小島 定吉 (コジマ サダヨシ)

写真a

所属

理工学術院 国際理工学センター(理工学術院)

職名

教授(任期付)

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.aoni.wased.jp/sadayosi

兼担 【 表示 / 非表示

  • 政治経済学術院   政治経済学部

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1979年09月
    -
    1981年05月

    Columbia University   Graduate School of Arts and Sciences   Department of Mathematics  

  • 1976年04月
    -
    1978年03月

    東京大学   理学系研究科   数学  

  • 1972年04月
    -
    1976年03月

    東京大学   理学部   数学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   理学修士

  • Columbia University   Ph.D

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院   教授

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    東京工業大学   情報理工学院   教授

  • 1994年06月
    -
    2016年03月

    東京工業大学   大学院情報理工学研究科   教授

  • 1987年08月
    -
    1994年06月

    東京工業大学   理学部   助教授

  • 1985年04月
    -
    1987年07月

    東京都立大学   理学部   助教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    American Mathematical Society

  •  
     
     

    日本数学会

  •  
     
     

    日本応用数理学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 幾何学

論文 【 表示 / 非表示

  • On the moduli space of equilateral pentagons

    S. Klaus, S. Kojima

    Beitr. Algebra Geom.   60   487 - 497  2019年  [査読有り]

  • Normalize entropy versus volume for pseudo-Anosovs

    S. Kojima, G. McShane

    Geom. & Topol.   22   2403 - 2426  2018年  [査読有り]

  • Minimal dilatations of pseudo-Anosovs generated by the magic 3-manifold and their asymptotic behevior

    E. Kin, S. Kojima, M. Takasawa

    Algebr. Geom. Topol.   13   3537 - 3602  2013年  [査読有り]

  • ENTROPY, WEIL-PETERSSON TRANSLATION DISTANCE AND GROMOV NORM FOR SURFACE AUTOMORPHISMS

    Sadayoshi Kojima

    PROCEEDINGS OF THE AMERICAN MATHEMATICAL SOCIETY   140 ( 11 ) 3993 - 4002  2012年11月  [査読有り]

     概要を見る

    Thanks to a theorem of Brock on the comparison of Weil-Petersson translation distances and hyperbolic volumes of mapping tori for pseudo-Anosovs, we prove that the entropy of a surface automorphism in general has linear bounds in terms of a Gromov norm of its mapping torus from below and an inbounded geometry case from above. We also prove that the Weil-Petersson translation distance does the same from both sides in general. The proofs are in fact immediately derived from the theorem of Brock, together with some other strong theorems and small observations.

  • Circle packings on surfaces with projective structures and uniformization

    Sadayoshi Kojima, Shigeru Mizushima, Ser Peow Tan

    PACIFIC JOURNAL OF MATHEMATICS   225 ( 2 ) 287 - 300  2006年06月  [査読有り]

     概要を見る

    Let Sigma(g) be a closed orientable surface of genus g >= 2 and tau a graph on Sigma(g) with one vertex that lifts to a triangulation of the universal cover. We have shown before that the cross ratio parameter space C-tau associated with tau, which can be identified with the set of all pairs of a projective structure and a circle packing on it with nerve isotopic to tau, is homeomorphic to R6g-6, and moreover that the forgetting map of C-tau to the space of projective structures is injective. Here we show that the composition of the forgetting map with the uniformization from C-tau to the Teichmuller space T-g is proper.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Circle packing and Teichmuller space

    European Mathematical Society Publishing House  2008年 ISBN: 3037190558

  • 3次元の幾何学

    朝倉書店  2002年

  • 多角形の現代幾何学 増補版

    牧野書店  1999年

  • トポロジー入門

    共立出版株式会社  1998年

受賞 【 表示 / 非表示

  • 幾何学賞

    2000年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Geometric Structures on 3-manifolds

  • Hyperbolic Geometry

  • 3次元多様体の幾何構造

  • 双曲幾何学

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • A numerical algorithm for block-diagonal decomposition of matrix *-algebra

    HPOPT 2008  

    発表年月: 2008年

  • Entropy vs volume

    KIAS Workshop on Hyperbolic Geometry and Related Topics  

    発表年月: 2008年

  • ポアンカレ予想について

    日本応用数理学会春の研究部会総合発表会  

    発表年月: 2008年

  • A numerical algorithm for block-diagonal decomposition of matrix *-algebra

    HPOPT 2008  

    発表年月: 2008年

  • ポアンカレ予想と幾何化予想

    数理物理2008「リッチフローの微分幾何と位相幾何」  

    発表年月: 2008年

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    日本数学会  監事

  • 2006年08月
    -
    2020年09月

    日本学術会議  連携会員

  • 2016年04月
    -
    2020年03月

    日本学術振興会  学術システム研究センター主任研究員

  • 2005年04月
    -
    2008年04月

    日本数学会  理事

  • 2005年04月
    -
    2006年04月

    日本数学会  理事長