丹生谷 博 (ニュウノヤ ヒロシ)

写真a

所属

理工学術院 創造理工学部

職名

講師(任期付)

ホームページ

http://www.sci.waseda.ac.jp/jkc/index.html

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年09月

    東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)   Graduate School, Division of Science   botany  

  • 1975年04月
    -
    1980年03月

    東京大学大学院   理学系研究科   植物学専攻  

    満期退学

  • 1971年04月
    -
    1975年03月

    京都大学   農学部   農林生物学科  

    卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   理学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    早稲田大学理工学術院   創造理工学部(実験教育センター)   講師(任期付)

  • 2017年03月
    -
    継続中

    明治大学   経営学部   兼任講師

  • 1995年04月
    -
    2017年03月

    東京農工大学   遺伝子実験施設   助教授 ー 教授

  • 1995年10月
     
     

    (独)マックスプランク研究所(ポツダム)   分子植物生理学研究所   文科省在外研究員

  • 1986年11月
    -
    1995年03月

    国立がんセンター研究所   ウイルス部   研究員 ー 主任研究官

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 植物分子、生理科学

  • 植物保護科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 植物と植物ウイルスの相互作用

  • Interaction between plant and plant virus

論文 【 表示 / 非表示

  • Cooperative roles of introns 1 and 2 of tobacco resistance gene N in enhanced N transcript expression and antiviral defense responses

    Chihiro Ikeda, Kazuo Taku, Tsumugi Miyazaki, Rikako Shirai, Richard S. Nelson, Hiroshi Nyunoya, Yasuhiko Matsushita, Nobumitsu Sasaki

    Scientific Reports   11 ( 1 )  2021年07月  [査読有り]

     概要を見る

    <title>Abstract</title>The tobacco virus resistance gene <italic>N</italic> contains four introns. Transient expression of transcripts from an <italic>N</italic> transgene containing these introns and driven by the native promoter in the presence of the elicitor of tobacco mosaic virus resulted in its increased expression. The requirement of the native promoter, the elicitor, or the individual introns for enhanced expression of <italic>N</italic> has not been fully studied. Here, we determined that 35S promoter-driven <italic>N</italic> transcript expression could be enhanced in the presence of the four introns regardless of the co-expression of the virus elicitor in tobacco. Function analyses using a series of <italic>N</italic> transgenes with different combination of introns revealed that the presence of intron 1 more so than intron 2 allowed higher accumulation of premature and mature <italic>N</italic> transcripts; however, both introns were important for not only enhanced gene expression but also for induction of cell death in tobacco and induced local resistance to spread of virus in <italic>Nicotiana benthamiana</italic>. Our findings indicate that introns 1 and 2 cooperatively contribute to <italic>N</italic> expression and virus resistance.

    DOI

  • Cell-death-independent antiviral response mediated by N resistance factor in Nicotiana benthamiana involves inhibited localization of tobamovirus movement protein to plasmodesmata

    Nobumitsu Sasaki, Tomoya Murakami, Nanae Yoshimoto, Ken Komatsu, Yasuhiko Matsushita, Hiroshi Nyunoya

    Journal of General Plant Pathology   87 ( 3 ) 170 - 177  2021年05月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

    DOI

  • Plant Protein-Mediated Inhibition of Virus Cell-to-Cell Movement: Far-Western Screening and Biological Analysis of a Plant Protein Interacting with a Viral Movement Protein.

    Sasaki N, Matsushita Y, Nyunoya H

    In "(book) Antiviral Resistance in Plants : Methods and Protocols", Methods in Molecular Biology   ( 2028 ) 123 - 144  2019年06月  [招待有り]

    DOI

  • Altered subcellular localization of a tobacco membrane raft-associated remorin protein by tobamovirus infection and transient expression of viral replication and movement proteins

    Nobumitsu Sasaki, Eita Takashima, Hiroshi Nyunoya

    Frontiers in Plant Science   9   619  2018年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Remorins are plant specific proteins found in plasma membrane microdomains (termed lipid or membrane rafts) and plasmodesmata. A potato remorin is reported to be involved in negatively regulating potexvirus movement and plasmodesmal permeability. In this study, we isolated cDNAs of tobacco remorins (NtREMs) and examined roles of an NtREM in infection by tomato mosaic virus (ToMV). Subcellular localization analysis using fluorescently tagged NtREM, ToMV, and viral replication and movement proteins (MPs) indicated that virus infection and transient expression of the viral proteins promoted the formation of NtREM aggregates by altering the subcellular distribution of NtREM, which was localized uniformly on the plasma membrane under normal conditions. NtREM aggregates were often observed associated closely with endoplasmic reticulum networks and bodies of the 126K replication and MPs. The bimolecular fluorescence complementation assay indicated that NtREM might interact directly with the MP on the plasma membrane and around plasmodesmata. In addition, transient overexpression of NtREM facilitated ToMV cell-to-cell movement. Based on these results, we discuss possible roles of the tobacco remorin in tobamovirus movement.

    DOI PubMed

  • Introns of the tobacco resistance gene N play important roles in elicitor-responsive upregulation and efficient induction of defense responses

    Kazuo Taku, Nobumitsu Sasaki, Kenta Matsuzawa, Atsushi Okamura-Mukai, Hiroshi Nyunoya

    Journal of General Plant Pathology   84 ( 2 ) 73 - 84  2018年03月  [査読有り]

     概要を見る

    The tobacco resistance gene N is known to be upregulated transcriptionally upon infection with Tobacco mosaic virus or the transient expression of the virus elicitor (termed p50), which is the helicase domain of the virus replicase, leading to cell death-associated defense responses. To investigate the roles of the encoded protein and introns of the N gene in its elicitor-triggered upregulation, we developed an Agrobacterium-mediated transient gene transfer system to express the N transgene controlled by the upstream region of the N gene itself in N-lacking tobacco. The transcript level of the N transgene with the introns was enhanced sharply when the p50 transgene was coexpressed. Introduction of a frameshift mutation in the intron-containing N transgene abolished its response to the elicitor, but an additional expression of the functional N protein supplied in trans complemented the upregulation of the mutant transgene. In contrast, an intron-less N transgene failed to be upregulated by the p50 coexpression, resulting in delayed and attenuated cell death and slow induction of defense-related gene expression. In addition, introduction of a frameshift mutation in the intron-less N transgene resulted in no response to the elicitor even with coexpression of the functional N protein. Our data provide the first evidence for important roles of introns of a resistance gene in elicitor-responsive gene regulation and efficient defense induction.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • バイオロジカルクリーンルームの設計・維持管理と作業員教育(遺伝子研究施設における清浄度基準とその関連法規対応)

    丹生谷 博( 担当: 共著)

    技術情報協会  2018年02月

  • ゲノム情報解析 ー 次世代シーケンサーの最新の方法と応用

    丹生谷博

    エヌ・ティー・エス  2016年

  • 遺伝子治療・診断の最先端技術と新しい医薬品・診断薬の開発(植物への遺伝子導入時における適切なプロトコール,トラブル回避策)

    丹生谷( 担当範囲: 植物への遺伝子導入時における適切なプロトコール,トラブル回避策)

    技術情報協会  2014年05月

  • 新バイオの扉ー未来を拓く生物工学の世界ー

    丹生谷博( 担当: 共著,  担当範囲: 遺伝子組換え作物)

    裳華房  2013年

  • RADIOISOTOPES(月刊誌)「植物ウイルスにコードされる蛋白質と相互作用する植物因子」

    日本アイソトープ協会  2010年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • ウイルス防御応答における抵抗性遺伝子Nのイントロンの役割

    佐々木信光, 多久和夫, 丹生谷博

    植物感染生理談話会論文集   ( 53 ) 27 - 36  2018年08月  [査読有り]  [招待有り]

  • 教育目的遺伝子組換え実験教育研修会の10年間の活動

    小野道之, 大藤道衛, 齋藤淳一, 中島春紫, 佐藤由紀夫, 笹川由紀, 正木春彦, 丹生谷博, 鎌田博

    日本植物学会大会研究発表記録   75th   244  2011年09月

    J-GLOBAL

  • チオシアネート加水分解酵素の組換え体発現―活性化タンパク質P15Kの機能

    尾高雅文, 片岡慎吾, 荒川孝俊, 堀祥太, 片山葉子, 松下保彦, 中山洋, 丹生谷博, 堂前直, 前田瑞夫, 養王田正文

    酵素工学研究会講演会講演要旨集   56th   48  2006年

    J-GLOBAL

  • システイン酸化体を配位子とする新規金属酵素の反応機構解析

    尾高雅文, 中山洋, 橋本花那子, 片山葉子, 河野能顕, 養王田正文, 丹生谷博, 長棟輝行, 遠藤勲

    生化学   73 ( 8 ) 633  2001年08月

    J-GLOBAL

  • 植物RNAウイルスの移行蛋白質と相互作用する宿主因子のcDNAクローニング

    松下保彦, 丹生谷 博

    植物感染生理談話会論文集 第36号, p.132-139 (ISSN 1345-8086) 日本植物病理学会    2000年

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度論文賞

    2016年03月   日本植物病理学会  

    受賞者: 佐々木信光, 宍倉竜樹, 丹生谷 博

  • 会長表彰

    2013年06月   日本技術士会  

    受賞者: 丹生谷 博

  • 特別賞

    2011年09月   日本植物学会  

    受賞者: 鎌田博, 丹生谷博, その他を含むグループ

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 植物ウイルスの感染と植物の応答

    研究期間:

    1995年
    -
    2004年
     

  • Plant virus and plant response to the infection

    研究期間:

    1995年
    -
    2004年
     

  • 核タンパク質のcDNAクローニング

  • 微生物の有用遺伝子クローニング

  • 植物遺伝子の機能解析

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 転写物の蓄積とウイルス感染抑制における抵抗性遺伝子Nのイントロン1と2の重要性

    佐々木信光, 池田千尋, 松下保彦, 丹生谷 博

    令和2年度日本植物病理学会大会  

    発表年月: 2020年03月

    開催年月:
    2020年03月
     
     
  • 病原性青枯病菌への耐病性におけるタバコDOF型転写因子BBF3の役割

    鈴木大河, 鈴木美緒, 曳地康史, 丹生谷博, 松下保彦, 佐々木信光

    令和2年度日本植物病理学会大会  

    発表年月: 2020年03月

    開催年月:
    2020年03月
     
     
  • 過剰発現タバコを用いたDof 型転写 因子BBF2 の病害抵抗性における機能の解析

    鈴木 新, 仁藤史乃, 曵地康史, 松浦恭和, 池田陽子, 丹生谷博, 松下保彦, 佐々木信光

    平成31年度日本植物病理学会大会  

    発表年月: 2019年03月

  • ウイルス抵抗性遺伝子N のイントロ ン4 に由来するsmall RNA の推定標的遺伝子の解析

    白井梨花子, 丹生谷博, 松下保 彦, 佐々木信光

    平成31年度日本植物病理学会大会  

    発表年月: 2019年03月

  • イントロンを介した抵抗性遺伝子Nの転写物量調節機構の解析

    宮崎 紡希, 池田 千紘, 多久 和夫, 山家 美歩, 丹生谷 博, 松下 保彦, 佐々木 信光

    第41回日本分子生物学会年会  

    発表年月: 2018年11月

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 理工学基礎実験

    早稲田大学  

  • 生物学

    東京農工大学,明治大学  

  • 生物化学

    帝京科学大学,北里大学  

  • 分子生物学

    東京農工大学,横浜市立大学,首都大学東京  

  • 遺伝子工学

    東京農工大学,東京外国語大学,筑波大学  

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

    農水省  農業資材審議会飼料分科会(遺伝子組換え飼料部会)専門委員・臨時委員

  • 2004年
    -
    2018年03月

    日本アイソトープ協会  ライフサイエンス部会企画委員会委員

  • 2010年
    -
    2016年

    日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員

  • 2001年
    -
    2016年

    経産省  地域研究開発事業事前評価委員

  • 2003年09月
    -
    2009年09月

    内閣府食品安全委員会  専門委員(厚労省薬事・食品衛生審議会臨時委員より異動)

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 生命科学基礎実験

    早稲田大学  スーパーサイエンスハイスクール支援事業(戸山高校) 

    2017年
    -
    継続中

  • おもしろ科学実験教室

    鴨川市・早稲田大学 

    2017年
    -
    継続中

  • カルタヘナ法について

    群馬大学  「多能工学」研究支援人材育成教育 

    2017年
    -
    継続中

  • 学校教員のための遺伝子組換え実験実習

    東京農工大学,筑波大学 

    2001年
    -
    2017年

  • 遺伝子工学基礎実験実習コース

    東京農工大学公開講座 

    1996年
    -
    2017年

全件表示 >>