ポッペ クレメンス ピーター (ポッペ クレメンス ピーター)

写真a

所属

教育・総合科学学術院 教育学部

職名

講師(専任)

兼担 【 表示 / 非表示

  • 教育・総合科学学術院   大学院教育学研究科

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    Waseda University   School of Education

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    INTERNATIONAL COGNITIVE LINGUISTICS ASSOCIATION

  •  
     
     

    早稲田大学英語英文学会

  •  
     
     

    朝鮮語研究会

  •  
     
     

    日本認知言語学会

  •  
     
     

    日本音韻論学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 言語学   音韻論、形態論

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 類型論

  • 方言

  • 形態論

  • 音韻論

  • 英語

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Prosodic weakness of high vowels in Japanese dialects and the distinction between inherent and derived sonority

    Clemens Poppe

    Proceedings of the 5th International Conference on Phonology and Morphology (July 3-5 2014, Chonnam National University, Gwangju, Korea).     213 - 216  2014年07月

  • 日本語動詞アクセントにおける活用形間対応制約の役割

    クレメンス・ポッペ

    日本言語学会第148大会予稿集     344 - 349  2014年06月

  • Japanese kanji characters prime multiple phonological representations

    Verdonschot, R.G, Poppe, C, Tamaoka, K, Schiller, N.O

    Beiträge zur 50. Tagung experimentell arbeitender Psychologen (TeaP2008)     48  2008年

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • A Contrastive Study of Lexical Stratification in Japanese and Korean

    若手研究

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

    Poppe CP

  • Dialectal variation in Japanese morphophonology: A cognitive-linguistic perspective

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

    クレメンス・ポッペ

    担当区分: 研究代表者

  • 言語類型論から見た日本語諸方言におけるトーンと母音の相互作用

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2017年03月
     

    クレメンス・ポッペ

    担当区分: 研究代表者

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • A foot-based analysis of tone and length alternations in North Kyengsang Korean verbs

    KLCC 2021: Korean Linguistics in Crosslinguistic Context  

    発表年月: 2021年06月

    開催年月:
    2021年06月
     
     
  • Pitch accent and suffix shape in Kyengsang Korean

    Phonology Festa 16  

    発表年月: 2021年03月

  • Morphology and Accent in Japanese and Korean

    Clemens Poppe

    第一回 「対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法」オンライン研究発表会 (後期) (2020年10月9日)  

    発表年月: 2020年10月

  • Cognitive phonology and the accented-unaccented opposition in Japanese

    クレメンス・ポッペ

    International Cognitive Linguistics Conference (ICLC 15)  

    発表年月: 2019年08月

  • 自立分節理論による日本語の「弱モーラ」の統一的分析

    クレメンス・ポッペ

    「対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法」共同研究発表会  

    発表年月: 2019年05月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • Dialectal variation in Japanese morphophonology

    2019年  

     概要を見る

    In this project the focus layon typologically and theoretically important (morpho-)phonological phenomena ina number of Japanese dialects. One part of the project consistedof an investigation of the roles of segmental and morphological structure inthe accent and tone systems four different dialects: Tokyo Japanese, MatsueJapanese, Kanazawa Japanese, and Suzu Japanese. Taking data from these dialectsas a starting point, a new theoretical approach to phonological strength in andbeyond Japanese was developed. Although at the initial stage it was based onAutosegmental Phonology (Goldsmith 1976, 1990), it now draws more heavily oninsights from Dependency Phonology (Anderson & Ewen 1987, Anderson 2011).Furthermore, attention was paid to making the approach largely compatible withCognitive Linguistics.Another part of the projectconsisted of the development of a cognitive-linguistic analysis of theaccented-unaccented opposition in Japanese was developed. The analysis is basedon the idea that a privative opposition can be seen as an instance of the basicasymmetry between a 'baseline' and 'elaboration' (Langacker 2016).Summarizing, new analysesof phenomena related to the interaction between phonology and morphologyin Japanese dialects were developed by combining insights fromAutosegmental Phonology, Dependency Phonology, and Cognitive Linguistics.