NOMURA, Kazutaka

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Assistant Professor(without tenure)

Profile

<活動領域>
再犯防止,社会復帰,嗜癖行動,および家族支援をキーワードに
行動療法・認知行動療法を軸とした心理臨床,研究活動を行っております。

<資格(取得順)>
産業カウンセラー(一般社団法人日本産業カウンセラー協会)
臨床心理士(財団法人日本臨床心理士資格認定協会)
認定行動療法士(一般社団法人日本認知・行動療法学会)
公認心理師(文部科学大臣及び厚生労働大臣)
認知行動療法師(一般社団法人日本認知・行動療法学会)
認知行動療法スーパーバイザー(一般社団法人日本認知・行動療法学会)

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Human Sciences   Graduate School of Human Sciences

Education 【 display / non-display

  • 2008.04
    -
    2014.03

    Waseda University   Graduate School of Human Sciences  

  • 2006.04
    -
    2008.03

    Waseda University   Graduate School of Human Sciences  

  • 2002.04
    -
    2006.03

    Waseda University   School of Human Sciences  

Degree 【 display / non-display

  • 早稲田大学   博士(人間科学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2020.04
    -
    Now

    Tokyo Kasei University

  • 2019.04
    -
    Now

    Chuo University   Faculty of Letters

  • 2017.06
    -
    Now

    Chiba University   Center for Forensic Mental Health

  • 2017.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

  • 2011.04
    -
    Now

    医療法人社団祐和会大石クリニック   心理士

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  • 2019.06
    -
    Now

    日本ストレスマネジメント学会

  • 2018.04
    -
    Now

    日本アルコール・アディクション医学会

  • 2015.04
    -
    Now

    日本司法精神医学会

  • 2012.04
    -
    Now

    日本アルコール関連問題学会

  • 2010.04
    -
    Now

    日本教育心理学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Clinical psychology

Research Interests 【 display / non-display

  • 物質使用障害

  • ギャンブル障害

  • 薬物依存

  • 矯正

  • アルコール依存

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • Cognitive and behavioral features on the process of kleptomania

    Yuka Asami, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada, Hiroyo Ohishi, Masayuki Ohishi

    The Japanese journal of psychology   92   100 - 110  2021.06  [Refereed]

     View Summary

    <p>The present study aimed to clarify the cognitive and behavioral features of the process from the onset of stealing to the development of kleptomania. We also analyzed the differences between kleptomania and shoplifting for personal gain. Semi-structured interviews were conducted with 25 participants (15 patients with kleptomania, 4 shoplifters, and 6 with other addictions). An analysis based on a modified grounded theory approach (M-GTA) revealed 24 concepts and 5 categories. We identified four stages of the process of kleptomania. The stages were "first theft," "increasing frequency of stealing," "pathological stealing" where the act of stealing was more beneficial than the stolen goods, followed by "automatic stealing" whenever they steal automatically in their favorite stores. We identified "breaking dependence on stealing" as the fifth category. In contrast, shoplifters for personal gain did not move into "pathological stealing." Thus, it is assumed that the development of kleptomania involves a series of processes from starting to steal to addiction, then, it is assumed to enter a dependent stage from the stage of "pathological stealing." </p>

    DOI CiNii

  • Effects of reducing attentional bias for alcohol stimuli on impulsive behavior: Examination considering differences in functions of drinking behavior

    Midori Takesawa, Yuki Tanaka, Yuka Asami, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada

    Journal of Health Psychology Research   33 ( 2 ) 115 - 124  2021.02  [Refereed]

    DOI

  • 認知行動療法に基づくストレスマネジメントのためのスマートフォンアプリケーションの開発の試み—労働者を対象とした有効性の検討—

    田中 佑樹, 嶋田 洋徳, 岡島 義, 石井 美穂, 野村 和孝

    認知行動療法研究    2021  [Refereed]

  • 認知的制御能力に着目した万引き行動に対する機能分析的再理解の試み

    浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究   20   35 - 42  2020.12  [Refereed]

  • 窃盗症患者のストレス関連症状に関する研究動向-認知行動療法の機能分析的観点に基づく理解-

    石川満里聖, 浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    ストレスマネジメント研究   16   116 - 117  2020.12  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 司法・犯罪心理学 社会と個人の安全と共生をめざす (公認心理師の基本を学ぶテキスト)

    門本 泉( Part: Contributor, 第10章 行動変容-嗜癖・依存への心理学的アプローチ)

    ミネルヴァ書房  2020.10

  • 使う使える臨床心理学

    岡島 義, 金井 嘉宏( Part: Contributor, 「第3章 ライフスタイルの形成」,「第10章 依存(薬物,ギャンブル,ネットなど),性犯罪」,「付録 未成年やその周りの人が相談できる場所」,「付録 大人やその周りの人が相談できる場所」,「臨床心理学基本用語集」)

    弘文堂  2020.03 ISBN: 4335651872

    ASIN

  • 健康心理学事典

    日本健康心理学会( Part: Contributor, 依存症のアセスメント,医療観察・保護観察)

    2019.10

  • 認知行動療法事典

    日本認知, 行動療法学会( Part: Contributor, 司法・犯罪分野(嶋田・野村),司法・犯罪・嗜癖分野の認知行動療法(神村,野村),性犯罪と性嗜好異常(野村),窃盗,万引き,クレプトマニア(野村),レスポンデント学習の理解に基づく問題行動の変容(野村・嶋田))

    丸善出版  2019.08

  • 集団認知行動療法の理論と実践

    嶋田洋徳, 嶋田洋徳, 野村和孝, 野村和孝, 津村秀樹, 津村秀樹( Part: Joint translator, 監訳,第2章,第13章)

    金子書房  2018.08 ISBN: 476082667X

    ASIN

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • インターネットゲーム障害におけるキュー・エクスポージャーに影響を及ぼす要因の検討

    大山一樹, 三住倫生, 山口昂亮, 野村和孝, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第34回大会    2021.11  [Refereed]

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 小児わいせつ型性犯罪者の再犯防止を目的とした認知行動療法の動向と課題

    三住倫生, 野村和孝, 山口昂亮, 浅見祐香, 姜来娜, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第34回大会    2021.11  [Refereed]

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 再犯リスク尺度 Inventory of Offender Risk, Needs, and Strengths(IORNS)日本語版作成の試み

    浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第59回大会    2021.10  [Refereed]

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 窃盗IRAP(Implicit Relational Assessment Procedure)開発に向けた予備的検討:窃盗に対する接近的態度の測定

    浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会    2021.10  [Refereed]

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • スマートフォンに対する回避機能を有する過剰使用が適応指標に与える影響の検討

    大山一樹, 山口昂亮, 浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会    2021.10

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

display all >>

Other 【 display / non-display

  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(認知的スキーマと性的役割) 講師

    2021.11
    -
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(小児わいせつと刺激機能) 講師

    2021.10
    -
     
  • 松本少年刑務所 性犯罪再犯防止指導におけるスーパーバイズ(価値と目標設定) 講師

    2021.10
    -
     
  • 千葉刑務所 「性犯罪再犯防止指導」に係るスーパーバイズ(認知的再体制化と役割分担) 講師

    2021.07
    -
     
  • 加古川刑務所 性犯罪再犯防止指導担当者へのスーパーバイズ(衝動性と機能分析) 講師

    2021.07
    -
     

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 第1回奨励研究賞(冨永良喜賞)

    2017.07   日本ストレスマネジメント学会   集団社会的スキル訓練における対人的相互作用の変容が小中学性のストレス反応低減効果に及ぼす影響ー行動観察を用いた実践研究ー

    Winner: 渡辺詩織, 野村和孝, 嶋田洋徳

  • 第37回日本アルコール関連問題学会 第4回小杉好弘記念賞

    2015.10   日本アルコール関連問題学会   依存症外来クリニックにおけるCRAFTに基づく家族教室プログラムが当事者の来院に及ぼす影響の検討

    Winner: 山村桂子, 野村和孝, 吉田恵里子, 矢尾 望, 濱口真実, 寺門志保, 小野竹美, 長縄瑛子, 大石裕代, 大石雅之

  • 第37回日本アルコール関連問題学会神戸大会 第4回小杉好弘記念賞

    2015.10   日本アルコール関連問題学会   依存症外来クリニックにおけるインターネットゲーム障害に対する通院治療の試み

    Winner: 寺門志保, 野村和孝, 大石裕代, 大石雅之, 長縄瑛子

  • 第2回小杉好弘記念賞

    2013.07   日本アルコール関連問題学会 第35回日本アルコール関連問題学会岐阜大会   依存症外来クリニックにおける依存症家族の対応と家族教室の現状と課題

    Winner: 矢尾 望, 井田百合子, 田口紀美子, 沖 政代, 山村桂子, 小柴 梓, 野村和孝, 大石裕代, 大石雅之

Research Projects 【 display / non-display

  • 再犯防止指導実施者の心理学的介入スキルを規定する要因の検討とトレーニング法の開発

    Project Year :

    2019.04
    -
    2023.03
     

    野村和孝

    Authorship: Principal investigator

  • 性犯罪加害をした者の認知的反応傾向と静的リスクの関連

    Project Year :

    2019.04
    -
    2020.03
     

    野村和孝

    Authorship: Principal investigator

  • アルコール関連刺激への注意バイアス修正訓練を加えた認知行動療法が飲酒行動の再発防止に及ぼす効果

    Project Year :

    2019.04
    -
    2020.03
     

    竹澤緑

  • 窃盗症患者の報酬知覚と苦痛耐性の個人差が認知行動療法の効果性に及ぼす影響

    Project Year :

    2018.04
    -
    2019.03
     

    野村和孝

    Authorship: Principal investigator

  • 電車内痴漢を性加害とする者の認知的反応傾向の特徴の記述と分類の検討

    Project Year :

    2017.04
    -
    2019.03
     

    野村和孝

    Authorship: Principal investigator

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 司法・犯罪分野の認知行動療法の体系化

    嶋田洋徳, 野村和孝, 有野雄大, 谷真如, 寺田孝, 安部尚子, 中川桂子, 山田英治  [Invited]

    日本認知・行動療法学会第47回大会 

    Presentation date: 2021.10

  • 新型コロナ下での処遇・支援

    谷 真如, 高橋 智晃, 鈴木 拓朗, 山本哲也, 野村 和孝

    日本犯罪心理学会第59回大会 

    Presentation date: 2021.10

  • 司法・犯罪分野における科学者−実践家モデルに基づく公認心理師の社会貢献

    原田隆之, 野村和孝, 嶋田洋徳, 伊藤大輔, 西中宏吏, 浦田洋  [Invited]

    日本犯罪心理学会第59回大会 

    Presentation date: 2021.10

  • 教育現場における認知行動療法の実践的活用における最近の展開

    嶋田洋徳, 小関俊祐, 野村和孝, 三井梓実, 西原希里子, 田中茉優, 杉山智風, 新川広樹, 三村尚志, 菅野純

    日本教育心理学会第63回総会発表論文集 

    Presentation date: 2021.08

  • Development of the Coping Skills for Preventing Relapse of Addictive Behaviors Scale

    Kazutaka Nomura, Yuki Tanaka, Yuka Asami, Hironori Shimada

    7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference 

    Presentation date: 2021.07

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 性犯罪加害をした者の認知的反応傾向と静的リスクの関連

    2019  

     View Summary

    &nbsp; 本研究は,性犯罪加害をした者の認知的反応傾向と静的リスクの関連の検討を目的とした。依存症専門外来を有するクリニックに通院する性嗜好障害患者のうち性犯罪加害の経歴がある者を対象に,認知的反応傾向の測定として,ST-IAT(野村, 2017)とVTT(東本・五十嵐・小堀・野村・伊豫,2013)を実施し,静的リスクの測定として,Static-99日本語版(原田・野村・嶋田・大石,2014)を実施した。本研究の結果,静的リスクは,刺激に対する評価を測定するST-IATとの関連がみられなかった一方で,刺激へのとらわれを測定するVTTとの関連がみられた。このことから静的リスクが高い者は,刺激へのとらわれが強い可能性が示唆された。

  • 窃盗症患者の報酬知覚と苦痛耐性の個人差が認知行動療法の効果性に及ぼす影響

    2018   浅見 祐香, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳, 大石 裕代, 大石 雅之

     View Summary

     窃盗症治療において,報酬知覚と苦痛耐性が認知行動療法プログラムの効果性に影響を及ぼしている可能性が高いと考えられる。そこで本研究では,報酬知覚と苦痛耐性に着目し,それらの個人差が認知行動療法プログラムの効果性に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。 民間の精神科クリニックに通院中の窃盗症患者15名を分析対象とした。測定は,認知行動療法プログラムの初参加時と終了時(計2回)に質問紙への回答を求めた。本研究は「早稲田大学人を対象とする研究に関する倫理審査委員会」の承認を得て実施した。 本研究の結果,報酬知覚の程度が窃盗症の認知行動療法プログラムの効果性に影響を及ぼしていることが明らかとなった。

  • 依存性回復過程における代替行動測定尺度の開発および信頼性と妥当性の検討

    2017   田中 佑樹, 嶋田 洋徳, 大石 裕代, 大石 雅之

     View Summary

     司法・犯罪分野における依存症対策として,認知行動療法に基づくプログラムが実施されている。そのため,依存行動の代替行動の獲得の程度の評価が課題とされている。本研究では,依存行動の役割を踏まえた代替行動測定尺度を開発し,信頼性と妥当性を検討することを目的とする。 民間の精神科クリニックに通院中の依存症患者を調査対象として,代替行動について回答を求めた。収集された項目について,KJ法を用いた分類を行なった結果,代替行動は15の概念に分類された。そこで,分類された15の概念に基づき,信頼性と妥当性の検討を目的としたデータ収集をすすめており,データが揃い次第,分析,結果のとりまとめ,および成果の公表を行う予定である。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • Forensic and Criminal Psychology

    Tokyo Kasei University  

    2020.09
    -
    Now
     

  • Victim Support Psychology

    Tokyo Kasei University  

    2020.09
    -
    Now
     

  • Seminar in Psychology

    Waseda University  

    2020.04
    -
    Now
     

  • 司法・犯罪心理学/犯罪心理学(2020年度まで「犯罪心理学」)

    中央大学文学部  

    2019.04
    -
    Now
     

  • 関係行政論

    早稲田大学人間科学部  

    2018.04
    -
    Now
     

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2021.03
    -
    Now

    公認心理師養成大学教員連絡協議会  広報委員

  • 2020.06
    -
    Now

    一般社団法人日本認知・行動療法学会  代議員

  • 2019.12
    -
    Now

    一般社団法人認知・行動療法学会  司法・犯罪WG委員

  • 2019.05
    -
    Now

    一般社団法人公認心理師の会  専門部会 司法・犯罪・嗜癖部会委員

  • 2018.05
    -
    Now

    公認心理師養成大学教員連絡協議会  現場実習・ワーキンググループメンバー

display all >>

Social Activities 【 display / non-display

  • 令和2年度ギャンブル等依存症の実態に係る調査・研究事業 ワーキンググループ構成員

    2020.06
    -
    2021.03

  • 平成31年度所沢市立教育センター研究員の指導者

    2019.04
    -
    2020.03

  • 平成30年度所沢市立教育センター研究員の指導者

    2018.05
    -
    2019.03

  • JICAフィリピン「科学的根拠に基づく薬物依存症治療プログラム導入ジェクト」 及び関連の保健医療・健康分野ODA事業にかかる国内支援委員会研究部会メンバー

    2017.08
    -