2021/12/08 更新

写真a

フルタ ヤスシ
古田 耕史
所属
附属機関・学校 グローバルエデュケーションセンター
職名
准教授(任期付)

学位

  • 東京大学   博士(文学)

経歴

  • 2020年04月
    -
    継続中

    東京音楽大学   音楽学部   講師

  • 2017年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   グローバルエデュケーションセンター   准教授(任期付)

  • 2016年04月
    -
    継続中

    東京大学   文学部   講師

  • 2015年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学   文学部   講師

  • 2009年04月
    -
    2020年03月

    国立音楽大学   音楽学部   講師

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    上智大学   言語教育研究センター   講師

  • 2010年09月
    -
    2017年03月

    外務省研修所   講師

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

    帝京大学   外国語学部   講師

  • 2008年04月
    -
    2015年03月

    武蔵野美術大学   造形学部   講師

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    イタリア学会

  •  
     
     

    早稲田大学イタリア研究所

  •  
     
     

    世界文学会

 

研究分野

  • 外国語教育

  • ヨーロッパ文学

研究キーワード

  • イタリア・オペラ

  • イタリア文学

  • 比較文学

  • レオパルディ

  • ロマン主義

  • 詩と音楽

▼全件表示

論文

  • レオパルディの《夢》を読む -眠り、夢、生と死のドラマ-

    古田耕史

    早稲田大学イタリア研究所『研究紀要』   ( 10 ) 143 - 176  2021年03月  [査読有り]

  • レオパルディにおけるamoreの無限性と唯一性 -《支配的思考》を中心に

    古田耕史

    早稲田大学イタリア研究所『研究紀要』   ( 9 ) 29 - 59  2020年03月  [査読有り]

  • レオパルディにおける死の瞑想

    古田 耕史

    早稲田大学イタリア研究所『研究紀要』   ( 8 ) 83 - 110  2019年03月  [査読有り]

  • パリーニの衣鉢を継ぐレオパルディ -詩の理論家から実存のモラリストへ-

    古田 耕史

    早稲田大学イタリア研究所『研究紀要』   ( 7 ) 77 - 96  2018年03月  [査読有り]

  • レオパルディの詩における「回帰」と「永遠」(2)

    古田 耕史

    国立音楽大学研究紀要   ( 51 ) 159 - 170  2017年03月

  • レオパルディの詩における「回帰」と「永遠」(1)

    古田 耕史

    国立音楽大学研究紀要   ( 50 ) 169 - 179  2016年03月

  • ジャコモ・レオパルディ研究 ―自然観と「無限」の詩学

    古田 耕史

    東京大学    2014年03月  [査読有り]

  • レオパルディにおける2つの「自然」

    古田 耕史

    イタリア語イタリア文学   ( 6 ) 85 - 128  2012年05月  [査読有り]

    CiNii

  • レオパルディの詩論と詩作の方法 -霊感をめぐって

    古田 耕史

    日伊文化研究   ( 48 ) 70 - 83  2010年03月  [査読有り]

    CiNii

  • レオパルディのロマン主義的自然観ーースタール夫人との関係を中心に

    古田 耕史

    イタリア語イタリア文学   ( 4 ) 245 - 292  2008年05月  [査読有り]

  • 追憶の詩学 -レオパルディにおける記憶と詩的創造について

    古田 耕史

    日伊文化研究   ( 46 ) 91 - 105  2008年03月  [査読有り]

    CiNii

  • イタリアの抒情詩人レオパルディと「無限の快楽」

    古田耕史

    渋沢栄一記念財団『青淵』   ( 697 )  2007年03月  [招待有り]

  • 境界の消失—―レオパルディの「無限」をめぐって

    古田 耕史

    イタリア語イタリア文学   ( 3 ) 267 - 309  2006年07月  [査読有り]

  • レオパルディ研究 —Cantiと無限の詩学

    古田耕史

    東京大学    2004年12月  [査読有り]

  • ホイットマンと音楽

    古田 耕史

    早稲田大学英米文学研究会『ほらいずん』   ( 32 ) 1 - 17  2000年12月  [査読有り]

    CiNii

  • たましいの航海 —ホイットマン『草の葉』と音楽をめぐって

    早稲田大学    1999年  [査読有り]

▼全件表示

書籍等出版物

  • オペラ事典

    古田 耕史( 担当: 共著)

    東京堂出版  2013年09月

  • Dove 'l sì suona 文で味わうイタリアーたのしいイタリア語読み書き入門ー

    古田 耕史( 担当: 共著)

    朝日出版社  2012年01月

  • ウォルター・ペイター全集 第3巻

    古田 耕史( 担当: 共訳)

    筑摩書房  2008年05月

講演・口頭発表等

  • レオパルディの詩と思想/音楽を付された作品について

     [招待有り]

    二期会イタリア歌曲研究会  

    発表年月: 2020年12月

  • レオパルディの《夢》を読む

    早稲田大学イタリア言語・文化研究会  

    発表年月: 2020年09月

  • Il pensiero dominanteを読む:レオパルディにおける「愛」をめぐって

    関西イタリア学研究会  

    発表年月: 2020年07月

  • 詩人レオパルディと出会う:ペシミズムと《無限》

    古田 耕史  [招待有り]

    イタリア文化会館 大阪  

    発表年月: 2018年12月

  • レオパルディにおける死の瞑想

    古田 耕史  [招待有り]

    早稲田大学イタリア言語・文化研究会(レオパルディ ミニシンポジウム)  

    発表年月: 2018年09月

  • 詩人レオパルディと出会う:ペシミズムと《無限》

    古田 耕史  [招待有り]

    イタリア文化会館 東京  

    発表年月: 2018年06月

  • レオパルディにおける愛と死

    古田 耕史  [招待有り]

    早稲田大学イタリア言語・文化研究会 第150回記念例会  

    発表年月: 2017年10月

  • レオパルディの反“ロマン主義”について

    古田 耕史

    早稲田大学イタリア言語・文化研究会  

    発表年月: 2010年01月

  • Leopardi dionisiaco?——陶酔と熱狂のあいだ

    古田 耕史

    早稲田大学イタリア言語・文化研究会  

    発表年月: 2007年12月

  • レオパルディにおける詩的霊感をめぐって

    古田 耕史

    イタリア学会 第55回大会  

    発表年月: 2007年10月

  • レオパルディとスタール夫人 ——〈自然〉と〈想像力〉をキーワードに

    古田 耕史

    早稲田大学イタリア言語・文化研究会  

    発表年月: 2006年07月

  • レオパルディの“無限”をめぐって

    古田 耕史

    早稲田大大学イタリア言語・文化研究会  

    発表年月: 2005年07月

▼全件表示

特定課題研究

  • レオパルディにおける死の想念について

    2017年  

     概要を見る

    本研究は、近代イタリア最大の抒情詩人・哲学者であるレオパルディの著作に頻繁に見られる「死」をめぐる詩想の考察を目的とする。フィレンツェ国立図書館における調査では、関連する諸々の文献のうちで、久しく絶版となっているいくつかの貴重な文献を入手することができた。彼にとって「死」は、生の苦悩から解放してくれるものとして憧憬の対象とされる一方で、「無限」をめぐる独自の思想に結びつく概念でもある。その思想において「死」は「詩の喜び」、ひいては「生の喜び」にも繋がってゆくことになる。さらには「死」と「音楽」の係わりなど、レオパルディにおける「死」の重層性を今一度詳細に研究する必要性が明らかになった。

 

現在担当している科目

▼全件表示