2022/01/28 更新

写真a

ノムラ カズタカ
野村 和孝
所属
人間科学学術院 人間科学部
職名
講師(任期付)
プロフィール

<活動領域>
再犯防止,社会復帰,嗜癖行動,および家族支援をキーワードに
行動療法・認知行動療法を軸とした心理臨床,研究活動を行っております。

<資格(取得順)>
産業カウンセラー(一般社団法人日本産業カウンセラー協会)
臨床心理士(財団法人日本臨床心理士資格認定協会)
認定行動療法士(一般社団法人日本認知・行動療法学会)
公認心理師(文部科学大臣及び厚生労働大臣)
認知行動療法師(一般社団法人日本認知・行動療法学会)
認知行動療法スーパーバイザー(一般社団法人日本認知・行動療法学会)

兼担

  • 人間科学学術院   大学院人間科学研究科

学歴

  • 2008年04月
    -
    2014年03月

    早稲田大学   大学院人間科学研究科   博士後期課程(単位取得満期退学)  

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    早稲田大学   大学院人間科学研究科   修士課程  

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

    早稲田大学   人間科学部   人間健康科学科  

学位

  • 早稲田大学   博士(人間科学)

経歴

  • 2020年04月
    -
    継続中

    東京家政大学   人文学部心理カウンセリング学科   非常勤講師(司法・犯罪心理学,被害者心理学)

  • 2019年04月
    -
    継続中

    中央大学   文学部   非常勤講師(司法・犯罪心理学/犯罪心理学(2020年度まで「犯罪心理学」))

  • 2017年06月
    -
    継続中

    千葉大学   社会精神保健教育研究センター   客員研究員

  • 2017年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   人間科学学術院   講師(任期付)

  • 2011年04月
    -
    継続中

    医療法人社団祐和会大石クリニック   心理士

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    和洋女子大学   看護学部看護学科   非常勤講師(アサーティブコミュニケーション)

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    関西学院大学   大学院文学研究科   非常勤講師(心理科学実践D(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開))

  • 2014年10月
    -
    2017年03月

    千葉大学   社会精神保健教育研究センター   特任研究員

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    早稲田大学   人間総合研究センター   招聘研究員

  • 2011年06月
    -
    2017年03月

    横浜刑務所   分類教育部   処遇カウンセラー(薬物担当)

  • 2008年04月
    -
    2017年03月

    早稲田大学人間科学部通信教育課程   教育コーチ

  • 2011年04月
    -
    2016年03月

    横浜美術大学   非常勤講師(心理学)

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    栃木県県南高等看護専門学院   非常勤講師(行動科学)

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    日本学術振興会   特別研究員 DC2

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    早稲田大学人間科学学術院   心理相談室   相談員

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    合同会社洗足ストレスコーピングサポートオフィス   サポートスタッフ

  • 2007年05月
    -
    2008年03月

    国立大学法人 東京医科歯科大学 難治疾患研究所難治病態研究部門   サブテーマb「性犯罪者の治療法研究」 技術補佐員(科技振)

▼全件表示

所属学協会

  • 2019年06月
    -
    継続中

    日本ストレスマネジメント学会

  • 2018年04月
    -
    継続中

    日本アルコール・アディクション医学会

  • 2015年04月
    -
    継続中

    日本司法精神医学会

  • 2012年04月
    -
    継続中

    日本アルコール関連問題学会

  • 2010年04月
    -
    継続中

    日本教育心理学会

  • 2010年04月
    -
    継続中

    日本犯罪心理学会

  • 2008年01月
    -
    継続中

    日本社会精神医学会

  • 2006年04月
    -
    継続中

    日本健康心理学会

  • 2006年04月
    -
    継続中

    日本カウンセリング学会

  • 2006年04月
    -
    継続中

    産業・組織心理学会

  • 2006年04月
    -
    継続中

    日本認知療法・認知行動療法学会(旧:日本認知療法学会)

  • 2006年04月
    -
    継続中

    日本心理学会

  • 2006年04月
    -
    継続中

    日本認知・行動療法学会(旧:日本行動療法学会)

▼全件表示

 

研究分野

  • 臨床心理学

研究キーワード

  • 物質使用障害

  • ギャンブル障害

  • 薬物依存

  • 矯正

  • アルコール依存

  • 共感性

  • 性犯罪

  • 認知行動療法

▼全件表示

論文

  • インターネットゲーム障害におけるキュー・エクスポージャーに影響を及ぼす要因の検討

    大山 一樹, 三住 倫生, 山口 昂亮, 野村 和孝, 浅見 祐香, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   21   75 - 83  2021年12月  [査読有り]

  • 小児わいせつ型性犯罪者の再犯防止を目的とした認知行動療法の動向と課題

    三住 倫生, 野村 和孝, 山口 昂亮, 浅見 祐香, 姜 来娜, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   21   17 - 26  2021年12月  [査読有り]

  • ギャンブル障害患者に対するリラプス・プリベンションに基づく集団認知行動療法の効果:ギャンブル行動と適応状態を指標とした検討

    田中 佑樹, 野村 和孝, 嶋田 洋徳, 中川 桂子, 小柴 梓, 菅野 真由香, 大石 泰史, 大石 裕代, 大石 雅之

    認知行動療法研究   47 ( 3 ) 319 - 329  2021年09月  [査読有り]

  • 窃盗症の発症過程における認知と行動の変化

    浅見 祐香, 野村 和孝, 嶋田 洋徳, 大石 裕代, 大石 雅之

    心理学研究   92   100 - 110  2021年06月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>The present study aimed to clarify the cognitive and behavioral features of the process from the onset of stealing to the development of kleptomania. We also analyzed the differences between kleptomania and shoplifting for personal gain. Semi-structured interviews were conducted with 25 participants (15 patients with kleptomania, 4 shoplifters, and 6 with other addictions). An analysis based on a modified grounded theory approach (M-GTA) revealed 24 concepts and 5 categories. We identified four stages of the process of kleptomania. The stages were "first theft," "increasing frequency of stealing," "pathological stealing" where the act of stealing was more beneficial than the stolen goods, followed by "automatic stealing" whenever they steal automatically in their favorite stores. We identified "breaking dependence on stealing" as the fifth category. In contrast, shoplifters for personal gain did not move into "pathological stealing." Thus, it is assumed that the development of kleptomania involves a series of processes from starting to steal to addiction, then, it is assumed to enter a dependent stage from the stage of "pathological stealing." </p>

    DOI CiNii

  • アルコール刺激に対する注意バイアスの低減操作が衝動的行動に及ぼす影響-飲酒行動の機能の差異を考慮した検討-

    竹澤緑, 田中佑樹, 浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    Journal of Health Psychology Research   33 ( 2 ) 115 - 124  2021年02月  [査読有り]

    DOI

  • 認知行動療法に基づくストレスマネジメントのためのスマートフォンアプリケーションの開発の試み—労働者を対象とした有効性の検討—

    田中 佑樹, 嶋田 洋徳, 岡島 義, 石井 美穂, 野村 和孝

    認知行動療法研究    2021年  [査読有り]

  • 認知的制御能力に着目した万引き行動に対する機能分析的再理解の試み

    浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   20   35 - 42  2020年12月  [査読有り]

  • 窃盗症患者のストレス関連症状に関する研究動向-認知行動療法の機能分析的観点に基づく理解-

    石川満里聖, 浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    ストレスマネジメント研究   16   116 - 117  2020年12月  [査読有り]

  • ダルク利用者に対する短期マインドフルネス介入の適用の試み

    田中佑樹, 竹澤緑, 野中俊介, 野村和孝, 嶋田洋徳

    ストレスマネジメント研究   16   86 - 87  2020年12月  [査読有り]

  • 司法・犯罪分野・嗜癖問題への認知行動療法の適用と課題

    野村和孝, 嶋田洋徳, 神村栄一

    認知行動療法研究   46   121 - 132  2020年05月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • ギャンブル障害における問題行動の維持メカニズムの差異に基づく状態像の分類:通院患者とコミュニティサンプルを対象とした重症度の連続性に基づく検討

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳, 大石裕代, 大石雅之

    行動科学(日本行動科学学会)   58   105 - 117  2020年03月  [査読有り]

  • Validity and reliability of the Japanese version of the Kleptomania Symptom Assessment Scale: A comparison between individuals with kleptomania and prisoners in Japan

    Yuka ASAMI, Kazutaka NOMURA, Hironori SHIMADA, Hiroyo OHISHI, Masayuki OHISHI

    Comprehensive Psychiatry   96   152133 - 152133  2020年  [査読有り]  [国際誌]

    DOI PubMed

  • 特別企画 行動のアディクション 治療論 「認知行動療法-基本となる理論と実践上の工夫」

    野村和孝

    こころの科学   205   90 - 94  2019年05月  [招待有り]

  • 性非行少年に対する再非行防止を目指した認知行動療法

    野村和孝, 嶋田洋徳

    ケース研究(家庭事件研究会 編)   334   4 - 32  2019年02月  [招待有り]

  • アルコール使用障害における注意バイアス修正訓練に関する研究動向および今後の展望

    竹澤緑, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   18   101 - 109  2018年12月  [査読有り]

  • 認知行動理論に基づく窃盗症の理解 研究動向および今後の展望

    浅見 祐香, 野村 和孝, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳

    犯罪心理学研究   55 ( 特別号 ) 204 - 205  2018年03月

  • 司法・犯罪分野における認知行動療法の理解と実践

    野村和孝

    北海道医療大学心理科学部心理臨床・発達支援センター研究   13 ( 1 ) 52 - 64  2018年03月  [査読有り]

  • 違法性を伴うギャンブルの問題への心理学的アプローチに関する今後の展望

    野村和孝, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    Journal of Health Psychology Research   30(Special Issue) ( 0 ) 211 - 216  2018年02月  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    <p>In Japan, gambling has been illegal except for certain types of gambling. Some types of gambling were recently legalized with the Integrated Resort (IR) Promotion Law for setting up casino resorts. However, this law does not legalize all acts of illegal gambling. Therefore, we examined the possibility of adopting psychological approaches to treat problems related to illegal gambling. Results suggested the significance of using functional analysis to examine the problem of illegal gambling as gambling disorders. Furthermore, personal traits associated with illegal gambling need to be ascertained. Then, to solve illegal gambling problems, these findings should be integrated with efforts to improve and rehabilitate individuals in the Japanese judicial and criminal justice systems, such as avoiding risk-situations and setting adaptive goals. Accumulating knowledge of psychological approaches remains a task for the future.</p>

    DOI CiNii

  • ギャンブル障害に対する認知行動療法の研究と実践に関する今後の展望――合法的に営まれるギャンブルに焦点を当てて――

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    Journal of Health Psychology Research   30(Special Issue)   203 - 209  2018年02月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

  • 性犯罪へのCBT

    嶋田洋徳, 野村和孝

    臨床心理学   18 ( 1 ) 73 - 76  2018年01月  [招待有り]

  • 齋藤論文へのコメント

    野村和孝

    早稲田大学臨床心理学研究   17   33  2017年12月  [招待有り]

  • 認知行動理論に基づく窃盗症の理解−研究動向および今後の展望−

    浅見祐香, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   17 ( 1 ) 85 - 94  2017年12月  [査読有り]

    CiNii

  • 再犯防止を目的とした認知行動療法の現状と課題―健康心理学によるエンパワメントの果たす役割―

    野村和孝

    Journal of Health Psychology Research   29 ( Special issue ) 95 - 102  2017年02月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

  • ギャンブル障害に対する心理学的アプローチの展開:―IR推進法に伴うカジノ設置に向けて―

    野村 和孝, 岡田 瞳, 田中 佑樹, 浅見 祐香, 村瀬 華子, 嶋田 洋徳, 岸 太一

    日本健康心理学会大会発表論文集   30   17 - 17  2017年

    DOI CiNii

  • Adaptation and validation of the Japanese version of the Gambling Urge Scale

    Yuki Tanaka, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada, Shunta Maeda, Hiroyo Ohishi, Masayuki Ohishi

    INTERNATIONAL GAMBLING STUDIES   17 ( 2 ) 192 - 204  2017年  [査読有り]

     概要を見る

    In Japan, accurately assessing and targeting gambling urges is important for the treatment of gambling disorder because people are constantly exposed to external triggers that elicit gambling urges. However, a valid measure that assesses gambling urges has not been adequately established. Therefore, the purpose of this study was to examine the psychometric properties of the Japanese version of the Gambling Urge Scale (GUS-J), which is a well-known valid 6-item instrument in English-speaking countries. Two hundred and thirty-nine participants completed questionnaires, 86 of which met the criteria for a probable gambling disorder. As with the original GUS, the GUS-J was demonstrated to be a one-factor model that accounted for 63.82% of the total item variance, with all items demonstrating loadings of .40 or higher. With regard to reliability, the GUS-J showed good internal consistency (alpha = .88). Furthermore, validity based on evidence of relationships with other variables, especially convergent and concurrent validity of the GUS-J, were supported by several analyses that examined hypotheses based on previous findings. In conclusion, this study showed that the GUS-J has good psychometric properties as an assessment tool for gambling urges in Japanese people and it will be useful for future clinical practice and research.

    DOI

  • 累犯刑務所におけるマインドフルネス方略と目標設定に焦点をあてた集団認知行動療法プログラムが覚せい剤再使用リスクの高い累犯受刑者に及ぼす影響

    野村和孝, 安部尚子, 嶋田洋徳

    犯罪心理学研究   54   13 - 29  2016年09月  [査読有り]

    DOI

  • 性犯罪再犯防止における認知行動療法の 「機能」に基づく理解と今後の展望

    野村和孝

    性とこころ   8 ( 1 ) 23 - 33  2016年08月  [招待有り]

  • 依存症外来クリニックにおけるインターネットゲーム障害に対する通院治療の紹介―強化随伴性に基づく適応行動の拡大を中心とした取り組み―

    寺門志保, 野村和孝, 大石裕代, 大石雅之, 長縄瑛子

    日本アルコール関連問題学会雑誌   18 ( 2 ) 91 - 97  2016年  [査読有り]  [招待有り]

  • 大学生のアイデンティティと自己効力感が職業未決定に及ぼす影響の検討

    石井美穂, 平山栄治, 野村和孝, 前田駿太, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   15   45 - 52  2015年12月  [査読有り]

  • 集団社会的スキル訓練における対人的相互作用の変容が小中学生のストレス反応低減効果に及ぼす影響:行動観察を用いた実践研究

    渡辺詩織, 野村和孝, 嶋田洋徳

    ストレスマネジメント研究   11   130 - 137  2015年07月  [査読有り]

  • 成人を対象としたストレスマネジメント介入研究の現状と課題

    丸本裕子, 野村和孝, 森本浩志, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   14   197 - 205  2015年01月  [査読有り]

  • 累犯刑務所における薬物依存離脱指導が覚せい剤使用者の再使用リスクに及ぼす影響 −集団認知行動療法,self-helpミーティング,およびwaiting listの比較を通して−

    野村和孝, 安部尚子, 嶋田洋徳

    犯罪心理学研究   52 ( 1 ) 1 - 15  2014年08月  [査読有り]

    DOI

  • 精神疾患を呈する成人の家族を持つ者への認知行動論的アプローチの現状と課題

    長野恭子, 野村和孝, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   13 ( 1 ) 129 - 139  2014年01月  [査読有り]

  • 潜在的態度の臨床心理学的応用に関する最近の研究動向

    佐藤友哉, 野村和孝, 玉田絢香, 千先純, 松本拡, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   12   131 - 139  2013年  [査読有り]

  • 性犯罪再犯防止を目的とした認知行動療法の実施における施設内処遇と社会内処遇の差異の検討

    野村和孝, 松本拡, 生川良, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   12   153 - 160  2013年  [査読有り]

  • 再犯防止に向けた認知行動療法の考え方

    嶋田洋徳, 野村和孝

    更生保護   63 ( 11 ) 20 - 23  2012年11月  [招待有り]

  • 嗜癖の問題に対するストレスマネジメント介入

    野村和孝, 嶋田洋徳

    臨床心理学   12   815 - 817  2012年11月  [招待有り]

  • The effects of attention retraining on depressive mood and cortisol responses to depression-related stimuli

    Hideki Tsumura, Hironori Shimada, Kazutaka Nomura, Nagisa Sugaya, Katsuhiko Suzuki

    JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH   54 ( 4 ) 400 - 411  2012年11月  [査読有り]

     概要を見る

    Although it has been reported that attentional bias at an early stage is found in depression, no study has investigated the effects of modification of attentional bias at an early stage on depressive mood and cortisol response to a stressor. Therefore, this study tested the hypotheses that the modification of attentional bias at an early stage would reduce depressive mood and cortisol response. Fifty-three participants were allocated alternately either to the training or the control group. They were administered attention retraining for modification of attentional bias or a sham attention task, and then underwent a stress task. With respect to depressive mood response, depressive mood increased in response to a stress task in the control group, while for high-dysphoric participants in the training group, depressive mood response remained constant. These results indicate that attention retraining is efficacious for reducing depressive mood response. With respect to cortisol response, the percentage change in cortisol is associated with the amount of change in the attentional bias index scores. The results suggest the possibility that attention retraining could reduce cortisol response.

    DOI

  • 病的賭博に対するセミオープン形式の集団認知行動療法プログラムの取り組み―ドロップアウト率と参加者の相互作用の観点から―

    野村和孝, 田代恭子, 嶋田洋徳, 綾部直子, 田口紀美子, 町田好美, 藤丸悦子, 大石裕代, 大石雅之

    日本アルコール関連問題学会雑誌   14   95 - 100  2012年09月  [査読有り]

  • D1. 学級集団を対象にした認知行動療法的介入の実践(自主企画シンポジウム)

    嶋田 洋徳, 小関 俊祐, 小関 真実, 田上 明日香, 橋本 塁, 野村 和孝, 蓑崎 浩史

    日本教育心理学会総会発表論文集   54   866 - 867  2012年

    DOI CiNii

  • 性加害行為に対する認知行動療法の心理社会的要因が再犯防止効果に及ぼす影響―メタ分析を用いた検討―

    野村和孝, 山本哲也, 林響子, 津村秀樹, 嶋田洋徳

    行動療法研究   37 ( 3 ) 143 - 155  2011年09月  [査読有り]

  • 児童における表情のモニタリングと視点取得が場面の解釈および怒り喚起に及ぼす影響

    栗本真衣, 野村和孝, 嶋田洋徳, 佐藤容子

    宮崎大学教育文化学部付属教育実践総合センター研究紀要   19   15 - 22  2011年  [査読有り]

  • 自閉症スペクトラム障害を呈する性加害行為経験者への認知行動論的アプローチに基づく臨床実践の応用に関する検討

    野村和孝, 蓑崎浩史, 林 響子, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   10   111 - 121  2011年  [査読有り]

  • 他者指向的行動の頻度とその満足感が過剰適応傾向と適応感に及ぼす影響

    藤田彩香, 佐藤友哉, 市川 健, 野村和孝, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   10   27 - 34  2011年  [査読有り]

  • 臨床心理学的研究における研究倫理に関する最近の動向

    嶋田洋徳, 野村和孝, 山本哲也, 津村秀樹

    早稲田大学臨床心理学研究   9   207 - 220  2010年  [査読有り]

  • 性犯罪防止における共感性の機能的側面に関する展望

    野村和孝, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   9   197 - 206  2010年  [査読有り]

  • 対人的出来事に対する予測の正確さと抑うつ症状の関連

    津村秀樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    認知療法研究   3   69 - 78  2010年  [査読有り]

  • 窃触症(frotteurism)事例に対する社会内トリートメント

    東本 愛香, 野村 和孝, 小畠 秀吾

    犯罪学雑誌   75 ( 3 ) 82 - 83  2009年06月

  • 性犯罪者再犯罪防止プログラムの有効性 社会内トリートメントの視点から

    野村 和孝, 東本 愛香, 嶋田 洋徳, 小畠 秀吾, 山上 晧

    日本社会精神医学会雑誌   17 ( 1 ) 129 - 129  2008年07月

  • 性犯罪者治療におけるアセスメント K-SCTテストの結果から

    東本 愛香, 野村 和孝, 小畠 秀吾, 山上 皓

    犯罪学雑誌   74 ( 3 ) 105 - 105  2008年06月

  • 行動療法の進歩

    嶋田洋徳, 野村和孝

    心療内科(科学評論社)   12   476 - 485  2008年  [招待有り]

  • 大学生における外傷体験からの回復過程に関する検討

    八木澤麻子, 丹羽奈緒, 野村和孝, 嶋田洋徳, 神村栄一

    トラウマティック・ストレス   6   191 - 199  2008年  [査読有り]

  • 社会不安傾向者の安全確保行動と自己注目との関係

    野村和孝, 三輪温子, 五十嵐友里, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   6   111 - 121  2007年  [査読有り]

▼全件表示

書籍等出版物

  • 現代の臨床心理学3 臨床心理介入法

    熊野宏昭, 下山晴彦( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第3章 司法・犯罪分野におけるチームアプローチ(嶋田洋徳・野村和孝))

    東京大学出版会  2021年12月 ISBN: 9784130151733

  • 司法・犯罪心理学 社会と個人の安全と共生をめざす (公認心理師の基本を学ぶテキスト)

    門本 泉( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第10章 行動変容-嗜癖・依存への心理学的アプローチ)

    ミネルヴァ書房  2020年10月

  • 使う使える臨床心理学

    岡島 義, 金井 嘉宏( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 「第3章 ライフスタイルの形成」,「第10章 依存(薬物,ギャンブル,ネットなど),性犯罪」,「付録 未成年やその周りの人が相談できる場所」,「付録 大人やその周りの人が相談できる場所」,「臨床心理学基本用語集」)

    弘文堂  2020年03月 ISBN: 4335651872

    ASIN

  • 健康心理学事典

    日本健康心理学会( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 依存症のアセスメント,医療観察・保護観察)

    2019年10月

  • 認知行動療法事典

    日本認知, 行動療法学会( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 司法・犯罪分野(嶋田洋徳・野村和孝),司法・犯罪・嗜癖分野の認知行動療法(神村栄一,野村和孝),性犯罪と性嗜好異常(野村和孝),窃盗,万引き,クレプトマニア(野村和孝),レスポンデント学習の理解に基づく問題行動の変容(野村和孝・嶋田洋徳))

    丸善出版  2019年08月

  • 集団認知行動療法の理論と実践

    嶋田洋徳, 嶋田洋徳, 野村和孝, 野村和孝, 津村秀樹, 津村秀樹( 担当: 共訳,  担当範囲: 監訳,第2章,第13章)

    金子書房  2018年08月 ISBN: 476082667X

    ASIN

  • 使いこなすACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)

    武藤 崇, 三田村 仰, 酒井 美枝, 大屋 藍子( 担当: 共訳,  担当範囲: 第5章,第6章)

    星和書店  2017年09月 ISBN: 4791109635

    ASIN

  • ギャンブル依存のための認知行動療法ワークブック

    原田 隆之, 神村 栄一, 横光 健吾, 野村 和孝( 担当: 共訳)

    金剛出版  2015年07月 ISBN: 4772414363

    ASIN

  • ストレス科学事典

    日本ストレス学会, 財団法人パブリックヘルスリサーチセンター, 日本ストレス学会, 財団法人パブリックヘルスリサーチセンター( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 「ストレス耐性」(野村和孝・嶋田洋徳))

    実務教育出版  2011年05月 ISBN: 4788960842

    ASIN

  • ストレス百科事典

    George Fink, ストレス百科事典翻訳刊行委員会( 担当: 共訳,  担当範囲: 「認知行動療法」(嶋田洋徳・野村和孝))

    丸善  2010年01月 ISBN: 462108111X

    ASIN

▼全件表示

Misc

  • インターネットゲーム障害におけるキュー・エクスポージャーに影響を及ぼす要因の検討

    大山一樹, 三住倫生, 山口昂亮, 野村和孝, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第34回大会    2021年11月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 小児わいせつ型性犯罪者の再犯防止を目的とした認知行動療法の動向と課題

    三住 倫生, 野村 和孝, 山口 昂亮, 浅見 祐香, 姜 来娜, 嶋田 洋徳

    日本健康心理学会第34回大会    2021年11月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 再犯リスク尺度 Inventory of Offender Risk, Needs, and Strengths(IORNS)日本語版作成の試み

    浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第59回大会    2021年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 窃盗IRAP(Implicit Relational Assessment Procedure)開発に向けた予備的検討:窃盗に対する接近的態度の測定

    浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会    2021年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • スマートフォンに対する回避機能を有する過剰使用が適応指標に与える影響の検討

    大山一樹, 山口昂亮, 浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会    2021年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 薬物依存者の回復過程におけるソーシャルサポート知覚阻害・促進要因の検討:ダルク入寮者による手記の質的分析を通して

    山口昂亮, 浅見祐香, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会    2021年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 窃盗症における窃盗行動喚起に関連する認知的要因の検討

    浅見祐香, 石川満里聖, 野村和孝, 嶋田洋徳, 大石裕代, 大石雅之

    日本心理学会第85回大会    2021年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 薬物への依存における報酬・罰感受性の心理臨床への応用:システマティック・レビュー

    山口昂亮, 石川満里聖, 浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第32回大会    2020年11月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 万引き行動に対する機能分析的再理解の試み

    浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本心理学会第84回大会発表論文集     359  2020年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • リスク状況下におけるセルフ・コントロールがギャンブル障害患者の適応状態に及ぼす影響

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳, 荻島大凱, 大石裕代, 大石雅之

    日本心理学会第84回大会発表論文集     338  2020年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 行動嗜癖における潜在指標に関する研究動向

    石川 満里聖, 浅見 祐香, 野村 和孝, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会 第 46 回大会プログラム・発表論文集     357 - 358  2020年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • リスク状況における反応の変容を意図した集団認知行動療法の適用がギャンブル障害患者の適応状態の改善に及ぼす効果

    田中 佑樹, 野村 和孝, 嶋田 洋徳, 秋葉 杏樹, 伊藤 里菜, 大石 裕代, 大石 雅之

    日本認知・行動療法学会 第 46 回大会プログラム・発表論文集     317 - 318  2020年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • セルフ・コンパッション訓練が外的な恥とやせ願望の低減に及ぼす効果の検討

    相澤 未奈子, 石川 満里聖, 野村 和孝, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会 第 46 回大会プログラム・発表論文集     277 - 278  2020年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • セルフコンパッションと敵意帰属バイアスが親密なパートナーに対する衝動的な攻撃行動に及ぼす影響

    山口 昂亮, 石川 満里聖, 浅見 祐香, 野村 和孝, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会 第 46 回大会プログラム・発表論文集     263 - 264  2020年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 窃盗症の発症過程における認知と行動の変化

    浅見 祐香, 野村 和孝, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳, 中川 桂子, 大石 裕代, 大石 雅之

    日本認知・行動療法学会 第 46 回大会プログラム・発表論文集     148 - 149  2020年09月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 食物関連刺激に対する態度の変容が摂食行動の改善に及ぼす影響〜代替行動のレパートリーの程度に焦点を当てて〜

    石川満里聖, 竹澤緑, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    第26回日本行動医学会学術総会 プログラム・抄録集   - 49  2019年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • アルコール刺激への特異的な注意に焦点を当てた介入効果の予備的検討

    竹澤緑, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 玉榮伸康, 大石裕代, 大石雅之

    第26回日本行動医学会学術総会 プログラム・抄録集     57  2019年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Effects of Cognitive-Behavioral Therapy with mindfulness on kleptomania

    Yuka Asami, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada, Hiroyo Ohishi, Masayuki Ohishi

    6th International Conference on Behavioral Addictions     P54  2019年06月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • ダルクを利用する薬物依存経験者の心理的回復に影響を及ぼす個人要因の検討

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会 第56回大会プログラム     42  2018年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • ロリング形式の集団認知行動療法プログラム実施の試み:性嗜好障害患者を対象としたパイロットスタディ

    野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会 第56回大会プログラム     39  2018年12月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • アルコール使用障害における注意バイアス修正訓練に関する研究動向

    竹澤緑, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会 第44回大会 プログラム・発表論文集     386 - 387  2018年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Kleptomania Symptom Assessment Scale(K-SAS)日本語版の信頼性と妥当性検討

    浅見祐香, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 大石裕代, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会 第44回大会 プログラム・発表論文集   44回   422 - 423  2018年10月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • アルコール関連刺激への注意バイアスが 衝動的行動に及ぼす影響

    竹澤緑, 浅見祐香, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本心理学会 第82回大会     263  2018年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 入眠困難における認知的フュージョンが入眠時認知プロセスに及ぼす影響

    岡田奈那美, 澤畑和幸, 石井美穂, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第17回大会抄録集     38  2018年07月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 嗜癖行動に対する「心理的アセスメント」に基づく介入とは?―認知行動療法の最前線―

    田中 佑樹, 嶋田 洋徳, 野中 俊介, 横光 健吾, 近藤 あゆみ, 村瀬 華子, 朝倉 崇文, 野村 和孝, 神村 栄一

    日本認知・行動療法学会第44回大会    2018年

  • 健康心理学テクニカルワークショップ:―論文ではわからない研究・実践の「コツ」を知る―

    日本健康心理学会研究推進委員会, 嶋田 洋徳, 金井 嘉宏, 原田 和弘, 島崎 崇史, 井澤 修平, 野村 和孝

    日本健康心理学会大会発表論文集   31 ( 0 ) K18 - K19  2018年

    CiNii

  • 認知行動理論に基づく窃盗症の理解ー研究動向および今後の展望ー(ポスター発表)

    浅見祐香, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    第2回犯罪学合同大会大会プログラム(日本犯罪心理学会第55回大会プログラム)     73  2017年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 集団認知行動療法におけるロリング形式の適用の試み:窃盗症患者を対象としたパイロットスタディ

    浅見祐香, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 大石裕代, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集     203 - 204  2017年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 言語使用に対する完全主義的認知と言語能力が異文化適応に及ぼす影響の検討

    黒田夏帆, 浅見祐香, 猪俣菜津美, 嶋田洋徳, 野村和孝

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集     523 - 524  2017年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • ギャンブル障害における問題行動の機能的側面の差異がキューへの反応として生じる渇望の程度に及ぼす影響

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳, 石井美穂, 大石裕代, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集     217 - 218  2017年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • ダルクを利用する薬物依存経験者の心理的回復過程:「仲間」とのかかわりの機能に着目した記述的検討

    田中佑樹, 和田紗耶香, 野中俊介, 野村和孝, 輕部雄輝, 石井美穂, 浅見祐香, 荻島大凱, 嶋田洋徳

    第52回日本アルコール・アディクション医学会学術総会(日本アルコール・アディクション医学会雑誌)   52   218  2017年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • コーピングの柔軟性の獲得を促進するアプリケーションの開発――勤労者に対するストレスマネジメントの個別化を目指した検討――

    田中佑樹, 石井美穂, 嶋田洋徳, 野村和孝

    日本ストレスマネジメント学会第16回学術大会・研修会プログラム・発表論文集     34  2017年07月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 健康維持における行動レパートリーと衝動性が心身の健康状態に及ぼす影響ー健康を阻害するリスク行動の機能的側面に着目した検討ー

    石井美穂, 平川祐子, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本・認知行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集     452 - 453  2016年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Gambling Urge Scale 日本語版の作成

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳, 前田駿太, 寺門志保, 大石裕代, 大石雅之

    日本・認知行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集     426 - 427  2016年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 職場環境に対する文脈の評価がストレスマネジメント介入の効果に及ぼす影響

    猪俣奈津美, 森本浩志, 石井美穂, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本・認知行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集     348 - 349  2016年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • The influence of cognitive features on the adaptation of individuals with Kleptomania

    Kazutaka Nomura, Yuki Tanaka, Yasuko Tanabe, Hironori Shimada, Azusa Koshiba, Keiko Yamamura, Mami Hamaguchi, Shiho Terakado, Masayuki Oishi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51   606 - 606  2016年07月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Differences in the cognitive behavioral characteristics of gambling disorder patients with maintained problem behaviors by different contingencies

    Yuki Tanaka, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada, Shiho Terakado, Nozomi Yao, Hiroyo Ohishi, Masayuki Ohishi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51   152 - 152  2016年07月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 性犯罪者に対する社会内治療プログラムの効果の検討

    原田 隆之, 野村 和孝

    犯罪心理学研究   53 ( 特別号 ) 28 - 29  2016年03月

  • 精神科デイケアにおける依存症の回復を目的としたWellness Recovery and Action Plan(WRAP)実施の試み

    山本幸子, 矢尾 望, 大石裕代, 大石雅之, 長縄瑛子, 野村和孝

    平成27年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会プログラム・講演抄録集     254  2015年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 依存症外来クリニックにおけるインターネットゲーム障害に対する通院治療の試み

    寺門志保, 野村和孝, 大石裕代, 大石雅之, 長縄瑛子

    平成27年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会プログラム・講演抄録集     288  2015年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 依存症外来クリニックにおけるCRAFTに基づく家族教室プログラムが当事者の来院に及ぼす影響の検討

    山村桂子, 野村和孝, 吉田恵里子, 矢尾 望, 濱口真実, 寺門志保, 小野竹美, 長縄瑛子, 大石裕代, 大石雅之

    平成27年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会プログラム・講演抄録集     272  2015年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 情動に関する信念が情動と食行動に及ぼす影響

    田邉泰子, 田代恭子, 野村和孝, 鈴木みのり, 丸本裕子, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第41会大会     一般演題P2-46  2015年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 集団社会的スキル訓練における対人的相互作用の変容が小中学校のストレス反応低減効果に及ぼす影響:行動観察を用いた実践報告

    渡辺詩織, 野村和孝, 嶋田洋徳

    ストレスマネジメント研究(日本ストレスマネジメント学会)   12 ( 1 ) in press  2015年

  • Static-99日本語版を用いた性犯罪者・性依存症者のリスクアセスメント

    北條 正順, 原田 隆之, 野村 和孝, 嶋田 洋徳, 斉藤 章佳, 林 開, 榎本 稔, 深間内 文彦

    性とこころ   6 ( 2 ) 124 - 131  2014年12月

     概要を見る

    性犯罪または性的問題行動により、都内Aクリニックにて治療を求めた399名を対象に、性犯罪の静的リスク要因を測定するツールであるStatic-99によるリスクアセスメントを行い、その予測的妥当性を確認した。カルテ及びインテークからの情報を元に、Static-99日本語版の評価用紙を用いて、対象者のリスクを得点化した。コーディングの結果から対象者を低リスク(49名)、低-中リスク(77名)、中-高リスク(193名)、高リスク(80名)の4群に分類した。分析の結果、高リスク群の平均年齢が、低リスク及び低-中リスク群に比較して有意に低かった。高リスク群では他の群に比較してリラプスが有意に多く、リスクレベルと再犯の有無に関して、妥当性を確認した。低リスク群では、社会人、既婚者が有意に多く、高リスク群では無職・学生、未婚者が有意に多かった。対象行動に関して、高リスク群では露出症が有意に多く、中-高リスク群では窃視症が有意に多かった。

  • セミオープン形式の集団認知行動療法プログラム(OAN)が物質乱用患者の対処傾向と社会的機能に及ぼす影響の検討

    野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 寺門志保, 吉田恵里子, 長縄瑛子, 大石裕代, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集     425 - 426  2014年11月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • うつ病当事者に対する家族のケア行動と主観的な困難感の関連

    長野恭子, 野村和孝, 橋本塁, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集     342 - 343  2014年11月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 小中学校教員に対する機能分析研究の形式と教員の許容度が生徒指導における自己効力感および見立てと対応に及ぼす影響

    寺門志保, 野村和孝, 嶋田洋徳, 美根早由里, 前田駿太, 長縄瑛子, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第40会大会プログラム・抄録集     134 - 135  2014年11月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 依存症の家族教室プログラムの開発と実施の試み(2)-情動調整型と機能分析型の比較―

    野村和孝, 濱口真実, 矢尾 望, 田口紀美子, 大石裕代, 嶋田洋徳, 大石雅之

    日本アルコール・薬物医学会雑誌   49 ( 4 ) 138  2014年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 依存症の家族教室プログラムの開発と実施の試み(1)-CRAFTに基づく行動療法的アプローチの検討―

    濱口真実, 矢尾 望, 田口紀美子, 野村和孝, 大石裕代, 大石雅之

    日本アルコール・薬物医学会雑誌   49 ( 4 ) 138  2014年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 行動嗜癖の現状と治療 性的嗜癖行動の現状と治療

    原田 隆之, 野村 和孝, 榎本 稔, 大石 雅之

    精神神経学雑誌   ( 2014特別 ) S513 - S513  2014年06月

  • 認知行動療法に基づく被害者共感性プログラムが性犯罪者の視点取得と共感的反応に及ぼす影響の検討

    野村 和孝, 嶋田 洋徳, 原田 隆之, 大石 雅之

    犯罪心理学研究   51 ( 特別号 ) 6 - 7  2014年03月

  • 性犯罪者リスク・スケールStatic-99日本語版の開発

    原田 隆之, 野村 和孝, 嶋田 洋徳, 大石 雅之

    犯罪心理学研究   51 ( 特別号 ) 16 - 17  2014年03月

  • 持続的な不眠症状と入眠時の認知活動がネガティブな自動思考および抑うつ気分に及ぼす影響

    千先純, 山本哲也, 久保純子, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本心理学会 第77回大会発表論文集     291  2013年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 性犯罪被害に対する視点取得と感情反応の関連

    野村和孝, 松本拡, 佐藤友哉, 嶋田洋徳

    日本心理学会 第77回大会発表論文集     452  2013年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • セミオープン形式の集団認知行動療法プログラム(OGA)が病的賭博患者の認知的バイアスと対処傾向に及ぼす影響

    野村和孝, 寺門志保, 田代恭子, 嶋田洋徳, 高堂優里, 田口紀美子, 大石裕代, 大石雅之

    日本行動療法学会第39回大会    2013年08月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 依存症外来クリニックにおける依存症家族の対応と家族教室の現状と課題

    矢尾望, 井田百合子, 田口紀美子, 沖政代, 山村桂子, 小柴梓, 野村和孝, 大石裕代, 大石雅之

    第35回日本アルコール関連問題学会抄録集     157  2013年07月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 精神科外来における性嗜好障害治療プログラムの開発と評価(第3報)

    原田 隆之, 細谷 陽, 野村 和孝, 大石 雅之

    犯罪心理学研究   50 ( 特別号 ) 22 - 23  2013年03月

  • さまざまな依存症・アディクションへの認知行動療法 : その現状と課題(自主企画シンポジウム5,テーマ:認知行動療法の「今」)

    原田 隆之, 佐藤 寛, 原田 隆之, 神村 栄一, 野村 和孝

    日本行動療法学会大会発表論文集   38回 ( 38 ) 82 - 83  2012年09月

    CiNii

  • アクセプタンス技法およびディストラクション技法が社会的場面における注意容量に及ぼす影響

    椿明日香, 野村和孝, 佐藤友哉, 山口あい子, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集     256 - 257  2012年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 物質乱用におけるアルコール依存患者とアンフェタミン依存患者のコーピングスキルの差異と社会的機能の関連

    田代恭子, 野村和孝, 綾部直子, 中西桃子, 大石裕代, 大石雅之, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集     136 - 137  2012年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 電車内痴漢行為における他者感情認知と感情反応の検討

    野村和孝, 東本愛香, 小畠秀吾, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集     210 - 211  2012年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 性犯罪再犯防止を目的とした認知行動療法の実施における施設内処遇と社会内処遇の差異の検討

    嶋田洋徳, 野村和孝, 松本拡, 生川良

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集     208 - 209  2012年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 電車内痴漢行為場面における共感的反応と共感性の関連

    野村和孝, 東本愛香, 小畠秀吾, 嶋田洋徳

    日本心理学会第76回大会発表論文集     467  2012年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 物質乱用に対する強化随伴性を軸とした集団認知行動療法が物質乱用患者の心理社会的要因とQOLに及ぼす影響

    野村和孝, 田代恭子, 嶋田洋徳, 綾部直子, 中西桃子, 大石裕代, 大石雅之

    第34回日本アルコール関連問題学会抄録集     107  2012年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 病的賭博に対する集団認知行動療法プログラムが病的賭博患者の心理社会的要因およびQOLに及ぼす影響

    中西桃子, 田口紀美子, 野村和孝, 田代恭子, 嶋田洋徳, 綾部直子, 大石裕代, 大石雅之

    第34回日本アルコール関連問題学会抄録集     128  2012年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 就労支援施設における随伴性マネジメントの実施が依存症を呈する者の就労活動と断酒に及ぼす影響ーアルコール呼気検査を用いた試みー

    町田好美, 野村和孝, 田代恭子, 雨森清香, 秋山真貴子, 川端充, 大石裕代, 大石雅之

    第34回日本アルコール関連問題学会抄録集     112  2012年09月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 性犯罪再犯防止を目的とした共感性アプローチの認知行動論的検討

    野村和孝, 東本愛香, 小畠秀吾, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集     318 - 319  2011年11月  [査読有り]

  • 性犯罪再犯防止を目的とした認知行動療法におけるアセスメントと効果測定の課題

    嶋田洋徳, 野村和孝

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集     316 - 317  2011年11月  [査読有り]

  • 歯科治療恐怖症を呈する歯科受診患者の認知的特徴と認知行動論的対応の検討

    鈴木みのり, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本歯科衛生士学会第6回学術大会,日本歯科衛生学会雑誌   6 ( 1 ) 221  2011年09月

  • 性加害行為場面における共感的反応と攻撃性の関連

    野村和孝, 東本愛香, 小畠秀吾, 嶋田洋徳

    日本心理学会第75回大会発表論文集     463  2011年09月

  • ギャンブル依存症に対する集団認知行動療法の開発と実施

    野村和孝, 綾部直子, 嶋田洋徳, 大石雅之

    第33回日本アルコール関連問題学会     87  2011年07月

  • ギャンブル依存症患者を対象としたオープン形式の集団認知行動療法試み

    田口紀美子, 町田好美, 野村和孝, 藤丸悦子, 大石裕代, 大石雅之

    第33回日本アルコール関連問題学会     88  2011年07月

  • 児童における表情のモニタリングおよび視点取得が場面の解釈と怒り感情喚起に及ぼす影響

    栗本真衣, 野村和孝, 嶋田洋徳, 佐藤容子

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集     186 - 187  2010年12月  [査読有り]

  • 性犯罪に関する態度や経験が性加害行為に対する随伴性認知に及ぼす影響

    野村和孝, 東本愛香, 小畠秀吾, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集     282 - 283  2010年12月  [査読有り]

  • 性加害行為経験者の再犯防止を目的とした認知行動療法の最近の動向:メタ分析を用いた検討

    嶋田洋徳, 野村和孝, 山本哲也, 津村秀樹, 林響子

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集     336 - 337  2010年12月  [査読有り]

  • 他者評価懸念と認知的モニタリング能力が児童における社交不安とスピーチ場面のパフォーマンス能力に及ぼす影響

    秋葉勇鳳, 久保絢子, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集     382 - 383  2010年12月  [査読有り]

  • 注意バイアス変容訓練がコルチゾールおよび抑うつ気分に及ぼす影響

    津村秀樹, 野村和孝, 菅谷渚, 嶋田洋徳

    第117回日本心身医学会関東地方会プログラム・抄録集     17  2010年10月

  • 注意バイアスが心理的ストレッサーに対するコルチゾール反応に及ぼす影響

    津村秀樹, 野村和孝, 菅谷渚, 嶋田洋徳

    日本心理学会第74回大会発表論文集     403  2010年09月

  • 性加害行為経験者の共感的反応と随伴性認知の関連

    野村和孝, 東本愛香, 小畠秀吾, 嶋田洋徳

    日本心理学会第74回大会発表論文集     434  2010年09月

  • K401 電車内痴漢行為経験者の視点取得と共感的反応の関連(口頭セッション67 非行)

    野村 和孝, 東本 愛香, 小畠 秀吾, 嶋田 洋徳

    日本教育心理学会総会発表論文集   ( 52 )  2010年07月

    CiNii

  • 性犯罪者の社会復帰における諸機関の連携について

    東本愛香, 野村和孝, 小畠秀吾

    日本社会精神医学会雑誌   18   130  2009年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 日常のストレス対処スタイルと失恋体験のストレス対処の一致度が回復に及ぼす影響

    堀籠めぐみ, 野村和孝, 高橋亜依, 嶋田洋徳

    第35回大会日本行動療法学会大会発表論文集     536 - 537  2009年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 抑うつ関連刺激に対する注意バイアスと抑うつ症状の関連

    津村秀樹, 野村和孝, 野添健太, 嶋田洋徳

    第35回日本行動療法学会大会発表論文集     524 - 525  2009年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 更生保護施設被保護者の社会的スキルが社会復帰過程の適応に及ぼす影響

    野村和孝, 嶋田洋徳

    第35回日本行動療法学会大会発表論文集     240 - 241  2009年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • ネガティブな刺激に対する選択的注意が抑うつ気分に及ぼす影響

    津村秀樹, 野村和孝, 野添健太, 嶋田洋徳

    日本心理学会第73回大会発表論文集     356  2009年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 性犯罪者の再犯防止維持要因の記述的検討

    野村和孝, 東本愛香, 小畠秀吾, 嶋田洋徳

    日本心理学会第73回大会発表論文集     484  2009年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 窃触症(frotteurism)事例に対する社会内トリートメント

    東本愛香, 野村和孝, 小畠秀吾

    第45回日本犯罪学会総会抄録集     32  2008年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • ポジティブな認知が抑うつ的認知処理に及ぼす影響-ポジティブな代替思考を用いた思考抑制が認知的再体制化に及ぼす効果-

    大澤ちひろ, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集     404 - 405  2008年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 大学生の肯定的・否定的随伴性の認知が行動の生起に及ぼす影響

    角沙織, 野添健太, 丹野恵, 石垣久美子, 野村和孝, 津村秀樹, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集   34回   210 - 211  2008年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 更生保護施設被保護者の認知的特徴に対する社会的スキル訓練の効果

    野村和孝, 山本哲也, 角沙織, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集     176 - 177  2008年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 更生保護施設被保護者の社会復帰過程における認知的特徴の検討

    野村和孝, 嶋田洋徳

    日本心理学会第72回大会発表論文集     421  2008年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 性犯罪者処遇処遇のあり方に関する意識調査-仮想市場評価法を用いた研究(1)-

    東本愛香, 和田一郎, 野村和孝, 小畠秀吾, 山上皓

    第27回日本社会精神医学会     44  2007年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 性犯罪者再犯罪防止プログラムの有効性-社会内トリートメントの視点から-

    野村和孝, 東本愛香, 嶋田洋徳, 小畠秀吾, 山上皓

    第27回日本社会精神医学会     44  2007年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 性犯罪者治療におけるアセスメント―K-SCTテストの結果から―

    東本愛香, 野村和孝, 小畠秀吾, 山上晧

    第44回日本犯罪学会総会     13  2007年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 出来事の生起頻度が抑うつ者の予測の正確さに及ぼす影響

    津村秀樹, 五十川ちよみ, 大澤ちひろ, 丹羽奈緒, 野村和孝, 姫野弥栄奈, 水島秀聡, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集     280 - 281  2007年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 外傷体験からの回復過程としての適応に至るプロセスモデルの検討

    八木澤麻子, 丹羽奈緒, 野村和孝, 嶋田洋徳, 神村栄一

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集     292 - 293  2007年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • スピーチ場面における社会不安傾向者の安全確保行動に関する検討

    野村和孝, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集     224 - 225  2007年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 社会不安傾向とソーシャルサポートがストレス反応に及ぼす影響―大学新入生を対象とした短期的縦断研究―

    野村和孝, 五十川ちよみ, 嶋田洋徳

    日本心理学会第71回大会発表論文集     1156  2007年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 大学新入生のソーシャルスキルとソーシャルサポートが心理的ストレス反応に及ぼす影響

    五十川ちよみ, 野村和孝, 丹波秀夫, 嶋田洋徳

    日本心理学会第71回大会発表論文集     1157  2007年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 抑うつ症状が予測の正確さに及ぼす影響

    津村秀樹, 五十川ちよみ, 大澤ちひろ, 丹羽奈緒, 野村和孝, 姫野弥栄奈, 水島秀聡, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集     360 - 361  2006年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 社会不安傾向者における安全確保行動と自己注目との関係

    野村和孝, 三輪温子, 五十嵐友里, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集     362 - 363  2006年

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

▼全件表示

その他

  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(役割分担) 講師

    2022年01月
    -
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(スーパーバイズ) 講師

    2022年01月
    -
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(感情と呼吸法) 講師

    2022年01月
    -
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(認知的アプローチ) 講師

    2021年12月
    -
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(認知行動療法の基本となる考え方) 講師

    2021年12月
    -
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(シェイピング) 講師

    2021年11月
    -
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(認知的スキーマと性的役割) 講師

    2021年11月
    -
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(小児わいせつと刺激機能) 講師

    2021年10月
    -
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(価値と目標設定) 講師

    2021年10月
    -
     
  • 千葉刑務所 「性犯罪再犯防止指導」に係るスーパーバイズ(認知的再体制化と役割分担) 講師

    2021年07月
    -
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(衝動性と機能分析) 講師

    2021年07月
    -
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 東京第45期コース「カウンセリングの歴史・諸理論」講師

    2021年05月
    -
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(パーソナリティと認知行動療法) 講師

    2021年04月
    -
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「ケースフォーミュレーションと知的能力障害」講師

    2021年03月
    -
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(ケースフォーミュレーション) 講師

    2021年02月
    -
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「指導者と社会資源」講師

    2020年12月
    -
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(社会資源とメンテナンス) 講師

    2020年12月
    -
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(行動ステップ) 講師

    2020年12月
    -
     
  • 法務省保護局更生保護振興課 令和2年度新任更生保護施設補導職員研修 「面接の基本と対象者との接し方ー相手を動かすアプローチー」講師

    2020年12月
    -
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(リーダーとコリーダー) 講師

    2020年12月
    -
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(成功体験と代替行動) 講師

    2020年11月
    -
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(今ここの活用) 講師

    2020年11月
    -
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(ディスクレパンシーに応じた配慮) 講師

    2020年11月
    -
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(欠席後の対応) 講師

    2020年11月
    -
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(小児性愛と協同的経験主義) 講師

    2020年11月
    -
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(パーソナリティレベルの問題への対応) 講師

    2020年10月
    -
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(愛着と嗜癖へのアプローチ) 講師

    2020年10月
    -
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(認知と理性) 講師

    2020年10月
    -
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(構造化) 講師

    2020年10月
    -
     
  • 千葉刑務所 「性犯罪再犯防止指導」に係るスーパーバイズ(認知の歪み) 講師

    2020年10月
    -
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(認知行動療法とパーソナリティ) 講師

    2020年10月
    -
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(認知の歪み) 講師

    2020年09月
    -
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(認知理論と動機づけ) 講師

    2020年09月
    -
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(認知行動療法に基づく理解) 講師

    2020年09月
    -
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(リスクアセスメント) 講師

    2020年09月
    -
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(ニーズアセスメント) 講師

    2020年08月
    -
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「支持的かかわりと直面化」講師

    2020年03月
     
     
  • 所沢市立教育センター 令和元年度 所沢市立教育センター研究員及び 学び創造アクティブプラン研究委託校研究発表会 《教育相談研究》教育相談「児童生徒の適応力を高める手立てと体制づくりの研究によせて」指導

    2020年02月
     
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(施設内処遇の効用と限界) 講師

    2020年02月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(サポート希求行動) 講師

    2020年01月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「パーソナリティと認知行動療法」講師

    2020年01月
     
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(個別対応の留意点) 講師

    2020年01月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(パーソナリティ障害への対応) 講師

    2020年01月
     
     
  • 法務省保護局更生保護振興課 令和元年度新任更生保護施設補導職員研修 「面接の基本と対象者との接し方ー相手を動かすアプローチー」講師

    2019年12月
     
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(言語行動の分析と見立ての再検討) 講師

    2019年12月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(ニーズアセスメント) 講師

    2019年12月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「感情の位置づけと指導者スキル」講師

    2019年11月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(認知機能に応じた介入) 講師

    2019年11月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(タイムコントロールといまここの活用) 講師

    2019年11月
     
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(抵抗の見立てと望ましい発話の検証) 講師

    2019年11月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(グループ内相互作用の活用) 講師

    2019年11月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(客観的理解と共感的理解) 講師

    2019年10月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(マインドフルネスとリラクセーション) 講師

    2019年10月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(感情の位置づけ) 講師

    2019年10月
     
     
  • 法務省矯正研修所 令和元年度専門研修課程矯正教育科 第4回特定生活指導担当者Ⅰ研修「認知行動療法の基本について」講師

    2019年10月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(抵抗行動の機能分析) 講師

    2019年09月
     
     
  • 法務省矯正研修所 令和元年度専門研修課程改善指導科第3回改善指導プログラム指導職員(初任者編)研修「特別改善指導(薬物依存離脱指導の実践)」講師

    2019年09月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(ディスクレパンシーに応じた働きかけ) 講師

    2019年09月
     
     
  • 日本認知・行動療法学会第45回大会 ワークショップ 「WS28司法・犯罪分野における触法者に対する認知行動療法」講師(嶋田洋徳・野村和孝)

    2019年09月
     
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(見立ての検証と認知の歪み) 講師

    2019年09月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(外在化のテクニック) 講師

    2019年08月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(行動ステップと機能的役割分担) 講師

    2019年07月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「認知行動療法の技法の位置づけ」講師

    2019年07月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(巡回指導と協同的経験主義) 講師

    2019年07月
     
     
  • 仙台矯正管区成人矯正第二課 令和元年度改善指導科改善指導プログラム指導職員研究(初任者編) アドバイザー 講師

    2019年07月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(維持と般化) 講師

    2019年06月
     
     
  • 加古川刑務所 専門研修課程改善指導科 改善指導科第1回性犯罪再犯防止指導 指導・調査担当者研修(実務修習)「認知行動療法入門-見立てに基づく介入とは-」講師

    2019年06月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「ケースフォーミュレーションと小児わいせつ」講師

    2019年06月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(正のフィードバックと修正のフィードバック) 講師

    2019年06月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(認知的再体制化と問題解決訓練) 講師

    2019年05月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(機能的役割分担と認知的再体制化) 講師

    2019年05月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(機能的役割分担と発話行動の分析) 講師

    2019年05月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(機能的役割分担と心理教育) 講師

    2019年04月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(機能的役割分担と外在化) 講師

    2019年04月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「理論とモデルの対応関係」講師

    2019年03月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(狙いの明確化と共有) 講師

    2019年03月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(所内の体験を活用する工夫) 講師

    2019年03月
     
     
  • 仙台矯正管区成人矯正第二課 平成30年度再犯防止指導メンテナンスプログラム検討会 アドバイザー

    2019年02月
     
     
  • 法務省保護局更生保護振興課 平成30年度新任更生保護施設補導職員研修 「面接の基本と対象者との接し方ー相手を動かすアプローチー」講師

    2019年02月
     
     
  • 一般社団法人埼玉県精神科病院協会 平成30年度PSW部会研修会 「面接技法の初級編-相手を動かすアプローチ-」講師

    2019年02月
     
     
  • 公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 2018メンタルヘルス ラインケアセミナー 「管理職として押さえたいメンタルヘルス最新事情」「職場におけるコミュニケーションスキルの練習」講師(2019年2月〜3月の全3回)

    2019年02月
     
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導に係るアドバイザー業務 「グループの体験を活用する方法」講師

    2019年02月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(研究授業) 講師

    2019年01月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「研究授業」講師

    2019年01月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(リラクセーションとマインドフルネス) 講師

    2019年01月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(グループマネジメント) 講師

    2019年01月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「機能分析と代替行動の検討」講師

    2018年12月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(適応行動の維持要因と機能する働きかけ) 講師

    2018年12月
     
     
  • 仙台矯正管区 平成30年度矯正・保護性犯罪者及び薬物事犯者処遇プログラム実施者協議会 アドバイザー

    2018年12月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(働きかけの型と機能) 講師

    2018年12月
     
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導に係るアドバイザー業務 「抵抗への行動療法的アプローチ」講師

    2018年12月
     
     
  • 一般社団法人人権問題研究協議会 講演会 日本の性暴力・性犯罪者の再犯防止の取り組みと実態に迫る「性犯罪・性暴力根絶に向けて-認知行動療法の立場から-」講演会講師

    2018年12月
     
     
  • 一般財団法人日本国際協力センター(JICE) 中国司法部薬物更生・リハビリ訪日研修「再犯防止を目的とした認知行動療法の現状と課題」講師

    2018年11月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(構造化) 講師

    2018年11月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(集中プログラムと発話行動の分析) 講師

    2018年11月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(心理教育) 講師

    2018年11月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 職員の専門的能力の向上を目的とした研修会 「第2回の研修会-目標設定と否認の位置づけ-」講師

    2018年10月
     
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導に係るアドバイザー業務 「リスクとトリガー」講師

    2018年10月
     
     
  • 日本認知・行動療法学会第44回大会 ワークショップ 「WS17司法・犯罪分野における触法者に対する認知行動療法」講師(嶋田洋徳・野村和孝)

    2018年10月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「認知再構成法と問題解決訓練」講師

    2018年10月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(スーパーバイズの視点の共有) 講師

    2018年10月
     
     
  • 法務省矯正研修所 平成30年度専門研修課程矯正教育科 第2回(特定生活指導担当者)研修「認知行動療法の基本について」講師

    2018年10月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(各セッションの目標設定) 講師

    2018年10月
     
     
  • 独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター 平成30年度アルコール依存症研修(相談対応指導者養成研修/治療指導者養成研修)「心理療法(今後期待される新たな治療法も含む)」講師(村瀬華子・野村和孝:「認知行動療法」担当) 「グループセラピーの実践」講師(野村和孝)

    2018年10月
     
     
  • 横浜刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(アジェンダを軸としたグループワークの活用) 講師

    2018年09月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(ワーキングメモリの個人差を踏まえた働きかけ) 講師

    2018年09月
     
     
  • 法務省矯正研修所 平成30年度専門研修課程改善指導科第1回改善指導プログラム指導職員研修(初任者編) 「特別改善指導(薬物依存離脱指導の実践)」講師

    2018年09月
     
     
  • 平成30年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会 ワークショップ2 「アディクションへの認知行動療法の極め方:理論に基づく実践」講師(村瀬華子・野村和孝)

    2018年09月
     
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導に係るアドバイザー業務 「動機づけを高める働きかけ」講師

    2018年09月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「機能分析の実践演習」講師

    2018年08月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(調整グループにおける留意点) 講師

    2018年07月
     
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導に係るアドバイザー業務 「機能分析と機能的役割分担」講師

    2018年06月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 職員の専門的能力の向上を目的とした研修会 「第1回の研修会-相談の枠組みと情報の取り扱い-」講師

    2018年06月
     
     
  • 加古川刑務所 専門研修課程改善指導科 第48回(性犯罪防止指導 指導・調査担当者研修)実務修習 「認知行動療法入門 -見立てに基づく介入とは-」講師

    2018年06月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「認知行動療法に基づく心理的援助の流れ」講師

    2018年06月
     
     
  • 桜美林大学大学院科目「認知行動療法特論」 特別講義「司法・犯罪分野における心理学的援助及び犯罪被害への支援としての認知行動療法」 講師

    2018年05月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(行動療法に基づく見立て) 講師

    2018年05月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(指導者の機能的役割分担) 講師

    2018年04月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(環境調整の活用と働きかけの評価) 講師

    2018年03月
     
     
  • 法務省保護局更生保護振興課 平成29年度新任更生保護施設補導職員研修 「面接の基本と対象者との接し方 ー相手を動かすアプローチー」講師

    2018年02月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「「機能」に焦点化した認知療法的アプローチ」講師

    2018年02月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 職員の専門的能力の向上を目的とした研修会 「認知行動療法に基づく心理的援助-第5回-」講師

    2018年02月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(直線モデルの活用と否認の機能分析) 講師

    2018年02月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(指導の充実化と対人関係パターンの理解) 講師

    2018年01月
     
     
  • 横浜少年鑑別所 地域援助業務に係る研修会 「ゲーム依存・ギャンブル依存を中心とした,依存症の治療とその介入の仕方について -認知行動療法に基づくアプローチ-」 講師

    2018年01月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(指導の充実化とグループワークの活用) 講師

    2017年12月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「認知療法的アプローチ」講師

    2017年12月
     
     
  • 北海道医療大学「生涯学習講座」(心理科学部心理臨床・発達支援センター 共催)平成29年度 第2回認知行動療法セミナー 「司法・犯罪分野における認知行動療法の理解と実践」講師

    2017年12月
     
     
  • 法務省矯正研修所 平成29年度専門研修課程専攻科 第17回(少年院教官指導技術向上)研修 「認知行動療法の基本について」「グループワークの基本について」講師

    2017年12月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 職員の専門的能力の向上を目的とした研修会 「認知行動療法に基づく心理的援助-第4回-」講師

    2017年11月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(調整プログラムと巡回指導) 講師

    2017年11月
     
     
  • 法務省矯正研修所 平成29年度専門研修課程矯正教育科 第3回特定生活指導担当者Ⅱ(性非行防止指導)研修 「認知行動療法の基本とACTについて」講師

    2017年10月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(性犯罪再犯防止指導における 「被害者共感性」に関する 認知行動療法的アプローチ) 講師

    2017年10月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「認知行動療法の理論と実践(グループ・プロセスの 活用)」講師

    2017年10月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 職員の専門的能力の向上を目的とした研修会 「認知行動療法に基づく心理的援助-第3回-」講師

    2017年10月
     
     
  • 日本認知・行動療法学会第43回大会 ワークショップ 「WS07司法・犯罪分野における触法者に対する認知行動療法」講師(嶋田洋徳・野村和孝)

    2017年09月
     
     
  • 法務省矯正研修所 専門研修課程改善指導科第1回改善指導プログラム指導職員研修(初任者編) 「特別改善指導(薬物依存離脱指導の実践)」講師

    2017年09月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 職員の専門的能力の向上を目的とした研修会 「認知行動療法に基づく心理的援助-第2回-」講師

    2017年09月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「認知行動療法の理論と実践(認知行動療法における マクロ分析とミクロ分析)」講師

    2017年08月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 職員の専門的能力の向上を目的とした研修会 「認知行動療法に基づく心理的援助-第1回-」講師

    2017年08月
     
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ 講師

    2017年07月
     
     
  • 滋賀刑務所 性犯罪再犯防止指導スーパーバイズ 「認知行動療法の理論と実践(2つのABCに基づく問題行動の理解)」講師

    2017年06月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 地域援助業務に係る研修会 「地域援助業務における認知行動療法の活用ー第5回ー」講師

    2017年03月
     
     
  • 喜連川少年院 職員への研修(「マインドフルネス方略の活用ー認知行動療法に基づく理解と実践ー」)講師

    2017年02月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 地域援助業務に係る研修会 「地域援助業務における認知行動療法の活用ー第4回ー」講師

    2017年02月
     
     
  • 奈良少年刑務所 性犯罪再犯防止指導における施設間事例検討会に係るスーパーバイズ及び認知行動療法に係る講義(「再犯防止を目的とした認知行動療法の最近の動向~マインドフルネス方略の活用について~」)講師

    2017年02月
     
     
  • 喜連川少年院 少年へのアサーション指導(「アサーションとは?-言葉の持つ力ー」)及び職員への研修(「アサーショントレーニングの実践演習ー認知行動療法に基づく理解と実践ー」)講師

    2016年12月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 地域援助業務に係る研修会 「地域援助業務における認知行動療法の活用ー第3回ー」講師

    2016年12月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 地域援助業務に係る研修会 「地域援助業務における認知行動療法の活用ー第2回ー」講師

    2016年11月
     
     
  • 法務省東京矯正管区 平成28年度専門研修課程矯正教育科第3回特定生活指導担当者研修Ⅳ(暴力防止指導) 「グループワークの実施についてー集団認知行動療法の活用ー」講師

    2016年10月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 地域援助業務に係る研修会 「地域援助業務における認知行動療法の活用」講師

    2016年10月
     
     
  • 日本認知・行動療法学会第42回大会 ワークショップ 【WS23】 「犯罪者に対する再犯防止を目的とした認知行動療法」講師(嶋田洋徳・野村和孝)

    2016年10月
     
     
  • 法務省東京矯正管区 平成28年度専門研修課程矯正教育科第2回特定生活指導担当者研修Ⅲ(家族関係指導) 「グループワークの実施についてー集団認知行動療法の活用ー」講師

    2016年10月
     
     
  • 独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター 平成28年度 第一回ギャンブル依存症研修 「認知行動療法 ーギャンブル障害の支援に役立つ「2つのABC」ー」講師

    2016年09月
     
     
  • 法務省保護局更生保護振興課 平成28年度新任更生保護施設補導職員研修 「面接の基本と対象者との接し方ー相手を動かすアプローチー」講師

    2016年08月
     
     
  • 関東医療少年院 「認知行動療法についてー「2つのABC」と「機能」の理解ー」講師

    2016年07月
     
     
  • 喜連川少年院 少年指導に系る認知行動療法及びアサーション「アサーション・トレーニングの活用ー認知行動療法に基づく理解と実践ー」講師

    2016年05月
     
     
  • 神奈川県臨床心理士会 司法分野研修会~社会内における性加害者への支援~ 「社会内における性加害者への 心理学的アプローチ ~認知行動療法の立場から~」講師

    2016年02月
     
     
  • さいたま少年鑑別所 地域援助研究会 「認知行動療法の諸理論と 最近の動向 ー司法矯正領域への応用とグループワークの活用ー」講師

    2016年01月
     
     
  • 東京韓国学校 講演会 「小中学生の心理的ストレスと 学校不適応」講師

    2015年12月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 埼玉第1期コース「認知行動療法」講師

    2015年12月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 福岡第10期コース「認知行動療法」講師

    2015年11月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 東京地区第36期コース「認知行動療法」講師

    2015年11月
     
     
  • 奈良少年鑑別所 処遇技法研修会 「司法矯正領域における『マインドフルネス』技法の活用ー認知行動療法の立場からー」講師

    2015年11月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 熊本第1期コース「認知行動療法」講師

    2015年11月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 埼玉第1期コース「カウンセリングの歴史・諸理論」講師

    2015年10月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 東京第36期コース「カウンセリングの歴史・諸理論」講師

    2015年10月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 福岡地区第9期コース「認知行動療法」講師

    2015年06月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 東京第35期コース「認知行動療法」講師

    2015年06月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 福岡第9期コース「カウンセリングの歴史・諸理論」講師

    2015年05月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 東京第34期コース「認知行動療法」講師

    2014年11月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 福岡第8期コース「認知行動療法」講師

    2014年10月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 東京第33期コース「認知行動療法」講師

    2014年06月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 福岡第7期コース「認知行動療法」講師

    2013年09月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 東京第32期コース「認知行動療法」講師

    2013年08月
     
     
  • 横浜刑務所 心の健康づくりに関する研修(メンタルヘルス)講師

    2013年07月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 福岡第6期コース「認知行動療法」講師

    2013年06月
     
     
  • 東京家政大学大学院 人間生活学総合研究科 臨床心理学専攻 臨床心理学特論(後期) ゲストスピーカー「犯罪行動と認知行動療法」

    2013年01月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 福岡第5期コース「認知行動療法」講師

    2012年12月
     
     
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会 主催 CMCAキャリア・コンサルタント養成講座 東京第30期コース「認知行動療法」講師

    2012年06月
     
     

▼全件表示

受賞

  • 第1回奨励研究賞(冨永良喜賞)

    2017年07月   日本ストレスマネジメント学会   集団社会的スキル訓練における対人的相互作用の変容が小中学性のストレス反応低減効果に及ぼす影響ー行動観察を用いた実践研究ー  

    受賞者: 渡辺詩織, 野村和孝, 嶋田洋徳

  • 第37回日本アルコール関連問題学会 第4回小杉好弘記念賞

    2015年10月   日本アルコール関連問題学会   依存症外来クリニックにおけるCRAFTに基づく家族教室プログラムが当事者の来院に及ぼす影響の検討  

    受賞者: 山村桂子, 野村和孝, 吉田恵里子, 矢尾 望, 濱口真実, 寺門志保, 小野竹美, 長縄瑛子, 大石裕代, 大石雅之

  • 第37回日本アルコール関連問題学会神戸大会 第4回小杉好弘記念賞

    2015年10月   日本アルコール関連問題学会   依存症外来クリニックにおけるインターネットゲーム障害に対する通院治療の試み  

    受賞者: 寺門志保, 野村和孝, 大石裕代, 大石雅之, 長縄瑛子

  • 第2回小杉好弘記念賞

    2013年07月   日本アルコール関連問題学会 第35回日本アルコール関連問題学会岐阜大会   依存症外来クリニックにおける依存症家族の対応と家族教室の現状と課題  

    受賞者: 矢尾 望, 井田百合子, 田口紀美子, 沖 政代, 山村桂子, 小柴 梓, 野村和孝, 大石裕代, 大石雅之

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 再犯防止指導実施者の心理学的介入スキルを規定する要因の検討とトレーニング法の開発

    文部科学省  学術研究助成基金助成金(若手研究)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月
     

    野村和孝

  • 性犯罪加害をした者の認知的反応傾向と静的リスクの関連

    早稲田大学  2019年度特定課題研究助成費 研究基盤形成

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

    野村和孝

  • アルコール関連刺激への注意バイアス修正訓練を加えた認知行動療法が飲酒行動の再発防止に及ぼす効果

    公益財団法人たばこ総合研究センター  2019年度TASC研究助成

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

    竹澤緑

  • 窃盗症患者の報酬知覚と苦痛耐性の個人差が認知行動療法の効果性に及ぼす影響

    早稲田大学  2018年度特定課題研究助成費 特定課題(基礎助成)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

    野村和孝

  • 電車内痴漢を性加害とする者の認知的反応傾向の特徴の記述と分類の検討

    文部科学省  学術研究助成基金助成金(若手研究(B))

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

    野村和孝

  • 依存性回復過程における代替行動測定尺度の開発および信頼性と妥当性の検討

    早稲田大学  2017年度特定課題研究助成費(新任の教員等)

    研究期間:

    2017年06月
    -
    2018年03月
     

    野村和孝

  • 刑事施設における薬物事犯者の反社会性に応じた薬物依存離脱指導法の開発と検討

    文部科学省  科学研究費補助金(研究活動スタート支援)

    研究期間:

    2015年09月
    -
    2017年03月
     

    野村和孝

  • 職場環境に対する文脈の評価がストレスマネジメント介入の効果に及ぼす影響

    公益社団法人パブリックヘルスリサーチセンター  2015年度パブリックヘルス科学研究助成

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2016年03月
     

    森本浩志

  • 報酬接近型および回避型のギャンブル障害患者におけるリスクを伴うギャンブル行動の生起メカニズムの差異に関する実証的検討

    NPO法人依存学推進協議会  2014年度NPO法人依存学推進協議会研究助成プログラム

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2016年03月
     

    田中佑樹

  • 窃盗癖における窃盗行動の生起パターンの検討

    日本犯罪心理学会  平成26年度日本犯罪心理学会研究助成

    研究期間:

    2014年11月
    -
    2015年11月
     

    野村和孝

  • 認知行動療法に基づく性犯罪再犯防止指導における心理アセスメントの方法論の開発

    早稲田大学  2013年度特定課題研究助成費(一般助成)

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2014年03月
     

    嶋田洋徳

  • Influence of sex offender treatment program on sex offenders in Japan: an exploratory study

    公益社団法人日本心理学会  国際会議等参加旅費補助金

    研究期間:

    2011年05月
    -
     
     

    野村和孝

  • 性犯罪者の再犯防止を目的とした認知行動論的アプローチの検討

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金(特別研究員奨励費)

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2011年03月
     

    野村和孝

  • The Relationships between Safety Behaviors and Self-focused Attention with Social Anxiety

    日本行動療法学会  WCBCT2004若手研究奨励基金

    研究期間:

    2007年03月
    -
     
     

    野村和孝

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • アディクション領域でのエビデンス・ベイスト・プラクティス;公認心理師の役割と他職種との連携

    原田隆之, 野村和孝, 嶋田洋徳, 横光健吾, 村瀬華子, 蒲生裕司  [招待有り]

    2021年度 アルコール・薬物依存関連学会 合同学術総会  

    発表年月: 2021年12月

  • 司法・犯罪分野の認知行動療法の体系化

    嶋田洋徳, 野村和孝, 有野雄大, 谷真如, 寺田孝, 安部尚子, 中川桂子, 山田英治  [招待有り]

    日本認知・行動療法学会第47回大会  

    発表年月: 2021年10月

  • 新型コロナ下での処遇・支援

    谷 真如, 高橋 智晃, 鈴木 拓朗, 山本哲也, 野村 和孝

    日本犯罪心理学会第59回大会  

    発表年月: 2021年10月

  • 司法・犯罪分野における科学者−実践家モデルに基づく公認心理師の社会貢献

    原田隆之, 野村和孝, 嶋田洋徳, 伊藤大輔, 西中宏吏, 浦田洋  [招待有り]

    日本犯罪心理学会第59回大会  

    発表年月: 2021年10月

  • 教育現場における認知行動療法の実践的活用における最近の展開

    嶋田洋徳, 小関俊祐, 野村和孝, 三井梓実, 西原希里子, 田中茉優, 杉山智風, 新川広樹, 三村尚志, 菅野純

    日本教育心理学会第63回総会発表論文集  

    発表年月: 2021年08月

  • Development of the Coping Skills for Preventing Relapse of Addictive Behaviors Scale

    Kazutaka Nomura, Yuki Tanaka, Yuka Asami, Hironori Shimada

    7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference  

    発表年月: 2021年07月

  • Effects of reward perception and distress tolerance improvement on kleptomania symptoms, using Cognitive Behavioral Group Therapy

    Asami,Yuka, Nomura,Kazutaka, Shimada,Hironori, Ohishi,Hiroyo, Ohishi,Masayuki

    7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference  

    発表年月: 2021年07月

  • Effects of self-compassion on enviromental reward observation, depression and anxiety symptoms

    Aizawa,Minako, Kitagawa,Yumi, Asami,Yuka, Nomura,Kazutaka, Shimada,Hironori

    7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference  

    発表年月: 2021年07月

  • 再犯予防のためのCBT

    若井 貴史, 下津 咲絵, 塩谷 惣太郎, 野村 和孝, 山出 健博, 原田 隆之  [招待有り]

    第20回日本認知療法・認知行動療法学会 大会企画シンポジウム6  

    発表年月: 2020年11月

  • 再犯・再非行防止指導における指導者の動機づけに関する心理学的要因の記述的検討

    篠山義郎・星野芳之・安部尚子・西尾昌哉・須藤隆行・工藤弘人・野村和孝・嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第58回大会(日本犯罪心理学会  

    発表年月: 2020年11月

    開催年月:
    2020年11月
     
     
  • 再犯・再非行防止指導における指導者が抱く葛藤尺度の作成および信頼性と妥当性の検討

    浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳, 星野芳之, 安部尚子, 篠山義郎, 西尾昌哉, 須藤隆行, 工藤弘人

    日本犯罪心理学会第58回大会(日本犯罪心理学会  

    発表年月: 2020年11月

    開催年月:
    2020年11月
     
     
  • 再犯・再非行防止指導における指導者が抱く葛藤と職務環境の関連

    西尾昌哉, 安部尚子, 野村和孝, 星野芳之, 篠山義郎, 須藤隆行, 工藤弘人, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第58回大会  

    発表年月: 2020年11月

    開催年月:
    2020年11月
     
     
  • 再犯・再非行防止指導における指導者のスキル遂行に影響を及ぼす心理学的要因の検討

    星野芳之, 野村和孝, 安部尚子, 篠山義郎, 西尾昌哉, 須藤隆行, 工藤弘人, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第58回大会  

    発表年月: 2020年11月

    開催年月:
    2020年11月
     
     
  • 司法・犯罪分野・嗜癖問題における認知行動療法の実践で必要とされる コンピテンスの検討

    嶋田 洋徳, 野村 和孝, 安部 尚子, 谷 真如, 田部井 三貴, 伊藤 大輔, 村瀬 華子, 原田 隆之, 別司 ちさと

    日本認知・行動療法学会 第 46 回大会 自主企画シンポジウム9  

    発表年月: 2020年09月

  • 研究推進委員会企画シンポジウム 心理学的支援における多職種・地域連携の研究動向と課題

    日本健康心理学会研究推進委員会, 本田周二, 佐藤友哉, 池田美樹, 境 泉洋, 北見由奈, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会 第32回大会  

    発表年月: 2019年09月

  • 認知行動療法に基づく高等学校における心理的支援の有効性と課題

    嶋田洋徳, 小関俊祐, 野村和孝, 大谷哲弘, 吉田遥菜, 齋藤彩乃, 加藤海咲, 杉山智風, 菅野 純

    日本教育心理学会第61回総会発表論文集  

    発表年月: 2019年09月

  • 多職種連携と認知行動療法-公認心理師の職責-

    野村和孝, 佐藤友哉, 垣内文夫, 大澤ちひろ, 輕部雄輝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会 第45回大会 自主企画シンポジウム5  

    発表年月: 2019年08月

  • The Effect of Reducing Implicit Approach Toward Foods on Eating Behavior

    Marise Ishikawa, Midori Takasawa, Yuki Tanaka, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada

    9th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies  

    発表年月: 2019年07月

  • Is Problem Drinking Maintained by Positive Strengthening?

    Midori Takesawa, Yuki Tanaka, Yuka Asami, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada

    9th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies  

    発表年月: 2019年07月

  • Differences in Perceived Social Support and Psychological Recovery Through Participation in Self-Help Groups Among Drug Addicts

    Yumi Kitagawa, Yuki Tanaka, Midori Takesawa, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada

    9th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies  

    発表年月: 2019年07月

  • Affective Realism Hypothesis on Depression and Anxiety: An Analysis of the Perspective of Reinforcement Learning

    Hiroyoshi Ogishima, Shunta Maeda, Yuki Tanaka, Kazutaka Nomura, Kanami Takahashi, Hironori Shimada

    9th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies  

    発表年月: 2019年07月

  • Implementation of a cognitive behavioral group therapy program in rolling form for sexual addiction patients: A pilot study

    Kazutaka Nomura, Yuki Tanaka, Hironori Shimada

    9th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies  

    発表年月: 2019年07月

  • The influence of empathic victim intervention on the risk of reoffending by sex offenders

    Nomura Kazutaka

    6th International Conference on Behavioral Addictions Symposium 10 Sexual addiction and paraphilic disorders: different names of same condition?  

    発表年月: 2019年06月

  • 性犯罪者リスクアセスメントツールの開発

    原田隆之, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第56回大会プログラム  

    発表年月: 2018年12月

  • 性犯罪者の心理社会的要因が 被害者に対する感情反応に及ぼす影響(3) ―場面に対する反応性と静的リスクとの関連―

    篠山義郎, 野村和孝, 西尾昌哉, 星野芳之, 安部尚子, 飯野忠樹, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第56回大会プログラム  

    発表年月: 2018年12月

  • 性犯罪者の心理社会的要因が 被害者に対する感情反応に及ぼす影響(2) ―心理的要因が場面に対する反応性に及ぼす影響―

    安部尚子, 野村和孝, 西尾昌哉, 星野芳之, 飯野忠樹, 篠山義郎, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第56回大会プログラム  

    発表年月: 2018年12月

  • 性犯罪者の心理社会的要因が 被害者に対する感情反応に及ぼす影響(1) ―犯罪形態が場面に対する反応性に及ぼす影響―

    星野芳之, 野村和孝, 西尾昌哉, 安部尚子, 飯野忠樹, 篠山義郎, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第56回大会プログラム  

    発表年月: 2018年12月

  • 嗜癖行動に対する「心理的アセスメント」に基づく介入とは?―認知行動療法の最前線―

    田中佑樹, 嶋田洋徳, 横光健吾, 近藤あゆみ, 村瀬華子, 朝倉崇文, 野村和孝, 神村栄一

    日本認知・行動療法学会 第44回大会 自主企画シンポジウム10  

    発表年月: 2018年10月

  • 学校の文脈に認知行動療法を活用するー公認心理師に求められる教育心理学分野における役割ー

    嶋田洋徳, 小関俊祐, 野村和孝, 中川智晴, 高田久美子, 吉田遥菜, 野中俊介, 菅野純

    日本教育心理学会第60回総会自主シンポジウムJB02  

    発表年月: 2018年09月

  • 健康心理学テクニカルワークショップ 論文ではわからない研究・実践の「コツ」を知る

    日本健康心理学会研究推進委員会, 嶋田洋徳, 金井嘉宏, 原田和弘, 島崎崇史, 井澤修平, 野村和孝  [招待有り]

    一般社団法人 日本健康心理学会第31回大会 日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第20回大会 合同大会 日本健康心理学会研究推進委員会企画ワークショップ  

    発表年月: 2018年06月

  • ステレオタイプな 「望ましい健康像」の再検討 -エビデンスに基づく健康の保持増進の心理学的支援-

    野村和孝, 佐藤友哉, 野中俊介, 田中佑樹, 前田駿太, 嶋田洋徳, 大竹恵子

    一般社団法人 日本健康心理学会第31回大会 日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第20回大会 合同大会 日本健康心理学会会員企画シンポジウム(3)  

    発表年月: 2018年06月

  • 依存症回復過程において獲得される代替行動の分類の試み

    野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 大石裕代, 大石雅之

    第14回 日本司法精神医学会大会 プログラム・抄録集  

    発表年月: 2018年06月

  • 男性成人受刑者の罪種によるリスクと犯罪思考の特徴

    西中宏吏, 東本愛香, 野村和孝, 五十嵐禎人

    第14回 日本司法精神医学会大会 プログラム・抄録集  

    発表年月: 2018年06月

  • 累犯刑務所におけるメンタルヘルスの課題

    東本愛香, 西中宏吏, 野村和孝, 五十嵐禎人

    第14回 日本司法精神医学会大会 プログラム・抄録集  

    発表年月: 2018年06月

  • 共感性に関する認知行動療法的介入が性加害経験者の性犯罪行動リスクに及ぼす影響

    野村和孝, 嶋田洋徳

    日本心理学会第81回大会プログラム  

    発表年月: 2017年09月

  • ギャンブル障害に対する心理学的アプローチの展開:IR推進法に伴うカジノ設置に向けて

    野村和孝, 岡田瞳, 田中佑樹, 浅見祐香, 村瀬華子, 嶋田洋徳, 岸太一

    日本健康心理学会第30回記念大会プログラム  

    発表年月: 2017年09月

  • 受刑者の精神的健康度と行動

    東本愛香, 野村和孝, 中宏吏, 五十嵐禎人

    第13回日本司法精神医学会大会  

    発表年月: 2017年06月

  • 刑事施設における薬物事犯者の心理社会的要因が薬物再使用リスクに及ぼす影響―社会的クリティカルシンキング志向性に着目した調査研究―

    野村和孝, 東本愛香, 西中宏吏, 五十嵐禎人

    第13回日本司法精神医学会大会  

    発表年月: 2017年06月

  • 再犯防止における集団CBT

    野村和孝

    日本認知・行動療法学会第42回大会自主シンポジウム10「“集団”認知行動療法の貢献と課題 ―集団 CBTが個人CBTと同等あるいはそれ以上の効果を生み出すために―」  

    発表年月: 2016年10月

  • 民間医療機関における多様な依存症者の家族に対するCRAFT

    野村和孝

    日本認知・行動療法学会第42回大会自主シンポジウム2「依存症者やひきこもり者の家族に対するCRAFTの応用:型と機能の位置づけ」  

    発表年月: 2016年10月

  • CBGT for addiction related to criminal issues

    Nomura Kazutaka

    31st International Congress of Psychology (ICP2016)  

    発表年月: 2016年07月

  • Cognitive behavioral group therapy for addictive behavior problem in Japan

    Nomura Kazutaka

    31st International Congress of Psychology (ICP2016)  

    発表年月: 2016年07月

  • The influence of cognitive features on the adaptation of individuals with Kleptomania

    Kazutaka Nomura, Yuki Tanaka, Yasuko Tanabe, Hironori Shimada, Azusa Koshiba, Keiko Yamamura, Mami Hamaguchi, Shiho Terakado, Masayuki Oishi

    31st International Congress of Psychology (ICP2016)  

    発表年月: 2016年07月

  • Differences in the cognitive behavioral characteristics of gambling disorder patients with maintained problem behaviors by different contingencies

    Yuki Tanaka, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada, Shiho Terakado, Nozomi Yao, Hiroyo Ohishi, Masayuki Ohishi

    31st International Congress of Psychology (ICP2016)  

    発表年月: 2016年07月

  • Outcome measures of psychological interventions for addiction

    Yuka Asami, Yuki Tanaka, Miho Ishii, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  

    発表年月: 2016年07月

  • The effects of social skills and cultural identity on overseas Japanese students' culture shock symptoms

    Aoi Hosokawa, Miho Ishii, Natsumi Inomata, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  

    発表年月: 2016年07月

  • Attribution bias does not moderate the effect of cognitive-behavioral group therapy based on functional analysis for gambling disorders in Japan

    Yuki Tanaka, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada, Shiho Terakado, Nozomi Yao, Eiko Naganawa, Hiroyo Ohishi, Masayuki Ohishi

    8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies  

    発表年月: 2016年06月

  • The effect of mindfulness and goal-setting focused cognitive behavioral group therapy on recidivist prisoners using amphetamine in Japan

    Nomura Kazutaka, Abe Syoko, Shimada Hironori

    8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies  

    発表年月: 2016年06月

  • 刑事施設における薬物事犯者の薬物再使用リスクに及ぼす要因の検討ー依存性と反社会性に着目した調査研究ー

    野村和孝, 東本愛香, 西中宏吏, 五十嵐禎人

    第12回司法精神医学会大会  

    発表年月: 2016年06月

  • 薬物依存離脱指導における「表面的な反省を作らない工夫」について

    野村和孝, 水谷義一, 諸澤貴之

    第48回東京矯正科学研究会プログラム・発表抄録  

    発表年月: 2016年01月

  • 依存症外来クリニックにおける目標設定とマインドフルネス方略に焦点をあてた薬物依存の集団認知行動療法プログラムの実施の試み

    濱口真実, 野村和孝, 田中祐樹, 吉田恵里子, 長縄瑛子, 大石裕代, 大石雅之, 嶋田洋徳

    第26回日本嗜癖行動学会札幌大会プログラム・抄録集  

    発表年月: 2015年11月

  • 性犯罪加害者の再犯防止に対する認知行動療法の現状と課題―アセスメントと介入に焦点を当てて―

    田代恭子, 野村和孝

    日本認知・行動療法学会第 41 回大会自主企画シンポジウム 11  

    発表年月: 2015年10月

  • 刑事施設における薬物依存を対象とした集団認知行動療法の現状と課題

    野村和孝

    日本認知・行動療法学会第41回大会自主企画シンポジウム 2「アディクションに対する理解と治療―物質使用障害と行動的アディクション―」  

    発表年月: 2015年10月

  • 機能分析に基づく集団認知行動療法プログラム(OGA)を適用したギャンブル障害患者の心理社会的機能の経時的変化―マルチレベル分析によるギャンブル行動の機能に焦点を当てた検討―

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳, 寺門志保, 矢尾 望, 吉田恵里子, 長縄瑛子, 大石裕代, 大石雅之

    第22回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集  

    発表年月: 2015年10月

  • 累犯刑務所の薬物依存離脱指導におけるマインドフルネス方略の活用の試み

    安部尚子, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第53回大会プログラム  

    発表年月: 2015年09月

  • 性犯罪者に対する社会内治療プログラムの効果の検討

    原田隆之, 野村和孝

    日本犯罪心理学会第53回大会プログラム  

    発表年月: 2015年09月

  • 窃盗癖を有する精神疾患患者の感情に対する認知行動的特徴の検討

    野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 大石雅之

    日本犯罪心理学会第53回大会プログラム  

    発表年月: 2015年09月

  • 民間クリニックにおける裁判を控えた依存症患者への対応

    野村和孝

    日本心理学会第79回大会公募シンポジウム61「触法者に対する臨床心理学的アプローチ〜多職種・多機関との連携〜」  

    発表年月: 2015年09月

  • 司法領域における健康心理学によるエンパワメント

    野村和孝

    日本健康心理学会第28回大会準備委員会企画シンポジウム(SA05)「健康心理学によるエンパワメント 認知行動療法の視点から」  

    発表年月: 2015年09月

  • 行動療法的視点に基づく性犯罪再犯防止の取り組み

    野村和孝

    第14回日本認知療法学会第18回日本摂食障害学会学術集会自主企画シンポジウム1「性犯罪者の再犯防止に対する認知行動療法ー民間施設における普及と課題ー」  

    発表年月: 2014年09月

  • 民間施設における再犯防止を目的とした集団認知行動療法の取り組み

    野村和孝

    日本犯罪心理学会第52回大会ミニシンポジウム1「司法矯正領域における集団認知行動療法ーグループという力の活用の観点からー」  

    発表年月: 2014年09月

  • 婚約者の性的問題行動に起因して適応障害を示した女性に対する認知行動療法の適用

    野村和孝, 嶋田洋徳, 大石裕代, 大石雅之

    性とこころ(日本「性とこころ」関連問題学会誌)  

    発表年月: 2013年12月

  • 認知行動療法に基づく被害者共感性プログラムが性犯罪者の視点取得と共感的反応に及ぼす影響の検討

    野村和孝, 嶋田洋徳, 原田隆之, 大石雅之

    日本犯罪心理学会第51回大会プログラム  

    発表年月: 2013年09月

  • 累犯刑務所における薬物依存離脱指導が覚せい剤使用者の薬物再使用リスクに及ぼす影響-Self-helpミーティング形式と認知行動療法形式の比較-

    安部尚子, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第51回大会プログラム  

    発表年月: 2013年09月

  • 性犯罪者のリスク・アセスメント:Static-99日本語版の開発

    原田隆之, 野村和孝, 嶋田洋徳, 大石雅之

    日本犯罪心理学会第51回大会プログラム  

    発表年月: 2013年09月

  • The Implementation of Cognitive Behavioral Therapy Program for Convicted Offenders with Substance Abuse

    Nomura Kazutaka

    The 4th Asian Cognitive Behavior Therapy (CBT) Conference 2013 Proposed Symposium 2 "Prison-Based Cognitive-Behavioral Therapy for Convicted Offenders"  

    発表年月: 2013年08月

  • Relearning Associations Using the Implicit Association Test to Improve Social Anxiety

    Sato Tomoya, Nomura Kazutaka, Tamada Ayaka, Yamano Miki, Chahara Hitomi, Shimada Hironori

    The 4th Asian Cognitive Behavior Therapy (CBT) Conference 2013  

    発表年月: 2013年08月

  • 婚約者の性的問題行動に起因して適応障害を示した女性に対する認知行動療法の適用

    野村和孝, 嶋田洋徳, 大石裕代, 大石雅之

    日本「性とこころ」関連問題学会 第5回学術研究大会  

    発表年月: 2013年06月

  • 精神科外来における性嗜好障害治療プログラムの開発と評価(第3報)

    原田隆之, 細谷陽, 野村和孝, 大石雅之

    犯罪心理学研究  

    発表年月: 2013年03月

  • 電車内痴漢行為の再犯防止を目的としたアクセプタンス方略の効果検討ー性犯罪再犯防止におけるアクセプタンス方略の果たす役割についてー

    野村和孝, 嶋田洋徳

    性とこころ(日本「性とこころ」関連問題学会誌)  

    発表年月: 2012年12月

  • 犯罪行動の集団認知行動療法

    野村和孝

    日本教育心理学会第54回総会自主企画シンポジウムD1「学級集団を対象にした認知行動療法的介入の実践」  

    発表年月: 2012年11月

  • 性犯罪再犯防止を目的とした認知行動療法

    野村和孝

    日本行動療法学会第38回大会自主企画シンポジウム5「さまざまな依存症・アディクションへの認知行動療法ーその現状と課題ー」  

    発表年月: 2012年09月

  • 電車内痴漢行為の再犯防止を目的としたアクセプタンス方略の効果検討-性犯罪再犯防止におけるアクセプタンス方略の果たす役割について-

    野村和孝, 嶋田洋徳

    日本「性とこころ」関連問題学会第4回学術研究大会プログラム・抄録集  

    発表年月: 2012年06月

  • 刑事施設における研究授業へのフィードバックを踏まえた各種指導内容等の改善について

    諸澤貴之, 水谷義一, 野村和孝

    第44回東京矯正科学研究会プログラム・発表抄録  

    発表年月: 2012年01月

  • 薬物依存症に対する集団認知行動療法プログラムの開発と実施

    綾部直子, 野村和孝, 田代恭子, 中西桃子, 山村桂子, 秋山貴子, 小柴梓, 田口紀美子, 大石裕代, 大石雅之, 嶋田洋徳

    第18回日本行動医学会学術総会  

    発表年月: 2011年12月

  • 性犯罪再犯防止の取り組みにおける心理学的アセスメントについて-電車内痴漢ST-IAT を用いた検討-

    野村和孝, 嶋田洋徳

    性とこころ(日本「性とこころ」関連問題学会誌)  

    発表年月: 2011年12月

  • Implicit Association Testを嗜癖の心理臨床に活かす-認知行動論的アプローチ-

    野村和孝, 嶋田洋徳

    日本心理学会第75回大会ワークショップ「WS014 潜在的態度(Implicit Attitude)とは何か?―認知心理学,行動分析学,社会心理学の対話ー」  

    発表年月: 2011年09月

  • Implicit Cognition in Japanese Sex Offenders in Frotteurism

    Nomura Kazutaka, Shimada Hironori

    16th world congress of the International Society for criminology  

    発表年月: 2011年08月

  • Influence of sex offender treatment program on sex offenders in Japan: an exploratory study

    Kazutaka Nomura, Aika Tomoto, Syugo Obata, Hironori Shimada

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference   (Seoul, Korea) 

    発表年月: 2011年07月

  • 性犯罪再犯防止の取り組みにおけるアセスメントについて:Implicit Association Test の適用

    野村和孝, 嶋田洋徳

    日本「性とこころ」関連問題学会第3回学術研究大会プログラム・抄録集  

    発表年月: 2011年06月

  • 食物への強化価が情動的摂食に及ぼす影響

    橋本塁, 滝爪綾子, 野村和孝, 林響子, 嶋田洋徳

    第17回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集  

    発表年月: 2011年03月

  • The Effect of Susceptibility to the Mass Media on Body Image and Dieting Behavior in Eating Disorder Tendency

    Ken Ichikawa, Kazutaka Tsukamoto, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies   (Boston) 

    発表年月: 2010年

  • The Influence of Social Anxiety Tendency on Stress Reduction of Social Support in Japanese College Freshman

    Kazutaka Nomura, Ciyomi Isogawa, Hironori Shimada

    10th International Congress of Behavioral Medicine   (Tokyo) 

    発表年月: 2008年

  • The process of recovery from traumatic experiences

    Atsuko Yagisawa, Nao Niwa, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada, Eichi Kamimura

    5th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies   (Barcelona) 

    発表年月: 2007年

  • Relationship between Depressive Symptoms and Accuracy in Predictions of Future Life Events

    Hideki Tsumura, Chihiro Osawa, Chiyomi Isogawa, Hidetoshi Mizushima, Kazutaka Nomura, Nao Niwa, Yaena Himeno, Hironori Shimada

    5th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies  

    発表年月: 2007年

  • The Relationships between Safety Behaviors and Self-focused Attention with Social Anxiety

    Kazutaka Nomura, Atsuko Miwa, Yuri Igarashi, Hironori Shimada

    5th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies   (Barcelona) 

    発表年月: 2007年

▼全件表示

特定課題研究

  • 性犯罪加害をした者の認知的反応傾向と静的リスクの関連

    2019年  

     概要を見る

    &nbsp; 本研究は,性犯罪加害をした者の認知的反応傾向と静的リスクの関連の検討を目的とした。依存症専門外来を有するクリニックに通院する性嗜好障害患者のうち性犯罪加害の経歴がある者を対象に,認知的反応傾向の測定として,ST-IAT(野村, 2017)とVTT(東本・五十嵐・小堀・野村・伊豫,2013)を実施し,静的リスクの測定として,Static-99日本語版(原田・野村・嶋田・大石,2014)を実施した。本研究の結果,静的リスクは,刺激に対する評価を測定するST-IATとの関連がみられなかった一方で,刺激へのとらわれを測定するVTTとの関連がみられた。このことから静的リスクが高い者は,刺激へのとらわれが強い可能性が示唆された。

  • 窃盗症患者の報酬知覚と苦痛耐性の個人差が認知行動療法の効果性に及ぼす影響

    2018年   浅見 祐香, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳, 大石 裕代, 大石 雅之

     概要を見る

     窃盗症治療において,報酬知覚と苦痛耐性が認知行動療法プログラムの効果性に影響を及ぼしている可能性が高いと考えられる。そこで本研究では,報酬知覚と苦痛耐性に着目し,それらの個人差が認知行動療法プログラムの効果性に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。 民間の精神科クリニックに通院中の窃盗症患者15名を分析対象とした。測定は,認知行動療法プログラムの初参加時と終了時(計2回)に質問紙への回答を求めた。本研究は「早稲田大学人を対象とする研究に関する倫理審査委員会」の承認を得て実施した。 本研究の結果,報酬知覚の程度が窃盗症の認知行動療法プログラムの効果性に影響を及ぼしていることが明らかとなった。

  • 依存性回復過程における代替行動測定尺度の開発および信頼性と妥当性の検討

    2017年   田中 佑樹, 嶋田 洋徳, 大石 裕代, 大石 雅之

     概要を見る

     司法・犯罪分野における依存症対策として,認知行動療法に基づくプログラムが実施されている。そのため,依存行動の代替行動の獲得の程度の評価が課題とされている。本研究では,依存行動の役割を踏まえた代替行動測定尺度を開発し,信頼性と妥当性を検討することを目的とする。 民間の精神科クリニックに通院中の依存症患者を調査対象として,代替行動について回答を求めた。収集された項目について,KJ法を用いた分類を行なった結果,代替行動は15の概念に分類された。そこで,分類された15の概念に基づき,信頼性と妥当性の検討を目的としたデータ収集をすすめており,データが揃い次第,分析,結果のとりまとめ,および成果の公表を行う予定である。

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 司法・犯罪心理学

    東京家政大学  

    2020年09月
    -
    継続中
     

  • 被害者支援心理学

    東京家政大学  

    2020年09月
    -
    継続中
     

  • 司法・犯罪心理学/犯罪心理学(2020年度まで「犯罪心理学」)

    中央大学文学部  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 心理実習

    早稲田大学人間科学部  

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

  • 心理実践実習(1)A・(1)B・(2)A・(2)B

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2020年04月
    -
    2022年03月
     

  • 心理演習

    早稲田大学  

    2020年04月
    -
    2022年03月
     

  • 心理臨床事例実習B

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

  • 関係行政論

    早稲田大学人間科学部  

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

  • 公認心理師の職責

    早稲田大学人間科学部  

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

  • 心理教育臨床実習 A・B

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

  • 行動臨床科学研究法(心理学実験)

    早稲田大学人間科学部  

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

  • 教育心理学特論 II

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2017年04月
    -
    2022年03月
     

  • 教育心理学特論 I

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2017年04月
    -
    2022年03月
     

  • 発達心理学特論

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2017年04月
    -
    2022年03月
     

  • 健康福祉科学概論

    早稲田大学人間科学部  

    2019年04月
    -
    2021年03月
     

  • 心理科学実践D(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開)

    関西学院大学大学院文学研究科  

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

  • 教育臨床心理学研究法特論

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

  • 臨床心理査定特論 II

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 教育臨床心理学特論 II

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 教育臨床心理学特論 I

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 教育臨床査定特論

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 臨床心理学特論 I

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • アサーティブコミュニケーション

    和洋女子大学看護学部看護学科  

    2019年04月
    -
    2019年09月
     

  • 臨床心理基礎実習 IIB

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

  • 臨床心理基礎実習 IB

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

  • 臨床心理学

    早稲田大学人間科学部  

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

  • 教育臨床研究データ解析実習

    早稲田大学大学院人間科学研究科  

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

  • 心理学

    横浜美術大学  

    2011年04月
    -
    2016年03月
     

  • 行動科学

    栃木県県南高等看護専門学院  

    2010年04月
    -
    2012年03月
     

▼全件表示

 

委員歴

  • 2021年03月
    -
    継続中

    公認心理師養成大学教員連絡協議会  広報委員

  • 2020年06月
    -
    継続中

    一般社団法人日本認知・行動療法学会  代議員

  • 2019年12月
    -
    継続中

    一般社団法人認知・行動療法学会  司法・犯罪WG委員

  • 2019年05月
    -
    継続中

    一般社団法人公認心理師の会  専門部会 司法・犯罪・嗜癖部会委員

  • 2018年05月
    -
    継続中

    公認心理師養成大学教員連絡協議会  現場実習・ワーキンググループメンバー

  • 2017年07月
    -
    継続中

    一般社団法人日本健康心理学会  研究推進委員会委員

  • 2021年10月
    -
    2024年

    日本犯罪心理学会  地方区理事(関東地区)

  • 2020年04月
    -
    2023年03月

    日本ストレスマネジメント学会  理事(編集委員会副委員長・広報委員)

  • 2020年04月
    -
    2023年03月

    日本ストレスマネジメント学会  教育・特殊教育部会員

  • 2016年01月
    -
    2016年06月

    第12回日本司法精神医学会大会事務局  準備スタッフ

  • 2013年12月
    -
    2014年09月

    日本犯罪心理学会第52回犯罪心理学会大会準備委員会  準備委員

  • 2008年04月
    -
    2009年12月

    日本行動療法学会  事務局員事務局運営補助

  • 2008年06月
    -
    2008年08月

    日本心理医療諸学会連合  第21回大会準備委員会 運営委員

▼全件表示

社会貢献活動

  • 令和2年度ギャンブル等依存症の実態に係る調査・研究事業 ワーキンググループ構成員

    2020年06月
    -
    2021年03月

  • 平成31年度所沢市立教育センター研究員の指導者

    2019年04月
    -
    2020年03月

  • 平成30年度所沢市立教育センター研究員の指導者

    2018年05月
    -
    2019年03月

  • JICAフィリピン「科学的根拠に基づく薬物依存症治療プログラム導入ジェクト」 及び関連の保健医療・健康分野ODA事業にかかる国内支援委員会研究部会メンバー

    2017年08月
    -