寺尾 範野 (テラオ ハンノ)

写真a

所属

社会科学総合学術院 社会科学部

職名

准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年10月
    -
    2013年06月

    Cardiff University, School of European Languages, Translation and Politics, PhD course (full-time)  

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    一橋大学大学院   社会学研究科   総合社会科学専攻 博士課程  

  • 2009年10月
    -
    2011年09月

    University of Sheffield, Department of Politics, PhD course (full-time)  

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    一橋大学大学院   社会学研究科   総合社会科学専攻 修士課程  

  • 2001年04月
    -
    2006年03月

    一橋大学社会学部   Faculty of Social Sciences  

学位 【 表示 / 非表示

  • 一橋大学   社会学(学士)

  • 一橋大学   社会学(修士)

  • Cardiff University   Ph.D.

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   社会科学総合学術院   准教授

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    共立女子大学   国際学部   非常勤講師

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    共立女子大学   国際学部   准教授

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    共立女子大学   国際学部   専任講師

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    名古屋外国語大学   非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本イギリス理想主義学会

  •  
     
     

    日本イギリス哲学会

  •  
     
     

    政治思想学会

  •  
     
     

    社会思想史学会

  •  
     
     

    日本社会福祉学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 政治学   政治思想史

  • 思想史   社会思想史

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 福祉社会

  • 障害者

  • 権利

  • 共通善

  • 優生思想

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 倫理的なシティズンシップのために——T・H・グリーンは障害者の権利をいかに認識したか

    寺尾範野

    政治思想研究   ( 20 ) 192 - 220  2020年05月  [査読有り]

  • 「精神薄弱者」の隔離と幸福―軽度知的障害をめぐる世紀転換期イギリス優生思想の展開―

    寺尾範野

    共立国際研究   ( 35 ) 89 - 105  2018年03月

  • 生と制度の経済学へ―J・A・ホブスンのラスキン、ヴェブレン受容―

    寺尾範野

    イギリス理想主義研究年報: 日本イギリス理想主義学会年報   ( 12 ) 10 - 18  2016年08月  [招待有り]

  • Rights, Welfare and Morality: Re-appraising L.T. Hobhouse’s Theoretical Contribution to the British New Liberalism

    Hanno Terao

    International Journal of Social Economics   43 ( 9 ) 904 - 916  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    Purpose - The purpose of this paper is to clarify how L.T. Hobhouse (1864-1929) theoretically contributed to the British New Liberalism, focusing particularly on the issue of social reform in turn-ofthe- century Britain. Design/methodology/approach - The question is approached in two ways: by exploring the theoretical structure of Hobhouse's ethical theory (which can be termed an "ethics of harmony") through a textual analysis of his rights theory and distributive theory
    and by comparing that ethical theory with that of J.S. Mill, T.H. Green and J.A. Hobson so as to identify their commonalities and differences. Findings - It is found that Hobhouse's contribution to the New Liberalism was twofold, both of which grew out of his staunchly moralistic perspective. Hobhouse showed in his rights theory a direction towards which the morality of individuals should be developed
    and provided a guideline based on a notion of justice for wealth redistribution by the state which he saw as a necessary external condition for realizing such development. Originality/value - Existing literature on the British New Liberalism has paid less attention to Hobhouse than it has to T.H. Green and J.A. Hobson. Hobhouse has been relatively neglected due to a wide-spread view that his role was mainly in his expressing a typical but not necessarily original direction for the transformation of British Liberalism at the turn of the century. Against this received view, this paper demonstrates that Hobhouse made a significant contribution to the socio-political thinking of the New Liberalism by providing a distinctive ethical theory of harmony, which enabled New Liberal protagonists to address the important issue of the conceptual place of individual morality within a programme of collectivist social reform.

    DOI

  • 初期イギリス社会学と「社会的なもの」 : イギリス福祉国家思想史の一断面

    寺尾 範野

    社会思想史研究: 社会思想史学会年報   ( 38 ) 144 - 163  2014年09月  [査読有り]

    CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 平等の哲学入門 = An introduction to the philosophy of equality

    新村聡, 田上孝一編著( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第13章「障害と平等:障害者のシティズンシップはいかに否定されてきたか、いかに正当化しうるか」(pp. 234-247))

    社会評論社  2021年01月 ISBN: 9784784515882

  • 『政治において正しいとはどういうことか ポスト基礎付け主義と規範の行方』

    田畑真一, 玉手慎太郎, 山本圭編著( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第5章「イデオロギー研究は「政治における正しさ」について何をいいうるかーマイケル・フリーデンの諸研究の検討を通して」)

    勁草書房  2019年04月

  • 『多元主義と多文化主義の間―現代イギリス政治思想史研究―』

    佐藤正志, ポール・ケリー編( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第1章「ニューリベラリズム―有機的社会観に基づく社会統合の構想」(馬路智仁氏との共著))

    早稲田大学出版部  2013年04月

Misc 【 表示 / 非表示

  • 書評:遠山隆淑『妥協の政治学―イギリス議会政治の思想空間』(風行社、2017年)

    寺尾範野

    イギリス哲学研究   42   73 - 75  2019年03月

  • 『社会思想史事典』(項目「イギリス観念論」を執筆)

    社会思想史学会編

    丸善出版    2019年01月

  • Guest editorial

    Hanno Terao

    International Journal of Social Economics   43 ( 9 ) 886 - 887  2016年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI

  • 書評:芝田秀幹『ボザンケと現代政治理論 多元的国家論、新自由主義、コミュニタリアニズム』(芦書房、 2013年)

    寺尾範野

    イギリス理想主義研究年報   ( 10 ) 55 - 57  2014年08月  [招待有り]

  • 翻訳:L・T・ホブハウス『自由主義 福祉国家への思想的転換』吉崎祥司監訳・社会的自由主義研究会訳(大月書店、2010年)

    寺尾範野

       2010年05月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究奨励賞

    2014年10月   社会思想史学会  

    受賞者: 寺尾範野

  • 研究奨励賞

    2011年05月   政治思想学会  

    受賞者: 寺尾範野

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • アリストテレス的リベラリズムの分析を中心とした「障害の政治思想」研究

    2018年  

     概要を見る

    「障害の政治思想」研究の一環として、本課題では、マーサ・ヌスバウムのアリストテレス的リベラリズムに基づく知的障害論を、同じくアリストテレスの強い影響を受けたトマス・ヒル・グリーンのそれと比較検討した。検討の結果、ヌスバウムのケイパビリティ理論は、他の多くのリベラリズムが依拠する合理的選択理論よりも、軽度知的障害者の社会的包摂にはより有効な規範理論となりうる一方で、重度知的障害者には抑圧的にはたらく可能性があること、この点でグリーンの共通善思想のほうが、よりインクルーシブな社会を志向しうる要素をもつことが分かった。研究成果は、マンチェスター政治理論学会等、国内外の複数の学会等で発表された。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 比較近代社会思想

    早稲田大学  

  • 近代経済社会思想史

    早稲田大学  

  • Issues in Politics and Society(Kyoritsu Japanology in English)

    共立女子大学  

  • 現代社会と思想・宗教

    共立女子大学  

  • 卒研演習

    共立女子大学  

全件表示 >>