王 海龍 (ワン ハイロン)

写真a

所属

理工学術院 国際理工学センター(理工学術院)

職名

准教授(任期付)

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/hkomine/index.html

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年10月
    -
    2014年09月

    東京大学   大学院   社会基盤学科  

  • 2007年09月
    -
    2010年07月

    西南交通大学   大学院   道路・鉄道工学  

  • 2003年09月
    -
    2007年07月

    山東交通学院   土木工学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 2014年06月   東京大学   博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    早稲田大学   理工学術院総合研究所   次席研究員・研究院講師

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    応用地質株式会社   東京支社

  • 2014年10月
    -
    2015年03月

    東京大学   生産技術研究所   特任研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2020年02月
    -
    継続中

    土木学会

  •  
     
     

    地盤工学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境材料、リサイクル技術   CO2固定鉱物の有効利用

  • 地盤工学   地層処分におけるベントナイト緩衝材の特性

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • CO2固定鉱物

  • 鉄鉱粉

  • 膨潤特性

  • 室内試験

  • 緩衝材

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A swelling pressure cell for X-ray diffraction test

    Hailong Wang, Hideo Komine, Takahiro Gotoh

    Géotechnique     1 - 12  2021年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Development of a Multifunctional Triaxial System for Unsaturated Soils: Addition of Permeameter Function

    Hailong Wang, Jaylord U. Tan Tian, Junichi Koseki, Takeshi Sato

    Geotechnical Testing Journal   44 ( 2 ) 422 - 439  2021年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Water retention characteristics of iron ore fines

    Hailong Wang, Junichi Koseki, Tomoyoshi Nishimura

    Canadian Geotechnical Journal   57 ( 9 ) 1427 - 1437  2020年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    Evaluations of water retention characteristics of typical iron ore fines (IOF) were presented, which was part of experimental works for the estimation of liquefaction potential of IOF heaps. The water retention tests were conducted in a suction range from 0.1 to 106 kPa on two IOFs and two artificial soils with various testing techniques. It is observed that water retention characteristic curves of one IOF (IOF-B) converge in terms of the relationship between suction (S) and water content (w) regardless densities of specimens when S exceeds a threshold value (Sth). Based on this finding, water retention characteristics are divided into density and materials affected zones. It is also found that IOFs generally have higher water retention ability than the two artificial soils, from which discussion is made on the effect of specific surface area and mineralogy on water retention characteristics of IOF. Finally, water retention characteristics are linked to compaction curves, from which, with the consideration that degree of saturation at peaks of compaction curves is relatively constant, a safety margin of a recently proposed regulation for maritime transportation of IOF is discussed.

    DOI

  • Hydration and dehydration of water of bentonite: a solid-state 1H magic-angle spinning NMR study

    Hailong Wang,, Toshimichi Shibue, Hideo Komine

    Chemical Physics   536  2020年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Movement of water in compacted bentonite and its relation with swelling pressure

    Hailong Wang, Takumi Shirakawabe, Hideo Komine, Daichi Ito, Takahiro Gotoh, Yuta Ichikawa, Qiao Chen

    Canadian Geotechnical Journal   57 ( 6 ) 921 - 932  2020年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    A testing procedure was proposed to study water movement in compacted bentonite and the development of swelling pressure (ps) when compacted bentonite specimens were wetted. In this procedure, a multi-ring mold was introduced for ps measurements, after which the specimen was sliced for X-ray diffraction to find movement of water in the interlayer space of montmorillonite. Results revealed a relation between four phases of ps development and evolution of four states of interlayer water molecule arrangement of montmorillonite (L): when ps reached its first peak in phase I, L moved from 1 row water arrangement (1w) to at least 2w; when ps decreased and re-increased in phases II or III, L moved from 2w to at least 3w; and when ps reached a steady state in phase IV, L = 3w. The w distribution in the compacted bentonite was also measured as water absorption time increased. Based on those results, the global water movement was estimated in terms of diffusivity (D) following a method employing Boltzmann transform. Results of comparisons implied that D calculated using this method matched experimental data well and the method was rather easily handled.

    DOI

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 【装置設計図】膨潤圧装置

    王海龍

    「締固めたベントナイトの膨潤圧計測装置の開発」,第55回地盤工学研究発表会, 21-5-5-01, 2020 .7.    2021年09月

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者

  • 【装置設計図】XRD・膨潤圧装置

    王海龍

       2021年09月

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第53回地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞

    2018年09月   地盤工学会   不飽和材料の“間隙水比‐サクション”モデルの提案  

    受賞者: 王 海龍

  • 第50回地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞

    2015年10月   地盤工学会   A new index to evaluate liquefaction resistance of partially saturated sandy soils  

    受賞者: 王 海龍

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 沿岸部における高レベル放射性廃棄物の地層処分に資する緩衝材の水分拡散に関する研究

    2020年  

     概要を見る

    高レベル放射性廃棄物(HLW)の地層処分技術開発において,国は,廃棄物の沿岸部処分システム高度化開発が求められている.沿岸部処分の地下水は,海水環境であり,これまでに多く研究された淡水環境と異なり,地下水の浸入により緩衝材が不飽和状態から飽和状態へ遷移する再冠水段階において,緊急性の高い検討項目となる.本研究では,核燃料サイクル機構の検討結果を踏まえて,高レベル放射性廃棄物地層処分における緩衝材の候補材料とされるベントナイト(クニゲルV1,クニミネ工業)を用いて,締固めた供試体に,沿岸部処分の地下水環境を模擬した塩素酸ナトリウムを使用し,ベントナイト系緩衝材の膨潤特性を示す膨潤圧および水分移動特性を示す水分拡散係数を検討した.研究結果に基づき地下水質が緩衝材の膨潤特性および水分移動特性に及ぼす影響を確認した.

  • 締固めたベントナイトの吸水に伴う水分拡散・圧密・保水挙動のメカニズム究明

    2020年  

     概要を見る

    本研究は,高レベル放射性廃棄物の地層処分における緩衝材設計の合理化や安全性評価の高度化に資する締固めた不飽和ベントナイトの吸水膨潤プロセスに伴う現象の相互作用を解明することを目的とする.このプロセスで発生する水分の拡散,モンモリロナイトの膨潤,および土粒子骨格の圧密現象と,各現象の相互関係を系統的な室内実験により明らかにする.本年度の研究では,ベントナイトの膨潤圧メカニズムを着目し,膨潤圧に及ぼす供試体のサイズ,初期含水比の影響を実験的に検討した.応募者が開発した新たな実験装置により,短期間に多数のデータを取得することができ,これらの影響を明らかになっている.研究成果は,地盤工学分野において最も影響力の高い学術誌“Geotechque”に採用されていた.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 測量実習

    早稲田大学  

    2020年04月
    -
    継続中
     

  • Introduction to Civil and Environmental Engineering

    早稲田大学  

    2018年10月
    -
    継続中
     

  • 土質実験(英語)

    早稲田大学  

    2018年10月
    -
    継続中
     

  • SHIP Research Planning and Skill B

    早稲田大学  

    2018年10月
    -
    継続中
     

  • 理工学基礎実験

    早稲田大学  

    2018年10月
    -
    継続中
     

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月
    -
    継続中

    地盤工学会  災害調査データ委員会

  • 2020年06月
    -
    継続中

    Soils and Foundations編集委員会  Editorial Board

  • 2017年06月
    -
    2020年06月

    地盤工学会  地盤調査規格・基準委員会 WG2ボーリング・サンプリング