落合 基継 (オチアイ モトツグ)

写真a

所属

社会科学総合学術院 社会科学部

職名

准教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   創造理工学部

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    2000年03月

    京都大学大学院   農学研究科   地域環境科学専攻  

  • 1992年04月
    -
    1994年03月

    京都大学大学院   農学研究科   農業工学専攻  

  • 1988年04月
    -
    1992年03月

    京都大学   農学部   農業工学科  

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   社会科学総合学術院   准教授

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    京都大学大学院農学研究科   地域環境科学専攻   研究員

  • 2012年04月
    -
    2016年03月

    一般財団法人農村開発企画委員会   主任研究員

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    財団法人農村開発企画委員会   主任研究員

  • 2000年04月
    -
    2008年03月

    財団法人農村開発企画委員会   研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

    日本造園学会

  • 1995年04月
    -
    継続中

    農業農村工学会

  • 1995年04月
    -
    継続中

    農村計画学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 地域環境工学、農村計画学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 農村振興

  • 地域づくり

  • 農村景観

  • 地域計画

  • 農村計画

論文 【 表示 / 非表示

  • 大規模震災復旧・復興時における現場知の組織的記録の提案 : 東日本大震災における農業農村整備分野での試みを参考として

    有田 博之, 橋本 禅, 友正 達美, 小野 邦雄, 福与 徳文, 中島 正裕, 内川 義行, 千葉 克己, 落合 基継, 郷古 雅春, 田村 孝浩, 服部 俊宏

    農村計画学会誌 = Journal of rural planning   38 ( 4 ) 468 - 476  2020年03月

    CiNii

  • 住民による農村文化の実践は地域愛着の醸成に貢献するか―山形県の紅花文化を事例として―

    谷 悠一郎, 落合 基継, 橋本 禅

    農業農村工学会誌   88 ( 2 ) 219 - 230  2020年  [査読有り]

    担当区分:責任著者

  • 現場知による震災対応ガイドブック

    有田 博之, 友正 達美, 橋本 禅, 内川 義行, 千葉 克己, 落合 基継

    水土の知 : 農業農村工学会誌   87 ( 5 ) 395 - 398  2019年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 現場知による震災対応ガイドブック

    有田博之, 友正達美, 橋本禅, 内川義行, 千葉克己, 落合基継

    農業農村工学会誌   87 ( 5 ) 37 - 40  2019年05月  [査読有り]

  • 農業土木技術者の東日本大震災被災地への派遣経験に関する研究(発表)

    中里 瞬, 落合基継, 星野 敏, 鬼塚健一郎

    2017年度農村計画学会秋期大会    2017年11月  [査読有り]

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 現場知の体系化による農業農村分野における巨大地震災害対応マニュアルの構築

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    有田 博之, 千葉 克己, 服部 俊宏, 内川 義行, 田村 孝浩, 福與 徳文, 中島 正裕, 友正 達美, 郷古 雅春, 橋本 禅, 橋本 禅, 落合 基継, 小野 邦雄

     概要を見る

    研究課題として設定した、①「現場知」に関わる情報の検証及び現場知個票の推敲、②「現場知」分類の体系化・総合化、③農業農村分野におけるBCP体系の提案の成果をもとに、本研究の成果として災害対応マニュアルの提案を行った。
    研究の成果は「農業農村震災対応ガイドブック2018」として取りまとめ、A4判冊子(343p)として各都道府県・農政局等の農業・農村整備分野および各県土地改良連合会等に配布したほか、農業農村工学会HPにPDFファイルをアップロードすることによって、災害時の参照や研修資料として自由にアクセスできるようにした。

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 重要文化的景観選定地域の持つ二面性に配慮した災害復旧時に必要な対応に関する研 究

    2018年  

     概要を見る

    重要文化的景観「通潤用水と白糸台地の棚田景観」の要素のひとつである通潤橋は、国の重要文化財でありかつ現役の水路橋である。また白糸台地上の農地や水路も重要文化的景観の要素であり現役の農業施設である。2016年の熊本地震や豪雨被害からの復旧作業では、通潤橋は“文化財”として橋や水路の修復を十分な時間をかけて実施している。一方、白糸台地上の農地や水路は“農業施設”として早期的・経済的な工法による復旧を実施している。白糸台地上の農地や水路も文化財の要素ではあるが、早期に復旧をしないと農業者のあきらめから農業をする人がいなくなってしまうことなど、文化財としての復旧対応が難しかったことが明らかになった。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>