片山 宗親 (カタヤマ ムネチカ)

写真a

所属

政治経済学術院 政治経済学部

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/mkatayama

兼担 【 表示 / 非表示

  • 社会科学総合学術院   社会科学部

  • 政治経済学術院   大学院経済学研究科

  • 政治経済学術院   大学院政治学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年
    -
    2008年

    カルフォルニア大学サンディエゴ校   経済学研究科  

  • 1999年
    -
    2001年

    ニューヨーク州立大学バッファロー校   経済学研究科  

  • 1995年
    -
    1999年

    慶應義塾大学   経済学部  

学位 【 表示 / 非表示

  • ニューヨーク州立大学バッファロー校   修士

  • カルフォルニア大学サンディエゴ校   博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年
    -
    継続中

    早稲田大学   政治経済学術院   准教授

  • 2013年
    -
    2017年

    京都大学   大学院経済学研究科   専任講師

  • 2008年
    -
    2013年

    ルイジアナ州立大学   経済学部   助教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本経済学会

  •  
     
     

    European Economic Association

  •  
     
     

    Econometrics Society

  •  
     
     

    American Economic Association

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経済政策

  • 経済統計

論文 【 表示 / 非表示

  • Uncertainty shocks and the relative price of investment goods

    Munechika Katayama, Kwang Hwan Kim

    Review of Economic Dynamics   30   163 - 178  2018年10月  [査読有り]

     概要を見る

    This study empirically shows that higher uncertainty leads to not only a simultaneous drop in consumption and investment, but also a rise in the relative price of investment goods. This negative relationship between the relative price and quantity of investment suggests that heightened uncertainty depresses investment as an adverse supply shock to the investment sector. We demonstrate that a two-sector sticky price model with realistic asymmetric sectoral price rigidity can successfully account for our empirical findings. In particular, the underlying mechanism behind the negative relationship between the price and quantity of investment is limited intersectoral factor mobility. By contrast, the standard two-sector model featuring perfect factor mobility causes a negative co-movement between consumption and investment, contradicting the business cycle phenomenon.

    DOI

  • Intersectoral Labor Immobility, Sectoral Comovement, and News Shocks

    Munechika Katayama, Kwang Hwan Kim

    Journal of Money, Credit and Banking   50 ( 1 ) 77 - 114  2018年02月  [査読有り]

     概要を見る

    Sectoral comovement of output and hours worked is a prominent feature of business cycle data. However, most two-sector neoclassical models fail to generate this sectoral comovement. We construct and estimate a two-sector neoclassical Dynamic Stochastic General Equilibrium (DGSE) model generating sectoral comovement in response to both anticipated and unanticipated shocks. The key to our model's success is a significant degree of intersectoral labor immobility, which we estimate using data on sectoral hours worked. Furthermore, we demonstrate that imperfect intersectoral labor mobility provides a better explanation for the sectoral comovement than an alternative model emphasizing the role of labor-supply wealth effects.

    DOI

  • Rising Skill Premium?: The Roles of Capital-Skill Complementarity and Sectoral Shifts in a Two-Sector Economy

    Naoko Hara, Munechika Katayama, Ryo Kato

    Bank of Japan Working Paper Series    2014年10月

  • The delayed effects of monetary shocks in a two-sector New Keynesian model

    Munechika Katayama, Kwang Hwan Kim

    JOURNAL OF MACROECONOMICS   38 ( Part B ) 243 - 259  2013年12月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper studies a two-sector New Keynesian model that captures the hump-shaped response of non-durable and durable spending to a monetary shock when non-durable prices are sticky and durable goods are flexibly priced. Based on the estimated parameters, we show that habit formation and investment adjustment costs are not sufficient to generate the gradual response of non-durable and durable spending in this setup. We find that nominal wage rigidity and non-separable preferences between consumption and labor are also necessary to delay the peak response of non-durable and durable spending in the estimated two-sector New Keynesian model. (C) 2013 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI

  • Non-separability and sectoral comovement in a sticky price model

    Kwang Hwan Kim, Munechika Katayama

    JOURNAL OF ECONOMIC DYNAMICS & CONTROL   37 ( 9 ) 1715 - 1735  2013年09月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper resolves the sectoral comovement problem between nondurable and durable outputs that arises in response to a monetary shock in a two-sector sticky price model with flexibly priced durable goods. We analytically demonstrate that the non-separability between aggregate consumption and labor can generate the comovement between nondurable and durable outputs in response to a monetary policy shock. We then estimate the degree of non-separability, together with other parameters, using a Bayesian approach. We find that the non-separable preferences are supported by the data and our estimated model generates the sectoral comovement in response to a monetary shock. (C) 2013 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 新しい経済の教科書

    片山 宗親( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 米国で徐々に進む経済の「石油離れ」)

    日経BP社  2013年07月

Misc 【 表示 / 非表示

  • Sticky-Wage Models and Knowledge Capital: A Note

    Kevin X.D. Huang, Munechika Katayama, Mototsugu Shintani, Takayuki Tsuruga

    Vanderbilt University Department of Economics Working Paper   17 ( 6 ) 1 - 22  2017年04月

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 財の異質性と金融財政政策

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    初年度は、3つのプロジェクトで進展があった。第一に、本研究課題の基礎となる共同研究(“Uncertainty Shocks and the Relative Price of Investment Goods”)を完成させ、査読付き国際的学術雑誌であるReview of Economic Dynamicsに掲載した。<BR>第二に、流動性に関する不確実性ショックがマクロ経済においてより継続的な不況を生じさせるメカニズムを考えるための研究をスタートさせた。世界金融危機の際には、金融市場に関連した不確実性の増大が、マクロ経済に過去にあまり例をみない大きな負の影響を与えたことが知られているが、この問題を取り扱うために、流動性制約に直面する企業家を内生的成長モデルに導入し、分析を行った。これにより、流動性に関する不確実性ショックが大きな景気低迷を引き起こすことが確認された。これまでに得られた研究結果は、“On Financial Risk, Growth, and Long-Run Risk”(共著)のタイトルでまとめ、国内外のセミナーや学会で研究報告を行った。<BR>第三に、労働者の異質性を考慮した際の賃金の硬直性が金融政策に与える影響を分析し、“Sticky-Wage Models and Knowledge Capital” (共著)というタイトルで大阪大学社会経済研究所ディスカッションペーパーとして公表した。財の異質性を考慮した際には、金融政策が中立的になるケースが存在することが知られているが、労働者の異質性と賃金の硬直性を考慮した際には、これまでとは異なった結果が得られることが明らかになった。現時点で論文一本が査読付き雑誌に掲載され、それ以外の研究結果もディスカッションペーパーとしての公表や学会報告などが決まっているため。当初想定していなかった方面での共同研究が発展的に展開しており、これらを積極的に推進するとともに、当初の研究計画に沿った形での研究を進める予定である。具体的には、流動性に関する不確実性ショックの研究結果を早い段階で論文にまとめ、学会・セミナーでのコメントやフィードバックを反映し、査読付き雑誌への投稿、掲載を目指す

  • 予期されたショック:産業間の連動性とフォワードガイダンス

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    本研究では、現時点ではファンダメンタルズは全く変化していないにも関わらず、近い将来ファンダメンタルズが変化するという予見(予期されたショック)が、マクロ経済にどのような影響を与えるかを分析した。データとの整合性を考慮すると、産業間の連動性はとりわけ重要であり、本研究ではこれを適切に捉えるモデルを構築した。産業間の連動性に必要な条件を解析的に導き、構造推定を通じてデータと整合的であることを示した。鍵となるメカニズムは、産業間における生産要素の不完全代替性である。また、このメカニズムは、不確実性ショックがもたらす景気変動の動きを説明する上でも有用であり、この結果は別論文としてまとめられた

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • On Financial Risk, Growth, and Long-Run Risk

    片山 宗親

    慶應義塾大学  

  • On Financial Risk, Growth, and Long-Run Risk

    片山 宗親

    Latin American Meeting of the Econometric Society  

  • On Financial Risk, Growth, and Long-Run Risk

    片山 宗親

    近畿大学  

  • On Financial Risk, Growth, and Long-Run Risk

    片山 宗親

    The 3rd International Macroeconomics and Finance Conference  

  • On Financial Risk, Growth, and Long-Run Risk

    片山 宗親

    東京大学先端科学技術研究センター  

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 不確実性の変化によるマクロ経済に対する影響―投資財価格とゼロ金利制約―

    2017年  

     概要を見る

    本研究では、金融危機以後とりわけ注目されるようになった、不確実性の拡大がどのような経路を通じて、マクロ経済に影響を与えるかを実証分析を通じて明らかにし、現実とより整合的な理論モデルを構築することが目的である。アメリカの投資財価格を用いた実証分析では、不確実性の拡大が投資財価格を押し下げることを明らかにした。これは、主流な理論の含意が現実と整合的でなく、投資財市場の供給サイドの役割が重要であることを示唆している。これをもとに、データとより整合的なモデルを提案した。具体的には、資本や労働力などの生産要素の部門間流動性が不完全であることが不可欠であることを示した。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>