2022/06/29 更新

写真a

タワツジ ヨシマサ
田和辻 可昌
所属
附属機関・学校 データ科学センター
職名
講師(任期付)

兼担

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学内研究所等

  • 2020年
    -
    2022年

    データ科学センター   兼任センター員

所属学協会

  •  
     
     

    日本神経科学会

  •  
     
     

    日本神経回路学会

  •  
     
     

    教育システム情報学会

  •  
     
     

    日本認知科学会

  •  
     
     

    人工知能学会

 

研究分野

  • ヒューマンインタフェース、インタラクション

  • 感性情報学

論文

  • 生体情報による学習者個人の心的状態推定モデルの精度評価とラベリングコスト低減に関する実験的検討

    古澤 嘉久, 田和辻 可昌, 松居 辰則

    人工知能学会論文誌   37 ( 2 )  2022年03月  [査読有り]

  • An Appraisal of Gracefulness Mediates the Negative Influence of Color Focality on Color Preference in Japan

    Siyuan Fang, Yoshimasa Tawatsuji, Tatsunori Matsui

    International Journal of Affective Engineering   21 ( 1 ) 1 - 11  2022年01月  [査読有り]

  • In-process Feedback by Detecting Deadlock based on EEG Data in Exercise of Learning by Problem-posing

    Sho Yamamoto, Yoshimasa Tawatsuji, Tsukasa Hirashima

    Proceedings of the 29th International Conference on Computers in Education    2021年11月  [査読有り]

  • 脳同期現象に基づく道徳的対話における伝達感抽出の試み

    下田 香織, 田和辻 可昌, 松居 辰則

    教育システム情報学会誌   38 ( 3 ) 266 - 271  2021年07月  [査読有り]

  • Explanation of emotion regulation mechanism of mindfulness using a brain function model

    Haruka Nakamura, Yoshimasa Tawatsuji, Siyuan Fang, Tatsunori Matsui

    Neural Networks   138   198 - 214  2021年06月  [査読有り]

    DOI

  • ヒト型エージェントの表情動作速度の非典型性が表情認知に与える影響に関する実験的検討

    田和辻 可昌, 松居 辰則

    教育システム情報学会誌   36 ( 4 ) 233 - 242  2019年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Real-time estimation of learners' mental states from learners' physiological information using deep learning

    Yoshimasa Tawatsuji, Tatsuro Uno, Siyuan Fang, Tatsunori Matsui

    Proceedings of the 26th International Conference on Computers in Education     107 - 109  2018年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 意味構造分析を用いた統合失調症患者の顔映像に対する医療従事者の病状評価構造の形式化

    金今 直子, 大山 直子, 田和辻 可昌, 松居 辰則

    日本感性工学会論文誌   17 ( 4 ) 381 - 393  2018年  [査読有り]

    DOI

  • 視覚に依存した形式的情報を音声言語に置換する音訳の間(ま)の評価

    高松 美也子, 田和辻 可昌, 松居 辰則

    日本感性工学会論文誌   17 ( 1 ) 89 - 98  2018年  [査読有り]

    DOI

  • Construction of recommender system based on cognitive model for "self-reflection"

    Yoshimasa Tawatsuji, Yuki Yasuda, Tatsunori Matsui

    Proceedings of the 5th International Conference on Human Agent Interaction     517 - 521  2017年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Extraction of relationships between learners' physiological information and learners' mental states by machine learning

    Yoshimasa Tawatsuji, Tatsuro Uno, Keita Okazaki, Siyuan Fang, Tatsunori Matsui

    Proceedings of the 25th International Conference on Computers in Education     56 - 61  2017年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 校歌の歌詞から感じる「なつかしさ」の生起モデルの構築

    宮原 佐智子, 田和辻 可昌, 松居 辰則

    日本感性工学会論文誌   16 ( 1 ) 109 - 119  2017年  [査読有り]

    DOI

  • Qualitative Model for Neuro-Functional Mechanism Inducing Human Error Detection to Humanlike Agents Based on Cortico-Cerebellar Function

    Yoshimasa Tawatsuji, Tatsunori Matsui

    HCI International 2016 – Posters' Extended Abstracts. Communications in Computer and Information Science   618   194 - 200  2016年

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Proposal for primitives representing brain function of facial expression recognition

    Yoshimasa Tawatsuji, Tatsunori Matsui

    Proceedings of the 24th International Conference on Computers in Education     94 - 95  2016年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 音訳者が文章構造を表現するために挿入する句読点の「間(ま)」の構造的特徴

    高松 美也子, 田和辻 可昌, 松居 辰則

    日本感性工学会論文誌    2015年

     概要を見る

    The purpose of this study is to show the characteristic of "pause of time interval" that is put into the speech when Transliteration-Person reads books out to visually impaired people. Transliteration-Person needs to express also what kind of structure it is as well as to read symbolic language on books out. It may be presumed that "pause of time interval" plays an important role such that auditory sentence structure makes similar to visual sentence structure. So, we focused on punctuation marks and made an experiment comparing 5 skilled Transliteration-Persons with 4 beginner Transliteration-Persons. The result of our experiment shows that "pause of time interval" for punctuation marks is paralinguistic information putting in their speech to construct auditory sentence structure, because the skilled Transliteration-Persons put in their speech different "pause of time interval" to play 2 different type of sentence structure.

    DOI CiNii

  • An Experimental Study on the Effect of Repeated Exposure of Facial Caricature on Memory Representation of a Model’s Face

    Yoshimasa Tawatsuji, Yuki Iizuka, Tatsunori Matsui

    Human-Computer Interaction: Users and Contexts. LNCS   9171   514 - 524  2015年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • 脳の機能的結合に関する定性表現を用いた人型エージェントに対する情動状態記述の試み

    田和辻 可昌, 村松 慶一, 松居 辰則

    人工知能学会論文誌   30 ( 5 ) 626 - 638  2015年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Proposal for the Model of Occurrence of Negative Response toward Humanlike Agent Based on Brain Function by Qualitative Reasoning.

    Yoshimasa Tawatsuji, Keiichi Muramatsu, Tatsunori Matsui

    Human-Computer Interaction: Advanced Interaction Modalities and Techniques. LNCS   8511   768 - 778  2014年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Explanation for Human Sensitive Response to a Humanlike Agent Focusing on Amygdalar Function

    Yoshimasa Tawatsuji, Keiichi Muramatsu, Kazuaki Kojima, Tatsunori Matsui

    Proceedings of the 1st International Conference on Human-Agent Interaction    2013年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Experimental Study Toward Modeling of the Uncanny Valley Based on Eye Movements on Human/Non-human Faces

    Yoshimasa Tawatsuji, Kazuaki Kojima, Tatsunori Matsui

    Human-Computer Interaction. Interaction Modalities and Techniques   8007   398 - 407  2013年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

▼全件表示

Misc

▼全件表示

受賞

  • ラーニングイノベーショングランプリ2018 最優秀ラーニングイノベーション賞(ジンジャーアップ賞)

    2018年07月  

    受賞者: 早稲田大学松居辰則研究室のプロジェクトメンバーとして

  • 教育システム情報学会全国大会 大会奨励賞

    2017年08月  

    受賞者: 田和辻可昌, 松居辰則

  • 人工知能学会 研究会優秀賞

    2017年06月  

    受賞者: 田和辻可昌, 松居辰則

  • 日本感性工学会春季大会優秀発表賞

    2017年03月  

    受賞者: 萩原愛, 田和辻可昌, 村松慶一, 松居辰則

  • 日本感性工学会全国大会 優秀発表賞

    2012年08月  

    受賞者: 田和辻可昌, 小島一晃, 松居辰則

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2020年04月
    -
    継続中

    人工知能学会 汎用人工知能研究会 専門委員

  • 2018年04月
    -
    継続中

    人工知能学会 先進的学習科学と工学研究会 専門委員

  • 2018年04月
    -
    継続中

    人工知能学会 編集委員

  • 2017年12月
    -
    継続中

    教育システム情報学会 関東支部 運営委員

  • 2020年
    -
    2021年

    教育システム情報学会 全国大会 プログラム委員

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    教育・学習支援システム若手の会 幹事

  • 2018年
    -
    2019年

    人工知能学会全国大会 実行委員(表彰担当)

▼全件表示