2022/10/01 更新

写真a

ショウ ケン
蒋 妍
所属
附属機関・学校 大学総合研究センター
職名
講師(任期付)

兼担

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

    京都大学大学院   教育学研究科   博士課程 (修了)  

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    京都大学大学院   教育学研究科   修士課程  

学位

  • 京都大学   教育学

経歴

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学 大学総合研究センター 講師

  • 2016年01月
    -
    2018年03月

    東京大学大学総合教育研究センター 特任研究員

  • 2014年05月
    -
    2015年09月

    京都大学高等教育研究開発推進センター 研究員

  • 2011年09月
    -
    2011年10月

    マサチューセッツ工科大学   短期留学

所属学協会

  •  
     
     

    日本教育工学会

  •  
     
     

    大学教育学会

  •  
     
     

    異文化間教育学会

  •  
     
     

    日本キャリア教育学会

 

研究分野

  • 教育学

研究キーワード

  • ピア・インストラクション

  • アクティブラーニング

  • キャリア

  • 留学生

  • 外国人研究者

  • 大学教育

▼全件表示

論文

  • Problems and Causes in Japanese Higher Education during COVID-19: An Online Teaching Perspective

       2021年12月  [査読有り]

  • 日本におけるTA育成の現状に関する一考察

    通识教育评论     191 - 204  2021年  [査読有り]

  • the Development of Teaching Programs for Future Faculties in Japan(中国語)

    Yan Jiang, Hong Wei

    比較教育研究   39   46 - 51  2017年  [査読有り]

  • 大学生の授業外学習を促す要因に関する検討-授業内・授業外学習観に着目して-

    博士学位論文    2015年09月

  • 北京師範大学における授業デザインワークショップ

    蒋妍, 松下佳代

    京都大学高等教育叢書   34   311 - 315  2015年

  • How Peer Instruction Affects Students’Approach to Learning: Focusing on Students’Out-of-class Learning Time

    Yan Jiang, Shnichi Mizokami

    Educational Technology Research   38 ( 1 ) 1 - 9  2015年  [査読有り]

  • ハーバード・MIT訪問調査報告(〈5〉国際連携)

    松下 佳代, 大山 牧子, 畑野 快, 蒋 研

    京都大学高等教育叢書   33   366 - 385  2014年03月

    CiNii

  • 大規模講義で行うアクティブラーニング-ピア・インストラクション-

    蒋妍

    看護教育   55 ( 5 ) 398 - 404  2014年

  • 学生の学習アプローチに影響を及ぼすピア・インストラクション -学生の授業外学習時間に着目して-

    蒋妍, 溝上慎一

    日本教育工学会論文誌   38 ( 2 ) 91 - 100  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    本研究の目的は,授業外学習の程度によって学生を分類した上で,ピア・インストラクション(Peer Instruction:以下PI)を導入した授業が学生の学習アプローチに及ぼす影響を実証的に検討することであった.また,この検討を通して,学生の深い学習を促すためのアクティブラーニングについての示唆を得ることであった.そのために,K大学の心理学の授業を対象とし,大学1年生103名(男性82名,女性21名)を対象として,4月,7月の2時点で質問紙調査を行った.授業外学習時間の程度で学生を授業外学習高群と授業外学習低群を分け,二要因分散分析を行ったところ,授業外学習高群の深い学習アプローチの得点に変化が見られなかったことに対して,授業外学習低群は深い学習アプローチの得点が低下することが明らかになった.これらの結果は,PIに授業外学習が重要な意味をもつことを示唆した.他方で,PIの効果を検証した方法には,検討の余地を残した.

    DOI CiNii

  • 大学生の授業・授業外学習観と達成動機・将来展望・意欲低下との関連-授業・授業外学習観タイプによる検討-

    蒋妍

    京都大学大学院教育学研究科紀要   59 ( 59 ) 653 - 665  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    In Japan, university students have to study 45 hours for 1 credit, including 15 hours in class and 30 hours out of class. However, according to some surveys, they study too little for the credits they receive and they spend only 1-5 hours a week for out-of-class learning. It is necessary to find ways for teachers to prompt students' learning from the students' perspective. This study focused on Japanese students' views on in-class learning and out-of-class learning using data from 233 students (male=114, female=119). Factor analysis for views on in-class and out-of-class learning extracted 3 factors―self-betterment, companionship and self-searching. Cluster analysis was performed and students were divided into 5 types according to different views on in-class and out-of-class learning. The relationships between views for in-class & out-of-class learning, achievement motives, future views and enervation among university students were examined. The results suggested that students who see out-of-class learning as important as in-class learning showed positive features, while students taking only in-class learning views or out-of-class views showed negative features. Approaches to prompt students' learning of each type were discussed.

    CiNii

  • 中国の大学におけるFDセンターの訪問調査報告-北京と香港を中心に-

    蒋妍

    京都大学高等教育叢書   32   364 - 372  2013年

  • 大学院生の教育観の形成を促すプレFDの試み

    畑野快, 大山牧子, 蒋妍

    京都大学グローバルCOE「心が活きる教育のための国際拠点」研究開発コロキアム   102 ( 111 )  2012年03月

  • The Impact of Student Survey in Higher Education

    Yan Jiang

        28 - 31  2012年

  • Faculty Development in Japan -A Case of Kyoto University

    Yan Jiang, Jie Lin

    北京大学教育評論   9 ( 3 ) 29 - 44  2011年  [査読有り]

  • 授業外学習を促す授業実践の研究

    蒋妍

    大学教育学会誌   32 ( 1 ) 134 - 140  2010年  [査読有り]

▼全件表示

書籍等出版物

  • 『ディープ・アクティブラーニング』 の中国語版

    ( 担当: 共訳)

    2021年06月

  • キャリア教育概説

    日本キャリア教育学会( 担当: 分担執筆)

    東洋館出版社  2020年09月 ISBN: 9784491042640

  • コラム「高度授業T Aの活躍から」

    早稲田大学大学総合研究センター(監修), 姉川恭子, 石井雄隆, 山田晃久(編著)( 担当: その他,  担当範囲: 「高度授業T Aの活躍から」)

    早稲田大学出版部  2019年

  • 『ストーリーで学ぶアカデミック英会話 ENGLISH ACADEMIA』

    中澤明子・市川紘子(編著), 蒋妍・木下慎・中原淳(著)

    朝日出版社  2017年

受賞

  • 国家優秀自費留学生賞

    2014年04月   中国国家留学基金管理委員会  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 若手外国人研究者のキャリア構築に関する研究

    研究期間:

    2018年
    -
    2021年
     

  • 海外の大学におけるティーチング・アシスタント(TA)育成プログラムに関す る研究

    研究期間:

    2019年
    -
     
     

  • 日本の大学におけるティーチング・アシスタント(TA)育成プログラムの現状と課題

    研究期間:

    2018年
    -
     
     

  • 大学院生の教育観の形成を促すプレFDの試み, 京都大学グローバルCOE「心が活きる教育のための国際拠点」研究開発コロキアム

    研究期間:

    2012年
    -
     
     

  • 授業外学習を促す授業実践の取り組みの日米比較

    研究期間:

    2011年
    -
     
     

講演・口頭発表等

  • Developing a Global Faculty Development Program: Focusing on Assessment, POD Network 45th Annual Conference, November 10-13, 2020

    Yan Jiang, Yusuke Morita

    POD Network 45th Annual Conference  

    発表年月: 2020年11月

    開催年月:
    2020年11月
     
     
  • Creating an Engaged Classroom with ICT: Good Practices and Organizational Support at Waseda University

     [招待有り]

    2019年度 教育革新シンポジウム  

    発表年月: 2020年01月

  • 日本の一流大学ではどのように大学院生の教育能力を育成するか(中国語)

    蒋妍  [招待有り]

    復旦大学  

    発表年月: 2019年11月

  • アクティブラーニング

    蒋妍

    Faculty Café(早稲田大学)  

    発表年月: 2019年10月

  • 日本語ができない外国人の日本における研究キャリアの構築プロセス―TEM(複線経路・等至性モデル)による分析―

    蒋妍

    日本質的心理学会第16回大会(明治学院大学)  

    発表年月: 2019年09月

  • 外国人の日本の博士課程への進学要因に関する研究

    蒋妍

    第19回大学教育研究フォーラム発表論文(京都大学)  

    発表年月: 2019年03月

  • 日本の高等教育改革概況(中国語)

    蒋妍

    大連理工大学学生訪問団のワークショップ  

    発表年月: 2018年10月

  • 総合私立大学における教育・学習支援の取り組み:早稲田大学を事例に

    蒋妍, (報告者)

    未来のマナビフェス(武蔵野大学)  

    発表年月: 2018年08月

  • 変容する大学における教えることと学ぶこと

    蒋妍  [招待有り]

    大学経営セミナー(早稲田大学)  

    発表年月: 2018年07月

  • 「豊かな留学生活の過ごし方―留学生と日本人、お互いの視点を知ろう」

    蒋妍

    東京大学大学院人文社会系研究科・文学部日本語教室2017年度春季集中講座(東京大学)  

    発表年月: 2018年03月

  • UTokyo English Academia: Development and Evaluation

    Sho Shimoyamada, Shin Kinoshita, Yan Jiang, Hiroko Ichigawa, Akiko Nkazawa, Jun Nakahara

    日本教育工学会第33回大会(島根大学)  

    発表年月: 2017年09月

  • 中国の小学校におけるシンキングツール導入後の課題

    張暁紅, 岸磨貴子, 三宅貴久子, 久保田賢一, 蒋妍, 李克東

    日本教育工学会第33回大会(島根大学)  

    発表年月: 2017年09月

  • 複線経路等至性アプローチ(TEA)に関するワークショップ(中国語)

    蒋妍

    華南師範大学  

    発表年月: 2017年03月

  • Exploring Pre-FD Programs in Japan

    発表年月: 2016年10月

  • 学生の深い学習を促すためのピア・インストラクションの実践研究-大規模講義を対象として-

    溝上慎一, 蒋妍

    大学教育学会第35回大会発表要旨録(東北大学)  

    発表年月: 2013年06月

  • A practice that uses active learning approach in a large class. International Forum Supported by Grants for Excellent Graduate Schools

    Yan Jiang

    発表年月: 2013年03月

  • 大学におけるPeer Instructionを用いた授業実践の検討-授業外学習時間 に着目して-

    蒋妍

    第19回大学教育研究フォーラム発表論文集(京都大学)  

    発表年月: 2013年03月

  • VALUEルーブリックの意義と課題-規準とレベルの分析を通して-

    松下佳代, 高橋雄介, 坂本尚志, 田川千尋, 田口真奈, 平山朋子, 大山牧子, 畑野快, 蒋妍, 羽山祐子, 山本はるか, 斉藤有吾, 蒲雲菲

    第19回大学教育研究フォーラム発表論文集(京都大学)  

    発表年月: 2013年03月

  • 翻訳「ピア・インストラクションを使って授業を反転するた めの入門ガイド」(ハーバード大学Eric Mazur教授のPeer Instructionという授業方法の日本語マニュアル

    蒋妍, 溝上慎一

    発表年月: 2013年

  • 中国語「日本におけるpre-FDの取り組み」

    蒋妍

    北京師範大学  

    発表年月: 2012年11月

  • Ideas on Prompting Students' Learning.

    Yan Jiang

    Concluding Symposium of the Global COE Program "Revitalizing Education for Dynamic Hearts and Minds"(Kyoto University, Kyoto, Japan)  

    発表年月: 2011年12月

  • 授業・授業外学習観から見た学生タイプ-日中比較を通して-

    蒋妍

    第17回大学教育研究フォーラム発表論文集(京都大学)  

    発表年月: 2011年03月

  • University Students' Out-Of-Class Learning

    Yan Jiang

    International Workshop for Young Researcher "Knowing Self, Knowing Others"(Kyoto University)  

    発表年月: 2011年01月

▼全件表示

特定課題研究

  • コロナ禍における中国大学の授業支援に関する調査研究

    2021年  

     概要を見る

    As we know, with the pandemic starting in 2020, most faculties had to move their teaching from face to face to online. But lots of them rarely know how to do it. It brought up lots of challenges for staff in the teaching and learning centers (FD centers in Japan) who have to support the remote /online teaching. Center staffs in Chinese universities made great efforts to explore and improve their practice. These exploration and efforts should be valued and shared, broadly impacting more staff and students.I got the full vision of what center staff does to support online teaching in China and Japan by collecting documents from published papers, websites and attending seminars. Also, I interviewed the people who supported remote teaching in their universities and collected data from Tsinghua University, Peking University, Shandong University, Fudan University, etc.In terms of training content, the top 3 in China are how to use a platform for online teaching, how to make interactive classes and how to do design an online course. In terms of training style, the top 3 are online seminars, live training sessions, and Q&A sessions.As part of the research project, one peer-reviewed paper (Problems and Causes in Japanese Higher Education during COVID-19: An Online Teaching Perspective )has been published in one top journal (Fudan Education Forum)in China. 

  • グローバル・ファカルティ・ディベロップメント(GFD)プログラム構築に関する国際比較調査研究

    2020年   森田裕介

     概要を見る

    This research focused on the assessment of a global FD program between Waseda University in Japan and the University of Washington in the US. We designed our questionnaire carefully based on the theory of program evaluation and the Kirkpatrick Model, which is frequently used in FD. The criteria employed in the questionnaire are learning (increase in the knowledge or skills of the participants), reactions (satisfaction of the participants), and aim (program intended goal). Also, open-ended questions were set. Self-report results from the participants show that our FD program fits the participants’ needs very well and has achieved the program’s aim.(For participants’ needs:)・All the participants were highly satisfied with the FD program and thought the content of this program would be useful in future improvements of courses.(For the program aim:)・Increases the desire to implement active learning・Increases the desire to implement classes taught in English・Gain in effective teaching methods・Increase in confidence after implementing courses taught in English (Other findings from the open-ended questions)・“A lot of communication” was frequently mentioned as a program benefit in the comments to the open-ended questions.

  • 海外の大学におけるティーチング・アシスタント(TA)育成プログラムに関する研究

    2019年   馮菲, 劉衛宇

     概要を見る

    本研究では、文献研究や訪問調査を通して、速く進んでいた中国の大学におけるTA育成プログラムの現状を明らかにし、早稲田大学および日本のTA育成プログラムの開発に示唆を与えることを目的とする。・方法(1)先行研究および事例の収集 TA育成プログラムの先行研究を明らかにするために、中国の文献検索サイトである「中国知网」(日本のJ-Stageに相当)で文献を検索した。また、拠点とされるFDセンターのHPにも確認した。(2)TA育成プログラムの担当者へのインタビュー 特に力を入れている北京大学(医学部のセンターも)、上海交通大学、復旦大学、華東師範大学、上海外国語大学などを訪問し、担当者に直接インタビューを行った。・成果:(1)中国の教育改革は政府主導で行っている場合が多い。TA制度の発展と普及もそうである。中国ではTA制度を導入したのは1988年であり、院生への経済的な支援や教員の仕事負担を減らすことが主な目的であった。育成に関しては、主に研究科、人事部やFDセンターが担当し、集中講義、公開講座やワークショップの形で行っている。(2)北京大学と上海交通大学の取り組みを取り上げ、TA資格、業務内容、育成プログラムの内容に焦点を与え、6月の大学教育学会で発表することになった。

  • 日本の大学におけるティーチング・アシスタント(TA)育成プログラムの現状と課題

    2018年  

     概要を見る

    本研究の目的は、文献研究や調査研究を通して日本の大学におけるTA育成プログラムの動向と課題を明らかにし、TA育成に示唆を与えることは目的とする。具体的には、次の方法を採用した。①ウェブサイトで公表されているデータや資料、報告書などによる情報収集。②特徴ある事例について、担当者へのメール、電話取材及び現地調査による情報収集。③学会による情報収集。調査によって、以下の結果が得られた。①大学によって、TAの定義や業務内容はかなり異なる。“TA”以外に、SA(StudentAssistant)、LA(Learning Assistant), TF(Teaching Fellow)の用語も混在している。②国立大学ではTAを将来の大学教員と見なし、pre-FDという位置付けで育成している傾向が見られた。さらに、TA研修を大学院の正規の教育課程に組み込む大学も見られた。③育成機関に関して、組織的に取り組むこと(大学の高等教育センター、学部や研究科)がメインになっているが、教員自身による育成ケースも見られた。④TA業務に伴う研修の義務化は望ましい反面、実施時期、予算編成などが課題である。

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2021年01月
    -
    継続中

    日本キャリア教育学会  国際交流委員会

  • 2019年08月
    -
    2022年03月

    日本教育工学会  国際交流委員会 委員

学術貢献活動

  • English Academia https://utokyo-ea.com/

    その他

    2017年02月
    -
    継続中