

    6
    被引用数
    (Scopus)
  • Tackling the Challenge of a Huge Materials Science Search Space with Quantum‐Inspired Annealing

    Kan Hatakeyama-Sato, Takahiro Kashikawa, Koichi Kimura, Kenichi Oyaizu

    Advanced Intelligent Systems   3 ( 4 ) 2000209 - 2000209  2021年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Reversible Reduction of the TEMPO Radical: One Step Closer to an All-Organic Redox Flow Battery

    Luke Wylie, Thomas Blesch, Rebecca Freeman, Kan Hatakeyama-Sato, Kenichi Oyaizu, Masahiro Yoshizawa-Fujita, Ekaterina I. Izgorodina

    ACS Sustainable Chemistry & Engineering   49 ( 49 ) 17988 - 17996  2020年12月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    14
    被引用数
    (Scopus)
  • Electrochemical Characterization and Thermodynamic Analysis of TEMPO Derivatives in Ionic Liquids

    Luke Wylie, Kan Hatakeyama-Sato, Choitsu Go, Kenichi Oyaizu, Ekaterina I. Izgorodina

    Physical Chemistry Chemical Physics   23 ( 17 ) 10205 - 10217  2020年12月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>In this study we investigate the reversibility of the reduction process of three TEMPO derivatives - TEMPOL, 4-cyano-TEMPO, and 4-oxo-TEMPO. The [C2mim][BF4] and [C4mpyr][OTf] ionic liquids (ILs) were used to...</p>

    DOI

  • Integrating multiple materials science projects in a single neural network

    Kan Hatakeyama-Sato, Kenichi Oyaizu

    Communications Materials   1 ( 1 ) article number: 49  2020年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    6
    被引用数
    (Scopus)
  • Charge-Transfer Complexes for Solid-State Li+ Conduction

    Kan Hatakeyama-Sato, Momoka Umeki, Toshiki Tezuka, Kenichi Oyaizu

    ACS Applied Electronic Materials   2 ( 7 ) 2211 - 2217  2020年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    6
    被引用数
    (Scopus)
  • Ultrafast Charge/Discharge by a 99.9% Conventional Lithium Iron Phosphate Electrode Containing 0.1% Redox-Active Fluoflavin Polymer

    Kan Hatakeyama-Sato, Tomoki Akahane, Choitsu Go, Takahiro Kaseyama, Takuji Yoshimoto, Kenichi Oyaizu

    ACS Energy Letters   5 ( 5 ) 1712 - 1717  2020年05月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    14
    被引用数
    (Scopus)
  • Metal‐Free, Solid‐State, Paperlike Rechargeable Batteries Consisting of Redox‐Active Polyethers

    Kan Hatakeyama‐Sato, Toshiki Tezuka, Rieka Ichinoi, Satoshi Matsumono, Karin Sadakuni, Kenichi Oyaizu

    ChemSusChem   13 ( 9 ) 2443 - 2448  2020年05月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    12
    被引用数
    (Scopus)
  • A Highly Flexible Yet >300 mAh cm −3 Energy Density Lithium‐Ion Battery Assembled with the Cathode of a Redox‐Active Polyether Binder

    Kan Hatakeyama-Sato, Ryusuke Mizukami, Takuma Serikawa, Kenichi Oyaizu, Hiroyuki Nishide

    Energy Technology   8 ( 3 ) 1901159 - 1901159  2020年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • AI-Assisted Exploration of Superionic Glass-Type Li+ Conductors with Aromatic Structures

    Kan Hatakeyama-Sato, Toshiki Tezuka, Momoka Umeki, Kenichi Oyaizu

    Journal of the American Chemical Society   142 ( 7 ) 3301 - 3305  2020年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    35
    被引用数
    (Scopus)
  • Facile synthesis of poly(glycidyl ether)s with ionic pendant groups by thiol-ene reactions

    Kan Hatakeyama-Sato, Satoshi Kimura, Satoshi Matsumoto, Kenichi Oyaizu

    Macromolecular Rapid Communications   2019   1900399  2019年10月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Nonconjugated Redox-Active Polymer Mediators for Rapid Electrocatalytic Charging of Lithium Metal Oxides

    Kan Hatakeyama-Sato, Tomomi Masui, Takuma Serikawa, Yusuke Sasaki, Wonsung Choi, Seok-Gwang Doo, Hiroyuki Nishide, Kenichi Oyaizu

    ACS Applied Energy Materials   2 ( 9 ) 6375 - 6382  2019年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    16
    被引用数
    (Scopus)
  • n-Type Redox-active Benzoylpyridinium-substituted Supramolecular Gel for an Organogel-based Rechargeable Device

    Kan Hatakeyama-Sato, Rieka Ichinoi, Yoshito Sasada, Yusuke Sasaki, Kenichi Oyaizu, Hiroyuki Nishide

    Chemistry Letters   48 ( 6 ) 555 - 557  2019年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Ultrathin and Stretchable Rechargeable Devices with Organic Polymer Nanosheets Conformable to Skin Surface

    Kan Hatakeyama‐Sato, Hisato Wakamatsu, Kento Yamagishi, Toshinori Fujie, Shinji Takeoka, Kenichi Oyaizu, Hiroyuki Nishide

    Small   15 ( 13 ) 1805296 - 1805296  2019年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    25
    被引用数
    (Scopus)
  • Hydrophilic Organic Redox-Active Polymer Nanoparticles for Higher Energy Density Flow Batteries

    Kan Hatakeyama-Sato, Takashi Nagano, Shiori Noguchi, Yota Sugai, Jie Du, Hiroyuki Nishide, Kenichi Oyaizu

    ACS Applied Polymer Materials   1 ( 2 ) 188 - 196  2019年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    23
    被引用数
    (Scopus)
  • Synthesis of Lithium-ion Conducting Polymers Designed by Machine Learning-based Prediction and Screening

    Kan Hatakeyama-Sato, Toshiki Tezuka, Yoshinori Nishikitani, Hiroyuki Nishide, Kenichi Oyaizu

    Chemistry Letters   48 ( 2 ) 130 - 132  2019年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    25
    被引用数
    (Scopus)
  • An Ultrahigh Output Rechargeable Electrode of a Hydrophilic Radical Polymer/Nanocarbon Hybrid with an Exceptionally Large Current Density beyond 1 A cm−2

    Kan Hatakeyama-Sato, Hisato Wakamatsu, Ryu Katagiri, Kenichi Oyaizu, Hiroyuki Nishide

    Advanced Materials   30 ( 26 ) e1800900  2018年06月  [査読有り]

     概要を見る

    Facile charge transport by a hydrophilic organic radical-substituted polymer and the 3D current collection by a self-assembled mesh of single-walled carbon nanotube bundles lead to the operation of an ultrahigh-output rechargeable electrode. Exceptionally large current density beyond 1 A cm−2 and high areal capacity around 3 mAh cm−2 are achieved, which are 101−2 times larger than those of the previously reported so-called “ultrafast electrodes.” A sub-millimeter-thick, flexible, highly safe organic redox polymer-based rechargeable device with an aqueous sodium chloride electrolyte is fabricated to demonstrate the superior performance.

    DOI

    Scopus

    57
    被引用数
    (Scopus)
  • Diffusion-Cooperative Model for Charge Transport by Redox-Active Nonconjugated Polymers

    Kan Sato, Rieka Ichinoi, Ryusuke Mizukami, Takuma Serikawa, Yusuke Sasaki, Jodie Lutkenhaus, Hiroyuki Nishide, Kenichi Oyaizu

    Journal of the American Chemical Society   140 ( 3 ) 1049 - 1056  2018年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Charge transport processes in nonconjugated redox-active polymers with electrolytes were studied using a diffusion-cooperative model. For the first time, we quantitatively rationalized that the limited Brownian motion of the redox centers bound to the polymers resulted in the 103-4-fold decline of the bimolecular and heterogeneous charge transfer rate constants, which had been unexplained for half a century. As a next-generation design, a redox-active supramolecular system with high physical mobility was proposed to achieve the rate constant as high as in free solution system (&gt
    107 M-1 s-1) and populated site density (&gt
    1 mol/L).

    DOI

    Scopus

    82
    被引用数
    (Scopus)
  • Command Surface of Self-Organizing Structures by Radical Polymers with Cooperative Redox Reactivity

    Kan Sato, Takahiro Mizuma, Hiroyuki Nishide, Kenichi Oyaizu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   139 ( 39 ) 13600 - 13603  2017年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Robust radical-substituted polymers with ideal redox capability were used as "command surfaces" for liquid crystal orientation. The alignment of the smectic liquid crystal electrolytes with low-dimensional ion conduction pathways was reversible and readily switched hi response to the redox states of the polymers. In one example, a charge storage device with a cooperative redox effect was fabricated. The bulk ionic conductivity of the cell was significantly decreased only after the electrode was fully charged, due to the anisotropic ionic conductivity of the electrolytes (ratio &gt;10(3)). The switching enabled both a rapid cell response and long charge retention. Such a cooperative Command surface of-self-assembled structures Will give rise to new highly energy efficient supramolecular-based devices including batteries, charge carriers, and actuators.

    DOI

    Scopus

    12
    被引用数
    (Scopus)
  • Grafted radical polymer brush for surface-driven switching of chiral nematic liquid crystals

    Kan Sato, Takaaki Yamasaki, Hiroyuki Nishide, Kenichi Oyaizu

    POLYMER JOURNAL   49 ( 10 ) 691 - 693  2017年10月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    6
    被引用数
    (Scopus)
  • Totally Organic-based Bendable Rechargeable Devices Composed of Hydrophilic Redox Polymers and Aqueous Electrolyte

    Kan Sato, Ryu Katagiri, Natsuru Chikushi, Subin Lee, Kenichi Oyaizu, Jae-Suk Lee, Hiroyuki Nishide

    CHEMISTRY LETTERS   46 ( 5 ) 693 - 694  2017年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Totally organic polymer-based, submillimeter-thick, bendable rechargeable devices were fabricated using hydrophilic polymers as electrode-active materials and brine as the electrolyte. The rapid and reversible electrochemical reactions of the polymers enabled quick charging within minutes, long life, and a moderate operation voltage of more than 1V. Quantitative discharge was achieved even when the devices were in a bent state with a radius of curvature of 1 mm.

    DOI

    Scopus

    6
    被引用数
    (Scopus)
  • Low-Cost, Organic Light-Emitting Electrochemical Cells with Mass-Producible Nanoimprinted Substrates Made Using Roll-to-Roll Methods

    Kan Sato, Soichi Uchida, Shigetaka Toriyama, Suzushi Nishimura, Kenichi Oyaizu, Hiroyuki Nishide, Yoshinori Nishikitani

    ADVANCED MATERIALS TECHNOLOGIES   2 ( 5 ) 1600293  2017年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Next-generation, power-efficient organic lighting systems, which ideally would be low-cost and mass-producible, are urgently needed because more than 20% of total electricity use goes to lighting. This study presents polymer light-emitting electrochemical cells (PLECs) made using mass-producible nanoimprinted corrugated substrates, which effectively improve light extraction efficiency. The corrugated substrates are fabricated using roll-to-roll methods, using self-assembled block copolymers on glass and film substrates (glass: 0.45 m x 0.55 m, film: 0.6 m wide). Using the glass-type corrugated substrates, two PLECs based on (poly[2-methoxy-5-(2-ethylhexyloxy)-1,4-phenylene vinylene]) and (super-yellow poly(p-phenylene vinylene)) (SY-PPV) are fabricated by solution-based spin-coating methods, which can in practice be replaced by roll-to-roll methods. The corrugated PLECs with SY-PPV show high brightness of 1740 cd cm(-2) and 2.1 times greater efficiency without changing the original spectrum or angular dependence. This successful combination of corrugated substrates and PLECs is one of the best examples of a promising cost-effective, high-performance lighting technology.

    DOI

    Scopus

    33
    被引用数
    (Scopus)
  • Synthesis of Dimethyl-Substituted Polyviologen and Control of Charge Transport in Electrodes for High-Resolution Electrochromic Displays

    Kan Sato, Ryusuke Mizukami, Takahiro Mizuma, Hiroyuki Nishide, Kenichi Oyaizu

    POLYMERS   9 ( 3 ) 86  2017年03月  [査読有り]

     概要を見る

    Electrochromic (EC) polymers such as polyviologens have been attracting considerable attention as wet-processable electrodes for EC displays, thanks to their brilliant color change accompanied with reversible redox reactions. To establish wider usage, achieving multicolor and high-resolution characteristics is indispensable. In this paper, we demonstrated that the introduction of substituents such as methyl groups into bipyridine units changed the stereostructure of the cation radicals, and thus shifted the color (e.g., ordinary purple to blue). Also, by relaxing excessive pi-stacking between the viologen moieties, the response rate was improved by a factor of more than 10. The controlled charge transport throughout the polyviologen layer gave rise to the fabrication of EC displays which are potentially suitable for the thin film transistor (TFT) substrate as the counter electrodes with submillimeter pixels. The findings can be versatilely used for the new design of polyviologens with enhanced electrochemical properties and high-resolution, multicolor EC displays.

    DOI

    Scopus

    8
    被引用数
    (Scopus)
  • Metallopolyyne polymers with ferrocenyl pendant ligands as cathode active materials for organic battery application

    Zhengong Meng, Kan Sato, Takashi Sukegawa, Kenichi Oyaizu, Cheuk-Lam Ho, Jing Xiang, Ying-Hsuan Feng, Yih Hsing Lo, Hiroyuki Nishide, Wai-Yeung Wong

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   812   51 - 55  2016年06月  [査読有り]

     概要を見る

    Two bis(acetylide)-functionalized platinum(II) polymers containing ferrocenyl pendant ligands, trans[(-Pt(PBu3n)(2)-C CRC C-)(n) P1 (R = 9-ferrocenylmethylene-2,7-diethynylfluorene) and P2 (R = ferrocenylmethylene-2,5-diethynylbenzene), were prepared in good yields and were characterized by NMR spectroscopy and GPC. Electrochemical characteristics with copolymers P1 and P2 as the cathode active materials for rechargeable lithium batteries showed chemical and electrochemical reversibility. The thin layer polymer electrodes of P1 and P2 exhibited reversible redox peaks at the potentials of 0.54 and 0.64 V (vs. Ag/AgCl), respectively. The P1 or P2/carbon composites are also used as cathode-active materials to enhance the conductivity and durability. The electrodes exhibited good cycle life of over 50 charging/discharging cycles and no reversible n-type redox abilities seemed to be available. (C) 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

    Scopus

    21
    被引用数
    (Scopus)
  • Synthesis and Charge-Discharge Properties of Organometallic Copolymers of Ferrocene and Triphenylamine as Cathode Active Materials for Organic-Battery Applications

    Jing Xiang, Kan Sato, Hiroshi Tokue, Kenichi Oyaizu, Cheuk-Lam Ho, Hiroyuki Nishide, Wai-Yeung Wong, Mingdeng Wei

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   2016 ( 7 ) 1030 - 1035  2016年03月  [査読有り]

     概要を見る

    Two new organometallic copolymers (PVFVM1 and PVFVM1-1) bearing different molar ratios of ferrocene and triphenylamine pendants were successfully designed and synthesized as cathode active materials for organic-battery applications. Their structural and thermal characteristics were determined by H-1 NMR spectroscopy, Fourier transform infrared (FTIR) spectroscopy, size exclusion chromatography (SEC), and thermogravimetric analysis (TGA). Cyclic voltammograms of the as-prepared polymers show that the electrochemical reactions of the ferrocene and triphenylamine moieties are reversible after the first cycle. A composite electrode based on copolymer PVFVM1 exhibits an initial specific discharge capacity of 102 mAhg(-1), which corresponds to 98% of its theoretical capacity (104 mAhg(-1)). The cycle endurances for both polymers have been evaluated for over 50 cycles. Our results show that both copolymers are good candidates as a new class of cathode active materials and charge-storage materials for rechargeable batteries.

    DOI

    Scopus

    28
    被引用数
    (Scopus)
  • Dynamic switching of ionic conductivity by cooperative interaction of polyviologen and liquid crystals for efficient charge storage

    Kan Sato, Takaaki Yamasaki, Takahiro Mizuma, Kenichi Oyaizu, Hiroyuki Nishide

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY A   4 ( 9 ) 3249 - 3252  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    The ionic conductivity of a liquid crystal electrolyte was switched along with redox reactions of polyviologen. The surface charge of the polymer determined the alignment and the bulk conductivity of the electrolyte. The cooperative switching firstly enabled the suppression of self-discharging and quick-response, giving rise to facile and persistent charge storage.

    DOI

    Scopus

    13
    被引用数
    (Scopus)
  • Synthesis of Poly(TEMPO-Substituted Glycidyl Ether) by Utilizing t-BuOK/18-Crown-6 for an Organic Cathode-Active Material

    Kan Sato, Takashi Sukegawa, Kenichi Oyaizu, Hiroyuki Nishide

    MACROMOLECULAR SYMPOSIA   351 ( 1 ) 90 - 96  2015年05月  [査読有り]

     概要を見る

    A nitroxide radical-substituted polyether, poly(TEMPO-substituted glycidyl ether) (PTGE), was synthesized using a potassium tert-butoxide/18-crown-6 initiator. The presence of 18-crown-6 effected significant improvement in the reactivity of the chain end, thus allowing the polymerization to proceed at moderate temperatures to suppress the deactivation of the pendant nitroxide group. A high molecular-weight polyether with a theoretical radical concentration was first obtained in high yield. Charging and discharging cyclability was much improved by cross-linking, which helped the electrode-active material stay on a current collector during the electrolysis. The polymer/vapor-grown carbon nanofiber composite electrode exhibited a redox capacity comparable to the formula weight-based theoretical density over 10(3) cycles and fast charging/discharging capability up to a rate of 60C which corresponded to full charging and discharging in 60s. The redox capacity was almost maintained for a composite layer with a remarkably high polymer ratio of 90%, which demonstrated the presence of effective percolation network of the carbon nanofiber due likely to the affinity of the polyether to the carbon material.

    DOI

    Scopus

    15
    被引用数
    (Scopus)
  • Efficient charge transport of a radical polyether/SWCNT composite electrode for an organic radical battery with high charge-storage density

    Takashi Sukegawa, Kan Sato, Kenichi Oyaizu, Hiroyuki Nishide

    RSC ADVANCES   5 ( 20 ) 15448 - 15452  2015年  [査読有り]

     概要を見る

    A crosslinked poly(4-glycidyloxy TEMPO) was synthesized via anionic ring-opening copolymerization of 4-glycidyloxy TEMPO and a diglycidyl ether using a pentaerythritol/phosphazene base initiator. A fast and reversible charge storage capability was established for the polyether/SWCNT composite layer with a large layer thickness of several tens of micrometres, despite the low SWCNT content of 10% which was much closer to the percolation limit than the amount required for the previously reported TEMPO-substituted polymethacrylate.

    DOI

    Scopus

    43
    被引用数
    (Scopus)

▼全件表示

Misc

  • 機能性有機材料の探索のための機械学習とデジタルアニーラの活用事例

    畠山 歓, 柏川 貴弘, 木村 浩一

    オペレーションズ・リサーチ学会   67 ( 6 ) 305  2022年06月  [招待有り]

  • Quantum circuit learning to predict experimental chemical properties

    Kan Hatakeyama-Sato, Yasuhiko Igarashi, Takahiro Kashikawa, Koichi Kimura, Kenichi Oyaizu

    ChemRxiv    2022年05月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    DOI

  • Automated design of Li+-conducting polymer by quantum-inspired annealing

    Kan Hatakeyama-Sato, Hiroki Adachi, Momoka Umeki, Takahiro Kashikawa, Koichi Kimura, Kenichi Oyaizu

       2022年04月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    DOI

  • Exploration of organic superionic glassy conductors by process and materials informatics with lossless graph database

    Kan Hatakeyama-Sato, Momoka Umeki, Hiroki Adachi, Naoaki Kuwata, Gen Hasegawa, Kenichi Oyaizu

       2022年01月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    DOI

  • 単一モデルによる多彩な材料科学データの学習技術

    畠山 歓

    マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例     156 - 166  2021年07月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

    記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 材料科学における機械学習の利用と課題

    畠山 歓

    日本神経回路学会誌   28 ( 1 ) 20 - 47  2021年04月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • A Generative Model for Extrapolation Prediction in Materials Informatics

    Kan Hatakeyama-Sato, Kenichi Oyaizu

      arXiv:2103.00157  2021年02月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • AIを使った新規Li+伝導性ポリマーの探索

    畠山 歓

    化学と工業   73 ( 12 ) 949 - 949  2020年12月

    担当区分:筆頭著者

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • AIを活用した新規イオン伝導性高分子の探索と開発

    畠山 歓, 小柳津 研一

    機能材料   ( 11 ) 33  2020年11月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 機械学習によるLi+/電子伝導性ポリマーの探索

    畠山 歓

    高分子   69 ( 6 ) 288 - 289  2020年06月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 酸化還元活性な高分子による集合組織の動的制御

    佐藤 歓, 小柳津 研一

    化学   73   68  2018年02月

▼全件表示

産業財産権

  • レドックスフロー電池システム

    北川 寛, 中村 健二, 世登 裕明, 中島 敦士, 小柳津 研一, 畠山 歓, 菅井 陽太

    特許権

  • 正極材および蓄電デバイス

    佐藤 康司, 小柳津 研一, 朝野 剛, 松岡 孝司, 永塚 智三, 畠山 歓, 西出 宏之

    特許権

  • ポリマー、電極活物質及び二次電池

    小柳津 研一, 西出 宏之, 畠山 歓, 鈴木 美結, 赤羽 智紀, 忰山 高大

    特許権

Works(作品等)

受賞

  • 里見賞

    2022年09月   里見奨学会   量子ゲート型コンピュータを用いた機械学習と有機機能材料の物性予測  

  • 高分子研究奨励賞

    2022年03月   公益社団法人 高分子学会   インフォマティクスを活用した機能性高分子の設計と電荷貯蔵デバイスでの実証  

    受賞者: 畠山 歓

  • 里見賞

    2021年09月   里見奨学会   量子機械学習による実践材料探索に向けた基礎学理の究明  

  • 若手研究者奨励賞

    2021年03月   早稲田大学 理工学術院総合研究所  

    受賞者: 畠山 歓

  • 里見賞

    2020年09月   里見奨学会   実験者の暗黙知を織り込んだ機械学習に基づく機能性有機材料の効率探索  

    受賞者: 畠山 歓

  • 広報委員会パブリシティ賞

    2019年09月   高分子学会   深層学習に基づくイオン・電子伝導性高分子の高精度物性予測  

    受賞者: 畠山 歓

  • 里見賞

    2019年09月   里見奨学会   グラフ構造データの深層学習に基づく電子機能性高分子の超高速探索と合成  

    受賞者: 畠山 歓

  • ハイライト講演に選定

    2019年03月   日本化学会   Synthesis of Lithium-ion conducting polyethers assisted by machine learning  

    受賞者: Kan Hatakeyama-Sato, Toshiki Tezuka, Yoshinori Nishikitani, Hiroyuki Nishide, Kenichi Oyaizu

  • 水野賞

    2018年03月   早稲田大学   ラジカルポリマーにおける電荷輸送の高速化と充放電デバイスへの応用  

    受賞者: 佐藤 歓

  • 若手優秀発表賞

    2016年06月   繊維学会   ラジカルポリマー/SWNT 複合電極の作製と全有機二次電池への適用  

    受賞者: 佐藤 歓

  • Best Technology Award

    2014年08月   Teco Green Tech Contest  

  • 島﨑和雄褒賞

    2013年03月   早稲田大学  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • プロセスに強いMIの創出と複合機能材料での実践

    科学技術振興機構 (JST)  創発的研究支援事業

    研究期間:

    2022年04月
    -
    2029年03月
     

  • 教師無し深層学習による革新有機材料の自動探索

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2025年03月
     

  • 特異的作用場としての芳香族高分子による塩の非晶・超イオン伝導化

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)

    研究期間:

    2022年04月
    -
    2024年03月
     

    畠山 歓

  • 2022年度探索研究テーマ(有機レドックス材料の探索)

    早稲田-ENEOS包括連携

    研究期間:

    2022年06月
    -
    2023年03月
     

  • デジタルアニーラの材料探索への応用に関する共同研究

    富士通 

    研究期間:

    2022年04月
    -
    2023年03月
     

  • ガラス状高分子イオン伝導体のダイナミクス解明と超イオン伝導化

    科学研究費助成事業  新学術領域(公募研究)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2022年03月
     

  • 量子機械学習による実践材料探索に向けた基礎学理の究明

    公益財団法人里見奨学会 研究助成

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

  • 実験者の暗黙知を織り込んだ機械学習に基づく機能性有機材料の効率探索

    公益財団法人里見奨学会  研究助成

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2021年03月
     

  • 量子コンピューティングによる有機材料の最適構造の高速探索システムの概念実証

    早稲田大学理工学術院総合研究所  若手研究者支援事業アーリーバード

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2021年03月
     

  • データ科学を援用した高出力オールプラスチック二次電池の創出

    科学研究費助成事業  若手研究

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2021年03月
     

  • 実験情報のグラフ構造化と深層学習に立脚した材料物性の汎用予測システム

    電通国際情報サービス(ISID)  研究助成金

    研究期間:

    2019年12月
    -
    2020年11月
     

  • デジタルアニーラの材料探索への応用に関する研究

    富士通研究所  共同研究

    研究期間:

    2020年04月
    -
     
     

  • 有機・無機ハイブリッド高分子の深層学習と精密合成に基づく革新機能の創出

    公益財団法人みずほ学術振興財団  第63回工学研究助成

    研究期間:

    2020年04月
    -
     
     

  • グラフ構造データの深層学習に基づく電子機能性高分子の超高速探索と合成

    公益財団法人里見奨学会  研究助成

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

  • 統計的機械学習に基づく電子機能性高分子の設計と合成

    早稲田大学理工学術院総合研究所  若手研究者支援事業アーリーバード

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

  • 電子とイオンを高速輸送・貯蔵する高分子固体の創製

    科学研究費助成事業  研究活動スタートアップ支援

    研究期間:

    2018年08月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    本研究は、固体条件で電子・イオンを輸送・貯蔵可能な高分子の新規開拓と、その電気化学特性の解明を目的とする。当初の研究計画に従い、主鎖・側鎖に脂肪族エーテル、酸化還元席として2,2,6,6-テトラメチルピペリジン 1-オキシル(TEMPO)やビオロゲンを導入した酸化還元活性ポリマーを精密合成した。一連のポリマーは高分子固体条件においても迅速かつ高速に酸化還元可能であり、電子・イオン双方の輸送能を有することを明らかにした。電子伝導性の更なる向上のため、単層カーボンナノチューブとのナノ複合体も作成した。電極の大規模・均質成膜が成果集積のボトルネックと判断し、研究計画を前倒しして全自動の塗工装置を導入した。成膜した電極は新規に合成したポリイミダゾリウム系電解質フィルムと積層することで全固体有機二次電池として動作実証・評価した。"ソフト"な性質を有するポリマー電極の伸縮耐性にも着眼し、完全にストレッチャブルな部材からなる二次電池も世界で初めて報告した。試作電池の総厚はわずか1μm程度と極めて薄く、皮膚に直接密着して貼り付け可能なバイオセンサ等、全く新しい用途での電池利用が期待出来る。ナノ繊維としての超分子ネットワークを形成する酸化還元活性分子も新規に合成し、超分子ゲルからなる全有機二次電池も試作、その電気化学過程を明らかにした。高分子固体の伝導度を高精度で予測するための方法論として、機械学習モデルの利用も新規に検討した。実験情報を精確に記述可能なデータベース・モデルの適用により、低分子添加剤等を含む複雑な混合状態においても、その伝導度を高精度で予測可能なことを明らかにした。一連の成果はアメリカ化学会等の学術誌や国内外の学会での口頭発表にて報告した。平成30年度が最終年度であるため、記入しない。平成30年度が最終年度であるため、記入しない

  • レドックス活性ポリエーテルに関する研究

    ENEOS  共同研究

    研究期間:

    2019年04月
    -
     
     

  • レドックス活性ポリエーテルを正極に複合した全固体リチウム電池

    早大理工総研-JXTGエネルギーFS研究助成 

    研究期間:

    2018年07月
    -
    2019年03月
     

  • ラジカルポリマーの酸化還元を利用した集合組織の動的配向制御

    科学研究費助成事業  特別研究員(DC1)

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 実験データ駆動型の情報科学による有機イオン伝導体の物性予測

    畠山 歓  [招待有り]

    イオン液体研究会 イオン液体の構造と物性予測のデータ解析技術  

    発表年月: 2022年09月

  • プロセス・インフォマティクスを活用した ガラス状リチウムイオン伝導性ポリマーの 合成と検証

    畠山 歓, 足立 裕樹, 小柳津 研一

    第71回高分子討論会  

    発表年月: 2022年09月

  • Exploring mechanisms and processes of electrically conducting polymers by materials informatics with graph databases

    Kan Hatakeyama-Sato, Kenichi Oyaizu  [招待有り]

    IUMRS-ICYRAM2022  

    発表年月: 2022年08月

  • マテリアルズ・インフォマティクスを活用したポリフェニレンエ ーテル系固体電解質の製法・構造・物性の相関解明

    畠山 歓, 梅木 桃花, 足立 裕樹, 小柳津 研一

    日本化学会第102春季年会  

    発表年月: 2022年03月

  • Organic Solid-state Ionic conductors Consisting of Charge-transfer Complexes and Lithium Salts

    Kan Hatakeyama-Sato  [招待有り]

    71st Conference of Japan Society of Coordination Chemistry  

    発表年月: 2021年09月

  • 教師無し機械学習と 量子アニーリング技術を用いた分子設計システム

    畠山 歓, 梅木 桃花, 足立 裕樹, 柏川 貴弘, 木村 浩一, 小柳津 研一

    第70回高分子討論会  

    発表年月: 2021年09月

  • 高分子の多彩なプロセス・構造・物性情報を一括で処理可能なAI 技術の検討

    畠山 歓  [招待有り]

    日本レオロジー学会 高分子加工技術研究会 第93回例会  

    発表年月: 2021年07月

  • 電荷移動錯体からなるリチウムイオン伝導体の作製と伝導機構の解明

    畠山 歓  [招待有り]

    日本化学会第101春季年会 新学術領域研究「蓄電固体界面科学」成果報告会  

    発表年月: 2021年03月

  • 小規模な実験データベースの機械学習に基づく有機分子の物性の外挿予測モデルの構築

    畠山 歓, 小柳津 研一

    日本化学会第101回春季年会  

    発表年月: 2021年03月

  • グラフニューラルネットワークを用いた 種々の材料物性データベースの同時学習

    畠山 歓  [招待有り]

    2021年応物春季学術講演会  

    発表年月: 2021年03月

  • Machine learning-assisted exploration of glassy organic electrolytes for solid-state lithium-ion batteries

    Kan Hatakeyama-Sato  [招待有り]

    45th International Conference and Expo on Advanced Ceramics and Composites (ICACC2021)  

    発表年月: 2021年02月

    開催年月:
    2021年02月
    -
     
  • 深層学習に基づくイオン・電子伝導性高分子の高精度な物性予測

    畠山歓  [招待有り]

    高分子学会 ポリマーフロンティア21  

    発表年月: 2020年11月

  • 量子アニーリングと機械学習に基づく機能性高分子の探索システム

    畠山 歓, 梅木 桃花, 小柳津 研一

    第69回高分子討論会  

    発表年月: 2020年09月

  • 機械学習を使った機能性高分子の探索

    畠山歓  [招待有り]

    高分子学会 若手の会 サマーキャンプ  

    発表年月: 2020年08月

  • 深層学習に基づくイオン・電子伝導性高分子の高精度物性予測

    畠山歓, 手塚稔季, 木村聡, 小柳津研一

    第68回高分子討論会  

    発表年月: 2019年09月

  • Radical polymer/carbon nanotube hybrids for ultra-thin, stretchable, and solid-state batteries

    Kan Hatakeyama-Sato, Satoshi Matsumoto, Toshiki Tezuka, Hiroyuki Nishide, Kenichi Oyaizu

    Organic Battery Days 2019  

    発表年月: 2019年06月

  • レドックス活性ポリエーテルを用いたオールプラスチック二次電池

    畠山歓, 松本悟史, 小柳津研一

    第68回高分子学会年次大会  

    発表年月: 2019年06月

  • "Synthesis of Lithium-ion conducting polyethers assisted by machine learning"

    Kan Hatakeyama-Sato, Toshiki Tezuka, Yoshinori Nishikitani, Hiroyuki, Nishide, Kenichi Oyaizu

    日本化学会第99回春季年会  

    発表年月: 2019年03月

  • TEMPO 置換ポリマーを用いたストレッチャブル・全固体有機二次電池

    畠山歓, 西出宏之, 小柳津研一

    第67回高分子討論会   高分子学会  

    発表年月: 2018年09月

  • Facile charge transport in a radical polymer/SWNT hybrid providing a high current density over 1 A/cm2

    Kan Hatakeyama-Sato, Hisato Wakamatsu, Hiroyuki Nishide, Kenichi Oyaizu  [招待有り]

    Organic battery days   (天津) 

    発表年月: 2018年06月

  • TEMPO置換ポリマー/カーボンナノチューブ電極からなる全有機フレキシブル二次電池

    佐藤歓, 西出宏之, 小柳津研一

    第66回高分子討論会  

    発表年月: 2017年09月

  • Physical Diffusion-cooperated Redox Mediation by Non-conjugated Organic Polymers and Macromolecular Complexes

    Kan Sato, Hiroyuki Nishide, Kenichi Oyaizu

    17th IUPAC International Symposium on MacroMolecular Complexes  

    発表年月: 2017年08月

  • ラジカルポリマーの酸化還元によるスメクチック液晶電解液の協同的な配向スイッチング

    佐藤歓, 西出宏之, 小柳津研一

    第66回高分子学会年次大会  

    発表年月: 2017年05月

  • Charge transport kinetics in a robust radical-substituted polymer/nanocarbon composite electrode

    Kan Sato, Kenichi Oyaizu, Hiroyuki Nishide

    APS March Meeting 2017  

    発表年月: 2017年03月

▼全件表示

学内研究費(特定課題)

  • 深層強化学習を用いたイオン伝導性高分子の仮想探索と実験実証

    2021年   小柳津 研一

     概要を見る

    機械学習を活用した実践的な分子設計の手法確立を最終目標に、深層強化学習アルゴリズムによるイオン伝導性高分子の新規創出に取り組んだ。教師有り機械学習を用い、分子構造から実測のイオン伝導度を予測するモデルを構築した後、当該物性を高める分子構造を深層強化学習によって仮想探索した。合成難度や各種安定性を始めとする実践的な抽出指標を組み込むため、教師無し機械学習による探索ポテンシャルの自動構築も検討した。仮想探索された高分子は実際に有機合成し、伝導体として予想に近い物性を発揮することを明らかにした。本成果は高分子討論会(2021年秋)で発表したほか、査読付き学術論文誌に投稿した。

  • 酸化還元活性な高分子と無機酸化物界面の精密設計に基づく高速電荷輸送と貯蔵

    2020年   小柳津研一

     概要を見る

    可逆な酸化還元活性を示す2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシルラジカルやフルオフラビンを側鎖に高密度で導入した高分子群を新規に合成した。リン酸鉄リチウムなどと複合した電極を作製後、リチウムイオン電池の正極として評価した。酸化還元電位や界面での複合状態を最適化することで、電極の高出力化と高エネルギー密度化を両立できることが分かった。研究成果はアメリカ化学会のACS Energy LettersやWileyのMacromolecular Rapid Communicationsに報告した。

  • TEMPO置換ポリエーテルと酸化物活物質間の電子移動に基づく高密度電荷貯蔵

    2018年  

     概要を見る

    可逆な酸化還元活性を示す2,2,6,6-テトラメチルピペリジン 1-オキシル(TEMPO)を高い密度で側鎖として導入した脂肪族ポリエーテル類を精密合成し、バルク・ヘテロ界面の電子移動の解明に焦点を置きながら電極活物質としての基礎物性を明らかにした。一連の研究成果は国際会議(Organic battery days)での口頭発表に加え、学術誌(Small,ACS Applied Polymer Materials等)に報告した。

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • マテリアルズインフォマティクス

  • 上級有機化学

  • 高分子化学

 

委員歴

  • 2018年04月
    -
    継続中

    高分子学会 関東若手研究会 世話人

メディア報道

  • 実験データを電子ノートで記録しAI解析

    インターネットメディア

    JSTnews  

    https://www.jst.go.jp/pr/jst-news/backnumber/2022/202211/pdf/2022_11.pdf  

    2022年11月

  • Electronic laboratory notebook for materials science: A lossless data management platform for machine learning and sharing of experimental information

    インターネットメディア

    EurekAlert (AAAS)  

    https://www.eurekalert.org/news-releases/965405  

    2022年09月

  • 材料・データ科学の一層の融合へ 日々の実験研究の様子 電子実験ノートで記録・自動解析

    新聞・雑誌

    科学新聞  

    2022年09月

  • 実験ノート電子化、AIで分析 早大、実験データ 公開しやすく

    新聞・雑誌

    日経産業新聞  

    2022年09月

  • 実験ノート電子化 AIで分析

    新聞・雑誌

    日経サイエンス  

    2022年09月

  • 実験ノート電子化、AIで分析しやすく 早稲田大学

    インターネットメディア

    日本経済新聞 電子版  

    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC256CM0V20C22A8000000/  

    2022年08月

  • 早大、実験研究の様子を電子ノートで記録しAIで自動解析するシステムを構築

    インターネットメディア

    日本経済新聞 電子版  

    https://www.nikkei.com/article/DGXZRSP638787_U2A820C2000000/  

    2022年08月

  • 高分子固体電解質をAIで自動設計

    インターネットメディア

    ChemStation  

    https://www.chem-station.com/blog/2022/07/qia.html  

    2022年08月

  • 早大と富士通、高分子固体電解質をAIによる機械学習で自動設計する手法を開発

    日本経済新聞 電子版  

    https://www.nikkei.com/article/DGXZRSP636917_S2A720C2000000/  

    2022年07月

  • Machine learning helps create polymer electrolyte for batteries

    インターネットメディア

    Wiley   Advanced Science News  

    https://www.advancedsciencenews.com/machine-learning-helps-create-polymer-electrolyte-for-batteries/  

    2022年07月

  • High-Potential Organic Cathode‐Active Material

    インターネットメディア

    ChemistryViews  

    https://www.chemistryviews.org/high-potential-organic-cathode%E2%80%90active-material/  

    2022年05月

  • MIが材料の合成プロセスをも予測 ネット上の各種データで精度向上

    新聞・雑誌

    日経エレクトロニクス11月号  

    2020年10月

  • 日経産業新聞

    新聞・雑誌

    日経産業新聞  

    2020年10月

  • 熟練の材料研究者に迫るAI、Wikipediaでもさら に賢く

    インターネットメディア

    ⽇経クロステック  

    2020年09月

  • 複数の化学データ 1つのAIで予測

    新聞・雑誌

    日本経済新聞  

    2020年08月

  • 多彩な材料データ 単一AI同時学習 早大

    新聞・雑誌

    化学工業日報  

    2020年07月

  • 材料情報 単一AIで学習 早大 広範囲DB 共通書式化

    新聞・雑誌

    日刊工業新聞  

    2020年07月

  • 早大、単一のAIに多彩な材料科学データを学習させる手法を開発

    インターネットメディア

    日本経済新聞電子版  

    2020年07月

  • 高分子材料 数秒で構造予測

    新聞・雑誌

    日経産業新聞  

    2019年06月

▼全件表示

学術貢献活動