KOSUGI, Ryosuke

写真a

Affiliation

Faculty of Commerce, School of Commerce

Job title

Research Associate

Degree 【 display / non-display

  • 修士

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Economic history

Papers 【 display / non-display

  • How a Soy Sauce Brewers built its own market during the Meiji-Taisho period A Case Study of “Nosaka Tsunekichi,” a Medium-Sized Brewer in Aomori

    Ryosuke Kosugi

    Sangyōkeiei Waseda business review   ( 54 )  2021.05  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • Historicai Studies in Japan, 2017(Japan, Modern and Contemporary)

    Masayuki Manabe, Miyohei Muto, Jixang Yuang, Shuntaro Arafune, Yoshifumi Matsuda, Kei Takeuchi, Takashi Hiroki, Miwa Ueda, Shozo Matsutani, Keiko Watanabe, Osamu Shimada, Ryosuke Kosugi, Kosuke Satake, Keitaro Nagai, Yongmi Ri, Yuji Sakouchi

    SHIGAKU-ZASSI   127 ( 5 ) 151 - 195  2018.05  [Invited]

    CiNii

  • What Brought Growth to Soy Sauce Brewers in Prewar Japan?:A Case Study of “Izutsuya Shoyu”, a Medium-Sized Brewer in the Seto Inland Sea Area

    Ryosuke Kosugi

    Waseda Business Review   ( 52 ) 53 - 84  2017.11  [Refereed]

     View Summary

    This paper aims to clarify the role of marketing in the growth of soy sauce brewers in the coastal
    areas of Japan’s Seto Inland Sea. The brewers in these areas developed as the most important soy
    sauce suppliers to the mass markets of Japan’s southwesterly Kansai region. I approach the above
    issue by focusing on the relationship between markets and management, as it is natural that diff erent
    markets require diff erent management methods. Based on managerial records left by the Sano family
    in Kagawa, I shed light on the eff orts made by Izutsuya Unlimited Inc. when entering the previously
    undeveloped soy sauce market in Kochi on behalf of Izutsuya Brewery. This paper traces the
    details of marketing by Izutsuya in cooperation with Yamazaki Sakan Shoten, an infl uential local
    wholesaler in the city of Kochi, from 1934 to 1936. It elucidates how strategies such as controlling
    the taste and color of its soy sauce, improving the product quality, and setting up a distributors’ organization
    to undertake sales promotion off ered the keys to growth for soy sauce brewers in the Seto
    Inland Sea area. These keys to growth among soy sauce brewers in the Seto Inland Sea area differed
    from those identifi ed in previous case studies involving the Kanto region.

    CiNii J-GLOBAL

Research Projects 【 display / non-display

  • 昭和期瀬戸内地域における醤油市場の環境変化にみる大規模醤油醸造経営の成長条件

    Project Year :

    2017.04
    -
    2018.03
     

    小杉 亮介

    Authorship: Principal investigator

Presentations 【 display / non-display

  • 近代青森県の醤油味噌醸造業者の販売動向からみる醸造業経営の展開過程―青森県上北郡野辺地町・野坂味噌醤油店の事例を通して―

    小杉 亮介

    経営史学会第55回全国大会 

    Presentation date: 2019.10

  • 近代青森県の醤油味噌醸造業者の販売にみる青森県・北海道の市場環境変化の影響―青森県上北郡野辺地町・ヤマサンの事例を通して―

    小杉 亮介

    経営史学会関東部会 9月例会 

    Presentation date: 2019.09

Specific Research 【 display / non-display

  • 近代醤油醸造業の展開と近代日本経済発展に持つ意義―地域別の醤油醸造業の展開から―

    2020  

     View Summary

    2020年12月には青森県八戸市・八戸市立図書館所蔵の『矢幅家(三戸)文書』、ならびに同県上北郡野辺地町野辺地町立歴史民俗資料館所蔵の『野坂常吉家文書』を閲覧・調査した。このうち、『野坂常吉家文書』の分析結果をもとに、野坂味噌醤油店の明治期から戦前期における醤油醸造業に関する研究を行った。研究成果は論文にまとめ、2020年12月に「明治・大正期の中規模醤油醸造業者の販路形成を規定した地理的条件―青森県上北郡野辺地町・野坂味噌醤油店の醤油販売の分析から―」と題し、早稲田大学産業経営研究所発行の『産業経営』に投稿した。2021年2月現在、査読結果を待っている段階である。

  • 近代醤油醸造業の展開と近代日本経済発展に持つ意義―地域別の醤油醸造業の展開から―

    2019  

     View Summary

    青森県上北郡野辺地町野辺地町立歴史民俗資料館所蔵の『野坂常吉家文書』をもとに、野坂味噌醤油店の明治期から戦前期における醤油・味噌醸造業に関する研究を行い、2019年秋に学会報告を2件行った。9月21日に経営史学会関東部会において「近代青森県の醤油味噌醸造業者の販売にみる青森県・北海道の市場環境変化の影響―青森県上北郡野辺地町・ヤマサンの事例を通して―」と題して発表した。その後、さらに史料の調査と分析を重ねて、10月26日に第55回経営史学会全国大会にて「近代青森県の醤油味噌醸造業者の販売動向からみる醸造業経営の展開過程―青森県上北郡野辺地町・野坂味噌醤油店の事例を通して―」と題する自由論題報告を行った。

  • 昭和期瀬戸内地域における醤油市場の環境変化にみる大規模醤油醸造経営の成長条件

    2017  

     View Summary

    本年度は、各年次の『工場統計表』から各府県の醤油醸造企業の製造所数を調査し、『大日本帝国港湾統計』から瀬戸内地域の各府県と大阪府について醤油の移出入量の推移、主な移出先あるいは移入元の港を年次ごとに把握した。また、香川県小豆島の丸金醤油株式会社(以下、丸金)の戦前期の営業報告から、瀬戸内地域の醤油醸造経営が大正期から昭和期にかけてどのような問題に直面していたか調査した。丸金は第一次大戦後の不況に突入すると供給過剰の問題に直面し、出荷調整や販路拡大に注力していた。さらに、1920年代後半から千葉県野田市の野田醤油株式会社(以下、野田醤油)が大阪市場に進出すると、丸金はキッコーマンの市場進出に対抗した。