稲田 奏 (イナタ カナ)

写真a

所属

附属機関・学校 高等研究所

職名

講師(任期付)

兼担 【 表示 / 非表示

  • 政治経済学術院   大学院政治学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2019年

    エセックス大学(博士課程)   Department of Government  

学位 【 表示 / 非表示

  • University of Essex   博士(政治学)

  • 早稲田大学   修士(政治学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   高等研究所

  • 2019年09月
    -
    2021年03月

    早稲田大学 政治経済学術院   助教

  • 2018年04月
    -
    2019年08月

    早稲田大学   政治経済学術院   助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    European Political Science Association

  •  
     
     

    American Political Science Association

  •  
     
     

    Midwest Political Science Association

  •  
     
     

    日本比較政治学会

  •  
     
     

    Public Choice Society

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 政治学   比較政治学、国際関係論

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 政治制度

  • タイ政治

  • 数理分析

  • 君主制

  • 社会運動

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Is political engagement by constitutional monarchs compatible with democracy?

    Kana Inata

    Asian Journal of Comparative Politics     205789112199169 - 205789112199169  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Constitutional monarchies have proved to be resilient, and some have made substantive political interventions even though their positions are mostly hereditary, without granted constitutional channels to do so. This article examines how constitutional monarchs can influence political affairs and what impact royal intervention can have on politics. I argue that constitutional monarchs affect politics indirectly by influencing the preferences of the public who have de jure power to influence political leaders. The analyses herein show that constitutional monarchs do not indiscriminately intervene in politics, but their decisions to intervene reflect the public’s preferences. First, constitutional monarchs with little public approval become self-restraining and do not attempt to assert their political preferences. Second, they are more likely to intervene in politics when the public is less satisfied about the incumbent government. These findings are illustrated with historical narratives regarding the political involvement of King Bhumibol Adulyadej of Thailand in the 2000s.

    DOI

  • Power-Sharing Negotiation and Commitment in Monarchies

    Public Choice   187   501 - 518  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Protest, Counter-Protest, and Organisational Diversification of Protest Groups

    Kana Inata

    Conflict Management and Peace Science   38 ( 4 ) 434 - 456  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

Misc 【 表示 / 非表示

  • Thai protesters don't like what the king and government are doing. Can they make them change?

    Inata, Kana

    Washington Post, Monkey Cage    2021年05月

    担当区分:筆頭著者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 海外留学支援制度(大学院学位取得型)

    2017年   日本学生支援機構  

    受賞者: 稲田 奏

  • 日本人大学院生奨学金

    2015年   経団連国際教育交流財団  

    受賞者: 稲田 奏

  • 奨学生

    2013年   山根奨学基金  

    受賞者: 稲田 奏

  • 小野梓奨学金

    2012年   早稲田大学  

    受賞者: 稲田 奏

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 社会運動における資源動員効果の再検討

    研究期間:

    2019年
    -
    2021年
     

    稲田 奏

    担当区分: 研究代表者

  • Protests for Leadership Change in the Shadow of Threat by Third-Party Actors in New Democracies

    研究期間:

    2018年06月
    -
    2019年03月
     

    稲田 奏

    担当区分: 研究代表者

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Is Political Engagement by Constitutional Monarchs Compatible with Democracy?

     [招待有り]

    日本比較政治学会  

    発表年月: 2021年06月

  • Protest Size, Interventionist, and Leadership Change: Model and Narratives from Thailand

     [招待有り]

    V-Dem Workshop on Contentious Politics in Asia  

    発表年月: 2020年11月

  • Violence or Nonviolence: Campaign Tactics, Government Responsiveness, and Domestic Audiences

    Kana Inata, Wakako Maekawa  [招待有り]

    5th Waseda ORIS International Symposium for Junior Researchers  

    発表年月: 2020年01月

  • Power-Sharing Negotiation and Commitment in Monarchies

    The Summer Meeting of the Japanese Society for Quantitative Political Science  

    発表年月: 2019年07月

  • When There is No Strength in Numbers: Protest Size, Interventionist, and Leadership Change

    稲田 奏

    日本比較政治学会  

    発表年月: 2019年06月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 社会運動における資源動員効果の再検討

    2020年  

     概要を見る

    本研究は次の二つの問いを提起して、社会運動における資源動員の効果を再検討する。すなわち、①なぜ大規模な社会運動が時に政府による譲歩を獲得できず、むしろ小規模な社会運動が大きな政治変革をもたらすことがあるのか、②所有する全資源を政府に対する妨害行動に費やすことで政府に対する脅しの信憑性を最大化できるはずであるのに、なぜある社会運動団体は資源の一部を自らの団体の制度化に充てるのかという問いである。本研究の成果は、海外査読誌Conflict Management and Peace Scienceへ投稿した。

  • 社会運動における資源動員効果の再検討

    2020年   前川和歌子

     概要を見る

    本研究は、社会運動における資源動員の効果を再検討することを目的とする。2020年度は、暴力運動と非暴力運動の成否は、運動団体による資源動員の程度に本当に依存するのかという問いについて、共同研究者とともに実証研究を行った。本研究の成果は、The 5th Waseda ORIS International Symposium for Junior Rsearchersで報告し、海外査読誌へ投稿した。

  • Protests for Leadership Change in the Shadow of Third-Party Actors' Threat

    2018年  

     概要を見る

    本研究の目的は、第三者による介入が想定される場合、社会運動の規模が上昇するにつれて脅しとしての社会運動の効果は高まるのかという問いを理論的に検討することである。第一に、ゲーム理論を用いて、社会運動団体と政府、その二者の交渉に介入し得る第三者を加味した数理モデルを作成し、第三者の選好が交渉結果にどのように影響を与えるのかを理論的に分析した。第二に、数理分析から得られた示唆の経験的妥当性を示すために、タイにおいて発生した3つの社会運動を取り上げ、事例分析を行った。成果は2018年4月にMidwestPolitical Science Associationの年次大会で報告済みで、2018年12月にComparative Political Studiesに投稿した。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 政治学分析手法(数理分析)

    早稲田大学大学院政治学研究科  

    2021年
    -
    継続中
     

  • 比較政治基礎文献研究(英語)

    早稲田大学政治経済学部  

    2019年
    -
    継続中
     

  • 政治分析入門(教務TA)

    早稲田大学政治経済学部  

    2018年
    -
    2020年
     

  • 政治分析手法(数理)(TA)

    早稲田大学大学院政治学研究科  

    2015年
    -
     
     

  • データの見方

    早稲田大学大学院政治学研究科  

    2014年
    -
     
     

全件表示 >>