西多 昌規 (ニシダ マサキ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

准教授

ホームページ

http://www.waseda.jp/prj-nishida/

プロフィール

・睡眠や体内リズムと身体運動、スポーツとの関連性を、科学的に明らかにしていくことを目指しています。
・アスリートの睡眠障害や抑うつ・不安、発達障害など精神医学的な問題にも取り組んでいます。
・精神障害の予防・治療に対する運動の有効性を明らかにしていきます。

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    東京医科歯科大学   医学部   医学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学   博士(医学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   准教授

  • 2015年09月
    -
    継続中

    スタンフォード大学医学部   睡眠・生体リズム研究所   客員講師

  • 2011年10月
    -
    継続中

    自治医科大学精神医学教室   講師

  • 2013年07月
    -
    2014年06月

    自治医科大学附属病院   精神科   病棟医長

  • 2008年04月
    -
    2011年09月

    東京医科歯科大学大学院 精神行動医科学分野   助教

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2020年03月
    -
     

    日本ADHD学会

  • 2019年09月
    -
     

    日本体力医学会

  •  
     
     

    日本臨床スポーツ医学会

  •  
     
     

    日本スポーツ精神医学会

  •  
     
     

    Society for Neuroscience

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 内科学一般   睡眠医学

  • 栄養学、健康科学

  • 精神神経科学

  • 実験心理学

  • スポーツ科学   睡眠科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • スポーツ医学

  • 認知科学

  • 臨床精神医学

  • 精神生理学

  • 睡眠医学

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Sleep complaints are associated with reduced left prefrontal activation during a verbal fluency task in patients with major depression: A multi-channel near-infrared spectroscopy study

    Masaki Nishida, Senichiro Kikuchi, Kenji Matsumoto, Yoshiki Yamauchi, Harumichi Saito, Shiro Suda

    JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS   207   102 - 109  2017年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Background: Recent studies have indicated the potential clinical use of near-infrared spectroscopy (NIRS) as a tool for assisting in the diagnosis of major depressive disorder (MDD). Although sleep complaints are often manifested in MDD, no study has elucidated the possible association between the objective evaluation of sleep and NIRS signals in MDD.
    Methods: Fourteen patients with MDD and 15 healthy controls wore waist actigraphy equipment before the NIRS scan to investigate sleep parameters. We performed a 52-channel NIRS scan and measured changes in oxygenated hemoglobin ([oxy-Hb]) during a verbal fluency task.
    Results: In patients with MDD, a significant negative correlation was observed between the 17-item Hamilton Depressive Rating Scale score and cerebral reactivity of the right temporal region (p(s):=-0.804 to -0.762; FDR-corrected; p=0.008-0.012). The Pittsburgh Sleep Questionnaire Index, which enables assessment of continuous sleep quality and disturbances, was negatively correlated with [oxy-Hb] changes in the left prefrontal cortex (p(s)=-0.630 to -0.551; FDR-corrected; p=0.043-0.048). Actigraphic sleep variables prior to the NIRS measurement showed no significant correlation with [oxy-Hb] changes.
    Limitations: The limitations were small sample size with the low severity of depression and the use of actigraphy for only one night.
    Conclusion: Self-rated sleep disturbance were associated with decreased left prefrontal reactivity during a verbal fluency task in patients with MDD. Our result indicates that the reactivity of the prefrontal region is susceptible to sleep complaints, providing further evidence to support potential clinical application of NIRS.

    DOI PubMed

  • Mental rotation performance and circadian chronotype in university students: a preliminary study

    Masaki Nishida, Hiroki Ando, Yusuke Murata, Kohei Shioda

    BIOLOGICAL RHYTHM RESEARCH    2021年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    The present study aimed to explore the influence of the chronotype on mental rotation performance in university students. Using the Morningness-Eveningness Questionnaire (MEQ), 24 healthy volunteers were categorized as either early chronotype (ECT) or late chronotype (LCT). Participants completed a chronometric mental rotation task with three-dimensional stimuli at different times of day (8 AM and 8 PM). ECT participants showed a shorter reaction time in the morning trial than in the evening (p = 0.003), whereas LCT participants showed a shorter reaction time (p = 0.001) and increased accuracy (p = 0.031) in the evening compared to the morning session. Additionally, the MEQ score was positively correlated with the difference in reaction time between morning and evening trials (r = -0.589, p = 0.002). Two-way analysis of variance revealed an interaction between time and chronotype for the parameter reaction time in the evening trials (F(1, 22) = 28.27, p < 0.001). LCT participants showed higher speed and increased accuracy during their optimal time compared to ECT participants. This study explored diurnal alterations of visual-spatial abilities assessed as mental rotation performance, and the possible implications for certain life skills such as sports, car driving, and manual labor are discussed.

    DOI

  • Effect of Omitting Offset Work on Functional Near-Infrared Spectroscopy: Comparison Between Keyboard and Voice Response

    Senichiro Kikuchi, Yusuke Nishizawa, Kenji Tsuchiya, Kaori Shimoda, Fumikazu Miwakeichi, Hiroki Mori, Hideaki Tamai, Masaki Nishida

    JOURNAL OF MEDICAL AND BIOLOGICAL ENGINEERING   40 ( 6 ) 899 - 907  2020年12月  [査読有り]

     概要を見る

    Purpose When examining cerebral activity, it is important to decrease a subject's fatigue with an appropriate task design that also maintains data quality. This study evaluated how well devices designed to reduce fatigue would affect functional near-infrared spectroscopy (fNIRS) data. Method A WOT-100 10-channel wearable fNIRS system was used to study the prefrontal areas of thirteen healthy volunteers. The stimulation task was a consistent incongruent Stroop test, but with two variations. First, the subjects' answers could be delivered either by vocalization or keyboard output. Second was whether or not there was an offset such as simple finger movements or vocalization during control periods. Four sessions using both variations were performed. The relative changes of fNIRS data during the stimulation periods were used as a marker for cerebral activity. Results There was only a significant difference in two channels (Channel 3: p = 0.040, Channel 9: p = 0.022) when voice output was used. Conclusion The result might have been due to voice output being generated from the temporal area, near the prefrontal area. We found that the omission of offset with keyboard output might be possible as there was only a small effect, but offset with voice output is necessary.

    DOI

  • Evaluations of effects of sleep surfaces on athletic performance in youth.

    Takashi Maruyama, Shinichi Sato, Mari Matsumura, Taisuke Ono, Masaki Nishida, Seiji Nishino

    Scientific reports   10 ( 1 ) 11805 - 11805  2020年07月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    We recently demonstrated that sleeping on high rebound [HR] mattress toppers induced a continuous and more rapid decline in core body temperature compared to low rebound [LR] mattress toppers during the initial phase of nocturnal sleep in young healthy volunteers. HR toppers are characterized by their supportive feel and high breathability whereas LR toppers are pressure-absorbing. In the current study, we evaluated effects of HR mattress toppers on objectively-(actigraphy) and subjectively-(questionnaires) evaluated sleep, vigilance (psychomotor vigilance test), and athletic performance (40-m sprint time, long jump distance, and star drill time) in youth male athletes age 10-19, in two sessions: fifty-one subjects in 2013 (study I) and 23 subjects in 2014 (study II). Sleeping on HR mattress toppers for four to six weeks improved some athletic performance measures compared to sleeping on LR or sleeping directly on spring mattresses without a topper. Statistically significant improvements in 40-m sprint time in study I (compared to LR) and in star drill time in study II (no topper) were observed. No changes in sleep and psychomotor vigilance were observed. These results suggest selecting optimal sleep surfaces may contribute to the maximization of athletic performances, and further studies are warranted.

    DOI PubMed

  • Night duty and decreased brain activity of medical residents: a wearable optical topography study

    Masaki Nishida, Senichiro Kikuchi, Fumikazu Miwakeichi, Shiro Suda

    MEDICAL EDUCATION ONLINE   22 ( 1 ) 1379345  2017年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Background: Overwork, fatigue, and sleep deprivation due to night duty are likely to be detrimental to the performance of medical residents and can consequently affect patient safety.
    Objective: The aim of this study was to determine the possibility of deterioration of cerebral function of sleep-deprived, fatigued residents using neuroimaging techniques.
    Design: Six medical residents were instructed to draw blood from artificial vessels installed on the arm of a normal cooperator. Blood was drawn at a similar time of the day, before and after night duty. To assess sleep conditions during night duty, the participants wore actigraphy units throughout the period of night duty. Changes in cerebral hemodynamics, during the course of drawing blood, were measured using a wearable optical topography system.
    Results: The visual analogue scale scores after night duty correlated negatively with sleep efficiency during the night duty (rho = -0.812, p = 0.050). The right prefrontal cortex activity was significantly decreased in the second trial after night duty compared with the first (p = 0.028). The extent of [oxy-Hb] decrease, indicating decreased activity, in the right dorsolateral prefrontal cortex correlated negatively with the Epworth sleepiness score after night duty (rho = -0.841, p = 0.036).
    Conclusions: Sleep deprivation and fatigue after night duty, caused a decrease in the activity of the right dorsolateral prefrontal cortex of the residents, even with a relatively easy routine. This result implies that the brain activity of medical residents exposed to stress on night duty, although not substantially sleep-deprived, was impaired after the night duty, even though they apparently performed a simple medical technique appropriately. Reconsideration of the shift assignments of medical residents is strongly advised.

    DOI PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • アスリートのメンタルケア : 選手の心の悩みケースブック

    内田, 直, 西多, 昌規, 関口, 邦子, 石原, 心( 担当: 共著)

    大修館書店  2020年04月 ISBN: 9784469268850

  • ヒトの概日時計と時間

    時間学の構築編集委員会, 山口大学時間学研究所( 担当: 分担執筆)

    恒星社厚生閣  2019年03月 ISBN: 9784769916321

  • 休む技術

    西多, 昌規( 担当: 単著)

    大和書房  2017年09月 ISBN: 9784479306689

  • 自分の「異常性」に気づかない人たち : 病識と否認の心理

    西多, 昌規

    草思社  2016年11月 ISBN: 9784794222367

  • 「引きずらない」人の習慣 : 怒り、悲しみ、不安のワナにハマらない

    西多, 昌規

    PHPエディターズ・グループ  2016年 ISBN: 9784569829821

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 間歇型一酸化炭素中毒の臨床経過と睡眠脳波の変化について検討した1症例

    吉池 卓也, 西多 昌規, 谷 顕, 細田 益宏, 熱田 英範, 柳下 和慶, 西川 徹

    精神神経学雑誌   ( 2012特別 ) S - 437  2012年05月

  • 高齢者の気分障害入院患者に関する臨床的研究

    車地 曉生, 大島 一成, 行実 知昭, 古田 光, 正木 秀和, 熱田 英範, 平沢 俊行, 新垣 浩, 寺田 倫, 川上 礼子, 柏 淳, 吉池 卓也, 西多 昌規, 藤田 宗久, 上里 彰仁, 成島 健二, 筒井 啓太, 西川 徹

    精神神経学雑誌   ( 2011特別 ) S - 222  2011年10月

  • 双極性障害入院患者の発症および前駆症状に関する後方視的研究

    車地曉生, 大島一成, 行実知昭, 古田光, 正木秀和, 熱田英範, 平沢俊行, 新垣浩, 寺田倫, 川上礼子, 吉池卓也, 西多昌規, 藤田宗久, 西川徹

    Bipolar Disorder   8   15 - 21  2010年06月  [査読有り]

  • 自殺関連行動によりERセンター救急科に入院した患者の抗うつ薬の服薬状況

    竹内 崇, 石川 洋世, 吉池 卓也, 藤田 宗久, 上里 彰仁, 行実 知昭, 熱田 英範, 西多 昌規, 大島 一成, 柏 淳, 山本 直樹, 車地 暁生, 西川 徹

    精神神経学雑誌   ( 2009特別 ) S - 414  2009年05月

  • Theta oscillation in the human anterior cingulate cortex during all-night sleep: An electrocorticographic study (vol 50, pg 331, 2004)

    Masaki Nishida, Nobuhide Hirai, Fumikazu Miwakeichi, Taketoshi Maehara, Kensuke Kawai, Hiroyuki Shimizu, Sunao Uchida

    NEUROSCIENCE RESEARCH   58 ( 2 ) 215 - 217  2007年06月

    その他  

    DOI

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 気分障害患者と健常人とを識別する装置

    西多 昌規, ソニー株式会社

    特許権

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第88回 日本産業衛生学会 優秀演題賞

    2015年06月  

    受賞者: 西多 昌規

  • 第15回 日本睡眠学会 研究奨励賞

    2010年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 夜間睡眠における高反発マットレスに関する研究

    研究期間:

    2019年10月
    -
    2021年09月
     

    担当区分: 研究代表者

  • 睡眠環境の最適化に関する生理学的研究.

    研究期間:

    2019年08月
    -
    2021年07月
     

    西多昌規

    担当区分: 研究代表者

  • 睡眠時間が身体運動に与える影響についての精神生理学的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    西多 昌規

     概要を見る

    本研究は、慢性的な睡眠不足(睡眠負債)とスポーツ関連の身体運動との関連を検討する。得られた結果を踏まえて、睡眠時間の延長によって身体運動機能が回復・向上する機序の解明を目指すものである。24時間型の現代社会で問題となっている睡眠負債は、スポーツを含む身体運動に負の影響をおよぼしているにもかかわらず、脳神経基盤に焦点を当てた研究は少ない。これら一連の研究成果を踏まえ、睡眠負債の蓄積、さらに睡眠時間の延長が身体運動に与える影響を精神生理学的に検討し、その機序を解明しようと試みる。
    <BR>
    具体的には、睡眠負債が運動機能を低下させるメカニズムを解明するために、睡眠負債が運動関連の高次機能に及ぼす影響を精神生理学的に調べる。睡眠時間を2週間にわたって通常より2時間程度短縮させた群(睡眠負債群)と睡眠時間を2週間にわたって通常より2時間程度延長させた群(睡眠延長群)、比較対照群を対象に実験を行う。介入開始前と介入1週間後、2週間後、介入終了後1週間後に、睡眠および高次機能の評価をそれぞれ行う。スポーツ関連の遂行機能として、サッカーを主題としたLSPT(Loughborough Soccer Passing Test)を採用し、高次機能の客観的評価として注意機能を測定するPVT(Psychomotor vigilance task)を計測する。
    <BR>
    目標としては、今後得られる実験結果を分析し、主にアスリートを対象に、神経科学・認知科学の点から運動機能を向上させる睡眠指針の確立につなげていきたい。

  • 運動機能回復に関わるエラーモニタリングの神経機序解明

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2021年03月
     

    正木 宏明, 広瀬 統一, 小野田 慶一, 西多 昌規, 小川 景子

     概要を見る

    平成30年度では,ピアノ演奏のようにクロスモーダルで複雑な手指系列動作の学習に対してtDCSが促進効果をもたらすかについて検証した.参加者(ピアノ未経験者)をtDCS群とsham群に振り分け,課題曲(バッハメヌエットト長調)を20試行反復練習してもらった.陽極電極を頭皮上C3,陰極電極をC4位置に装着し,練習中に1 mAで10分間刺激した.練習直後と1日後には,保持テストと転移テストを実施した.パフォーマンス(打鍵タイミング精度)について群(2)×練習試行(20)の2要因分散分析を行った結果,練習の主効果は認められたが,tDCSの効果はなかった.交互作用も有意でなかった.両テストともパフォーマンスに群間差はなく,tDCSの促進効果に関する従来の知見を再現できなかった.その原因に課題難度の設定不良が示唆されたため,今後は課題難度を調整する.
    ACL受傷アスリートのリハビリテーション過程における脳波データの取得を開始した.ACLの症例が少なかったため,十分なデータを得ることができなかった.研究期間の残り2年間を通してデータ取得を継続する.
    運動学習と終夜睡眠の関係を調べた実験ではデータ分析を進めており,フィードバック関連陰性電位が睡眠前よりも睡眠後に大きくなる傾向がみられた.令和元年度では,昼間睡眠実験においてスピンドルの有無等の視点から,運動スキルの記憶固定について検討する.早稲田大学・西多が新たに参画し,実験を実施する.
    予定していたfMRI実験は見合わせた.その理由は,平成30年度に現有1.5テスラから3テスラMR装置への入れ替え作業が生じたことにある.ただし,事象関連デザイン実験に必要な課題装置作成と実験制御プログラミングを島根大学・小野田と正木で完遂することができた.新規MR装置導入が完了したことから,令和元年度より,力量発揮課題を用いた運動学習実験を実施する.

  • 医療従事者の睡眠状態と脳高次機能についての生理学的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

    西多 昌規, 須田 史朗, 菊地 千一郎, 加藤 敏

     概要を見る

    医療従事者の疲労・睡眠不足は、医療事故の温床である。本研究では研修医を対象に、当直前後での採血手技中の脳血液量変化を比較検討した。当直前後において、採血練習用の模擬血管を協力者に装着し、被験者に採血手技を行わせた。被験者にはウェアラブル光トポグラフィを装着し、関心領域を前額部付近として採血手技中の脳血液量変化を記録し解析を行った。当直後における2回の採血手技で比較したところ、2回目は1回目に比較して、右前頭前皮質領域の有意な血流量変化の減少が認められた。ヒヤリ・ハットに通じるイージーミスを発生しやすい神経学的証拠であると考えられた。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年09月
    -
    継続中

    日本アンチ・ドーピング機構  審査員

  • 2012年07月
    -
    継続中

    日本体育協会  公認スポーツドクター

  • 2009年10月
    -
     

    日本スポーツ精神医学会  理事

  •  
     
     

    日本老年精神医学会 会員 専門医

  •  
     
     

    Society for Neuroscience  会員

全件表示 >>