2021/11/16 更新

写真a

クドウ ヒトミ
工藤 瞳
所属
附属機関・学校 グローバルエデュケーションセンター
職名
助教

学位

  • 2016年11月   京都大学   博士

 

論文

  • カトリック系国際NGOフェ・イ・アレグリアのペルーにおける展開と民衆教育の論理

    工藤 瞳

    比較教育学研究 = Comparative education : bulletin of the Japan Comparative Education Society   ( 50 ) 24 - 44  2015年  [査読有り]

    CiNii

  • ペルーの宗教系民営公立校 : 伝統的公私協働の役割

    工藤 瞳

    京都大学大学院教育学研究科紀要   ( 59 ) 249 - 261  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    In Peru, some public schools are run by the private sector, especially by religious organizations. Students in this type of school accounted for about 1.3% of all students in 2005. With subsidies for teachers' salaries, the private sector, especially the Catholic Church including religious congregations, have established schools for poor children mainly in marginalized areas of the city. Compared with similar types of schools in Chile and Venezuela, privately run Peruvian public schools have kept a traditional pattern of Public-Private Partnerships. Because there was no reform or unified regulation about these schools, each school has been regulated by respective relationships with educational authorities. Privately run public schools in Peru are characterized by financial support from religious congregations or other private entities, active participation of parents in the school for voluntary work, and the selection, supervision, evaluation, and training of teachers by a principal or the organization to which they belong. Privately run public schools have stimulated the Ministry of Education and schools around them by offering free education of good quality for poor children.

    CiNii

  • ペルーにおける教育の地方分権化の過程と課題

    工藤 瞳

    京都大学大学院教育学研究科紀要   ( 58 ) 143 - 154  2012年  [査読有り]

     概要を見る

    Since the 1980s, the policy of decentralization in education has been implemented in many Latin-American countries. Peru focused on decentralization before then, but it was not considered an educational reform as in other countries. Peruvian decentralization focuses on the participation of the local people similar to other countries, but does more in making educational plans of each decentralized authorities. The policies of decentralization in education coexisted in the frameworks of the General Law of Education and the Pilot Plan of Municipalization. In the General Law of Education in 2003, there are four levels of decentralized authorities: Ministry of Education, Authorities of Regional Education (DRE), Local Educational Units (UGEL), and schools. On the other hand, in the framework of the Pilot Plan of Municipalization implemented by the former President Alan Garcia in 2006, municipalities were the main authorities of decentralization. In many cases, there was confusion regarding the competences between municipalities and UGELs and DREs. Although the capacity of local authorities to implement the policy of decentralization is generally doubted, and the policy lacks consistency, decentralization itself is considered necessary to break the traditional centralization of educational policy.

    CiNii

  • ペルーにおける2003年総合教育法の制定経緯と意義

    工藤 瞳

    京都大学大学院教育学研究科紀要   ( 57 ) 627 - 639  2011年  [査読有り]

     概要を見る

    In the 1990s, many Latin American countries reformed their policies of education, and in the process they also changed their education laws. Although Peru had been suff ering from an economic crisis since the 1980s and also needed education reform, the Peruvian General Law of Education (LGE) was unchanged until 2003. During the administration of President Alberto Fujimori, they lacked long-term policies on education. Therefore some educational professionals formed a non-governmental group, Foro Educativo, and developed some key proposals to improve education. These professionals had also been participating in the formation of educational policies under the Fujimori administration, but their participation in the formation process of such policies increased after his administration ended. In 2002, the Toledo Administration published the National Accord of national policy, and it contained long-term educational goals. The LGE of 2003 has succeeded these suggestions of policies since the 1990s. The new LGE emphasizes the equity of society, and to achieve it a reorganization of the educational system and decentralization are intended. The equity of society is diffi cult to achieve; however, through the formation and implementation of the new LGE, Peruvian education has developed a system to make an educational strategy that is better than the previous one.

    CiNii

  • 児童労働と義務教育--メキシコおよびペルーの事例より

    杉本 均, 櫻井 里穂, 工藤 瞳

    京都大学大学院教育学研究科紀要   ( 55 ) 15 - 39  2009年  [査読有り]

     概要を見る

    This paper explores the politics of child labour and compulsory education in Mexico and Peru. highlighting the trajectories of compulsory education and the worldwide childrights movements. Mexico and Peru are selected as they have contrasting child labour policies despite the similarities in geography and child labour profiles. While Mexico extended compulsory education starting the age of three, and the government has been strongly encouraging children's human rights, the country has not yet ratified the ILO's Minimum Age Convention 138, which forbids labour for children less than 15 years of age. Lenient standards for child labour result partially from disseminated cultural traditions that children's work is beneficial for their personal and social development. Peru ratified the Minimum Age Convention 138 in 2002, yet the concept of protagonismo, the capacity to participate in society and transform it forcibly remains. Major advocates are the local NGOs and working children who argue that children should be perceived as independent individuals who can judge and design their own lives, including continuation of work. The paper concludes that child labour and education policies are complex and that examining the relationship between compulsory education and child labour requires in-depth cultural analysis as well as policy analysis.

    CiNii

▼全件表示

書籍等出版物

  • 海外教科書制度調査研究報告書

    教科書研究センター( 担当: 分担執筆,  担当範囲: ペルー共和国)

    教科書研究センター  2020年03月

  • 比較教育学原論

    杉本, 均, 南部, 広孝

    協同出版  2019年 ISBN: 9784319003402

  • 地域研究 : 多様性の教育学へ

    近藤, 孝弘, 中矢, 礼美, 西野, 節男

    東信堂  2018年 ISBN: 9784798915067

  • ペルーの民衆教育 : 「社会を変える」教育の変容と学校での受容

    工藤, 瞳

    東信堂  2018年 ISBN: 9784798914787

Misc

受賞

  • 平塚賞本賞

    2019年06月   日本比較教育学会   『ペルーの民衆教育-「社会を変える」教育の変容と学校での受容』(2018年、東信堂)  

    受賞者: 工藤瞳

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • チリにおける教育機会格差是正に関する政策の形成背景と影響

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

    研究期間:

    2020年09月
    -
    2022年03月
     

    工藤 瞳

  • ペルーの学校教育における民衆教育の受容-その理念と実践

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    工藤 瞳

     概要を見る

    研究最終年度は、ペルーを中心にラテンアメリカの民衆教育の変容と学校教育での受容について、教育政策や学校教育を取り巻く状況の変化と関連付けて全体的な考察を行い、博士論文を提出した。その中で、個々の学校内では、民衆教育が批判した権威主義の排除、より民主主義的な学校文化の構築が、カリキュラムなどを通して目指されていることを指摘した。一方、かつて民衆教育の活動が行われたペルーの都市周辺部の大衆居住区では、近年、住民の所得水準の向上や公立学校不信、子どもの教育の重要性への認識の高まり、1990年代の私立学校設立規制緩和から、私立学校選択傾向が高まっており、学校間での教育の質の差の拡大や、それによる社会的不平等の再生産が危惧されていることも指摘した。なお、教育の市場化・民営化に関する顕著な事例であるペルーの隣国チリでは、近年教育に対する国家の関与の拡大を求める政策の修正が行われている。こうした修正やそれを求める市民社会の動きはペルーにも影響を与えるものと考えられ、これに関して日本比較教育学会大会で研究発表を行った。
    博士論文提出後の追跡調査では、民衆教育の影響を受けた共同体教育政策が、2015年に一度停滞したのち、2016年7月末のペルーでの政権交代後に再活発化し、先住民を対象とした異文化間二言語教育との連携が強化されていること、先住民自身の政策形成過程への参加が重視されていることを確認した。本研究では民衆教育の学校での受容に焦点を当てたが、研究対象の一つである働く子どもの運動マントックの場合、学校以外の地域での活動では、子どもの代表が地域の住民組織の一員として活動していた。このように従来は社会・政治的に弱い立場にあった人々による、様々なレベルでの参加(特に政治参加)と教育との関連に関して、本研究課題の内容をさらに発展させるための示唆を得ることができた。

  • ペルーにおける児童労働擁護の思想的背景

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2010年
    -
    2012年
     

    工藤 瞳

     概要を見る

    本年度を含めた3年間の研究において、働く子どもの運動MANTHOCが学校教育を提供する背景には、仕事をしていることのみならず、留年、中退、学校関連費負担、そして一部には小学校入試の存在など、子どもが一般の公立学校に通う上での様々な阻害要因が明らかになった。本年度は、仕事以外の学校教育への阻害要因および公立学校間格差、そして修道会などが運営する公立学校である民営公立校に着目して研究を行った。前年度および本年度の現地調査を踏まえて明らかになった点は以下の通りである。
    (1)ペルーの地方都市カハマルカの公立学校間格差に着目し、入試の有無や学校関連費といった点から比較した。
    2011年当時学区制のなかったカハマルカにおいて、試験による入学者選抜や学校関連費の違いといった諸条件が、各家庭による学校選択を左右している可能性があり、選抜がなく「誰でも入れる」学校の教育環境の改善が放置される懸念がある。
    (2)また、国が教員給与を全額負担し、修道会などが運営する宗教系民営公立校は、学校数は少ないものの、公立学校の枠内で貧困層に対して質の高い教育機会を提供してきた。ペルーでは財政的制約や政策の不連続性によって教育制度の変化が低調であり、教会による貧困層への教育の関与を背景とした民営公立校という伝統的な教育の公私協働の形が維持されてきた。
    (3)宗教系民営公立校の中でもネットワークを形成し、ラテンアメリカ17か国において学校教育・ノンフォーマル教育を展開するフェ・イ・アレグリアは、学校運営に関して地域と緊密な関係を築くとともに、教員研修や専門家の視察により教育環境・内容の向上に取り組んでいる。
    以上のように子どもの就学への阻害要因を学校側から検討することにより、働く子ども、貧困層の子どもへのより良い教育機会をいかに保障するかを考える上での重要な知見が得られた。

 

担当経験のある科目(授業)

  • 子どもの生活・文化(中南米)(隔年開講)

    明治学院大学  

    2018年09月
    -
    継続中
     

  • 西語中級

    早稲田大学  

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

  • 日本語表現法

    東京海洋大学  

    2019年
    -
    2020年
     

  • 言語文化研究(アメリカ)

    専修大学  

    2019年
    -
    2020年
     

  • スペイン語

    専修大学  

    2017年
    -
    2020年
     

  • スペイン語(2016-2017年度、2019年度)

    青山学院大学  

    2016年
    -
    2020年
     

  • スペイン語圏を知る(オムニバス授業)

    早稲田大学  

    2018年
    -
    2019年
     

  • スペイン語

    中央大学  

    2017年
    -
    2018年
     

  • アメリカ文明総合講座B(オムニバス授業)

    東海大学  

    2016年
     
     
     

  • 生涯教育論

    びわこ成蹊スポーツ大学  

    2013年09月
    -
    2014年03月
     

  • スペイン語

    同志社大学  

    2013年04月
    -
    2014年03月
     

  • 公民科教育法

    奈良女子大学  

    2013年
    -
    2014年
     

  • 中等教科教育法社会(公民分野)

    奈良女子大学  

    2013年
    -
    2014年
     

▼全件表示