太田 有子 (オオタ アリコ)

写真a

所属

附属機関・学校 留学センター

職名

准教授(任期付)

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学位 【 表示 / 非表示

  • Columbia University   Ph.D.

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   留学センター   准教授

  • 2012年
    -
    2017年

    首都大学東京 (現・東京都立大学)   国際センター   特任准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本社会学理論学会

  •  
     
     

    地域社会学会

  •  
     
     

    関東社会学会

  •  
     
     

    日本社会学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 比較分析

  • ガバナンス

  • 地域

  • グローバリゼーション

  • 社会変動

論文 【 表示 / 非表示

  • 「グローバル研究の課題と展望―社会科学における学際的議論に関する一考察―」

    太田 有子

    『社会科学ジャーナル』   ( 86 ) 75 - 87  2019年  [査読有り]

  • “Porcelain and Power: Comparative Regional Analysis of Industrial Manufacturing in Tokugawa Japan.”

    Ariko Ota

    International Journal of Asian Studies   14 ( 1 ) 27 - 46  2017年01月  [査読有り]

    DOI

  • 「現代社会学研究における国家概念の課題と展望」

    太田 有子

    『現代社会学理論研究』   ( 9 ) 94 - 104  2015年  [査読有り]

  • 「資源ガバナンスの比較地域分析−陶磁器の生産流通制度をめぐる関係性の形成と変容」

    太田 有子

    『社会学評論』   ( 257 ) 16 - 31  2014年  [査読有り]

  • 「比較分析の方法と課題―海外における歴史社会学の研究動向に関する一考察」

    太田 有子

    『社会科学研究』   57 ( 3・4 ) 19 - 36  2006年  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • “Porcelain and Power: Merchandising Policies in Tokugawa Japan.”

    ( 担当: 単著)

    Ph.D. Dissertation, Columbia University (コロンビア大学大学院社会学研究科 博士学位論文) UMI (Reprinted)  2003年

Misc 【 表示 / 非表示

  • Book Review “Abortion Before Birth Control: The Politics of Reproduction in Postwar Japan by Tiana Norgren. Princeton: Princeton University Press, 2001.”

    OTA, Ariko

    Social Science Japan Journal   6   315 - 318  2003年  [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • グローバリゼーションと地域産業―陶磁器業の生産・流通ネットワークの比較地域分析―

    研究期間:

    2020年
    -
    2022年
     

    太田 有子

    担当区分: 研究代表者

  • 近代日本の複線的工業化の制度的要因―陶磁器業の地域比較分析―

    研究期間:

    2010年
    -
    2013年
     

    太田 有子

    担当区分: 研究代表者

  • 近代日本における産業化の政治社会構造的要因の地域比較分析

    研究期間:

    2005年
    -
    2007年
     

    太田 有子

    担当区分: 研究代表者

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 「グローバリゼーションと地域ガバナンスー陶磁器業をめぐる越境的交流活動の比較分析ー」

    太田 有子

    日本社会学会大会  

    発表年月: 2021年

  • “Analysis of Social Dynamics in Global Perspective: Agenda and Approaches in Sociology.”

    Ariko Ota

    East Asian Sociological Association(東アジア社会学会大会)  

    発表年月: 2019年

  • 「グローバル社会学の方法と課題ーグローバリゼーションと社会変動ー」

    太田 有子

    日本社会学会大会  

    発表年月: 2019年

  • “Porcelain in Globalization: Dynamics of Industrial Manufacturing in Modern Japan.”

    Ariko Ota

    Japan Studies Association Conference  

    発表年月: 2018年

  • 「グローバリゼーションと地域産業の変容―陶磁器の生産・流通をめぐる関係性の比較分析―」

    太田 有子

    日本社会学会大会  

    発表年月: 2017年

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • グローバリゼーションと地域産業―陶磁器業のネットワークの地域比較分析―

    2019年  

     概要を見る

    本研究課題は、グローバリゼーションの動態を明らかにすることを目的として、地域産業の越境的な活動とその関係性の変化を分析することを目的としている。グローバルな視点で地域産業をめぐる環境や関係の変化を中心に分析を行うものである。陶磁器生産が持続的に発展した地域における陶磁器業をめぐる環境の変化、海外市場への編入の影響について分析を行っており、今年度は、複数の地域の比較分析を通じて、各地域の地域的特性とその要因について検討し、分析の結果をまとめた。本研究に関連して理論・分析上の方法論をめぐる議論の基盤となるグローバル研究に関する理論的考察を学会にて報告した。This study analyzes the dynamics of relations in regional industrial manufacturing sectors in modern Japan in the context of globalization. It comparatively analyzes activities as well as the relations of porcelain manufacturing and distribution from the late 19th century to the early 20th century in Japan. It examines how the activities of manufacturing and distributing porcelains and the relations of those who were engaged changed in the process of integration of the global markets. It examines the regional differences in the manufacturing and distributing porcelains, including the major agents, strategies, and the sources of funding. It also surveys how the pre-existing practices and relations shaped the ways of organizing resources for producing and distributing porcelains in each region. The researcher presented the paper in conference and also drafted articles for academic journals.

  • グローバリゼーションと地域産業―陶磁器業の生産・流通に関する地域比較分析―

    2018年  

     概要を見る

    本研究課題は、グローバリゼーションに伴う地域産業をめぐる関係性の変化を分析することを目的としている。日本の工業化の政治・社会的背景をグローバルな視点で捉え、陶磁器生産が持続的に発展した地域における陶磁器業をめぐる環境の変化、海外市場への編入の影響について分析を行った。今年度は、先行研究の議論の整理とともに、本研究の学術的位置づけを示すため、グローバル研究に関する理論的考察を学術誌、国際学会にて報告した。This study examines the dynamics of relations inregional industrial manufacturing sectors in modern Japan in the context ofglobalization. It analyzes therelations of porcelain manufacturing and distribution from the late 19thcentury to the early 20th century in Japan. It examines how thenetworks for manufacturing and distributing porcelains extended from theregional production sites to the national and global markets. It examines the regionaldifferences in the process of manufacturing and distributing porcelains,including the major agents, strategies, and the source of funding. It alsosurveys how the pre-existing practices and relations shaped the ways oforganizing resources for producing and distributing porcelains. The researcher published a review article of theoretical discussion on global studies inacademic journal and presented the paper in an international conference.

  • グローバリゼーションと地域産業-陶磁器をめぐる生産・流通ネットワークの分析-

    2017年  

     概要を見る

    本研究課題では、グローバリゼーションに伴う地域産業をめぐる関係性の変化を分析することを目的としている。日本における工業化の政治・社会的背景をグローバルな視点で捉え、近代以降、陶磁器業をめぐる環境の変化とともに、陶磁器生産が現在に至るまで持続的に発展した地域において、近代以降の政治体制の変化や海外市場への編入が陶磁器業にどのような影響を与えたか分析するとともに先行研究における議論や理論的背景の整理を行った。本研究の経過を国内および国際学会にて報告した。

  • グローバル文化圏における関係性―陶磁器の生産・流通ネットワークの比較分析―

    2017年  

     概要を見る

    This study examines the dynamics of relations inregional industrial manufacturing sectors in modern Japan in the context ofglobalization. It analyzes therelations of porcelain manufacturing and distribution from the late 19thcentury to the early 20th century in Japan. It examines how thenetworks for manufacturing and distributing porcelains extended from theregional production sites to the national and global markets. It examines the regionaldifferences in the process of manufacturing and distributing porcelains,including the major agents, strategies, and the source of funding. It alsosurveys how the pre-existing practices and relations shaped the ways oforganizing resources for producing and distributing porcelains. The researchersurveyed the previous literature and did preliminary analysis of regions thisyear and presented papers in conference in Japan and in the United States.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    2017年

    関東社会学会  専門審査委員