金 鉉基 (キム ヒョンギ)

写真a

所属

理工学術院 先進理工学部

職名

講師(任期付)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年09月
    -
    2016年03月

    早稲田大学   大学院スポーツ科学研究科 スポーツ科学専攻 博士後期過程  

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    早稲田大学   大学院スポーツ科学研究科 スポーツ科学専攻 修士課程  

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年05月
    -
    継続中

    慶應義塾大学   体育研究所   研究員

  • 2020年04月
    -
    継続中

    明治大学   情報コミュニケーション学部   非常勤講師

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   先進理工学部   講師

  • 2017年03月
    -
    2020年03月

    港湾職業能力開発短期大学   港湾流通科、物流情報科   非常勤講師

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    早稲田大学   重点領域研究機構   研究助手

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本栄養・食糧学会

  •  
     
     

    日本体育学会

  •  
     
     

    European College of Sport Science

  •  
     
     

    大韓ヒューマンムーブメント学会

  •  
     
     

    日本サルコペニア・フレイル学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

  • 栄養学、健康科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 時間栄養学

  • 時間運動学

論文 【 表示 / 非表示

  • 女性高齢者における身体活動の増加が血中脂質および血圧に及ぼす影響

    金 鉉基, 田端宏樹, 小西真幸, 坂本静男

    日本臨床スポーツ医学会誌   30 ( 1 )  2022年01月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

  • Distribution of dietary protein intake in daily meals influences skeletal muscle hypertrophy via the muscle clock

    Shinya Aoyama, Hyeon-Ki Kim, Rina Hirooka, Mizuho Tanaka, Takeru Shimoda, Hanako Chijiki, Shuichi Kojima, Keisuke Sasaki, Kengo Takahashi, Saneyuki Makino, Miku Takizawa, Masaki Takahashi, Yu Tahara, Shigeki Shimba, Kazuyuki Shinohara, Shigenobu Shibata

    Cell Reports   36 ( 1 ) 109336 - 109336  2021年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • 朝のスケトウダラの速筋タンパクの摂取が高齢者の骨格筋量および筋力に及ぼす影響

    金 鉉基、難波拓哉、千々木華子、深澤真由子、大久保仁、尾﨑真実帆、内田健志、加藤綾華、田中紀雄、鳴海誠、中岡隆志、柴田重信

    薬理と治療   49 ( 5 ) 747 - 756  2021年05月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Screen Time Duration and Timing: Effects on Obesity, Physical Activity, Dry Eyes, and Learning Ability in Elementary School Children

    Yui Mineshita, Hyeon-Ki Kim, Hanako Chijiki, Takuya Nanba, Takae Shinto, Shota Furuhashi, Satoshi Oneda, Mai Kuwahara, Anzu Suwama, Shigenobu Shibata

       2021年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    <title>Abstract</title>
    <bold>Background: </bold>As internet use becomes more widespread, the screen time (ST) of elementary school students increases yearly. It is known that longer durations of ST can affect obesity, physical activity, dry eye disease, and learning ability. However, the effects of ST just before bedtime have not been clarified. Therefore, we examined ST duration and timing effects on elementary school children. <bold>Methods: </bold>We conducted a survey of 7,419 elementary school students in Tokyo, Japan using a questionnaire on food education. ST duration and timing (just before bedtime) served as the explanatory variables, and the relationship between obesity, physical activity, dry eyes, and learning ability was analyzed using logistic regression analysis. Gender, school year, height, and weight were considered confounding factors. First, we examined whether ST duration and timing were related to each objective variable, using a univariate model to examine all variables. Thereafter, we performed multivariate logistic regression analyses for all variables showing a significant difference in the univariate models.<bold>Results:</bold> The results showed that the relationship between the ST duration and obesity, physical activity, and learning ability was statistically significant. The relationship between ST timing and obesity, dry eyes, and learning ability was also statistically significant. Therefore, ST timing has a greater effect on dry eyes, and ST duration has a greater effect on academic performance. <bold>Conclusion: </bold>Our findings indicate that ST in school children is related to obesity, physical activity, dry eyes, and learning ability, and they suggest that not only the duration but also the timing of ST is important.

    DOI

  • Ingestion of Helianthus tuberosus at Breakfast Rather Than at Dinner is More Effective for Suppressing Glucose Levels and Improving the Intestinal Microbiota in Older Adults

    Hyeon-Ki Kim, Hanako Chijiki, Takuya Nanba, Mamiho Ozaki, Hiroyuki Sasaki, Masaki Takahashi, Shigenobu Shibata

    NUTRIENTS   12 ( 10 )  2020年10月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    To date, nutritional studies have focused on the total intake of dietary fiber rather than intake timing. In this study, we examined the effect of the timing of daily Helianthus tuberosus ingestion on postprandial and 24 h glucose levels, as well as on intestinal microbiota in older adults. In total, 37 healthy older adults (age = 74.9 +/- 0.8 years) were recruited. The participants were randomly assigned to either a morning group (MG, n = 18) or an evening group (EG, n = 17). The MG and EG groups were instructed to take Helianthus tuberosus powder (5 g/day) just before breakfast or dinner, respectively, for 1 week after the 1-week control period. The glucose levels of all participants were monitored using a continuous glucose monitoring system throughout the 2 weeks. The intestinal microbiota was analyzed by sequencing 16S rRNA genes from feces before and after the intervention. There were no significant differences in the physical characteristics or energy intake between groups. Helianthus tuberosus intake led to decreases in tissue glucose levels throughout the day in both groups (p < 0.01, respectively). As a result of examining the fluctuations in tissue glucose levels up to 4 hours after each meal, significant decreases in the areas under the curves (AUCs) were observed for all three meals after intervention, but only in the MG (breakfast: p = 0.012, lunch: p = 0.002, dinner: p = 0.005). On the other hand, in the EG, there was a strong decrease in the AUC after dinner, but only slight decreases after breakfast and lunch (breakfast: p = 0.017, lunch: p = 0.427, dinner: p = 0.002). Moreover, the rate of change in the peak tissue glucose level at breakfast was significantly decreased in the MG compared to the EG (p = 0.027). A greater decrease was observed in the change in the blood glucose level after the ingestion of Helianthus tuberosus in the MG than in the EG. Furthermore, the relative abundance of Ruminococcus in the MG at the genus level was significantly higher at baseline than in the EG (p = 0.016) and it was also significantly lower after the intervention (p = 0.013). Our findings indicate that Helianthus tuberosus intake in the morning might have relatively stronger effects on the intestinal microbiota and suppress postprandial glucose levels to a greater extent than when taken in the evening.

    DOI PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 時間栄養学ー時計遺伝子、体内時計、食生活をつなぐ

    ( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 23章)

    化学同人  2020年06月

  • 菊芋 運動レシピでイキイキ!

    ( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 1章 時間栄養学からみる「食」×「運動」の効果 イヌリンで健康を守るには)

    2019年01月

Misc 【 表示 / 非表示

  • Chrono-nutrition for health promotion

    Hyeon-Ki Kim

    Korean Journal of human movement   3 ( 1 )  2021年04月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

  • 時間栄養学

    金 鉉基, 柴田 重信

    体力科学   69 ( 5 ) 401 - 411  2020年10月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    <p>In mammals, the circadian rhythms have been shown to regulate several physiological functions, including body temperature, sleep-wake behavior, physical activity, hormonal secretions, and metabolism. These processes are controlled by circadian clock genes, and abnormal circadian rhythms are associated with the development of obesity, diabetes, and lifestyle-related diseases. In addition, the timing of behaviors such as food intake, exercise, and stress influence circadian rhythms, including clock gene expression in peripheral tissues. Therefore, the interaction between nutrition and the circadian clock is so-called "chrono-nutrition" is poised to become an important research field of chronobiology. In this review, we review the effects of a timed-nutrition on circadian clocks and their timing-dependent effects on physiological functions.</p>

    DOI CiNii

  • 健康のための時間栄養学と時間運動学

    金 鉉基, 柴田 重信

    ソフト・ドリンク技術資料   191 ( 2 )  2020年09月

    担当区分:筆頭著者

  • 運動と食事

    金 鉉基

    食と医療   12   60 - 67  2020年01月

    担当区分:責任著者

  • Chrono-exercise for health promotion

    Hyeon-Ki Kim

    Korean Journal of human movement   1 ( 2 ) 1 - 12  2019年12月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀論文賞

    2020年   日本臨床生理学会  

  • 優秀論文賞

    2014年   日本臨床生理学会  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 異なる運動実施時間帯における持久性運動が糖代謝および体内リズム変動に及ぼす影響

    若手研究

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

    金 鉉基

  • ライフステージ別の体内時計応用の健康科学研究

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    柴田 重信, 金 鉉基, 高橋 将記, 駒田 陽子

  • 朝または夕の運動でHDL-C引き抜き能および時計遺伝子発現は変動するか

    若手研究

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

    金 鉉基

     概要を見る

    運動は心血管疾患や糖尿病のリスクを低減させることが示されている。近年、持続血糖測定器の開発により24時間の血糖値測定が可能となった。先行研究において血中インスリンや血糖値は日内変動を示すことから運動時間帯を考慮する必要がある。しかし、異なる運動実施時間帯における持久性運動が血糖値の日内リズムに及ぼす影響ついては不明な点が多い。そこで、本研究では異なる運動実施時間帯に着目し、持久性運動が血糖値の日内リズムに及ぼす影響について検討した。
    健康な若年男性10名を対象とし、ランダムクロスオーバーで行っている。本研究は週3回運動を行う短期間介入を実施している。朝試行(8時~10時)または夕試行(16時~18時)において最大酸素摂取量の60%の強度で60分間の持久性運動をトレッドミルを用いて行った。朝試行と夕試行の間は2週間以上のWash-Out期間を設定している。各試行の介入前後に採血行い、インスリンやカテコラミンなどの血中ホルモンの分析を行っている。さらに、各試行の運動介入前に持続血糖測定器を装着してもらい、運動中および運動後の血糖値変動および日内リズムの分析を行っている。

  • 運動実施時間帯の違いが代謝応答および血中アディポカインに及ぼす影響

    特別研究員奨励費

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2017年03月
     

    金 鉉基

     概要を見る

    代謝応答に関連する内分泌系および神経系は日内変動を示す。そのため、異なる運動実施時間帯において代謝応答に違いが見られる可能性がある。しかしながら、朝と夕方の運動実施時間帯の相違が代謝関連指標および血中脂質に与える影響について不明な点が多い。
    我々は運動実施時間帯の違い一過性持久性運動時における代謝関連指標および血中脂質に及ぼす影響を検討し、夕方の一過性持久性運動が朝の一過性持久性運動と比較して脂質代謝亢進に影響を与える血中ホルモンの分泌が高まり、夕方の運動後の脂質分解を亢進することを明らかにした。一方、肥満の予防・改善の観点から考えると、異なる運動実施時間帯に行う長期間の持久性運動が代謝関連指標および血中脂質に及ぼす影響について検討する必要がある。異なる運動実施時間帯における長期間の持久性運動が代謝関連指標および血中脂質への影響を解明することは、より的確かつ効果の高い運動処方を考える上で極めて重要であると考えられる。
    そこで、我々は中年肥満男性31名(年齢47.5 ± 1.1歳、身長173 ± 0.8 cm、体重83.1 ± 1.6 kg、BMI 27.7 ± 0.4 kg/m2、体脂肪率26.7 ± 0.6 %、mean ± SE)を対象とし、3群【(朝運動群8名:8時~11時)、(夕方運動群12名:17時~20時)、(コントロール群11名:日常生活の維持)】に分けて朝と夕方の異なる運動実施時間帯における長期間の持久性運動が代謝応答に及ぼす影響について検討している。本研究は、介入前測定が終わったところであり、現在進行中である。

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ヒトの体内時計と身体活動・運動パフォーマンスとの関連

    髙橋将記, 金 鉉基, 安藤加里菜

    第74回日本体力医学会大会  

    発表年月: 2019年09月

  • Regulation of blood glucose level by the timing of Inulin intake.

    Hyeon-Ki Kim

    5th Core-to-Core International Symposium "3D Lab-Exchange Program"  

    発表年月: 2019年02月

  • 体内時計を考慮した食・栄養学に関するヒト試験

    金 鉉基  [招待有り]

    「体内時計の調整で広がるヘルスケア領域」セミナー  

    発表年月: 2018年11月

  • 時間生物学を利用した機能性食品開発~イヌリンのヒト試験を中心に

    金 鉉基

    BioJapan2018  

    発表年月: 2018年10月

  • ヒトにおける朝食内容と健康

    金 鉉基  [招待有り]

    第5回時間栄養科学研究会  

    発表年月: 2018年08月

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 運動実施時間帯の違いが血糖値および体内リズムに及ぼす影響

    2020年  

     概要を見る

     本研究では、運動実施時間帯の違いが血糖値および体内リズムに及ぼす影響について検討を行う予定であったが、コロナの影響により予定どおりの研究遂行ができなかったため、既存の採取データを用いた追加分析をおこなった。健康な若年男性8名を対象とし、中等度強度の持久性運動(3回/週)の短期介入(1週間)を行った。その結果、朝・夕の持久性運動ともHDL-Cの改善が見られた。一方、中性脂肪およびApoBでは、夕の持久性運動でのみ有意な改善が見られた。したがって、朝の持久性運動に比較して夕の持久性運動が血中脂質の改善のためにより有効かもしれない。

  • 朝または夕の一過性持久性運動が24時間の血糖値変動に及ぼす影響

    2019年  

     概要を見る

     本研究では、朝または夕の異なる運動実施時間帯における血糖値の日内変動および血中指標に及ぼす影響について検討を行った。健康な若年男性10名を対象とし、一過性および1 週間の短期介入を行った。その結果、一過性および短期介入とも夕の持久性運動が朝の持久性運動に比べて運動後の血糖値の日内変動が穏やかであることが見られた。しかし、朝と夕で統計的な有意差は見られなかった。また、短期介入で夕試行においてのみ介入前に比較して介入後、インスリン分泌刺激ホルモンであるGIPおよびGLP-1の増加傾向が見られた。したがって、朝の持久性運動に比較して夕の持久性運動が日中の血糖値コントロールのためにより有効かもしれない。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月
    -
    継続中

    大韓ヒューマンムーブメント学会  編集委員

  • 2018年11月
    -
    継続中

    港区学校教育食育推進計画検討委員会  委員