成田 宏秋 (ナリタ ヒロアキ)

写真a

所属

理工学術院 基幹理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/hnarita/narita.htm

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院基幹理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年

    東京大学   数理科学研究科   大学院数理科学専攻博士課程  

  •  
    -
    2000年

    東京大学  

  •  
    -
    1995年

    早稲田大学   理工学部   数学科  

  •  
    -
    1995年

    早稲田大学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(数理科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
    継続中

    早稲田大学理工学術院   基幹理工学部数学科   教授

  • 2008年
    -
    2017年

    熊本大学大学院自然科学研究科(理学系)数理科学 准教授

  • 2008年
    -
     

    Associate Professor, ,Graduate School of Science and Technology(Science group),Kumamoto University

  • 2006年
    -
    2008年

    大阪市立大学 数学研究所 COE研究所員

  • 2006年
    -
    2008年

    COE Researcher, Advanced Mathematical Institute,Osaka City University

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 代数学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 保型形式論

  • 整数論

  • automorphic forms

  • Number theory

論文 【 表示 / 非表示

  • Jacquet-Langlands-Shimizu correspondence for theta lifts to GSp(2) and its inner forms II: an explicit formula for Bessel periods and the non-vanishing of theta lifts

    Hiro-aki Narita

    Journal of the mathematical society of Japan   73 ( 1 ) 125 - 159  2021年  [査読有り]

  • Modular degrees of elliptic curves and some quotients of L-values

    Kousuke Sugimoto, Hiro-aki Narita

    Tokyo Journal of mathematics   43 ( 2 ) 279 - 293  2020年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • An explicit construction of non-tempered cusp forms on O(1,8n+1)

    Yingkun Li, Hiro-aki Narita, Ameya Pitale

    Annales math. Quebec   44 ( 2 ) 349 - 384  2020年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Jacquet-Langlands-Shimizu correspondence for theta lifts to &ITGSp&IT(2) and its inner forms I: An explicit functorial correspondence

    Hiro-aki Narita, Ralf Schmidt

    JOURNAL OF THE MATHEMATICAL SOCIETY OF JAPAN   69 ( 4 ) 1443 - 1474  2017年10月  [査読有り]

     概要を見る

    As was first essentially pointed out by Tomoyoshi Ibukiyama, Hecke eigenforms on the indefinite symplectic group GSp(1,1) or the definite symplectic group GSp*(2) over Q right invariant by a (global) maximal open compact subgroup are conjectured to have the same spinor L-functions as those of paramodular new forms of some specified level on the symplectic group GSp(2) (or GSp(4)). This can be viewed as a generalization of the Jacquet-Langlands-Shimizu correspondence to the case of GSp(2) and its inner forms GSp(1,1) and GSp*(2).& para;& para;In this paper we provide evidence of the conjecture on this explicit functorial correspondence with theta lifts: a theta lift from GL(2) x B-x to GSp(1,1) or GSp*(2) and a theta lift from GL(2) x GL(2) (or GO(2,2)) to GSp(2). Here B denotes a definite quaternion algebra over Q. Our explicit functorial correspondence given by these theta lifts are proved to be compatible with archimedean and non-archimedean local Jacquet-Langlands correspondences. Regarding the non-archimedean local theory we need some explicit functorial correspondence for spherical representations of the inner form and non-supercuspidal representations of GSp(2), which is studied in the appendix by Ralf Schmidt.

    DOI

  • LIFTING TO GL(2) OVER A DIVISION QUATERNION ALGEBRA, AND AN EXPLICIT CONSTRUCTION OF CAP REPRESENTATION

    Masanori Muto, Hiro-Aki Narita, Ameya Pitale

    NAGOYA MATHEMATICAL JOURNAL   222 ( 1 ) 137 - 185  2016年06月  [査読有り]

     概要を見る

    The aim of this paper is to carry out an explicit construction of CAP representations of GL(2) over a division quaternion algebra with discriminant two. We first construct cusp forms on such a group explicitly by lifting from Maass cusp forms for the congruence subgroup Gamma(0)(2). We show that this lifting is nonzero and Hecke-equivariant. This allows us to determine each local component of a cuspidal representation generated by such a lifting. We then show that our cuspidal representations provide examples of CAP (cuspidal representation associated to a parabolic subgroup) representations, and, in fact, counterexamples to the Ramanujan conjecture.

    DOI

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 実双曲空間上の実解析保型形式のリフティングによる多様な構成と多方面分野への応用

    研究期間:

    2016年
    -
    2018年
     

    成田 宏秋

    担当区分: 研究代表者

  • 保型形式の整数論、具体的構成の観点からの研究領域の拡張

    研究期間:

    2012年
    -
    2014年
     

    成田 宏秋

    担当区分: 研究代表者

  • 保型形式の具体的構成とその数論的及び幾何学的応用

    研究期間:

    2009年
    -
    2011年
     

    成田 宏秋

    担当区分: 研究代表者

  • 四元数離散系列表現を生成する保型形式の解析的及び数論的研究

    研究期間:

    2006年
    -
    2008年
     

    成田 宏秋

    担当区分: 研究代表者

  • Research on analysis and arithmetic of automorphic forms generating quaternionic discrete series

    研究期間:

    2006年
    -
    2008年
     

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • EXplicit constructions of non-tempered cusp forms on orthogonal groups of low split ranks

    成田 宏秋  [招待有り]

    RIMS共同研究(公開型) 保型形式の解析的・数論的研究  

    発表年月: 2018年01月

  • Explicit constructions of non-tempered cusp forms on orthogonal groups of low split ranks

    成田 宏秋  [招待有り]

    The third Japanese-German Number Theory Workshop (at MPIM)  

    発表年月: 2017年11月

  • Fourier expansion of Siegel modular forms along the minimal parabolic subgroup

    成田 宏秋  [招待有り]

    第19回整数論オータムワークショップ (於 長野県白馬村 白馬ハイマウントホテル)  

    発表年月: 2016年11月

  • Lifting to an inner form of GL(4) and counterexamples of the Ramanujan conjecture

     [招待有り]

    日韓整数論セミナー(於 慶応義塾大学)  

    発表年月: 2014年11月

  • Lifting from Maass cusp forms for Γ_0(2) to cusp forms on GL(2) over a division quaternion algebra

     [招待有り]

    RIMS研究集会 保型形式および関連するゼータ関数の研究  

    発表年月: 2014年01月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 実双曲空間上のテータリフトの内積公式とその応用

    2020年   Ameya Pitale

     概要を見る

    オクラホマ大学のAmeya Pitale氏との共同研究により、以前より研究していた複素上半平面上のMaassカスプ形式からのテータリフトについて、その内積公式を明示的に求める計算を行ってきた。この公式はEuler積表示を持ち、不分岐有限素点の成分は既に一般的に計算されているが分岐有限素点と無限素点の成分は自力で計算する必要がある。今年度の研究で我々のテータ―リフトの内積公式の無限素点の明示形を求めることができた。有限分岐素点の明示形も導出のための基本的な材料が揃った段階で現時点で「時間が十分あればできる」という段階に至っている。

  • 実双曲空間上の保型形式の逆定理と周期の研究

    2019年  

     概要を見る

    有理数体上定符号四元数環係数の2次一般線形群上のカスプ形式のリフティングによる構成について、判別式が2の場合で得られていたものを一般の素数判別式の場合に一般化することができた。また非消滅の例も判別式2の場合以外にいくつか更に与えることができた。周期の研究についてはリフティングのWeil表現による定式化を進めそのPetersson内積などの周期に関連する研究を更に進めることで次年度も継続することとした。逆定理のアデール化についても研究したがBruhat細胞分解の観点からの保型性の特徴づけに部分的解決は得られたもののまだ不十分という現時点での結果となった。本研究はOklahoma大学のAmeya Pitale氏との共同研究に基づく。

  • 実双曲空間上の実解析的保型形式のリフティングによる構成

    2018年  

     概要を見る

    これまで行ってきた実双曲空間上の保型形式、特にカスプ形式の具体的構成について、既に与えた具体的構成を広い枠組みで捉える一般論の構築に成功した。より詳細には、これまで複素上半平面上の実解析的Maassカスプ形式からのリフティングによる構成を与えてきたが、これは有限素点で「非緩増加」という性質を満たし、所謂Ramanujan予想の反例条件を満たす。このリフティングの定性的側面として「特殊Bessel模型を持つ」というのがある。本研究期間において、一般の直交群上の保型形式が特殊Bessel模型を持ち且つ「Maass関係式」が成り立つ有限素点が存在すれば、そこで非緩増加であるという一般論を与えた。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>