2022/06/29 更新

写真a

カネコ シゲヒコ
金子 成彦
所属
理工学術院 国際理工学センター(理工学術院)
職名
教授(任期付)

学内研究所等

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴

  • 1978年04月
    -
    1981年03月

    東京大学大学院   工学系研究科   舶用機械工学専攻 博士課程  

  • 1976年04月
    -
    1978年03月

    東京大学大学院   工学系研究科   舶用機械工学専攻 修士課程  

  • 1972年04月
    -
    1976年03月

    東京大学   工学部   機械工学科  

学位

  • 東京大学   工学士

  • 東京大学   工学修士

  • 東京大学   工学博士

経歴

  • 2019年
    -
    継続中

    東京大学   名誉教授

  • 2019年
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院   教授

  • 2003年
    -
    2019年

    東京大学   大学院工学系研究科 機械工学専攻   教授

  • 1992年
    -
    2003年

    東京大学   大学院工学系研究科 機械工学専攻   助教授

  • 1989年
    -
    1992年

    東京大学   工学部 附属総合試験所   助教授

  • 1982年
    -
    1989年

    東京大学   工学部 舶用機械工学科   助教授

  • 1985年
    -
    1986年

    マギル大学(カナダ)   工学部 機械工学科   客員助教授

  • 1981年
    -
    1982年

    東京大学   工学部 舶用機械工学科   講師

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     

    アメリカ機械学会

  •  
     
     

    自動車技術会

  •  
     
     

    日本ガスタービン学会

  •  
     
     

    計測自動制御学会

  •  
     
     

    日本騒音制御学会

  •  
     
     

    マリンエンジニアリング学会

▼全件表示

 

研究分野

  • 機械力学、メカトロニクス   多体連成力学と制御

  • 教育工学   PBL(Project Based Learning)

  • 熱工学   小型分散エネルギーシステム

  • 熱工学   マイクロガスタービン

  • 教育工学   教育工学

  • 機械力学、メカトロニクス   機械力学

▼全件表示

研究キーワード

  • 機械力学・計測制御

  • 流体関連振動

  • 騒音振動制御

  • 分散エネルギーシステム

  • エンジン制御

  • 生体信号応用

▼全件表示

論文

  • Extraction of apex beat waveform from acoustic pulse wave by sound sensing system using stochastic resonance

    Etsunori Fujita, Masahiro Horikawa, Yoshika Nobuhiro, Shinichiro Maeda, Shigeyuki Kojima, Yumi Ogura, Kohji Murata, Tomohiko Kisaka, Kazushi Taoda, Shigehiko Kaneko, Masao Yoshizumi

    Scientific Reports   11 ( 1 )  2021年12月  [査読有り]

     概要を見る

    <title>Abstract</title>With a sound sensing system using stochastic resonance (4SR), it became possible to obtain an acoustic pulse wave (APW)—a waveform created via a mixture of apex beat and heart sound. We examined 50 subjects who were healthy, with no underlying cardiovascular diseases. We could determine boundary frequency (BF) using APW and phonocardiogram signals. APW data was divided into two bands, one from 0.5 Hz to BF, and a second one from BF to 50 Hz. This permitted the extraction of cardiac apex beat (CAB) and cardiac acoustic sound (CAS), respectively. BF could be expressed by a quadratic function of heart rate, and made it possible to collect CAB and CAS in real time. According to heart rate variability analysis, the fluctuation was 1/f, which indicated an efficient cardiac movement when heart rate was 70 to 80/min. In the frequency band between 0.5 Hz and BF, CAB readings collected from the precordial region resembled apex cardiogram data. The waveforms were classified into five types. Therefore, the new 4SR sensing system can be used as a physical diagnostic tool to obtain biological pulse wave data non-invasively and repeatedly over a long period, and it shows promise for broader applications, including AI analysis.

    DOI

  • Optimization of the Capacities of Private Generators Installed in a Hospital Building Under the Constraint of Demand Sufficiency During Power Outages

    Akane Uemichi, Naoki Kaito, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    Technical Paper Publication: ASME POWER 2021-62341    2021年06月  [査読有り]

  • Development of a cardiovascular mathematical model considering the thermal environment

    Z. Xia, Y. Ishikawa, S. Kaneko, J. Kusaka

    16th International Conference of Dynamical Systems -Theory and application    2021年  [査読有り]

  • Examination of Resonant Frequencies Generated by Combustion Oscillation in a Combustor Fueled by Hydrogen-Natural Gas Mixture and the Upstream Pipe

    Akane Uemichi, Yiufan Lyu, Jin Kusaka, Shigehiko Kaneko

    ASME IMECE2021-68521    2021年  [査読有り]

  • Motion Model of Spent Fuel Rack Considering Two-Dimensional Gap Flow

    Akane Uemichi, Yuto Araki, Shigehiko Kaneko

    ASME PVP2020-21848, Proceedings of the ASME 2020, Pressure Vessels & Piping Conference PVP2020    2020年07月  [査読有り]

  • Examination of Oscillating Frequencies Generated by Combustion Oscillation Considering Temperature Distribution in a Combustor Tube Fueled by Natural Gas and Hydrogen Mixture

    Akane Uemichi, Kan Mitani, Shigehiko Kaneko, Yudai Yamasaki

    ASME PVP2020-21231, Proceedings of the ASME 2020 ,Pressure Vessels & Piping Conference, PVP2020    2020年07月  [査読有り]

  • Recurrent probabilistic neural network-based short-term prediction for acute hypotension and ventricular fibrillation

    Toshio Tsuji, Tomonori Nobukawa, Akihisa Mito, Harutoyo Hirano, Zu Soh, Ryota Inokuchi, Etsunori Fujita, Yumi Ogura, Shigehiko Kaneko, Ryuji Nakamura, Noboru Saeki, Masashi Kawamoto, Masao Yoshizumi

    Nature Scientific Reports   10 ( 1 )  2020年07月  [査読有り]

     概要を見る

    <title>Abstract</title>In this paper, we propose a novel method for predicting acute clinical deterioration triggered by hypotension, ventricular fibrillation, and an undiagnosed multiple disease condition using biological signals, such as heart rate, RR interval, and blood pressure. Efforts trying to predict such acute clinical deterioration events have received much attention from researchers lately, but most of them are targeted to a single symptom. The distinctive feature of the proposed method is that the occurrence of the event is manifested as a probability by applying a recurrent probabilistic neural network, which is embedded with a hidden Markov model and a Gaussian mixture model. Additionally, its machine learning scheme allows it to learn from the sample data and apply it to a wide range of symptoms. The performance of the proposed method was tested using a dataset provided by Physionet and the University of Tokyo Hospital. The results show that the proposed method has a prediction accuracy of 92.5% for patients with acute hypotension and can predict the occurrence of ventricular fibrillation 5 min before it occurs with an accuracy of 82.5%. In addition, a multiple disease condition can be predicted 7 min before they occur, with an accuracy of over 90%.

    DOI PubMed

  • 予混合的なディーゼル燃焼のモデルベースト制御-ランダムアクセル操作条件における制御システムの評価-

    高橋 幹, 山崎 由大, 金子 成彦, 藤井 聖也, 水本 郁朗, 林 知史, 旭 輝彦, 平田 光男, Teruhiko Asahi

    計測自動制御学会論文集   56 ( 3 ) 176 - 186  2020年03月  [査読有り]

  • ディーゼル機関におけるオンボード用圧縮ポリトロープ指数予測モデルを実装したモデルベースト制御器の過渡運転性能評価

    一柳満久, 進藤良太, 大坪弘宜, 金智勲, 山崎由大, 金子成彦, イルマズ エミール, 鈴木隆

    自動車技術会論文集   51 ( 1 ) 60 - 65  2020年  [査読有り]

     概要を見る

    ディーゼル機関のモデルベースト燃焼制御器では,冷却損失を考慮した圧縮ポリトロープ指数の予測にこれまで実験式を用いてきた.著者らは,実験数を軽減するため,新たに物理モデルを開発し,制御器に実装した.実機にて過渡運転性能を評価したところ,実験値と比較して,モデルの予測誤差は0.31%と評価された.

    DOI CiNii

  • 災害拠点病院を対象とした災害時事業継続性向上のための分散型電源導入量の最適化 (特集 エネルギーミックスとOR)

    上道 茜, 山﨑 由大, 金子 成彦

    オペレーションズ・リサーチ = Communications of the Operations Research Society of Japan : 経営の科学   65 ( 1 ) 41 - 48  2020年01月  [査読有り]

    CiNii

  • Multiple-input multiple-output control of diesel combustion using a control-oriented model

    Yudai Yamasaki, Ryosuke Ikemura, Motoki Takahashi, Shigehiko Kaneko, Akane Uemichi

    International Journal of Engine Research   20 ( 10 ) 1005 - 1016  2019年12月  [査読有り]

     概要を見る

    In this study, a multiple-input multiple-output feedforward controller for use with multiple-point fuel injection systems is applied to a diesel engine using an original control-oriented model. The target-tracking performance of this multiple-input multiple-output feedforward controller was then tested in terms of how well the controller adjusts the fuel delivery ratios to the pilot injection, pre-injection, main fuel injection, and the main fuel injection timing, and controls the in-cylinder peak pressure and its timing. Control experiments are conducted at different engine outputs and speeds while changing the targets of the in-cylinder peak pressure and its timing. The controller is able to track the varying targets within an acceptable error included in the original model. The calculation time, which is almost double that of a single-input single-output controller, is sufficiently fast to derive the applicable inputs.

    DOI

  • Unconstrained Vital Sign Monitoring System Using an Aortic Pulse Wave Sensor

    Naoki Hagiyama, Harutoyo Hirano, Akihisa Mito, Zu Soh, Etsunori Fujita, Yumi Ogura, Shigehiko Kaneko, Ryuji Nakamura, Noboru Saeki, Masashi Kawamoto, Masao Yoshizumi, Toshio Tsuji

    Scientific Reports   9 ( 1 )  2019年12月  [査読有り]

     概要を見る

    <title>Abstract</title>This paper proposes a novel unconstrained monitoring system that measures heart and respiratory rates and evaluates autonomic nervous activity based on heart rate variability. The proposed system measures the aortic pulse waves (APWs) of a patient via an APW sensor that comprises a single microphone integrated into a mattress. Vital signs (i.e., heart rate, respiratory rate) and autonomic nervous activity were analyzed using the measured APWs. In an experiment with supine and seated participants, vital signs calculated by the proposed system were compared with vital signs measured with commercial devices, and we obtained the correlations of <italic>r</italic> &gt; 0.8 for the heart rates, <italic>r</italic> &gt; 0.7 for the respiratory rates, and <italic>r</italic> &gt; 0.8 for the heart rate variability indices. These results indicate that the proposed system can produce accurate vital sign measurements. In addition, we performed the experiment of image stimulus presentation and explored the relationships between the self-reported psychological states evoked by the stimulus and the measured vital signs. The results indicated that vital signs reflect psychological states. In conclusion, the proposed system demonstrated its ability to monitor health conditions by actions as simple as sitting or lying on the APW sensor.

    DOI

  • Adaptive Output Feedback Control of Premixed Diesel Combustion using a Discrete Dynamics Model

    Seiya Fujii, Ikuro Mizumoto, Motoki Takahashi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    SAE Technical Paper Series    2019年08月  [査読有り]

    DOI

  • Design of Combustion Control System Based on Adaptive Output Feedback for Premixed Diesel Combustion

    Seiya Fujii, Ikuro Mizumoto, Motoki Takahashi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    Proceedings of 9th IFAC International Symposium on Advances in Automotive Control     165 - 170  2019年06月  [査読有り]

  • Model-based control system for advanced diesel combustion

    Motoki Takahashi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko, Seiya Fujii, Ikuro Mizumoto, Tomofumi Hayashi, Teruhiko Asahi, Mitsuo Hirata

    Proceedings of 9th IFAC International Symposium on Advances in Automotive Control     171 - 177  2019年06月  [査読有り]

  • Evaluation of Model Based Control Systems for Multi-Stage Heat Release of Advanced Diesel Combustion

    Yudai Yamasaki, Motoki Takahashi, Shigehiko Kaneko, Seiya Fujii, Ikuro Mizumoto, Tomofumi Hayashi, Teruhiko Asashi, Mitsuo Hirata, Makoto Eguchi, Hiromitsu Ohmori

    Symposium for Combustion Control    2019年06月  [査読有り]

  • Simple combustion model for a diesel engine with multiple fuel injections

    Yudai YAMASAKI, Ryosuke IKEMURA, Fumiya SHIMIZU, Shigehiko KANEKO

    International Journal of Engine Research   Vol.20 ( issue.2 ) 167 - 180  2019年02月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

    DOI

  • Multi-objective optimization to determine installation capacity of distributed power generation equipment considering energy-resilience against disasters

    Akane Uemichi, Masaaki Yagi, Ryo Oikawa, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    Energy Procedia   158   6538 - 6543  2019年  [査読有り]

    DOI

  • 小脳演算モデルコントローラを用いたフィードバック誤差学習によるディーゼルエンジンの燃焼制御

    江口誠, 大森浩充, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    自動車技術会論文集   Vol.50 ( No.1 )  2019年01月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • 離散化燃焼モデルを用いたディーゼルエンジン吸排気系のモデル構築とフィードフォワード制御

    林知史, 小泉純, 平田光男, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    自動車技術会論文集   Vol.50 ( No.2 ) 291 - 296  2019年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • Dedicated EGR を用いたガスエンジンシステムにおける複数燃焼モードの併用

    竹内智顕, 山崎由大, 上道茜, 金子成彦

    日本機械学会論文集   85 ( 874 ) 18-00354 - 18-00354  2019年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • Model-based Control of Premixed Combustion in Diesel Engine with 4-stage Fuel Injections

    Motoki TAKAHASHI, Yudai YAMASAKI, Shigehiko KANEKO

    Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers   55 ( 3 ) 226 - 234  2019年

    DOI

  • Planning of installation of distributed energy equipment in a disaster-base hospital to enhance energy resilience and its verification using simulations

    Uemichi, A, Oikawa, R, Kaito, N, Yamasaki, Y. & Kaneko

    ECOS 2019 - Proceedings of the 32nd International Conference on Efficiency    2019年  [査読有り]

  • 4段噴射を用いた予混合的なディーゼル燃焼のモデルベースト制御

    高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    高橋幹,山崎由大,金子成彦   55 ( 3 ) 226 - 234  2019年  [査読有り]

  • ディーゼル機関におけるオンボード用圧縮ポリトロープ指数予測モデルを実装したモデルベースト制御器の定常運転性能評価

    一柳満久, 大坪弘宜, 定地隼生, 進藤良太, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦, 鈴木隆

    自動車技術会論文集   50 ( 6 ) 1508 - 1514  2019年  [査読有り]

     概要を見る

    本稿ではMAP作成の手間を自動化し, かつ環境変化に対するロバスト性を有する制御系設計法として, フィードバック誤差学習を用いたモデルベースト制御を提案する. また, 制御器の学習機構として小脳演算モデルコントローラを用いることで計算負荷を低減することができる. そして, 本手法の有効性を実機試験にて検証する.

  • 軽油の多段噴射デュアルフューエルエンジンにおける燃焼および排気特性

    市橋弘光, 山﨑由大, 金子成彦

    日本機械学会論文集   85 ( 874 )  2019年  [査読有り]

  • Simple Adaptive Control for a Diesel Engine Air Path System

    Makoto Eguchi, Xinyu Zhang, Daichi Sakai, Hiromitsu Ohmori, Tomofumi Hayashi, Mitsuo Hayata, Motoki Takahashi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    2019 12th Asian Control Conference(ASCC)    2019年  [査読有り]

  • Model-based control system for a diesel engine

    Motoki Takahashi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    IFAC 9th AAC    2019年  [査読有り]

  • A Nonlinear Feedforward Controller Dsigh Taking Account of Dynamics of Turbocharger and Manifolds for Diesel Engine Air-Path System

    Mitsuo Hirata, Tomofumi Hayashi, Motoki Takahashi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    IFAC 9th AAC   52 ( 5 ) 341 - 346  2019年  [査読有り]

    DOI

  • Diesel Engine Combustion Control with Onboard Calibration by Using Feedbuck Error Learning

    Makoto Eguchi, Naoki Fukuda, Hiromitsu Ohmori, Motoki Takahashi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    JASE20199037/SAE2019-01-2318    2019年  [査読有り]

  • Online Automatic Adaptation for Model-based Control of Diesel Engine

    Jianan Cao, Motoki Takahashi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    JSAE20199184/SAE2019-01-2320    2019年  [査読有り]

  • Two-Degree-of-Freedom Controller Design for Diesel Engine Airpath System Considering Dynamics of Turbocharger and Manifolds

    Mitsuo Hirata, Tomofumi Hayashi, Teruhiko Asahi Motoki Takahashi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    JSAE20199260/SAE2019-01-2321    2019年  [査読有り]

  • ディーゼルエンジン制御モデルにおける燃料噴射段数の拡張

    高橋幹, 酒向優太朗, 山崎由大, 金子成彦

    自動車技術会論文集   Vol.49 ( No.6 )  2018年11月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • 2自由度適応出力フィードバック制御に基づく3段噴射 ディーゼルエンジン燃焼制御と定常試験による検証

    藤井聖也, 高橋幹, 水本郁朗, 山崎由大, 金子成彦

    自動車技術会論文集   49 ( 6 ) 1167 - 1174  2018年11月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • 適応出力フィードバックに基づく3 段噴射ディーゼルエンジンの燃焼制御とそのある走行モード上での評価

    藤井聖也, 水本郁朗, 山崎由大, 金子成彦

    自動車技術会論文集   49 ( 5 ) 920 - 925  2018年09月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • 離散化モデルを用いたHCCIエンジンの制御シミュレーション

    林卓哉, 山崎由大, 金子成彦, 疋田孝幸, 水野沙織, 藤井拓磨

    日本機械学会論文集   84 ( 860 ) 17 - 0325  2018年04月  [査読有り]

  • Model-based control of diesel engines with multiple fuel injections

    Yudai YAMASAKI, Ryosuke IKEMURA, Shigehiko KANEKO

    IJER   19 ( 2 ) 257 - 265  2018年02月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • Study on Model-Based Control for HCCI engine

    Takayuki HIkita, Saori Mizuno, Takuma Fujii, Yudai Yamasaki, Takuya Hayashi, Shigehiko Kaneko

    E-CoSM2018    2018年  [査読有り]

  • Model-Based Control System for Air Path and Premixed Combustion of Diesel Engine

    Motoki Takahashi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko, Jun Koizumi, Tomofumi Hayashi, Mitsuo Hirata

    E-CoSM 2018    2018年  [査読有り]

  • AI-フィードフォワードを有するフィードバック誤差学習による ディーゼルエンジン燃焼制御

    江口誠, 喬夢醒, 大森浩充, 山崎由大, 金子成彦

    自動車技術会論文集   49 ( 2 ) 230 - 234  2018年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • 過渡運転試験による燃焼制御モデルを用いた ディーゼルエンジンの制御システム評価

    山崎由大, 高橋幹, 酒向優太朗, 金子成彦

    自動車技術会論文集   49 ( 3 ) 549 - 555  2018年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • 経済性・環境性・レジリエンス性を考慮した分散型電源機器導入量決定のための多目的最適化ツールの開発

    上道茜, 八木正彰, 山﨑由大, 金子成彦

    エネルギー・資源   39 ( 6 ) 6 - 18  2018年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • ターボチャージャベアリング部で発生する摩擦新卒予測のための数理モデルの構築

    坂上聡, 上道茜, 山﨑由大, 金子成彦, 窪山達也, 森吉泰生

    日本機械学会論文集   84 ( 965 ) 18 - 00127  2018年  [査読有り]

  • Two-Degree-of-Freedom H∞ Control of Diesel Engine Air Parh System with Nonlinear Feedforward Controller

    Mitsuo Hirata, Tomofumi Hayashi, Jun Koizumi, Motoki Takahashi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    IFAC conference    2018年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • 天然ガス利用デュアルフューエルエンジンにおける軽油多段噴射の燃焼特性

    酒向優太朗, 山崎由大, 上道茜, 金子成彦

    日本機械学会論文集   84 ( 859 ) 17 - 00381  2018年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • 多段噴射ディーゼルエンジンの燃焼制御へのH∞制御理論の適用

    平田光男, 鈴木雅康, 山崎由大, 金子成彦

    自動車技術会論文集   49 ( 2 ) 224 - 229  2018年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • 音響的境界条件を考慮した燃焼振動発振周波数の検討

    上道茜, 金築一平, 金子成彦

    日本機械学会論文集   84 ( 861 ) 2017 - 00514  2018年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • ピッチング加振を受ける水平円筒容器内スロッシングの1次共振波高に対する多孔板による減衰効果のCFDを用いた評価

    新木悠斗, 上道茜, 山﨑由大, 金子成彦

    日本機械学会論文集   84 ( 861 ) 17 - 00507  2018年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • System design to reduce disaster risks by installing distributed power resources

    Akane Uemichi, Masaaki Yagi, Ryo Oikawa, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    Journal of Multiscale and Multidisciplinary Modeling, Experiments and Design   1 ( 1 ) 49 - 56  2018年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • Dynamic Model for Free-tanding Fuel Racks Under Seismic Excitation Considering Planar and Nonslide Rocking Motion

    Kazuya Sakamoto, Ryosuke Kan, Akihiro Takai, Shigehiko Kaneko

    JOURNAL OF COMPUTATIONAL AND NONLINEAR DYNAMICS   12 ( 6 )  2017年11月  [査読有り]

     概要を見る

    A free-standing (FS) rack is a type of a spent nuclear fuel rack, which is just placed on a floor of a pool. For this characteristic, seismic loads can be reduced by fluid force and friction force, but a collision between a rack and another rack or a wall must be avoided. Therefore, it is necessary for designing an FS rack to figure out how it moves under seismic excitation. In this research, a dynamic model of an FS rack is developed considering seismic inertial force, friction force, and fluid force. This model consists of two submodels: a translation model, which simulates planar translational and rotational motion, and a rocking model, which simulates nonslide rocking motion. First, simulations with sinusoidal inertial force were conducted, changing values of a friction coefficient. Next, to validate this dynamic model, a miniature experiment was conducted. Finally, the model is applied to a real-size FS rack and actually observed seismic acceleration. It is found that translational movement of a rack varies depending on the value of friction coefficient in the simulation with sinusoidal and actual acceleration. Also, simulation results are similar to the experimental results in the aspects of translational and rocking motion provided friction coefficient is selected properly. Through this research, the knowledge is acquired that friction force plays a significant role in a motion of FS rack so that estimating and controlling a friction coefficient is important in designing an FS rack.

    DOI

  • Engine control system using city gas and biomass gas mixture

    Shigehiko Kaneko

    Energy 7, Aug.16, 2017, Manchester    2017年08月

  • Combustion oscillation characteristics of hydrogen-rich fuel

    A. Uemichi, I. Kanetsuki, S.Kaneko

    Proc. of FSSI 2017, Springer(March 31.2017 submitted)    2017年08月  [査読有り]

  • Sloshing in a Horizontal Cylindrical Tank Subjected to Pitching Excitation and Damping Effects by Perforated Plates

    Hidemitsu Sakai, Akane Uemichi, Akihiro Takai, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    JOURNAL OF PRESSURE VESSEL TECHNOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   139 ( 4 ) 041302-1 - 9  2017年08月  [査読有り]

     概要を見る

    Natural gas is relatively clean, and its demand is currently increasing. In most cases, gas fields are located at the bottom of the sea. Therefore, floating production, storage, and offloading (FPSO) systems are now attracting considerable attention. This paper is related to the dynamical design of a FPSO system; in particular, it focuses on the free surface elevation induced by the waves in a horizontal cylindrical and axisymmetric liquid vessel with end caps. In this study, the theory of the wave height and resonant frequency in a horizontal cylinder subjected to pitching via external excitation is developed. Then, a theory taking into account the effect of perforated plates is introduced. A special discussion is made with regard to the number and location of the perforated plates and the effect of a partial opening in a perforated plate on the damping. Finally, the experimental data of resonant wave heights up to the third mode are shown in comparison to the theoretically derived results.

    DOI

  • 災害時の事業継続性を考慮したコージェネレーション機器導入計画最適化手法の提案

    長尾浩志, 上道茜, 八木正彰, 山崎由大, 金子成彦, 坂東茂

    エネルギー・資源   38 ( 4 ) 224  2017年07月

    J-GLOBAL

  • Study on a Control-Oriented Model of Boosted HCCI Engine and Control Simulation

    Takuya Hayashi, Yudai Yamasaki, Masaki Miyoshi, Shigehiko Kaneko, Takayuki Hikita, Saori Mizuno, Takuma Fujii

    COMODIA2017, (July 25-28,2017) Okayama    2017年07月  [査読有り]

  • NOx prediction model for diesel engine control

    Motoki Takahashi, Masato Miura, Ryousuke Ikemura, Yudai Yamasaki, Akane Uemichi, Shigehiko Kaneko

    COMODIA2017, (July 25-28,2017) Okayama    2017年07月  [査読有り]

  • Prediction model of mechanical loss in turbocharger

    Satoshi Sakagami, Akane Uemichi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    COMODIA2017, (July 25-28, 2017) Okayama    2017年07月  [査読有り]

  • Construction of Dynamic Model of Planar and Rocking Motion for Free Standing Spent Fuel Rack

    Kazuya Sakamoto, Ryosuke Kan, Akihiro Takai, Shigehiko Kaneko

    ASME-PVP2017, Hawaii, July16-20,2017    2017年07月  [査読有り]

  • Combustion Oscillation in Gas Turbine Combustor for Fuel Mixture of Hydrogen and Natural Gas

    Akane Uemichi, Ippei Kanetsuki, Shigehiko Kaneko

    ASME-PVP2017, Hawaii, July16-20,2017    2017年07月  [査読有り]

  • 災害時の事業継続性を考慮したコジェネレーション機器導入計画最適化手法の提案

    長尾浩志, 上道茜, 八木正彰, 山崎由大, 金子成彦, 坂東茂

    エネルギー資源学会論文集   Vol.38 ( No.4 ) 10 - 23  2017年07月  [査読有り]

  • Adaptive Output Feedback Based Combustion Control for Diesel Engine with Multi Fuel Injection

    Ikuro Mizumoto, Seiya Fujii, Yudai Yamasaki, Ryosuke Ikemura, Shigehiko Kaneko

    Proceedings of Symposium for Combustion Control 2017     187 - 194  2017年06月  [査読有り]

  • Perspective of Technology Development for Improving Tire NVH and Accompanying Performances

    Masao Ishihama, Yukio Nakashima, Toru Yamazaki, Shigehiko Kaneko, Tetsunori Haraguchi, Hitoshi Fujita, Mitsuya Nihei, Isamu Inoue, Jun Makino, Hiroyuki Houzu, Mitsuyuki Wakii

    自動車技術会春季大会原稿S171071    2017年05月

  • Proposal of a decision scheme for installing a cogeneration system considering disaster risks

    Hiroshi Nagao, Akane Uemichi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    APPLIED THERMAL ENGINEERING   114   1414 - 1423  2017年03月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper proposes a scheme, called the disaster-risk-weighted damage inequality, for a customer to perform introductory planning for a distributed generation system considering business continuity planning in a disaster case. To calculate this inequality, the relevant disaster risks are surveyed and system operating simulations for target buildings such as a hotel, a hospital, a large-scale office, and a collective housing building are performed by solving a mixed integer linear programming problem under the assumption that a cogeneration system is installed as a distributed generation system. Next, we determined the probabilities of a disaster occurrence and business interruption due to a disaster, the initial cost of the equipment, the running cost, and the reduction in running cost due to a cogeneration system installation. The cogeneration system was found to effectively reduce the running cost. Finally, the suggested inequality is calculated and determined whether it is satisfied. The result Showed that cogeneration system installation very effectively reduces the running cost for a hotel, a hospital, and a large-scale office, compared to the tolerable amount of loss that is preliminarily determined by a customer. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI

  • MIMO Control of a Diesel Engine Using a Control-Oriented Model

    Y. Yamasaki, R. Ikemura, M. Takahashi, S. Kaneko, A. Uemichi

    SCC 2017, Aachen, Germany    2017年

  • 混合気の不均質性を考慮した自己着火燃焼モデル

    上杉 康登, 山崎 由大, 金子 成彦, 疋田 孝幸, 津村 雄一郎, 水野 沙織

    日本機械学会論文集   Vol.83 ( No.850 ) 1 - 13  2017年  [査読有り]

  • 過濃SI燃焼による筒内燃料改質がメタンHCCI燃焼に及ぼす影響

    三好正城, 山崎由大, 金子成彦, 上道茜

    日本機械学会論文集   Vol.83 ( No.847 ) 1 - 11  2017年  [査読有り]

    DOI

  • NOxを考慮したディーゼルエンジンのモデルベースト制御システムの検討

    高橋 幹, 山崎 由大, 金子 成彦

    自動制御連合講演会講演論文集   60   736 - 742  2017年

    DOI CiNii

  • 多層ニューラルネットワークを用いたフィードバック誤差学習によるMIMOディーゼルエンジンシステムの燃焼制御

    江口 誠, 大森 浩充, 高橋 幹, 山崎 由大, 金子 成彦

    自動制御連合講演会講演論文集   60   747 - 752  2017年

    DOI CiNii

  • 過濃SI燃焼による改質燃料模擬ガスがメタンHCCI燃焼に及ぼす影響

    三好 正城, 山﨑 由大, 上道 茜, 金子 成彦

    日本機械学会論文集   83 ( 847 )  2017年

     概要を見る

    &lt;p&gt;HCCI combustion is effective for improving thermal efficiency of a gas engine, but it has problems such as control of the ignition and combustion. To solve the problem, availabilities of dedicated EGR technique are considered to control its ignition and combustion. Dedicated EGR involves reforming fuel into H&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt; or CO by running a single or more cylinder with rich mixture and supplying the exhaust gas directly into other cylinders. In this study, the effect of dedicated EGR on methane HCCI combustion was investigated by experiments. As a result, when equivalence ratio of rich SI combustion or EGR ratios increase, the ignition timing of HCCI advances and combustion becomes steep. The advanced ignition timing is caused by an increase of H&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt; mole fraction in the intake gas. In addition, the possibility of controlling the ignition timing, which is strongly concerned with the thermal efficiency of a HCCI engine, by dedicated EGR was discussed. It was shown that the ignition timing linearly depends on H&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt; mole fraction in the intake gas.&lt;/p&gt;

    CiNii J-GLOBAL

  • A trial application of acoustic excitation for jet noise reduction

    Shigehiko Kaneko, Tatsuya Ishii

    Acoustic Society of America: invited lecture, The Journal of Acoustic Society of America, (Dec.1-3,2016)   Vol.140 ( Issue4 ,3330 )  2016年12月  [招待有り]

    DOI

  • Combustion instability under hydrogen-rich condition

    I. Kanetsuki, A. Uemichi, S. Kaneko

    36th Int. Symp. Combust., WIPP, Seoul, Korea (August 2016)    2016年08月

  • Sloshing in a horizontal cylindrical tank subjected to pitching excitation and damping effect by perforated plate

    S. Kaneko, H. Sakai, A. Takai, A. Uemichi, Y. Yamasaki

    Proc. 11st Int. Conf. Flow-induced vibration and noise, Hague, Netherland, (July 2016)     729 - 736  2016年07月  [査読有り]

  • Development of a prediction method for combustion oscillation

    A. Uemichi, I. Kanetsuki, S. Kaneko

    Proc. 11st Int. Conf. Flow-induced vibration and noise, Hague, Netherland, (July 2016)     129 - 135  2016年07月  [査読有り]

  • Damping Control of Sloshing in a Horizontal Cylindrical Container Used for Gas-Liquid Separator in FPSO System

    Akihiro TAKAI, Hidemitsu SAKAI, Shigehiko KANEKO

    First International Symposium on Flutter and its Application 2016, Tokyo, Japan (May 15-17)    2016年05月  [査読有り]

  • Development of Quasi-3-Dimensional Dynamic Model for Free Standing Spent Fuel Racks

    Ryosuke KAN, Akihiro TAKAI, Shigehiko KANEKO

    First International Symposium on Flutter and its Application 2016, Tokyo, Japan (May 15-17)    2016年05月  [査読有り]

  • Proposal of a Mathematical Model Aiming Sleepiness Estimation Using RR Interval

    Kento KADOYA, Sohei SAITO, Satoshi SAKAGAMI, Shigehiko KANEKO

    First International Symposium on Flutter and its Application 2016, Tokyo, Japan (May 15-17)    2016年05月  [査読有り]

  • Tailoring of the bearing stiffness to enhance the performance of gas-lubricated bump-type foil thrust bearing

    Abdelrasoul M. Gad, Shigehiko Kaneko

    PROCEEDINGS OF THE INSTITUTION OF MECHANICAL ENGINEERS PART J-JOURNAL OF ENGINEERING TRIBOLOGY   230 ( 5 ) 541 - 560  2016年05月  [査読有り]

     概要を見る

    This study aims to tailor the bearing stiffness for enhancing the load-carrying capacity of foil thrust bearings. New architectures for the bump foil are introduced with structural stiffness tailored in the radial and circumferential directions to ensure a converging gas film under high axial loads while maintaining a reasonable bearing compliance to accommodate thermal as well as mechanical distortions. The structural stiffness of the bearing is calculated with an analytical method previously introduced by the authors, and the flow in the gas film is modeled with 2-D compressible Reynolds equation. The Couette Approximation technique is used to calculate the temperature distribution in the gas film and the small perturbations method is used to calculate its dynamic force coefficients. Enhanced load capacity could be obtained with the introduced bump foil designs.

    DOI

  • Study on Model Based Combustion Control of Diesel Engine with Multi Fuel Injection

    R. Ikemura, Y. Yamasaki, S. Kaneko

    MOVIC2016, (Southampton, UK)    2016年  [査読有り]

  • Dynamic model of rocking vibration for free standing spentfuel rack

    Shigehiko Kaneko, Akihiro Takai

    APVC2015, The 16th Asian Pacific Vibration Conference, November 24-26, 2015 Hanoi, Vietnam     427 - 434  2015年11月  [査読有り]

  • Acoustic Excitation for Jet Noise Reduction

    Kyohei Sawada, Shunji Enomoto, Hideshi Oinuma, Kenichiro Nagai, Tatsuya Ishii, Shigehiko Kaneko

    IGTC2015, International Gas Turbine Congress, Toranomon Hills Forum, Tokyo, Nov.15-20, 2015.    2015年11月  [査読有り]

  • Proposal of a Criterion for Combustion Oscillation Considering Fuel Flexibility

    Akane Uemichi, Riku Machida, Shigehiko Kaneko

    IGTC2015,International Gas Turbine Congress, Toranomon Hills Forum, Tokyo, Nov.15-20, 2015.    2015年11月  [査読有り]

  • Development of Model for Axial Vibration of a Rotor Observed in Turbo Pump Considering Compressibility of Fluid

    Itsuki Ohnishi, Shigehiko Kaneko

    IGTC2015, International Gas Turbine Congress, Toranomon Hills Forum, Tokyo, Nov.15-20, 2015.    2015年11月  [査読有り]

  • Proposal of Distributed Energy System for Equipment Configuration and Operation Considering Emergency Cases

    Hiroshi Nagao, Shigehiko Kaneko, Yudai Yamasaki

    Microgen IV, The 4th International Conference on Microcogeneration and Related Technologies, University of Tokyo, Oct.28-30, 2015    2015年10月  [査読有り]

  • Development of Dynamic Models for an HCCI Engine with Exhaust Gas Rebreathing System

    Yudai Yamasaki, Sota Umahashi, Yasuto Uesugi, Qiong Ma, Shigehiko Kaneko, Takayuki Hikita, Saori Mizuno, Yuichiro Tsumura, Tadasu Hashiguchi

    SAE Technical Papers   2015- ( September ) SAE Technical Paper 2015-01-1803, 2015  2015年09月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, a simplified prediction model for aiming to design an engine control system of Homogeneous Charge Compression Ignition (HCCI) engine has been developed. Developed HCCI engine model is for rebreathing concept and employs the discretized cycle concept to realize fast calculation speed. The ignition timings are predicted by Livengood-Wu integration combined with a function of ignition delay and the combustion durations are predicted from supplied fuel mass quantity. Maximum pressure and its phase are compared to experiments. In addition, for designing an HCCI engine, the models to predict appropriate operation conditions are considered.

    DOI

  • Characteristics of combustion oscillation observed in a micro gas turbine combustor fuelled by biomass gas

    Shigehiko Kaneko, Riku Machida, Akane Uemichi, Hosung Hwang, Takuya Ohno, Ryohei Kitamura

    3rd Symposium on Fluid-Structure-Sound Interactions and Control, Curtin University, Perth-Western Australia, July 5-9    2015年07月

  • Construction of Dynamic Model for Free Standing Rack under Seismic Excitations

    Shigehiko Kaneko, Hironao Shirai

    ASME-PVP2015, July 19-23, Boston, USA    2015年07月  [査読有り]

  • Performance characteristics of gas-lubricated bump-type foil thrust bearing

    Abdelrasoul M. Gad, Shigehiko Kaneko

    PROCEEDINGS OF THE INSTITUTION OF MECHANICAL ENGINEERS PART J-JOURNAL OF ENGINEERING TRIBOLOGY   229 ( 6 ) 746 - 762  2015年06月  [査読有り]

     概要を見る

    In the present study, the static and dynamic characteristics of Generation II bump-type foil thrust bearings are investigated. For the static characteristics, a 2D compressible Reynolds equation containing effects of centrifugal forces is derived to model the fluid flow in the thin gas film. The compliance of the bearing is calculated using analytical structural stiffness model. The fluid flow equation is coupled to the structural stiffness model and the coupled fluid-structure interaction problem is solved iteratively to obtain the steady-state characteristics of the bearing. For the dynamic characteristics, small perturbations method is used to obtain the linearized equations for the pressure components of dynamic force coefficients. The effects of rotation speed, ramp height, nominal film thickness, friction coefficients at bump foil interfaces, and bump foil stiffness on the static and dynamic characteristics of Generation II foil thrust bearings are thoroughly analyzed.

    DOI

  • Proposal of an Evaluate Formula for Combustion Oscillation Considered an Effect of Laminar Flame Speed

    Akane Uemichi, Riku Machida, Shigehiko Kaneko

    Proceedings of The 4th Korea-Japan Dynamics Symposium, 韓国釜山市・釜山コンベンションセンター, May 21-22    2015年05月

  • Diesel Combustion Model for On-board Application

    Kazuma YASUDA, Yudai YAMASAKI, Shigehiko KANEKO, Yusuke NAKAMURA, Norimasa IIDA, Ryo HASEGAWA

    International Journal of Engine Research, October 26, 2015    2015年  [査読有り]

    DOI

  • Tailoring of the Bearing Stiffness to Enhance the Performance of Gas-Lubricated Bump-Type Foil Thrust Bearing

    Abdelrasoul M. Gad, Shigehiko Kaneko

    Journal of Engineering Tribology, Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Part J   0 ( 0 ) 1 - 20  2015年  [査読有り]

  • 体幹生体信号簡易センシングシステムの開発

    小島重行, 前田慎一郎, 内川竜一, 延廣良香, 青井幸佑, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 吉栖正生, 金子成彦

    設計工学   Vol.50 ( No.2 ) 78 - 88  2015年  [査読有り]

  • Prediction of Ignition and Combustion Development in an HCCI Engine Fueled by Syngas

    Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    SETC2014(Pisa, Italy,) (November. 20, 2014)     SAE 2014-32-0002/JSAE 20149002  2014年11月  [査読有り]

  • A New Structural Stiffness Model for Bump-Type Foil Bearings: Application to Generation II Gas Lubricated Foil Thrust Bearing

    Abdelrasoul M. Gad, Shigehiko Kaneko

    JOURNAL OF TRIBOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   136 ( 4 )  2014年10月  [査読有り]

     概要を見る

    A new structural stiffness model for the compliant structure in foil gas bearings is introduced in the first part of this work. The model investigates the possibility that the flat segment between bumps, in bump foil strip, may deflect laterally and separate from the rigid bearing surface, and it also considers the interaction between bumps in the bump foil strip, the friction between the bump foil, and the surrounding structure. The validity of the analytical solution was verified through direct comparison with previous numerical and analytical models. In the second part of this work, the introduced bump foil model is used to investigate the static characteristics of generation II gas foil thrust bearing. The numerical simulations of the coupled fluid-structure interactions revealed that the foil thrust bearings share many features with their rigid bearing counterpart and the results showed clearly that the load carrying capacity of foil thrust bearings increases nonlinearly with the rotation speed and is expected to reach an asymptote as the rotation speed exceeds a certain value. The effects of ramp height and interface friction (i.e., friction at bump foil/rigid bearing interface and bump foil/top foil interface) on the static characteristics of generation II foil thrust bearings are investigated.

    DOI

  • The Effect of Punching Plates to Suppress the Sloshing in a Gas Liquid Separator

    Shigehiko Kaneko, Hayato Suzuki

    JOURNAL OF PRESSURE VESSEL TECHNOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   136 ( 5 )  2014年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Natural gas is relatively clean and its demand is increasing these days. In most of the case, gas fields are located at the bottom of the sea. Therefore, floating production, storage and offloading (FPSO) system is now attracting big attention. This paper is related to dynamical design of FPSO system, specially focused on the free surface elevation in the horizontal cylindrical and axisymmetric liquid vessel with end caps induced by the wave. In this study, the theory on the wave height and resonant frequency in a horizontal cylinder subjected to longitudinal external excitation is developed. Then, the theory capable of taking account of the effect of punching plates is described. Finally, experimental data of resonant wave height up to 3rd mode are shown in comparison with theoretically derived results.

    DOI

  • Fluid Flow and Thermal Features of Gas Foil Thrust Bearings at Moderate Operating Temperatures

    Abdelrasoul M. Gad, Shigehiko Kaneko

    Springer Mechanisms and Machine Science, Vol.21, Proceedings of the 9th IFToMM International Conference on Rotor Dynamics, IFToMM-ICORD2014, September 22-25, 2014, Milan, Italy.    2014年09月  [査読有り]

  • A study on introduction of gas engine to micro-grid with genetic algorithm

    Yugo Yamaguchi, Riku Machida, Shigehiko Kaneko, Yudai Yamasaki

    MoViC 2014 (JSME, Sapporo, 2014) (August 6, 2014)    2014年08月  [査読有り]

  • CFD-Based Design and Performance Characteristics of Generation II Foil Thrust Bearing for Microturbomachinery Applications

    Abdelrasoul M. Gad, Shigehiko Kaneko

    15th International Symposium on Transport Phenomena and Dynamics of Rotating Machinery, February 24 - 28, 2014, Honolulu, HI, USA.     ISROMAC-15  2014年02月  [査読有り]

  • Pressure pulsations in piping system excited by a centrifugal turbomachinery taking the damping characteristics into consideration

    I. Hayashi, S. Kaneko

    JOURNAL OF FLUIDS AND STRUCTURES   45   216 - 234  2014年02月  [査読有り]

     概要を見る

    Pressure pulsations excited by a centrifugal turbomachinery such as compressor, fan or pump at the blade passing frequency may cause severe noise and vibrations in piping system. Therefore, the practical evaluation method of pressure pulsations is strongly recommended. In particular, the maximum pressure amplitude under the resonant conditions should be appropriately evaluated. In this study, a one-dimensional excitation source model for a compressor or pump is introduced based on the equation of motion, so as to incorporate the non-linear damping proportional to velocity squared in the total piping system including the compressor or pump. The damping characteristics of the compressor or pump are investigated by using the semi-empirical model. It is shown that the resistance coefficient of the compressor or pump depends on the Reynolds number that is defined using the equivalent velocity of the pulsating flow. The frequency response of the pressure amplitude and the pressure distribution in the piping system can be evaluated by introducing the equivalent resistance of the compressor or pump and that of piping system. In particular, the relation of the maximum pressure amplitude in piping system to the location of the excitation source under resonant conditions can be evaluated. Finally, the reduction of the pressure pulsations by use of an orifice plate is discussed in terms of the pulsation energy loss. (C) 2013 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI

  • Modeling of the motion of spent nuclear fuel racks taking account of FSI effect

    Shigehiko Kaneko, Hironao Shirai, Rei Fukushima, Hideo Yasue

    Proceedings of ENOC 2014, (オーストリア、ウィーン)     #494  2014年

  • DYNAMICS OF THE FORCED KARMAN WAKE: COMPARISON OF 2D AND 3D MODELS

    Njuki W. Mureithi, Xiaofei Xu, Laszlo Baranyi, Tomomichi Nakamura, Shigehiko Kaneko

    ASME PRESSURE VESSELS AND PIPING CONFERENCE - 2014, VOL 4     PVP2014-28750  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    The interaction between the cylinder motion and the wake is a complex feedback phenomenon in which the symmetry relationship between the wake and the cylinder motion plays a key role. Depending on the frequency of oscillation the symmetry relationship between the unforced von Karman wake and the imposed forced oscillations can induce a series of bifurcations. This detailed bifurcation behavior is the subject of study in the present work. 2D and 3D simulations are carried out for a Reynolds number Re=1000. As the inline cylinder forcing amplitude is increased, the wake undergoes a series of bifurcations and associated changes in the flow structure. Although the 2D analysis is clearly non-physical, it leads to a 'simpler' and more tractable model.
    Detailed comparison of the 2D and 3D POD modes provides insight into the forced wake dynamics. The 3D spatial mode shapes are significantly similar to those from 2D simulations. The relative modal energy distribution captures well the wake flow complexity. The first mode contains over 90% of the flow energy in the 2D simulations. This ratio drops significantly in the 3D case to around 45%. Clearly 3D effects are very important when it comes to energy distribution between the modes. However, the predominance of the first mode seems high enough to maintain the 2D -like dynamics.
    The wake flow is found to undergo two main transitions with increased forcing. The first is periodic shedding to chaotic shedding. The second is chaotic shedding to half -frequency shedding caused by a period -doubling bifurcation. The 2D simulations correctly predict these bifurcations including the type and the number of bifurcations. The results suggest that the forced wake dynamics are primarily dominated by twodimensional rather than 3D dynamics. However, 3D effects are important in determining the exact parameter values where bifurcations occur. A previously developed low order analytical model, based on 2D simulations, is also used to predict the wake bifurcation behavior. The relevance of the low order model has interesting implications for VIV control.

  • DESIGN AND MAINTENANCE IN AN IAEA TECHNICAL GUIDELINES ON FLUID-STRUCTURE INTERACTION

    Fumio Inada, Tomomichi Nakamura, Takashi Nishihara, Shigehiko Kaneko, Manwoong Kim, Robert A. Ainsworth, Shiro Takahashi

    ASME PRESSURE VESSELS AND PIPING CONFERENCE - 2014, VOL 4     PVP2014-28389  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    In nuclear power plants, fluid structure interactions (FSI) occurring in component systems can cause excessive forces or stresses to the structures resulting in mechanical damages that may eventually threaten the structural integrity. FSI in the guidelines includes flow-induced vibration, water hammer, and pipewhip. It can also include movement, deformation, or fracture of equipthents by tsunami etc. They can be issues of design and maintenance. Authors cannot find complete guidelines to correspond to the FSI phenomena which can be important in the design and maintenance of nuclear power plants. Based on the background, International Atomic Energy Agency (IAEA) has drafted guidelines on FSI. This paper summarizes general description of FSI as well as design and maintenance against FSI.

  • THE EFFECT OF PUNCHING PLATES TO SUPRESS THE SLOSHING IN A GAS LIQUID SEPARATOR

    Hayato Suzuki, Shigehiko Kaneko

    PROCEEDINGS OF THE ASME PRESSURE VESSELS AND PIPING CONFERENCE - 2013, VOL 4: FLUID-STRUCTURE INTERACTION     PVP2013-97918  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    Natural gas is relatively clean and its demand is increasing these days. In most of the case, gas fields are located at the bottom of the sea. Therefore, Floating Production, Storage and Offloading (FPSO) system is now attracting big attention. This paper is related to dynamical design of FPSO system, specially focused on the free surface elevation in the horizontal cylindrical and axisymmetric liquid vessel with end caps induced by the wave. In this study, the theory on the wave height and resonant frequency in a horizontal cylinder subjected to longitudinal external excitation is developed. Then, the theory capable of taking account of the effect of punching plates is described. Finally, experimental data of resonant wave height up to 3rd mode are shown in comparison with theoretically derived results.

  • Performance characteristics of gas-lubricated bump-type foil thrust bearing

    Abdelrasoul M. Gad, Shigehiko Kaneko

    Journal of Engineering Tribology, Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers,Part J   0 ( 0 ) 1 - 17  2014年  [査読有り]

  • バイオマスガスを利用するHCCIエンジン(予混合気の不均質性の影響)

    山崎由大, 篠田治人, 金子成彦

    Journal of the Japan Institute of Energy   93   135 - 141  2014年  [査読有り]

  • Study on an HCCI engine fueled by biomass gas (effect of inhomogeneity of premixture)

    Yudai Yamasaki, Haruto Shinoda, Shigehiko Kaneko

    Nihon Enerugi Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Energy   93 ( 2 ) 135 - 141  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    In this study, applicability of the gas fuel generated from wood biomass by thermal chemical processes to an homogenous charge compression ignition engine is investigated in experiment. In particular, the availability of inhomogeneity of both fuel concentration and temperature is evaluated to control the combustion against the variation of fuel composition. Inhomogeneity of premixture is varied by changing the ratio of fuel injected to two points, one far from the intake valve and another near the intake valve. In this system, both local fuel concentration and local temperature of premixture vary
    the lower fuel concentration point has higher initial temperature. Two test fuels with difference in H2 concentration are used. The influence of the inhomogeneity on both ignition timing and combustion duration was found. Higher inhomogeneity retards ignition timing for its lower temperature and prolong combustion duration for its distributed combustion in the cylinder. Furthermore, the effect of inhomogeneity and the acceptable inhomogeneity depended on fuel composition. Higher H2 content fuel can use higher inhomogeneity and receive much favors for decreasing maximum in-cylinder gas pressure rising rate.

    DOI

  • A Method of Sleepiness Estimate by Uusing Bayesian Estimation

    Shumpei Miyazaki, Shigehiko Kaneko

    APVC2013, Jeju Island, July 2-6    2013年07月  [査読有り]

  • Thermal instability in a magnetically levitated doubly overhung rotor

    Naohiko Takahashi, Shigehiko Kaneko

    JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION   332 ( 5 ) 1188 - 1203  2013年03月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper deals with a synchronous vibration instability that occurred in a two-stage overhung centrifugal compressor supported by magnetic bearings. The authors encountered an unbalance vibration that increased spirally in a polar plot at/near the first bending critical speed. The concentration of iron loss and thermal bending due to heat have been identified as the causes of the phenomenon, because the vibration stopped increasing when unbalance force rejection control (UFRC) was applied. In this paper, prior to an in-depth discussion of experiments on the above phenomenon, the compressor and magnetic bearing system are described. To provide a theoretical perspective, a model of the thermally induced vibration is presented and the stability is discussed. In the experiments, to exceed the first bending critical speed stably, balancing of the rotor under UFRC was carried out and rapid acceleration/deceleration was applied to the variable-speed drive system. The vibration behaviors around the critical speed were measured and the results verified the theoretical model. To evaluate the stability limit of the thermal bending, a method of measuring the model parameter that determines the stability is proposed and the measured data are compared with calculated results. Finally, methods for improving the stability are discussed. (C) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI

  • バイオマス由来ガス燃料を利用するHCCIエンジンの自動運転制御

    山崎由大, 新井太一, 金子 成彦

    日本機械学会論文集C編   79 ( 807 ) 4263 - 4274  2013年  [査読有り]

  • 自然エネルギーの変動抑制に利用するガスエンジンの排気特性とコスト評価

    見並 克俊, 山崎由大, 金子 成彦

    日本機械学会論文集B編   79 ( 808 ) 2836 - 2845  2013年  [査読有り]

  • ガスエンジンを利用した自然エネルギー電源の出力変動補償

    山崎 由大, 小林 大悟, 野口 雄平, 牛島 宏太, 金子 成彦

    日本機械学会論文集 B編(Web),   Vol.79 ( No.806 ) 2138 - 2148  2013年  [査読有り]

  • バイオマス熱分解ガスを用いるディーゼルエンジンに関する研究

    山崎由大, 野口雄平, 藤原直人, 金子成彦

    日本エネルギー学会誌   Vol.92 ( No.10 ) 957 - 963  2013年  [査読有り]

  • バイオマス由来ガス燃料を用いるエンジンの制御 (素反応数値計算とクランク軸瞬時トルクの適用)

    山崎由大, 津田健嗣, 金子成彦

    日本機械学会論文集 C編(Web)   Vol.79 ( No.801 ) 1453 - 1460  2013年  [査読有り]

  • Development of an engine control system using city gas and biogas fuel mixture

    Yudai Yamasaki, Masanobu Kanno, Yoshitaka Suzuki, Shigehiko Kaneko

    Applied Energy   101 ( issue C ) 465 - 474  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, a gas engine system capable of stable operation at any mix ratio of city gas 13A and biogas was developed. The gas engine system consists of a spark-ignition gas engine, an additional electric throttle valve for fuel and our own control algorithm. The engine is a 3-cylinder 1.6-l engine that was originally used for co-generation, and the fuel throttle valve was added to respond to different fuel compositions. The control algorithm was also designed to adjust the fuel and air ratio to attain a higher generation efficiency and lower NOx emission with different mix ratios of city gas 13A, biogas and load. Before developing the controller, the effect of the mix ratio on generation efficiency and NOx emission was investigated under various load conditions. The following summarizes the experimental results: a control algorithm using the Wobbe index for mixed fuels was formulated
    this index determines the target fuel-to-air ratio. Next, operation tests were performed under varying fuel mix ratios and loads by applying the control algorithm to the gas engine. The target engine rotational speed and exhaust O2 concentration was realized in 5s when the biogas fraction varied from 20% to 40% and from 70% to 40%. When the load was also varied from 9.4kW to 0.5kW and from 0.5kW to 9.4kW at a constant rate, the rotational speed and exhaust O2 concentration achieved the target values in 20s. Under both transient operation conditions, the engine system met the NOx emission requirement, and the results indicate that the simple hardware modification to a conventional gas engine and our original control algorithm are capable of achieving stable engine operation at any mix ratio of city gas 13A and biogas. © 2012 Elsevier Ltd.

    DOI

  • A Thermohydrodynamic Sparse Mesh Model of Bump-Type Foil Bearings

    Kai FENG, Shigehiko KANEKO

    ASME, J. Eng. Gas Turbines Power   135   022501 (12 pages)  2013年  [査読有り]

  • Thermally Induced Vibration in Magnetic Bearing Supported by High-Speed Rotor

    Naohiko Takahashi, Shigehiko Kaneko

    Journal of Sound and Vibration   332   1188 - 1203  2013年  [査読有り]

  • Automatic operation system of HCCI engine with Gas fuel from biomass

    Yudai Yamasaki, Taichi Arai, Shigehiko Kaneko

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C   79 ( 807 ) 4263 - 4274  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    Two types of the automatic HCCI engine control systems to use biomass gas were developed. One is to use inhomogeneity of pre-mixture, and another one is to use city gas 13A to control ignition and combustion. Ion current measurement system was applied to detect the combustion behavior for the variation of biomass gas and was also used for the closed loop control systems. From these systems, it was clarified that the maximum timing of the ion current and the rate of heat release have correspondence regardless of fuel compositions and inhomogeneity of mixture. In both control systems, setting the maximum timing of ion current to a constant value is enough to achieve higher thermal efficiency. Both systems succeeded to operate the engine for varying compositions of biomass gas, although the combustion system using city gas 13A shows better applicability than the inhomogeneity of mixture control system. © 2013 The Japan Society of Mechanical Engineers.

    DOI

  • Exhaust gas characteristic and cost evaluation of gas engines compensating for power fluctuation of renewable energy

    Katsutoshi Minami, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B   79 ( 808 ) 2836 - 2845  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    To utilize photovoltaic power generation (PV), the compensation for power fluctuation is necessary since the fluctuation has a bad influence on electric power system. Therefore, micro grid using several kinds of distributed generation is considered to be a good solution. For this reason, studies on batteries have been done in particular, due to the high output responsiveness. However, the power generation cost of batteries is higher than other distributed generation such as gas engines, which have not been studied enough from the viewpoint of distributed generation to compensate for renewable energy. In this paper, the feasibility of gas engines to compensate for the PV fluctuation is investigated from the point of view of exhaust gas NOx and power cost by simulation. As a result, the amount of NOx increases as the output of the gas engine fluctuates, but this increase on NOx hardly has a problem in micro grid. As for power cost, it can be decreased by combining battery and a few kinds of gas engines efficiently. In conclusion, it can be said that gas engines are able to play an important role in micro grid as distributed generation. © 2013 The Japan Society of Mechanical Engineers.

    DOI

  • Application of gas engines to compensation of power fluctuation from renewable energy generations

    Yudai Yamasaki, Daigo Kobayashi, Yuehi Noguchi, Kota Ushijima, Shigehiko Kaneko

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B   79 ( 806 ) 2138 - 2148  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    In order to increase the capacity of renewable energy in power systems, it is necessary to reduce power fluctuations. In this paper, the potential of gas engines (GEs) is evaluated by means of dynamic simulation in hybrid power systems consist of GEs and photovoltaic cells (PV) supply power to a large grid. First, basic characteristics of gas engines were investigated for load changes. The small gas engine, its maximum output is 9.9kW, shows quicker response of output and lower generating efficiency than the gas engine of 350kW output. The load response of both engines is influenced by the amplitude and the frequency of the output demand, and not by the bias load. Next, the simulations were implemented using the real power profile of PV. As a result of simulations, 9.9 kW GE is very useful to compensate PV power fluctuation because of its quick response for the load change. The efficient system to use GEs to achieve both the suppression of the PV's power fluctuation and the higher efficiency of the system is also discussed. By combining a larger scale GE with small scale GEs, the system to control preferentially the small GEs shows higher system efficiency at the same output response condition. © 2013 The Japan Society of Mechanical Engineers.

    DOI

  • Study on diesel engine with biomass producer gas

    Yudai Yamasaki, Yuhei Noguchi, Naoto Fujiwara, Shigehiko Kaneko

    Nihon Enerugi Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Energy   92 ( 10 ) 957 - 963  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    The composition of the biomass producer gas varies for the resource of biomass and the gasification method. In order to establish the operation guideline for dual fuel engines with a traditional injection system to use such gas fuels, the effects of the gas composition, pilot injection quantity and EGR on engine performance and emissions were investigated in experiments. The various mock biomass producer gases consisting of H2, CH4, CO, N2 and CO2 were supplied by mass flow controllers to a direct-injection diesel engine with a jerk type fuel injection pump. JIS 2 type diesel was also used for pilot fuel. It is clarified that the laminar burning velocity is useful index to estimate the operating range regardless of the gas composition, although the suitable equivalence ratio to ensure the stable operation varies according to the gas composition. The laminar burning velocity of over 40 cm/s at the TDC condition is a qualification to keep stable engine operation. At lower loads, EGR improves combustion and leads to the higher thermal efficiency, although it decreases the thermal efficiency because of its lower degree of constant volume at medium loads. In addition, the effect of EGR is small for the fuel with lower hydrogen content.

    DOI

  • Engine control with gas fuel produced from biomass (availability of calculation with detailed chemical reaction and crank shaft torque)

    Yudai Yamasaki, Kenji Tsuda, Shigehiko Kaneko

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C   79 ( 801 ) 1453 - 1460  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    Internal combustion engines are required to use various fuels. A conventional MAP based engine control system is not suitable for achieving stable operation and high thermal efficient operation for various fuels. Authors have been developing the engine control algorithm to realize fuel flexibility by employing experimental rules and a closed 1oop control using in-cylinder gas pressure. In this study, in order to improve fuel flexibility of engine control algorithm and to confirm the experimental rules, availability of calculation results with elementary reactions for the algorithm is investigated. Availability of instant crank shaft torque for a feedback sensor is also investigated. The result shows that the modified engine control system employing laminar burning velocities calculated from elementary reactions and the torque feedback 1oop can maintain stable operations when fuel lower heating value varies during engine operation. © 2013 The Japan Society of Mechanical Engineers.

    DOI

  • NUMERICAL SIMULATION OF PULSE WAVE PROPAGATION IN ARTERIES WITH STRUCTURED-TREE OUTFLOW CONDITIONS

    Kazuma Yasuda, Shigehiko Kaneko

    Proceedings of the ASME 2012 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference IDETC/CIE 2012     DETC2012-71013  2012年08月  [査読有り]

  • DYNAMIC CHARACTERISTICS OF FLUID FORCE INDUCED BY SWIRLING LEAKAGE FLOW BETWEEN ROTATIONAL AND STATIONARY DISKS

    Takayuki Sugiyama, Shigehiko Kaneko

    Proceedings of the ASME 2012 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, IDETC/CIE 2012, August 12-15, 2012, Chicago, IL, USA     DETC2012-70974  2012年08月  [査読有り]

  • Modeling of Combustion Oscillation Experienced in Micro Gas Turbine Combustor Fueled by Biomass Gas

    Shigehiko KANEKO, Daisuke YAMAZAKI, Hosung HWANG, Tatsuo WATANABE, Yudai YAMASAKI

    FIV2012, 10th International Conference on Flow-Induced Vibration (& Flow-Induced Noise) 2nd - 6th July 2012, Hosted by Trinity College Dublin    2012年07月  [査読有り]

  • Damping estimation of a loosely supported single U-bend tube used in a steam generator

    Shigehiko Kaneko, Risa Kobayashi, Tatsuo Watanabe, Tomomichi Nakamura

    J. Phys.: Conf. Ser   382   12048  2012年  [査読有り]

  • HCCIエンジンによる木質系バイオマスガスと都市ガスの混焼利用(燃料組成の影響)

    山崎 由大, 篠田 治人, 金子 成彦

    日本機械学会論文集B編(Web)   78巻 ( 787号 ) 410 - 414  2012年  [査読有り]

  • HCCI engine fueled by woody biomass gas and city gas (effect of fuel composition)

    Yudai Yamasaki, Haruto Shinoda, Shigehiko Kaneko

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B   78 ( 787 ) 410 - 414  2012年  [査読有り]

     概要を見る

    Autoignition and combustion characteristics of biomass gas and city gas 13 A mixed fuels in a HCCI engine were investigated. A mock biomass gases consisting of H 2, CH 4, CO, N 2 and CO 2 were used assuming woody pyrolysis gases. Using a modified gas engine with high compression ratio pistons and an inlet air heating system, experiments were carried out. Influences of mixing ratio of two fuels on heat release and indicated thermal efficiency were investigated. Higher city gas 13 A content make maximum value of rate of heat release lower at a constant equivalence ratio and a constant IMEP. The mixed fuel obtains higher indicated thermal efficiency and lower cyclic variation than biomass gas or city gas 13A only. Effects of H 2 and CO contents of biomass gas were also investigated. It is clarified that H2 has a big influence on rate of heat release but CO does not. © 2012 The Japan Society of Mechanical Engineers.

    DOI

  • Development of an Assistant Design System for Gas Foil Bearings

    Feng Kai, Shigehiko Kaneko

    International Gas Turbine Congress 2011, November 13th-18th, 2011, Osaka, Japan     IGTC2011-ABS-0167  2011年11月  [査読有り]

  • Integrated Numerical Model for Thermohydrodynamic Analysis of Bump-Type Foil Bearings

    Feng Kai, Shigehiko Kaneko, Haruo Houjoh

    Proc.ASME 2011 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, August 29-31, Washington, DC.,USA     DETC2011-47626  2011年08月  [査読有り]

  • Combustion Oscillation of Micro Gas Turbine Operated by Biomass Gas

    Hwang Hosong, Daisuke Yamasaki, Ryohei Kitamura, Shigehiko Kaneko, Yudai Yamasaki

    Proceedings of The Second Korea-Japan Dynamics Symposium, 韓国釜山市・釜山コンベンションセンター, May 25-27    2011年05月

  • A Method of Sleepiness Estimate by a Correlation between RR interval and Sleepiness

    Shigehiko Kaneko, Rei Fukushima

    DYNAMICS FOR SUSTAINABLE ENGINEERING, 2011, VOL 4     2040 - 2046  2011年

     概要を見る

    This study aimed to invent handy method that can estimate the level of sitting people's sleepiness from RR interval(Time duration between two consecutive R waves of the ECG)in order to proposenew system for preventing car accidents caused by sleepiness. In the study, to estimate sleepiness level from RR interval, relationship of them was investigated by a series of experiment. RR interval was calculated from the pulse wave measured with a finger sensor. Sleepiness level was measured with Visual Analogue Scale (VAS), one of the typical subjective rate scales. The measured sleepiness level was named sleepiness score.
    As a result of investigating relationship of RR interval and sleepiness score, clear correlation between them was found. Finally, sleepiness-estimate function was first determined by applying least-square method to the scatter diagram of RR interval and sleepiness score. Then, usability of this function was verified from the results of a series of experiments showing the possibility to universally estimate sleepiness from RR interval.

  • Noninvasive Biological Sensor System for Detection of Drunk Driving

    Kohji Murata, Etsunori Fujita, Shigeyuki Kojima, Shinitirou Maeda, Yumi Ogura, Tsutomu Kamei, Toshio Tsuji, Shigehiko Kaneko, Masao Yoshizumi, Nobutaka Suzuki

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION TECHNOLOGY IN BIOMEDICINE   15 ( 1 ) 19 - 25  2011年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Systems capable of monitoring the biological condition of a driver and issuing warnings during instances of drowsiness have recently been studied. Moreover, many researchers have reported that biological signals, such as brain waves, pulsation waves, and heart rate, are different between people who have and have not consumed alcohol. Currently, we are developing a noninvasive system to detect individuals driving under the influence of alcohol by measuring biological signals. We used the frequency time series analysis to attempt to distinguish between normal and intoxicated states of a person as the basis of the sensing system.

    DOI

  • Developement of flexible gas fuel engine system

    Yudai YAMASAKI, Yukihiro NISHIZAWA, Shigehiko KANEKO

    Journal of System Design and Dynamics   Vol. 5 ( No.1 ) 125 - 138  2011年  [査読有り]

  • Prediction of Dynamic Coefficients of Bump-Type Foil Bearings with Bump Considered as Link-Spring Structure

    Kai Feng, Shigehiko Kaneko

    Tribology Online   Vol.6 ( 1 ) 10 - 18  2011年  [査読有り]

  • PRESSURE PULSATIONS IN A DRUM EXCITED BY A CENTRIFUGAL COMPRESSOR CONNECTED TO A PIPING SYSTEM

    Itsuro HAYASHI, Shigehiko Kaneko

    7th International Symposium on Fluid-Structure Interactions, Flow-Sound Interactions, and Flow-Induced Vibration & Noise, FEDSM-ICNMM2010, August 1-5, 2010, Montreal, Canada     FEDSM-ICNMM2010-30295  2010年08月  [査読有り]

  • EFFECT OF BIFURCATION ON PULSE WAVE PROPAGATION IN HUMAN ARTERIES

    Yusuke Kawai, Shigehiko Kaneko

    7th International Symposium on Fluid-Structure Interactions, Flow-Sound Interactions, and Flow-Induced Vibration & Noise,FEDSM-ICNMM2010, August 1-5, 2010, Montreal, Canada     FEDSM-ICNMM2010-30675  2010年08月  [査読有り]

  • Development of Micro Gas Turbine Generator Fueled by Biomass Gas

    Shigehiko Kaneko, Yudai Yamasaki, Tatsuo Watanabe

    Renewable Energy 2010 Proc., O-Ps-1-5, CD    2010年

  • Control of Micro Gas Turbine Generator Fueled by Biomass Gas

    Shigehiko Kaneko, Yudai Yamasaki

    MOVIC    2010年  [査読有り]

  • Development of fuel flexible engine control system

    Yudai YAMASAKI, Yukihiro NISHIZAWA, Yoshitaka SUZUKI, Shigehiko KANEKO

    MOVIC    2010年  [査読有り]

  • Parametric Studies on Static Performance and Nonlinear Instability of Bump-Type Foil Bearings

    Kai Feng, Shigehiko Kaneko

    JSME Journal of System Design and Dynamics   Vol.4 ( No.6 ) 871 - 883  2010年  [査読有り]

  • バンプ型フォイル軸受の静特性と安定性に対するフォイル設計変数の影響

    馮 凱, 金子成彦

    日本機械学会論文集(C編)   76巻 ( 765号 ) 1249 - 1257  2010年  [査読有り]

  • マイクログリッドにおけるガスエンジンの動特性

    菅野雅信, 赤石誉幸, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会論文集(B編)   76巻 ( 763号 ) 403 - 405  2010年  [査読有り]

  • 多様な燃料組成に対応可能な小型ガスエンジンシステムの開発

    山崎由大, 西澤幸紘, 金子成彦

    日本機械学会論文集(B編)   76巻 ( 764号 ) 684 - 690  2010年  [査読有り]

  • バイオマスガス中のH2およびCOがHCCIエンジンの着火および燃焼に及ぼす影響

    山崎由大, 菅野雅信, 田浦康弘, 金子成彦

    日本機械学会論文集(B編)   76巻 ( 761号 ) 135 - 141  2010年  [査読有り]

  • Analytical Model of Bump-Type Foil Bearing Using a Link-Spring Structure and a Finite Element Shell Model

    Kai Feng, Shigehiko Kaneko

    ASME Journal of Tribology   132 ( 2 ) 21706(11 pages)  2010年  [査読有り]

  • Dynamic characteristic of gas engine in micro grid

    M. Kanno, Takayuki Akaishi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B   76 ( 763 ) 403 - 405  2010年  [査読有り]

     概要を見る

    To realize stable operation of microgrids, gas engines require to compensate load changes from demands and variation of other renewable energy devices. Then, prehension of load following capability is important in gas engines. In addition, when biomass gas is supplied to gas engines, effect of fuel component variation on dynamic characteristics must be investigated, because components of biomass gas depend on operating condition of gasification or raw material. This study proposed a dynamic simulation model of gas engine and estimated transient response to load changes. Load changes were sinusoidal wave, and bias value, amplitude and frequency of them were varied. As a result, the frequency has more influence on transient response than the bias value and the amplitude. When biomass gas is supplied to gas engines, transient response is worce than city gas over the frequency of 0.1 Hz.

    DOI

  • Development of a System for Capturing Sleep Predictor Signals during Wakefulness

    E. Fujita, Y. Ogura, N. Ochiai, K. Murata, T. Kamei, Y. Ueno, S. Kaneko

    WORLD CONGRESS ON MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING, VOL 25, PT 4: IMAGE PROCESSING, BIOSIGNAL PROCESSING, MODELLING AND SIMULATION, BIOMECHANICS   25   1804 - 1807  2010年  [査読有り]

     概要を見る

    The feature of sleep pattern is determined by the rhythm of body temperature. In this study, a method was conceived for capturing changes in the peripheral circulatory system during the process of lowering of core body temperature via finger plethysmogram. Recorded signals were then analyzed by chaos analysis. By analyzing the variations in the time series of the gradients of the largest Lyapunov exponent and the power value (the square of the finger plethysmogram amplitude), and by observing the conditions of the subject, the phenomenon that predicts the subject's transition to Stage 1 sleep during wakefulness was detected.

  • Combustion characteristics of flameless combustion in a small size gasturbine combustor fuelled by low calorific gas

    M.Tanaka, S.Hayashi, M.Hiramatsu, S.Kaneko, Y.Yamasaki

    Proceedings of Asian congress on gas turbines 2009, University of Tokyo, Tokyo, Japan    2009年

  • Calculation model of bump-type foil bearing with shell and link-spring structure

    K. Feng, S. Kaneko

    Proceedings of Asian congress on gas turbines 2009, University of Tokyo, Tokyo, Japan    2009年

  • Study on Biomass Gas HCCI Engine

    Yudai Yamasaki, Masanobu Kanno, Yasuhiro Taura, Shigehiko Kaneko

    SETC2009     2009-32-0066 / 20097066  2009年  [査読有り]

  • Parametric studies on static performance and nonlinear stability of bump-type foil bearing

    Kai Feng, Shigehiko Kaneko

    APVC2009 (NZ)    2009年  [査読有り]

  • Operation of Micro Gas Turbine System Employing Two Stage Combustion by Using Biomass Gas

    Yudai Yamasaki, Yukinori Okada, Kazuki Iijima, Shigehiko Kaneko

    Proceedings of ASME Turbo Expo 2009     GT2009-59900  2009年  [査読有り]

  • Prediction of Dynamic Coefficients of Bump-Type Foil Bearing with Bump Considered as Link-Spring Structure

    Kai Feng, Shigehiko Kaneko

    World Tribology Congress, Kyoto, Japan     WTC2009-90791  2009年  [査読有り]

  • Link-Spring Model of Bump-Type foil bearings

    Kai Feng, Shigehiko Kaneko

    ASME Trubo Expo 2009     GT2009-59260  2009年  [査読有り]

  • Calculation of Dynamic Coefficients for Multiwound Foil Bearings

    Kai FENG, Shigehiko KANEKO

    Journal of System Design and Dynamics, JSME   Vol.3 ( No.5 ) 841 - 852  2009年  [査読有り]

  • HCCIエンジンにおけるバイオマスガスの着火燃焼特性

    山崎由大, 菅野雅信, 西澤幸紘, 永田裕樹, 金子成彦

    日本機械学会論文集(B編)   75巻 ( 751号 ) 482 - 483  2009年  [査読有り]

  • 自動車用エンジン転用によるバイオマスガスエンジンの開発

    西澤幸紘, 山崎大輔, 永田裕樹, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会論文集(B編)   75巻 ( 751号 ) 485 - 487  2009年  [査読有り]

  • 二段燃焼を用いたマイクロガスタービン発電システムのバイオマスガスによる運転

    岡田幸順, 飯島一樹, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会論文集(B編)   75巻 ( 751号 ) 488 - 489  2009年  [査読有り]

  • Combustion Characteristics of Low-Calorific-Value Gaseous Fuels in Small Gas Engine

    Yudai YAMASAKI, Go TOMATSU, Yuki NAGATA, Shigehiko KANEKO

    JSME Journal of Environment and Engineering   Vol. 4 ( No.1 ) 188 - 197  2009年  [査読有り]

  • Thermohydrodynamic Study of Multi Wound Foil Bearing Using Lobatto Point Quadrature

    Kai FENG, Shigehiko KANEKO

    ASME Journal of Tribology   131 ( 2 ) 021702-1 - 021702-9  2009年  [査読有り]

  • G0801-1-3 動特性モデルに基づく2軸マイクロガスタービン発電システムの回転数制御(動力エネルギー部門一般(1))

    金子 成彦, 飯島 一樹, 渡邉 辰郎, 山崎 由大

    年次大会講演論文集   2009   145 - 146  2009年

     概要を見る

    In this study, to establish the methodology for controlling the rotational speed of two shaft axial micro gas turbine generator system, modeling strategy of static and dynamic characteristics of the system based on nonlinear model is proposed. This model is constructed based on the combination of measured data and correction factors and does not rely on compressor and turbine map, which yields better prediction results with higher accuracy. To investigate the stability and robustness of the system, H infinity algorithm is employed as a system controller. The difference on controller performance designed based on the dynamical modeling of the target system and the measured data is discussed.

    DOI CiNii

  • J0801-1-6 バイオマスガスの燃料組成がHCCIエンジンの燃焼特性に与える影響(次世代燃料と新しい燃焼技術,エンジン,動カシステム(1))

    田浦 康弘, 山崎 由大, 金子 成彦

    年次大会講演論文集   2009   151 - 152  2009年

     概要を見る

    Biomass is expected to be a renewable energy that can replace fossil fuels and it is considered of value to use biomass to generate electricity by a HCCI engine. However the combustion characteristics of a HCCI engine fueled by biomass gas is not investigated yet. Therefore, the requirement of biomass gas composition that can appropriately achieve the HCCI combustion is experimentally clarified. As a result, it is confirmed that the ratio of H_2 to CO_2 concentration represents the combustion characteristic of a HCCI engine. And also, the fact that the ratio of H_2 to CO_2 can be an indicator of the operating range without causing the knock is shown.

    DOI CiNii

  • Operation of micro gas turbine system employing two stages combustion by using biomass gas

    Yukinori Okada, Kazuki Iijima, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B   75 ( 751 ) 488 - 489  2009年  [査読有り]

     概要を見る

    The micro gas turbine (MGT) system for the biomass gas has been constructed. This system consists of MGT power generation system, mock biomass gas supply system and control system. The features technologies in this system are two-stage combustor and H infinity system controller. The combustor achieves both higher combustion efficiency and lower NOx emission, in which a stable tubular flame combustion of the first stage supplies burned gas to the second stage and causes stable ignition and combustion of biomass gas and air pre-mixture. H infinity algorithm is employed as a system controller for its robustness for disturbances like as unpredictable fuel component fluctuation. By using this MGT system, operation test was carried out with mock biomass gas. Rotational speed of the power turbine could be kept constant with both fermentation gas and pyrolysis gas, and NOx emission was low. The speed could be also kept constant, even when the fuel composition or load changed.

    DOI

  • Ignition and combustion characteristics of biomass gas in a HCCI Engine

    Yudai Yamasaki, Masanobu Kanno, Yukihiro Nishizawa, Yuki Nagata, Shigehiko Kaneko

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B   75 ( 751 ) 482 - 484  2009年  [査読有り]

     概要を見る

    Auto-ignition and combustion characteristics of biomass gas were investigated experimentally. Mock biomass gas consisted of H2, CH4, CO, N2 and CO2, was used assuming a wood pyrolysis gas. A test engine was a 3-cylinder 1.6 L gas engine modifying compression ratio from 9.5 to 24 and equipping the intake air heating system. Experiments were carried out by varying equivalence ratio and fuel composition. The engine could realize auto-ignition and combustion at higher thermal efficiency with mock biomass gas, IMEP was 0.28 MPa and indicated thermal efficiency was 37% at 600 rpm. The knock did not cause at higher equivalence ratio over 0.4, because the fuel had much dilution components, which made combustion speed slower like as EGR. Higher hydrogen content caused the combustion speed to be high, but it did not influence on the ignition timing. On the contrary, the high carbon monoxide content retarded ignition timing, but it did not influence on the combustion speed. Auto-ignition temperature of biomass gas was from 1 000 K to 1 050 K as same as hydrocarbon fuels.

    DOI

  • Development of a biomass gas engine by diverting an automotive engine

    Yukihiro Nishizawa, Daisuke Yamazaki, Yuki Nagata, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B   75 ( 751 ) 485 - 487  2009年  [査読有り]

     概要を見る

    In order to use biomass resources efficiently, a small-size gas engine in a small-distributed generation system is one of the effective methods. However, existing gas engines for energy generation are too big to use in small-distributed generation systems and very expensive. So, diverting automotive engines is sensible solution because of their low cost. On the other hand, the composition of biomass gas generated from gasification plants is affected not only by the source and the gasification method but also by the gasification condition. Therefore, we aimed to develop a low cost and small size biomass gas engine by diverting an automotive engine with original control system. The intake system of the automotive gasoline engine was changed to two throttles in order to control both fuel and air flow rate respectively. The control system was constructed by assuming to use various fuels whose composition can fluctuate. Operational test was carried out by using real biomass gas from the gasification plant. As results, engine speed and air fuel ratio were stably controlled and the engine output achieved 19 kW.

    DOI

  • Noninvasive biological sensor system for detection of drunk driving

    Shigeyuki Kojima, Shinitirou Maeda, Yumi Ogura, Etsunori Fujita, Kohji Murata, Tsutomu Kamei, Toshio Tsuji, Shigehiko Kaneko, Masao Yoshizumi

    2009 9TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION TECHNOLOGY AND APPLICATIONS IN BIOMEDICINE     168 - +  2009年  [査読有り]

     概要を見る

    Systems capable of monitoring the biological condition of a driver and issuing warnings during instances of drowsiness have recently been studied. Moreover, many researchers have reported that biosignals, such as brain waves, pulsation waves, and heart beat are different between people who have and have not consumed alcohol. Currently, we are developing a noninvasive system to detect individuals driving under the influence of alcohol by measuring biosignals. In this paper, a new algorithm to distinguish between the normal and intoxicated state of a person is proposed as the basic theory of the sensing system.

  • DEVELOPMENT OF TECHNOLOGIES FOR ELIMINATING HIGH-LEVEL NOISE EMITTING VEHICLES ON JAPANESE ROADS

    Masao Ishihama, Shigehiko Kaneko, Minoru Kamata, Takeharu Tanaka, Ichiro Sakamoto

    Proceedings of the IMECE2008, 2008 International Mechanical Engineering Congress and Exposition, November 2-6, 2008, Boston, Massachusetts, USA    2008年11月  [査読有り]

  • Prediction of Static Performance of Bump-type Foil Bearings and Validation

    Kai FENG, Shigehiko KANEKO

    CIST2008 & ITS-IFToMM2008, Sep. 24-27, Beijing, China    2008年09月

    DOI

  • Simplified appraisal method for fatigue on sitting for extended periods by using finger plethysmogram

    E. Fujita, Y. Ogura, N. Ochiai, T. Kamei, K. Murata, Y. Ueno, Shigehiko Kaneko

    JOURNAL OF OPTOELECTRONICS AND ADVANCED MATERIALS   10 ( 5 ) 1290 - 1294  2008年05月  [査読有り]

     概要を見る

    For the purpose of quantifying and indicating the degree of fatigue as a result of sifting in an automobile seat for long periods of time, a method was developed by using a baseline oscillation and the amplitude of a finger plethysmogram. Between a finger plethysmogram and the degree of fatigue, there is about one hundred times difference in a fluctuation cycle. So, an idea was proposed to convert a finger plethysmogram into a gradient of comprehensive change to make fluctuation cycle scales easily comparable. The gradients of the square of the finger plethysmogram amplitude were converted into absolute values. Then, we drew a fatigue curve based on the results calculated at 18-second integrated values of the time series signals. This curve and the muscle fatigue curve from subjective judgment were in general accord. By using a finger plethysmogram featuring high sensitivity to the fatigue progress, differences in various subjects and seat performances could be found on this fatigue curve using only a 30-minute fatigue test. This new method has made it possible to greatly shorten the measurement time necessary to predict fatigue level by sensory evaluation.

  • A Study of Engine Operation System with Pyrolysis Gas from Wood Biomass

    Yukihiro Nishizawa, Yuki Nagata, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    The 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, D213    2008年

  • Development of the Drive Dozing Prevention Technique Using a Sensor Installed in the Seat for Detecting the Driver’s Condition

    Shigehiko Kaneko, Masato Enokizono, Tsutomu Kamei, Etunori Fujita

    ERST 2008.1, Tolouse, CD-ROM    2008年

  • A Study of Thermohydrodynamic Features of Multi Wound Foil Bearing Using Lobatto Point Quadrature

    Kai Feng, Shigehiko Kaneko

    ASME Trubo Expo 2008, Berlin     GT2008-50110  2008年  [査読有り]

  • Characterestics of Pressure Pulsations in Piping Systems Excited by a Centrifugal Compressor

    Itsuro Hayashi, Shigehiko Kaneko

    FIV2008     563 - 568  2008年  [査読有り]

  • Operation Control of a Biomass Gas Engine with Real-Time Analysis of In-Cylinder Gas Pressure

    Yudai YAMASAKI, Go TOMATSU, Yuki NAGATA, Shigehiko KANEKO

    JSME Journal of System Design and Dynamics   Vol.2 ( No.6 ) 1284 - 1295  2008年  [査読有り]

  • 指尖容積脈波のゆらぎによる疲労度の評価

    藤田悦則, 村田幸治, 亀井 勉, 小倉由美, 落合直輝, 金子成彦

    疲労と休養の科学   Vol.20 ( No.1別冊 ) 71 - 84  2008年  [査読有り]

  • 遠心圧縮機による配管内圧力脈動に関する研究(第3報, 配管系に接続されたドラム内の圧力脈動に関する検討

    林 慈朗, 金子成彦

    日本機械学会論文集(C編)   074巻 ( 745号 ) 2162 - 2170  2008年  [査読有り]

  • 筒内圧力のリアルタイム解析によるバイオマスガスエンジンの運転制御

    山崎由大, 戸松豪, 永田裕樹, 金子成彦

    日本機械学会論文集(C編)   074巻 ( 741号 ) 1246 - 1252  2008年  [査読有り]

  • 遠心圧縮機による配管内圧力脈動に関する研究、(第2報、配管内圧力脈動の減衰特性に関する検討)

    林慈郎, 金子成彦

    日本機械学会論文集(C編)   074巻 ( 739号 ) 650 - 657  2008年  [査読有り]

  • The Prediction of Dynamic Performance of Multi Wound Foil Bearings

    Kai Feng, Shigehiko Kaneko

    APCOM’07 in conjunction with EPMESC XI, December 3-6, 2007, Kyoto, JAPAN    2007年12月  [査読有り]

  • 小型ガスエンジンでのバイオマスガス利用に関する研究

    山崎 由大, 金子 成彦

    日本燃焼学会誌 = Journal of the Combustion Society of Japan   49 ( 150 ) 236 - 245  2007年11月  [査読有り]

  • Combustion Characteristics of Small Size Gas Turbine Combustor Fueled by Biomass Gas Employing Flameless Combustion

    Masato Hiramatsu, Yoshifumi Nakashima, Sadamasa Adachi, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    ASME Gas Turbine Congress,Montreal     GT2007-27636  2007年05月  [査読有り]

  • Aerodynamic characteristics of carriage arm equipped on hard magnetic disks

    Shigehiko Kaneko, Takashi Nishihara, Tatsuo Watanabe

    MICROSYSTEM TECHNOLOGIES-MICRO-AND NANOSYSTEMS-INFORMATION STORAGE AND PROCESSING SYSTEMS   13 ( 8-10 ) 1297 - 1306  2007年05月  [査読有り]

     概要を見る

    In order to study aerodynamic characteristics of a carriage arm equipped on hard disk drives, water tunnel tests with ten times enlarged models of an actual arm were conducted based on Reynolds number similitude, which allows the time scale of the phenomena about 1,300 times slower than that compared with the phenomena under actual operation condition in the air. In the tests, flow visualization around the arm model. with fluorescent dye injection and laser-light sheet technique was carried out. Fluid dynamic drag, lift and torque on the model were also measured. The effects of the oncoming flow velocity and profile, the installation angle and position of the arm and the configuration of the trailing edge of the arm on the power spectral density of the fluid dynamic force were investigated. As a result, predominant spectrum peak, the Strouhal number of which is about 0.24, is found in the power spectral density of dynamic lift force on the arm. The flow visualization confirmed that the dynamic lift with the spectral peak originates from the alternating vortex shedding from the trailing edge of the arm. The peak rapidly decreases as the installation angle increases while the velocity profile of oncoming flow and the position of the arm in the gap direction have little effect on the peak component. Furthermore, it was demonstrated that the dynamic lift can be reduced by modification of trailing edge shape of the arm.

    DOI

  • Development of a Small Size Gas Engine Systemwith Biomass gas (Combustion Characteristics of The Wood Chip Pyrolysis Gas)

    Yudai YAMASAKI, Go TOMATSU, Yuki NAGATA, Shigehiko KANEKO

    14th Asia Pacific Automotive Engineering Conference, 2007-01-3612    2007年

  • Pulse Wave Propagation and Reflection in Human Arteries

    Ye Chang, Shigehiko Kaneko, Tatsuo Watanabe

    VSTech 2007, China    2007年

  • Pressure Pulsations by a Centrifugal Compressor at Blade Passing Frequency

    Itsuro Hayashi, Shigehiko Kaneko

    Proceedings of the ASME PVP conference     PVP2007-26212  2007年  [査読有り]

  • The Numerical Calculation of Static Performance of Multi Wound Foil Bearing and Experimental Validation

    Kai Feng, Shigehiko Kaneko

    Proceedings of STLE/ASME International Joint Tribology Conference     IJTC2007-44396  2007年  [査読有り]

  • Pulse Wave Propagation and Reflection in Human Arteries by Pressure-Velocity Loop and Impedance Analysis

    Ye Chang, Shigehiko Kaneko

    ASME PVP2007    2007年  [査読有り]

  • Design of Small Size Gas Turbine Combustor Fuelled by Low-Calorific Gas Based on Analysis of Flameless Combustion

    Masato Hiramatsu, Yoshifumi Nakashima, Shigeru Hayashi, Shigehiko Kaneko

    International Gas Turbine Congress 2007 Tokyo, Gas Turbine Society of Japan    2007年  [査読有り]

  • H∞ Control of Micro Gas Turbine for Low Calorific Gas

    Yukinori Okada, Tomohiko Kaneko, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    International Gas Turbine Congress 2007 Tokyo, Gas Turbine Society of Japan    2007年  [査読有り]

  • Pressure Pulsations by a Centrifugal Compressor in Piping Systems

    Itsuro Hayashi, Shigehiko Kaneko

    APVC2007, CD-ROM,   No.92  2007年  [査読有り]

  • Estimation of Dynamic Characteristic of Gas Engine Using Simulation Model

    Yuki Nagata, Go Tomatsu, Yudai Yamasaki, Shigehiko Kaneko

    12th Asia-Pacific Vibration Conference, Dynamics, Measurement and Control (DMC) Division, JSME    2007年  [査読有り]

  • Static Performance of Multi Wounded Foil Bearing with The Effect of Foil Deformation

    Kai Feng, Shigehiko Kaneko

    12th Asia Pacific Vibration Conference, APVC 2007, Sapporo, Japan, 2007/08    2007年  [査読有り]

  • Development of High Thermal Efficiency and Small Size Gas Engine System Using Biomass Gas Fuel

    Yudai Yamasaki, Go Tomatsu, Yuki Nagata, Shigehiko Kaneko

    2007 JSAE/SAE International Fuels and Lubricants Meeting     JSAE 20077086/SAE 2007-01-2042  2007年  [査読有り]

  • A Numerical Calculation Model of Multi Wound Foil Bearing with the Effect of Foil Local Deformation

    Kai Feng, Shigehiko Kaneko

    JSME Journal of System Design and Dynamics   Vol.1 ( No.3 ) 648 - 659  2007年  [査読有り]

  • 遠心圧縮機による配管内圧力脈動に関する研究、(第1報、評価モデルと共振時の脈動特性に関する検討)

    林 慈郎, 金子成彦

    日本機械学会論文集(C編)   Vol.73 ( No.732 ) 2255 - 2262  2007年  [査読有り]

  • バイオマスガス対応小型ガスエンジンの開発(低カロリーガス燃料の燃焼特性)

    山崎由大, 戸松豪, 永田裕樹, 金子成彦

    日本機械学会論文集(B編)   073巻 ( 729号 ) 1256 - 1262  2007年  [査読有り]

  • 0502 ガスエンジンの負荷追従特性に関する研究(S51-1 コージェネレーション,マイクログリッド,S51 分散エネルギー技術)

    山崎 由大, 戸松 豪, 永田 裕樹, 金子 成彦

    年次大会講演論文集   2007   35 - 36  2007年

     概要を見る

    Micro grid energy system is consisted of various kind of generator (ex: wind power system that use natural energy, gas engine, storage battery and etc.). These devices are needed to be operated in line for the electricity demand change. Fuel composition also changes in assuming biomass use in the micro grid. So, it is important to understand their transient response properties for designing and managing the micro grid. In this study, transient response characteristics of a small size existent gas engine were investigated in experiment and engine dynamics model was developed. Influence of fuel condition on transient response was also investigated. It was clarified that fuel condition did not affect load following time though thermal efficiency was changed.

    DOI CiNii

  • Transient Response Control for the Micro Gas Turbine System

    George Matsumoto, Tomohiko Kaneko, Shigehiko Kaneko

    pp.119, 8th International Conference on Motion and Vibration Control, 日時:2006年8月27日、場所:KAIST(韓国)    2006年08月  [査読有り]

  • Calculation of Static And Dynamic Characteristics of Multi Wounded Radial Foil Bearing Based on Leakage Flow Induced Vibration Theory

    Shigehiko Kaneko, Xiaoshan WU

    Proceedings of PVP2006, 2006 ASME Pressure Vessels and Piping Division Conference, PVP2006-ICPVT-11-93950, July 23-27, 2006, Vancouver, Canada    2006年07月  [査読有り]

  • Development of High Thermal Efficiency and Small Size Gas Engine with Biomass Gas -Combunstion Charactereistics of Low-Calorific Gas Fuel- for Low Calorific Value Gas from Biomass

    Yudai Yamasaki, Go Tomatsu, Shigehiko Kaneko

    Renewable Energy 2006 Proc., Abstract, p.54, O-N-2-1     1673 - 1676  2006年

  • Development of Micro Gas Turbine Generator system for Low Calorific Value Gas from Biomass

    Shigehiko Kaneko, Yoshifumi Nakashima, Tomohiko Kaneko, Yudai Yamasaki, Tatsuo Watanabe

    Renewable Energy 2006 Proc., Abstract, p.54, O-N-2-3     1681 - 1684  2006年

  • Emissions in Combustion of Lean Mixtures of Methane and Biomass Supported by Primary Hot Burned Gas in a Multi-stage Gas Turbine Combustor

    Sadamasa Adachi, Atsushi Iwamoto, Shigeru Hayashi, Hideshi Yamada, Shigehiko Kaneko

    Proceeding of Combustion Institute   Vol.31 ( No.2 ) 3131 - 3138  2006年  [査読有り]

  • Distributed Energy Systems and Micro Grids

    S.Kaneko

    The 21st Century COE Program Mechanical System Innovation , The University of Tokyo December 7-8     135 - 149  2005年12月

  • Development of a Method for Measuring Sleep Predictor Signals via Biological Signals in the Hip Region

    Etsunori Fujita, Kohji Murata, Naoki Ochiai, Shinichiro Maeda, Yumi Ogura, Tsutomu Kamei, Shigehiko Kaneko

    Proceedings of the 11th Asia-Pacific Vibration Conference,Vol.2, pp.427-431(2005)、日時:2005年11月23日、場所:アンダマンリゾート(マレーシア)    2005年11月  [査読有り]

  • Analysis of the pulse wave velocity and application to the blood pressure meter

    Ye Chang, Shigehiko Kaneko, Tsuo Watanabe

    Proceedings of the 11th Asia-Pacific Vibration Conference,Vol.1, pp.263-267(2005)、日時:2005年11月23日、場所:アンダマンリゾート(マレーシア)    2005年11月  [査読有り]

  • Development of Sleep Forecast Method by Fluctuation Time Series Analysis Utilizing Finger Plethysmogram

    E.Fujita, Y.Ogura, N.Ochiai, K.Murata, T.Kamei, Y.Ueno, S.Kaneko

    Proceedings of the World Association of Sleep Medicine 1st Congress, Berlin (Germany), October 15-18, MEDIMOND    2005年10月

  • Protptyping of palm top size micro gas turbine shaft system supported by foil bearings and the evaluation of dynamic characteristics

    Shigehiko KANEKO

    Proceedings of The Sixth Korea-Japan Symposium of Frontiers in Vibration Science and Technology, Ibaraki University, July 14-15     25 - 27  2005年07月

  • Clarification of Relations between Wake Behaviors and Fluid Excitation Force of a Circular Cylinder Oscillated in the Streamwise Direction at Low Cylinder Amplitudes

    Takashi NISHIHARA, Shigehiko KANEKO, Tatsuo WATANABE

    Proceedings of 4th Smposium on Bluff Body Wakes and Vortex-Induced Vibrations, Santorini, July 6-9     175 - 178  2005年07月

  • Characteristics of fluid dynamic forces acting on a circular cylinder oscillated in the streamwise direction and its wake patterns

    T Nishihara, S Kaneko, T Watanabe

    JOURNAL OF FLUIDS AND STRUCTURES   20 ( 4 ) 505 - 518  2005年05月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper describes the characteristics of fluid forces and wake patterns of a circular cylinder oscillating in the streamwise direction in a cross-flow, on the basis of precise measurements and flow-visualizations in forced-oscillation tests in a water tunnel at subcritical Reynolds numbers. The added mass and added damping coefficients of a circular cylinder in a streamwise oscillation were calculated. The results of the forced-oscillation tests confirmed that two reduced-velocity ranges with negative added damping exist. The two ranges agree well with the two streamwise excitation regions observed in the free-oscillation tests in several previous studies. The added mass coefficient for the streamwise vibration varies greatly, depending on the reduced velocity, and that can affect the dynamic behavior of the streamwise vibration under low mass-ratio conditions. Furthermore, the mean drag coefficient attains its maximum at the reduced velocity between the first and second excitation regions where the added damping coefficient reaches its local maximum. This suggests that the increase in the mean drag coefficient induced by the formation of alternate vortices magnifies the fluid damping effect and contributes to the damping region between the first and second excitation region. (c) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI

  • Experimental Study on Prediction of Sleep during Wakefulness

    E. Fujita, Y. Ogura, N. Ochiai, T.MIAO, T.SHIMIZU, K. Murata, T. Kamei, Y. Ueno, S. Kaneko

    Proc. VSTech 2005     282 - 287  2005年

  • Static and Dynamic Characteristics of a Micro Gas Turbine Rotor Supported by Radial Foil Bearings

    S.Kaneko, Y.Miyano, T.Watanabe

    Power MEMS2005 Technical Digest     89 - 92  2005年

  • Development of a MGT Combustor with Mixture Injected into Burned Gas

    S. Adachi, A. Iwamoto, Y. Yamasaki, H. Yamada, S. Hayashi, S. Kaneko

    ACGT2005-056, THE FIRST ASIAN CONGRESS ON GAS TURBINES,SEOUL, KOREA November 15-18, CD-ROM    2005年  [査読有り]

  • Development of a Micro Gas Turbine System With Low-Calorific Value Gas from Biomass

    Y.Yamasaki, Y.Nakashima, Y.Mori, T. Watanabe, S. Kaneko

    ACGT2005-057, THE FIRST ASIAN CONGRESS ON GAS TURBINES, SEOUL, KOREA November 15-18, CD-ROM    2005年  [査読有り]

  • 指尖容積脈波情報を用いた入眠予兆現象計測法の開発

    藤田悦則, 小倉由美, 落合直輝, 苗 鉄軍, 清水俊行, 亀井 勉, 村田幸治, 上野義雪, 金子成彦

    人間工学   Vol.41 ( No.4 ) 203 - 212  2005年  [査読有り]

  • Linear and Nonlinear Analysis of Sheet Flutter Induced by Leakage Flow

    Xiaoshan WU, Shigehiko KANEKO

    Journal of Fluids and Structures   20 ( 8 ) 927 - 948  2005年  [査読有り]

  • Added Mass Effect on Flow-induced Streamwise Vibration of a Circular Cylinder in Cross-flow

    Takashi Nishihara, Shigehiko Kaneko, Tatsuo Watanabe

    The 6TH International Topical Meeting on Nuclear Reactor Thermal Hydraulics, Operations and Safety NUTHOS-6, Oct4-8, Nara, Japan   Paper ID.N6P159  2004年10月  [査読有り]

  • Linear and Nonlinear Analyses of Sheet Flutter induced by Leakage Flow

    Xiaoshan WU, Shigehiko KANEKO

    Flow Induced Vibration, Vol.1, 119-124, Ecole de Polytechnique, July 6-9,2004、日時:2004年7月6日、会場:Ecole de Polytechnique(フランス)    2004年07月  [査読有り]

  • Characteristics of Fluid Dynamic Forces Acting on a Circular Cylinder Oscillating in the Streamwise Direction

    Takashi Nishihara, Shigehiko Kaneko, Tatsuo Watanabe

    Proceedings of 8th International Conference on Flow Induced Vibration, Vol.2, pp.267-272, Ecole de Polytechnique, July 6-9,2004、日時:2004年7月6日、会場:Ecole de Polytechnique(フランス)    2004年07月  [査読有り]

  • Prototyping of Radial and Thrust Air Bearing for Micro Gas Turbine

    金子成彦, 北澤 進, 渡邉辰郎

    日本ガスタービン学会誌   Vol.32 ( No.3 ) 322 - 327  2004年  [査読有り]

  • スキルの向上をめざした大学院演習の新方式

    渡邉辰郎, 金子成彦, 鎌田 実

    工業教育   Vol.51 ( No.3 ) 83 - 86  2004年  [査読有り]

  • 指尖容積脈波を用いた長時間着座疲労の簡易評価法の開発

    藤田悦則, 小倉由美, 落合直輝, 安田栄一, 土居俊一, 亀井 勉, 村田幸治, 上野義雪, 金子成彦, 指 尖

    人間工学   Vol.40 ( No.5 ) 254 - 263  2004年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • 都市ガスを燃料としたマイクロガスタービン監視制御システムの開発

    徐 朝全, 金子成彦, 渡邉辰郎

    日本ガスタービン学会誌   Vol.32 ( No.3 ) 322 - 327  2004年  [査読有り]

  • Nonlinear Dynamics of Continuous Fluid/ Structural Systems

    Shigehiko Kaneko

    2nd MIT Conference on Computational Fluid and Solid Mechanics, Cambridge (Boston, USA), , June 17-20    2003年06月

  • Nonlinear analysis of sheet flutter subjected to a leakage flow based on multibody dynamics

    XS Wu, S Kaneko

    JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES C-MECHANICAL SYSTEMS MACHINE ELEMENTS AND MANUFACTURING   46 ( 2 ) 500 - 507  2003年06月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper deals with nonlinear analyses of sheet flutter in a narrow passage caused by fluid-structure interaction. Attention is paid to the behavior of sheet when flow velocity exceeds critical, flow velocity. With discretization, the sheet is modeled as a combination of mass less beam elements, springs and discrete mass particles, in which the mass of each particle and spring coefficients are calculated based on the beam model. Nonlinear fluid forces acting on the mass particles are formulated then coupled with equations of motions of structure. After that the behavior of large-amplitude vibration of cantilevered sheet is simulated using numerical computation, showing that Vibration of sheet grows into a limit cycle oscillation then becomes unstable with increasing flow velocity.

  • Vibration and Control Related Issues of Micro Gas Turbines

    Shigehiko Kaneko

    APVC-2003    2003年  [査読有り]

  • Physical and Mathematical Modeling of Home Use Blood Pressure Meter

    Tateki Nakamura, Shigehiko Kaneko, Tatsuo Watanabe

    APVC-2003    2003年  [査読有り]

  • Combined Thermal Efficiency Evaluation and Dynamic Characteristics of Micro Gas Turbine Centered Co-generation System

    Shigehiko Kaneko, Gen Fukuyama, Tatsuo Watanabe

    IGTC2003Tokyo TS-117    2003年  [査読有り]

  • The Development of Operation System of a Liquid-Fueled Micro Gas Turbine

    Yuji Mori, Shigehiko Kaneko, Tatsuo Watanabe

    IGTC2003Tokyo TS-053    2003年  [査読有り]

  • Development of Foil Bearing for Micro Gas Turbine Use

    Susumu Kitazawa, Shigehiko Kaneko, Tatsuo Watanabe

    IGTC2003Tokyo TS-019    2003年  [査読有り]

  • 離散はり要素を用いたすきま流れによって発生するシートフラッタの非線形解析

    呉 小山, 金子成彦

    日本機械学会論文集、C編   Vol.69 ( No.687 ) 2991 - 2998  2003年  [査読有り]

  • A Study on Countermeasures against Wind-Induced Cable Vibrations in a Cable-Stayed Bridge by Changing Vibration Modes (Design Method and Application to an Actual Cable)

    Ryuji Nakano, Shigehiko Kaneko, Yoshinori Matsunaga, Ryuta Katamura

    Proc. of the Sixth International Conf. on Motion and Vibration Control     531 - 536  2002年

  • Nonlinear Analysis of Sheet Flutter Based on Multibody Dynamics

    Shigehiko KANEKO, Xiaoshosan Wu

    Proc. of the First Asian Conference on Multibody Dynamics, Iwaki     486 - 493  2002年

    DOI

  • Sheet Flutter Analysis Based on Multibody Dynamics

    Shigehiko KANEKO, Xiaoshosan Wu

    ESDA2002, ASME 6th Biennial Conference on Engineering Systems Design and Analysis(AMP-118: CD-ROM)    2002年

  • Traveling Optical Fiber Cable Vibrations Induced by Leakage Flow during Coating Process

    Shigehiko Kaneko, Yuichi Ozaki, Tatsuo Watanabe

    ASME 5TH International Conference on FSI,AE & FIV+N(CD-ROM)    2002年  [査読有り]

  • 離散はり要素を用いたすきま流れによって発生するシートのフラッタ解析

    金子成彦, 呉 小山

    日本機械学会論文集、C編   Vol.68 ( No.675 ) 3314 - 3321  2002年  [査読有り]

  • 円柱構造物の抗力方向流力振動に関する研究(第2報)

    西原 崇, 金子成彦, 安川亮一, 渡邉辰郎

    日本機械学会論文集、C編   Vol.68 ( No.674 ) 2880 - 2888  2002年  [査読有り]

  • 円柱構造物の抗力方向流力振動に関する研究(第1報)

    西原 崇, 金子成彦, 安川亮一, 渡邉辰郎

    日本機械学会論文集、C編   Vol.68 ( No.673 ) 2605 - 2613  2002年  [査読有り]

  • 振動モードの切替えによる斜張橋斜材ケーブルの制振方法に関する研究(第4報)

    中野龍児, 金子成彦, 片村立太

    日本機械学会論文集、C編   Vol.68 ( No.672 ) 2233 - 2240  2002年  [査読有り]

  • 振動モードの切替えによる斜張橋斜材ケーブルの制振方法に関する研究(第3報)

    中野龍児, 金子成彦, 片村立太

    日本機械学会論文集、C編   Vol.68 ( No.672 ) 2225 - 2232  2002年  [査読有り]

  • Annular Leakage Flow-Induced Vibrations

    D.-W., LI, Shigehiko Kaneko, Shinji Hayama

    Journal of Fluids and Structures   Vol.16 ( No.7 ) 909 - 930  2002年  [査読有り]

  • スキルアップ教育手段としてのPBL−新しい産学研究協力の試み−

    渡邉辰郎, 金子成彦

    工業教育   Vol.50 ( No.3 ) 83 - 86  2002年  [査読有り]

  • Experiences on FIV of Overflow Weir in Nuclear Power Plant

    Shigehiko KANEKO

    Proc. of Commemorative International Symposium of the 40th Anniversary of the Foundation of the Osaka Electro-Communication University   Vol.2   233 - 243  2001年

  • Global Noise Control of the Enclosed Sound Fields Using Active Structural-Acoustic Control

    Doh-Hyoung Kim, Shigehiko Kaneko

    Proc. of the Fourth Japan-Korea Symposium of Frontiers in vibration Science and Technology, Tokyo     7 - 8  2001年

  • Impact Damping Estimation of Single U-Bend Tube

    Risa Kobayashi, Xiaoshosan Wu, Yuichi Ozaki, Shigehiko Kaneko, Tatsuo Watanabe

    Proc. of the Fourth Japan-Korea Symposium of Frontiers in vibration Science and Technology, Tokyo,     113 - 114  2001年

  • Aerodynamic Vibration of Combined Rigid Bodies due to Leakage Flow (The Effect of Body Shapes and Support Condition)

    Shigehiko Tanaka, Takashi Hirata, Shigehiko Kaneko, Tatsuo Watanabe

    ASME PVP-Vol.420-2, Flow Induced Vibration ?2001-   Vol.2   45 - 52  2001年  [査読有り]

  • 振動モードの切替えによる斜張橋斜材ケーブルの制振方法に関する研究(第2報、ギャップがある場合のケーブル振動解析)

    中野龍児, 金子成彦, 片村立太

    日本機械学会論文集、C編   Vol.67 ( No.658 ) 1799 - 1806  2001年  [査読有り]

  • A Study on Countermeasures against Wind-Induced Cable Vibrations in Cable-Stayed Bridge by Changing Vibration Modes: 2nd Report, Cable Vibration Analyses Taking Account of Gap Effect

    Ryuji Nakano, Shigehiko Kaneko, Ryuta Katamura

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C   67 ( 658 ) 1799 - 1806  2001年  [査読有り]

     概要を見る

    Vibrations of stay cables are often induced by wind because of their aerodynamic instability. They must be suppressed to prevent cable fatigue and to allay passenger fear. Although various countermeasures have been developed, totally effective one has not yet been established. The authors have proposed a new vibration reduction method called “Vibration modes changing method” using a permanent magnet. A magnet installed near the end of the cable changes the vibration modes passively by repeating motions of constraining and releasing cables. With this method, growth of the unstable fundamental vibration mode is prevented by dissipating energy of higher stable modes. Comparing with other methods, it is expected to improve low temperature characteristics, maintenance and manufacturing cost. Considering only unstable fundamental vibration modes, the vibration analyses were carried out taking account of gap effects. The results agree well with wind tunnel tests and the design conditions were obtained. © 2001, The Japan Society of Mechanical Engineers. All rights reserved.

    DOI

  • Self-excited sloshing due to the fluid discharge over a flexible plate weir

    H Nagakura, S Kaneko

    JOURNAL OF PRESSURE VESSEL TECHNOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   122 ( 2 ) 192 - 197  2000年05月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper presents an analytical model for the self-excited sloshing due to the fluid discharge over a flexible weir, as observed in the cooling circuit of the French fast breeder reactor, Super-Phenix-1. To clarify the instability mechanism, we analyzed the case in which a rectangular reservoir was divided into an upstream and a downstream plenum by a flexible plate weir. The kinematic and dynamic effects of the discharged fluid on downstream plenum sloshing are discussed in details. Calculations are presented for the rectangular fluid-structure model with successively increasing fluid level difference between the upstream and downstream plenums, and the instability mechanism is examined. [S0094-9930(00)00302-4].

  • Self-excited oscillations of dual cylindrical flexible weir shells due to overflow fluid

    S Tanaka, S Kaneko, T Watanabe

    JOURNAL OF VIBRATION AND CONTROL   6 ( 3 ) 351 - 373  2000年03月  [査読有り]

     概要を見る

    Self-excited oscillations of the structure coupled with inner fluid occurred in the insulation wall cooling system of the fast breeder reactor Super-Phenix-l (SPX-1) in France during test operations. In this system, lower temperature sodium going up along the inside of the main vessel in a feeding plenum brims over a cylindrical flexible weir shell and flows into a restitution plenum. It is reported that the self-excited oscillations were found to occur at the same natural frequency of the sloshing in the restitution plenum, the free surface of the fluid in both feeding and restitution plenums oscillated at large amplitudes, and the cylindrical shell was found to oscillate with an oval vibration mode instability. Such an instability is called a coupled sloshing mode. In this study, the authors analyzed and performed experiments on the instability of a multiple cylindrical structure system that has dual flexible weir shells. They measured self-excited oscillations changing various parameters such as discharge flow rate, difference of the liquid heights between feeding and restitution plenums, and so on. In the experiment, it was found that dual cylindrical shells oscillate in and out of phase with each other with an oval vibration mode under the specific conditions. Comparison between theoretically and experimentally obtained instability regions was made showing good agreement.

  • Self-excited sloshing due to the fluid discharge over a flexible cylindrical weir

    H Nagakura, S Kaneko

    JOURNAL OF PRESSURE VESSEL TECHNOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   122 ( 1 ) 33 - 39  2000年02月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper presents an analytical model for the self-excited sloshing due to the fluid discharge over a flexible weir, as observed in the cooling circuit of the French fast breeder reactor, Super-Phenix-1. To clarify the instability mechanism, we analyzed the case in which an annular reservoir wad divided into an upstream and a downstream plenum by a flexible cylindrical weir. The kinematic and dynamic effects of the discharged fluid on downstream plenum sloshing are discussed in details. Calculations are presented for the cylindrical fluid-structure model with successively increasing fluid level difference between the upstream and downstream plenums, and the instability mechanism is examined. [S0094-9930(00)00901-X].

  • Dynamical modeling of deepwater-type cylindrical tuned liquid damper with a submerged net

    S Kaneko, Y Mizoto

    JOURNAL OF PRESSURE VESSEL TECHNOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   122 ( 1 ) 96 - 104  2000年02月  [査読有り]

     概要を見る

    An analytical model for describing the effectiveness of a deepwater-type cylindrical tuned liquid damper (TLD) with a submerged net for suppressing horizontal vibration of structures is first proposed. In this study, we performed calculations to estimate the effectiveness of a deepwater-type cylindrical TLD based on a proposed dynamical model and compared with experimental results obtained by shaking table experiments and free oscillation tests. In particular, the effect of hydraulic resistance produced by a submerged net and the liquid depth ratio (the ratio of the liquid depth to the diameter of the cylindrical tank) are examined intensively. In the analysis, employing finite amplitude wave theory and Galerkin method in the case of cylindrical tank, we obtained hydrodynamic forces and the free surface elevations. Then, combining the hydrodynamic forces with the equation of motion of the structure, damped transient responses were calculated. The calculated results thus obtained were compared with the experimental results, by which the validity of the modeling methodology was confirmed. [S0094-9930(00)00101-3].

  • Leakage flow induced flutter of highly flexible structures

    S Kaneko, S Tanaka, T Watanabe, H Fujitani

    FLOW-INDUCED VIBRATION     811 - 818  2000年

     概要を見る

    Pager sheet nutter observed in paper manufacturing machines is the subject of this work. To analyze the basic mechanism of the problem, we discuss the case where a sheet of paper with both ends cramped is fixed in the center of the channel and the airflow is running parallel to the sheet in a narrow passage between a rigid wall and a flexible sheet. The sheet is modeled as a beam like structure subjected to tension and FEM is employed to formulate the problem. To obtain fluctuating fluid force acting on the sheet, unsteady fluid dynamic analysis based on the leakage-flow approximation is applied. Combining FEM based structural equation together with fluctuating fluid force vector acting on each element, fluid-structure coupled vibration is analyzed and the characteristic equation determining the stability of the system is derived. Then, eigen-value analysis is performed to calculate the critical flow velocity and the frequency of the nutter. Comparison with experimental results show that unstable behavior of the sheet coupled with running flow can be predicted by the method of calculation proposed in this paper.

  • 流体バランサを有するロータの振動解析(振れ回り運動をする回転円環内流体の浅水スロッシング解析)

    笠原雅之, 金子成彦, 石井 博

    日本機械学会論文集、C編   Vol.66 ( No.646 ) 1762 - 1768  2000年  [査読有り]

  • 振動モードの切替えによる斜張橋斜材ケーブルの制振方法に関する研究

    中野龍児, 金子成彦, 片村立太

    日本機械学会論文集、C編   Vol.66 ( No.647 ) 2173 - 2180  2000年  [査読有り]

  • A Study on Countermeasures against Wind-Induced Cable Vibrations in Cable-Stayed Bridge by Changing Vibration Modes

    Ryuji Nakano, Shigehiko Kaneko, Ryuta Katamura

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C   66 ( 647 ) 2173 - 2180  2000年  [査読有り]

     概要を見る

    Vibrations of stay cables are often induced by wind because of their aerodynamic instability. They must be suppressed to prevent cable fatigue and to allay passenger fear. Although various countermeasures have been developed, totally effective one has not yet been established. In this paper, the authors propose a new method using a permanent magnet. A magnet installed near the end of the cable changes the vibration modes passively by repeating motions of constraining and releasing cables. With this method, growth of the unstable fundamental vibration mode is prevented by dissipating energy of higher stable modes. Comparing with other methods, it is expected to improve low temperature characteristics, maintenance and manufacturing cost. After describing the principle, fundamental studies on energy transferring mechanism were carried out and it was verified that the lower modes energy is distributed to the higher modes when the cable is released from the magnet. The effectiveness of this method was confirmed by wind tunnel tests and numerical simulations. © 2000, The Japan Society of Mechanical Engineers. All rights reserved.

    DOI

  • Modeling of deepwater-type rectangular tuned liquid damper with submerged nets

    S Kaneko, O Yoshida

    JOURNAL OF PRESSURE VESSEL TECHNOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   121 ( 4 ) 413 - 422  1999年11月  [査読有り]

     概要を見る

    An analytical model for describing the effectiveness of deepwater-type tuned liquid damper (TLD) with submerged nets for suppressing horizontal vibration of structures is proposed. TLD is a damping device for suppressing the vibration of long-period structures such as high-rise buildings, tall towers, the pylons of cable stayed bridges, and so on. The damping force is created by the hydrodynamic force caused by the sloshing of water contained in rectangular tanks located on top of such structures. In this study, we proposed the dynamical model for analyzing deepwater-type TLD (DTLD) where the liquid depth is deep compared with the length of the rectangular tank. In particular, the effect of hydraulic resistance produced by submerged nets installed in the tank is examined intensively. In the analysis of DTLD, employing finite amplitude wave theory, we obtained the hydrodynamic force and the dissipation energy by using Galerkin method, taking the effect of submerged nets into account. The calculated results thus obtained are compared with experimental results, by which the validity of the modeling methodology is confirmed. Finally, the case in which DTLD with nets is installed on an actual structure is investigated both theoretically and experimentally and the the performance of DTLD is illustrated.

  • Modeling of tuned liquid damper with submerged nets

    S Kaneko, M Ishikawa

    JOURNAL OF PRESSURE VESSEL TECHNOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   121 ( 3 ) 334 - 343  1999年08月  [査読有り]

     概要を見る

    An analytical model for describing the effectiveness of tuned liquid damper (TLD) with submerged nets for suppressing horizontal vibration of structures is proposed Dissipation energy due to the liquid motion under sinusoidal excitations is calculated bused on nonlinear shallow water wave theory. In particular, the effects of hydraulic resistance produced by nets installed in a tank on the performance of TLDs are examined. The results of dissipation energy theoretically obtained are confirmed by experiments. To show the effectiveness of the proposed analytical model for TLD-structure interaction problems, the case in which TLD with nets is installed on top of a pylon of a cable-stayed bridge is described and the calculated results are compared with the actual experimental data. In the calculation, it is shown that the optimal damping factor, as is the case for tuned mass dumpers (TMD), can be produced by the nets, and the effectiveness of TLD with nets are demonstrated.

  • Analytical model for self-excited vibration of an overflow flexible plate weir

    S Kaneko, H Nagakura, R Nakano

    JOURNAL OF PRESSURE VESSEL TECHNOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   121 ( 3 ) 296 - 303  1999年08月  [査読有り]

     概要を見る

    An analytical mode for the self-excited vibration of an overflow flexible weir as observed in the French demonstration fast breeder reactor, Super Phenix-1, is proposed. The instability condition was derived for the case in which the plate vibrates at the frequency of the downstream rank sloshing. In this analysis, the flexible plate weir is modeled as a simply supported-free-simply supported-clamped rectangular plate. Eigenfunction expansions were applied for analyzing both plate vibrations and the downstream rank sloshing. The effect of an overflow liquid is formulated based on the assumption that the momentum change due to the collision of apr overflow liquid partly transmitted to the pressure,ise on the free surface. As a result, the characteristic equation of the system yielding the theoretical stability boundary, ms obtained The stability boundary thus derived agreed well with experimental results.

  • Flow Induced Flutter of Paper Sheet

    Shigehiko Kaneko

    Proc. of the Second Japan-Korea Symposium of Frontiers in Vibration Sciences and Technology, Hachioji, Japan     32 - 34  1999年

  • Wake Induced Flutter of Leeward Cable Used for Cable Stayed Bridges

    Yasuhiro Yoshizawa, Shigehiko Kaneko

    Proc. of the Second Japan-Korea Symposium of Frontiers in Vibration Sciences and Technology, Hachioji, Japan     30 - 31  1999年

  • Aerodynamic Vibration of Trains Running in a Tunnel at High Speed

    Shigehiko Tanaka, Shigehiko Kaneko

    Proc. of the Second Japan-Korea Symposium of Frontiers in Vibration Sciences and Technology, Hachioji, Japan     28 - 29  1999年

  • Self-excited Oscillation of an Elastically Supported Center Body due to Swirling Leakage Flow

    Shigehiko Kaneko, Hideaki Ueta, Ryoichi Yasukawa, Tatsuo Watanabe, Hisayuki Motoi

    Proc. Asia Pacific Vibration Conf.1999   Vol.2   886 - 891  1999年

  • 環状すきま励起振動に関する研究(第2報、安定性解析法及び実験)

    李 東偉, 金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会論文集、B編   Vol.65 ( No.635 ) 2257 - 2262  1999年  [査読有り]

  • 環状すきま励起振動に関する研究(第1報、非定常圧力分布及び非定常流体力)

    李 東偉, 金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会論文集、B編   Vol.65 ( No.635 ) 2251 - 2256  1999年  [査読有り]

  • 溢流によって発生する二重円筒弾性堰の自励振動

    田中成彦, 金子成彦

    日本機械学会論文集、C編   Vol.65 ( No.634 ) 2226 - 2234  1999年  [査読有り]

  • Application of Active Tension Control for Suppressing Vortex-Induced and Wake-Induced Cable Vibrations

    Shigehiko Kaneko, Marsdi Budiutomo, Tatsuo Watanabe, Ryuji Nakano

    Proc. of the Second World Congress for Structural Control   Vol.1   681 - 688  1998年

  • Countermeasures against Wind-Induced Cable Vibrations in Cable-Stayed Bridge by Changing Vibration Modes

    Ryuji Nakano, Ryuta Katamura, Shigehiko Kaneko

    Proc. of the Fourth International Conf. on Motion and Vibration Control   Vol.1   67 - 72  1998年

  • Self-excited Oscillations of Dual Cylindrical Flexible Weir Shells due to Over-flow Fluid

    Shigehiko Tanaka, Tatsuo Watanabe, Shigehiko Kaneko

    Proc. of the first Korean-Japan Symposium of Frontiers in Vibration Science and Technology     37 - 38  1998年

  • Mode-Locking and Quasi-Periodicity in the Bifurcation Behavior of a Vortex Shedding Model

    Mureithi,N.W, Masaki,R, Kaneko,S, Nakamura,T

    ASME PVP-Vol.363, Flow-Induced Vibration and Transient Thermal-Hydraulics     19 - 26  1998年  [査読有り]

  • 移動する円筒タンク内液体のスロッシング抑制制御

    山形浩実, 金子成彦

    日本機械学会論文集、C編   Vol.64 ( No.621 ) 200 - 208  1998年  [査読有り]

  • 流入流出のある矩形容器におけるスロッシングの非線形応答

    町田剛敏, 金子成彦, 渡辺辰郎

    日本機械学会論文集、C編   Vol.64 ( No.620 ) 68 - 76  1998年  [査読有り]

  • 弾性堰を越える流れによって発生する自励的液面揺動に関する研究(第3報、模型試験結果と解析結果の比較および系の安定性に影響を及ぼす各種パラメータに関する考察)

    長倉 博, 金子成彦

    日本機械学会論文集、C編   Vol.64 ( No.624 ) 98 - 101  1998年  [査読有り]

  • 弾性堰を越える流れによって発生する自励的液面揺動に関する研究(第2報、円筒堰の場合に関する定式化と不安定発生機構)

    長倉 博, 金子成彦

    日本機械学会論文集、C編   Vol.64 ( No.623 ) 136 - 144  1998年  [査読有り]

  • 弾性堰を越える流れによって発生する自励的液面揺動に関する研究(第1報、平板堰の場合に関する定式化と不安定発生機構)

    長倉 博, 金子成彦

    日本機械学会論文集、C編   Vol.64 ( No.623 ) 127 - 135  1998年  [査読有り]

  • Sloshing Suppression Control of Contained Liquid in a Moving Cylindrical Container

    Hiromi Yamagata, Shigehiko Kaneko

    Proc. of the 1997 Asia-Pacific Vibration Conf   Vol.1   671 - 676  1997年

  • Self-excited Sloshing Caused by the Fluid Discharge over the Flexible Plate Weir

    Shigehiko Kaneko, Tatsuo Watanabe, Yasuhiro Mohri

    Proc. of the 1997 Asia-Pacific Vibration Conf   Vol.1   567 - 572  1997年

  • Dynamical Modeling of Deep Water Type Cylindrical Tuned Liquid Damper with a Submerged Net

    Shigehiko Kaneko, Yasuo Mizota

    ASME PVP-Vol.337, Fluid-Structure Interaction,     19 - 30  1996年

  • Control of Vortex Induced Vibrations of a Cable via Active Stiffness Variation

    Shigehiko Kaneko, Tatsuo Kurohane, Tetsu Konish, Young-Kyun Ha

    Proc. Third International Conf. on Motion and Vibration Control   Vol.2   59 - 64  1996年

  • A Study on Self-excited Sloshing due to the Fluid Discharge over a Flexible Weir

    Hiroshi Nagakura, Shigehiko Kaneko

    ASME PVP-Vol.310, Fluid-Structure Interaction and Structural Mechanics     15 - 25  1995年

  • Sliding Mode Control of Vortex Induced Vibrations via Active Stiffness Variation

    Young-Kyun Ha, Shigehiko Kaneko

    Proc. Asia Pacific Vibration Conf.1995   Vol.1   197 - 202  1995年

  • Nonlinear Response of Sloshing with Steady Circulating Flow

    Taketoshi Machida, Shigehiko Kaneko, Rumi Nakabayashi

    ASME PVP-Vol.310, Fluid-Structure Interaction and Structural Mechanics     37 - 54  1995年  [査読有り]

  • Effectiveness of Tuned Liquid Damper with a Submerged Net for Actual Structures

    Yasuo Mizota, Shigehiko Kaneko

    Proc. Second International Conference on Motion and Vibration Control   Vol.2   198 - 502  1994年

  • Stability of a Cantilever Beam Subjected to the One-Dimensional Leakage Flow

    Hiroshi Nagakura, Shigehiko Kaneko

    Proc. Asia Pacific Vibration Conf.'93   Vol.1   248 - 253  1993年

  • Active Vibration Control of Free Surface Oscillations in a Transferring Liquid Container

    Shigehiko Kaneko, Hiroyoshi Namba

    Proc. Asia Pacific Vibration Conf.'93,   Vol.1   144 - 149  1993年

  • Effectiveness of Shallow Water and Deep Water Type Rectangular Tuned Liquid Damper with Submerged Nets for Actual Structures

    Yasuo Mizota, Shigehiko Kaneko

    Proc. Asia Pacific Vibration Conf.'93   Vol.1   318 - 323  1993年

  • Dynamical Modeling of Shallow Water and Deep Water Type Rectangular Tuned Liquid Damper with Submerged Nets

    Osamu Yoshida, Shigehiko Kaneko

    Proc. Asia Pacific Vibration Conf.'93,   Vol.1   312 - 317  1993年

  • A Study on Active Control of Leakage Flow Induced Vibrations

    Shigehiko Kaneko, Kazuo Hirota

    Proc. First International Conference on Motion and Vibration Control   Vol.2   1135 - 1140  1992年

  • 1次元平行すきま流路内に置かれた片持ち弾性はりの安定性

    長倉 博, 金子成彦

    日本機械学会論文集、C編   Vol.58 ( No.546 ) 352 - 359  1992年  [査読有り]

  • Vibration of a Flexible Plate Weir due to the Fluid Discharge

    Shigehiko Kaneko, Tatsuo Watanabe, Ryuji Nakano

    Proc. of the 1991 Asia-Pacific Vibration Conf   Vol.2   10.13 - 10.18  1991年

  • Stability of a Cantilever Beam Subject to One-Dimensional Leakage Flow

    Hiroshi Nagakura, Shigehiko Kaneko

    Trans.11th SMIRT   Vol.J   135 - 140  1991年

  • いつ流に伴うせきの自励振動の研究(第2報、流力弾性振動モードの自励振動の発生機構)

    久野勝美, 金子成彦

    日本機械学会論文集、C編   Vol.56 ( No.525 ) 16 - 22  1990年  [査読有り]

  • Self-excited Vibration of a Rotor Completely Filled with Two Kinds of Immiscible Liquids

    Shigehiko Kaneko

    Proc. of Asia Vibration Conference '89     511 - 516  1989年

  • いつ流に伴うせきの自励振動の研究(第1報、スロッシングモードの自励振動の発生機構)

    久野勝美, 金子成彦

    日本機械学会論文集、C編   Vol.55 ( No.511 ) 541 - 548  1989年  [査読有り]

  • SELF-EXCITED OSCILLATION OF A HOLLOW ROTATING SHAFT PARTIALLY FILLED WITH A LIQUID .1. INSTABILITY BASED ON THE FLUID FORCE OBTAINED FROM BOUNDARY-LAYER THEORY

    S KANEKO, S HAYAMA

    BULLETIN OF THE JSME-JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS   28 ( 246 ) 2994 - 3001  1985年  [査読有り]

  • 液体で部分的に満たされた中空回転軸系の自励振動に関する研究(境界層理論から得られた流体力に基づく不安定性)

    金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会論文集、C編   Vol.51 ( No.464 ) 765 - 772  1985年  [査読有り]

  • On Free Surface Oscillation of a Liquid Partially Filling a Rotating Cylinder (2nd Report, The Calculation of Fluid Force Using Boundary Layer Approximation)

    Shigehiko Kaneko, Shinji Hayama

    Bull. JSME   Vol.26 ( No.221 ) 1993 - 2001  1983年  [査読有り]

  • On Free Surface Oscillation of a Liquid Partially Filling a Rotating Cylinder (1st Report, Visualization of Resonant Mode and Analysis by Inviscid Theory)

    Shigehiko Kaneko, Shinji Hayama

    Bull. JSME   Vol.26 ( No.221 ) 1985 - 1992  1983年  [査読有り]

  • 回転円筒容器内に部分的に含まれた液体の自由表面波に関する研究(第2報、境界層理論による流体力の計算)

    金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会論文集、C編   Vol.49 ( No.439 ) 381 - 391  1983年  [査読有り]

  • 回転円筒容器内に部分的に含まれた液体の自由表面波に関する研究(第1報、共振モードの可視化と非粘性理論による解析)

    金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会論文集、C編   Vol.49 ( No.439 ) 370 - 380  1983年  [査読有り]

  • THE CALCULATION OF FLUID FORCE USING BOUNDARY-LAYER APPROXIMATION .2. ON FREE-SURFACE OSCILLATIONS OF A LIQUID PARTIALLY FILLING A ROTATING CYLINDER

    S KANEKO, S HAYAMA

    BULLETIN OF THE JSME-JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS   26 ( 221 ) 1993 - 2001  1983年  [査読有り]

  • VISUALIZATION OF RESONANT MODE AND ANALYSIS BY INVISCID THEORY .1. ON FREE-SURFACE OSCILLATIONS OF A LIQUID PARTIALLY FILLING A ROTATING CYLINDER

    S KANEKO, S HAYAMA

    BULLETIN OF THE JSME-JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS   26 ( 221 ) 1985 - 1992  1983年  [査読有り]

▼全件表示

書籍等出版物

  • 自動車用内装材とインテリアの快適性向上

    技術情報協会  2019年09月

  • 基礎からわかる自動車エンジンのシミュレーション

    ( 担当: 監修)

    コロナ社  2019年07月

  • 基礎からわかる 自動車エンジンのモデルベースト制御

    ( 担当: 監修)

    コロナ社  2019年02月

  • 事例に学ぶ流体関連振動(第3版)

    技報堂出版  2018年11月

  • ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用

    技術情報協会  2016年04月

  • 火力発電技術必携(第8版)

    火力原子力技術協会  2016年03月

  • 機械力学ハンドブック

    朝倉書店  2015年11月

  • 事例で学ぶ数学活用法

    朝倉書店  2015年02月

  • Flow-Induced Vibrations: Classifications and Lessons from Practical Experiences (2nd version)

    Elsevier  2013年

  • 震災後の工学は何をめざすのか

    東京大学大学院工学系研究科編( 担当: 分担執筆)

    内田老鶴圃  2012年07月

  • 静音化&快音化-設計技術ハンドブック

    ( 担当: 分担執筆)

    丸善出版  2012年02月

  • 機械工学ハンドブック

    朝倉書店  2011年10月

  • 事例に学ぶ流体関連振動(第2版)

    技報堂出版  2008年06月

  • Flow-Induced Vibrations: Classifications and Lessons from Practical Experiences

    Elsevier  2008年

  • 新版 機械工学便覧α2機械力学

    日本機械学会  2004年12月

  • 事例に学ぶ流体関連振動

    技報堂出版  2003年09月

  • 日本機械学会基準 蒸気発生器伝熱管U字管部流力弾性振動防止指針、JSME S 016

    日本機械学会  2002年03月

  • 日本機械学会継続教育WEB教材「機械力学の基礎知識」

    日本機械学会  2002年

  • 技術者の継続教育セミナー、材料と機械の力学

    日本機械学会  2001年

  • 日本機械学会基準 配管内円柱状構造物の流力振動評価指針

    日本機械学会  1998年

  • 流体力学ハンドブック

    日本流体力学会  1998年

  • ビデオ名講義シリーズ、自励振動の話

    日本機械学会  1997年

  • 機械工学事典

    日本機械学会  1997年

  • 機械設計便覧 第3版

    丸善  1992年

▼全件表示

Misc

  • モデルベーストエンジニアリングは五感を生かした設計へと脱皮できるか?

    金子成彦

    自動車技術会 エンジンレビュー   11 ( 3 )  2021年04月

  • 後輩へのメッセージ: 機械力学・計測制御=明日のために役立つ学問

    金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御部門ニュースレター    2020年03月

  • 改めて思う若手人材育成の在り方(名誉員から一言)

    金子成彦

    日本機械学会誌   122 ( 1213 ) 51  2019年12月

  • SIP「革新的燃焼技術」〜制御チームの研究内容と成果(日本燃焼学会誌Vol.61, No.197 pp.35-46, 2019, 8月号の転載記事)

    金子成彦, 草鹿仁, 山崎由大, 溝渕泰寛

    自動車技術   Vol.73   26 - 37  2019年09月

    担当区分:筆頭著者

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  • SIP「革新的燃焼技術」〜制御チームの研究内容と成果

    金子成彦, 草鹿仁, 山崎由大, 溝渕泰寛

    日本燃焼学会誌   Vol.61 ( No.197 ) 35 - 46  2019年08月

  • 災害拠点病院を対象とした災害時事業継続性検討のためのエネルギー需給シミュレーション

    上道茜, 及川亮, 山崎由大, 金子成彦

    エネルギー・資源学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   38th  2019年

    J-GLOBAL

  • 病院を対象とした災害時事業継続性検討のためのエネルギー需給シミュレーション:分散型電源機器のモデル化とシステムシミュレータの構築

    及川亮, 海藤直記, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会関東支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   25th  2019年

    J-GLOBAL

  • 燃焼器内軸方向温度分布を考慮した燃焼振動共鳴周波数の検討

    三谷冠, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2019  2019年

    J-GLOBAL

  • ガスタービン燃焼器を模した管の管内温度分布が音響的境界条件に与える影響の把握

    秋野広佑, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2019  2019年

    J-GLOBAL

  • 内部流体による振動抑制を考慮した配管ルーティングの多目的最適化

    藤島脩平, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦, 高橋志郎

    日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2019  2019年

    J-GLOBAL

  • 風損の影響を考慮したターボチャージャーの機械損失予測モデルの評価

    福田直人, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2019  2019年

    J-GLOBAL

  • マイクロガスタービンの技術動向と開発事例

    金子成彦, 上道茜

    電気評論   4月号  2019年

  • 災害拠点病院を対象とした分散型電源導入量の決定手法

    八木正彰, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2018  2018年

    J-GLOBAL

  • 災害時の事業継続性を考慮した省エネルギー機器導入量最適化

    上道茜, 山崎由大, 八木正彰, 金子成彦, 及川亮

    安全工学シンポジウム講演予稿集   2018  2018年

    J-GLOBAL

  • 災害拠点病院における分散型電源システム最適導入量の検討

    海藤直記, 及川亮, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   15th  2018年

    J-GLOBAL

  • 液体水素ターボポンプで発生する軸方向振動運動モデルの構築

    坂本和弥, 上道茜, 大西樹, 杉山敬幸, 金子成彦

    Dynamics & Design Conference (CD-ROM)   2018  2018年

    J-GLOBAL

  • 管内の熱源が上流側音響的境界条件に与える影響

    南野暖, 三谷冠, 上道茜, 金子成彦

    日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2018  2018年

    J-GLOBAL

  • ターボチャージャーの機械損失予測モデルの妥当性検証

    米澤知樹, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2018  2018年

    J-GLOBAL

  • 内部流体による振動抑制を考慮した配管ルーティングの多目的最適化

    八木正彰, 藤島脩平, 上道茜, 金子成彦, 高橋志郎

    日本機械学会最適化シンポジウム(CD-ROM)   13th  2018年

    J-GLOBAL

  • 着座センサを用いた入眠予兆検知と眠気推定技術

    金子成彦

    車載テクノロジー    2017年11月

  • 災害リスクを考慮したCGS・PV・蓄電池から構成される分散型電源導入計画

    八木正彰, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦, 坂東茂

    エネルギー・資源学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   36th  2017年

    J-GLOBAL

  • ターボチャージャにおける機械損失モデルの構築

    坂上聡, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦, 窪山達也, 森吉泰生

    内燃機関シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   28th  2017年

    J-GLOBAL

  • メタンを燃料とする過濃SI運転時の燃焼および排気特性

    柿木将, 三好正城, 山崎由大, 上道茜, 金子成彦

    日本機械学会動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   22nd  2017年

    J-GLOBAL

  • ピッチング加振を受ける水平円筒容器内スロッシングの共振波高に対する多孔板の減衰効果のCFDを用いた評価

    新木悠斗, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    Dynamics & Design Conference (CD-ROM)   2017  2017年

    J-GLOBAL

  • 音響境界条件を考慮した燃焼振動発振周波数の検討

    上道茜, 金築一平, 金子成彦

    Dynamics & Design Conference (CD-ROM)   2017  2017年

    J-GLOBAL

  • 震災後の調査提言活動を通じて考えたこと

    金子成彦

    日本機械学会創立120周年に際しての歴代会長随想    2017年

  • マイクロフローリアクタを用いた予混合気着火遅れ時間の予測法の検討

    福田豊, 竹島康貴, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    燃焼シンポジウム講演論文集   54th  2016年

    J-GLOBAL

  • マイクロフローリアクターを用いた予混合気着火遅れ時間の推定

    福田豊, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2016  2016年

    J-GLOBAL

  • 水素を大量に含む燃料の燃焼振動現象

    金築一平, 上道茜, 金子成彦

    日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2016  2016年

    J-GLOBAL

  • ピッチング加振により励起される水平円筒容器内スロッシングと多孔板の減衰効果

    高居明弘, 酒井英充, 酒井英充, 上道茜, 金子成彦

    Dynamics & Design Conference (CD-ROM)   2016  2016年

    J-GLOBAL

  • SIP「革新的燃焼技術」制御チームの研究状況

    金子成彦

    自動車技術   Vol.70 ( No.9 ) 32 - 37  2016年

  • 1DCAEのための機械力学を使いこなす考え方

    金子成彦

    設計工学   Vol.51 ( No.6 ) 31 - 36  2016年

  • G0700102 バイオマス由来ガスの圧縮自己着火燃焼におけるオゾン添加時の化学反応メカニズム

    池村 亮祐, 宮内 健太, 山崎 由大, 金子 成彦

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2015   "G0700102 - 1"-"G0700102-6"  2015年09月

     概要を見る

    For controlling ignition of HCCI engine fueled by biomass gas, the effect of ozone addition was investigated. In previous experiment, it was shown that ignition timing is advanced by ozone addition. In this paper, the chemical reactions and the mechanism of ignition advance by ozone addition were investigated by calculation with erementaly reactions. As a result, the heat releace was divided into two stages under the influence of O radical, produced by thermal decomposition of ozone. Moreover, Hydrogen peroxide was produced after the first combustion, and the second ignition was advanced by OH radical produced by Hydrogen peroxide.

    CiNii

  • G0700105 多気筒エンジンの簡易吸排気モデルの構築

    川澄 祐介, 上杉 康登, 山崎 由大, 金子 成彦, 疋田 孝幸, 水野 沙織, 津村 雄一郎

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2015   "G0700105 - 1"-"G0700105-5"  2015年09月

     概要を見る

    A simplified model of the intake and exhaust gas flow system for an in-line four cylinder HCCI engine with the exhaust rebreathing system was constructed. The model predicted the mass of EGR and its accuracy was verified by comparing with various experimental results. In addition, ignition timing was calculated by using the predicted mass of EGR. The results show a good agreement with experimental results and the availability of the model in ECU is indicated for its fast calculation time.

    CiNii

  • 旋回流中で形成される超過濃火炎

    上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    燃焼シンポジウム講演論文集   53rd  2015年

    J-GLOBAL

  • 配管を考慮したガスタービン燃焼器内で発生する燃焼振動

    町田陸, 上道茜, 金子成彦

    Dynamics & Design Conference (CD-ROM)   2015  2015年

    J-GLOBAL

  • マイクロフローリアクターによる排気再循環を伴う予混合気の自己着火特性の把握

    林卓哉, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2015  2015年

    J-GLOBAL

  • J0910203 気液セパレータに用いられる水平円筒容器内で発生するスロッシング([J091-02]流体関連の騒音と振動(2))

    酒井 英充, 金子 成彦

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2014   "J0910203 - 1"-"J0910203-5"  2014年09月

     概要を見る

    Floating Production, Storage and Off-loading system (FPSO) for liquid natural gas is now attracting big attention as an effective way for gas exploitation at the bottom of the sea. This paper is related to dynamical design of gas-liquid separator used on FPSO, specially focused on the free surface elevation in the horizontal cylindrical container subjected to longitudinal external excitation. In this study, the theory on the wave height and resonant frequency in a horizontal cylinder under effect of the perforated plate with open space is developed. And the result of theory analysis and experiments are compared. As a result, the effect of the perforated plate with open space is revealed. Finally, experimental data of resonant wave height up to 3^<rd> mode are shown in comparison with theoretically derived results.

    CiNii

  • G0710104 予混合気の不均質性を考慮したHCCI燃焼簡易モデル([G071-01]エンジンシステム部門一般セッション(1):「HCCIエンジン」)

    上杉 康登, 山崎 由大, 金子 成彦, 疋田 孝幸, 津村 雄一郎, 水野 沙織

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2014   "G0710104 - 1"-"G0710104-5"  2014年09月

     概要を見る

    To predict ignition timing and combustion duration of HCCI combustion, it is necessary to consider inhomogeneity of pre-mixture such as O_2, Fuel, and temperature. Usually, CFD (Computational Fluid Dynamics) is applied to predict the inhomogeneity. However, the calculation load of CFD is heavy to use as the on-board model. In this study, a simple prediction model for ignition timing and combustion duration of HCCI combustion is developed, which can consider inhomogeneity of pre-mixture. PDF of EGR gas is employed to express the influences of inhomogeneity of O_2 and temperature in pre-mixture. This model is confirmed by comparing with the experiment result of the HCCI test bench. As a result, the predictability of this model achieves around 50% for plus minus 1.5 deg. of ignition timing and combustion duration.

    CiNii

  • G0710103 Simplified Dynamics Model of Homogeneous Charge Compression Engines

    MA Qiong, YAMASAKI Yudai, KANEKO Shigehiko, HIKITA Takayuki, TSUMURA Yuichiro, MIZUNO Saori

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2014   "G0710103 - 1"-"G0710103-4"  2014年09月

     概要を見る

    This paper presents a simplified model of Homogeneous Charge Compression Ignition (HCCI) engine, which is suitable for controller synthesis. There are several control strategies to achieve stable HCCI operation, and here the exhaust rebreathing strategy is applied. To capture the key features of the rebreathed HCCI engine and make it simple enough for controller synthesis meanwhile, a simple control-oriented model is proposed.

    CiNii

  • G0710102 HCCIエンジンの圧力上昇率およびサイクル変動の予測モデルの検討([G071-01]エンジンシステム部門一般セッション(1):「HCCIエンジン」)

    馬橋 奏太, 山崎 由大, 金子 成彦, 疋田 孝幸, 津村 雄一郎, 水野 沙織

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2014   "G0710102 - 1"-"G0710102-4"  2014年09月

     概要を見る

    With the aim of designing a homogeneous charge compression ignition (HCCI) engine and also considering the range of prediction model, it is necessary to avoid the operation in lower combustion efficiency and generating noise. In this study, prediction models of the rate of pressure rise and cyclic variation were considered. As a result, it was clarified that rate of pressure rise is predicted by amount of injected fuel, ignition timing and combustion duration. It was also clarified that there is the good correlation between the rate of pressure rise and cyclic variation, and the proposed prediction model of pressure rise rate is also useful to predict the cyclic variation.

    CiNii

  • 208 マイクロガスタービン燃焼器内で発生する燃焼振動の特性に関する研究(領域4 流体関連振動・ローターダイナミクス)

    町田 陸, ファン ホーソン, 大野 卓也, 北村 遼平, 上道 茜, 金子 成彦

    機械力学・計測制御講演論文集   2014   "208 - 1"-"208-12"  2014年08月

     概要を見る

    In this study, characteristics of combustion oscillation generated in gas turbine combustor are numerically and experimentally investigated. Numerical analyses are performed with two different methods: Combined EBU method and Comparison PDF Transport method. These numerical results provide important parameters such as delay time. Stability criterion for combustion oscillation is evaluated by the combination of numerical analysis technique and the evaluation formula proposed by Z. M. Ibrahim. Experimental conditions are selected to investigate the condition of combustion oscillation excitation mechanism by changing experimental parameter such as composition of the fuel, equivalence ratios and swirl numbers. As a result, with increasing the rate of hydrogen in fuel or the swirl numbers, combustion oscillation is likely to occur and combustion oscillation occur under the conditions of specific equivalence ratios in the experiment. Finally, experimental results are compared with numerical analyses. A trend of natural frequency to the change of equivalence ratio and the range of equivalence ratios which combustion oscillation occurs by the numerical analysis is in good agreement with those by the experiment.

    CiNii

  • 210 人体ダミーを目指した柔軟構造物の振動特性解析(領域4 流体関連振動・ローターダイナミクス)

    見並 克俊, 金子 成彦, 山崎 由大, 天田 直弥

    機械力学・計測制御講演論文集   2014   "210 - 1"-"210-10"  2014年08月

     概要を見る

    When evaluating riding comfort of vehicles, sometimes human dummy developed by spring-mass-damper system is used to avoid individual variation. However, because human body is continuum, such kind of dummies cannot completely represent vibration characteristic of human body. Therefore, in this paper, to represent vibration characteristic of human body as continuum, new types of dummy developed by soft structure filled with fluid, which are defined as aqua dummy, are contrived and as the first step, vibration characteristic, especially apparent mass, of the dummy is examined by simulation and experiment. In the simulation, the effects of parameters of structure and fluid on dummy's vibration characteristic are calculated by two dimension model, and it is found that the parameters of structure, not fluid, have a big influence on dummy's vibration characteristic. Additionally, the simulation reveals a problem of the aqua dummy as human dummy that apparent mass increases in higher frequency than anti-resonance frequency. On the other hand, from the result of the experiment, it is found that the increase of apparent mass in higher frequency than anti-resonance frequency is smaller than expected by simulation. In conclusion, aqua dummy is found to be a hopeful human dummy.

    CiNii

  • 211 使用済み燃料ラックの運動モデルの構築(領域4 流体関連振動・ローターダイナミクス)

    白井 宏尚, 金子 成彦, 山崎 由大

    機械力学・計測制御講演論文集   2014   "211 - 1"-"211-10"  2014年08月

     概要を見る

    Fuel spent at nuclear power plant is stored in rack and kept in water. Free standing rack has advantage to earthquake because fluid force and friction force reduce the movement of a rack. However there are various motions of FS rack when earthquake happens. Therefore the motion of FS rack must be precisely figured out in order to use FS rack safely. In this research, to investigate the motion of FS rack, 2-dimensional dynamic model considering pressure loss of gap flow was constructed. In addition, an experiment with a 1/16 scale model was conducted to evaluate dynamic model. From numerical results by dynamic model, following some importance for design of FS rack was found. Firstly, it is to take measures to long-period earthquake. Secondly, it is a safety for the excitation in a vertical direction of a wall. Thirdly, it is to locate racks parallel to next walls. Finally, in the case of locating some racks, it is to take measures to prevent racks from being united. Additionally, examples to apply this dynamic model to acceleration of earthquake were indicated.

    CiNii

  • 3B15 A study on introduction of gas engine to micro-grid with genetic algorithm(The 12th International Conference on Motion and Vibration Control)

    YAMAGUCHI Yugo, MACHIDA Riku, KANEKO Shigehiko, YAMASAKI Yudai

    「運動と振動の制御」シンポジウム講演論文集   2014 ( 12 ) "3B15 - 1"-"3B15-12"  2014年08月

     概要を見る

    One of the methods to cover the change of the output by renewable energy subject is construction of micro-grid. In micro-grid the change of output of renewable energy is controlled by distributed generation. This study was performed to develop the algorithm that determines the number of gas engines and the amount of battery about several demands to use micro-grid optimally considering environmental load with genetic algorithm. In this study system that consists of photovoltaic, gas engines and battery is supposed. Evaluation functions are the emission of CO_2, system efficiency and generation cost. According to this study, variables are determined with respect to influence of generation cost and the emission of CO_2. However, the influence of system efficiency is small. Furthermore evaluation of population of optimal solutions is performed. In population of optimal solutions, by investment ten thousands yen in system 25〜35 tons of the emission of CO_2 is cut.

    CiNii

  • C134 自然エネルギー出力変動抑制のための分散型電源導入法の研究(OS4 省エネルギー・コジェネ・ヒートポンプ(3))

    山口 裕吾, 町田 陸, 金子 成彦, 山崎 由大

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム   2014 ( 19 ) 105 - 108  2014年06月

     概要を見る

    One of the methods to cover the change of the output by renewable energy subject is construction of micro-grid. In micro-grid the change of output of renewable energy is controlled by distributed generation. This study was performed to develop the algorithm that determines the number of gas engines and the amount of battery about several demands to use micro-grid optimally considering environmental load with genetic algorithm. In this study system that consists of photovoltaic, gas engines and battery is supposed. Evaluation functions are the emission of CO_2, system efficiency and generation cost. According to this study, variables are determined with respect to generation cost and the emission of CO_2. However, system efficiency is not taken into consideration. Furthermore evaluation of population of optimal solutions is performed. In population of optimal solutions, by investment ten thousands yen in system 25〜35 tons of the emission of CO_2 is cut.

    CiNii

  • F135 バイオマス熱分解ガスを利用したDual Fuel エンジン(OS9 熱・流動(3))

    宮内 健太, 藤原 直人, 山崎 由大, 金子 成彦

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム   2014 ( 19 ) 183 - 186  2014年06月

     概要を見る

    To use biomass energy by gasifying, it is considered to utilize dual fuel engines and burn biomass gas with light oil, because biomass gas has compositional fluctuation and the effect of this fluctuation should be suppressed. But the number of experimental conditions, for example, the energy ratio of gas and the quantity of light oil, is too large and it is very difficult to investigate the effects of fluctuation by experiment. In this paper, combustion model of dual fuel engines using biomass gas is constructed and is verified in ability to estimate thermal efficiency, cylinder pressure, and rate of heat release through compared to these parameters of experiments. The results are as follows. Increase in quantity of fuel gas declines thermal efficiency and this model can expect this trend qualitatively, but not quantitatively. The effect of fluctuation of hydrogen rate included to biomass gas can also be estimated except the lowest rate.

    CiNii

  • 回転対向流双子火炎におけるプロパン空気超過濃燃焼

    上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    燃焼シンポジウム講演論文集   52nd  2014年

    J-GLOBAL

  • マイクロガスタービン燃焼器内で発生する燃焼振動の特性に関する研究

    町田陸, HWANG Hosung, 大野卓也, 北村遼平, 上道茜, 金子成彦

    Dynamics & Design Conference (CD-ROM)   2014  2014年

    J-GLOBAL

  • S084011 変動抑制に利用するガスエンジンの回転数可変制御運転([S084-01]分散型エネルギーシステム(1))

    荒川 大琿, 山崎 由大, 金子 成彦

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2013   "S084011 - 1"-"S084011-4"  2013年09月

     概要を見る

    This study investigated effects of variable engine speeds operation of gas engines in the energy network. The operation of variable engine speeds increases the system efficiency because the efficiency of gas engines increases in case the output of gas engines is small. In this study, the operation of gas engines was examined by a simulation. This simulation was subject to two types of engines: naturally aspirated gas engines and turbocharged gas engines. This operation changes engine speeds by the use of the output of renewable energy. The output of the renewable energy was substituted for sine waves. The result of this study shows that a rise of efficiency by variable engine speeds is relevant to the rated power of gas engines or the frequency and the amplitude of natural energy. A performance of the gas engine to suppress the fluctuations is irrelevant to the sampling span of calculation the engine speeds. On the other hands, the algorithm of this operation requires improvements.

    CiNii

  • S084012 変動抑制に利用するガスエンジンの当量比可変制御運転([S084-01]分散型エネルギーシステム(1))

    清水 文也, 山崎 由大, 金子 成彦

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2013   "S084012 - 1"-"S084012-4"  2013年09月

     概要を見る

    When a Micro-Grid is disconnected from power system and operated under islanding condition, it is considered that there are rapid load fluctuations. In order to increase quantity of compensation for the power fluctuation with gas engines from the viewpoint of costs and service life of power sources, this paper presents a gas engine operation at variable equivalence ratio based on the engine load change. The engine control methods were constructed and the efficacy was evaluated by means of engine dynamic simulation. As a result, it was shown that the load following capability of engines is enhanced by variable equivalence ratio control.

    CiNii

  • S084023 遺伝的アルゴリズムによる自然エネルギー平準化システム内の分散型電源の最適化([S084-02]分散型エネルギーシステム(2))

    町田 陸, 山崎 由大, 金子 成彦

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2013   "S084023 - 1"-"S084023-4"  2013年09月

     概要を見る

    In this study ,the objective of this study is the optimization of microgrid. composed of the demand, PV, gas engine and storage batteries. To reach this goal, we search for the best combination of the number of gas engine and a capacity of a storage battery by Genetic Algorithm. Genetic Algorithm is a method of optimization and simulates law of inheritance. This system is simulated by using MATLAB/Simulink. And using this, an approximation is led. Using this approximation, power cost of this system and system efficiency are calculated. And from these values, the best combination of the number of gas engine and a capacity of a storage battery is decided by Genetic Algorithm. In this study, the combinations which can be optical solutions is found. But, at the same time, the combinations which are not supposed to be optical solutions are also selected. Therefore, there is room for improvement on this system.

    CiNii

  • 4-2-1-604 新しいモデルを用いたスラスト軸受用可撹バンプフォイルの空力弾性挙動(4-2-1:軸受,シール,領域4:流体関連振動・ローターダイナミクス,総合テーマ「海を越え,国を越え,世代を超えて!」)

    GAD Abdelrasoul M., 金子 成彦

    機械力学・計測制御講演論文集   2013   "604 - 1"-"604-10"  2013年08月

     概要を見る

    Accurate modeling of the compliant structure in gas foil thrust bearings is the key issue for predicting their Elastoaerodynamic performance. Hence, at the first part of this paper, a new structural stiffness model for the compliant structure in foil gas bearings is introduced. The model overcomes the shortcomings of previous analytical models and investigates the possibility that the flat segment between bumps, in bump foil strip, may deflect laterally and separate from the rigid bearing surface. Also, the interaction between bumps in the bump foil strip, the friction at bump foil/top foil interface, and the friction at bump foil/rigid bearing interface are considered. The performance of the introduced analytical model with four different load distributions was analyzed and compared with previous numerical and analytical models so as to check the validity and flexibility of the presented model. In the second part of this paper, the introduced bump foil model is coupled to the compressible Reynolds equation to investigate the Elastoaerodynamic performance of Generation II gas foil thrust bearing. The numerical simulations of the coupled fluid-structure interactions revealed the fact that the foil thrust bearings share many features with their rigid bearings counterpart and it was found that the load carrying capacity of foil thrust bearings increases nonlinearly with the rotation speed. Also, the effect of ramp height on the load carrying capacity and friction torque were investigated.

    CiNii

  • J-4-1-618 バランスピストンの動特性に関する研究(J-4-1:安定性,制振,領域4:流体関連振動・ローターダイナミクス,総合テーマ「海を越え,国を越え,世代を超えて!」)

    杉山 敬幸, 金子 成彦

    機械力学・計測制御講演論文集   2013   "618 - 1"-"618-10"  2013年08月

     概要を見る

    Axial self-excited vibration may be induced in a rocket turbopump by fluid with a tangential velocity component that flows into the balance piston. To avoid such vibration, knowledge of the dynamic characteristics of fluid force induced by swirling leakage flow is required. In this research, the effect of the position of the balance piston, swirl strength at the inlet of balance piston and outlet pressure fluctuation on the added fluid force coefficients is investigated by using the bulk flow model. As a result, in the case that the orifices are the same gap width, without swirling at the inlet of balance piston, the added stiffness becomes negative because of the variation of the relative velocity in orifice 1. The effect of the outlet pressure fluctuation on the added fluid force coefficients depends on the phase of the outlet pressure fluctuation for gap width fluctuation, and the negative damping and stiffness may arise in the particular phase.

    CiNii

  • Flow-Induced Vibrations: Classifications and Lessons from Practical Experiences: Second Edition

    Shigehiko Kaneko, Tomomichi Nakamura, Fumio Inada, Minoru Kato, Kunihiko Ishihara, Takashi Nishihara, Njuki W. Mureithi, Mikael A. Langthje

    Flow-Induced Vibrations: Classifications and Lessons from Practical Experiences: Second Edition     1 - 410  2013年

    その他  

     概要を見る

    In many plants, vibration and noise problems occur due to fluid flow, which can greatly disrupt smooth plant operations. These flow-related phenomena are called flow-induced vibration. This book explains how and why such vibrations happen and provides hints and tips on how to avoid them in future plant design. The world-leading author team doesn't assume prior knowledge of mathematical methods and provides the reader with information on the basics of modeling. The book includes several practical examples and thorough explanations of the structure, the evaluation method and the mechanisms to aid understanding of flow-induced vibrations. Helps ensure smooth plant operations Explains the structure, evaluation method and mechanisms Shows how to avoid vibrations in future plant design. © 2014 Elsevier Ltd All rights reserved.

    DOI

  • 1DCAEのための機械力学

    金子成彦

    日本機械学会講習会教材   No.13 ( 75 ) 63 - 69  2013年

  • ドライバーの覚醒低下警告・防止に向けた技術開発

    金子成彦, 藤田悦則

    国際交通安全学会誌   Vol.38 ( No.1 ) 57 - 63  2013年

  • 優れた技術者の育成に向けて

    金子成彦, 小畑秀文, 小林孝

    日本機械学会誌   Vol.116 ( No.1130 ) 3 - 10  2013年

  • 大地震と原発事故の教訓を後の世代に伝えよう

    金子成彦

    日本機械学会誌   Vol.116 ( No.1130 ) 1 - 2  2013年

  • 708 クランク軸瞬時トルクを用いたバイオマスガスエンジン制御

    山崎 由大, 津田 健嗣, 金子 成彦

    Dynamics & Design Conference   2012   "708 - 1"-"708-7"  2012年09月

     概要を見る

    Internal combustion engines are required to use various fuels. A conventional MAP based engine control system is not suitable for achieving stable operation and high thermal efficient operation for various fuels. Authors have been developing the engine control algorithm to realize fuel flexibility by employing experimental rules and a closed loop control using in-cylinder gas pressure. In this study, in order to improve fuel flexibility of engine control algorithm and to confirm the experimental rules, availability of calculation results with elementary reactions for the algorithm is investigated. Availability of instant crank shaft torque for a feedback sensor is also investigated. The result shows that the modified engine control system employing laminar burning velocities calculated from elementary reactions and the torque feedback loop can keep stable operation when fuel lower heating value varies during engine operation.

    CiNii

  • G070021 バイオマス利用Dual Fuelエンジンの着火燃焼特性

    藤原 直人, 野口 雄平, 山崎 由大, 金子 成彦

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2012   "G070021 - 1"-"G070021-4"  2012年09月

     概要を見る

    In this study, effects of gas energy ratio and fuel composition of biomass gas on the ignition and combustion in dual fuel engine using biomass gas are researched experimentally. Dual fuel engine is a reciprocating engine to use both gaseous fuel produced from biomass and liquid fuel to assist the ignition and combustion of gaseous fuel. Liquid fuel injected to a combustion chamber is firstly ignited and can stably ignite pre-mixture of biomass gas and air. Simulated biomass gases consisting of H_2, CH_4, CO, C0_2 and N_2 were used and diesel oil was also used. The result shows that as the gas energy ratio increases, the thermal efficiency decreases and the amount of NO_x in exhaust gas reduces. The higher hydrogen ratio of biomass gas achieves the higher thermal efficiency, the larger amount of the NO_x in exhaust gas and operates an engine stably.

    CiNii

  • G080014 自然エネルギーの変動抑制に適したガスエンジン運転手法

    牛島 宏太, 見並 克俊, 野口 雄平, 山崎 由大, 金子 成彦

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2012   "G080014 - 1"-"G080014-5"  2012年09月

     概要を見る

    These days, renewable energies attract world's attention. However, renewable energies, such as photovoltaic generation (PV), have unstable outputs. Gas engines (GE) is able to be used to compensate renewable energies. In this study, more efficient operation method was introduced. This method using GE with variable engine speeds showed great results in efficiency and ability to control larger PV. To confirm this variable engine speed method is effectual, we simulated the ability to control PV using discrete event engine model (DEM) and mean value engine model (MVM). These two models are able to consider fire conditions by used in combination. In addition, we functionalized loss toque by multiple regression analysis to ensure the efficacy of variable engine speed method. Finally, variable engine speed method showed the ability to control 0.2kW larger PV and contribution to about 8% more efficient system. In conclusion, variable engine speed method is the valid method for more efficient operation in compensating renewable energies.

    CiNii

  • G070024 予混合気の不均質性がHCCIエンジンの振動騒音へ及ぼす影響

    藤原 慎之輔, 山崎 由大, 金子 成彦

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2012   "G070024 - 1"-"G070024-4"  2012年09月

     概要を見る

    Homogeneous Charge Compression Ignition (HCCI) engine is a one of the technics to raise a thermal efficiency of internal combustion engines. HCCI engine have noise and vibration problems. In this paper, inhomogeneity of pre-mixed gas is used to reduce noise and vibrations. In this paper, difference of fuel mixture point makes inhomogeneity of pre-mixed gas. Fuels which do not pass static-mixer and mix with air just before cylinder do not diffuse and make inhomogeneity of pre-mixed gas. For an index of inhomogeneity of pre-mixed gas, R_<f2> was defined as a proportion of fuel mixed just before cylinder to all fuel. This paper presents how reductions of inhomogeneity of pre-mixed gas change when engine output and engine speed change. Reductions of noise and vibration level are difference of level between R_<f2>=0% and R_<f2>=100%. When engine output increased, frequency where inhomogeneity of pre-mixed gas reduce noise level and vibration level shifted in higher frequency and reduction of vibration level increased. When engine speed increased, reductions of noise and vibration level increased. Only on 1200rpm, reductions of noise level were observed in lower than 50Hz.

    CiNii

  • F211 自然エネルギーの変動抑制に利用するガスエンジンの排気特性とコスト評価(OS4 省エネルギー・コジェネ・ヒートポンプ)

    見並 克俊, 山崎 由大, 金子 成彦, USHIJIMA Kota

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム   2012 ( 17 ) 433 - 436  2012年06月

     概要を見る

    To utilize photovoltaic power generation (PV), the compensation for power fluctuation is necessary since the fluctuation has a bad influence on electric power system. Therefore, micro grid using several kinds of decentralized generation plants is considered to be a good solution. In this paper, the feasibility of gas engines to compensate for the PV fluctuation is investigated from the viewpoint of exhaust gas NOx, and power generation cost by simulation. As for NOx, the amount of NOx increases as the output of a gas engine fluctuates, but this increase on NOx hardly has a problem in micro grid. As for power cost, it can be decreased by combining battery and a few kinds of gas engines. As a result, gas engines can be used in micro grid as decentralized generation plants.

    CiNii

  • WG3 : 工学を社会に対して適正に説明する方法とそのための機械技術者の人材育成(長期的視点からの提言検討委員会報告<臨時特集>東日本大震災調査・提言活動中間報告)

    金子 成彦

    日本機械学會誌   115 ( 1123 ) 369 - 370  2012年06月

    CiNii

  • 学会間の協働で果たそう次世代の研究者・技術者の育成

    金子成彦

    ロボット学会誌   Vol.30 ( No.10 ) 938  2012年

  • 安寧な社会構築に向けてのこれからの学会の役割

    金子成彦

    日本原子力学会誌   Vol.54 ( No.9 ) 565  2012年

  • 学会間の共創関係の構築を目指して

    金子成彦

    低温工学   Vol.47 ( No.5 ) 267  2012年

  • Aiming for a Society that Gains Trust of the Public

    Shigehiko Kaneko

    JSME News   Vol.23 ( No.1 )  2012年

  • G080023 バイオマスガスの組成がバーナー火炎のイオン電流に及ぼす影響([G08002]動力エネルギーシステム部門一般セッション(2):動カエネルギーシステムの高度化2)

    新井 太一, 山崎 由大, 金子 成彦

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2011   "G080023 - 1"-"G080023-3"  2011年09月

     概要を見る

    In this study, effects of fuel composition of biomass gas on the ion current of burner flame were researched to clarify feasibility of ion current probe method for biomass gas flame. A mock biomass gases consisting of H2, CH4, CO, CO_2 and N2 were used in this study. As a result, it was showed that the ion current are not detected when CH4 are not included in the fuel. It was also showed that the increase of the ratio of CH4 or H2 content makes the ion current value increase, the increase of the ratio of CO_2 makes the ion current value decrease and the increase of the ratio of CO doesn't change the ion current value. This suggests that the change of the composition of biomass gas can be detected by the ion current probe method when CH4 is included in the fuel. Meanwhile, effects on ion current value of each gas flow per unit flame surface were similar to the effects of the ratio of each gas contents.

    CiNii

  • 237 動脈網モデルによる脈波伝播シミュレーション(圧力脈動のメカニズムと計測制御,OS-22 流体関連振動・音響のメカニズムと計測制御,総合テーマ:「部門創設25周年、新たなる躍動」)

    河井 裕介, 金子 成彦, 保田 一馬

    機械力学・計測制御講演論文集   2011   44 - 44  2011年09月

    CiNii

  • 234 自然エネルギー電源の出力変動抑制におけるガスエンジンの利用(振動解析,自然エネルギー,高圧水素における動的計測,OS-10 機械のための動的計測,総合テーマ:「部門創設25周年、新たなる躍動」)

    小林 大悟, 野口 雄平, 山崎 由大, 金子 成彦, 牛島 宏太

    機械力学・計測制御講演論文集   2011   43 - 43  2011年09月

    CiNii

  • F102 HCCIエンジンによる木質系バイオマスガスと都市ガスの混焼利用 : 燃料組成の影響(OS3 バイオマス・新燃料・環境技術)

    山崎 由大, 篠田 治人, 金子 成彦

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム   2011 ( 16 ) 121 - 124  2011年06月

     概要を見る

    Autoignition and combustion characteristics of biomass gas and city gas 13A mixed fuels in a HCCI engine were investigated. A mock biomass gases consisting of H_2, CH_4, CO, N_2 and CO_2 were used assuming a wood pyrolysis gas. Using a modified gas engine with high compression ratio pistons and an inlet air heating system, experiments were carried out. Influences of mixing ratio of two fuels on heat release and indicated thermal efficiency were investigated. Higher city gas 13A content make maximum value of rate of heat release lower at a constant equivalence ratio and a constant IMEP. The mixed fuel obtains higher indicated thermal efficiency and lower cyclic variation than biomass gas or city gas 13A only. Effects of H_2 and CO contents of biomass gas were also investigated. It is clarified that H_2 has a big influence on rate of heat release but CO does not.

    CiNii

  • H213 ガスエンジンダイナミクスモデルによる太陽光発電の出力変動抑制予測(OS4 省エネルギー・コジェネヒートポンプ)

    野口 雄平, 小林 大悟, 山崎 由大, 金子 成彦

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム   2011 ( 16 ) 503 - 506  2011年06月

     概要を見る

    Output fluctuation of photovoltaic power generation (PV) may have a negative impact on the electric power system such as excess variation of frequency when the amount of PV is increased. It is considered that storage batteries are installed to reduce output fluctuation of PV. However, storage battery has several faults in the economic point of view. In this paper, gas engines are utilized for suppressing output fluctuation of PV instead of storage battery. The ability of two types of existent gas engines (9.9kW and 350kW) is evaluated through dynamic simulation using engine dynamic model and actual PV output data. The results are as follows. 9.9kW gas engine can suppress the output fluctuation of 9.2kW PV and is used sufficiently instead of storage battery. Existent 350kW gas engine is not effective in the suppression of fluctuation. However 350kW gas engine has a potential ability to suppress the output fluctuation of 200kW PV by altering control system.

    CiNii

  • 着座センサにより得られた生体信号による飲酒検知

    金子成彦, 藤田悦則, 吉栖正生, 亀井勉, 村田幸治, 榎園正人

    自動車技術   Vol.66 ( No.2 ) 85 - 90  2011年

  • 4A13 Development of fuel flexible engine control system

    YAMASAKI Yudai, NISHIZAWA Yukihiro, SUZUKI Yoshitaka, KANEKO Shigehiko

    「運動と振動の制御」シンポジウム講演論文集   2010   "4A13 - 1"-"4A13-13"  2010年08月

     概要を見る

    Biomass resources are drawing attention as alternative fuel for combating the energy crisis and for atmospheric environment protection. The small gas engine in a distributed power generation system is an efficient system to use it, because the biomass resource is stored in large area and its energy density is low. The composition of gas fuel generated from biomass is affected by the source type, the gasification method, and the gasifying condition. Then, the gas engine must be operated stably with high thermal efficiency in view of these fuel fluctuations. The authors aim to develop a small gas engine system for biomass gas by modifying the control system of a conventional spark ignition engine to absorb fuel fluctuation. Then, the original gas engine control algorithm was developed, which can define target values of equivalence ratio of premixture and ignition timing realizing high thermal efficiency in fuel combustion property by analyzing in-cylinder pressure data in real time. To develop a control algorithm, combustion experiments with various components fuels assuming component of real biomass gases like as fermentation gas and pyrolysis gas, were carried out. It was clarified that the relationship between dimensionless combustion duration and equivalence ratio is expressed in first order liner function regardless of fuel components. Indicated thermal efficiency can be also expressed by dimensionless combustion duration and volumetric efficiency. In addition, the relationship between combustion duration and MBT can also be expressed in first order function regardless of fuel components. Original engine control algorithm uses these relationships obtained from in-cylinder gas pressure in real time. Thus, biomass fueled gas engine system was developed by applying the algorithm to the automobile gasoline engine with hardware modifications of only fuel supply system and flywheel. The engine system was connected to a gasification plant using wood chip and operation test was carried out. As a result, the engine system could set optimum premixture condition and ignition timing, which realized stable and high thermal efficiency operation automatically.

    CiNii

  • 流体関連振動の考え方とメカニズム

    金子成彦

    日本機械学会講習会教材   No.10 ( 125 ) 1 - 8  2010年

  • 日本機械学会における標準事業活動

    金子成彦

    日本機械学会誌   Vol.113   31 - 33  2010年

  • 磁気ばねを利用した除振・励振装置の開発

    桑田勝義, 小島重行, 大下裕樹, 杉本英治, 小倉由美, 藤田悦則, 榎園正人, 金子成彦

    日本AEM学会誌   Vol.17 ( No.4 ) 557 - 564  2009年

  • ホロニックエネルギーシステムとガスエンジンの役割

    金子成彦

    日本マリンエンジニアリング学会誌   Vo.44 ( No.5 ) 25 - 30  2009年

    DOI

  • 居眠り運転防止シート

    金子成彦

    日本機械学会誌   Vol.111 ( No.1075 ) 36 - 37  2008年

  • 快適シート技術

    藤田悦則, 小島重行, 小倉由美, 村田幸治, 亀井 勉, 槌田雄二, 榎園正人, 緑川 洋一, 秋田昌憲, 金子成彦

    自動車技術   Vol.62 ( No.2 ) 33 - 41  2008年

  • 入眠予兆検知システム車用シート開発事例

    藤田悦則, 小倉由美, 小島重行, 金子成彦

    日本設計工学会    2007年11月

  • OS3-9 バイオマス対応マイクロガスタービンシステムの運転制御に関する研究(OS3 バイオマス・新燃料・環境技術,循環型社会における動力エネルギー技術)

    岡田 幸順, 金子 智彦, 山崎 由大, 金子 成彦

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム   2007 ( 12 ) 319 - 324  2007年06月

     概要を見る

    Robust controller depends on H infinity optical control theory was designed and developed for a new Micro Gas Turbine capable of biomass gas. It was required for the system to be stable for unpredictable fuel components fluctuation while maintaining the control performance. The H infinity controller was designed based on the system identification and the weight functions determination. After confirming the stability of both the controller and the system by the simulation, it was equipped to the Micro Gas Turbine experiment system. It showed not only similar control performance than conventional 2 Degrees of Freedom PID controller, but also significantly higher robustness after the resolution of fuel flow controller was changed. This development made the Micro Gas Turbine stable against finer fuel control, and this realizes higher controllability under fluctuating low calorific gas fuel such as biomass gas.

    CiNii

  • 21619 ガスエンジンの過渡応答特性に関する研究(モデリングと制御,OS.1 実システムのモデリングと制御)

    山崎 由大, 戸松 豪, 永田 裕樹, 金子 成彦

    日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集   2007 ( 13 ) 15 - 16  2007年03月

     概要を見る

    Micro grid energy system is consisted of various kind of electric generator (ex: wind power system that use natural energy, gas engine, storage battery and etc.). These devices are needed to be operated in line for the electricity demand change. Fuel composition also changes in assuming biomass use in micro grid. So, it is important to understand their transient response properties for designing and managing micro grid energy system. In this study, gas engine dynamic model was built to predict transient response and it was also investigated in experiment for existent gas engine. In addition, influence of combustion duration, which was affected by fuel property, on transient response was investigated by using engine dynamic model.

    CiNii

  • ダイナミックモデルを用いたガスエンジンの動特性予測

    永田裕樹, 戸松 豪, 山崎 由大, 金子 成彦

    日本機械学会第12回動力エネルギー技術シンポジウム講演論文集, 2007     175 - 180  2007年

     概要を見る

    To realize stable operation of micro grid, it is necessary for gas engines to compensate the load changes due to demand variation as well as the power provided by other renewable energy device. It is important to grasp the load following capability of gas engines because gas engines can be controlled in response to the demands. In addition, because of the variability of component of biomass gas which depending on the operating condition of gasification or raw material in case of supplying biomass gas to gas engine, dynamic characteristics against the fuel component variation must be investigated. In this study, newly developed dynamic simulation model of gas engine is proposed and used to simulate transient operation. With this model, the influence of several engine parameters on the transient response of gas engine was clarified. As a result, equivalence ratio, combustion duration and fuel calorie have relatively small influence on the transient response.

    CiNii

  • 小型ガスエンジンでのバイオマスガス利用に関する研究

    山崎由大, 金子成彦

    日本燃焼学会誌   Vol.49 ( No.150 ) 16 - 25  2007年

  • マイクロガスタービンの研究開発と軸受技術

    金子成彦

    月刊トライボロジー   236   1 - 3  2007年

  • フォイル軸受で支持されたパームトップサイズマイクロガスタービン回転軸系の試作と動特性評価法の提案

    金子成彦, 宮野芳寛, 森 祐司, 渡邉辰郎

    日本エネルギー学会誌   Vol.84 ( No.3 ) 227 - 234  2005年

  • パームトップガスタービン軸系の固有振動数解析

    金子成彦, 森 祐司

    日本ガスタービン学会誌   Vol.33 ( No.1 ) 25 - 31  2005年

  • 気体軸受の最新技術動向

    金子 成彦

    トライボロジスト = JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS   49 ( 11 ) 833 - 838  2004年11月

    CiNii

  • 気体軸受の最新技術動向

    金子成彦

    トライボロジスト   Vol.49 ( No.11 ) 15 - 20  2004年

  • マイクロガスタービン発電システムとトライボロジー技術

    金子成彦

    トライボロジスト   Vol.49 ( No.5 ) 397 - 402  2004年

  • 変わり始めた大学教育

    金子成彦

    ガイドライン   No.11   22 - 25  2003年

  • 東京大学超小型分散エネルギーシステムラボと5kWマイクロガスタービンの開発研究

    笠木伸英, 金子成彦, 鹿園直毅

    コジェネレーション   Vol.18 ( No.1 ) 28 - 32  2003年

  • 小型分散エネルギーシステムと創造設計

    金子成彦

    機械の研究   Vol.55 ( No.1 ) 145 - 152  2003年

  • 流れ方向に振動する円柱に作用する非定常抗力の特性

    西原 崇, 金子成彦

    電力中央研究所報告(平成14年11月)   U02012  2002年11月

  • 小型分散エネルギーラボとPBL教育プログラム

    金子成彦

    日本ガスタービン学会誌   Vol.30 ( No.5 ) 347 - 349  2002年

  • マイクロガスタービンを題材としたPBLプログラム

    金子成彦, 渡邉辰郎

    工業教育   Vol.50 ( No.5 ) 44 - 48  2002年

    DOI

  • マイクロガスタービン用空気軸受の試作

    金子成彦, 渡邉辰郎, 北澤 進

    日本ガスタービン学会誌   Vol.30 ( No.4 ) 283 - 287  2002年

  • PBLプログラム海外視察報告

    金子成彦, 渡邉辰郎

    工業教育   Vol.50 ( No.3 ) 77 - 81  2002年

    DOI

  • 東京大学におけるPBL教育の一事例

    金子成彦, 渡邉辰郎

    日本設計工学会誌   Vol.37 ( No.4 ) 11 - 18  2002年

  • 流体振動におけるカオス挙動

    金子成彦

    機械の研究   Vol.54 ( No.1 ) 205 - 209  2002年

  • Recent activity of engineering education in Japanese university

    Shigehiko Kaneko

    JSME News    2001年

  • マイクロガスタービン(小型分散エネルギー社会の実現をめざして)

    金子成彦

    自動車技術会誌   Vol.55 ( No.5 ) 94 - 95  2001年

  • マイクロガスタービンを題材としたPBL教育活動

    金子成彦

    ターボ機械   Vol.29 ( No.4 ) 14 - 19  2001年

    DOI

  • 国立大学における教育改革の試み

    黒川淳一, 金子成彦, 生田幸士

    日本機械学会誌   Vol.104 ( No.990 ) 298 - 306  2001年

  • 片持ち円柱構造物の抗力方向振動に関する実験的研究

    毛利泰裕, 金子成彦, 渡邉辰郎

    東京大学総合試験所所報   Vol.58   79 - 84  2000年

  • プラント機器、配管などが絡む機器のトラブル診断と対策

    金子成彦, 松田博行

    日本機械学会講習会教材   No.99 ( 20 ) 59 - 77  1999年

  • 次世代の若者を導き、刺激する学会活動

    金子成彦, 田中基八郎, 前田 清, 米村傳治郎

    日本機械学会誌   Vol.100 ( 948 ) 1140 - 1147  1997年

  • 振動の制御

    金子成彦

    日本機械学会講習会教材   No.95 ( 47 ) 75 - 85  1995年

  • 流体関連機器のトラブル対策

    金子成彦, 藤川 猛

    日本機械学会講習会教材   No.95 ( 13 ) 37 - 48  1995年

  • Protecting from Flow-Induced Vibration, Troubleshooting for Vibration in Industrial Machinery

    Shigehiko Kaneko

    Laboratorium Dinamika Pau-Ir, Bandung Institute of Technology     7.1 - 7.17  1995年

  • 同調液体ダンパーによる構造物の制振

    金子成彦

    日本機械学会講習会教材   No.930 ( 16 ) 37 - 46  1993年

  • 流れによる弾性体の振動

    金子成彦

    日本機械学会講習会教材   No.920 ( 58 ) 57 - 66  1992年

  • 液体の共振を利用した制振装置

    金子成彦

    日本舶用機関学会誌   Vol.27 ( No.4 ) 323 - 329  1992年

    DOI

  • 流体関連振動と流体制振におけるモデリング

    金子成彦

    日本機械学会講習会教材   No.910 ( 61 ) 17 - 25  1991年

  • 非線形自励振動系を対象とした数値積分法の特性評価

    金子成彦ほか

    総合試験所年報   Vol.49   171 - 176  1991年

  • 1次元平行すきま流路内に置かれた片持ち弾性はりの安定性

    長倉 博, 金子成彦

    総合試験所年報   Vol.49   177 - 182  1991年

  • モード連成フラッタの能動制振に関する研究

    廣田和生, 金子成彦

    総合試験所年報   Vol.50   143 - 148  1991年

  • スロッシングを利用した制振装置の研究

    金子成彦, 石川雅章, 渡辺辰郎

    総合試験所年報   Vol.50   149 - 154  1991年

  • いつ流によって発生する弾性平板堰の自励振動の発生機構に関する研究

    中野龍児, 金子成彦

    総合試験所年報   Vol.50   155 - 160  1991年

  • すきま流に起因する片持ち弾性はりの自励振動

    長倉 博, 金子成彦

    総合試験所年報   Vol.48   199 - 204  1990年

  • 相似則の学び方

    金子成彦

    メカライフ   No.18   52 - 53  1989年

  • いつ流に伴う堰の自励振動

    金子成彦, 久野勝美

    東京大学工学部紀要   A-27   20 - 21  1989年

  • 遠心分離機の自励振動

    金子成彦

    総合試験所年報   Vol.48   193 - 198  1989年

  • すきま流励起振動の基礎

    金子成彦

    日本機械学会第674回講習会教材     47 - 55  1988年

  • 液体で部分的に満たされた中空回転軸系の自励振動

    金子成彦, 葉山眞治

    東京大学工学部紀要   A-19   20 - 21  1981年

▼全件表示

産業財産権

  • 副室式エンジンの燃焼状態判別方法,副室式エンジン,及びエンジンシステム

    高島良胤, 佐古孝弘, 山崎由大, 高居明弘, 金子成彦

    特許権

  • (EUROPEAN PATENT) Damping device

    Fujita Etsunori, Honda Hiroki, Kaneko Shigehiko

    特許権

  • 疲労度測定方法、疲労検出装置及びコンピュータプログラム

    4611206

    金子成彦, 藤田悦則

    特許権

     概要を見る

    疲労度を定量化して表示可能とする

  • (US Patent)疲労度測定方法、疲労検出装置及びコンピュータプログラム

    金子成彦, 藤田悦則

    特許権

  • (ヨーロッパ特許)疲労度測定方法、疲労検出装置及びコンピュータプログラム

    金子成彦, 藤田悦則

    特許権

  • (中国特許)疲労度測定方法、疲労検出装置及びコンピュータプログラム

    金子成彦, 藤田悦則

    特許権

  • 磁気ダンパ装置

    藤田悦則, 金子成彦

    特許権

  • Seat structure

    金子成彦, 藤田悦則, 坂本豊, 千柄一義, 川崎誠司, 高田康秀, 小倉由美

    特許権

  • 座席構造

    金子成彦, 藤田悦則, 坂本豊, 千柄一義, 川崎誠司, 高田康秀, 小倉由美

    特許権

  • 座席構造

    金子成彦, 藤田悦則, 坂本豊, 千柄一義, 川崎誠司, 高田康秀, 小倉由美

    特許権

  • 液体搬送装置の液面変動抑制方法

    特許3373377

    金子成彦

    特許権

  • 緩衝装置

    金子成彦, 藤田悦則, 譽田浩樹

    特許権

  • ダンパ

    金子成彦, 藤田悦則, 榎芳美, 譽田浩樹

    特許権

  • 斜材ケーブル制振装置用サグ対策機構

    片村立太, 中野寵児, 松永義憲, 金子成彦

    特許権

  • 情報記録再生ディスク装置

    特許1538529

    葉山眞治, 金子成彦, 有賀敬治

    特許権

  • 疲労度測定方法、疲労検出装置おおびコンピュータプログラム

    藤田悦則, 金子成彦

    特許権

▼全件表示

受賞

  • 著述賞

    2020年10月   計測自動制御学会   「基礎からわかる自動車エンジンのモデルベースト制御」  

    受賞者: 金子成彦, 山崎由大, 大森浩充, 平田光男, 水本郁朗, 一柳満久, 松永彰生, 神田智博

  • 名誉会員

    2020年05月   自動車技術会  

  • 技術賞

    2019年11月   日本燃焼学会   戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「革新的燃焼技術」  

  • 論文賞

    2019年08月   エネルギー・資源学会   「経済性・環境性・レジリエンス性を考慮した分散型電源機器導入量決定のための多目的最適化ツールの開発」  

  • 名誉員

    2019年04月   日本機械学会  

  • 論文賞

    2019年04月   日本機械学会   「音響的境界条件を考慮した燃焼振動発振周波数の検討」  

  • 論文賞

    2019年   日本機械学会   「離散化モデルを用いたHCCIエンジンの制御シミュレーション」  

  • 技術振興功労者表彰

    2017年10月   東京都  

  • フェロー認定

    2017年06月   日本工学会  

  • 創立70周年記念表彰

    2017年05月   自動車技術会  

  • 機械力学・計測制御部門賞

    2017年04月   日本機械学会  

  • Seed Grant

    2017年03月   Siebel Energy Institute  

  • 論文賞

    2016年05月   日本設計工学会   「体幹生体信号簡易センシングシステムの開発」  

  • 第53回燃焼シンポジウム・ベストプレゼンテーション賞

    2015年11月   日本燃焼学会   「旋回流中で形成される超過濃火炎」  

  • 中国・四国支部優秀論文賞

    2014年03月   日本人間工学会   「鞭打ち傷害低減シートフレーム構造の開発」  

  • 科学技術分野の文部科学大臣表彰、科学技術賞(開発部門)

    2013年04月   文部科学省   「居眠り運転警告装置の開発」  

  • 機械力学・計測制御部門 国際賞

    2011年09月   日本機械学会  

  • 中国・四国支部優秀論文賞

    2011年03月   日本人間工学会   「疲労度モニタリングシステムを有する自動車用シートの開発」  

  • 産学官連携功労者表彰、国土交通大臣賞

    2010年06月   内閣府、総務省、文科省、他   「居眠り運転警告シート」  

  • 中国国家優秀自費留学生奨学金感謝状

    2010年05月   中華人民共和国大使館  

  • 技術賞

    2010年05月   ターボ機械協会   「ターボ形流体機械による配管内圧力脈動の評価技術」  

  • フェロー認定

    2009年06月   自動車技術会  

  • 教育賞

    2008年04月   日本機械学会   「小型バイオマスエネルギー変換システムを題材としたPBL方式による計測制御教育」  

  • 功労賞

    2007年10月   日本機械学会  

  • 功労者

    2007年05月   自動車技術会  

  • アプリケーションコンテスト2006学生部門最優秀賞

    2006年11月   日本ナショナルインスツルメンツ株式会社   「バイオマスガス燃料対応エンジンの計測制御システム」  

  • 機械力学・計測制御部門 功績賞

    2005年08月   日本機械学会  

  • ACMD BEST STUDENT PAPER AWARD (アジア・マルチボディダイナミクス国際会議最優秀学生論文賞)

    2004年08月   日本機械学会   「Nonlinear analysis of sheet flutter based on multibody dynamics」  

  • 高城賞

    2003年10月   精密工学会   「柔軟媒体搬送技術と学理に関する研究」  

  • The Most Interesting Reading

    2003年05月   設計工学会   「東京大学におけるPBL教育の一事例」  

  • フェロー認定(認定番号30043)

    2003年03月   日本機械学会  

  • LABVIEWアカデミックコンテスト特別賞受賞

    2002年11月   日本ナショナルインスツルメンツ株式会社   「マイクロガスタービンの監視制御システム」  

  • 論文賞

    2002年04月   日本機械学会   「振動モードの切替えによる斜張橋斜材ケーブルの制振方法に関する研究」  

  • 最優秀ポスター論文賞

    1997年11月   アジア太平洋振動会議'97   "Self-excited Sloshing Caused by the Fluid Discharge over the Flexible Plate Weir (Investigation on Higher Order Sloshing Coupled Mode Instability)"  

  • 計算力学部門 優秀講演賞

    1997年10月   日本機械学会   「移動矩形容器内で発生する浅水波の残留振動制御」  

  • 功労者

    1997年05月   自動車技術会   「自動車技術会誌編集委員長としての貢献」  

  • 機械力学・計測制御部門 パイオニア賞

    1996年08月   日本機械学会   「流体関連振動の体系化」  

  • 奨励賞

    1986年04月   日本機械学会   「液体で部分的に満たされた中空回転軸系の自励振動に関する研究」  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 車室内温熱環境の動的変化を考慮可能なドライバー体調変動予測モデルの開発

    日本学術振興会  科研費/基盤研究(C)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2024年03月
     

    金子成彦,上道茜

  • ドライバーの体調予測に資する数理モデルの構築

    科研費/基盤研究(B)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    金子成彦

  • 小型エネルギー変換機器の高効率・環境性能両立実現のための動的設計法の研究

    科研費/基盤研究(B)

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2018年03月
     

    金子成彦

  • マイクロターボ機械用動圧型気体スラストフォイル軸受の設計手法の開発

    科研費/特別研究員奨励費

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

    金子成彦

  • 非侵襲生体計測とアクアダミーによる安心快適なシート設計・評価技術

    科研費/挑戦的萌芽研究

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

    金子成彦

  • スマートエネルギーシステム実現のための高度熱電併給システム制御技術

    科研費/基盤研究(B)

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    金子成彦

  • 入眠予兆信号の計測原理の数理的解明

    科研費/挑戦的萌芽研究

    研究期間:

    2008年
    -
    2010年
     

    金子成彦

  • 環境影響を考慮したマイクログリッド用バイオマスガスタービンの過渡特性向上技術

    科研費/基盤研究(A)

    研究期間:

    2006年
    -
    2010年
     

    金子成彦

  • 生体内環境を生体外に作る技術を援用した非侵襲心血管系モニタリングシステムの検証

    科研費/基盤研究(B)

    研究期間:

    2003年
    -
    2005年
     

    金子成彦

  • 流水中でインライン振動する片持ち梁型二重連結構造体の振動制振効果の解明

    科研費/基盤研究(B)

    研究期間:

    2000年
    -
    2002年
     

    金子成彦

  • 生体内環境を生体外に作る技術を援用した血圧情報獲得システムの開発

    科研費/基盤研究(B)

    研究期間:

    2000年
    -
    2002年
     

    金子成彦

  • ネオジウム磁石を利用したモードの切り換えによる斜材ケーブル制振システムの開発

    科研費/萌芽的研究

    研究期間:

    1999年
    -
    2000年
     

    金子成彦

  • 弾性多重円筒隔壁に発生する流力振動の解明と防振設計法の確立

    科研費/基盤研究(B)

    研究期間:

    1997年
    -
    1999年
     

    金子成彦

  • 搬送系で発生するフラッタのアクティブ張力制御による制振

    科研費/萌芽的研究

    研究期間:

    1997年
    -
    1998年
     

    金子成彦

  • 非線形性の発現制御とダンピング制御による高機能同調液体タンパーの実現

    科研費/基盤研究(A)

    研究期間:

    1995年
    -
    1997年
     

    金子成彦

  • 弾性堰を越える流れによって発生する自励的液面揺動の非線形安定性解析

    科研費/基盤研究(C)

    研究期間:

    1995年
    -
    1996年
     

    金子成彦

  • スロッシングを利用した制振システムの設計と制御に関する研究

    科研費/一般研究(B)

    研究期間:

    1992年
    -
    1993年
     

    金子成彦

  • 先端技術に関連した弾性構造体の流力振動特性評価システムの開発

    科研費/試験研究(B)

    研究期間:

    1991年
    -
    1993年
     

    金子成彦

  • いつ流に伴う円筒堰の自励振動の解明

    科研費/一般研究(C)

    研究期間:

    1990年
    -
    1991年
     

    金子成彦

  • 磁気ディスク装置内に発生する非定常流れの3次元自動計測システムの開発

    科研費/試験研究

    研究期間:

    1987年
    -
    1989年
     

    葉山眞治

  • 液体内蔵回転体の自励振動の解明

    科研費/一般研究(C)

    研究期間:

    1987年
    -
    1988年
     

    金子成彦

  • 液体内蔵中空回転子に発生する自励振動の防振法に関する研究

    科研費/奨励研究(A)

    研究期間:

    1984年
     
     
     

    金子成彦

  • ディスクフラッタに関する研究

    科研費/奨励研究(A)

    研究期間:

    1983年
     
     
     

    金子成彦

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • イノベーションを生み出す人材育成に必要な体験とは

    金子 成彦

    令和4年電気学会全国大会シンポジウム:イノベーションを生み出す人材育成 H3-2  

    発表年月: 2022年03月

    開催年月:
    2022年03月
     
     
  • 温熱環境を考慮した心臓血管系モデルの構築

    石川 佑輔, 夏 周正, 草鹿 仁, 金子 成彦

    日本機械学会2021年度年次大会  

    発表年月: 2021年09月

  • 車室内温熱環境とドライバーの眠気との関係

    夏 周正, 石川佑輔, 金子成彦, 草鹿 仁

    日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2020年09月

  • 過給副室式ガスエンジンで生じるシリンダ内圧力振動の発生メカニズムの検討

    竹島康貴, 市橋弘光, 山崎由大, 金子成彦

    2019日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2019年09月

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • ドライバーの体調急変予測に向けた数理モデルの精度向上に関する研究

    清水豊禾, 金子成彦, 草鹿仁

    2019日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2019年09月

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • ガスタービン燃焼器を模した管の管内温度分布が音響的境界条件に与える影響の把握

    秋野広佑, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    2019日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2019年09月

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • HCCIエンジンのサイクル間ばらつきメカニズムの把握・ニューラルネットワークモデルの分析

    酒向優太朗, 武藤優哉, 山崎由大, 金子成彦, 疋田孝幸, 水野沙織, 藤井拓磨

    2019日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2019年09月

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • 内部流体による振動抑制を考慮した配管ルーティングの多目的最適化

    藤島脩平, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦, 高橋志郎

    2019日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2019年09月

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • 領域モデルを用いたディーゼルエンジンの簡易NOxモデル

    中込杏, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    2019日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2019年09月

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • 燃焼器内軸方向温度分布を考慮した燃焼振動共鳴周波数の検討

    三谷冠, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    2019日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2019年09月

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • 二次元隙間流れを考慮した使用済み燃料ラックの運動モデルの構築

    新木悠斗, 金子成彦

    D&D  

    発表年月: 2019年08月

    開催年月:
    2019年08月
     
     
  • 磁気ばねとフリープレイダンパを用いたシートサスペンション機構の開発

    増野将大, 巻田聡一, 桑野竜次, 杉本栄治, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦

    日本設計工学会中国支部講演  

    発表年月: 2019年06月

    開催年月:
    2019年06月
     
     
  • 体幹生体信号を用いた体調変動予測モデルの開発

    延廣良香, 藤田悦則, 内川竜一, 前田慎一郎, 小島重行, 小倉由美, 亀井勉, 村田幸治, 吉栖正生, 金子成彦

    日本設計工学会中国支部講演  

    発表年月: 2019年06月

    開催年月:
    2019年06月
     
     
  • 超音速ジェットとオリフィス板の干渉による音場・吸音材の装着による影響

    村田耀, 石井達也, 金子成彦

    日本機械学会関東支部第58回学生員卒業研究発表講演会  

    発表年月: 2019年03月

    開催年月:
    2019年03月
     
     
  • 仮想フィードバック構造を持つフィードフォワード制御器によるディーゼルエンジン吸排気系の過渡応答改善

    林知史, 旭輝彦, 平田光男, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    第6回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2019年03月

    開催年月:
    2019年03月
     
     
  • 運転条件を考慮したCMACを用いたフィードバック誤差学習によるディーゼルエンジンの燃焼制御

    江口誠, 大森浩充, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    第6回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2019年03月

    開催年月:
    2019年03月
     
     
  • 予混合的ディーゼル燃焼の熱発生率制御則の検討

    高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    第6回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2019年03月

    開催年月:
    2019年03月
     
     
  • H∞制御器を用いたディーゼルエンジン吸排気系の多入出力アンチワインドアップ制御

    旭輝彦, 林知史, 平田光男, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    第6回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2019年03月

    開催年月:
    2019年03月
     
     
  • 災害拠点病院における分散型電源システム最適導入量の検討

    海藤直記, 及川亮, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    第15回日本地震工学シンポジウム  

    発表年月: 2018年12月

    開催年月:
    2018年12月
     
     
  • 適応出力フィードバックに基づくディーゼル燃焼における熱発生率の制御

    藤井聖也, 内田智, 水本郁朗, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    2018内燃機関シンポジウム  

    発表年月: 2018年11月

    開催年月:
    2018年11月
     
     
  • 走行時におけるエンジン制御モデルの自動適合の検討

    曹家楠, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    2018内燃機関シンポジウム  

    発表年月: 2018年11月

    開催年月:
    2018年11月
     
     
  • ディーゼルエンジンの過渡運転における熱発生のモデルベースト制御

    高橋幹, 山崎由大, 金子成彦, 藤井聖也, 水本郁朗

    2018内燃機関シンポジウム  

    発表年月: 2018年11月

    開催年月:
    2018年11月
     
     
  • 渡走行を想定したフィードバック誤差学習によるディーゼルエンジンの燃焼制御実験

    江口誠, 大森浩充, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    システム制御情報学会(幹事学会)第61回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2018年11月

    開催年月:
    2018年11月
     
     
  • 多気筒ディーゼルエンジンにおける予混合的な燃焼のばらつき制御用モデル

    酒向優太朗, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    2018内燃機関シンポジウム  

    発表年月: 2018年11月

    開催年月:
    2018年11月
     
     
  • ドライバーの体調急変検知に向けた心臓血管系モデルの提案とその活用法に関する研究

    金子成彦, 角谷健斗, 進藤友陽

    自動車技術会秋季大会  

    発表年月: 2018年10月

    開催年月:
    2018年10月
     
     
  • 政策の科学に辿り着くまでの軌跡~数理モデルと多目的最適化手法の有効性

    金子成彦  [招待有り]

    日本音響制御学会秋季発表会  

    発表年月: 2018年10月

    開催年月:
    2018年10月
     
     
  • 内部流体による振動抑制を考慮した配管ルーティングの多目的最適化

    八木正彰, 上道茜, 藤島脩平, 金子成彦, 高橋志郎

    日本機械学会最適化シンポジウム2018  

    発表年月: 2018年10月

    開催年月:
    2018年10月
     
     
  • ニューラルネットワークにおけるHCCI燃焼変動メカニズムの把握

    松本佑樹, 山崎由大, 金子成彦, 疋田孝幸, 水野沙織, 藤井拓磨

    日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2018年09月

    開催年月:
    2018年09月
     
     
  • 生体信号を用いたベンチレーションシステムの開発(スポット冷却の衣服内気候に与える影響についての検討)

    元家達也, 藤田悦則, 吉栖正生, 塚本直樹, 小倉由美, 金子成彦

    日本設計工学会2018年度秋季大会研究発表講演会  

    発表年月: 2018年09月

    開催年月:
    2018年09月
     
     
  • カオス解析を用いた疲労度合の推定(ストレスの程度が人に与える影響について)

    延廣良香, 藤田悦則, 小倉由美, 吉栖正生, 金子成彦

    日本設計工学会2018年度秋季大会研究発表講演会  

    発表年月: 2018年09月

    開催年月:
    2018年09月
     
     
  • 血圧情報を利用した眠気推定精度向上に関する研究

    進藤友陽, 金子成彦

    LIFE2018  

    発表年月: 2018年09月

    開催年月:
    2018年09月
     
     
  • 管内の熱源が上流側音響境界条件に与える影響

    南野暖, 三谷冠, 上道茜, 金子成彦

    日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2018年09月

    開催年月:
    2018年09月
     
     
  • ターボチャージャの機械損失予測の妥当性検証

    米澤知樹, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2018年09月

    開催年月:
    2018年09月
     
     
  • 可視化による二段噴射天然ガスデュアルフューエルエンジンの燃焼特性の把握

    市橋弘光, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2018年09月

    開催年月:
    2018年09月
     
     
  • 液体水素ターボポンプで発生する軸方向振動運動モデルの構築

    坂本和弥, 上道茜, 大西樹, 杉山敬幸, 金子成彦

    D&D2018  

    発表年月: 2018年08月

    開催年月:
    2018年08月
     
     
  • フリースタンディング式燃料ラックの4 自由度運動モデルの構築と設計指針の提案

    坂本和弥, 新木悠斗, 金子成彦

    D&D2018  

    発表年月: 2018年08月

    開催年月:
    2018年08月
     
     
  • 体調急変検知に向けた心臓血管系モデルの構築

    角谷健斗, 進藤友暢, 金子成彦

    D&D2018  

    発表年月: 2018年08月

    開催年月:
    2018年08月
     
     
  • 災害時の事業継続性を考慮した省エネルギー機器導入量最適化

    上道茜, 八木正彰, 及川亮, 山崎由大, 金子成彦

    安全工学シンポジウム2018  

    発表年月: 2018年07月

    開催年月:
    2018年07月
     
     
  • 軽油の多段噴射デュアルフューエルエンジンにおける燃焼および排気特性の把握

    市橋弘光, 山崎由大, 金子成彦

    第23回動力・エネルギー技術シンポジウム  

    発表年月: 2018年06月

    開催年月:
    2018年06月
     
     
  • Dedicated EGR を用いたガスエンジンシステムにおける複数燃焼モードの併用

    竹内智顕, 山崎由大, 上道茜, 金子成彦

    第23回動力・エネルギー技術シンポジウム  

    発表年月: 2018年06月

    開催年月:
    2018年06月
     
     
  • シリーズ『3.11』から7年 ①機会と人間を考える

    金子成彦  [招待有り]

    地球システム・倫理学会、研究例会  

    発表年月: 2018年05月

    開催年月:
    2018年05月
     
     
  • 2自由度適応出力フィードバック制御に基づく3段噴射ディーゼルエンジン燃焼制御と定常試験による検証

    藤井聖也, 高橋幹, 水本郁朗, 山崎由大, 金子成彦

    JSAE2018春季大会  

    発表年月: 2018年05月

    開催年月:
    2018年05月
     
     
  • 離散化燃焼モデルを用いたディーゼルエンジン吸排気系のモデル構築とフィードフォワード制御

    林知史, 小泉純, 平田光男, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    JSAE2018春季大会  

    発表年月: 2018年05月

    開催年月:
    2018年05月
     
     
  • ディーゼルエンジンのモデルベースト制御システムにおける負荷領域拡大の検討

    山崎由大, 高橋幹, 酒向優太朗, 金子成彦

    JSAE2018春季大会  

    発表年月: 2018年05月

    開催年月:
    2018年05月
     
     
  • 災害拠点病院を対象とした分散型電源導入量の決定手法

    八木正彰, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    OR学会春季大会  

    発表年月: 2018年03月

    開催年月:
    2018年03月
     
     
  • H∞制御理論によるディーゼルエンジン吸排気系のロバスト制御

    小泉純, 林知史, 平田光男, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    第5回制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2018年03月

    開催年月:
    2018年03月
     
     
  • 4段噴射を用いた予混合的なディーゼル燃焼のモデルベースト制御

    高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    第5回制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2018年03月

    開催年月:
    2018年03月
     
     
  • ロバスト調整則を用いたフィードバック誤差学習に基づくディーゼルエンジンの燃焼制御実験

    江口誠, 大森浩充, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    第5回制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2018年03月

    開催年月:
    2018年03月
     
     
  • 統計分析を用いた過給副室式ガスエンジンのシリンダ内圧力振動メカニズムの解明

    高居明弘, 山崎由大, 金子成彦, 佐古孝弘, 高島良胤

    第38回内燃機関シンポジウム  

    発表年月: 2017年12月

    開催年月:
    2017年12月
     
     
  • ディーゼルエンジン制御モデルにおける燃料噴射段数の拡張

    高橋幹, 酒向優太朗, 山崎由大, 金子成彦

    第38回内燃機関シンポジウム  

    発表年月: 2017年12月

    開催年月:
    2017年12月
     
     
  • ターボチャージャにおける機械損失モデルの構築

    上道茜, 坂上聡, 山崎由大, 金子成彦

    第38回内燃機関シンポジウム  

    発表年月: 2017年12月

    開催年月:
    2017年12月
     
     
  • エンジンのサイクル間ばらつきを推定するバーチャルセンサー

    西崎巽, 山崎由大, 金子成彦

    第38回内燃機関シンポジウム  

    発表年月: 2017年12月

    開催年月:
    2017年12月
     
     
  • SIP 革新的燃焼技術制御チームの研究活動状況

    金子成彦  [招待有り]

    広島大学超高度エネルギー研究拠点シンポジウム  

    発表年月: 2017年12月

    開催年月:
    2017年12月
     
     
  • 多層ニューラルネットワークを用いたフィードバック誤差学習によるMIMOディーゼルエンジンシステムの燃焼制御

    江口誠, 大森浩充, 高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    第60回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2017年11月

    開催年月:
    2017年11月
     
     
  • NOxを考慮したディーゼルエンジンのモデルベースト制御システムの検討

    高橋幹, 山崎由大, 金子成彦

    第60回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2017年11月

    開催年月:
    2017年11月
     
     
  • 体調急変推定に向けた心臓血管系モデルの構築

    角谷健斗, 金子成彦

    LIFE2017(日本機械学会福祉工学シンポジウム)  

    発表年月: 2017年09月

    開催年月:
    2017年09月
     
     
  • 音響境界条件を考慮した燃焼振動発振周波数の検討

    上道茜, 金築一平, 金子成彦

    日本機械学会D&D2017  

    発表年月: 2017年08月

    開催年月:
    2017年08月
    -
    2017年09月
  • ピッチング加振を受ける水平円筒容器内スロッシングの共振波高に対する多孔板の減衰効果のCFDを用いた評価

    新木悠斗, 上道茜, 山﨑由大, 金子成彦

    日本機械学会D&D2017  

    発表年月: 2017年08月

    開催年月:
    2017年08月
    -
    2017年09月
  • メタンを燃料とする過濃SI運転時の燃焼および排気特性

    柿木将, 三好正城, 山崎由大, 上道茜, 金子成彦

    日本機械学会第22回動力・エネルギー技術シンポジウム  

    発表年月: 2017年06月

    開催年月:
    2017年06月
     
     
  • 天然ガス利用デュアルフューエルエンジンにおける経由多段噴射の燃焼特性

    酒向優太朗, 山崎由大, 上道茜, 金子成彦

    日本機械学会第22回動力・エネルギー技術シンポジウム  

    発表年月: 2017年06月

    開催年月:
    2017年06月
     
     
  • 災害リスクを考慮したCGS・PV・蓄電池から構成される分散型電源導入計画

    八木正彰, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦, 坂東茂

    第36回エネルギー・資源学会  

    発表年月: 2017年06月

    開催年月:
    2017年06月
     
     
  • ターボチャージャーにおける伝熱と摩擦損失の解析

    窪山達也, 工藤毅暁, 森吉泰生, 坂上聡, 金子成彦

    自動車技術会春季大会  

    発表年月: 2017年

  • 土工機械向けの薄型サスペンション機構の開発

    小島重行, 増野将大, 小倉由美, 藤田悦則, 辻敏夫, 金子成彦

    第49回日本人間工学会中国・四国支部大会   (香川大学工学部) 

    発表年月: 2016年12月

  • 職業運転手の事故低減に対する面談の有効性―体表脈波データとの比較―

    落合直樹, 富田章代, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 吉栖正生, 金子成彦

    第49回日本人間工学会中国・四国支部大会   (香川大学工学部) 

    発表年月: 2016年12月

  • 自律神経活動に基づく居眠り運転警告装置の警告効果に関する研究

    松岡玄樹, 内川竜一, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    第49回日本人間工学会中国・四国支部大会   (香川大学工学部) 

    発表年月: 2016年12月

  • 運転技能と運転中の疲労の進行度合いに関する研究

    内川竜一, 松岡玄樹, 小倉由美, 藤田悦則, 上村晴美, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 吉栖正生, 金子成彦

    第49回日本人間工学会中国・四国支部大会   (香川大学工学部) 

    発表年月: 2016年12月

  • 体表脈波を用いた自覚なき疲労の簡易推定法

    堀川正博, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正生

    第49回日本人間工学会中国・四国支部大会   (香川大学工学部) 

    発表年月: 2016年12月

  • マイクロフローリアクターを用いた予混合気着火遅れ時間の予測法の検討

    福田豊, 竹島康貴, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    第54回燃焼シンポジウム   (仙台国際センター) 

    発表年月: 2016年11月

  • 産学官で薦めるエンジン開発-SIP 革新的燃焼技術制御チームの研究活動状況

    金子成彦  [招待有り]

    コベルコ科研セミナー  

    発表年月: 2016年10月

    開催年月:
    2016年10月
     
     
  • 入眠予兆現象捕捉のための呼吸に関する研究

    角谷健斗, 金子成彦

    日本機械学会2016年度年次大会   (九州大学) 

    発表年月: 2016年09月

  • ディーゼルエンジンのモデルベースト制御による実機運転試験

    池村亮祐, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会2016年度年次大会   (九州大学) 

    発表年月: 2016年09月

  • 排気再吸入を伴うHCCIエンジンの制御モデルと制御シミュレーション

    林卓哉, 山崎由大, 金子成彦, 疋田孝幸, 水野沙織, 藤井拓磨

    日本機械学会2016年度年次大会   (九州大学) 

    発表年月: 2016年09月

  • これからのエンジンモデリングとモデルベースト制御に求められるもの

    金子成彦

    ETAS 車両制御シンポジウム2016  

    発表年月: 2016年09月

    開催年月:
    2016年09月
     
     
  • RR間隔を用いた眠気推定に向けた数理モデルの構築

    角谷健斗, 斉藤聡平, 坂上聡, 金子成彦

    日本機械学会機械力学計測・制御部門D&D2016  

    発表年月: 2016年08月

  • 人体ダミーを目指した柔軟体の数理モデルの構築

    天田直弥, 藍千喩, 金子成彦

    日本機械学会機械力学計測・制御部門D&D2016  

    発表年月: 2016年08月

  • フリースタンディング式使用済み燃料ラックの準三次元運動モデルの構築

    菅瞭介, 高居明弘, 金子成彦

    日本機械学会機械力学計測・制御部門D&D2016  

    発表年月: 2016年08月

  • ピッチング加振により励起される水平円筒容器内スロッシングと多孔板の減衰効果

    高居明弘, 酒井英充, 上道茜, 金子成彦

    日本機械学会機械力学計測・制御部門D&D2016  

    発表年月: 2016年08月

  • 過濃SI燃焼による筒内燃料改質がメタンHCCI燃焼に及ぼす影響

    三好正城, 山崎由大, 金子成彦, 上道茜

    第21回動力・エネルギー技術シンポジウム   (横浜市開港記念会館) 

    発表年月: 2016年06月

  • ディーゼルエンジンのモデルベースド制御

    池村亮祐, 山崎由大, 金子成彦

    第3回制御部門マルチシンポジウム,計測自動制御学会   (南山大学) 

    発表年月: 2016年03月

  • 確率ニューラルネットを用いた体調急変予測法の提案

    延川智範, 有國文也, 曽智, 栗田雄一, 平野陽豊, 藤田悦則, 金子成彦, 吉栖正生, 辻敏夫

    第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会  

    発表年月: 2016年

  • マイクロジェットミキサー付ジェットエンジンの騒音予測

    原田拓弥, 石井達哉, 金子成彦

    日本機械学会年次大会2016  

    発表年月: 2016年

  • マイクロフローリアクターを用いた予混合気着火遅れ時間の推定

    福田豊, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会2016  

    発表年月: 2016年

  • 水素を大量に含む燃料の燃焼振動現象

    金築一平, 上道茜, 金子成彦

    日本機械学会年次大会2016  

    発表年月: 2016年

  • 上下方向振動入力を前後方向入力に変換するペンデュラムサスペンション機構の開発

    小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 辻敏夫, 金子成彦

    第48回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2015年12月

  • 疑似心音波形を用いた体調推定技術のフィールド実験での検討

    落合直輝, 松岡玄樹, 堀川正博, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    第48回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2015年12月

  • 疑似心音を用いた尿意の発現の簡易的捕捉法

    中島可南子, 延廣良香, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    第48回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2015年12月

  • 覚醒状態と睡眠状態における生体信号のリズムの比較検討

    延廣良香, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    第48回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2015年12月

  • 疑似心音を用いたドライバーの体調の簡易推定法

    堀川正博, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    第48回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2015年12月

  • パイロット噴射を考慮した多段噴射ディーゼルエンジンの簡易燃焼モデル

    池村亮祐, 清水文也, 山崎由大, 金子成彦

    内燃機関シンポジウム   (京都テルサ) 

    発表年月: 2015年12月

  • 筒内の混合気の不均質性を考慮した自己着火燃焼モデル

    上杉康登, 山崎由大, 金子成彦, 疋田孝幸, 津村雄一郎, 水野沙織

    内燃機関シンポジウム   (京都テルサ) 

    発表年月: 2015年12月

  • 旋回流中で形成される超過濃火炎

    上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    第53回燃焼シンポジウム   (つくば国際会議場) 

    発表年月: 2015年11月

  • 多気筒エンジンの簡易吸排気モデルの構築

    川澄祐介, 上杉康登, 山崎由大, 金子成彦, 疋田孝幸, 水野沙織, 津村雄一郎

    日本機械学会2015年度年次大会   (北海道大学) 

    発表年月: 2015年09月

  • マイクロフローリアクターによる排気再循環を伴う予混合気の自己着火特性の把握

    林卓哉, 上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会2015年度年次大会   (北海道大学) 

    発表年月: 2015年09月

  • バイオマス由来ガスの圧縮自己着火燃焼におけるオゾン添加時の化学反応メカニズム

    池村亮祐, 宮内健太, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会2015年度年次大会   (北海道大学) 

    発表年月: 2015年09月

  • 同エネバイオマス由来ガスを利用したエンジンへのオゾン添加の影響

    池村亮祐, 山崎由大, 金子成彦

    第20回動力・エネルギー技術シンポジウム   (東北大学) 

    発表年月: 2015年06月

  • 非常時を考慮した分散型エネルギー供給システムの最適運用シミュレーション

    長尾浩志, 金子成彦, 山崎由大

    第20回動力・エネルギー技術シンポジウム   (東北大学) 

    発表年月: 2015年06月

  • ジェット騒音能動制御のためのミキシングデバイス

    沢田恭兵, 佐藤寛太, 生沼秀司, 長井健一郎, 石井達哉, 金子成彦

    日本航空宇宙学会第55回航空原動機・宇宙推進講演会   (富山国際会議場) 

    発表年月: 2015年03月

  • SIP革新的燃焼技術制御チームの活動紹介

    金子成彦

    システム制御情報学会,第58回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2015年

  • モデルベースド制御を目指したディーゼルエンジンのモデリング

    池村亮祐, 山崎由大, 金子成彦

    システム制御情報学会,第58回自動制御連合講演会(2015)  

    発表年月: 2015年

  • 入眠予兆現象捕捉法の研究

    坂上聡, 金子 成彦

    日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2015  

    発表年月: 2015年

  • 配管を考慮したガスタービン燃焼器内で発生する燃焼振動

    町田 陸, 上道 茜, 金子 成彦

    日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2015  

    発表年月: 2015年

  • 使用済み燃料ラックの運動モデルの構築

    高居 明弘, 金子 成彦

    日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2015  

    発表年月: 2015年

  • 作動流体の圧縮性を考慮したターボポンプで発生する軸方向振動の運動モデルの構築

    大西 樹, 金子 成彦

    日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2015  

    発表年月: 2015年

  • ばね要素を積層したシートの振動特性

    朝居輝三, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (岡山県立大学) 

    発表年月: 2014年12月

  • 体表脈波を用いたあくびの捕捉法に関する研究

    山本献造, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (岡山県立大学) 

    発表年月: 2014年12月

  • 体表脈波を用いた睡眠時無呼吸症候群患者の生体リズムに関する解析事例

    中島可南子, 延廣良香, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (岡山県立大学) 

    発表年月: 2014年12月

  • 長時間着座のための姿勢保持法の提案

    平本裕太, 延廣良香, 小倉由美, 藤田悦則, 辻敏夫, 金子成彦, 長町三生

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (岡山県立大学) 

    発表年月: 2014年12月

  • 低騒音パワーシートの開発と異音定量化手法の提案

    内山隆夫, 梅崎幾世紀, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (岡山県立大学) 

    発表年月: 2014年12月

  • 体表脈波を用いたドライバーの体調推定法

    堀川正博, 内川竜一, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (岡山県立大学) 

    発表年月: 2014年12月

  • 音響入力によるジェット騒音低減の試み

    沢田恭兵, 榎本俊治, 生沼秀司, 長井健一郎, 石井達哉, 金子成彦

    第34回流力騒音シンポジウム   (東京大学工学部) 

    発表年月: 2014年12月

  • 回転対向流双子火炎におけるプロパン空気超過濃燃焼

    上道茜, 山崎由大, 金子成彦

    第52回燃焼シンポジウム   (岡山コンベンションセンター) 

    発表年月: 2014年12月

  • デュアルフューエルエンジンにおけるバイオマス熱分解ガスの燃焼特性

    宮内健太, 藤原直人, 山崎由大, 金子成彦

    第52回燃焼シンポジウム   (岡山) 

    発表年月: 2014年12月

  • ディーゼル燃焼の簡易ダイナミクスモデル:第 2 報:多段噴射( 2 段噴射)モードへ の拡張

    清水文也, 保田一馬, 山崎由大, 金子成彦, 中村佑介, 飯田訓正, 長谷川 亮

    第25回 内燃機関シンポジウム   (産総研つくば中央第1共用講堂) 

    発表年月: 2014年11月

  • 模型エンジンを利用したマイクロジェットデバイスの騒音低減性能評価に関する研究

    福本 將太, 大宮 修一郎, 和田 恵, 生沼 秀司, 長井 健一郎, 石井 達哉, 金子 成彦

    第42回日本ガスタービン学会定期講演会   (熊本国際交流会館) 

    発表年月: 2014年10月

  • 人体ダミーを目指した柔軟構造物の振動特性解析

    見並 克俊, 金子 成彦, 山崎 由大, 天田 直弥

    Dynamics and Design Conference 2014(D&D2014)   (上智大学) 

    発表年月: 2014年08月

  • 使用済み燃料ラックの運動モデルの構築

    白井 宏尚, 金子 成彦, 山崎 由大

    Dynamics and Design Conference 2014(D&D2014)   (上智大学) 

    発表年月: 2014年08月

  • マイクロガスタービン燃焼器内で発生する燃焼振動の特性に関する研究

    町田 陸, ファン ホーソン, 大野 卓也, 北村 遼平, 上道 茜, 金子 成彦

    Dynamics and Design Conference 2014(D&D2014)   (上智大学) 

    発表年月: 2014年08月

  • バイオマス熱分解ガスを利用したDual Fuelエンジン

    宮内健太, 藤原直人, 山崎由大, 金子成彦

    第19回動力エネルギー技術シンポジウム   (福井) 

    発表年月: 2014年06月

  • 自然エネルギー出力変動抑制のための分散型電源導入法の研究

    山口裕吾, 町田陸, 金子成彦, 山崎由大

    第19回動力エネルギー技術シンポジウム   (福井) 

    発表年月: 2014年06月

  • 新しい人材育成プログラムを活用したものづくり

    金子成彦  [招待有り]

    新しい人材育成プログラムを活用したものづくりセミナー  

    発表年月: 2014年06月

    開催年月:
    2014年06月
     
     
  • 技術者教育におけるPELの活用

    金子成彦  [招待有り]

    第4回宇部高専・徳山高専合同研修会  

    発表年月: 2014年03月

    開催年月:
    2014年03月
     
     
  • 高音圧加振によるジェット騒音低減の試み

    大宮修一郎, 石井達哉, 生沼秀司, 和田恵, 福本將太, 金子成彦

    J0910106日本機械学会年次大会   (東京電機大学) 

    発表年月: 2014年

  • 動脈網モデルによる脈波伝播シミュレーション

    斉藤聡平, 金子成彦

    J0910204日本機械学会年次大会   (東京電機大学) 

    発表年月: 2014年

  • 予混合気の不均質性を考慮したHCCI燃焼簡易モデル

    上杉康登, 山崎由大, 金子成彦, 疋田孝幸, 津村雄一郎, 水野沙織

    G0710104日本機械学会年次大会   (東京電機大学) 

    発表年月: 2014年

  • HCCIエンジンの簡易ダイナミクスモデル

    Ma Qiong, 山崎由大, 金子成彦, 疋田孝幸, 津村雄一郎, 水野沙織

    G0710103日本機械学会年次大会   (東京電機大学) 

    発表年月: 2014年

  • HCCIエンジンの圧力上昇率およびサイクル変動の予測モデルの検討

    馬橋奏太, 山崎由大, 金子成彦, 疋田孝幸, 津村雄一郎, 水野沙織

    G0710102日本機械学会年次大会   (東京電機大学) 

    発表年月: 2014年

  • 気液セパレータに用いられる水平円筒容器内で発生するスロッシング

    酒井英充, 金子成彦

    J0910203日本機械学会年次大会   (東京電機大学) 

    発表年月: 2014年

  • 体表脈波の時系列波形を用いた覚醒状態と睡眠状態の判別法

    山本献造, 内山竜一, 堀川正博, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2013年12月

  • 生体リズムの乱れが体表脈波に与える影響

    堀川正博, 内山竜一, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2013年12月

  • 3Dネットの組織別共鳴に関する実験的検討

    青井幸佑, 前田慎一郎, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2013年12月

  • 交通事故を起こしやすい人の状態に関する一考察

    内川竜一, 堀川正博, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2013年12月

  • 鞭打ち傷害低減シートフレーム構造の開発

    西田篤史, 中村実, 桑野竜次, 杉本栄治, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2013年12月

  • 電動パワーユニットの異音の定量化および評価

    内山隆夫, 我田茂樹, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2013年12月

  • 心音情報を用いた体表脈波(APW)検出

    前田慎一郎, 青井幸佑, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦, 吉栖正生

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2013年12月

  • 共鳴を利用した背部体幹直接音センシングシステムの開発

    小島重行, 前田慎一郎, 青井幸佑, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正生

    第46回日本人間工学会中国・四国支部大会   (サテライトキャンパスひろしま) 

    発表年月: 2013年12月

  • ディーゼル燃焼の簡易ダイナミクスモデル

    保田一馬, 中村裕介, 山崎 由大, 金子成彦, 飯田訓正, 長谷川亮

    第 24 回 内燃機関シンポジウム   (神戸大学) 

    発表年月: 2013年11月

  • 小型ジェットエンジンを利用した加熱ジェットの騒音及び空力計測

    大宮修一郎, 酒井英充, 和田恵, 生沼秀司, 石井達哉, 金子成彦

    第41回日本ガスタービン学会定期講演会   (沖縄産業支援センター(那覇)) 

    発表年月: 2013年10月

  • 遺伝的アルゴリズムによる自然エネルギー平準化システム内の分散電源の最適化

    町田 陸, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会2013年度年次大会   (岡山大学) 

    発表年月: 2013年09月

  • 変動抑制に利用するガスエンジンの当量比可変制御

    清水文也, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会2013年度年次大会   (岡山大学) 

    発表年月: 2013年09月

  • 変動抑制に利用するガスエンジンの回転数可変制御

    荒川大輝, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会2013年度年次大会   (岡山大学) 

    発表年月: 2013年09月

  • バランスピストンの動特性に関する研究

    杉山敬幸, 金子成彦

    Dynamics and Design Conference 2013(D&D2013)   (九州産業大学) 

    発表年月: 2013年09月

  • 水平円筒容器内でのスロッシング現象および多孔板による減衰効果

    鈴木勇人, 酒井英充, 金子成彦

    Dynamics and Design Conference 2013(D&D2013)   (九州産業大学) 

    発表年月: 2013年09月

  • 新しいモデルを用いたスラスト軸受用可撓バンプフォイルの空力弾性挙動

    Abdelrasoul M.GAD, 金子成彦

    Dynamics and Design Conference 2013(D&D2013)   (九州産業大学) 

    発表年月: 2013年09月

  • 理系グローバル人材を育成するために必要な教育の現状と課題―SSHからGCOEまでの教育に関与した経験から

    金子成彦  [招待有り]

    神奈川県立厚木高等学校講演  

    発表年月: 2013年09月

    開催年月:
    2013年09月
     
     
  • 日本機械学会東日本大震災調査・提言分科会活動報告

    金子成彦  [招待有り]

    電気学会平成25年電力・エネルギー部門大会  

    発表年月: 2013年08月

    開催年月:
    2013年08月
     
     
  • 日本近代工学の祖山尾庸三と東京大学工学部

    金子成彦  [招待有り]

    山口七夕会総会  

    発表年月: 2013年07月

    開催年月:
    2013年07月
     
     
  • ハルトマンジェネレータの基礎実験

    大宮修一郎, 中村聡, 和田恵, 石井達哉, 石川仁, 金子成彦

    日本音響学会2103年春季研究発表会   (東京工科大学八王子キャンパス) 

    発表年月: 2013年03月

  • 状態変化に伴う背部体表脈波と指尖容積脈波の超低周波成分の比較

    延廣良香, 藤田悦則, 小倉由美, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正生

    第45回日本人間工学会中国・四国支部大会   (川崎医療福祉大学) 

    発表年月: 2012年12月

  • 体表脈波を用いた長距離運転手の業務管理ソフトの開発

    落合直輝, 前田慎一郎, 内川竜一, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    第45回日本人間工学会中国・四国支部大会   (川崎医療福祉大学) 

    発表年月: 2012年12月

  • 1操作で最適なドライビングポジションへ調整可能なスライド連動リフト機構の提案

    朝居輝三, 西本真司, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦

    第45回日本人間工学会中国・四国支部大会   (川崎医療福祉大学) 

    発表年月: 2012年12月

  • 体表脈波の超低周波数成分の評価による飲酒状態の推定

    山本献造, 内川竜一, 加藤貴士, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦, 吉栖正生

    第45回日本人間工学会中国・四国支部大会   (川崎医療福祉大学) 

    発表年月: 2012年12月

  • 体表脈波と心音・指尖容積脈波との相関関係に関する研究

    小島重行, 藤田悦則, 小倉由美, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正生

    第45回日本人間工学会中国・四国支部大会   (川崎医療福祉大学) 

    発表年月: 2012年12月

  • 片振り子運動を用いた救急車用防振架台の乗り心地改善

    有田優紀, 藤田悦則, 小倉由美, 川崎誠司, 内川竜一, 小島重行, 榎園正人, 金子成彦

    第45回日本人間工学会中国・四国支部大会   (川崎医療福祉大学) 

    発表年月: 2012年12月

  • CFRPと鉄系を用いたフレーム構造での自動車用シートの開発

    巻田聡一, 川崎誠司, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦

    第45回日本人間工学会中国・四国支部大会   (川崎医療福祉大学) 

    発表年月: 2012年12月

  • 電動パワーユニットの異音評価の定量化に向けた基礎研究

    内山隆夫, 藤田悦則, 小倉由美, 我田茂樹, 小島重行, 金子成彦

    第45回日本人間工学会中国・四国支部大会   (川崎医療福祉大学) 

    発表年月: 2012年12月

  • 磁気ばねによる除振機構のフリクション低減に関する研究

    桑田勝義, 大下裕樹, 小島重行, 内山隆夫, 小倉由美, 藤田悦則, 榎園正人, 金子成彦

    第45回日本人間工学会中国・四国支部大会   (川崎医療福祉大学) 

    発表年月: 2012年12月

  • パワーユニットの異音評価に関する実験的研究

    我田茂樹, 小島重行, 内山隆夫, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦

    第45回日本人間工学会中国・四国支部大会   (川崎医療福祉大学) 

    発表年月: 2012年12月

  • APW(体表脈波)の超低周波数成分を用いた運転中の自覚眠気の検出に関する研究

    内川竜一, 延廣良香, 前田慎一郎, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦, 吉栖正生

    第45回日本人間工学会中国・四国支部大会   (川崎医療福祉大学) 

    発表年月: 2012年12月

  • 心拍数変動変化の収束・発散を用いた状態推定法の開発

    小田宇大, 延廣良香, 前田慎一郎, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦, 吉栖正生

    第45回日本人間工学会中国・四国支部大会   (川崎医療福祉大学) 

    発表年月: 2012年12月

  • クランク軸瞬時トルクを用いたバイオマスガスエンジン制御

    山崎由大, 津田健嗣, 金子成彦

    Dynamics and Design Conference 2012(D&D2012)   (横浜) 

    発表年月: 2012年

  • 自然エネルギーの変動抑制に利用するガスエンジンの排気特性とコスト評価

    見並克俊, 山崎由大, 金子成彦

    第17回動力エネルギー技術シンポジウム   (福岡) 

    発表年月: 2012年

  • 自然エネルギーの変動抑制に用いるガスエンジンのコスト評価と運転手法

    見並克俊, 牛島宏太, 山崎由大, 金子成彦, 進士誉夫, 緒方隆雄

    電気学会電力・エネルギー部門大会   (北海道) 

    発表年月: 2012年

  • 自然エネルギーの変動抑制に適したガスエンジン運転手法

    牛島宏太, 見並克俊, 野口雄平, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会   (石川) 

    発表年月: 2012年

  • 予混合気の不均質性がHCCIエンジンの振動騒音へ及ぼす影響

    藤原慎之介, 山崎由大, 金子 成彦

    日本機械学会年次大会   (石川) 

    発表年月: 2012年

  • バイオマス利用Dual Fuel エンジンの着火燃焼特性

    藤原直人, 野口雄平, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会   (石川) 

    発表年月: 2012年

  • バイオマスガスを用いたHCCIエンジンにおけるイオン電流計測

    新井太一, 山崎由大, 田浦康弘, 金子成彦

    第22回内燃機関シンポジウム   (東京) 

    発表年月: 2011年11月

  • 体表脈波を用いた自律神経系指標による飲酒検知法

    小島重行, 内川竜一, 藤田悦則, 小倉由美, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 金子成彦

    日本人間工学会中国・四国支部、九州・沖縄支部合同開催支部大会   (下関市生涯学習プラザ) 

    発表年月: 2011年11月

  • 4象限マップを用いた体調・睡眠状態の見える化手法

    向井美紀, 内川竜一, 藤田悦則, 小倉由美, 吉栖正生, 金子成彦

    日本人間工学会中国・四国支部、九州・沖縄支部合同開催支部大会   (下関市生涯学習プラザ) 

    発表年月: 2011年11月

  • 自律神経系の反応を用いた睡眠状態への遷移現象の同定

    延廣良香, 前田慎一郎, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正生

    日本人間工学会中国・四国支部、九州・沖縄支部合同開催支部大会   (下関市生涯学習プラザ) 

    発表年月: 2011年11月

  • 警告音声に関する実験的研究

    我田茂樹, 落合直輝, 前田慎一郎, 青井幸佑, 小倉由美, 藤田悦則, 上野義雪, 金子成彦

    日本人間工学会中国・四国支部、九州・沖縄支部合同開催支部大会   (下関市生涯学習プラザ) 

    発表年月: 2011年11月

  • トラック運転手用体表脈波計測装置の開発

    前田慎一郎, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 吉栖正生, 金子成彦

    日本人間工学会中国・四国支部、九州・沖縄支部合同開催支部大会   (下関市生涯学習プラザ) 

    発表年月: 2011年11月

  • 高齢者の特性を考慮した自動車用シートの開発

    田村紘一, 内川竜一, 延廣良香, 小倉由美, 藤田悦則, 辻敏夫, 金子成彦

    日本人間工学会中国・四国支部、九州・沖縄支部合同開催支部大会   (下関市生涯学習プラザ) 

    発表年月: 2011年11月

  • 体表脈波を用いたトラック運転手の体調推定法

    落合直輝, 延廣良香, 内川竜一, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    日本人間工学会中国・四国支部、九州・沖縄支部合同開催支部大会   (下関市生涯学習プラザ) 

    発表年月: 2011年11月

  • 体表脈波を用いた飲酒の有無に関する実験的研究

    内川竜一, 向井美紀, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 金子成彦

    日本人間工学会中国・四国支部、九州・沖縄支部合同開催支部大会   (下関市生涯学習プラザ) 

    発表年月: 2011年11月

  • 人間特性に基づく姿勢支持を考慮した自動車用シートの開発

    内川竜一, 鈴木崇, 竹内良敬, 杉本栄治, 小倉由美, 藤田悦則, 上野義雪, 金子成彦

    日本人間工学会中国・四国支部、九州・沖縄支部合同開催支部大会   (下関市生涯学習プラザ) 

    発表年月: 2011年11月

  • 磁気ばねの非線形ばね特性を利用した除振装置の開発

    桑田勝義, 木下裕樹, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 榎園正人, 金子成彦

    日本人間工学会中国・四国支部、九州・沖縄支部合同開催支部大会   (下関市生涯学習プラザ) 

    発表年月: 2011年11月

  • Prediction of Static and Dynamic Performance and Thermohydrodynamic Analysis of Gas Foil Bearings

    FENG, K, KANEKO, S, HOUJOH, H

    第17回日本IFToMM会議シンポジウム講演   (東京工業大学) 

    発表年月: 2011年07月

  • ガスエンジンダイナミクスモデルによる太陽光発電の出力変動抑制予測

    野口雄平, 小林大悟, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会第16回動力・エネルギー技術シンポジウム   (大阪府吹田市関西大学) 

    発表年月: 2011年06月

  • ガスエンジンによる太陽光発電の変動抑制

    小林大悟, 山崎由大, 金子成彦

    電気学会全国大会  

    発表年月: 2011年03月

  • HCCIエンジンによる木質系バイオマスガスと都市ガスの混焼利用(燃料組成の影響)

    山崎由大, 篠田治人, 金子成彦

    第16回動力エネルギー技術シンポジウム   (大阪) 

    発表年月: 2011年

  • バイオマスガスの組成がバーナー火炎のイオン電流に及ぼす影響

    新井太一, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会   (東京) 

    発表年月: 2011年

  • ターボポンプで発生する軸方向旋回すきま流励起振動

    富永裕太, 金子成彦, 杉山敬幸, 都丸裕司

    日本機械学会D&D2011   (高知工科大学) 

    発表年月: 2011年

  • 動脈網モデルによる脈波伝播シミュレーション

    河井裕介, 金子成彦, 保田一馬

    日本機械学会D&D2011   (高知工科大学) 

    発表年月: 2011年

  • 自然エネルギー電源の変動変動抑制におけるガスエンジンの利用

    小林大悟, 野口雄平, 山崎由大, 金子成彦, 牛島宏太

    日本機械学会D&D2011   (高知工科大学) 

    発表年月: 2011年

  • 振り子運動を利用した救急車用防振架台の開発

    桑田勝義, 大下裕樹, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 榎園正人, 上野義雪, 金子成彦

    第43回日本人間工学会中国・四国支部大会   (広島大学医学部) 

    発表年月: 2010年10月

  • 自動車用座席の快適性能要件に関する実験的研究

    我田茂樹, 内川竜一, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 上野義雪, 辻敏夫, 金子成彦

    第43回日本人間工学会中国・四国支部大会   (広島大学医学部) 

    発表年月: 2010年10月

  • 座面スライド機構によるリラックス姿勢の実現の提案

    朝居輝三, 内川竜一, 小島重行, 坂本豊, 藤田悦則, 水野宏文, 上野義雪, 金子成彦

    第43回日本人間工学会中国・四国支部大会   (広島大学医学部) 

    発表年月: 2010年10月

  • 疲労度モニタリングシステムを有する自動車用シートの開発

    小島重行, 内川竜一, 小倉由美, 藤田悦則, 辻敏夫, 金子成彦

    第43回日本人間工学会中国・四国支部大会   (広島大学医学部) 

    発表年月: 2010年10月

  • 自動車用座席における頭部左右加速度を低減する姿勢支持法

    内川竜一, 小倉由美, 藤田悦則, 上野義雪, 金子成彦

    第43回日本人間工学会中国・四国支部大会   (広島大学医学部) 

    発表年月: 2010年10月

  • 心・循環系指標を用いた長距離運転者のための居眠り警告・疲労検知システムの開発

    落合直輝, 藤田悦則, 小倉由美, 延廣良香, 村田幸治, 亀井勉, 上野義雪, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正生

    第43回日本人間工学会中国・四国支部大会   (広島大学医学部) 

    発表年月: 2010年10月

  • 心部揺動波の超低周波変動を用いた状態推定法

    延廣良香, 前田慎一郎, 落合直輝, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正夫

    第43回日本人間工学会中国・四国支部大会   (広島大学医学部) 

    発表年月: 2010年10月

  • 心・循環系の超低周波変動推定アルゴリズム

    前田慎一郎, 藤田悦則, 小倉由美, 延廣良香, 金子成彦, 吉栖正生

    第43回日本人間工学会中国・四国支部大会   (広島大学医学部) 

    発表年月: 2010年10月

  • 片振り子運動を利用した救急車用防振架台の振動特性

    桑田勝義, 大下裕樹, 小倉由美, 藤田悦則, 榎園正人, 上野義雪, 金子成彦

    設計工学会秋季大会   (高知工科大学) 

    発表年月: 2010年10月

  • 非拘束による生体信号センシングのための自動車用シートの特性

    小島重行, 田村紘一, 内川竜一, 小倉由美, 藤田悦則, 辻敏夫, 金子成彦

    設計工学会秋季大会   (高知工科大学) 

    発表年月: 2010年10月

  • 加速度をパッシブ制御し衝突安全と快適性を向上させる軽量薄型自動車用シートの開発

    田村紘一, 川崎誠司, 巻田聡一, 延廣良香, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦

    設計工学会秋季大会   (高知工科大学) 

    発表年月: 2010年10月

  • RR間隔と眠気の強さの相関関係を利用した眠気推定手法の考案

    福島怜, 金子成彦

    生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2010   (大阪大学) 

    発表年月: 2010年09月

  • バイオガス対応マイクロガスタービン用燃焼器における燃焼振動

    山崎大輔, 金子成彦, 山崎由大

    日本機械学会機械力学・計測制御部門,D&D2010   (同志社大学京田辺キャンパス) 

    発表年月: 2010年09月

  • 遠心式ターボポンプの羽根車の軸方向振動特性

    冨永裕太, 金子成彦

    日本機械学会2010年度年次大会   (名古屋工業大学) 

    発表年月: 2010年09月

  • バイオマスガスと都市ガス13Aを用いた予混合圧縮着火エンジンに関する研究(不均質性の影響)

    篠田治人, 山崎由大, 水野沙織, 金子成彦

    第21回内燃機関シンポジウム   (岡山) 

    発表年月: 2010年

  • 都市ガス13A-バイオマスガス混合燃料によるHCCI エンジンの運転

    篠田治人, 水野沙織, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会   (名古屋) 

    発表年月: 2010年

  • 都市ガス・バイオガス混焼エンジンの運転制御システム

    菅野雅信, 鈴木良孝, 山崎由大, 金子成彦

    第15回動力エネルギー技術シンポジウム   (東京) 

    発表年月: 2010年

  • HCCIエンジンにおけるバイオマス-都市ガス混合燃料の着火と燃焼

    水野沙織, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会関東支部講演会   (東京) 

    発表年月: 2010年

  • 生体信号を用いた飲酒検知に関する研究

    小島重行, 前田慎一郎, 落合直輝, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正生

    第42回日本人間工学会中国・四国支部大会   (岡山大学工学部) 

    発表年月: 2009年11月

  • 非拘束センサを用いた長距離運転時のドライバ状態推定の開発

    我田茂樹, 落合直輝, 前田慎一郎, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 上野義雪, 辻敏夫, 吉栖正生, 金子成彦

    第42回日本人間工学会中国・四国支部大会   (岡山大学工学部) 

    発表年月: 2009年11月

  • エアパックセンサーを用いた疲労判定アルゴリズムの開発

    延廣良香, 前田慎一郎, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正生

    第42回日本人間工学会中国・四国支部大会   (岡山大学工学部) 

    発表年月: 2009年11月

  • 磁気ばね・磁気ダンパを利用した除振装置の開発

    桑田勝義, 大下裕樹, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦

    日本設計工学会平成21年度秋季大会研究発表講演会   (広島国際大学国際教育センター) 

    発表年月: 2009年10月

  • 低カロリーガス対応マイクロガスタービンの開発

    金子成彦

    第37回ガスタービン定期講演会   (山口市) 

    発表年月: 2009年10月

  • バイオマスガスの燃料組成がHCCIエンジンの燃焼特性に与える影響

    田浦康弘, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会年次大会   (岩手) 

    発表年月: 2009年09月

  • 動特性モデルに基づく2軸マイクロガスタービン発電システムの回転数制御

    金子成彦, 飯島一樹, 渡邉辰郎, 山崎由大

    日本機械学会年次大会   (岩手) 

    発表年月: 2009年09月

  • ガスエンジンのダイナミックモデル

    菅野雅信, 赤石誉幸, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会第11回「運動と振動の制御」シンポジウム   (アクロス福岡) 

    発表年月: 2009年09月

  • 燃料多様性を有する小型ガスエンジンシステムの開発

    山崎由大, 西澤幸紘, 金子成彦

    第20回内燃機関シンポジウム   (早稲田大学) 

    発表年月: 2009年09月

  • 脈波時系列解析による睡眠現象解析アルゴリズムの開発

    落合直輝, 延廣良香, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 上野義雪, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正夫

    日本機械学会第11回「運動と振動の制御」シンポジウム   (アクロス福岡) 

    発表年月: 2009年09月

  • マットレスの適合性評価のための生理学的指標の開発

    延廣良香, 落合直輝, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 上野義雪, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正夫

    日本機械学会第11回「運動と振動の制御」シンポジウム   (アクロス福岡) 

    発表年月: 2009年09月

  • 非拘束センサによる飲酒検知技術の開発

    小島重行, 前田慎一郎, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正夫

    日本機械学会第11回「運動と振動の制御」シンポジウム   (アクロス福岡) 

    発表年月: 2009年09月

  • 吉栖正夫、非拘束センサによるドライバの状態推定技術の開発

    前田慎一郎, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦

    日本機械学会第11回「運動と振動の制御」シンポジウム   (アクロス福岡) 

    発表年月: 2009年09月

  • マットレス特性と人との適合性の検証

    延廣良香, 落合直輝, 小倉由美, 藤田悦則, 岩村憲樹, 村田幸治, 亀井勉, 上野義雪, 辻敏夫, 金子成彦

    日本人間工学会第50回大会   (産業技術総合研究所 つくば中央) 

    発表年月: 2009年06月

  • 生理指標を用いたマットレスの開発

    落合直輝, 延廣良香, 小倉由美, 藤田悦則, 岩村憲樹, 村田幸治, 亀井勉, 上野義雪, 辻敏夫, 金子成彦

    日本人間工学会第50回大会   (産業技術総合研究所 つくば中央) 

    発表年月: 2009年06月

  • シートに取り付けた脈波計測用エアパックセンサーの設置位置と精度の検討

    金子成彦, 馬場智紹

    日本機械学会福祉工学シンポジウム2009   (高知工科大学) 

    発表年月: 2009年

  • 脈波波形に基づく動脈硬化指標の力学的評価

    河井裕介, 程島雄造, 金子成彦

    日本機械学会D&D2009   (北海道大学) 

    発表年月: 2009年

  • バンプ型フォイル軸受の静特性と安定性に対するフォイル設計変数の影響

    馮 凱, 金子成彦

    日本機械学会D&D2009   (北海道大学) 

    発表年月: 2009年

  • マイクログリッドにおけるガスエンジンの動特性

    菅野雅信, 赤石誉幸, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会第14回動力エネルギー技術シンポジウム   (筑波大学) 

    発表年月: 2009年

  • 入眠予兆センサシステムの開発(14-20095292)

    前田慎一郎, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦, 吉栖正生

    自動車技術会2009年春季大会   (パシフィコ横浜) 

    発表年月: 2009年

  • エアパックセンサーを用いた飲酒検知システムに関する研究(10-20095355)

    小島重行, 前田慎一郎, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正生

    自動車技術会2009年春季大会   (パシフィコ横浜) 

    発表年月: 2009年

  • 低カロリーガス対応小型マイクロガスタービン燃焼器内でのフレームレス燃焼の可視化

    平松昌人, 林茂, 金子成彦, 山崎由大

    日本機械学会2008年度年次大会   (横浜国立大学) 

    発表年月: 2008年08月

  • バンプ型フォイル軸受性能の解析方法:リンク・スプリング計算モデル

    馮 凱, 金子成彦

    日本機械学会2008年度年次大会   (横浜国立大学) 

    発表年月: 2008年08月

  • 非侵襲センシングシステムによる飲酒状態判別に関する研究

    小島重行, 前田慎一郎, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 上野義雪, 金子成彦

    2008年人間工学会中国四国支部大会  

    発表年月: 2008年

  • 3Dネットを用いた自転車用サドルカバーの開発

    池田三奈子, 小倉由美, 落合直輝, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 垰田和史, 上野義雪, 辻敏夫, 金子成彦

    2008年人間工学会中国四国支部大会  

    発表年月: 2008年

  • 入眠検知用センサシステムの開発

    前田慎一郎, 小島重行, 小倉由美, 藤田悦則, 金子成彦, 村田幸治, 亀井勉

    2008年人間工学会中国四国支部大会  

    発表年月: 2008年

  • 生理指標に基づいた睡眠の質を改善するマットレスの開発

    落合直輝, 小倉由美, 藤田悦則, 岩村憲樹, 村田幸治, 亀井勉, 上野義雪, 辻敏夫, 金子成彦

    2008年人間工学会中国四国支部大会  

    発表年月: 2008年

  • シート組み込み型エアパックセンサシステムの開発

    小島重行, 村田幸治, 藤田悦則, 前田慎一郎, 小倉由美, 亀井勉, 辻敏夫, 三好竜介, 金子成彦

    SICE第23回生体・生理工学シンポジウム  

    発表年月: 2008年

  • 遠心圧縮機による容器内の圧力脈動に関する研究

    林慈朗, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御部門D&D2008  

    発表年月: 2008年

  • KdV方程式に基づく弾性管内脈動伝播解析

    程島雄造, チャンイエ, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御部門D&D2008  

    発表年月: 2008年

  • 覚醒レベルと居眠り検知システムの開発

    前田慎一郎, 藤田悦則, 小倉由美, 小島重行, 金子成彦, 苗鉄軍, 東田外史, 村田幸治, 亀井勉, 榎園正人

    日本機械学会機械力学・計測制御部門D&D2008  

    発表年月: 2008年

  • 生体信号を用いた飲酒・非飲酒状態検知に関する研究

    小島重行, 前田慎一郎, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御部門D&D2008  

    発表年月: 2008年

  • シートに取り付けた脈波計測用エアパックセンサーのモデリング

    金子成彦, 三好竜介

    日本機械学会福祉工学シンポジウム2008講演会   (山口大学工学部) 

    発表年月: 2008年

  • 自動車用エンジン転用によるバイオマスガスエンジンの開発

    西澤幸紘, 山崎大輔, 永田裕樹, 山崎由大, 金子成彦

    第13回動力エネルギー技術シンポジウム   (北海道大学) 

    発表年月: 2008年

  • 二段燃焼を用いたマイクロガスタービン発電システムのバイオマスガスによる運転

    飯島一樹, 岡田幸順, 金子成彦, 山崎由大

    第13回動力エネルギー技術シンポジウム   (北海道大学) 

    発表年月: 2008年

  • HCCIエンジンにおけるバイオマスガスの着火燃焼特性

    菅野雅信, 山崎由大, 西澤幸紘, 永田裕樹, 金子成彦

    日本機械学会年次大会   (横浜) 

    発表年月: 2008年

  • 自動車用ガソリンエンジンを転用した小型バイオマスガスエンジンの開発

    山崎大輔, 山崎由大, 西澤幸紘, 永田裕樹, 金子成彦

    日本機械学会年次大会   (横浜) 

    発表年月: 2008年

  • 自動車用ガソリンエンジンを転用した小型バイオマスガスエンジンによる発電試験

    山崎由大, 西澤幸紘, 永田裕樹, 山崎大輔, 金子成彦

    第17回日本エネルギー学会大会   (東京) 

    発表年月: 2008年

  • HCCIエンジンによるバイオマスガスの高効率利用

    山崎由大, 菅野 雅信, 西澤幸紘, 金子成彦

    第46回燃焼シンポジウム   (京都) 

    発表年月: 2008年

  • 自動車用シートに組み込んだ着座センサによる飲酒状態の検知

    落合直輝, 前田慎一郎, 小島重行, 我田茂樹, 小倉由美, 藤田悦則, 上野義雪, 金子成彦

    日本人間工学会第48回大会   (名城大学) 

    発表年月: 2007年06月

  • ガスエンジンの過渡応答特性に関する研究

    山崎 由大, 戸松 豪, 永田 裕樹, 金子 成彦

    日本機械学会関東支部第13期総会講演会   (宇都宮大学) 

    発表年月: 2007年03月

  • 動脈血管中を伝わる脈波の伝播と反射に関する研究

    常 ?, 金子成彦, 渡邉辰郎, 秋富知明

    日本機械学会関東支部第13期総会講演会   (宇都宮大学) 

    発表年月: 2007年03月

  • 配管内圧力脈動に対する遠心圧縮機の減衰特性に関する研究

    林慈朗, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御部門,D&D2007  

    発表年月: 2007年

  • ハードディスクアクセスアームに作用する変動揚力(入射流速分布とアーム位置の影響)

    西原崇, 金子成彦, 渡邉辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御部門、D&D2007  

    発表年月: 2007年

  • 木質系バイオマスガスを用いた小型ガスエンジンに関する研究

    山崎由大, 永田裕樹, 西澤幸紘, 金子成彦

    第45回燃焼シンポジウム   (仙台) 

    発表年月: 2007年

  • 筒内圧力のリアルタイム解析によるバイオマスガスエンジンの運転制御

    山崎由大, 戸松豪, 永田裕樹, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御部門,D&D2007  

    発表年月: 2007年

  • ガスエンジンの負荷追従特性に関する研究

    山崎由大, 戸松豪, 永田裕樹, 金子成彦

    日本機械学会年次大会   (大阪) 

    発表年月: 2007年

  • バイオマス対応マイクロガスタービンシステムの運転制御に関する研究

    岡田幸順, 金子智彦, 山崎由大, 金子成彦

    第12回動力エネルギー技術シンポジウム  

    発表年月: 2007年

  • ダイナミックモデルを用いたガスエンジンの動特性予測

    永田裕樹, 戸松豪, 山崎由大, 金子成彦

    第12回動力エネルギー技術シンポジウム  

    発表年月: 2007年

  • バイオマスガス対応小型ガスエンジンの開発(低カロリーガス燃料の燃焼特性)

    山崎 由大, 戸松 豪, 永田 裕樹, 金子 成彦

    燃焼工学シンポジウム、日本機械学会、第19回内燃機関シンポジウム   (東京工業大学) 

    発表年月: 2007年01月

  • 小型ガスエンジンにおけるバイオマスガスの燃焼特性

    山崎 由大, 戸松 豪, 永田 裕樹, 金子 成彦

    第44回燃焼工学シンポジウム   (広島国際会議場) 

    発表年月: 2006年12月

  • 非侵襲生体信号センシング機能を有する車両用シートの試作

    前田慎一郎, 藤田悦則, 小倉由美, 榎園正人, 金子成彦

    日本人間工学会、中国四国支部、第39回大会   (広島大学) 

    発表年月: 2006年11月

  • 非侵襲型センサによって測定された生体ゆらぎ信号の疲労と入眠予知への応用

    落合直輝, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 上野義雪, 金子成彦

    日本人間工学会、中国四国支部、第39回大会   (広島大学) 

    発表年月: 2006年11月

  • Flameless燃焼を採用した低カロリーガス対応小型燃焼器の開発―化学反応を考慮した熱流体解析による検討―

    中島良文, 山崎由大, 林茂, 金子成彦

    第34回ガスタービン定期講演会   (弘前文化センター) 

    発表年月: 2006年10月

  • 磁気ばねと磁気ダンパを用いたサスペンションシートに関する研究

    作山寛, 小島重行, 藤田悦則, 金子成彦, 榎園正人, 西山勝夫

    日本機械学会2006年度年次大会   (熊本大学) 

    発表年月: 2006年09月

  • 臀部からの生体信号のセンシングに関する研究

    前田慎一郎, 藤田悦則, 小倉由美, 金子成彦

    日本機械学会2006年度年次大会   (熊本大学) 

    発表年月: 2006年09月

  • 入眠予兆信号検出法に関する研究

    金子成彦, 佐々木洋介, 山崎由大

    日本機械学会機械力学・計測制御部門 Dynamics & Design Conference 2006   (名古屋大学) 

    発表年月: 2006年08月

  • 遠心圧縮機による配管内圧力脈動に関する研究

    林慈朗, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御部門 Dynamics & Design Conference 2006   (名古屋大学) 

    発表年月: 2006年08月

  • 小型ガスエンジンにおける低カロリーガスの燃焼特性

    戸松豪, 藤川雅章, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会第11回動力エネルギ技術シンポジウム   (東京海洋大学) 

    発表年月: 2006年06月

  • 生理学的指標を用いた入眠予兆現象の検証

    村田幸治, 亀井勉, 藤田悦則, 金子成彦

    日本人間工学会第47回大会   (大阪市立大学) 

    発表年月: 2006年06月

  • 非侵襲型生体信号センシングシートを用いた入眠予兆現象に関する研究

    落合直輝, 小倉由美, 藤田悦則, 上野義雪, 金子成彦

    日本人間工学会第47回大会   (大阪市立大学) 

    発表年月: 2006年06月

  • 低カロリー燃料対応マイクロガスタービン発電システムの構築

    中島良文, 森祐司, 金子成彦, 渡邉辰郎, 山崎由大

    第33回ガスタービン定期講演会   (伊勢観光文化会館) 

    発表年月: 2005年09月

  • 既燃ガス中に予混合気を噴射するMGT用燃焼器の開発

    足立貞雅, 岩本 厚, 山崎由大, 山田秀志, 林 茂, 金子成彦

    第33回ガスタービン定期講演会   (伊勢観光文化会館) 

    発表年月: 2005年09月

  • 安全な自動車社会の実現をテーマとした機械工学ゼミナール

    坂井良夫, 金子成彦

    平成17年度工学・工業教育研究講演会   (広島大学) 

    発表年月: 2005年09月

  • ルーツブロアを利用した低圧ガス供給系脈動対策装置

    柳沢和正, 山崎由大, 金子成彦, 渡邉辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御部門 Dynamics & Design Conference 2005   (朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)) 

    発表年月: 2005年08月

  • 小型高速マイクロガスタービン用ラジアルフォイル軸受の性能評価

    宮野芳寛, 金子成彦, 渡邉辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御部門 Dynamics & Design Conference 2005   (朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)) 

    発表年月: 2005年08月

  • 磁気ディスク読みとりヘッドキャリッジアームの空力特性

    金子 成彦, 西原 崇, 渡邉 辰郎

    日本機械学会2005年度 年次大会   (電気通信大学) 

    発表年月: 2005年

  • 指尖容積脈波のゆらぎを用いた疲労度評価法の開発(20055243)

    落合直輝, 藤田悦則, 小倉由美, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦

    自動車技術会学術講演  

    発表年月: 2005年

  • 臀部からの生体信号の計測法

    前田慎一郎, 藤田悦則, 小倉由美, 村田幸治, 亀井勉, 金子成彦

    自動車技術会学術講演  

    発表年月: 2005年

  • 筒状火炎の既燃ガス中に予混合気を噴射するMGT用2段燃焼器の試作

    岩本 厚, 金子智彦, 山田秀志, 林 茂, 金子成彦

    第32回ガスタービン定期講演会   (高知) 

    発表年月: 2004年10月

  • 低カロリーガス焚マイクロガスタービン運転制御システムの開発

    森 祐司, 金子成彦, 渡邉辰郎, 山崎由大, 疋田孝幸

    日本機械学会2004年度年次大会   (北海道大学) 

    発表年月: 2004年09月

  • マイクロガスタービン用フォイル軸受の設計へのすきま流理論の適用

    金子成彦, 北澤 進, 宮野芳寛, 渡邉辰郎

    日本機械学会年次大会   (北海道大学) 

    発表年月: 2004年09月

  • 小型高速マイクロガスタービン用ラジアルフォイル軸受特性の計算法

    金子成彦, 宮野芳寛, 北澤 進, 渡邉辰郎

    日本機械学会第9回動力エネルギ技術シンポジウム   (東京海洋大学) 

    発表年月: 2004年06月

  • サッカー練習機の製作を通じてのもの作り教育

    坂井良夫, 渡邉辰郎, 金子成彦

    平成16年度工学・工業教育研究講演会   (金沢工業大学) 

    発表年月: 2004年

  • 臀部からの生体信号の簡易計測法

    前田慎一郎, 落合直輝, 小倉由美, 榎芳美, 藤田悦則, 上野義雪, 金子成彦

    日本人間工学会、中国四国支部、第37回大会  

    発表年月: 2004年

  • 生理指標によるマットレスの簡易快適度評価法の開発

    前田慎一郎, 落合直輝, 小倉由美, 榎芳美, 藤田悦則, 上野義雪, 金子成彦

    日本人間工学会、中国四国支部、第37回大会  

    発表年月: 2004年

  • 睡眠−覚醒における入眠予兆現象に関する実験的研究

    落合直輝, 前田慎一郎, 小倉由美, 榎芳美, 藤田悦則, 上野義雪, 金子成彦

    日本人間工学会、中国四国支部、第37回大会  

    発表年月: 2004年

  • 指尖容積脈波情報を用いた着座時の疲労度と快適感の評価

    落合直輝, 前田慎一郎, 小倉由美, 榎芳美, 藤田悦則, 上野義雪, 金子成彦

    日本人間工学会、中国四国支部、第37回大会  

    発表年月: 2004年

  • マイクロガスタービン研究を通じての持続型社会へのアプローチ

    金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会、産学連携フォーラム   (東京工業大学) 

    発表年月: 2004年

  • 基本的メカニズムと大振幅振動を引き起こす自励振動

    金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会、夏の学校   (東京工業大学) 

    発表年月: 2004年

  • 脈波伝播速度の解析と血圧計への応用

    金子成彦, 中村建樹, 渡邉辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会2004   (東京工業大学) 

    発表年月: 2004年

  • 磁気複合ダンパの特性解析

    金子成彦, 竹藤和弘, 渡邉辰郎, 藤田悦則

    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会2004   (東京工業大学) 

    発表年月: 2004年

  • バイオマスガス対応マイクロガスタービン運転監視システムの開発

    疋田孝幸, 金子成彦

    2003年度自動車技術会関東支部学術研究講演会   (日本大学理工学部駿河台校舎) 

    発表年月: 2004年

  • 流れ方向に振動する円柱の後流パターンと非定常流体力

    西原 崇, 金子成彦, 渡邉辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会2003  

    発表年月: 2003年

  • マイクロコジェネレーションシステムで観測された温度変動の発生機構に関する研究

    金子成彦, 福山弦根, 渡邉辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会2003  

    発表年月: 2003年

  • メカニズム解明の進展とトラブル対応技術

    金子成彦

    日本機械学会2003年次大会  

    発表年月: 2003年

  • マイクロガスタービンガス供給系配管で発生する圧力脈動とその対策に関する研究

    村井克成, 庄田成志, 金子成彦, 渡邉辰郎

    日本機械学会2003年次大会  

    発表年月: 2003年

  • 小型マイクロガスタービン用ラジアル・スラストフォイル軸受の試作

    金子成彦, 渡辺 悠, 渡邉辰郎, 北澤 進

    日本機械学会2003年次大会  

    発表年月: 2003年

  • 流れ方向に振動する円柱の流付加質量と付加減衰

    西原 崇, 金子成彦, 渡邉辰郎

    日本機械学会2003年次大会  

    発表年月: 2003年

  • マイクロガスタービンを題材とした物作り導入教育

    坂井良夫, 金子成彦

    平成15年度工学・工業教育研究講演会   (北海道大学) 

    発表年月: 2003年

  • スキルの向上をめざした大学院演習の新方式

    渡邉辰郎, 金子成彦

    平成15年度工学・工業教育研究講演会   (北海道大学) 

    発表年月: 2003年

  • マイクロコジェネレーションシステムの実測データに基づく総合熱効率評価

    金子成彦, 福山弦根, 渡邉辰郎

    日本機械学会第13回環境工学総合シンポジウム2003  

    発表年月: 2003年

  • 非線形流体力の効果を考慮に入れたマルチボディダイナミクス

    呉 小山, 金子成彦

    第52回理論応用力学講演会  

    発表年月: 2003年

  • マイクロガスタービン用オイルフリーコンプレッサの開発

    伊藤光幸, 神邊重治, 金子成彦, 酒井逸朗

    第21回エネルギー資源学会研究発表会   (大阪) 

    発表年月: 2002年06月

  • 家庭用血圧計の測定原理に関する検討

    中村建樹, 金子成彦, 渡邉辰郎

    日本機械学会第2回福祉工学シンポジウム  

    発表年月: 2002年

  • 離散はり要素を用いたすきま流れによって発生するシートのフラッタの非線形解析

    呉 小山, 金子成彦

    日本機械学会2002年次大会  

    発表年月: 2002年

  • 全自動洗濯機用高性能サスペンションダンパの開発

    原田友彦, 誉田浩樹, 藤田悦則, 渡邉辰郎, 金子成彦

    日本機械学会2002年次大会  

    発表年月: 2002年

  • 吊り棒ダンパで支持された全自動洗濯機の振動特性の解明

    金子成彦, 渡邉辰郎, 前田薫宜, 藤田悦則, 誉田浩樹, 原田友彦

    日本機械学会2002年次大会  

    発表年月: 2002年

  • 大学の研究室における設計技術伝承に関する新しい試み

    金子成彦, 渡邉辰郎

    日本機械学会2002年次大会  

    発表年月: 2002年

  • ガタのある板で支持されたU字管の振動減衰評価

    小林里紗, 金子成彦, 渡邉辰郎, 中村友道

    日本機械学会2002年次大会  

    発表年月: 2002年

  • 環状隙間流によって励起された走行弦の自励振動

    金子成彦, 尾崎雄一, 渡邉辰郎

    日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2002  

    発表年月: 2002年

  • 機械工学ゼミとしての手作り発電機の性能測定

    坂井良夫, 渡邉辰郎, 金子成彦

    平成14年度工学・工業教育研究講演会  

    発表年月: 2002年

  • 教養学部生の動機付けを目的とした首都圏「もの作り系博物館」の利用法

    渡邉辰郎, 金子成彦

    平成14年度工学・工業教育研究講演会  

    発表年月: 2002年

  • マイクロガスタービン用空気軸受試験装置の試作

    金子成彦, 北澤進, 渡邉辰郎

    日本機械学会第8回動力・エネルギー技術シンポジウム  

    発表年月: 2002年

  • マルチボディダイナミクスによるシートのフラッタ解析

    呉 小山, 金子成彦

    日本機械学会第14回計算力学講演会   (札幌) 

    発表年月: 2001年

  • 機械力学教育へのPBLの導入

    金子成彦

    日本機械学会2001年度年次大会   (福井) 

    発表年月: 2001年

  • 円錐型流路に流れ込む旋回隙間流によって励起される弁体の自励振動

    木都孝洋, 金子成彦, 渡邉辰郎

    日本機械学会2001年度年次大会   (福井) 

    発表年月: 2001年

  • 振動モードの切替えによる斜張橋斜材ケーブルの制振方法に関する研究(パラメータの設計法)

    中野龍児, 金子成彦, 松永義憲, 片村立太

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 2001年

  • すきま流れによって発生する連結剛体の空力振動(連結剛体周りの非定常流体力の計測)

    田中成彦, 金子成彦, 渡邉辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 2001年

  • 血圧測定法のメカニズムに関する研究

    吉沢康弘, 金子成彦, 渡邉辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 2001年

  • 単一円柱における対称渦による抗力方向自励振動の発生機構

    安川亮一, 金子成彦, 西原 崇, 渡邉辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 2001年

  • PBLプログラム海外視察報告

    金子成彦, 渡邉辰郎

    平成13年度工学・工業教育研究講演会  

    発表年月: 2001年

  • マイクロガスタービンを題材としたPBLプログラム

    金子成彦, 渡邉辰郎

    平成13年度工学・工業教育研究講演会  

    発表年月: 2001年

  • PBL教育活動事例報告

    渡邉辰郎, 金子成彦

    平成13年度工学・工業教育研究講演会  

    発表年月: 2001年

  • マイクロガスタービン状態監視・制御システムの試作

    猪俣 仁, 庄田成志, 金子成彦, 渡邉辰郎

    第29回ガスタービン定期講演会  

    発表年月: 2001年

  • マイクロガスタービン供給系統における脈動現象とその対策

    庄田成志, 金子成彦, 渡邉辰郎, 猪俣 仁

    第29回ガスタービン定期講演会  

    発表年月: 2001年

  • すきま流れによって発生する多体連結剛体の空力振動(剛体支持条件、すきま幅の影響に関する検討)

    田中成彦, 金子成彦, 渡邉辰郎

    日本機械学会関東支部第7期総会講演会  

    発表年月: 2001年

  • PBLを通じての設計教育

    金子成彦

    日本機械学会関東支部第7期総会講演会講  

    発表年月: 2001年

  • すき間流れによって発生する連結剛体の空力振動(剛体端部の形状、支持条件の影響に関する検討)

    田中成彦, 平田崇, 金子成彦, 渡辺辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 2000年

  • 流れにさらされた円柱状構造物に作用する抗力方向付加流体力の測定

    西原崇, 安川亮一, 金子成彦, 渡辺辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 2000年

  • 振れ回り運動をする回転円環内流体の挙動実験

    笠原雅之, 金子成彦, 大下和弘, 石井博

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 2000年

  • 振れ回り運動をする回転円環内流体のスロッシング挙動解析

    笠原雅之, 金子成彦, 石井博

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 2000年

  • 振動モードの切替えによる斜張橋斜材ケーブルの制振

    中野龍児, 金子成彦, 松永義憲, 片村立太

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 2000年

  • 血管を模擬したコラプシブルチューブの自励振動に関する研究

    金子成彦, 吉沢康弘, 福留寛樹

    日本機械学会2000年次大会  

    発表年月: 2000年

  • 静止2円柱まわりのフローパターンと空気力特性に関する考察

    尾崎雄一, 吉沢康弘, 中野龍児, 渡邉辰郎, 金子成彦

    日本機械学会2000年次大会  

    発表年月: 2000年

  • スムーストレッドタイヤに発生する振動及び騒音に関する研究

    下澤良介, 金子成彦, 橋本泰郎

    自動車技術会学術講演会  

    発表年月: 2000年

  • 流体関連振動・騒音の昨日・今日・明日(招待講演)

    金子成彦

    日本音響学会  

    発表年月: 2000年

  • 双子渦を伴う円柱のインライン振動計測

    毛利泰裕, 木都孝洋, 渡辺辰郎, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1999年

  • トンネル通過時に発生する高速列車の空力振動の解析

    田中成彦, 金子成彦, 渡辺辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1999年

  • 旋回を伴うすきま流によって励起される弁体の自励振動(第2報)

    植田英明, 安川亮一, 金子成彦, 渡辺辰郎, 本井久之

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1999年

  • 双子渦を伴う円柱の抗力方向振動の発生機構に関する研究

    山形浩実, 金子成彦

    第74回応用力学連合講演会  

    発表年月: 1998年

  • 双子渦を伴う円柱の抗力方向振動の発生機構

    山形浩実, 金子成彦

    日本機械学会第75期通常総会講演会  

    発表年月: 1998年

  • 斜張橋ケーブルに発生する後流励起振動に関する研究

    町田剛敏, 金子成彦, 渡辺辰郎, 中野龍児, 片村立太

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1998年

  • 旋回を伴うすきま流によって励起される弁体の自励振動(第1報)

    植田英明, 富永康之, 金子成彦, 渡辺辰郎, 本井久之

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1998年

  • 環状すきま流励起振動に関する研究(第2報、安定性解析及び実験)

    李 東偉, 金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1998年

  • 環状すきま流励起振動に関する研究(第1報、非定常圧力分布及び非定常流体力)

    李 東偉, 金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1998年

  • 柔軟構造物のフラッタに関する研究

    田中成彦, 藤谷 宏, 渡辺辰郎, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1998年

  • 非線形波動の能動制御

    金子成彦

    第47回応用力学連合講演会  

    発表年月: 1998年

  • 溢流によって発生する二重円筒弾性堰の自励振動

    田中成彦, 金子成彦, 渡辺辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1998年

  • 自動車車内騒音車外騒音規制について

    金子成彦  [招待有り]

    自動車技術会春季学術講演会  

    発表年月: 1997年05月

  • 風によるケーブルの振動へのアクティブ張力制御への適応に関する実験的研究(渦励振と後流励起振動へのアクティブ張力制御の適用)

    金子成彦, マルスディ ブディウトモ, 渡辺辰郎, 中野龍児

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1997年

  • 振動モードの制御による斜張橋斜材ケーブルの制振

    中野龍児, 片村立太, 金子成彦

    日本機械学会第5回運動と振動の制御シンポジウム  

    発表年月: 1997年

  • 張力を受ける紙のフラッタに関する研究

    鈴木雄一, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1997年

  • 移動矩形容器内で発生する浅水波の残留振動制御

    金子成彦, 渡辺辰郎, 徳永正秀

    日本機械学会第10回計算力学講演会  

    発表年月: 1997年

  • 流入流出のある系におけるスロッシングの非線形応答

    金子成彦, 町田剛敏, 新名真也

    日本流体力学会年会講演会  

    発表年月: 1997年

  • 減衰ネットを水平に挿入した矩形同調液体ダンパーの制振特性

    金子成彦, 渡辺辰郎, 伊藤 亨

    日本機械学会D&D’97 21世紀のダンピング技術シンポジウム  

    発表年月: 1997年

  • 平板堰を越える流れによって発生する自励的液面揺動(高次モードに関する検討)

    金子成彦, 渡辺辰郎

    日本機械学会第74期通常総会  

    発表年月: 1997年

  • ケーブルに発生する渦励振のアクティブテンションコントロール

    黒羽達夫, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1996年

  • 液体搬送時の円筒タンク内液体の液位振動制御

    山形浩実, 金子成彦

    日本機械学会第73期通常総会  

    発表年月: 1996年

  • 斜面を移動する液体搬送装置の最適制御理論による液面振動制御

    金子成彦, 青井 修, 渡辺辰郎

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1996年

  • 同調液体ダンパーの制振性能に関する研究(減衰ネットが水平方向に挿入された場合)

    金子成彦, 渡辺辰郎, 横山晃治

    日本機械学会第74期全国大会  

    発表年月: 1996年

  • いつ流による薄肉円筒堰の流力弾性振動(トラベリングモードの実験的確認)

    金子成彦, 村田大輔

    日本機械学会第73期通常総会  

    発表年月: 1996年

  • 自励振動系の能動的安定化技術

    金子成彦

    日本機械学会第72期通常総会講演会  

    発表年月: 1995年

  • ケーブルで支持された剛体円柱に発生する渦励振の振動制御に関する研究

    小西 哲, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1995年

  • 最適制御理論による液体搬送車の液位振動制御に関する研究

    金子成彦, 本吉智行, 難波宏吉

    日本機械学会振動音響新技術シンポジウム  

    発表年月: 1995年

  • 流入流出のあるスロッシングの非線形応答

    町田剛敏, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1995年

  • 減衰ネットを挿入した円筒型同調液体ダンパーの制振性能に関する研究

    金子成彦, 溝田康男

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1995年

  • 複数枚の減衰ネットを挿入した矩形同調液体ダンパーの制振特性

    金子成彦, 渡辺辰郎, 別所智彦

    日本機械学会第73期全国大会  

    発表年月: 1995年

  • バルブの振動シミュレーションにおける計算手法の選び方

    金子成彦

    自動車技術会シンポジウム  

    発表年月: 1994年

  • すきま流励起振動のアクティブコントロール

    西原 崇, 金子成彦

    日本機械学会3rdAVDシンポジウム  

    発表年月: 1994年

  • 付加流体力による片持ちはりのすき間流励起振動のアクティブコントロール

    西原 崇, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1994年

  • 同調液体ダンパーの制振性能に関する研究

    溝田康男, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1994年

  • いつ流によって発生する弾性平板堰の自励振動(第4報)

    長倉 博, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1994年

  • 液体搬送時の液位振動制御に関する研究

    難波宏吉, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1993年

  • ネットを挿入した同調液体ダンパーの制振特性

    金子成彦, 吉田 治, 石川雅章

    土木学会第2回振動制御コロキウムPART B  

    発表年月: 1993年

  • 減衰ネットを挿入した同調液体ダンパーの制振特性

    吉田 治, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1993年

  • いつ流によって発生する弾性平板堰の自励振動(第3報)

    長倉 博, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1993年

  • いつ流による弾性堰の自励振動

    金子成彦, 長倉 博, 渡辺辰郎

    日本機械学会2nd AVDシンポジウム  

    発表年月: 1993年

  • 流路内に両端単純支持されたはりの安定性に及ぼすすきま幅の影響

    長倉 博, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1992年

  • すきま流励起振動のアクティブコントロール

    廣田和生, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1992年

  • スロッシングを利用した制振装置のモデリング

    金子成彦, 渡辺辰郎

    日本機械学会AVDシンポジウム  

    発表年月: 1992年

  • 同調液体ダンパーの制振効果に関する研究

    金子成彦, 渡辺辰郎, 吉田 治

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1992年

  • いつ流によって発生する弾性平板堰の自励振動(第2報)

    中野龍児, 長倉 博, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1992年

  • いつ流による円筒堰の自励振動

    長倉 博, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1992年

  • 容器内液体の共振を利用した構造物の制振装置に関する研究

    石川雅章, 金子成彦

    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会  

    発表年月: 1991年

  • 液体の共振を利用した制振装置

    金子成彦

    日本舶用機関学会10月・月例講演会  

    発表年月: 1991年

  • いつ流によって発生する弾性平板堰の自励振動

    金子成彦, 渡辺辰郎, 中野龍児

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  

    発表年月: 1991年

  • 非線形自励振動系を対象とした数値積分法の特性評価

    金子成彦ほか

    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会  

    発表年月: 1990年

  • 1次元平行すきま流路内に置かれた片持ち弾性はりの安定性

    長倉 博, 金子成彦

    日本機械学会機械力学  

    発表年月: 1990年

  • 混ざり合わない2種類の液体で完全に満たされた中空回転軸の自励振動

    金子成彦, 渡辺辰郎

    日本機械学会  

    発表年月: 1989年

  • 一体型ビデオカメラを用いた平行回転円板間に生ずる非定常流れの計測

    平岩正一, 清水 隆, 大澤義知, 金子成彦, 葉山眞治

    流れの可視化  

    発表年月: 1985年

  • 平行回転円板間の不安定流れの可視化(水素気泡法による流れの可視化)

    稲田文夫, 角田昌之, 金子成彦, 葉山眞治

    流れの可視化  

    発表年月: 1983年

  • 平行回転円板間に発生する不安定流れに関する研究(第1報、シュラウドの及ぼす影響についての検討)

    松村安家, 大野啓明, 金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会  

    発表年月: 1982年

  • 平行回転円板間の不安定流れの可視化

    松村安家, 大野啓明, 金子成彦, 葉山眞治

    流れの可視化  

    発表年月: 1982年

  • 回転円筒容器内に部分的に含まれた液体の自由表面波に関する研究(第2報、境界層理論による流体力の計算)

    金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会  

    発表年月: 1982年

  • 液体で部分的に満たされた中空回転軸系の自励振動に関する研究(第2報、安定性に関する実験)

    金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会  

    発表年月: 1981年

  • 液体で部分的に満たされた中空回転軸系の自励振動に関する研究(第1報、境界層理論から得られた流体力に基づく安定性の解析)

    金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会  

    発表年月: 1981年

  • 回転円筒容器内に部分的に含まれた液体の自由表面波に関する研究(第2報、粘性理論による解析)

    金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会  

    発表年月: 1980年

  • 回転円筒容器内に部分的に含まれた液体の自由表面波に関する研究(第1報、共振モードの可視化と非粘性理論による解析)

    金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会  

    発表年月: 1980年

  • 回転円筒容器内の液面揺動

    金子成彦, 葉山眞治

    日本機械学会  

    発表年月: 1978年

  • 予混合気の不均質性を利用したHCCIエンジンの振動騒音低減

    藤原慎之輔, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会関東学生会第51回学生員卒業研究発表講演会  

  • イオン電流によるバイオマスガスHCCI エンジンのノックおよび予混合気不均質時の燃焼状態把握

    千野雅紀, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会関東学生会第51回学生員卒業研究発表講演会  

  • バイオマスガス燃料対応小型ガスエンジンの開発(燃料中のH2およびCOが燃焼に及ぼす影響)

    西澤幸紘, 永田裕樹, 山崎由大, 金子成彦

    日本機械学会関東支部第14期総会講演会,総会講演会  

▼全件表示

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 流動励起振動論

    東京大学  

  • 流れと波動学

    東京大学  

  • 数学及力学演習

    東京大学  

  • 工学コンピテンシー

    東京大学  

  • 機械設計製図

    東京大学  

  • 流体振動特論

    東京大学  

  • 非線形力学

    東京大学  

  • 熱機関演習

    東京大学  

  • 内燃機関特論

    東京大学  

  • 設計・機械力学・機構通論

    東京大学  

  • 振動・波動学

    東京大学  

  • コンピュータ機械工学

    東京大学  

  • 機械力学・制御演習

    東京大学  

  • 機械力学

    東京大学  

  • 機械数学

    東京大学  

  • 拡張ナノ空間実践演習

    東京大学  

  • エネルギーと社会

    東京大学  

  • エネルギーと環境

    東京大学  

  • Fluid Structure Interaction Modeling and Design

    東京大学  

  • システムズ・メカニクス研究

    早稲田大学  

  • Mechanical Engineering Frontiers

    早稲田大学  

  • Environmental Science Fundamentals

    早稲田大学  

  • Fluid Dynamics Fundamentals

    早稲田大学  

  • Engineering Thermodynamics

    早稲田大学  

  • Introduction to Mechanical Engineering

    早稲田大学  

▼全件表示

 

委員歴

  • 2010年
    -
    2021年

    公益社団法人 発明協会  全国発明表彰選考委員会委員

  • 2019年
    -
    2020年

    自動車用内燃機関技術研究組合  産学連携企画会議 委員

  • 2016年
    -
    2019年

    国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)  客員(エンジン騒音低減技術の先行研究)

  • 2015年
    -
    2019年

    山口県教育委員会  山口県立宇部高等学校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員

  • 2011年
    -
    2019年

    内閣府  日本学術会議連携会員

  • 2005年
    -
    2019年

    環境省  中央環境審議会臨時委員

  • 2015年
    -
    2018年

    一般財団法人 エネルギー総合工学研究所  「小型バイナリー発電研究推進委員会」委員

  • 2015年
    -
    2018年

    環境省  中央環境審議会専門委員

  • 2013年
    -
    2018年

    神奈川県教育委員会  神奈川県立厚木高等学校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員

  • 2008年
    -
    2018年

    独立行政法人 日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員

  • 2016年
    -
    2017年

    一般社団法人 都市ガス振興センター  電気・熱エネルギー高度利用支援事業費補助金評価委員会委員長

  • 2015年
    -
    2017年

    国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)  研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム査読委員

  • 2014年
    -
    2017年

    国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)  ガバナンスボード・メンバー

  • 2012年
    -
    2017年

    一般財団法人 エネルギー総合工学研究所  発電用原子炉等安全対策高度化技術開発(プラント安全性高度化)評価委員会委員

  • 2015年
    -
    2016年

    一般財団法人 エネルギー総合工学研究所  「バイオマス・廃棄物利用高温空気タービン発電システム技術開発検討会」委員

  • 2013年
    -
    2016年

    一般社団法人 都市ガス振興センター  分散型電源導入促進事業費補助金(うちガスコージェネレーション推進事業)評価委員会委員長

  • 2004年
    -
    2016年

    山口県教育委員会  山口県スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員

  • 2014年
    -
    2015年

    一般社団法人 火力原子力発電技術協会  「火力発電技術必携改訂部会」に係る委員

  • 2013年
    -
    2015年

    一般財団法人 日本自動車研究所(JARI)  タイヤ騒音規制検討会座長、検討員

  • 2013年
    -
    2015年

    一般財団法人 エネルギー総合工学研究所  「高温空気タービン発電システム技術開発検討会」委員

  • 2012年
    -
    2015年

    国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)  研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム分野別評価委員

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    一般社団法人 日本機械学会  表彰部会長

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    公益社団法人 自動車技術会  代議員

  • 2013年
    -
    2014年

    文部科学省  科学技術政策研究所 専門調査員

  • 2010年
    -
    2014年

    国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)  領域アドバイザー

  • 1997年
    -
    2014年

    一般社団法人 日本電気協会  技術基準適合評価委員会委員

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    一般社団法人 日本機械学会  会長

  • 2012年
    -
    2013年

    国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)  環境・エネルギー研究戦略会議委員/分科会主査

  • 2011年
    -
    2013年

    一般社団法人 都市ガス振興センター  ガスコージェネレーション推進事業費補助金評価委員会委員長

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    一般社団法人 日本機械学会  筆頭副会長

  • 2011年
    -
    2012年

    独立行政法人 日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員

  • 2010年
    -
    2012年

    一般財団法人 発電設備技術検査協会  「高震度対応型(フリースタンディング方式)PWR使用済燃料ラックの確性試験委員会」委員

  • 2009年
    -
    2012年

    一般財団法人 日本自動車研究所(JARI)  タイヤ単体騒音対策検討会検討員

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    一般社団法人 日本機械学会  理事

  • 2010年
    -
    2011年

    公益社団法人 日本ガスタービン学会  評議員

  • 2009年
    -
    2011年

    一般社団法人 火力原子力発電技術協会  「BWRタービン改良設計検証委員会」委員

  • 2008年
    -
    2011年

    公益社団法人 自動車技術会  自動車技術会編集会議教育図書編集委員会委員長

  • 2010年
     
     

    IGCT'11  論文委員会委員

  • 2006年
    -
    2010年

    経済産業省  総合資源エネルギー調査会臨時委員

  • 2005年
    -
    2010年

    独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構  基礎的研究審査委員会委員

  • 2002年04月
    -
    2009年03月

    公益社団法人 自動車技術会  理事

  • 2008年
    -
    2009年

    一般社団法人 日本技術者教育認定機構  技術者教育プログラム認定・審査のための審査員

  • 2008年
    -
    2009年

    公益社団法人 日本ガスタービン学会  評議員、理事

  • 2008年
    -
    2009年

    一般社団法人 日本機械学会  標準・規格センター運営委員会委員長

  • 2004年
    -
    2009年

    独立行政法人 交通安全環境研究所  自動車排気騒音対策検討会委員

  • 2002年04月
    -
    2008年03月

    公益社団法人 自動車技術会  総務委員会副委員長

  • 2002年04月
    -
    2008年03月

    公益社団法人 自動車技術会  学生活動企画会議議長

  • 2007年
    -
    2008年

    独立行政法人 交通安全環境研究所  新たな定置騒音試験手法検討・調査分科会委員

  • 2004年
    -
    2008年

    山口県  山口県産業技術センター運営協議会委員

  • 2007年
     
     

    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)  産業技術研究助成事業公募に係る提案書の事前書面評価

  • 2006年
    -
    2007年

    特定非営利活動法人 APEX  「インドネシアにおける、粘土を触媒とするバイオマスの低コスト流動接触分解ガス化技術の共同開発」委員会委員

  • 2006年
    -
    2007年

    一般社団法人 日本機械学会  標準・規格センター運営委員会副委員長

  • 2005年
    -
    2007年

    公益社団法人 日本工学会  理事

  • 2004年
    -
    2007年

    独立行政法人 交通安全環境研究所  自動車単体騒音対策検討・調査分科会委員

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

    一般社団法人 日本機械学会  部門協議会議長

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    一般社団法人 日本機械学会  理事

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

    一般社団法人 日本機械学会  研究開発推進センター運営委員長

  • 2003年
    -
    2005年

    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)  技術委員

  • 1997年04月
    -
    2004年03月

    一般社団法人 日本計算工学会  評議員

  • 2003年
    -
    2004年

    東京農工大学  「バイオマス粉炭ネットワークの構築による地域再生事業調査」委員

  • 2003年
    -
    2004年

    社団法人 研究産業・産業技術振興協会 (旧:財団法人 日本産業技術振興協会)  「JIS原案作成(衝撃による加速度センサの校正法)」委員会委員

  • 2002年
    -
    2004年

    公益財団法人 日本自動車輸送技術協会  「使用過程における改造自動車の騒音対策手法等に関する検討会」委員

  • 2002年04月
    -
    2003年03月

    一般社団法人 日本機械学会  部門協議会幹事

  • 2003年
     
     

    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)  「産業技術実用化開発助成事業」に係わる申請書の事前評価

  • 2001年
    -
    2003年

    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)  地熱開発技術審議委員会専門委員

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    公益社団法人 自動車技術会  評議員

  • 2002年
     
     

    公益財団法人 日本自動車輸送技術協会  「使用過程における改造自動車の騒音検査手法等に関する検討会」委員

  • 2001年
    -
    2002年

    一般社団法人 日本機械学会  2002年次大会実行委員会副委員長

  • 2000年04月
    -
    2001年03月

    一般社団法人日本機械学会  機械力学・計測制御部門 部門長

  • 2001年
     
     

    公益財団法人 日本自動車輸送技術協会  使用過程車の騒音調査検討会委員

  • 2001年
     
     

    一般社団法人 日本機械学会  機械力学・計測制御部門講演会(D&D2001)実行委員長

  • 1999年
    -
    2001年

    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)  地熱井掘削時坑底情報検知システム開発委員会委員

  • 1999年04月
    -
    2000年03月

    一般社団法人 日本機械学会  機械力学・計測制御部門副部門長

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

    一般社団法人 日本機械学会  関東支部商議員

  • 1993年04月
    -
    1995年03月

    公益社団法人 自動車技術会  会誌編集委員長

  • 1991年04月
    -
    1994年03月

    一般社団法人 日本機械学会  動力エネルギーシステム部門企画第3委員会委員

  • 1990年04月
    -
    1991年03月

    一般社団法人 日本機械学会  機械力学・計測制御部門幹事

▼全件表示