田中 昌子 (タナカ マサコ)

写真a

所属

附属機関・学校 高等研究所

職名

講師(任期付)

ホームページ

https://www.waseda.jp/inst/wias/other/2018/04/02/5056/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   先進理工学部

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2014年03月

    大阪市立大学大学院   医学研究科   基礎医科学専攻  

  •  
    -
    2007年03月

    大阪市立大学大学院   理学研究科   生物地球系専攻  

  •  
    -
    2005年03月

    大阪市立大学   理学部   生物学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   博士(医学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   高等研究所   講師

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学   理工学術院   助教

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    大阪市立大学大学院   医学研究科   特任助教

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    日本学術振興会   特別研究員 (DC2)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本がん分子標的治療学会

  •  
     
     

    日本臨床ストレス応答学会

  •  
     
     

    日本癌学会

  •  
     
     

    日本薬理学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍診断、治療学

  • 腫瘍診断、治療学

  • 薬理学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 分子シャペロン

  • プロテオスタシス

  • 抗がん剤耐性

  • ストレス応答

  • 熱ショックタンパク質

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The Autophagy-Related Protein GABARAP Is Induced during Overwintering in the Bean Bug (Hemiptera: Alydidae).

    Shin-Ichiro Tachibana, Shinji Matsuzaki, Masako Tanaka, Masayuki Shiota, Daisuke Motooka, Shota Nakamura, Shin G Goto

    Journal of economic entomology   113 ( 1 ) 427 - 434  2020年02月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    In most insects dependent on food resources that deplete seasonally, mechanisms exist to protect against starvation. Insects overcome periods of food depletion using diapause-associated physiological mechanisms, such as increased energy resources in fat bodies and suppression of metabolism. Because autophagy supplies energy resources through the degradation of intracellular components, we hypothesized that it might be an additional strategy to combat starvation during overwintering. In this study, we measured the abundance of the proteins involved in the signaling pathway of autophagy during overwintering in adults of the bean bug Riptortus pedestris (Fabricius) (Hemiptera: Alydidae), which must withstand the periodic depletion of its host plants from late fall to early spring. Although the levels of gamma-aminobutyric acid receptor-associated protein (GABARAP) markedly increased after the cessation of food supply, AMP-activated protein kinase (AMPK) and target of rapamycin (TOR) were not found to be associated with food depletion. Thus, food depletion appears to induce autophagy independent of AMPK and TOR. The GABARAP levels significantly increased universally when the food supply ceased, irrespective of the diapause status of adults and low-temperature conditions. In overwintering diapause adults under seminatural conditions, the GABARAP levels significantly increased during early spring. Thus, autophagy appears to assist the survival of the bean bugs under natural conditions of food deficiency.

    DOI PubMed

  • Generation of Rat Monoclonal Antibodies Specific for Human Stromal Cell-Derived Factor-2.

    Tanaka M, Shiota M, Koyama M, Nakayama J, Yashiro M, Semba K, Goda N

    Monoclonal antibodies in immunodiagnosis and immunotherapy   39 ( 1 ) 23 - 26  2020年02月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • A dipeptidyl peptidase-4 (DPP-4) inhibitor, linagliptin, attenuates cardiac dysfunction after myocardial infarction independently of DPP-4.

    Yamaguchi T, Watanabe A, Tanaka M, Shiota M, Osada-Oka M, Sano S, Yoshiyama M, Miura K, Kitajima S, Matsunaga S, Tomita S, Iwao H, Izumi Y

    Journal of pharmacological sciences   139 ( 2 ) 112 - 119  2019年02月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • HIF-1-dependent lipin1 induction prevents excessive lipid accumulation in choline-deficient diet-induced fatty liver.

    Takatomo Arai, Masako Tanaka, Nobuhito Goda

    Scientific reports   8 ( 1 ) 14230 - 14230  2018年09月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    Adaptive responses to hypoxia regulate hepatic lipid metabolism, but their consequences in nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD) are largely unknown. Here, we show that hypoxia inducible factor-1 (HIF-1), a key determinant of hypoxic adaptations, prevents excessive hepatic lipid accumulation in the progression of NAFLD. When exposed to a choline-deficient diet (CDD) for 4 weeks, the loss of hepatic Hif-1α gene accelerated liver steatosis with enhanced triglyceride accumulation in the liver compared to wild-type (WT) livers. Expression of genes involved in peroxisomal fatty acid oxidation was suppressed significantly in CDD-treated WT livers, whereas this reduction was further enhanced in Hif-1α-deficient livers. A lack of induction and nuclear accumulation of lipin1, a key regulator of the PPARα/PGC-1α pathway, could be attributed to impaired peroxisomal β-oxidation in Hif-1α-deficient livers. The lipin1-mediated binding of PPARα to the acyl CoA oxidase promoter was markedly reduced in Hif-1α-deficient mice exposed to a CDD. Moreover, forced Lipin1 expression restored the aberrant lipid accumulation caused by Hif-1α deletion in cells incubated in a choline-deficient medium. These results strongly suggest that HIF-1 plays a crucial role in the regulation of peroxisomal lipid metabolism by activating the expression and nuclear accumulation of lipin1 in NAFLD.

    DOI PubMed

  • Role of hypoxia-inducible factor-1 in the development of renal fibrosis in mouse obstructed kidney: Special references to HIF-1 dependent gene expression of profibrogenic molecules

    Kazuya Kabei, Yu Tateishi, Masakazu Nozaki, Masako Tanaka, Masayuki Shiota, Mayuko Osada-Oka, Shunji Nishide, Junji Uchida, Tatsuya Nakatani, Shuhei Tomita, Katsuyuki Miura

    Journal of Pharmacological Sciences   136 ( 1 ) 31 - 38  2018年01月  [査読有り]

     概要を見る

    The aim of the study is to clarify the role of hypoxia-inducible factor-1 (HIF-1) in the development of renal fibrosis in mouse obstructive nephropathy. We used mice with floxed HIF-1α alleles and tamoxifen-inducible Cre/ERT2 recombinase under ubiquitin C promoter to induce global HIF-1α deletion. Following tamoxifen administration, mice were subjected to unilateral ureteral obstruction (UUO). At 3, 7 and 14 days after UUO, renal gene expression profiles and interstitial fibrosis were assessed. HIF-1 dependent up-regulation of prolyl hydroxylase 3 and glucose transporter-1 was observed in the obstructed kidney at 3 and 7 days but not at 14 days after UUO. Various factors promoting fibrosis were up-regulated during the development of fibrosis. HIF-1 dependent gene expression of profibrotic molecules, plasminogen activator inhibitor 1, connective tissue growth factor, lysyl oxidase like 2 and transglutaminase 2 was observed in the obstructed kidney but such HIF-1 dependency was limited to the early onset of renal fibrosis. Global HIF-1 deletion tended to attenuate interstitial collagen I deposition at 3 days but had no effects thereafter. It is suggested that HIF-1 dependent profibrogenic mechanisms are operating at the early onset of renal fibrosis but its contribution declines with the progression in mouse UUO model.

    DOI PubMed

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Heat shock protein 72によるStromal cell-derived factor 2の保護はオキサリプラチン耐性ヒト胃癌細胞においてオキサリプラチン誘導性の細胞死を抑制する

    高橋 克之, 田中 昌子, 八代 正和, 松本 雅記, 大塚 明日香, 中山 敬一, 泉 康雄, 永山 勝也, 三浦 克之, 岩尾 洋, 塩田 正之

    大阪市医学会雑誌   66   40 - 41  2017年12月

  • Hsp72によるSDF-2の分解抑制はオキサリプラチン耐性の一因である

    塩田 正之, 高橋 克之, 八代 正和, 田中 昌子

    日本癌学会総会記事   76回   J - 1017  2017年09月

  • 心血管リモデリングと循環制御 心血管リモデリングにエキソソームが果たす役割

    山口 雄大, 泉 康雄, 岡 真優子, 塩田 正之, 田中 昌子, 岩尾 洋

    日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集   38回   37 - 37  2017年06月

  • 高血圧ラットにおける血中エキソソームの内皮細胞への役割

    泉 康雄, 櫻井 絵未, 岡 真優子, 田中 昌子, 塩田 正之, 岩尾 洋, 三浦 克之

    血管   39 ( 1 ) 41 - 41  2016年01月

  • 活性化マクロファージ由来エキソソームと血管内皮細胞障害

    岡 真優子, 塩田 正之, 田中 昌子, 泉 康雄, 岩尾 洋

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   87回   [2T09p - 10]  2014年10月

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 公開特許公報(A)_形質細胞性腫瘍を検出するための方法、キット及びマーカー

    塩田 正之, 岩尾 洋, 田中 昌子, 植村 遼, 西 智史

    特許権

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第64回大阪市医学会賞

    2019年03月  

    受賞者: 田中 昌子

  • 第63回大阪市医学会賞

    2018年03月  

  • 若手研究奨励賞

    2017年11月   第12回臨床ストレス応答学会大会  

    受賞者: 田中 昌子

  • 第62回大阪市医学会賞

    2017年03月  

    受賞者: 田中 昌子

  • 第61回大阪市医学会賞

    2016年03月  

    受賞者: 田中 昌子

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 分子シャペロンの結合解析に基づいた多剤耐性機構の解明

    若手研究

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    田中 昌子

    担当区分: 研究代表者

  • 小胞体ストレス応答におけるSDF-2機能解析によるオキサリプラチン耐性機序の解明

    若手研究(B)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    田中 昌子

     概要を見る

    本研究はSDF-2の小胞体における分子機能を同定し、オキサリプラチンの新たな耐性機構を明らかにする研究である。平成29年度までに、SDF-2が小胞体に局在すること、SDF-2ノックダウンがUPRシグナルに影響を与えないことを明らかにした。そこで、平成30年度はSDF-2の小胞体における新たな分子機能を解析すべく、SDF-2過剰発現またはノックアウト細胞株を樹立し、オキサリプラチンの感受性について調べた。
    (1. 細胞株の樹立)レトロウイルス発現システムによりオキサリプラチン感受性胃がん細胞株からSDF-2過剰発現株を作製した。また、CRISPR-Cas9システムによりオキサリプラチン耐性株からSDF-2ノックアウト細胞株を樹立した。
    (2. オキサリプラチン感受性試験)前項で樹立した細胞株を用いオキサリプラチン感受性試験を実施した。その結果、感受性株にSDF-2を過剰発現させても耐性を獲得しないことが明らかとなった。しかし、耐性株のSDF-2をノックアウトすると薬剤感受性を回復し、これまでのノックダウン実験の結果を支持する結果を得た。
    次年度はこれらの細胞株を用い、小胞体機能の維持にSDF-2がどのように働くのかを解析する予定である。

  • オキサリプラチン耐性因子SDF-2の機能解析

    研究期間:

    2017年03月
    -
     
     

    田中 昌子

    担当区分: 研究代表者

  • シャペロン結合解析による膵癌の薬剤自然耐性解除薬の標的分子同定

    研究活動スタート支援

    研究期間:

    2014年08月
    -
    2016年03月
     

    田中 昌子

    担当区分: 研究代表者

     概要を見る

    本研究ではヒト膵癌細胞株PANC-1より低血清耐性株PANC-1/Stvおよび低酸素耐性株PANC-1/Hypを樹立し、HSP72と結合するタンパク質を解析することでゲムシタビンの自然耐性に関与する分子を探索した。ゲムシタビン獲得耐性株であるPANC-1/GEMはゲムシタビンの不活化により耐性を獲得したが、PANC-1/StvおよびPANC-1/Hyp細胞は既知の耐性因子の発現は変化せず、PANC-1/GEM細胞とは異なる機構で耐性を獲得していると考えられた。そこで、PANC-1/GEM細胞のHSP72結合タンパク質群と比較し、ゲムシタビン自然耐性株にのみ共通する37のタンパク質を同定した。

  • HSP72相互作用解析に基づいた新規腫瘍マーカースクリーニング法の開発

    特別研究員奨励費

    研究期間:

    2012年
    -
    2013年
     

    田中 昌子

     概要を見る

    近年、熱ショックタンパク質72(HSP72)が腫瘍特異抗原と結合したまま、細胞外へと放出されることが報告された。そこで、本研究では血中のHSP72と結合するタンパク質を質量分析計にて同定および比較解析することで、多発性骨髄腫のマーカー探索を試みた。2年目の目標は、1年目に確立した血中のHSP72複合体単離法(NHq法)により同定したマーカー候補分子が、多発性骨髄腫のマーカーとして妥当であるか検証することである。
    1. マーカー候補タンパク質とHSP72の結合確認
    1年目に同定された4つの候補分子のうち、2分子についてHSP72との結合を確認したところ、マーカーとなり得る分子が全長タンパク質だけではなく、断片化したフラグメントタンパク質である可能性が示唆された。さらに多発性骨髄腫の培養細胞を用いて解析したところ、全長タンパク質は主に細胞内でHSP72と結合しているが、フラグメントタンパク質は細胞内外でHSP72と結合していた。以上より、HSP72に結合するフラグメントタンパク質は腫瘍細胞から積極的に分泌されている可能性がある。
    2. ELISAによる定量解析および疾患特異性の評価
    全長タンパク質として検出されたHistone H4の血中濃度をELISA法にて定量し、健常者22例、多発性骨髄腫患者30例、その他血液疾患患者30例において比較解析した。その結果、3群に有意な差は見られず、Histone H4は多発性骨髄腫特異的なマーカーとしては妥当でないことが明らかとなった。また、すべての群において、血清中のHSP72レベルとHistone H4レベルに相関は見られなかった。
    3. 患者検体数を増やした再スクリーニング
    質量分析による同定精度を高めるために、患者検体数を10例に増やし、マーカー候補分子の再スクリーニングを行った。その結果、10例すべての患者から同定されたタンパク質が3つであった。その中から最も同定精度の高かったTim13について解析を進めている。

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • Hsp70結合解析による抗がん剤に対する多剤耐性機構の解明

    2020年   合田 亘人

     概要を見る

     がん細胞は1つの細胞障害性抗がん剤に対して耐性を獲得すると、作用機序の異なる他の種類の抗がん剤に対しても耐性を示すようになる。多剤耐性の獲得は二次治療以降の治療成績を下げるため、耐性の分子機構の解明と克服は重要な課題である。申請者はこれまでにストレス応答分子であるHsp70 (Heat shock protein 70) と結合するタンパク質を解析し、抗がん剤耐性を生じさせる因子を同定してきた。本研究課題では作用機序の異なる、それぞれの抗がん剤に耐性となった細胞を試料に、Hsp70結合タンパク質を質量分析によって同定した。さらに、同定タンパク質を細胞株間で比較解析し、多剤耐性の原因となる候補因子のスクリーニングを実施した。

  • 新規オキサリプラチン耐性因子の分子機能解析

    2019年   合田 亘人, 仙波 憲太郎, 中山 淳

     概要を見る

     申請者はこれまでに第三世代の白金製剤であるオキサリプラチンの新たな耐性因子としてStromal cell-derived factor-2 (SDF-2) を同定した。しかし、SDF-2がどのような分子機構によって耐性を生じさせるのか分かっていない。そこで、内因性のSDF-2を認識する抗体の作製や、SDF-2安定発現および欠損細胞の樹立により、SDF-2の分子機能の解明を目指した。その結果、SDF-2はがん細胞において小胞体に局在することが明らかとなった。さらに、SDF-2の欠損は主要な小胞体機能である小胞体ストレス応答や糖鎖修飾に影響を与えなかったが、小胞体のCa2+の枯渇を引き起こした。SDF-2はSDF2L1と同様に小胞体分子シャペロンであるBipのタンパク質修復サイクルに寄与すると考えられてきたが、新たに小胞体のCa2+貯蔵の恒常性維持に関与することを明らかにした。

  • 分子シャペロンの結合解析に基づいた多剤耐性機構の解明

    2019年   合田 亘人

     概要を見る

     がん細胞は1つの細胞障害性抗がん剤に対して耐性を獲得すると、作用機序の異なる他の種類の抗がん剤に対しても耐性を示すようになる。多剤耐性の獲得は二次治療以降の治療成績を下げるため、耐性の分子機構の解明と克服は重要な課題である。申請者はタンパク質の立体構造を安定化する分子シャペロンと結合するタンパク質の解析手法を開発し、抗がん剤の新たな耐性因子を同定した。そこで、本手法を応用し、細胞障害性抗がん剤に耐性となった4種類の胃がん細胞株を解析し、共通する分子シャペロン結合タンパク質を解析することで、多剤耐性の獲得に関わる候補分子をスクリーニングした。その結果、4種すべての抗がん剤に共通する分子を6分子同定した。

  • SDF-2の機能解析に基づいたオキサリプラチン耐性機序の解明

    2017年   合田 亘人

     概要を見る

    オキサリプラチンは腫瘍の縮小効果が高い抗がん剤である。しかし、早期に耐性が生じるため、耐性の解除が化学療法における重要な課題である。申請者はこれまでにキサリプラチンの新規耐性因子としてStromal cell-derived factor 2 (SDF-2) を同定した。しかし、SDF-2が耐性を生じさせる分子機構については明らかにできていない。そこで本研究はSDF-2の分子機能の解析を中心に、オキサリプラチンの耐性機構の解明を目的とした。その結果、SDF-2はオキサリプラチンだけではなくツニカマイシンやタプシガルギンといった小胞体ストレス (UPR) の誘導剤によってもタンパクレベルが上昇することから小胞体におけるストレス応答に関与している可能性が示唆された。しかし、このタンパクレベルの上昇は遺伝子発現を伴わないこと、またSDF-2のノックダウンがUPRシグナルに影響を与えないことから、SDF-2がUPRを直接的に制御して耐性を生じさせている可能性は低いと考えらえる。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 環境衛生科学特論

    京都府立大学  

  • 生体と薬物

    大阪市立大学  

  • Life Science and Medical Bioscience Seminar I

    早稲田大学  

  • 生命医科学ゼミナールI

    早稲田大学  

  • 生命科学概論A

    早稲田大学  

全件表示 >>