2021/12/08 更新

写真a

タナカ ジロウ
田中 二郎
所属
理工学術院 大学院情報生産システム研究科
職名
教授(任期付)
ホームページ
プロフィール
1975年東京大学理学部卒。1977年同大学院理学系研究科修士課程修了。1978年 から米国ユタ大学計算機科学科博士課程に留学、関数型プログラミング言語の並列実装に関する研究に従事。1984年同博士課程修了、Ph.D. in Computer Science。1985年から1988年まで(財)新世代コンピュータ技術開発機構(ICOT)で主任研究員として、第五世代コンピュータ核言語(並列論理型プログラミング言語)の研究開発に従事。 1993年より2016年まで助教授oおよび教授として筑波大学に勤務。主としてコンピュータサイエンス、ヒューマンインタフェースに関する教育研究に従事。 現在、早稲田大学 情報生産システム研究科 教授。

兼担

  • 理工学術院   基幹理工学部

学内研究所等

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴

  • 1978年09月
    -
    1984年03月

    ユタ大学大学院   工学研究科   情報科学  

  • 1975年04月
    -
    1977年03月

    東京大学   理学系研究科   物理学専門課程  

  • 1971年04月
    -
    1975年03月

    東京大学   理学部   物理  

学位

  • University of Utah   Ph.D.

  • The University of Tokyo   Master of Science

経歴

  • 2016年04月
    -
     

    早稲田大学   大学院情報生産システム研究科   教授

  • 2011年10月
    -
    2016年03月

    筑波大学   システム情報系   教授

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    筑波大学   大学院システム情報工学研究科   コンピュータサイエンス専攻長 (兼務)

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    筑波大学   筑波大学 情報学群長

  • 2009年04月
    -
    2011年09月

    筑波大学   大学院システム情報工学研究科   教授

  • 2008年07月
    -
    2009年03月

    筑波大学   システム情報工学等技術室長(兼務)

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    筑波大学   大学院   システム情報工学研究科長

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    筑波大学   大学院システム情報工学研究科   教授(兼務)

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

    筑波大学   電子・情報工学系長(兼務)

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    筑波大学   大学院システム情報工学研究科   コンピュータサイエンス専攻長(兼務)

  • 1998年11月
    -
    2007年03月

    筑波大学   電子・情報工学系   教授

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

    筑波大学   第三学群情報学類長(兼務)

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    筑波大学   大学院システム情報工学研究科   コンピュータサイエンス専攻長(兼務)

  • 1993年01月
    -
    1998年11月

    筑波大学   電子・情報工学系   助教授

  • 1988年04月
    -
    1992年12月

    富士通国際情報社会科学研究所   研究員

  • 1985年06月
    -
    1988年03月

    新世代コンピュータ技術開発機構   主任研究員

  • 1984年03月
    -
    1985年05月

    富士通国際情報社会科学研究所   研究員

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    情報処理学会

  •  
     
     

    Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)

  •  
     
     

    Association for Computing Machinery

  •  
     
     

    日本ソフトウェア科学会

  •  
     
     

    人工知能学会

  •  
     
     

    電子情報通信学会

▼全件表示

 

研究分野

  • ソフトウェア

論文

  • MonoTouch: Single capacitive touch sensor that differentiates touch gestures

    Ryosuke Takada, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings   07-12-   2736 - 2743  2016年05月  [査読有り]

     概要を見る

    We show a capacitive touch sensor called MonoTouch, which differentiates taps, swipe gestures, and swipe directions. MonoTouch consists of only an electrode and a circuit. To differentiate touch gestures with a single electrode, we designed the electrode's layout to satisfy the following two requirements: (1) The number of responses is different between the gestures
    (2) The response time is different between swipe directions. We then developed an electrode that differentiates taps and four directional swipe gestures. When our MonoTouch electrode is downsized, gesture differentiation accuracy decreases because a finger might cross two or more conductive parts. To solve this "Multiple Crossing Problem", we added embossments on the electrode surface. Our evaluation of the MonoTouch sensor indicates that using the embossments solved the "Multiple Crossing Problem".

    DOI

  • Investigating accuracy of tilting operation on wrist-worn devices with touchscreens

    Keigo Shima, Kazusa Onishi, Ryosuke Takada, Takuya Adachi, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings   07-12-   2705 - 2711  2016年05月  [査読有り]

     概要を見る

    The tilting operation has been shown to be useful in expanding the input vocabulary of a small device
    therefore, this operation could also be useful in expanding the input vocabulary of wrist-worn devices. In this study, in order to explore new design guidelines of GUI and operation methods for smartwatches, we have investigated the accuracy of the tilting operation for smartwatches. We conducted an experiment using a cursor whose position is determined according to the direction and angle of tilt. The result shows that the deviation in the x-axis (i.e., the inclination of the arm) direction ranges from -0.10 degrees to +0.07 degrees and from -0.10 degrees to +0.07 degrees under Seating and Standing condition, respectively
    the deviation in the y-axis (i.e., the rotation of the wrist) direction from -0.12 degrees to +0.10 degrees and from -0.12 degrees to +0.09 degrees.

    DOI

  • ThumbSlide: An interaction technique for smartwatches using a thumb slide movement

    Shuhei Aoyama, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings   07-12-   2403 - 2409  2016年05月  [査読有り]

     概要を見る

    We present ThumbSlide, which is an interaction technique for a smartwatch that prevents occlusion caused by the user's finger
    the technique realizes continuous manipulation by estimating the moving amount of the thumb. Combining with any determining operation (e.g., clench of the hand), our technique enables the user to select a target by only the hand that is wearing a smartwatch. Our system estimates the moving amount of the thumb by muscles' expansion caused by its movement. The muscle expansion is measured by a specially designed wrist-worn sensor device. Moreover, the device can recognize the clench of the hand as an instantaneous change of the wrist's contour. In this paper, we show the implementation of ThumbSlide and its example applications.

    DOI

  • Input techniques to the surface around a smartphone using a magnet attached on a stylus

    Tetsuya Abe, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings   07-12-   2395 - 2402  2016年05月  [査読有り]

     概要を見る

    We present input techniques for smartphones using a stylus based on magnetism. Our techniques use a magnet attached on a stylus and a three-axis internal magnetic sensor in a smartphone. Using our techniques, users can input into a smartphone using a stylus on the surface on which the smartphone is placed. This enables users to employ a wider surface than the display of the smartphone for input. In addition, our techniques require no additional sensors on the smartphone. In this paper, we present two input techniques: nonelectric and electric ones. In addition, we describe our stylus for use with each technique and a coordinates-estimation algorithm we implemented. We also describe two applications: a digit recognizer and a paint application.

    DOI

  • Using the Office Desk as a Touch Interface

    Hirobumi Tomita, Simona Vasilache, Jiro Tanaka

    Human Interface and the Management of Information: Information, Design and Interaction, Pt I   9734   585 - 595  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    A system that allows a user to easily operate a computer or tablet while working on a desk was devised. In particular, the desk is changed into an input interface that can detect the touch of a hand. A device that acquires the position data of the hand and a software program that operates the computer or tablet using this device were developed. The device, which uses the office desk as a touch interface, was constructed. The device was used in an application for navigating images displayed on a screen, even while doing other work on the desk (e.g., drawing). In future work, the sensors in the device will be improved, and various applications utilizing the device will be developed and experimentally evaluated.

    DOI

  • Detecting Multitasking Work and Negative Routines from Computer Logs

    Hirofumi Kaburagi, Simona Vasilache, Jiro Tanaka

    Human Interface and the Management of Information: Applications and Services, Pt II   9735   542 - 549  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    Multitasking on digital media has a negative effect on mental health and concentration. At the same time, the negative effects of computer usage are not immediately obvious to most people. We suggest that people can improve their daily experience on the computer if they pay closer attention to their multitasking activities. To this end, we have constructed a system that detects multitasking work and periodic negative multitasking routines from computer logs. We created two indicators: relax rate and multitasking rate. The relax rate is defined on the basis of heart rate variability information and the multitasking rate is derived from how often users switch their computer windows. We analyze whether users' multitasking is negative or not and whether or not negative multitasking is part of a periodic routine. We logged the computer activities and heart rate data of one participant for six days.

    DOI

  • Development of multiple device collaboration system using built-in camera image

    Kazuki Tada, Jiro Tanaka

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9732   419 - 427  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we introduce a multi-device collaboration system using the image obtained from the built-in camera. Users can use applications that utilize multiple devices in cooperation without needing special devices such as a touch panel sensor. Our system enables accurate position tracking of a smartphone any screen by obtaining an image from the device’s front camera to recognize the device and measure the device’s position by template matching [1]. In many multi-device collaboration approaches, it was necessary to overlap the screens. However, our proposed method is capable of multi-device collaboration without overlapping the screens of the devices, and it can be applied using a wide range of off-screens. We implemented some of the applications using this technique. In addition, we showed the usefulness of this approach by evaluation experiments.

    DOI

  • Effects of holding ring attached to mobile devices on pointing accuracy

    Yuya Kawabata, Daisuke Komoriya, Yuki Kubo, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9732   309 - 319  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    It is difficult for a user to operate a touch screen device accurately under the eyes-free condition. The difficulties arise from the absence of visual or tactile feedback under this condition. This research focuses on the effectiveness of a holding ring attached to the back of mobile devices to improve pointing accuracy under the eyes-free condition. We explored the extent to which the holding ring improves the pointing accuracy by preparing three mobile devices with holding rings attached in different positions and a mobile device without a holding ring. The pointing accuracy was then evaluated by performing user studies. The result suggested that the pointing accuracy could be improved under the target condition, which is 15.4mm × 10.4 mm, by attaching the holding ring.

    DOI

  • Evaluation of a System to Analyze Long-Term Images from a Stationary Camera

    Akira Ishii, Tetsuya Abe, Hiroyuki Hakoda, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    Human Interface and the Management of Information: Information, Design and Interaction, Pt I   9734   275 - 286  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    Recording and analyzing images taken over a long time period (e.g., several months) from a stationary camera could reveal various information regarding the recorded target. However, it is difficult to view such images in their entirety, because the speed at which the images are replayed must be sufficiently slow for the user to comprehend them, and thus it is difficult to obtain valuable information from the images quickly. To address this problem, we have developed a heatmap-based analyzing system. In this paper, we present an experiment conducted using our analyzing system to evaluate the system and identify user processes for analyzing images provided by a stationary camera. Our findings should provide guidance in designing interfaces for the visual analytics of long-term images from stationary cameras.

    DOI

  • Book-like reader: Mirroring book design and navigation in an e-book reader

    Yuto Kotajima, Jiro Tanaka

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9732   192 - 200  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    This paper describes our design of the Book-Like Reader, an e-book reader interface that mirrors paper books. This study focuses on the characteristics of flexibility and lightweight navigation in paper books. We consider the important requirements for navigation to be the control method, the behavior of paper pages, and lightweight bookmarking. By satisfying these requirements, the user can handle an e-book intuitively like a paper book. Our reader is capable of the same userfriendly navigation as a paper book. We have developed a prototype (as an Android application) with an Android tablet, two force sensitive resistors, and a microcomputer board. The touch display and the resistors are sufficient to detect the input. The application visualizes e-books (consisting of image files) like paper books using an OpenGL ES. Our Book-Like Reader has the aforementioned characteristics of paper books.

    DOI

  • Facial Tracking-Assisted Hand Pointing Technique for Wall-Sized Displays

    Haokan Cheng, Takahashi Shin, Jiro Tanaka

    DISTRIBUTED, AMBIENT AND PERVASIVE INTERACTIONS, (DAPI 2016)   9749   191 - 201  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper we propose a novel pointing technique leveraging the user's body motion to achieve smooth, efficient user experiences on wall-sized displays. Our proposal substantially consists of two parts: a graphical cursor controlled by the user's hand motions, and mechanisms to assist the cursor manipulation by tracking the user's face orientation. By interaction design associating the user's face and hand motions to different aspects of the cursor's movement, we aimed to bring swiftness to the interaction in large-display environments with necessary precision. A prototype was built to instantiate the concept, and two comparative experiments were conducted to evaluate the effectiveness of the proposal.

    DOI

  • Hover detection using active acoustic sensing

    Masaya Tsuruta, Shuhei Aoyama, Arika Yoshida, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9732   104 - 114  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we present a technique for hover and touch detection using Active Acoustic Sensing. This sensing technique analyzes the resonant property of the target object and the air around it. To verify whether the detection technique works, we conduct an experiment to discriminate between hovering the hand over the piezoelectric elements placed on a target object and touching the same object. As a result of our experiment, hovering was detected with 96.7% accuracy and touching was detected with 100% accuracy.

    DOI

  • QAZ Keyboard: QWERTY Based Portrait Soft Keyboard

    Hiroyuki Hakoda, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    Design, User Experience, and Usability: Technological Contexts, Pt III   9748   24 - 35  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we present a QAZ keyboard, which is a QWERTY keyboard that facilitates one-handed thumb input for a mobile device with a large touchscreen. To design the keyboard, we first conducted experiments to investigate pointing performance on a large mobile touchscreen using one-handed thumb. The results showed that vertically long areas around the center of the touchscreen would be suitable to place a keyboard in terms of accuracy and time of pointing. Based on this finding, we designed and implemented the QAZ keyboard for Android-based devices. A longitudinal study with 4 participants showed that the mean text entry speed was 18.2wpm, and the mean error rate was 9.1 %. Moreover, a comparative study of the QAZ keyboard compared to a QWERTY keyboard showed that the QAZ keyboard's error rate was significantly lower than the QWERTY keyboard.

    DOI

  • B2B-Swipe: Swipe Gesture for Rectangular Smartwatches from a Bezel to a Bezel

    Yuki Kubo, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    34TH ANNUAL CHI CONFERENCE ON HUMAN FACTORS IN COMPUTING SYSTEMS, CHI 2016     3852 - 3856  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    We present B2B-Swipe, a single-finger swipe gesture for a rectangular smartwatch that starts at a bezel and ends at a bezel to enrich input vocabulary. There are 16 possible B2B-Swipes because a rectangular smartwatch has four bezels. Moreover, B2B-Swipe can be implemented with a single-touch screen with no additional hardware. Our study shows that B2B-Swipe can co-exist with Bezel Swipe and Flick, with an error rate of 3.7% under the sighted condition and 8.0% under the eyes-free condition. Furthermore, B2B-Swipe is potentially accurate (i.e., the error rates were 0% and 0.6% under the sighted and eyes-free conditions) if the system uses only B2B-Swipes for touch gestures.

    DOI

  • Evaluation of Callout Design for Ultra-small Touch Screen Devices.

    Akira Ishii, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    Proceedings of the 2016 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems, San Jose, CA, USA, May 7-12, 2016, Extended Abstracts     2511 - 2518  2016年  [査読有り]

  • 携帯情報端末上のスワイプ方向に着目したタッチジェスチャUI

    黒澤, 敏文, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2015 ( 7 ) 1 - 10  2015年05月

     概要を見る

    タッチスクリーンを持つ携帯情報端末の操作時における,スワイプ方向の頻度に基づいたタッチジェスチャ UI を示す.我々はまずユーザが携帯情報端末の既存 UI を操作している際におけるスワイプ方向を調査した.その結果,一部の UI を除き,ユーザが右手操作を行っている際には左上方向スワイプの使用頻度が少ない事が分かった.この結果を基に,我々は左上方向スワイプを,他の方向のスワイプとは異なるタッチジェスチャとして用いるタッチジェスチャ UI を設計した.評価実験の結果,提案 UI において,ユーザは左上方向スワイプを他方向へのスワイプと区別して実行できる事,更に左上方向スワイプの性能が既存 UI のボタン操作より有意に高く Bezel Swipe と同等である事も分かった.

  • HoverLink: Joint interactions using hover sensing capability

    Takuro Kuribara, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings   18   1651 - 1656  2015年04月  [査読有り]

     概要を見る

    Users often connect two mobile devices at close range to transfer files such as pictures and movies from one device to another. In this paper, we present HoverLink, a new form of joint interactions on two mobile touchscreen devices such as smartphones and tablets using hover sensing capability. HoverLink allows users to connect two devices, manipulate the data on the devices, and disconnect them in a simple and continuous manner. We also describe HoverLink's applications: transferring data, and a menu interface. Copyright is held by the author/owner(s).

    DOI

  • 時刻付きデータの探索的分析を支援する視覚的分析ツールの開発

    武田,修平, 蘇,紹華, 濱田,康平, 三末,和男, 田中,二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2015 ( 20 ) 1 - 8  2015年03月

     概要を見る

    膨大なデータの活用のために,仮説を定めずに特徴的なパターンを探すような探索的分析が行われることが多い.時刻付きデータに関してもそのような分析作業ができれば,複数の商品の購買履歴から他の商品とは違う周期性を持つ商品や突発的に販売が伸びた商品など,予期しないパターンをもつ商品を探しだすことができる.さらには,その要因を探り新たな販売戦略につながる可能性もある.ただし,時刻付きデータの可視化手法の多くは,ある種の商品の販売のような一つの事象集合に対して,1 年周期のような定められたパターンを効果的に見せるよう設計されている.そのため,周期を指定せずに周期性の強い商品を抽出するとか,何らかの周期性はあるが他とは違う傾向のある商品を抽出するといった作業には向いていない.このような問題に対して,我々は時刻付きデータの分析に有益だと考えられる特徴の洗い出しを行うとともに,定式化を行なった.さらに,それらの特徴を視覚的に観察しなが

  • データフロービジュアル言語を用いた情報可視化システムの開発環境

    伊藤,隆朗, 三末,和男, 田中,二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2015 ( 22 ) 1 - 8  2015年03月

     概要を見る

    視覚的表現を効果的に活用するには,データや利用目的に応じて可視化手法を設計する必要がある.この方法としては,テンプレートから選ぶ方式や,テキストベースのプログラミングよって記述する方法があるが,両者は習得の容易さと表現力においてトレードオフの関係にある.そこで本研究では,多彩な可視化手法を容易に記述できるようにすることを目指し,データフロービジュアル言語を備えた情報可視化システムの開発環境を構築した.この環境では,情報可視化システムの開発者に対してデータ変換の様子を積極的に提示することで,可視化手法の記述と把握を容易にした.データフロービジュアル言語には,可視化処理の構成要素に基づいたビルディングブロックのほか,演算ブロックも用意することで,多彩な可視化手法の記述を行えるようにした.さらに,開発者がデータと視覚要素のブロックを指定した場合に,両方のブロックの間にデータ変換のブロックを自動的に挿入する機能を備えるこ

  • Treemapの理解を助けるアニメーションの作成

    渡邊, 玲, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2015 ( 21 ) 1 - 8  2015年03月

     概要を見る

    木構造の可視化手法である Treemap は大規模なデータを空間的に効率良く表すことが出来る.しかしながら,Treemap は可視化手法として必ずしも普及していないため,人によっては表現された情報を読み取ることができない.読み方の解説にも一定の時間を要するため,一般の人に向けたプレゼンテーション等では使用しにくいという問題がある.このような問題に対して,我々は Treemap を短時間で解説する手法の開発を目指している.短時間での解説を実現するために,よく知られた木構造の可視化手法であるノードリンクダイアグラムと Treemap をアニメーションで対応付けることにした.アニメーションは,ひとつの固定されたデータを表現するものではなく,ユーザデータによるテイラーメイドを可能にした.開発した解説手法の有用性を評価するために,静的なテキストによる解説との比較実験を実施した.現時点では,アニメーションの有効性を示す客観的な結果は得られなかったが,被験者の主観的評価

  • 粘土を用いた2次元モデリング手法の提案

    吉田, 有花, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2015 ( 5 ) 1 - 5  2015年03月

     概要を見る

    粘土は馴染み深い素材である.また,つぶす,つまむ,ひっぱる,切るなど自由に変形できる素材である.我々はこれらの特長を持った粘土を用いた 2 次元モデリング手法を提案する.ユーザは圧力センサシート上に粘土を置き,その粘土をつぶす,つまむなどの行為で 2 次元モデリングを行う.これにより,マウス,タッチパネル,ペンなどの入力デバイスに基づくモデリング手法にはない柔軟な質感を感じながら,2 次元モデリングを行うことが可能になる.本稿では,プロトタイプの開発および,つぶす,つまむの操作ができるかの調査を行った.またその調査結果に基づいて 2 次元モデリングのアプリケーションの開発を行い,簡単な 2 次元モデルであれば作成可能であることを確認した.

  • 写真共有サイトのデータを利用した撮影スポット選定支援ツールの開発

    浜田,康平, 三末,和男, 田中,二郎

    情報処理学会研究報告. GN, [グループウェアとネットワークサービス]   2015 ( 13 ) 1 - 8  2015年03月

     概要を見る

    撮影スポットとは,撮影対象として優れた景色や建築物を有する場所のことである.アマチュア写真家が撮影旅行等を計画する際には,前もってどの撮影スポットに訪れるか決めておくことがある.その際,様々な撮影スポットの情報を収集し,どこに訪れるかを選定する.本研究では,撮影スポットの選定を支援することを目的とし,選定に必要な情報と手順を整理した.そして,大規模写真データを元に撮影スポットの情報取得と探索が可能なツールを開発した.このツールでは,撮影時間の分布や撮影サンプル等の撮影スポットの情報を,地図を中心として提示する.これにより,撮影スポットの情報を把握しながらの選定作業が容易になり,スムーズに撮影スポットの選定を行うことが可能となった.

  • Design of a motion-based gestural menu-selection interface for a self-portrait camera

    Shaowei Chu, Jiro Tanaka

    PERSONAL AND UBIQUITOUS COMPUTING   19 ( 2 ) 415 - 424  2015年02月  [査読有り]

     概要を見る

    Self-portraits allow users to capture memories, create art, and advance their photography skills. However, most existing camera interfaces are limited in that they do not support life-size previews, deviceless remote control, and real-time control over important camera functions. In this paper, we describe a new self-portrait camera system and develop a gesture interface for self-portraits. This self-portrait camera system supports life-size projection of a preview as well as a motion-based gesture system to select menu options to control camera functions including the shutter trigger, aperture size, shutter speed, and color balance. We experimentally evaluated the gesture-recognition accuracy and examined the effectiveness of the system compared with a hand-held remote control. The results suggest that the gesture-based interface is effective for controlling self-portrait camera options and improves the user experience when taking self-portraits. The gesture interface is expected to be useful in developing next-generation self-portrait cameras.

    DOI

  • Icons++: An Interface that Enables Quick File Operations Using Icons

    Xiangping,Xie, Jiro,Tanaka

    Proceedings of the 2015 International Conference on Advances in Computer-Human Interactions     80 - 85  2015年02月  [査読有り]

  • AirFlip: A double crossing in-air gesture using boundary surfaces of hover zone for mobile devices

    Hiroyuki Hakoda, Takuro Kuribara, Keigo Shima, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9170   44 - 53  2015年  [査読有り]

     概要を見る

    Hover sensing capability provides richer interactions on mobile devices. For one such exploration, we show a quick double crossing in-air gesture for mobile devices, called AirFlip. In this gesture, users move their thumb into the hover zone from the side, and then move it out of the hover zone. Since this gesture does not conflict with any touch gestures that can be performed on mobile devices, it will serve as another gesture on mobile devices with touchscreens where only a limited input vocabulary is available. We implemented two applications based on Air- Flip. In this paper, we show the results of a comparative user study that we conducted to identify the performance of AirFlip. We also discuss the characteristics of AirFlip on the basis of the results.

    DOI

  • Accumulative Secure Group Association in an Ad-Hoc and Ubiquitous Network (Version 3.0)

    Oyuntungalag Chagnaadorj, Jiro Tanaka

    Journal of Information Processing   23 ( 3 ) 335 - 343  2015年  [査読有り]

     概要を見る

    The increased popularity of mobile devices, such as laptops, mobile phones, tablets, accessory devices, and more, brings new challenges in the area of network security in the ubiquitous environment, where ad-hoc networks may be formed using mobile devices. There has been little discussion of setting up secure connections among a group of devices. A number of group security protocols has been proposed
    however, these have tended to focus on a scenario whereby all devices must be located in one place at one time. In this paper, we describe a new secure group association method that associates mobile devices in an accumulative manner, so it does not require all group members to be physically present. It utilizes digital certification and extends the concept of out-of-band channels, through which the authentication data can be transferred using human user involvement. We have implemented a prototype system and conducted a comparative user experiment to demonstrate viability of the accumulative association.

    DOI

  • グリフ作成を支援するドローツールの開発(A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング,一般論文)

    石川, 凜太郎, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報科学技術フォーラム講演論文集   13 ( 1 ) 103 - 106  2014年08月

     概要を見る

    絵を使って多変量データを可視化する「グリフ」と呼ばれる手法がある.グリフは色や面積といった属性にデータの変量が割り当てられた絵を組み合わせ,多変量データを表現する.これによりデータの特徴を直感的に読み取ることが可能になる.しかし,与えたデータに対して作成者の考える絵のルールが常に満たされるようなグリフを設計し作成する作業は手間がかかる.本研究の目的はこのグリフの作成,及び利用を容易にすることである.そのためにドローツールのような感覚で絵を描いていく過程で絵のルールを与えることができ,さらにそうして作成したグリフのコード生成を行うツールの開発を行った.

  • 凹凸付きスマートフォンケースにおけるタッチ精度の評価

    深津, 佳智, 箱田, 博之, 野口, 杏奈, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    コンピュータ ソフトウェア   31 ( 3 ) 325 - 335  2014年07月

     概要を見る

    本研究では,スマートフォンをアイズフリーに片手操作する際のタッチ精度向上を目的として,凹凸を付けたスマートフォンケースを作成した.我々は,ユーザがケースの凹凸を触り,タッチの際の手がかりにすることができると考えた.それぞれのケースを装着したスマートフォンを用いて被験者実験を行い,タッチの精度を評価した.

  • 付箋メタファに基づくプレゼンテーション設計インタフェースの検討

    野口, 杏奈, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2014 ( 6 ) 1 - 8  2014年05月

     概要を見る

    タブレット PC にて動作するプレゼンテーション設計インタフェースを示す。本インタフェースは付箋をスライドに見立てた 「付箋メタファ」 に基づく。付箋メタファにて用いられる仮想的な付箋を付箋オブジェクトと呼ぶ。本インタフェースにおいて、発表者は付箋オブジェクト、および付箋オブジェクトを配置するためのキャンバスを用いてプレゼンテーションを設計する。付箋オブジェクトには手書きによる書き込みが行え、さらにタッチジェスチャによって書き込みをまとめる、分割する等の操作を容易に行える。なお、これらの書き込みは対応するスライドへと反映される。また、発表者はキャンバスにて、付箋オブジェクトを自由に配置し、さらにプレゼンテーションにおけるスライド順を指定することが可能である。これらの機能によって、本インタフェースは個々のスライドの設計及びスライド順の設計を含むプレゼンテーション設計を支援する。

  • キーを指の設置位置とその周囲に配置するソフトウェアキーボード

    久野,祐輝, 志築,文太郎, 田中,二郎

    情報処理学会論文誌   55 ( 4 ) 1353 - 1364  2014年04月

     概要を見る

    本稿において我々はユーザがより高速に入力が可能なソフトウェアキーボードである"Leyboard"を示す.Leyboardはソフトウェアキーボードのキーをユーザの指の位置とその周辺に配置する.これにより,入力がより正確になり,結果として入力が高速になると我々は考えた.我々はLeyboardのプロトタイプを用いて長期間にわたる実験を行った.実験の結果,Leyboardでは既存のソフトウェアキーボードに対して有意に高速な入力が可能であった.

  • 姿勢ログの解析インタフェース

    大江,龍人, 志築,文太郎, 田中,二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2014 ( 12 ) 1 - 6  2014年03月

     概要を見る

    ワーキングチェア上の着座姿勢を作業状況を表す.例えば,仮眠をとっている場合は着座姿勢に変化が少なく,貧乏ゆすりをしている場合は着座姿勢が小刻みに変化する.本研究では,作業者の着座姿勢をログとして保存するシステム,及びログを解析するインタフェースを示す.我々は過去の姿勢のログを姿勢ログと定義する.この姿勢ログを本インタフェースを用いて振り返ることにより,作業者は過去の状況を知ることが可能になる.今回我々は,ワーキングチェア背面に取り付けられた 3 軸加速度センサと 3 軸ジャイロセンサのセンサ値を着座姿勢として保存するシステムを実装した.加えて,過去の作業状況の解析を支援するために,作業者の顔写真とデスクトップのスクリーンショットもまた保存される.本論文では,本インタフェースの操作手法及び実装を示す.さらに,1 ヶ月以上に渡る第 1 著者の姿勢ログを解析したケーススタディを示す.

  • 個人用画面と大画面を用いた複数人での共同作業環境

    武田, 慎之介, 萬成, 亮太, 小林, 弘明, 小林, 愛実, 大久保, 心織, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2014 ( 14 ) 1 - 5  2014年03月

     概要を見る

    視覚的な分析に関する研究は一人で分析を行うことを想定しているものがこれまでに多数提案されている。我々は、複数人で分析を行うことを考えた。複数人で行うことで、より効率的な分析や、新たな知見の発見が期待出来る。我々は、複数人で視覚的な分析作業を行うために、共同作業者各々が個人用画面を持ち、これに加えて大画面を一つ用いる作業環境を考えた。この作業環境では、大画面と個人用画面を連携させるために、個人用画面を大画面に向ける操作を用いる。このような操作を実現するために、個人用画面はスマートフォンのような背面カメラを持つ端末を利用し、大画面上に表示した AR マーカを端末の背面カメラで捉えることで、向いている方向を検出する方法を提案する。また、実際にこの操作を実現するプロトタイプを作成して簡易的な試用を行った。

  • 大衆の豊かな感情の時空間的な分布の可視化

    田口, 聖久, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2014 ( 36 ) 1 - 8  2014年03月

     概要を見る

    大勢の人々が抱く豊かな感情の時空間的変化の把握を支援することを目的に,我々は感情をテーマにした主題地図による可視化システムを開発した.感情の空間的広がりを可視化する従来の研究には肯定・否定の評判分析の結果を可視化したものがある.しかし,本来感情はより豊かに,より細かく分類できるものである.本研究では,その細かく分類された感情の主題地図を作成するための設計指針を 2 つのプロトタイプの製作によって導いた.例えば,細かく分類する感情の個数や,地理的広がりを提供する方法などである.それら指針をもとに,豊かな感情の主題地図を設計し,計算機による描画システムを開発した.

  • TouchPair : Dynamic Analog-Digital Object Pairing for Tangible Interaction using 3D Point Cloud Data

    Unseok,Lee, Jiro,Tanaka

    The Seventh International Conference on Advances in Computer-Human Interactions     166 - 171  2014年03月  [査読有り]

  • Touch Recognition Technique for Dynamic Touch Pairing System and Tangible Interaction with Real Objects(Using 3D Point Cloud Data to Enable Real Object Tangible Interaction)

    Unseok,Lee, Jiro,Tanaka

    International Journal on Advances in Intelligent Systems   7 ( 3&4 ) 482 - 492  2014年03月  [査読有り]

  • タッチパネル端末向け縦型QWERTYキーボードの性能評価

    箱田, 博之, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2014 ( 18 ) 1 - 7  2014年01月

     概要を見る

    本稿では,タッチパネル端末向けの縦型 QWERTY キーボードと,その性能評価について示す.我々はまず,スマートフォンにおける片手親指タッチ入力の特性を調査する予備実験を行った.この予備実験から,縦長の領域をキーボードとして用いることの妥当性を,ポインティング精度・時間から示した.そして,縦型 QWERTY キーボードの設計,及び表示位置の決定を行った.縦型 QWERTY キーボードは,Android 端末上にて動作するアプリケーションとして実装し,入力精度,速度,及び使用感を検証する実験を行った.

  • 大画面を備える携帯情報端末における片手ポインティング手法

    大西, 主紗, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2014 ( 17 ) 1 - 9  2014年01月

     概要を見る

    大型のタッチ画面を備える携帯情報端末上における片手操作手法を示す.本システムでは,ユーザはタッチ画面を持つ端末を片手にて把持し,その親指にてすべての領域に対するポインティングを行う.画面の全領域に対する操作を実現するために,本手法では画面端において反射を行うカーソル,またはドラッグ操作にて画面の指定した領域にタッチ点を転送する手法のどちらかを用いる.これらの手法は画面に強くタッチを行うForcetouchによって起動するため,タッチ画面上における既存の操作手法と共存することが可能である.ポインティング性能を検証するため,既存手法との比較実験を行った結果,提案手法の性能が発揮される環境が発見された.

  • タッチUIにおけるボタンの余白の大きさが操作に与える影響

    黒澤, 敏文, 久野, 祐輝, 小森谷, 大介, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2014 ( 16 ) 1 - 7  2014年01月

     概要を見る

    本研究ではタッチUIにおけるボタンの周囲に存在する余白がユーザの操作に与える影響を調査する.まず,我々はボタンの余白の大きさを変えて,ボタン操作に要する時間を計測した.実験にはスマートフォンを用い,持ち方の条件を1)片手で持ちその親指を用いて操作する方法と,2)片手で持ち他方の手の人差し指を用いて操作する方法の2つとした.この結果,余白の大きさと操作時間の関係にいくつかの傾向を見出した.

  • Ensuring privacy during pervasive logging by a passerby

    Mohsin Ali Memon, Jiro Tanaka

    Journal of Information Processing   22 ( 2 ) 334 - 343  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    Pervasive logging devices capture everything along with the public nearby without their consent, thus, possibly troubling people who prefer their privacy. This has issues for privacy and, furthermore, the widespread use of such logging devices may affect people's behavior, as they may feel uncomfortable that they are constantly being monitored. People may wish to have some control over the lifelogging devices of others and, in this article, we describe a framework to restrict anonymous logging, unless explicitly permitted. Our privacy framework allows the user of a logging device to define privacy policies controlling when, where and who to restrict from logging them. Moreover, it is possible to select which type of logging sensors to apply these restrictions. Evaluation results show that this approach is a practical method of configuring privacy settings and restricting pervasive devices from logging. © 2014 Information Processing Society of Japan.

    DOI

  • タッチパネル端末における2本指を用いたアイズフリーかな文字入力手法

    箱田, 博之, 深津, 佳智, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2013 ( 6 ) 1 - 8  2013年07月

     概要を見る

    タッチパネル端末において,2 本指を用いた操作によって,アイズフリーかつ高精度にかな文字入力を行う手法を示す.本手法では,2 本指を用いたドラッグとフリックによってかな文字入力を行う.ユーザは,1 本目の指のドラッグ操作によって子音を決定し,続けて 2 本目のフリック操作によって母音を決定する.これにより,アイズフリーにおいても入力過程を把握することが可能となるため,高精度なかな文字入力が実現される.

  • タッチパネル搭載端末同士を重ねる操作による端末連携手法

    三田, 裕策, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2013 ( 4 ) 1 - 7  2013年07月

     概要を見る

    タッチパネルを搭載した端末同士を連携させるための新たな手法を示す.本手法では,ユーザは端末同士を重ねることにより連携を行う.連携中は,重ねられた端末の画面が一体化される.また,連携は端末同士を離すことにより解除される.これにより,ユーザは連携を容易に行うことができ,かつ端末間におけるデータの移動を直接操作を用いてシームレスに行うことができる.本稿では提案インタラクション手法,及び携帯情報端末用のケースを用いたその実装法を述べる.

  • 持ち物の組み合わせを重さから推定するシステム

    浜野, 悠介, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   2013 ( 1 ) 89 - 91  2013年03月

     概要を見る

    物の重さは容易に取得することができ、変化が少ないことから物を特定する情報として有用であると考えられる。あらかじめ物の重さを一つずつ量っておくことで、持ち物全体の重さに近い組み合わせを推定することができる。そこで、本研究では秤を用いて物の重さを取得し、その重さから持ち物の組み合わせを推定するシステムを開発した。本システムは、鞄などをフックにつるすとその中に入った持ち物を推定して表示する。本システムを利用して持ち物の組み合わせを半自動的に確認することができれば忘れ物防止に役立つと思われる。

  • 持ち方に応じた操作を可能とする携帯端末向け入力システム

    池上, 秀, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   2013 ( 1 ) 71 - 73  2013年03月

     概要を見る

    高機能携帯端末では、主にタッチパネルで入力を行う。一方で、使用頻度の高い機能にはタッチパネルのGUI操作よりも素早く、操作が簡単な ハードキーが用いられる。ハードキーは機能のショートカットを容易に行えるため操作性が良いが、入力位置が固定されるため端末の持ち方を制限する問題が生じる。そこで、本研究では様々な持ち方に応じて、仮想的なハードキーを配置する手法を提案する。本手法は、端末の側面全体に設置した多数の圧力センサによる圧力分布からパターン認識を用いて持ち方を推定し、仮想ハードキーの配置を行う。また、携帯端末に装着するカバー型入力デバイスを作成し、認識率や操作性の評価を行った。

  • 順位と量の推移の視覚的表現を用いたトレンド分析支援ツールの開発

    大久保, 心織, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2013-HCI-152 ( 22 ) 1 - 8  2013年03月

     概要を見る

    時刻と量を伴った順位データの可視化によって,流行の期間や始まりなどのトレンドを分析するためのツールを開発した.提案する可視化手法では,順位と量の推移を同時に表現することで,従来の表現手法に比べてデータの全体像が把握しやすくなり,個々の事象の動向についてより詳細な分析が可能になった.また,事象の持つテキストラベルから自動的に色相の決定を行うことで,視覚的に事象のカテゴリを確認しやすくなった.本ツールを用いて,twitter のトピックデータを対象としたトレンド分析を行った.その結果,トレンドやデータの全体像についての理解が得られたと同時に,メディアに対する人々の反応のデータをツールに適用することで,メディアごとの受け手の反応の差も示せるという可能性も提示した.

  • 筆記動作から推測した学習状況を遠隔で伝える手法

    高田,沙織, 高橋,伸, 田中,二郎

    全国大会講演論文集   2013 ( 1 ) 287 - 289  2013年03月

     概要を見る

    人は学習をする際、同様に学習をしている人が周囲にいると学習の意欲が向上する場合が多い。そこで、自室にて1人で学習をしている際にも、他に学習をしている仲間がいるような感覚を得られないかと考えた。本研究では紙と筆記具を用いた学習において、他の誰かが学習している状態を検出し、自分側に提示する手法を提案する。学習状態の検出には、筆記具に加速度センサを取り付け、そのセンサから得た情報を元に推測を行う。提示には筆記具や机周りの物をLEDで光らせる方法を用いる。また、本研究では上記手法を用いて、学習状況を遠隔地間で互いに確認できるシステムを作成・運用し、検出・提示手法の評価を行った。

  • 色による特徴表現を用いた高次元データの可視化

    小林, 弘明, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2013-HCI-152 ( 23 ) 1 - 8  2013年03月

     概要を見る

    可視化結果を表示するディスプレイの画面領域には限りがあるため,高次元データの概観を得ることは難しい.そこで本研究では,限られた画面領域において高次元データの概観を得ることを目的とし,そのための表現手法として色付き Mosiac Matrix を開発した.色付き Mosaic Matrix は高次元カテゴリデータの可視化手法であり,データの特徴を色を用いて表現する.量的データをカテゴリ単位で表現することにより,レコード数の多い高次元データの可視化を可能にした.評価実験によって可読性を調査した結果,本表現手法が高次元データの概観を得る手法として有用であることがわかった.

  • 記憶するアイコンインタフェース

    謝, 湘平, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   2013 ( 1 ) 81 - 83  2013年03月

     概要を見る

    バージョンや保存形式の違いなど、ファイルの間には関連性がある場合が多いが、デスクトップGUIにおける既存のインタフェースでは、アイコンは独立した状態で存在する。本研究では、ファイル作成時の一連の操作を記憶し、操作に基づくファイルの関連性をビジュアルに見せるインタフェースを作成した。このインタフェースでは、記憶した操作を再現することが可能である。これにより以前行った一連の操作を異なったファイルについて自動的に行うことが可能となる。また、ファイル名や属性から関連するファイルを検出し、それをアイコンに視覚的に示すインタフェースをファイルマネージャ上に実装した。

  • 複数タブレットを用いた共同分析作業のための視覚的表現および操作の検討

    白井, 智子, 萬成, 亮太, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2013-HCI-152 ( 15 ) 1 - 8  2013年03月

     概要を見る

    本研究では,視覚的表現を共有することで複数人によるデータ分析作業を支援するシステムを開発している.視覚的表現はデータ分析作業を効率化でき,さらに複数人で協調することで,一人で分析する以上の効率や効果が得られる可能性がある.しかしながら,共有する視覚的表現やそれらに対する操作を適切に設計しなければならない.そこで,実際の共同作業を通して,視覚的表現や操作のレビューを行うことにした.本報告では,複数タブレットを用いて時刻付き大規模データの視覚的表現を可視化できるプロトタイプの開発,および複数人で実際に分析作業を試行することで得られた視覚的表現の共有のしかたや操作に関する改善策について述べる.

  • Point-Tap, Tap-Tap, and the Effect of Familiarity: to Enhance the Usability of See-and-Select in Smart Space

    Kim, Seokhwan, Takahashi, Shin, Tanaka, Jiro

    Information and Media Technologies   8 ( 1 ) 97 - 108  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    We prototyped two selection techniques, Point-Tap and Tap-Tap, and conducted experiments to assess their characteristics, in particular how familiarity with a space affects their usability. Both techniques were developed to enhance the capability of the general "pointing gesture" and "map with live video" techniques. The goal of both techniques is to acquire a target object in smart space, and they share the concept of "see-and-select," which allows users to select an object while seeing the objects with their own eyes. Consequently, users must rely on the spatial locations of objects when using the techniques. According to spatial cognition science, humans recognize object locations in two ways, egocentrically and allocentrically, and some work has pointed out that users rely on allocentric representations more once they have become familiar with a space. Indeed, in our experiments, users who were familiar with the space could use the "map with live video" technique more effectively. The two main contributions of this paper are the presentation of the new techniques themselves, and the identification of a major factor for applying the techniques, namely, the users' expected famili

  • 筑波大学大学院におけるPBLの実施と評価

    山戸, 昭三, 北川, 博之, 田中, 二郎

    工学教育   61 ( 5 ) 5_94 - 5_99  2013年  [査読有り]

    DOI

  • 背面に触感を付与した携帯情報端末におけるタッチ精度の評価

    久野, 祐輝, 大江, 龍人, 深津, 佳智, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2012 ( 6 ) 1 - 7  2012年10月

     概要を見る

    タッチパネルを搭載した携帯情報端末をユーザが把持する際には,端末の背面にユーザの指が接触する.このことから,我々は端末の背面に触感を付与することによって端末の入力精度が向上すると考えた.そこで,端末の背面に触感を付与する方法を複数選定した.その上で被験者実験を行うことにより,それぞれが入力精度に対して与える効果を評価した.

  • 背面に触感を付与した携帯情報端末におけるタッチ精度の評価

    久野, 祐輝, 大江, 龍人, 深津, 佳智, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2012 ( 6 ) 1 - 7  2012年10月

     概要を見る

    タッチパネルを搭載した携帯情報端末をユーザが把持する際には,端末の背面にユーザの指が接触する.このことから,我々は端末の背面に触感を付与することによって端末の入力精度が向上すると考えた.そこで,端末の背面に触感を付与する方法を複数選定した.その上で被験者実験を行うことにより,それぞれが入力精度に対して与える効果を評価した.

  • 背面に触感を付与した携帯情報端末におけるタッチ精度の評価

    久野, 祐輝, 大江, 龍人, 深津, 佳智, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   2012 ( 6 ) 1 - 7  2012年10月

     概要を見る

    タッチパネルを搭載した携帯情報端末をユーザが把持する際には,端末の背面にユーザの指が接触する.このことから,我々は端末の背面に触感を付与することによって端末の入力精度が向上すると考えた.そこで,端末の背面に触感を付与する方法を複数選定した.その上で被験者実験を行うことにより,それぞれが入力精度に対して与える効果を評価した.

  • 携帯情報端末のタッチパネルにおけるアイズフリーな片手文字入力システム

    深津, 佳智, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2012 ( 5 ) 1 - 8  2012年07月

     概要を見る

    アイズフリーで文字入力が行える携帯情報端末向けかな文字入力システムを示す.本システムでは,タッチパネルを入力デバイスとして用いる.アイズフリーでの正確な入力を実現するために,本手法では2ストロークに基づくかな入力を用いる.ユーザは,子音入力用のフリック操作に続けて,母音入力用のフリック操作を行うことにより,かな文字を入力することが可能である.入力精度を検証する実験を行った結果,被験者毎のエラー率は3.5%から19.8%,全体のエラー率は9.8%であった.

  • 軌跡に基づいたundo/redoインタフェース

    大江, 龍人, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2012 ( 7 ) 1 - 8  2012年07月

     概要を見る

    我々は軌跡に基づくundo/redoインタフェースを示す.ユーザはマウスを使って形状を指定することにより,同様の形状を持つ操作までundo/redoすることが可能である.その様な操作が複数存在する場合には,選択的にundo/redoすることも可能である.本稿では本インタフェースのインタラクション手法,及び応用的な使用方法を示す.

  • 拡張現実感による協調作業環境の構築

    金子, 将大, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   2012 ( 1 ) 271 - 273  2012年03月

     概要を見る

    拡張現実を用いて作業環境を拡張する協調作業支援システムを開発する。ユーザはカメラを取り付けたヘッドマウントディスプレイを着用する。カメラから得られた視界画像に仮想ディスプレイを重畳表示し、ヘッドマウントディスプレイで提示することで作業環境を拡張する。ユーザは仮想ディスプレイに対するジェスチャにより、書き込みや移動などのインタラクションを行う。仮想ディスプレイの位置やサイズ、書き込みの内容はサーバ上に記録され、全ユーザで共有する。仮想ディスプレイ間には、表示内容を同期する、移動時に追随するなどの関係を設定可能である。これにより、ユーザは相応しい作業環境を構築することができる。

  • 複数の磁気センサを用いた携帯端末向け3次元入力インタフェースの開発

    Thanh, SonPham, 田中, 二郎, 高橋, 伸

    全国大会講演論文集   2012 ( 1 ) 327 - 329  2012年03月

     概要を見る

    携帯端末の小型化とユーザの入力領域確保を両立させるために,端末の周辺スペースを活用する手法が注目されている.本研究では,複数の3次元磁気センサによって、ユーザの指につけた磁石の位置を検出し、ユーザの手の3次元的な動きを認識することで、携帯端末の周辺スペースを利用する入力システムを実現した.また,この入力システムを用いた携帯アプリケーションを試作し、システムの評価を行った.

  • 拡張現実感を用いた仮想の立体による試し置きシステム

    小林, 智輝, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   2012 ( 1 ) 313 - 315  2012年03月

     概要を見る

    我々が普段生活しているとき、同じ場所にない物の大きさを比べたい場合がある。本論文ではこのような場合に使用するシステムを提案する。システムの内容は、仮想の立体を拡張現実感を用いて目の前の実世界に重畳表示し、試し置きを行うというものである。本システムのユーザはヘッドマウントディスプレイを装着する。実世界を見ながら仮想の立体を出現させることができるように、ヘッドマウントディスプレイにはカメラを装着し、そのカメラから取得した映像を映す。その後ハンドジェスチャにより目の前に仮想の立体を生成・重畳表示し、移動させて試し置きを行う。

  • Head Nod and Shake Gesture Interface for a Self-portrait Camera

    S., Chu, J., Tanaka

    The Fifth International Conference on Advances in Computer-Human Interactions (ACHI 2012)     112-117  2012年02月  [査読有り]

  • WithYou - A Communication System to Provide Out Together Feeling

    Ching-Tzun Chang, Shin Takahashi, Jiro Tanaka

    PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL WORKING CONFERENCE ON ADVANCED VISUAL INTERFACES     320 - 323  2012年  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we present a video-based communication system that provides an Out Together Feeling. In other words, it makes a pair of users, one outdoors and the other indoors, feel as if they are going outside together. To achieve this, it is important that both users (1) can freely peruse the outdoor user's surroundings, (2) can see what the outdoor user is looking at, and (3) can focus together on the same point. To realize these features, we have designed and implemented a system called WithYou. It consists of two subsystems: a wearable system for the outdoor user and an immersive space for the indoor user. The indoor user wears an HMD and watches video from a Pan/Tilt/Zoom camera mounted on the outdoor user's chest. Thus, the indoor user can look around by simply turning his/her head to the left or right. The orientation of the outdoor user's face is also displayed on the HMD screen to indicate where he/she is looking. In the preliminary test, both users experienced the Out Together Feeling to some extent.

    DOI

  • How Voice Augmentation Supports Elderly Web Users

    D., Sato, M., Kobayashi, H., Takagi, C., Asakawa, J., Tanaka

    Proceedings of the 13th international ACM SIGACCESS conference on Computers and accessibility (ASSETS 2011)     155-162  2011年10月  [査読有り]

    DOI

  • 筑波大学「高度IT人材育成のための実践的ソフトウェア開発専修プログラム」の「これまで」と「これから」

    田中二郎, 北川博之

    情報処理   52 ( 10 ) 1250-1253  2011年10月

  • Data Unification on a Dataflow Language for VJing

    A., Kobayashi, B., Shizuki, J., Tanaka

    International Workshop on Visual Languages and Computing (VLC2011)     268-273  2011年08月  [査読有り]

  • 指を識別するタッチインタフェース向けインタラクション手法の検討

    鈴木, 優, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2011 ( 4 ) 1 - 6  2011年07月

     概要を見る

    タッチインタフェース向けのインタラクション手法のコンセプトとして,Finger-Specific Interaction(以下,FSI) を提案する.FSI はタッチする指を識別し,指の違いを入力として利用するインタラクション手法である.たとえば,既存のタッチインタフェースでは人差し指でのタッチと中指でのタッチはどちらも同じ一点のタッチとして扱われるが,FSI ではそれらを別の入力として扱う.FSI を実現することで,タッチインタフェースで入力として利用できる情報量が格段に増加し,さらに eyes-free インタラクションが可能になるという利点がある.本論文では FSI のコンセプトを紹介し,その有効性および抱える問題点について議論を行う.さらに,プロトタイプシステムとして開発した画像処理ベースのシステムと,実際の利用場面を想定したアプリケーション例を紹介する.

  • 家計簿の自動記録のための使用金額認識システム

    韮澤, 賢三, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2011 ( 23 ) 1 - 8  2011年07月

     概要を見る

    既存の家計簿には,購買の履歴をユーザが自ら手動記録する必要がある.手動記録は継続性が弱く,家計簿が長続きしない可能性がある.この問題を解決するため,本研究では,ユーザが購買を行った際に,使用金額や費目を自動的に家計簿に記録するシステムを実現する.本稿では,財布の紙幣ポケット部に LED と照度センサを取り付けることにより実現した使用金額認識システムと,その認識実験について述べる.認識実験を行った結果,0 枚から 5 枚と 10 枚の紙幣を 100% の精度にて,6 枚から 9 枚の紙幣を 85〜95% の精度にて認識することに成功した.

  • Hand Gesture for Taking Self Portrait

    S., Chu, J., Tanaka

    Proceedings of 14th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2011)   Part II   238-247  2011年07月  [査読有り]

  • Niboshi for Slate Devices: a Japanese Input Method Using Multi-touch for Slate Devices

    G., Kimioka, B., Shizuki, J., Tanaka

    Proceedings of 14th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2011)   Part II   81-89  2011年07月  [査読有り]

  • Design of Shadows on the OHP Metaphor-based PresentationInterface which Visualizes a Presenter' s Actions

    Y., Murata, K., Kurihara, T., Mochizuki, B., Shizuki, J., Tanaka

    Proceedings of 14th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2011)   Part II   557-564  2011年07月  [査読有り]

    DOI

  • 輪型入力装置を用いたハンドジェスチャの認識

    大江, 龍人, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2011 ( 7 ) 1 - 8  2011年07月

     概要を見る

    我々は,手を用いて粘土をこねるように 3D モデリングを行う環境を実現するため,輪型入力装置 「わくこん」 を開発している.ユーザは非利き手にわくこんを把持し,わくこん内側における利き手のジェスチャによって 3D モデルを編集する.ジェスチャの認識を改善するために,今回,輪の内側の距離センサを 32 個に増やした.本稿では,この距離センサのレイアウトとジェスチャ認識手法について述べる.

  • ダメージを演出するための鋭い感触を呈示する手法の検討と開発

    萩原, 正宏, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   111 ( 38 ) 27 - 31  2011年05月

  • ダメージを演出するための鋭い感触を呈示する手法の検討と開発

    萩原, 正宏, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング   2011 ( 6 ) 1 - 5  2011年05月

     概要を見る

    本研究では仮想現実空間内において,殴られた,あるいは叩かれたようなダメージの演出を目指す.そのためには鋭い感触の触覚呈示が必要であるが,振動モータでは感触の質が,ソレノイド式では重量や電源容量が問題となる.そこで本研究では弾性体の飛び移り座屈機構を利用した触覚呈示手法を提案する.本手法では薄い金属板の弾性力により軽量でありながら鋭い力を発生できる.本手法を用いた触覚呈示装置を試作し,予備実験として呈示する感触を主観的に評価した.その結果,振動モータよりも鋭い感触を呈示でき,さらに重りの有無により 2 種類の感触も呈示できた.また,試作した装置と効果音とを併用したアプリケーションを実装した.

  • ペンを握る動作を利用したインタラクション手法の検討

    鈴木, 優, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   52 ( 4 ) 1552 - 1561  2011年04月  [査読有り]

     概要を見る

    現在のペン入力インタフェースには限られた入力操作しか存在しない.そこで,入力操作を豊かにするために,ペンを握る力を利用したインタラクション手法,Grippingを提案する.Grippingとは,ペンを握った状態でペンを握る力を加減する操作である.Grippingはペンから指を離すことなく行えるため,従来のペンの使いやすさを保持したまま入力操作を増やすことができる.さらに,ペンをタッチディスプレイから離した状態で操作できるため,タップやストローク操作とは独立した制御が行える.一方で,ペンを握る力を用いたインタラクション手法は今まで十分な検討が行われていない.本論文ではGrippingでの入力操作を離散的入力と連続的入力にわけ,ペンを握る力を用いたインタラクションの実現可能性について3つの実験を基に検証を行った.その結果,Grippingがペン入力インタフェース向けのインタラクション手法として有効に活用できる可能性を示すことができた.

  • 表とパラレルコーディネートを組み合わせた視覚的分析ツールの評価

    結城, 崇, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2011 ( 25 ) 1 - 8  2011年03月

     概要を見る

    表とパラレルコーディネートを組み合わせた表現方法を開発した.個々のデータの閲覧に適した表と,多次元データの概観把握に適したパラレルコーディネートを組み合わせることで,データの詳細と概観を自由に行き来しながら分析を行える.本表現方法を備えた視覚的分析ツールと表とパラレルコーディネートを用いたビューを並べた分析ツールとの比較評価を行った.実験結果から表とパラレルコーディネートの組み合わせによる視覚的分析への効果を明らかにした.

  • わくこん:3Dモデリングのためのわく型入力装置

    大江, 龍人, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   2011 ( 1 ) 213 - 215  2011年03月

     概要を見る

    本稿では、わく型入力装置である「わくこん」について述べる。わくこんの形状は、直径20cm高さ5cmの円筒である。ユーザは、わくこんを把持し画面に向けることによってポインティングを行うことができる。ユーザはまた、わくの内側でハンドジェスチャを行う、わくの内側をなぞる、わくを回転させるという操作を行うことができる。以上の操作を認識するために、わくこんは、円の中心に向かって均等に取り付けられた16個の距離センサ、加速度センサ、及びマーカーを読み取るための赤外線カメラを備える。我々は、大画面上における3Dモデルのラフデザインにわくこんが有効であると考え、わくこんと3Dモデラーの実装を行った。

  • 楽曲嗜好データを用いた楽曲発見支援ツールの開発

    白井, 智子, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2011 ( 24 ) 1 - 8  2011年03月

     概要を見る

    近年,楽曲発見のためのサービスが増えつつある.これらのサービスでは,楽曲発見のための手掛かりがある場合には,好みの楽曲を発見できる.本研究では,手掛かりが十分になくても好みの楽曲を幅広い範囲から発見できる楽曲発見支援ツールを開発した.本ツールは,音楽ジャンルの関係構造とリスナーの楽曲嗜好を視覚的に表現したことが特徴である.また,ケーススタディを通して,開発した楽曲発見支援ツールにより,自分の好みの楽曲を従来よりも幅広い範囲から探索できることを示した.

  • 画面外におけるスタイラスの動作を用いた入力インタフェース

    鈴木, 文佳, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   2011 ( 1 ) 317 - 319  2011年03月

     概要を見る

    本稿では、画面外におけるスタイラスの動作を用いた入力インタフェースについて述べる。画面外におけるスタイラスの動作とは、画面の周囲の縁や、画面手前の机の上において行われる、スタイラスを用いたタップ、ストローク、ペンジェスチャなどの動作である。これらの動作は、メニューの選択のように項目の選択を行う操作や、スクロール操作などに割り当てることが可能である。また、スタイラスが画面内外のどちらを指しているかという新たなパラメータを用いて、画面内外の遷移を利用した操作が可能となる。我々は、これらの操作を活用したペイントアプリケーションの実装を行ったので、本稿ではこれについても述べる。

  • GPUを利用したライブ映像パフォーマンス向け映像合成システム

    小林, 敦友, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌. プログラミング   4 ( 1 ) 76 - 89  2011年03月  [査読有り]

     概要を見る

    我々は,ライブ映像パフォーマンス (以降 VJing) のためのシステム,ImproV の開発を行ってきた.VJing とは,音楽イベントやファッションショーなどのイベントにおいて,映像を提示し,その映像の生成や切替えなどの制御を人間がその場で行うというパフォーマンスである.ImproV のユーザインタフェースは,映像処理の流れをデータフローによって表すデータフローエディタである.これにより,複数の映像を重ねる,複数の映像エフェクトを任意に組み合わせるといった操作を,ユーザが VJing の最中に行うことが可能になっている.ImproV のデータフローで扱うデータ型は,我々が映像型と呼ぶ,映像のフレーム画像である.合成対象の映像も,映像エフェクトのパラメータもすべて映像型で表現するように設計した.これにより映像エフェクトのパラメータとして映像を入力し,そのパラメータを入力された映像に沿って変化させることが可能になっている.この映像型は,GPU のテクスチャを利用して実装されている

  • IMAD: 操作とその表示を統合した設計支援システムの実装

    御手洗潔, 田中二郎

    計測自動制御学会産業論文誌   10 ( 16 ) 140-151  2011年01月  [査読有り]

  • A Tool to Support Finding Favorite Music by Visualizing Listeners' Preferences

    Satoko Shiroi, Kazuo Misue, Jiro Tanaka

    15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION VISUALISATION (IV 2011)     176 - 181  2011年  [査読有り]

     概要を見る

    In recent years, music-finding services have been increasing. If we have explicit information specifying pieces of music, we can find music to our taste using such services. This paper describes a tool to support music discovery. The tool visualizes a relational structure among music genres and the music-preference data of many listeners to make the users aware of their favorite music without explicit information. A case study is described to illustrate the usefulness of the tool.

    DOI

  • 表とパラレルコーディネートを組み合わせた視覚的な分析ツール

    結城, 崇, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   2010 ( 7 ) 1 - 8  2010年10月

     概要を見る

    表とパラレルコーディネートを組み合わせた表現を提案するとともに,その表現に対する操作を備えた視覚的なデータ分析ツールを開発した.個々のデータの閲覧に適した表と,多次元データの概観把握に適したパラレルコーディネートを組み合わせることで,データの探索的な分析において,データの概観に基く手がかりを残したまま詳細に分析することが可能になった.購買履歴データの分析例を通して,ツールの機能を紹介するとともにその有用性を示す.

  • 表とパラレルコーディネートを組み合わせた視覚的な分析ツール

    結城, 崇, 三末, 和男, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2010 ( 7 ) 1 - 8  2010年10月

     概要を見る

    表とパラレルコーディネートを組み合わせた表現を提案するとともに,その表現に対する操作を備えた視覚的なデータ分析ツールを開発した.個々のデータの閲覧に適した表と,多次元データの概観把握に適したパラレルコーディネートを組み合わせることで,データの探索的な分析において,データの概観に基く手がかりを残したまま詳細に分析することが可能になった.購買履歴データの分析例を通して,ツールの機能を紹介するとともにその有用性を示す.

  • Tangible Linker: organizing and accessing digital contents using untagged tangible objects

    H, Y. Wong, S., Takahashi, J., Tanaka

    Proceedings of 9th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction     693-698  2010年08月  [査読有り]

  • Interaction with tilting gestures in ubiquitous enviroments

    Ayman, Atia, Jiro, Tanaka

    International Journal of UbiComp   11 ( 3 ) 1-13  2010年07月  [査読有り]

  • ペンの影を重畳表示するプレゼンテーションツールにおける影のデザイン

    村田, 雄一, 栗原, 一貴, 望月, 俊男, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2010 ( 10 ) 1 - 5  2010年07月

     概要を見る

    本発表では発表者の動作を影として視覚化する OHP メタファのプレゼンテーションツールにおける,影のデザインについて述べる.我々の開発しているインタフェースは,ペンタブレットを入力に用いる.加えて,ペンの位置,傾きを取得し,その位置と傾きに応じたペンの影をポインタとしてスライド上に重畳表示する.この影を用いることにより,発表者は簡単にスライドを指示することができる.また,その影から,聴衆は発表者のジェスチャや動作を簡単にうかがうことができる.我々はシステムのプロトタイプを用いて 2 回のプレゼンテーションを行い,フィードバックを得た.そのフィードバックに基づき,我々は影のデザインを決定した.

  • メンバーへのメッセージ送信機能を有する電子行方表

    藤原, 仁貴, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2010 ( 3 ) 1 - 6  2010年07月

     概要を見る

    我々はこれまで,互いの行動への気付きを促す電子行方表 DOCoCa を開発してきた.DOCoCa の端末は居室の出入口に設置され,メンバーの在室状態 (行方) を記録し,また 1 日の行方の履歴を可視化する.今回, DOCoCa にメッセージ送信機能を実装した.これによって,メンバーは,出入時に,他のメンバーの特徴的な習慣に気付いたその場で,メッセージを端末上から数タッチでそのメンバー宛に送信できる.

  • Support in the Software Development Process Using Dependency Diagrams

    Simona, Vasilache, Jiro, Tanaka

    International Journal of Computer & Information Science   11 ( 2 ) 11-26  2010年06月  [査読有り]

  • マルチタッチを利用した携帯情報端末用日本語入力方式とその評価

    君岡, 銀兵, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告 = IPSJ SIG technical reports   138 ( 0 ) 1  2010年05月

  • 3ZB-2 歩行者の注視情報と移動軌跡を利用したデジタル広告への視聴率測定(ユビキタス応用(1),学生セッション,ネットワーク,情報処理学会創立50周年記念)

    南竹, 俊介, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 3 ) - 323  2010年03月

  • 3ZF-1 ジェスチャを用いた実世界マルチメディアメモシステム(実世界指向,学生セッション,インタフェース,情報処理学会創立50周年記念)

    中井川, 峻, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 119  2010年03月

  • 4ZF-7 回転式カメラを用いた共同外出感を示す遠隔インタラクション手法(ロボットとエージェント,学生セッション,インタフェース,情報処理学会創立50周年記念)

    張, 慶椿, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 151  2010年03月

  • 過去の状況への気づきを支援するライブカメラ映像提示手法

    野上, 僚司, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 239  2010年03月

  • 6Z-6 キッチンにおける調理者の状況に適したインタフェース : まな板への情報提示とそのタッチ操作手法の開発(インタラクティブシステム,学生セッション,ネットワーク,情報処理学会創立50周年記念)

    武田, 嵩太朗, 鈴木, 優, 島村, 祐介, 朴, 春子, 大和田, 創, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 3 ) - 183  2010年03月

  • 5Q-1 キーワードの頻度推移と文献の被引用数を視覚化した文献検索ツール(情報アクセス技術,学生セッション,データベースとメディア,情報処理学会創立50周年記念)

    謝, 英双, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 1 ) - 677  2010年03月

  • 5P-8 PBL型ライントレーサシステム開発における開発手法とグループ運営(プログラミング環境・教育,学生セッション,ソフトウェア科学・工学,情報処理学会創立50周年記念)

    陳, 兆カイ, 馬, 克, 何, 力, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 1 ) - 523  2010年03月

  • 2N-3 Drawing Method Combined With Matrix Representation and Anchored Map for Semi-Bipartite Graph

    周, 斉, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 1 ) - 367  2010年03月

  • 1ZG-5 遠隔地との共同インタラクション支援システム(コミュニケーション支援,学生セッション,インタフェース,情報処理学会創立50周年記念)

    田, 雨, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 197  2010年03月

  • 粘土と針金による工作を模した三次元モデリング・インタフェース

    森, 有司, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 297  2010年03月

  • タッチパネル面におけるスポイト操作の認識の実現

    堀, 竜慈, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 89  2010年03月

  • 発表者の手元の操作を聴衆に伝えるプレゼンテーションツール

    村田, 雄一, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 91  2010年03月

  • 伝言タグを用いて入退室時に行う伝言コミュニケーション

    藤原, 仁貴, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 191  2010年03月

  • Account Reporter : マネーフローコンテキストを用いた購買情報のプッシュ型提示システム

    韮澤, 賢三, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 3 ) - 329  2010年03月

  • マルチタッチを利用した携帯端末用日本語入力方式

    君岡, 銀兵, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 93  2010年03月

  • ウェアラブルコンピューティングにおける情報提示様式の評価

    小林, 敦友, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 3 ) - 71  2010年03月

  • 円筒型マルチタッチインタフェースにおける片手3Dポインティング手法の評価

    内藤, 真樹, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 403  2010年03月

  • 問いかけに基づく日常活動のアウェアネス支援システムとその評価

    大脇, 佑平, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 237  2010年03月

  • 5Q-2 文献の関係情報視覚化による研究領域サーベイ支援ツール(情報アクセス技術,学生セッション,データベースとメディア,情報処理学会創立50周年記念)

    朴, 春子, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 1 ) - 679  2010年03月

  • 6Z-7 キッチンにおける調理者の状況に適した入力インタフェース : 調理者の状況分析と入力インタフェースの開発及び評価(インタラクティブシステム,学生セッション,ネットワーク,情報処理学会創立50周年記念)

    島村, 祐介, 鈴木, 優, 武田, 嵩太朗, 朴, 春子, 大和田, 創, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 3 ) - 185  2010年03月

  • 4G-6 ペンを握る力と筆圧を組み合わせたインタラクション手法(入出力インタフェース,一般セッション,インタフェース,情報処理学会創立50周年記念)

    鈴木, 優, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 23  2010年03月

  • 4G-5 HMDを用いた拡張現実感技術向け物体情報の視覚的表現・比較手法(入出力インタフェース,一般セッション,インタフェース,情報処理学会創立50周年記念)

    中村, 卓, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 21  2010年03月

  • 5G-5 Evaluating interaction with Popie using tdt gestures

    Atia, Ayman, Takahashi, Shin, Tanaka, Jiro

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 33  2010年03月

  • 1ZJ-3 測域センサによる足の位置と動作の認識手法(VRとセンサ・ディスプレイ,学生セッション,インタフェース,情報処理学会創立50周年記念)

    鈴木, 茂徳, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 407  2010年03月

  • 4ZH-8 局所的な円周配置を用いた動的ネットワークの可視化ツール(情報可視化,学生セッション,インタフェース,情報処理学会創立50周年記念)

    菱田, 哲史, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 359  2010年03月

  • 3ZM-3 PBLによる電子ファイル投稿受付システムの開発(大学・芸術,学生セッション,コンピュータと人間社会,情報処理学会創立50周年記念)

    森, 哲史, 三谷, 純, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 855  2010年03月

  • 3ZM-4 学生による研究室配属業務支援システム開発の取り組みについて(大学・芸術,学生セッション,コンピュータと人間社会,情報処理学会創立50周年記念)

    川崎, 結花, 韓, 貞美, 西本, 和幸, 中村, 仁美, 菊池, 純男, 駒谷, 昇一, 李, 鵠, 狩野, 均, 北川, 博之, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 857  2010年03月

  • 4ZA-7 幼稚園向けバスロケーションシステムの開発(交通管理,学生セッション,ネットワーク,情報処理学会創立50周年記念)

    淵, 一馬, 池田, 勝洋, 石田, 梢, 菊池, 純男, 駒谷, 昇一, 北川, 博之, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 3 ) - 251  2010年03月

  • 5T-6 実時間演奏データと楽譜情報との対応システム(音楽信号処理,学生セッション,人工知能と認知科学,情報処理学会創立50周年記念)

    付, 磊, 池田, 勝洋, 島村, 祐介, 安江, 梓, 水谷, 哲也, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 2 ) - 185  2010年03月

  • 4ZH-7 大量の活動情報の多角的俯瞰を可能にする可視化ツール(情報可視化,学生セッション,インタフェース,情報処理学会創立50周年記念)

    矢崎, 聖也, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 357  2010年03月

  • 4ZH-5 タワーマップ : 2部グラフ構造と量的情報を同時提示する3次元可視化手法(情報可視化,学生セッション,インタフェース,情報処理学会創立50周年記念)

    伊藤, 隆朗, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 353  2010年03月

  • 4ZH-2 視覚的要素の配置・色を用いた多次元カテゴリデータの分析ツール(情報可視化,学生セッション,インタフェース,情報処理学会創立50周年記念)

    白石, 宏亮, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 347  2010年03月

  • 4ZH-1 アンカーマップにおける放射状ラベル配置手法の開発(情報可視化,学生セッション,インタフェース,情報処理学会創立50周年記念)

    包, 涵, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   72 ( 4 ) - 345  2010年03月

  • Drawing Clustered Bipartite Graphs in Multi-Circular Style

    Takao Ito, Kazuo Misue, Jiro Tanaka

    2010 14TH INTERNATIONAL CONFERENCE INFORMATION VISUALISATION (IV 2010)     23 - 28  2010年  [査読有り]

     概要を見る

    Bipartite graphs are often used to illustrate relationships between two sets of data, such as web pages and visitors. At the same time, information is often organized hierarchically, for example, web pages are divided into directories by their contents. The hierarchical structures are useful for analyzing information. Graphs with both a bipartite structure and a hierarchical structure are called "clustered bipartite graphs." A new clustered bipartite graphs visualization technique was developed for representing both bipartite and hierarchical structures simultaneously. In this technique, nodes in one set of the bipartite graph, which are leaves of a tree, are arranged in hierarchical multi-circular style. Then, nodes in the other set of the bipartite graph are arranged by the force-directed method. The technique enables step-by-step exploration for large-scale bipartite graphs.

    DOI

  • One-finger interaction for ubiquitous environment

    Takashi Nakamura, Shin Takahashi, Jiro Tanaka

    Proceedings - 9th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, ICIS 2010     267 - 272  2010年  [査読有り]

     概要を見る

    We propose a new interaction technique called "One-finger Interaction" for the ubiquitous environment in a home. One-finger Interaction is an interaction technique for performing various operations through movement of the index finger. It is possible for the user to operate from a distance. Additionally, because the user uses only a LED device and fingertip recognition is very sensitive, this method can be readily used in various environments. The user can also change the menu according to personal preferences and applications. We developed two prototype interfaces for One-finger Interaction. One is an interface that allows one to execute operations by moving one's fingertip and crossing icons. The other is one in which the user selects a rough position of the menu by the general direction of movement of one's fingertip, then selects a specific position by moving one's finger in a circular fashion. These interfaces allow the user to perform various operations by movement of the fingertip. Also, because it is possible to move from the end of one operation to the next action instantaneously, the user can operate menus continuously. © 2010 IEEE.

    DOI

  • Smart gesture sticker: Smart hand gestures profiles for daily objects interaction

    Ayman Atia, Shin Takahashi, Jiro Tanaka

    Proceedings - 9th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, ICIS 2010     482 - 487  2010年  [査読有り]

     概要を見る

    In this research, we present a system that can support object gestures in ubiquitous environment. We propose various techniques to use any object around users for devices and appliances interactions. These techniques make user interactions more natural and intuitive. We propose technique to use any object around users for devices and appliances interactions. These techniques make user interactions in a more natural and intuitive. The experiment results lead us in designing an architecture that assists users to interact and customize gesture profiles for objects existing in their ubiquitous environment. We call it "Smart Gesture Sticker (SGS)". In this paper, we present the detailed architecture of SGS. Furthermore, we implement applications with SGS. We evaluate SGS performance by applying different scenarios and situations for users using it in everyday life. Our results show that SGS supports users to interact with their environment and allow users to discover new usage for objects around them. © 2010 IEEE.

    DOI

  • New interface using palm and fingertip without marker for ubiquitous environment

    Seokhwan Kim, Shin Takahashi, Jiro Tanaka

    Proceedings - 9th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, ICIS 2010     819 - 824  2010年  [査読有り]

     概要を見る

    We developed new interactive display system called the palm display. Our prototype system shows the image of graphical user interface on the palm and allows the user to have interaction with it using fingertip as they manipulate a common mobile device with stylus pen. We implemented this system using image processing technology and employed common projector and a networked PTZ camera. The feature of our prototype is that the system does not require user to wear any specific marker and not ask user to use additional device. In this paper, we describe the details of the palm display system and explain several issues regarding challenges in implementation and show the result of our preliminary user test. © 2010 IEEE.

    DOI

  • ペンを握る動作を用いた離散入力操作の検討

    鈴木優, 三末和男, 田中二郎

    第17回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2009)     7-12  2009年12月  [査読有り]

  • 筑波大学における高度IT人材育成のための実践的ソフトウェア開発専修プログラム

    駒谷 昇一, 田中 二郎, 北川 博之

    工学教育   57 ( 4 ) 92 - 98  2009年07月

    DOI CiNii

  • A Tool for Analyzing Categorical Data Visually with Granular Representation

    K., Shiraishi, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of 13th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2009)   2   342-351  2009年07月  [査読有り]

    DOI

  • ORCA:実行トレースと画面変化の対応を可視化することによるGUIプログラム理解支援システム

    佐藤, 竜也, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌. プログラミング   2 ( 3 ) 1 - 19  2009年07月  [査読有り]

     概要を見る

    ソフトウェア開発者が,既存のプログラムに対して保守やコード再利用,機能追加をするためには,プログラムの特定の機能を理解する必要がある.GUI プログラムの場合,機能は GUI への操作によって引き起こされ,操作に応じてソースコードを実行し画面表示を更新する.そのため GUI プログラムの機能を理解するためには,GUI への操作と操作によって引き起こされた実行されたソースコードおよび画面変化を対応付けることが必要である.しかし,GUI への操作とソースコード上に分散している実行部分と画面変化を容易に結び付ける手段が存在しないことから,この対応付けを行うことが困難である.我々はこの対応付けを行えるようにするために,GUI プログラムの実行情報を可視化する.提案する可視化手法では,GUI への操作に対する実行のトレース情報をソースコード全体の縮小表示の上に重畳表示し,操作前後での画面のスナップショットとあわせて表示する.このような表示を行うことで,1画面上で

  • UbiGesture: Customizing and Profiling Hand Gestures in Ubiquitous Environment

    A., Atia, S., Takahashi, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of 13th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2009)   2   141-150  2009年07月  [査読有り]

    DOI

  • ImproV: A System for Improvisational Construction of Video Processing Flow

    A., Kobayashi, B., Shizuki, J., Tanaka

    Proceedings of 13th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2009)   4   534-542  2009年07月  [査読有り]

  • A Multiple-Aspects Visualization Tool for Exploring Social Networks

    J., Gao, K., Misue, and, J. Tanaka, 田中, 二郎

    Proceedings of 13th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2009)   2   277-286  2009年07月  [査読有り]

  • Sphere Anchored Map: A Visualization Technique for Bipartite Graphs in 3D

    T., Ito, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of 13th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2009)   2   811-820  2009年07月  [査読有り]

  • Interaction Technique for a Pen-Based Interface Using Finger Motions

    Y., Suzuki, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of 13th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2009)   2   503-512  2009年07月  [査読有り]

    DOI

  • Rough Selecting : 直接指示とボタン入力を組み合わせたアイコン選択手法

    藤原, 仁貴, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   71 ( 4 ) - 171  2009年03月

  • つぶつぶ表現を用いたカテゴリデータの視覚的分析ツール

    白石宏亮, 三末和男, 田中二郎

    インタラクション 2009 論文集     .105-112  2009年03月  [査読有り]

  • 3Z-3 つぶつぶ表現 : カテゴリデータ分析のための視覚的表現手法(CGと可視化,学生セッション,インタフェース)

    白石, 宏亮, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   71 ( 4 ) - 289  2009年03月

  • 赤外線方式タッチパネルにおける接触面積を利用した押し込み操作の基礎検討

    内藤, 真樹, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   71 ( 4 ) - 173  2009年03月

  • Visualization Technique for Linked Changes in Exchange Rates Between Three Currencies

    Y., Suzuki, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of the 3rd International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS2008)     136-141  2008年12月  [査読有り]

  • Shadowgraph: ペンの影を用いて OHP 風の指示ができるプレゼンテーションツール

    村田雄一, 志築文太郎, 田中二郎

    第16回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2008)     73-78  2008年11月  [査読有り]

  • Pen-Based Interface Using Hand Motions in the Air

    Yu Suzuki, Kazuo Misue, Jiro Tanaka

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E91D ( 11 ) 2647 - 2654  2008年11月  [査読有り]

     概要を見る

    A system which employs a stylus as an input device is suitable for creative activities like writing and painting. However, such a system does not always provide the user with a GUI that is easy to operate using the stylus. In addition, system usability is diminished because the stylus is not always integrated into the system in a way that takes into consideration the features of a pen. The purpose of our research is to improve the usability of a system which uses a stylus as an input device. We propose shortcut actions, which are interaction techniques for operation with a stylus that are controlled through a user's hand motions made in the air. We developed the Context Sensitive Stylus as a device to implement the shortcut actions. The Context Sensitive Stylus consists of an accelerometer and a conventional stylus. We also developed application programs to which we applied the shortcut actions; e.g., a drawing tool, a scroll supporting tool, and so on. Results from our evaluation of the shortcut actions indicate that users can concentrate better on their work when using the shortcut actions than when using conventional menu operations.

    DOI

  • Double-crossing: a new interaction technique for hand gesture interfaces

    T., Nakamura, S., Takahashi, and, J. Tanaka, 田中, 二郎

    Proceedings of the 8th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2008)     292-300  2008年07月  [査読有り]

    DOI

  • 動画共有非同期コミュニケーションにおける一体感を向上させるインタフェース

    川井, 康寛, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2008 ( 50 ) 31 - 36  2008年05月

     概要を見る

    動画共有に基づく非同期コミュニケーションシステムを対象とし,コンテンツに対するユーザの関心・発想・参加意欲を向上させることを目的として,ユーザ同士が一体感を感じられるようにするインタフェースを複数試作した.試作インタフェースは,ユーザ同士が思考や感情,意見や評価等の情報を容易にコンテンツに与えられ,かつコンテンツから読み取りやすくする.被験者実験によって,思考と意見を容易に与えられ読み取りやすくすることが一体感の向上に有効であるという結果を得た.

  • 動画共有非同期コミュニケーションにおける一体感を向上させるインタフェース

    川井, 康寛, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. [音楽情報科学]   2008 ( 50 ) 31 - 36  2008年05月

     概要を見る

    動画共有に基づく非同期コミュニケーションシステムを対象とし,コンテンツに対するユーザの関心・発想・参加意欲を向上させることを目的として,ユーザ同士が一体感を感じられるようにするインタフェースを複数試作した.試作インタフェースは,ユーザ同士が思考や感情,意見や評価等の情報を容易にコンテンツに与えられ,かつコンテンツから読み取りやすくする.被験者実験によって,思考と意見を容易に与えられ読み取りやすくすることが一体感の向上に有効であるという結果を得た.

  • データフロー図に基づくリアルタイム映像合成システム

    小林, 敦友, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2008 ( 50 ) 1 - 6  2008年05月

     概要を見る

    音楽イベントなどにおいて行われるライプ映像パフォーマンスでは、演者はその場の雰囲気に応じて映像を合成し切り替えていく。それゆえ、観客に映像を提示している間に、次に提示する映像のための映像素材選別やエフェクト適用、合成結果の確認等を行う。本システムでは、映像処理の流れをデータフロー図を使って表現し、映像再生中にもその図を複数個編集可能にすることで、提示中の映像とは別の映像を容易に合成し提示することを可能にした。

  • 円筒型マルチタッチインタフェースによるインタラクション

    内藤, 真樹, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 209  2008年03月

  • プロジェクションフォン向けの画像認識を用いたインタラクション手法

    徐, 世旺, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 227  2008年03月

  • レーザポインタストロークを利用する大画面向けインタラクション手法

    張, 進, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 231  2008年03月

  • 携帯電話上でコンテキスト依存プログラムを記述するためのビジュアルプログラミング環境

    西本, 裕貴, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 267  2008年03月

  • Mirror Appliance: Recommendation of Clothes Coordination in Daily Life

    S., Nagao, S., Takahashi, J., Tanaka

    Proceedings of the Human Factors in Telecommunication (HFT2008)     367-374  2008年03月  [査読有り]

  • Clutching and Layer-switching: Interaction Techniques for Projection-phone

    S., Seo, B., Shizuki, and, J. Tanaka, 田中, 二郎

    Proceedings of the Human Factors in Telecommunication (HFT2008)     247-254  2008年03月  [査読有り]

  • 5ZL-6 大画面への注目情報の取得と利用(視線解析,学生セッション,人工知能と認知科学)

    南竹, 俊介, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 2 ) - 521  2008年03月

  • 5T-4 放射状のマップを用いたアイデア記録を支援する手書きツール(メディア情報可視化,学生セッション,データベースとメディア)

    中園, 長新, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 1 ) - 713  2008年03月

  • 1F-5 ショートカットアクション : 手の動きを用いたスタイラスインタラクション手法(ジェスチャ・手描き,一般セッション,インターフェース)

    鈴木, 優, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 19  2008年03月

  • 4F-2 Visualization Museum : 可視化機能共有の枠組みを備えたネットワーク可視化支援サイト(ネットワークとWeb,一般セッション,インターフェース)

    小池, 諭, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 51  2008年03月

  • 6F-7 板書の使い回しを支援する電子板書システム(オフィス・教育支援,一般セッション,インターフェース)

    酒井, 慎司, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 87  2008年03月

  • 2ZE-1 大規模二部グラフにおける球状三次元アンカーマップの描画とインタラクティブな閲覧手法(CG:可視化,学生セッション,インターフェース)

    伊藤, 隆朗, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 317  2008年03月

  • 1F-4 Evaluating interaction with Popie using coin size wireless sensor

    Ayman, Atia, Sato, Daisuke, Takahashi, Shin, Tanaka, Jiro

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 17  2008年03月

  • 4F-1 A Model to Bring Back the User in the Center of Context Understanding in Ubiquitous Environment

    Yann, Jacquino, Takahashi, Shin, Tanaka, Jiro

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 49  2008年03月

  • GUIプログラムの理解支援のための可視化システムのマルチスレッド対応

    佐藤, 竜也, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 1 ) - 335  2008年03月

  • 動画共有に基づいた非同期コミュニケーションの一体感を向上させるインタフェース

    川井, 康寛, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 1 ) - 715  2008年03月

  • リアルタイム映像パフォーマンス向け映像合成システム

    小林, 敦友, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 157  2008年03月

  • 3ZD-8 ユビキタス時代における人と鏡とのインタラクション(日常と感性,学生セッション,インターフェース)

    長尾, 聡, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 249  2008年03月

  • 2ZD-7 測域センサを用いた大画面操作インタラクション(動作認識・大画面,学生セッション,インターフェース)

    田, 雨, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 229  2008年03月

  • 2ZD-3 ハンドジェスチャによる範囲選択手法を使った撮影システム(動作認識・大画面,学生セッション,インターフェース)

    淵, 一馬, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 221  2008年03月

  • 6ZC-5 ComeCamにおける3Dマスクオブジェクトを用いた情報提示手法(コミュニケーション,学生セッション,インターフェース)

    樋口, 潤, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 193  2008年03月

  • 2ZC-5 手を用いたNatural Storage上のデータ閲覧と操作手法(インタラクティブデザイン,学生セッション,インターフェース)

    大谷, 裕昭, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 127  2008年03月

  • 5T-2 2部グラフの可読性向上のためのクラスタ構造の動的描画手法(メディア情報可視化,学生セッション,データベースとメディア)

    佐藤, 修治, 三末, 和男, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 1 ) - 709  2008年03月

  • 4ZF-5 色彩的印象のコンテクストとしての取得手法の開発(情報システムとインタラクション,学生セッション,コンピュータと人間社会)

    鈴木, 茂徳, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 613  2008年03月

  • 1F-3 ハンドジェスチャとクロッシングによるインタラクション手法(ジェスチャ・手描き,一般セッション,インターフェース)

    中村, 卓, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 15  2008年03月

  • 4B-3 Drawings of Compound Graph Using Free-form Curves

    GAO, Jie, MISUE, Kazuo, TANAKA, Jiro

    全国大会講演論文集   70 ( 1 ) - 407  2008年03月

  • 5ZE-7 Webカレンダーと予定調整サービスの統合 : 柔軟な予定調整機能の実現に向けて(会議支援,学生セッション,インターフェース)

    土持, 幸久, 高橋, 伸, 田中, 二郎

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) - 379  2008年03月

  • 円筒型マルチタッチインタフェース

    内藤, 真樹, 小林, 敦友, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2008 ( 11 ) 37 - 43  2008年01月

     概要を見る

    我々は、円筒側面を操作面に利用した円筒型マルチタッチインタフェースを提案する。このインタフェースでは操作空間が円柱座標系となるため、操作面は2次元ではあるが、その曲面の奥行きを使用することで3次元に対する操作が可能である。さらに、マルチタッチであることを利用し、両手を使ってオブジェクトの操作やカメラの操作を自然に行うことが出来る。

  • Support for understanding GUI programs by visualizing execution traces synchronized with screen transitions

    Tatsuya Sato, Buntarou Shizuki, Jiro Tanaka

    PROCEEDINGS OF THE 16TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON PROGRAM COMPREHENSION     270 - 273  2008年  [査読有り]

     概要を見る

    To support understanding a specific GUI functionality in a program, we propose a visualization technique that presents the correspondence between the screens before and after the operation, as well as the traces of the source code executed by the operation. The presented traces include the executed lines and the method calls, which are fundamental information for understanding the functionality. They are represented as highlights that are superimposed on the entire source code.

    DOI

  • 大規模2部グラフの可読性向上のためのクラスタ構造の動的描画

    佐藤修治, 三末和男, 田中二郎

    第15回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2007)     19-24  2007年12月  [査読有り]

  • ユーザに優しいディジタルノート向けスタイラスインタフェース

    鈴木優, 三末和男, 田中二郎

    第15回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2007)     69-74  2007年12月  [査読有り]

  • 実行の可視化システムと連動した統合開発環境によるGUIベースプログラムの理解支援

    佐藤竜也, 志築文太郎, 田中二郎

    第15回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2007)     25-30  2007年12月  [査読有り]

  • Interface for Digital Notes Using Stylus Motions Made in the Air

    Y., Suzuki, K., Misue, Tanaka

    Proceedings of the 2nd International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS2007)     104-109  2007年11月  [査読有り]

  • Spreadsheet Interface which Simplifies the Visualization of the Network Structures

    S., Koike, K., Misue, and, J. Tanaka, 田中, 二郎

    Proceedings of the 11th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems(KES2007)   2   1277-1284  2007年09月  [査読有り]

  • ComeCam: A Communication Support System Between Both Ends of The Live Camera Connection

    J., Higuchi, S., Takahashi, and, J. Tanaka, 田中, 二郎

    Proceedings of the Third International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech2007)     33-38  2007年07月  [査読有り]

  • Stylus Enhancement to Enrich Interaction with Computers

    Y., Suzuki, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of the 12th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2007)   2   133-142  2007年07月  [査読有り]

  • Coin Size Wireless Sensor Interface for Interaction with Remote Displays

    A., Atia, S., Takahashi, and, J. Tanaka, 田中, 二郎

    Proceedings of the 12th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2007)   2   733-742  2007年07月  [査読有り]

  • 漫画的手法を用いたライブカメラ画像上へのプレゼンス情報の表示

    高橋伸, 中村, 卓, 田中, 二郎

    コンピュータソフトウェア   24 ( 3 ) 29 - 40  2007年07月  [査読有り]

     概要を見る

    遠隔地に離れたグループ間のコミュニケーションを図るためにライブカメラ画像を用いることはよく行われている.ライブカメラ画像では,その場の状況は一目瞭然であり,インスタントメッセンジャ等のプレゼンス情報提示よりもわかりやすい.しかし,ライブカメラ画像は基本的に現在の状況だけを表示していて,過去の状況の推移や未来の予定は表示されていない.本研究では,効果線など漫画的な表示手法を用いてライブカメラ画像だけでは分かりにくい情報をライブカメラ画像上に視覚化するシステムKokaCamを設計し実装した.KokaCamでは,ライブカメラで表示されている空間をグループ内での共有スペースとして捉え,伝言などのコミュニケーションメディアとして応用している.我々は,大学内の分散した複数の研究グループ間でのコミュニケーションメディアとしてKokaCamを試験的に運用し,予備的な評価を行った.

    DOI

  • On graph modelling, node ranking and visualisation

    X., Huang, D., Wang, K., Misue, J., Tanaka, A.S.M, Sajeev

    International Journal of Intelligent Systems Technologies and Applications (IJISTA)   3 ( 3 ) 180-210  2007年01月  [査読有り]

  • IdeaCrepe: Creativity Support Tool With History Layers

    N., Nakazono, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of 10th International Conference on Knowledge-Based & Intelligent Information & Engineering Systems (KES2006; LNAI 4253)     843-850  2006年10月  [査読有り]

  • A novel click-free interaction technique for large-screen interfaces

    T., Hisamatsu, B., Shizuki, S., Takahashi, J., Tanaka

    Proceedings of the 7th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2006)     10  2006年10月  [査読有り]

  • Interaction between small size device and large screen in public space

    C., Jin, S., Takahashi, J., Tanaka

    Proceedings of the 10th International Conference on Knowledge-Based & Intelligent Information & Engineering Systems (KES2006)   3   197-204  2006年10月  [査読有り]

  • On-screen Note Pad for Creative Activities

    N., Iwamura, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of the 10th International Conference on Knowledge-Based & Intelligent Information & Engineering Systems (KES2006)   3   835-842  2006年10月  [査読有り]

  • Tidy writing tool using time information

    S., Sakai, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of the 7th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2006)     10  2006年10月  [査読有り]

  • Visualization for Sharing Knowledge in Creation Processes

    M., Ishihara, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of The First International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS2006)     189-196  2006年08月  [査読有り]

  • Extended Destination Board: Supporting Awareness for Cooperation Working and Informal Communications

    Y., Tsuchimochi, S., Takahashi, J., Tanaka

    Proceedings of The First International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS2006)     59-65  2006年08月  [査読有り]

  • Popie : フローメニューに基づく日本語入力手法(ヒューマンインタフェース基礎)

    佐藤, 大介, 志築, 文太郎, 三浦, 元喜, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   47 ( 7 ) 2305 - 2316  2006年07月  [査読有り]

     概要を見る

    FlowMenuはメニュー操作や文字入力を行うインタフェースであるが,日本語入力のような候補選択をともなう入力について考慮されていない.そこでFlowMenuを日本語入力ができるように拡張したうえで,日本語入力システムPopieとして実装を行い,その評価を行った.Popieは子音入力方式や予測・補完人力を用いることで,入力速度の向上を図っている.さらに,従来の子音入力方式では候補数が多くなりすぎた場合に,選択に時間がかかるという問題を,母音を必要に応じて決定する母音選択を用いることで解決した.実験の結果,子音人力と母音選択による本システムの入力方式は,ローマ字や子音入力方式よりも入力に必要な操作数が少ないことが分かり,また母音選択導入によって入力操作が効率的になることが分かった.ユーザ実験では平均の入力速度が25文字/分,最大で31文字/分であった.

  • ハンドジェスチャを用いた公共大画面向けインタフェース

    中村卓, 高橋伸, 田中二郎

    DICOMO2006論文集     833-836  2006年07月  [査読有り]

  • プライバシを考慮しつつユーザの状況・状態を推定し提示するシステム

    土持幸久, 高橋伸, 田中二郎

    DICOMO2006論文集     497-500  2006年07月  [査読有り]

  • 木構造の波紋表現―時系列とカテゴリの同時表現手法―

    石原正樹, 三末和男, 田中二郎

    インタラクション2006論文集     109-116  2006年03月  [査読有り]

  • Information Gathering Support Interface by the Overview Presentation of Web Search Results

    K., Kobayashi, K., Misue, B., Shizuki, J., Tanaka

    Proceedings of Asia Pacific Symposium on Information Visualization 2006 (APVIS2006)     103-108  2006年02月  [査読有り]

  • Ripple Presentation for Tree Structures with Historical Information

    M., Ishihara, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of Asia Pacific Symposium on Information Visualization 2006 (APVIS2006)     153-160  2006年02月  [査読有り]

  • NeL2: Network Drawing Tool for Handling Layered Structured Network Diagram

    N., Nakazono, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of Asia Pacific Symposium on Information Visualization 2006 (APVIS2006)     109-115  2006年02月  [査読有り]

  • FindFlow: Visual Interface for Information Search based on Intermediate Results

    T., Hansaki, B., Shizuki, K., Misue, J., Tanaka

    Proceedings of Asia Pacific Symposium on Information Visualization 2006 (APVIS2006)     147-152  2006年02月  [査読有り]

  • Support in the Software Development Process Using Dependency Diagrams

    S., Vasilache, J., Tanaka

    International Journal of Computer & Information Science (IJCIS)   7 ( 1 )  2006年01月  [査読有り]

  • Synthesis of State Machines from Multiple Interrelated Scenarios Using Dependency Diagrams,"

    S., Vasilache, J., Tanaka

    Journal of Systemics, Cybernetics and Informatics   3 ( 3 ) 18-25  2006年01月  [査読有り]

  • Laser pointer interaction techniques using peripheral areas of screens

    Buntarou Shizuki, Takaomi Hisamatsu, Shin Takahashi, Jiro Tanaka

    Proceedings of the Workshop on Advanced Visual Interfaces   2006   95 - 98  2006年  [査読有り]

     概要を見る

    This paper presents new interaction techniques that use a laser pointer to directly manipulate applications displayed on a large screen. The techniques are based on goal crossing, and the key is that the goals of crossing are the four peripheral screen areas, which are extremely large. This makes it very easy for users to execute commands, and the crossing-based interaction enables users to execute fast and continuous commands. Copyright 2006 ACM.

    DOI

  • ライブカメラ画像を用いたプレゼンス情報の表示手法

    高橋, 伸, 岩淵志学, ジャッキーノ, ヤン, 山田徹, 久松孝臣, 中村卓, 土持幸久, 金春明, 田中二郎

    第13回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ     15-18  2005年12月  [査読有り]

  • AirTransNote: Augmenting Classrooms with Digital Pen Devices and RFID Tags

    M., Miura, S., Kunifuji, B., Shizuki, J., Tanaka

    Proceedings of IEEE Int. Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education (WMTE2005)     56-58  2005年11月  [査読有り]

    DOI

  • デジタルペンとPDAを利用した実世界指向インタラクティブ授業支援システム

    三浦, 元喜, 國藤, 進, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   46 ( 9 ) 2300 - 2310  2005年09月  [査読有り]

     概要を見る

    我々は教室内のコミュニケーションを促進するため, デジタルペンとPDAを利用した実世界指向インタラクティブ授業支援システムAirTransNoteを開発した.AirTransNoteは生徒の筆記情報を教師の計算機にリアルタイムに送信し, 閲覧や解析を行うシステムである.デジタルペンを利用することにより, 通常の紙に書く情報が送信できるため, 生徒が情報機器の操作を覚える必要がない.また, 無線LAN付きPDAを使用することにより配線の手間を軽減することができ, インタラクティブ性の高い授業を一般教室で行うことが容易となる.高校1年生の数学の授業で運用実験を行い, 運用にあたっての問題点を明確にするとともに, 運用の可能性について考察を行った.

  • Capturing Window Attributes for Extending Web Browsing History Records

    M., Miura, S., Kunifuji, S., Sato, J., Tanaka

    Proceedings of the 9th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES2005)   1   418-424  2005年09月  [査読有り]

  • A Handwriting Tool to Support Creative Activities

    K.,Misue, J.,Tanaka

    Proceedings of the 9th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES2005)   4   423-429  2005年09月  [査読有り]

  • Bridging the Gap between Analysis and Design Using Dependency Diagrams

    S., Vasilache, J., Tanaka

    Proceedings of the 3rd International Conference on Software Engineering, Research, Management and Applications (SERA2005)     407-414  2005年08月  [査読有り]

    DOI

  • Using Image Contour Recognition In GIS Navigation

    W., Lai, D., Yu, J., Tanaka, C., Fei

    Proceedings of The Third International Conference on Information Technology and Applications (ICITA)     764-767  2005年07月  [査読有り]

  • Augmented classroom: A paper-centric approach for collaborative learning system

    M Miura, S Kunifuji, B Shizuki, J Tanaka

    UBIQUITOUS COMPUTING SYSTEMS   3598   104 - 116  2005年  [査読有り]

     概要を見る

    We developed AirTransNote, a computer-mediated classroom collaboration system. The system enables real-time note-sharing. AirTransNote manages notes written by students on paper and enables the teacher to browse through the notes or show them to the students. AirTransNote can analyze students' answers, helping the teacher better understand their problems. The system is not meant to provide an alternative to the conventional way of instruction; rather, it is designed to enhance class interaction. We conducted a preliminary study using questionnaires and found that this system can be feasible to apply for classroom environment.

  • An Object-Oriented Approach To Generate Java Code From UML Statecharts

    I, A. Niaz, J., Tanaka

    International Journal of Computer & Information Science (IJCIS)   6 ( 2 ) 83-98  2005年01月  [査読有り]

  • An On-Line Web Visualization System with Filtering and Clustering Graph

    W., Lai, X., Huang, R., Wibowo, J., Tanaka

    The IEEE Intelligent Informatics Bulletin   5 ( 1 ) 11-17  2005年01月  [査読有り]

  • ペンの周囲で操作することを可能にするインタフェース

    佐藤大介, 志築文太郎, 田中二郎

    第12回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ     71-76  2004年12月  [査読有り]

  • Content-based Image Retrieval Combining Shape Recognition, Color and Text

    D., Yu, W., Lai, J., Tanaka

    Proceedings of the Tenth International Conference on Distributed Multimedia System (DMS'04)     298-303  2004年09月  [査読有り]

  • comDesk: A Cooperative Assistance Tool based on P2P Techniques

    M., Miura, B., Shizuki, J., Tanaka

    Proceedings of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES2004)   2   883-890  2004年09月  [査読有り]

  • Figures and Grammars: Meta-GUI Tool for Future Human-Computer Interaction

    J., Tanaka, H., Kameyama

    Proceedings of Workshop on New Approaches to Software Construction (WNASC 2004)     131-140  2004年09月  [査読有り]

  • Execution Visualization and Debugging in Three-Dimensional Visual Programming

    T., Okamura, B., Shizuki, and, J. Tanaka, 田中, 二郎

    Proceedings of 8th International Conference on Information Visualization(IV04)   167-172  2004年07月  [査読有り]

  • Developing a Graphical Definition System for a Spatial Parser Generator

    H., Kameyama, B., Shizuki, and, J. Tanaka, 田中, 二郎

    Proceedings of 8th International Conference on Information Visualization(IV04)     221-226  2004年07月  [査読有り]

  • 双方向授業のためのデジタルペンを利用した手書き筆記交換システム

    三浦元喜, 國藤進, 志築文太郎, 田中二郎

    DICOMO2004論文集     69-72  2004年07月  [査読有り]

  • inlineLink: Realization of Inline Expansion Link Methods on a Conventional Web Browser

    M., Miura, B., Shizuki, J., Tanaka

    Proceedings of the 6th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2004)     272-282  2004年06月  [査読有り]

  • Framework for Interpreting Handwritten Strokes Using Grammars

    B., Shizuki, K., Iizuka, J., Tanaka

    Proceedings of the 6th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2004)     409-419  2004年06月  [査読有り]

  • Menu-Selection-Based Japanese Input Method with Consonants for Pen-based Computers

    D., Sato, B., Shizuki, M., Miura, J., Tanaka

    Proceedings of the 6th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2004)     399-408  2004年06月  [査読有り]

  • メニュー選択に基づく子音による日本語入力手法Popieの候補選択インタフェースの検討

    佐藤, 大介, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. HI, ヒューマンインタフェース研究会報告   2004 ( 51 ) 39 - 46  2004年05月

     概要を見る

    我々はペンによるメニュー選択に基づく日本語入力手法Popieの開発を行い,ペンによる日本語入力の速度向上を実現してきた.Popieでは,FlowMenuを用いて子音列を素早く入力し,それに対応する候補から目的の語を選択することで日本語入力を行う,しかし,これまでのPopieには,目的の語を選択するインタフェースが操作しづらいという問題があった.我々は,いくつかのインタフェースによる比較実験を行い,リストからの候補の選択には,FlowMenuのパラダイムではなく,ダイレクト操作による選択をすることが最も有効であるという結果を得た.

  • ComDesk beyond Remote Assistance: A Survey of Desktop Image Sharing Function

    H., Rodriguez, M., Miura, J., Tanaka

    Proceeding of the V AIPO conference, Interaccisn 2004   156-163  2004年05月  [査読有り]

  • 文法を用いた手書きストローク認識のための枠組み

    志築文太郎, 田中二郎, 飯塚和久

    インタラクション2004論文集     161-168  2004年03月  [査読有り]

  • Mapping UML Statecharts To Java Code

    I, A. Niaz, J., Tanaka

    Proceedings of the IASTED International Conference on Software Engineering (SE 2004)     111-116  2004年02月  [査読有り]

  • P2P技術を適用した画面転送・遠隔操作システムの開発

    三浦, 元喜, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   45 ( 1 ) 289 - 299  2004年01月  [査読有り]

     概要を見る

    ピアツーピア(peer-to-peer, P2P)技術を適用した面面転送・遠隔操作システム"comDesk"の設計と実装,比較実験について述べる.P2P技術をコミュニケーションを目的とする画面転送・遠隔操作システムに適用することにより,あらかじめサーバを準備しておく必要性がなくなり流動的な環境への適応性が向上する.また,Peer間の対等な関係により画面転送の方向や転送開始操作を行うホストの自出度を高めることが可能となる.これらの効果をより高めるため,直感的なインタフェースと利用者単位の管理機構,転送状況をリアルタイムに把握する機構を導入した.利用者はドラッグ&ドロップによる転送開始操作と転送画面の再転送操作を統一的な枠組みで行うことができる.comDeskが備える自出度の高い転送開始操作により,様々な利用場面に柔軟に対応することが可能となる.

  • GIGA:空間解析器生成系におけるグラフィカルな文法編集システム

    亀山, 裕亮, 飯塚, 和久, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   44 ( 11 ) 2565 - 2574  2003年11月  [査読有り]

     概要を見る

    従来,空間解析器生成系に与える図形文法の定義にはテキストによる記述が用いられてきた.そのため,文法を定義する者にとって文法を定義することや,表している意味を理解することが困難であった.そこで本論文では図形文法をグラフィカルに編集するための手法を提案する.この手法では,図式表現を直接操作することによってルールを定義することが可能であり,さらに図式表現されたルールからその意味を容易に把握することが可能である.我々は,提案手法に基づき,図式表現を用いたグラフィカルな図形文法編集システムGIGAを実装した.GIGAでは,図形文法の構成要素に対応する図形を定義インタフェースに描画することによって構成要素の定義を行う.入力された構成要素間の関係からGIGAが制約を推論し図示する.制約の推論を行う際には,関連する図形の属性を重ね合わせるという操作によって,推論対象の図形を絞り込み,不要な推論がシステムによって行われないようにしている.GIGAを用い

  • GIGA : 空間解析器生成系におけるグラフィカルな文法定義システム

    亀山, 裕亮, 飯塚, 和久, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌. プログラミング   44 ( 15 ) 69  2003年11月  [査読有り]

  • Code Generation From UML Statecharts

    I, A. Niaz, J., Tanaka

    Proceedings of the 7th IASTED International Conference on Software Engineering and Applications (SEA 2003)     315-321  2003年11月  [査読有り]

  • Using Dependency Diagrams in Dynamic Modelling of Object-Oriented Systems

    S., Vasilache, J., Tanaka

    Proceedings of the 7th IASTED International Conference on Software Engineering and Applications (SEA 2003)     277-283  2003年11月  [査読有り]

  • A Unified Approach for Interpreting Handwritten Strokes using Constraint Multiset Grammars

    B., Shizuki, H., Yamada, K., Iizuka, J., Tanaka

    Proceedings of the 2003 IEEE Symposium on Human-Centric Computing Languages and Environments (HCC '03)     180-182  2003年10月  [査読有り]

    DOI

  • インクリメンタルな解析による空間解析器の高速化

    飯塚, 和久, 亀山, 裕亮, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌. プログラミング   44 ( 13 ) 100 - 109  2003年10月  [査読有り]

     概要を見る

    図式はある規則の基に描かれており,これを文法として定義することができる.この文法を,プログラミング言語の文法に対して図形文法と呼び,矩形や線などの基本図形要素がトークンとして扱われる.また,プログラミング言語と同様に,図形文法に基づいて図式を解析する空間解析器を作ることができる.これをインタラクテイブな図形処理システムに適用した場合,ユーザの入力に応じて,トークンが動的に追加・削除されることになる.空間解析器は,これに応じて解析をリアルタイムにやり直す必要が生じる.我々は,すでに提案されている,図形文法を与えることで空間解析器を利用できるシステムを改良し,この解析を高速に行うインクリメンタルな解析器を実現した.高速化のポイントは,解析時に探索するトークンの組合せ数を減少させることにある.我々は,組合せを求める際に,ルールの適用条件に間するグラフを利用した.これにより,ルールが適用できる組合せを効率的に求めることができる.

  • A Framework for Transferring Desktop Images and Remote Operations in Multiple Computer Environments

    M., Miura, B., Shizuki, J., Tanaka

    Proceedings of 10th International Conference on Human - Computer Interaction   2   198-202  2003年06月  [査読有り]

  • GIGA:空間解析器生成系におけるグラフィカルな文法編集システム

    亀山, 裕亮, 飯塚, 和久, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   44 ( 11 ) 2565-2574  2003年01月  [査読有り]

  • インクリメンタルな解析による空間解析器の高速化

    飯塚, 和久, 亀山, 裕亮, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌 プログラミング   44 ( SIG 13(PRO 18) ) 100-109  2003年01月  [査読有り]

  • 画面転送・遠隔操作に基づくコミュニケーションツールの設計

    三浦元喜, 志築, 文太郎, 田中二郎

    インタラクション2003論文集     263-270  2003年01月  [査読有り]

  • Webブラウザを利用した文書内挿機能の実現

    三浦, 元喜, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   43 ( 12 ) 3706 - 3717  2002年12月  [査読有り]

     概要を見る

    従来のWeb閲覧は,基本的に1つのWebページを1つのウィンドウに表示して行われていた.そのため,リンクをたどった際にリンク元文書が画面から失われ,読者は閲覧の文脈を保存できなかった.我々は,リンク先文書をリンク元文書内に展開表示する「文書内挿」をWeb文書の閲覧に適用するシステムinlineLinkを開発した.inlineLinkは,従来の文書内挿における問題を解消するため,文書内の移動にかかる手間を軽減する機構と,文書全体を把握するためのナビゲーション機構を備えている.既存のWebブラウザ上で文書内挿機能を実現するため,Dynamic HTML技術を用いてinlineLinkを実装した.評価実験の結果,文書内挿機能がWeb文書閲覧におけるマウスクリック数と移動量を軽減することを確認した.

  • Visualization of Program Execution via Customized View

    T., Ogawa, J., Tanaka

    Proceedings of 5th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI2002)   ( 2 ) 823-832  2002年11月  [査読有り]

  • GIGA:Graphical Definiton of Production Rules in a Spatial Parser Generator

    H., Kameyama, K., Iizuka, B., Shizuki, J., Tanaka

    Proceedings of the International Symposium on Future Software Technology (ISFST2002)    2002年10月  [査読有り]

  • 述語付きソフトウェア・パイプラインへのSpiral Graphによるレジスタ割付け

    糸賀, 裕弥, 山下, 義行, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌. プログラミング   43 ( 8 ) 62 - 71  2002年09月  [査読有り]

     概要を見る

    ソフトウェア・パイプラインによる最適化をハードウェアで補助する仕組みとして,レジスタ改名機構と述語付き命令実行機構がある.レジスタ改名機構向けのレジスタ割付け手法としてSpiral Graphを用いた方法が提案されているが,述語付き命令実行機構を備えた場合の割付け方法について詳しい解析がなされていなかった.本論文では,それら2つの補助機能を備えたIA-64のようなアーキテクチャに対するレジスタ割付け手法として,述語付きSpiral Graphを提案する.述語付きSpiral Graphは,従来のトラックを述語の値に応じた副トラックの集合と見なすことで,述語が異なる命令で別に定義される生存区間を適切に表現することができる.述語付きSpiral Graphを用いることで,必要レジスタ数を最小とするレジスタ割付けが多項式時間で行える.提案するアルゴリズムでは,必要レジスタ数の下界であるW_<max>本のレジスタで割付けが行えるか判定を行い,必要レジスタ数がW_<max>本の場合の割付け結果が得られ.そう

  • VNC-based Access to Remote Computers from Cellular Phones

    B., Shizuki, M., Nakasu, J., Tanaka

    Proceedings of the IASTED International Conference on Communication Systems and Networks (CSN 2002)     74-79  2002年06月  [査読有り]

  • A Web Site Editing System based on Unfold/Fold Operations

    H., Aoki, M., Miura, J., Tanaka

    Proceedings of the International Conference on Internet Computing (IC 2002)   ( 2 ) 297-302  2002年06月  [査読有り]

  • Fitting Web Graphs in a Display Area With No Overlaps for Web Navigation

    W., Lai, M., Huang, J., Tanaka

    Proceedings of the International Conference on Internet Computing (IC 2002)   ( 3 ) 601-607  2002年06月  [査読有り]

  • Register Allocation for Predicated Software Pipelining using Spiral Graph

    H., Itoga, Y., Yamashita, J., Tanaka

    Proceedings of the International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA 2002)   ( 3 ) 1478-1484  2002年06月  [査読有り]

  • Programming Environment Specified for Describing Interprocessor Communications based on the Operations on Graphical User Interface

    Y., Sakayori, B., Shizuki, J., Tanaka

    Proceedings of the International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA 2002)   ( 2 ) 571-577  2002年06月  [査読有り]

  • GUIを用いたプロセッサ間通信を記述するためのプログラミング環境

    酒寄, 保隆, 三浦, 元喜, 志築, 文太郎, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌. プログラミング   43 ( 1 ) 135  2002年01月

     概要を見る

    本発表では, メッセージパッシングパラダイムに基づく並列プログラムで必要になる, プロセッサ間通信を記述するためのプログラミング環境であるビジュアルプログラミングシステムGRIXの概要と, そのプロセッサ間通信記述に特化されたGUIベースの操作法について述べる.本システムの特徴は, プロセッサ間通信を行う実行コードの生成を, テキストベースではなく図的な入力を用いて実現させることである.プロセッサ間通信は, その記述に関する仕様がPVMやMPIなど数多く存在し, また複雑なものが多い.このような状況下でよりスムーズなプログラミングを行う手段として, ビジュアルプログラミングを採用することは非常に有効である.本システムは, プロセッサ間通信に特化されたビジュアルインタフェースを有することにより, 直観的に各プロセッサ間の送受信を記述することを可能にする.結果として, ユーザは複雑で煩雑な通信処理記述の仕様を理解するといった, 煩わしい仕事から解放

  • Webブラウザを利用した文書内挿機能の実現

    三浦元喜, 志築文太郎, 田中二郎

    情報処理学会論文誌   43 ( 12 ) 3706-3717  2002年01月  [査読有り]

  • 述語付きソフトウェア・パイプラインへのSpiral Graphによるレジスタ割付

    糸賀裕弥, 山下義行, 田中二郎

    情報処理学会論文誌プログラミング   43 ( SIG8(PRO15) ) 62-71.  2002年01月  [査読有り]

  • 携帯電話版VNCシステム

    中須正人, 志築, 文太郎, 田中二郎

    インタラクション2002論文集     217-224  2002年01月  [査読有り]

  • ドラッグ&ドロップを用いたビジュアルプログラミングシステム

    小川, 徹, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌. プログラミング   43 ( 1 ) 36 - 47  2002年01月  [査読有り]

     概要を見る

    アイコンを操作することでプログラムを編集し, プログラムを元にゴールを作成することでグラフィカルな実行を可能とするシステムCafePieを作成した.ここでドラッグ&ドロップは2つの目的に使われる.1つは静的なプログラムの編集であり, もう1つは実行時における視覚的な部分(ビュー)のカスタマイズである.本論文では, 代数的仕様記述言語CafeOBJのための視覚的プログラミング環境CafePieについて述べ, その中でドラッグ&ドロップ操作がどのように使われているかを説明する.特に, ドラッグ&ドロップを用いたビューのカスタマイズが可能であるかを示す.

  • ドラッグ&ドロップを用いたビジュアルプログラミングシステム

    小川, 徹, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌 プログラミング   43 ( SIG1(PRO13) ) 36-47.  2002年01月  [査読有り]

  • Introducing the fisheye view into graph drawing algorithm

    Jun Nagumo, Jiro Tanaka

    Systems and Computers in Japan   32 ( 12 ) 60 - 66  2001年11月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, an algorithm is proposed for automatic drawing of undirected graphs. Specifically, a modified method of introducing a fisheye view into the force-directed redrawing algorithm is offered. The proposed representation involves enlargement of regions located near specified nodes and contraction of far regions by varying the edge length while not using node position data, which ensures easy incorporation into the conventional force-directed rearrangement technique. In addition, smooth display of graph transformations using the results of subsequent iterative calculation, which is a feature of the force-directed algorithm, is maintained.

    DOI

  • Describing a Drawing Editor by Using Constraint Multiset Grammars

    K., Iizuka, J., Tanaka, B., Shizuki

    Proceedings of the International Symposium on Future Software Technology (ISFST2001)     119-124  2001年11月  [査読有り]

  • Dynamic Parameter Spring Modeling Algorithm for Graph Drawing

    X., Liu, B., Shizuki, J., Tanaka

    Proceedings of the International Symposium on Future Software Technology (ISFST2001)     52-57  2001年11月  [査読有り]

  • Synthesizing Statecharts from Multiple Interrelated Scenarios

    S., Vasilache, J., Tanaka

    Proceedings of the International Symposium on Future Software Technology (ISFST2001)     158-163  2001年11月  [査読有り]

  • Register Allocation for Software Pipelining with Predication using Spiral Graph

    H., Itoga, T., Haraikawa, Y., Yamashita, J., Tanaka

    Proceedings of the International Symposium on Future Software Technology (ISFST2001)     58-65  2001年11月  [査読有り]

  • Visual Parsers based on Extended Constraint Multiset Grammars

    J., Tanaka

    Japan-Tunisia Workshop on Informatics (JTWIN 2001)     69-72  2001年10月

  • IT革命の教育現場への適用 : ヒューマンインタフェース研究者の立場から(<特集>IT革命と算数・数学教育(I))

    田中, 二郎

    日本数学教育学会誌   83 ( 9 ) 31 - 38  2001年09月  [査読有り]

  • 空間パーサにおける木構造レイアウト制約の実現とその評価

    丁, 錫泰, 田中, 二郎

    電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-情報処理   84 ( 9 ) 1350 - 1361  2001年09月  [査読有り]

     概要を見る

    本論文では, 木構造レイアウト制約を扱えるようにしたビジュアルシステム生成系の研究について述べる.木構造レイアウト制約とは, 図形の全体を一般木描画アルゴリズムに従ってレイアウトする制約である.本システムでは, 図形言語の文法を与えることにより, 図形をパーシングしながら木構造にレイアウトすることができるビジュアルシステムを生成する.我々は, 木構造レイアウト制約を導入したビジュアルシステム生成系「Rainbow」を開発した.「Rainbow」によるビジュアルシステム作成の例として, 会社などの仕組みを表すのに用いられる「組織図」, 親族の関係を表すのに用いられる「家系図」を示した.また, 「Rainbow」の評価実験を行った.

  • inlineLink: Inline Expansion Link Methods in Hypertext Browsing

    M., Miura, B., Shizuki, J., Tanaka

    Proceedings of the International Conference on Internet Computing (IC 2001)     653-659  2001年06月  [査読有り]

  • IT革命の教育現場への応用: ヒューマンインタフェース研究者の立場から

    田中二郎

    日本数学教育学会誌   83 ( 9 ) 31-38  2001年01月  [査読有り]

  • 空間パーサにおける木構造レイアウト制約の実現とその評価

    丁, 錫泰, 田中二郎

    電子情報通信学会論文誌   J84-D-I ( 9 ) 1350-1361  2001年01月  [査読有り]

  • 3次元スプリングモデルと拡張直接操作手法の統合

    宮下貴史, 田中二郎

    情報処理学会論文誌   42 ( 3 ) 565-576  2001年01月  [査読有り]

  • CafePie - A Visual Programming Environment for CafeOBJ

    T., Ogawa, J., Tanaka

    INFORMATION   4 ( 3 ) 342-362  2001年01月  [査読有り]

  • Designing Effective User Interfaces for Web Courseware

    W., Lai, D., Li, X., Jia, J., Tanaka

    Concurrent Engineering: Research and Application   9 ( 2 ) 105-110  2001年01月  [査読有り]

  • Implementing the Dynamic Behavior Represented as Multiple State Diagrams and Activity Diagrams

    J., Ali, J., Tanaka

    Journal of Computer Science & Information Management (JCSIM)   2 ( 1 ) 24-34  2001年01月  [査読有り]

  • Visual Parsing and 3D Visual Interface

    J., Tanaka

    Proceedings of 2000 International Conference on Information Society in the 21st Century(IS2000)     i8-i12  2000年11月

  • Designing Effective User Interfaces for Web Courseware(共著)

    W., Lai, D., Li, X., Jia, J., Tanaka

    Proceedings of International Workshop on Cooperative Internet Computing 2000(CIC 2000)     51-56  2000年11月  [査読有り]

  • Generating a Visual System with Soft Layout Constraints(共著)

    S., Joung, J., Tanaka

    Proceedings of the International Conference on Information-Information'2000-     138-145  2000年10月  [査読有り]

  • Translating OMT State Diagrams with Concurrency into SDL Diagrams

    S., Vasilache, J., Tanaka

    Proceedings of the International Symposium on Future Software Technology(ISFST 2000)     21-26  2000年08月  [査読有り]

  • Realistic Program Visualization in CafePie

    T., Ogawa, J., Tanaka

    Proceedings of the Fourth World Conference on Integrated Design and Process Technology (IDPT'99)     8  2000年06月  [査読有り]

  • Programming Environment Specified for Interprocessor Communications Based on Graphical User Interface

    Y., Sakayori, M., Miura, J., Tanaka

    Proceedings of the International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications(PDPTA'2000)     2779-2785  2000年06月  [査読有り]

  • Providing Interactive Site Map for Web Navigation

    W., Lai, J., Tanaka

    Proceedings of the International Conference on Internet Computing(IC'2000)     299-305  2000年06月  [査読有り]

  • Visual Programming System Specified for the Interprocessor Communications in Parallel Programs

    Y., Sakayori, M., Miura, J., Tanaka

    Proceedings of the Fifth World Conference on Integrated Design and Process Technology (IDPT 2000)     8  2000年06月  [査読有り]

  • Jedemo : Demonstrational Authoring Tool for Java Applets

    M., Miura, J., Tanaka

    Proceedings of the Fifth World Conference on Integrated Design and Process Technology (IDPT 2000)     8  2000年06月  [査読有り]

  • Converting Statecharts into Java Code

    J., Ali, J., Tanaka

    Proceedings of the Fourth World Conference on Integrated Design and Process Technology (IDPT'99)     8  2000年06月  [査読有り]

  • Rainbow : ビジュアルシステム生成系におけるレイアウト制約の実現(<特集>人とコンピュータの新しい相互作用系)

    丁, 錫泰, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   41 ( 5 ) 1246 - 1256  2000年05月  [査読有り]

     概要を見る

    我々は, ビジュアルシステム生成系にレイアウト制約を扱えるようにし, 図形を解釈しながらインタラクティブに図形をレイアウトするビジュアルシステム生成系としての「Rainbow」を開発した.レイアウト制約として軟らかいレイアウト制約と硬いレイアウト制約の2種類を実現した.軟らかいレイアウト制約は, 図形の全体を自動描画アルゴリズムに従って分かりやすくレイアウトする制約である.また, 硬いレイアウト制約は, 特定の図形の座標や図形間の距離などを具体的に与える場合に用いる制約である.我々は, 軟らかいレイアウト制約として, スプリングモデル制約, マグネティックスプリングモデル制約, リスト構造制約, 木構造制約などを実装した.また, 「Rainbow」のアプリケーション作成例として, データベース分野で実世界のデータ構造を記述するのに用いられる「E-Rダイアグラム」とオブジェクト指向に基づくソフトウェア設計に用いられる「オブジェクト図」の例を示した.

  • データ構造の視覚的カスタマイズとプログラム実行の視覚化

    小川, 徹, 田中二郎

    インタラクティブシステムとソフトウエアVIII     85-90  2000年01月  [査読有り]

  • Javaアプレットのためのアニメーションヘルプシステム(共著)

    三浦, 元喜, 田中二郎

    情報処理学会論文誌プログラミング   41 ( SIG4(PRO7) ) 56-64  2000年01月  [査読有り]

  • Rainbow : ビジュアルシステム生成系におけるレイアウト制約の実現

    丁, 錫泰, 田中二郎

    情報処理学会論文誌   41 ( 5 ) 1246-1256  2000年01月  [査読有り]

  • ビジュアルシステム「恵比寿」におけるレイアウト制約の実現

    丁, 錫泰, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌. プログラミング   40 ( 10 ) 76  1999年12月  [査読有り]

  • Interactive Layout Method for Object Diagrams of OMT

    T., Noguchi, J., Tanaka

    Proceedings of Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC '99)     110-117  1999年12月  [査読有り]

  • 社交的ヘルプ: 社会的インタラクション機構を備えた協調型オンラインヘルプシステム

    三浦元喜, 田中二郎

    インタラクティブシステムとソフトウエアVII     181-186  1999年12月  [査読有り]

  • 3D-PP : Visual Programming System with Three-Dimensional Representation

    T., Oshiba, J., Tanaka

    Proceeding of International Symposium on Future Software Technology (ISFST '99)     61-66  1999年10月  [査読有り]

  • VIC : CMG Input System Using Example Figures

    K., Fujiyama, K., Iizuka, J., Tanaka

    Proceeding of International Symposium on Future Software Technology (ISFST '99)     67-72  1999年10月  [査読有り]

  • Three-Dimensional Modeling Environment "Claymore" Based on Augmented Direct Manipulation Technique

    T., Oshiba, J., Tanaka

    Proceedings of The 8th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International '99)   2   1075-1079  1999年08月  [査読有り]

  • グラフ描画アルゴリズムへの多視点遠近画法の導入

    南雲, 淳, 田中, 二郎

    電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理   82 ( 6 ) 1042 - 1048  1999年06月  [査読有り]

     概要を見る

    本論文では, 無向グラフ自動描画アルゴリズム, 特に, 力指向再配置アルゴリズムに対して多視点遠近画法を導入するためのアルゴリズムの改良を提案する. 節の位置の情報を用いず, 節の間を結ぶ辺の長さを変化させることによって注目点付近の拡大と注目点から遠い部分の縮小を表現するために, 従来の力指向再配置アルゴリズムへの組込みが容易に行うことができた. また, 力指向アルゴリズムを使うことによって得られる「反復計算の過程を順次表示することでグラフの変化をスムースに提示できる」という特長を生かしたままで多視点遠近画法を実現できた.

  • 「恵比寿」を用いたビジュアルシステムの作成 (<特集>ヒューマンインタフェースとインタラクション)

    馬場, 昭宏, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   40 ( 2 ) 497 - 506  1999年02月  [査読有り]

     概要を見る

    我々はすでにSpatial Parser Generatorを持ったビジュアルシステム「恵比寿」の提案を行っている^&lt;1)&gt;. 恵比寿ではビジュアル言語の文法と動作を記述することによってビジュアルシステムを定義することができる. 我々は恵比寿を用いていくつかのシステムを作成したが, その過程においていくつかの必要な機能が欠けていることに気が付いた. 恵比寿は文脈自由であるようなCMGしか扱えなかったが, 文脈依存であるようなCMGを記述できるようにした. また, 部分的な生成規則の保存および追加的な生成規則の呼び出しを可能にした. さらにGUIの作成には必須であるビットマップイメージを図形の1つとして使えるようにした. 我々は恵比寿の有効性を示すためには実際にシステムを作成することが重要であると考える. 本論文では新たに追加された機能を用いて3つのシステムを恵比寿上に作成した実例について述べる. 1つ目は「GUIを作るビジュアルシステム」である. この例ではGUIの構成要素であるウ

  • グラフ描画アルゴリズムへの多視点遠近画法の導入

    南雲淳, 田中二郎

    電子情報通信学会論文誌   J82-D-II ( 6 ) 1042-1048  1999年01月  [査読有り]

  • 「恵比寿」を用いたビジュアルシステムの作成

    馬場昭宏, 田中二郎

    情報処理学会論文誌   40 ( 2 ) 497-506  1999年01月  [査読有り]

  • 単一ビュー/モードに基づくビジュアルプログラミング環境の構築

    遠藤, 浩通, 田中二郎

    インタラクション'99論文集     81-87  1999年01月  [査読有り]

  • オブジェクト指向方法論に基づくオブジェクト図の自動レイアウト

    中島, 哲, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   39 ( 12 ) 3282 - 3293  1998年12月  [査読有り]

     概要を見る

    グラフを見やすく配置するグラフ描画アルゴリズムを用いて, オブジェクト指向方法論OMTに基づくオブジェクト図を対象とした自動レイアウト手法を提案する.オブジェクト図は複数の木構造を含む複雑なグラフとして表されるため, 従来の単純な描画アルゴリズムでは適用が困難であった.我々の手法では, オブジェクト図を2段階の階層構造と見なし, 木構造描画アルゴリズムと無向グラフ描画アルゴリズムの2種類を適用する.これにより, 継承構造を強調したオブジェクト図を自動描画できることを確認した.また, そのレイアウト手法を用いて, 複数のアルゴリズムを選択・利用できる自動レイアウトシステムを開発し, オブジェクト図の描画に有効であることを確認した.

  • オブジェクト指向方法論(OMT)に基づく動的モデルからのJavaコード生成

    アリ, ジョハル, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   39 ( 11 ) 3084 - 3096  1998年11月  [査読有り]

     概要を見る

    システムの動的モデルから実行可能コードを生成することは, 非常に重要な研究課題である.多くのCASEツールは, オブジェクトモデルすなわちシステムの静的構造から, ただヘッダファイルを生成するだけである.オブジェクト指向方法論(Object Modeling Technique : OMT)において, 動的な振舞いは状態遷移図からなる動的モデルによって表される.本論文では, 動的モデルから実行可能なオブジェクト指向コードに変換を行うための新しい手法について述べる.我々の手法では, 状態遷移図における状態をオブジェクトとして扱う.そのオブジェクトは, 状態のすべての遷移と動作をカプセル化したものである.遷移は状態オブジェクトの操作となる.ORタイプの状態階層は継承によって, ANDタイプの状態階層はオブジェクトコンポジションの概念を用いて実装する.我々は提案する手法を実際に実装し, 動的モデルの仕様から実行可能なJavaコードを生成するシステムdCodeを開発した.dCodeは, まず動的モデルを表現

  • イベントトレース図からのステートチャートの作成

    アリ, ジョハル, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告   98 ( 100 ) 139 - 145  1998年11月

     概要を見る

    本論文ではイベントトレース図からステートチャートを作成するためのいくつかのルールについて述べる。はじめにオブジェクトに入ってくるメッセージとオブジェクトから出ていくメッセージを考慮し、最初のステートチャートを作る。オブジェクトに入ってくるメッセージはイベントを意味しており、遷移となる。またイベント間のインターバルを状態とする。最初のステートチャートを作った後、我々が提案したルールを適用し、ステートチャートをコンパクトで完全なものにする。最終的なステートチャートは状態階層、並列状態やステートチャートの他のコンポーネントを持っている。我々のアプローチはCASEツールに適用し、イベントトレース図から自動的にステートチャートを生成するために利用できる。

  • New Automatic Layout Method based on Magnetic Spring Model for Ovject Diagrams of OMT

    T., Noguchi, J., Tanaka

    Proceedings of International Symposium of Future Software Technology 1998(ISFST'98)     89-94  1998年10月  [査読有り]

  • GRIX : Visual Programming System for Interprocessor Communications

    Y., Sakayori, M., Miura, J., Tanaka

    Proceedings of 10th IASTED International Conference Parallel and Distributed Compuring and Systems     503-508  1998年10月  [査読有り]

  • Jedemo : The Environment of Event-driven Demonstration for Java Toolkit

    M., Miura, J., Tanaka

    Proceedings of International Symposium on Future Software Technology 1998(ISFST'98)     215-218  1998年10月  [査読有り]

  • Double-Click and Drag-and-Drop in Visual Programming Environment for CafeOBJ

    T., Ogawa, J., Tanaka

    Proceedings of Internationa Symposium on Future Software Technology 1998(ISFST'98)     155-160  1998年10月  [査読有り]

  • 3次元ビジュアルプログラミングシステム3DPPの構築に向けて (小特集「新計算機環境パラダイム」)

    田中, 二郎

    人工知能基礎論研究会   ( 34回 ) 9 - 14  1998年09月

  • Implementing the Dynamic Behavior Represented as Multiple State Diagrams annd Activity Diagrams

    J., Ali, J., Tanaka

    Proceedings of AoM/IAoM 16th Annual Internation Conference   16 ( 1 ) 61-68  1998年08月  [査読有り]

  • A Framework for Event-driven Demonstration based on the Java Toolkit

    M., Miura, J., Tanaka

    Proceedings of Asia Pacific Computer Human Interaction 1998(APCHI'98)     331-336  1998年07月  [査読有り]

  • Implementation of the Dynamic Behavior of Object Oriented System

    J., Ali, J., Tanaka

    Proceedings of the Third World Conference on Integrated Design and Process Technology 1998(IDPT'98)   4   281-288  1998年07月  [査読有り]

  • Claymore : Augmented Direct Manipulation of Three-Dimensional Objects

    H., Mitsunobu, T., Oshiba, J., Tanaka

    Proceedings of Asia Pacific Computer Human Interaction 1998(APCHI'98)     210-216  1998年07月  [査読有り]

  • Eviss : A Visual System Having a Spatial Parser Generator

    A., Baba, J., Tanaka

    Proceedings of Asia Pacific Computer Human Interaction 1998(APCHI'98)     158-164  1998年07月  [査読有り]

  • Icon-based Animation from the Objects and Dynamic Models based on OMT

    S., Joung, J., Tanaka

    Proceedings of Asia Pacific Computer Human Interaction 1998(APCHI'98)     465-471  1998年07月  [査読有り]

  • Integrating Data/Program Structure and their Visual Expressions in the Visual Programming System

    H., Endoh, J., Tanaka

    Proceedings of Asia Pacific Computer Human Interaction 1998(APCHI'98)     453-458  1998年07月  [査読有り]

  • Spatial Parser Generatorを持ったビジュアルシステム(<特集>次世代ヒューマンインタフェース・インタラクション)

    馬場, 昭宏, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   39 ( 5 ) 1385 - 1394  1998年05月  [査読有り]

     概要を見る

    ビジュアルプログラミングシステムや, 特定用途の図形エディタでは対象となる図が図形を用いた言語(図形言語)であるために図形言語の解析を行う部分(Spatial Parser)を実装する必要があった.しかし個々のアプリケーションごとにSpatial Parserを実装するのは困難で時間のかかる仕事であった.また, これまでのSpatial Parsingアルゴリズムは解析を行うことに主眼がおかれ, その結果に基づいて何らかのコードを実行するというものは少なかった.本研究ではSpatial Parsingアルゴリズムの1つであるCMGにactionの概念を追加することで, 実際に行った解析結果を利用した動作を行えるようにした.次に本研究ではSpatial Parser Generatorを持つことにより, 図形言語の文法を動作を与えることで様々な図形言語に対応することができるシステム「恵比寿」を作成した.恵比寿ではまずはじめに図形を用いて入力し, それからCMGを半自動的に生成するため, 直感的に図形言語の文法と動作を定義できる.さらに恵比寿では一

  • Claymore : Three-Dimensional Modeling Tool

    J., Tanaka, H, Mitsunobu, T., Oshiba

    Proceedings of The 20th International Conference on Software Engineering 1998(ICSE '98)   2   67-72  1998年04月  [査読有り]

  • パッドベースシステムによるビジュアルプログラミングシステムの構成

    遠藤, 浩通, 田中, 二郎

    コンピュータソフトウェア   15 ( 1 ) 50 - 53  1998年01月  [査読有り]

  • インタラクティブシステムのためのグラフ描画アルゴリズム

    南雲淳, 田中二郎

    インタラクション'98論文集     41-48  1998年01月  [査読有り]

  • Bubble-Gum:VPSのための多視点遠近画法と自動レイアウト機能の融合

    宮城幸司, 田中二郎

    インタラクティブシステムとソフトウエアVI     187-192  1998年01月  [査読有り]

  • An Object Oriented Approach to Generate Executable Code from the OMT-based Dynamic Model

    J., Ali, J., Tanaka

    Journal of Integrated Design and Process Science   2 ( 4 ) 65-77  1998年01月  [査読有り]

  • オブジェクト指向方法論(OMT)に基づく動的モデルからのJavaコード生成

    J., Ali, 田中二郎

    情報処理学会論文誌   39 ( 11 ) 3084-3096  1998年01月  [査読有り]

  • オブジェクト指向方法論に基づくオブジェクト図の自動レイアウト

    中島哲, 田中, 二郎

    情報処理学会論文誌   39 ( 12 ) 3282-3293  1998年01月  [査読有り]

  • Spatial Parser Generatorを持ったビジュアルシステム

    馬場昭宏, 田中二郎

    情報処理学会論文誌   39 ( 5 ) 1385-1394  1998年01月  [査読有り]

  • Flowgraph Editor for Legal Articles

    K., Miyagi, M., Miura, J., Tanaka

    International Journal of Advanced Computational Intelligence   2 ( 1 ) 34-42  1998年01月  [査読有り]

  • Generating Execurable Code from the Dynamic Model of OMT with Concurrency

    J., Ali, J., Tanaka

    Proceedings of the IASTED Internation Conference on Software Engineering(SE '97)     291-297  1997年11月  [査読有り]

  • A Graph Layout and a Multi-Focus Perspective Display in the Flowgraph Editor for the Legal Articles

    K., Miyagi, M., Miura, J., Tanaka

    Proceeding of the International Sympsium on Future Software Technology(ISFST '97)     378-385  1997年10月  [査読有り]

  • Automatic Animation from the Requirements Specification based on Object Modeling Technique

    S., Joung, J., Ali, J., Tanaka

    Proceedings of the International Symposium on Future Software Technology 1997(ISFST '97)     133-139  1997年10月  [査読有り]

  • PP : Visual Programming System for Parallel Logic Programming Language GHC

    J., Tanaka

    Proceedings of the IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Networks 1997(PCDN '97)     188-193  1997年01月  [査読有り]

  • GUIを記述するためのビジュアル言語

    馬場昭宏, 田中二郎

    インタラクティブシステムとソフトウェアV     135-140  1997年01月  [査読有り]

  • Spatial Parser GeneratorのTcl/Tkを用いた実装

    馬場昭宏, 田中二郎

    インタラクション'97論文集     71-78  1997年01月  [査読有り]

  • An Automatic Layout System for OMT-based Object Diagram

    S., Nakashima, J., Ali, J., Tanaka

    Proceedings of the Second World Conference on Integrated Design and Process Technology 1996(IDPT '96)   2   82-89  1996年12月  [査読有り]

  • Automatic Code Generation from the OMT-based Dynamic Model

    J., Ali, J., Tanaka

    Proceedings of the Second World Conference on Integrated Design and Process Technology 1996(IDPT '96)   1   407-414  1996年12月  [査読有り]

  • Applying Graph Drawing Algorithm to OMT Diagram(共著)

    S., Nakashima, J., Ali, J., Tanaka

    Proceedings of the International Symposium on Future Software Technology 1996(ISFST '96)     18-25  1996年10月  [査読有り]

  • OCoreにおける行列共同体の提案と実装

    御手洗, 潔, 田中, 二郎

    情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   96 ( 81 ) 1 - 6  1996年08月

     概要を見る

    OCore共同体のデータ並列性の記述能力に注目した場合、粒度の大きさがメンバオブジェクト単位で決定されるので、行列演算を中心とした定型的な科学技術計算を複数のプロセッサを用いて記述する場合には、もう少し細かい粒度の並列性を実現したい。本論文では、行列演算の記述の容易性と実行の効率化をめざして、4つ組+1構造による行列共同体を提案し、実装及びその評価について報告する。

  • グラフ描画アルゴリズムを用いたOMT法に基づく設計図の自動生成

    中島哲, 田中二郎

    OO'96シンポジウム     103-110  1996年01月  [査読有り]

  • ビジュアルプログラミングシステムにおけるモデルの視覚化アルゴリズム

    中野勝次郎, 田中二郎

    インタラクティブシステムとソフトウェアII     205-214  1994年01月  [査読有り]

  • 並列論理型言語GHCのビジュアル化の試み

    田中二郎

    インタラクティブシステムとソフトウェアI     265-272  1994年01月  [査読有り]

  • Constructing and Collapsing a Reflective Tower in Reflective Guarded Horn Clauses

    J., Tanaka, F., Matono

    International Conference on Fifth Generation Computer Systems 1992     877-886  1992年06月  [査読有り]

  • An Experimental Reflective Programming System Written in GHC

    J., Tanaka

    Journal of Information Processing   14 ( 1 ) 75-84  1991年01月  [査読有り]

  • リフレクティブGHCとその実現

    田中二郎, 的野文夫

    ロジックプログラミングコンファレンス'90     179-189  1990年07月  [査読有り]

  • A Simple Programming System Written in GHC and Its Reflective Operations

    J., Tanaka

    Logic Programming '88     108-121  1989年01月  [査読有り]

  • Meta-interpreters and Reflective Operations in GHC

    J., Tanaka

    International Conference on Fifth Generation Computer Systems 1988     774-783  1988年11月  [査読有り]

  • Deriving a Compilation Method for Parallel Logic Languages

    Y., Kohda, J., Tanaka

    Logic Programming '87     80-94  1988年01月  [査読有り]

  • A Prototype Software Simulator for FGHC

    Y., Ohara, S., Torii, E., Ono, M., Kishishita, J., Tanaka, T., Miyazaki

    Logic Programming '86     46-57  1987年01月  [査読有り]

  • Guarded Horn Clauses and Experience with Parallel Logic Programming

    J., Tanaka, K., Ueda, T., Miyazaki, A., Takeuchi, Y., Matsumoto, K., Furukawa

    Fall Joint Computer Conference '86     948-954  1986年11月  [査読有り]

  • Compiling Extended Concurrent Prolog - Single Queue Compilation -

    J., Tanaka, M., Kishishita

    European Symposium on Programming     301-314  1986年03月  [査読有り]

  • AND-OR-Queuing in Extended Concurrent Prolog

    J., Tanaka, T., Yokomori, M., Kishishita

    Logic Programming '85     156-167  1986年01月  [査読有り]

  • Rediflow Multiprocessing

    R., Keller, F., Lin, J., Tanaka

    Compcon '84     410-417  1984年02月  [査読有り]

  • Functional Programming with Streams -Part II-

    T., Ida, J., Tanaka

    New Generation Computing   2 ( 3 ) 261-275  1984年01月  [査読有り]

  • Functional Programming with Streams

    T., Ida, J., Tanaka

    IFIP '83     265-270  1983年01月  [査読有り]

▼全件表示

書籍等出版物

  • HUMAN INTERFACE AND THE MANAGEMENT OF INFORMATION: INFORMATION AND KNOWLEDGE DESIGN AND EVALUATION, PT I

    Karam, Hani, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Two-Handed Interactive Menu: An Application of Asymmetric Bimanual Gestures and Depth Based Selection Techniques)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2014年 ISBN: 9783319077314

  • HUMAN-COMPUTER INTERACTION: ADVANCED INTERACTION MODALITIES AND TECHNIQUES, PT II

    Kuribara, Takuro, Mita, Yusaku, Onishi, Kazusa, Shizuki, Buntarou, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: HandyScope: A Remote Control Technique Using Circular Widget on Tabletops)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2014年 ISBN: 9783319072302

  • KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS, PT IV

    Suzuki, Yu, Misue, Kazuo, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Interaction Technique Combining Gripping and Pen Pressures)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2010年01月 ISBN: 9783642153839

  • HUMAN INTERFACE AND THE MANAGEMENT OF INFORMATION: INFORMATION AND INTERACTION, PT II

    Gao, Jie, Misue, Kazuo, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: A Multiple-Aspects Visualization Tool for Exploring Social Networks)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2009年01月 ISBN: 9783642025587

  • HUMAN-COMPUTER INTERACTION, PT II - NOVEL INTERACTION METHODS AND TECHNIQUES

    Atia, Ayman, Takahashi, Shin, Misue, Kazuo, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: UbiGesture: Customizing and Profiling Hand Gestures in Ubiquitous Environment)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2009年01月 ISBN: 9783642025761

  • HUMAN-COMPUTER INTERACTION, PT II - NOVEL INTERACTION METHODS AND TECHNIQUES

    Ito, Takao, Misue, Kazu, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Sphere Anchored Map: A Visualization Technique for Bipartite Graphs in 3D)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2009年01月 ISBN: 9783642025761

  • HUMAN-COMPUTER INTERACTION, PT IV - INTERACTING IN VARIOUS APPLICATION DOMAINS

    Kobayashi, Atsutomo, Shizuki, Buntarou, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: ImproV: A System for Improvisational Construction of Video Processing Flow)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2009年01月 ISBN: 9783642025822

  • INFORMATION VISUALIZATION, IV 2009, PROCEEDINGS

    Naito, Masaki, Shizuki, Buntarou, Tanaka, Jiro, Hosobe, Hiroshi( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Interaction Techniques using a Spherical Cursor for 3D Targets Acquisition and Indicating in Volumetric Displays)

    IEEE COMPUTER SOC  2009年01月 ISBN: 9780769537337

  • HUMAN-COMPUTER INTERACTION, PT I

    Nemeskey, David, Shizuki, Buntarou, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: OntoDesk: Ontology-Based Persistent System-Wide Undo on the Desktop)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2009年01月 ISBN: 9783642025730

  • ISM: 2008 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MULTIMEDIA

    Shizuki, Buntarou, Naito, Masaki, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Browsing 3D media using Cylindrical Multi-touch Interface)

    IEEE  2008年01月 ISBN: 9781424440894

  • PROCEEDINGS OF THE 16TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON PROGRAM COMPREHENSION

    Sato, Tatsuya, Shizuki, Buntarou, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Support for understanding GUI programs by visualizing execution traces synchronized with screen transitions)

    IEEE COMPUTER SOC  2008年01月 ISBN: 9780769531762

  • COMPUTER-HUMAN INTERACTION

    Higuchi, Jun, Takahashi, Shin, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: A technique for displaying presence information on a live camera image using 3-D mask objects)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2008年01月 ISBN: 9783540705840

  • COMPUTER-HUMAN INTERACTION

    Nakamura, Takashi, Takahashi, Shin, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Double-crossing: A new interaction technique for hand gesture interfaces)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2008年01月 ISBN: 9783540705840

  • KNOWLEDGE-BASED INTELLIGENT INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS, PT 2, PROCEEDINGS

    Sato, Shuji, Misue, Kazuo, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Readable representations for large-scale bipartite graphs)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2008年01月 ISBN: 9783540855644

  • Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems: KES 2007 - WIRN 2007, Pt II, Proceedings

    Koike, Satoshi, Misue, Kazuo, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Spreadsheet interface which simplifies the visualization of the network structures)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2007年01月 ISBN: 9783540748267

  • Human-Computer Interaction, Pt 2, Proceedings

    Suzuki, Yu, Misue, Kazuo, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Stylus enhancement to enrich interaction with computers)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2007年01月 ISBN: 9783540731061

  • KNOWLEDGE-BASED INTELLIGENT INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS, PT 3, PROCEEDINGS

    Iwamura, Norikazu, Misue, Kazuo, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: On-screen note pad for creative activities)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2006年01月 ISBN: 3540465421

  • KNOWLEDGE-BASED INTELLIGENT INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS, PT 3, PROCEEDINGS

    Nakazono, Nagayoshi, Misue, Kazuo, Tanaka, Jiro( 担当: 分担執筆,  担当範囲: IdeaCrepe: Creativity support tool with history layers)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2006年01月 ISBN: 3540465421

  • KNOWLEDGE-BASED INTELLIGENT INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS, PT 4, PROCEEDINGS

    Misue, K, Tanaka, J( 担当: 分担執筆,  担当範囲: A handwriting tool to support creative activities)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2005年01月 ISBN: 354028897X

  • KNOWLEDGE-BASED INTELLIGENT INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS, PT 4, PROCEEDINGS

    Iwabuchi,S, Shizuki,B, Kazuo,Misue, Tanaka,J( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Natural storage in human body)

    SPRINGER-VERLAG BERLIN  2005年01月 ISBN: 354028897X

  • 8TH WORLD MULTI-CONFERENCE ON SYSTEMICS, CYBERNETICS AND INFORMATICS, VOL I, PROCEEDINGS - INFORMATION SYSTEMS, TECHNOLOGIES AND APPLICATIONS

    Vasilache, S, Tanaka, J( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Synthesis of state machines from multiple interrelated scenarios using dependency diagrams)

    INT INST INFORMATICS & SYSTEMICS  2004年01月 ISBN: 9806560132

  • 法律人工知能 - 法的知識の解明と法的推論の実現 -、"法律流れ図システム"

    田中二郎, 三浦元喜, 宮城幸司( 担当: 単著)

    創成社  2002年01月

  • CAFE: An Industrial-Strength Algebraic Formal Method, "CafePie: A Visual Programming System for CafeOBJ"

    T., Ogawa, J., Tanaka( 担当: 分担執筆)

    Elsevier Science  2000年01月

  • インタラクティブシステムとソフトウェアⅣ (レクチャーノート/ソフトウェア学16)

    田中 二郎( 担当: 編集)

    近代科学社(インプレス)  1996年12月 ISBN: 4844372319

    ASIN

  • インタラクティブシステムとソフトウェアⅢ (レクチャーノート/ソフトウェア学12)

    田中 二郎( 担当: 編集)

    近代科学社(インプレス)  1995年12月 ISBN: 4844372270

    ASIN

  • インタフェース大作戦、グループウェアとビジュアルインタフェース

    田中二郎, 神田陽治, 田中 二郎, 神田 陽治( 担当: 編集)

    共立出版  1995年02月 ISBN: 4320027221

    ASIN

  • 続 新しいプログラミング・パラダイム

    井田 哲雄, 田中 二郎( 担当: 共編者(共編著者))

    共立出版  1990年11月 ISBN: 4320025350

    ASIN

  • 並列論理型言語GHCとその応用、"GHC応用プログラム (4) 簡単なOS"

    田中二郎, 太田祐紀子( 担当: 単著)

    共立出版  1987年09月

  • Optimized Concurrent Execution of an Applicative Language

    田中, 二郎( 担当: 単著)

    1984年03月

▼全件表示

Misc

  • 筑波大学大学院におけるIT実践力育成の施策と評価

    山戸 昭三, 北川 博之, 田中 二郎

    コンピュータ ソフトウェア   32 ( 3 ) 3_29 - 3_38  2015年

     概要を見る

    社会から期待される高度IT人材の育成が求められている.筑波大学大学院も2007年度から継続的にIT実践力育成の施策を推進している.本論文では,その主要な取り組みの特徴を提示し,期待される効果を述べ,継続的なモニタリング活動としてのスキル診断,修了生アンケートからプログラムの成果を評価する.今後,さらに自律して実践的IT人材を育成し続けるための施策を提言する.

    DOI CiNii

  • 筑波大学大学院におけるIT実践力育成の施策と評価

    山戸 昭三, 北川 博之, 田中 二郎

    日本ソフトウェア科学会大会論文集   31   178 - 184  2014年09月

    CiNii

産業財産権

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • HandyScope: A Remote Control Technique Using Circular Widget on Tabletops

    Kuribara, Takuro, Mita, Yusaku, Onishi, Kazusa, Shizuki, Buntarou, Tanaka, Jiro

    16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI)   (Heraklion, GREECE) 

    発表年月: 2014年06月

  • 日本語フリック入力における感情識別の検討

    野口杏奈, 志築文太郎, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(148回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会___  

    発表年月: 2012年06月

  • センサ情報と映像情報の対応付けを利用した調理動画の記録閲覧システム

    斉藤清隆, 高橋伸, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(148回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会_情報処理学会___  

    発表年月: 2012年06月

  • タッチパネル上において指の接触点の関係を活用するメニュー

    吉川拓人, 志築文太郎, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(146回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会___  

    発表年月: 2012年01月

  • 画面外におけるスタイラスの動作を用いるペイントアプリケーション

    鈴木文佳, 志築文太郎, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(146回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会___  

    発表年月: 2012年01月

  • WrinkleSurface: しわを作って入力できる柔らかいマルチタッチインタフェース

    坂本侑一郎, 吉川拓人, 大江龍人, 志築文太郎, 福本雅朗, 田中二郎

    第19回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2011)_日本ソフトウェア科学会___  

    発表年月: 2011年12月

  • 着席時における姿勢変更動作を用いるインタラクション手法

    石山英貴, 高橋伸, 田中二郎  [招待有り]

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム_情報処理学会___946-956  

    発表年月: 2011年07月

  • パーソナルクラウドを用いたライフログサービス-テニスレッスン支援アプリケーション“テニスログ”-"

    原伊吹, 神場知成, 田中二郎

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム_情報処理学会___383-391  

    発表年月: 2011年07月

  • 輪型入力装置を用いたハンドジェスチャの認識

    大江龍人, 志築文太郎, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(144回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会___  

    発表年月: 2011年07月

  • 家計簿の自動記録のための使用金額認識システム

    韮澤賢三, 志築文太郎, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(144回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会___  

    発表年月: 2011年07月

  • 対人コミュニケーションの特性を支える温度情報をやり取りするモデルの研究

    田口聖久, 三末和男, 田中二郎

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム_情報処理学会___1498-1506  

    発表年月: 2011年07月

  • ディスカッションにおけるデータの自動周回を利用した情報共有手法

    藤田訓義, 田中二郎

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム_情報処理学会___652-658  

    発表年月: 2011年07月

  • SmARt Projection: モバイル端末内データを共有するための情報掲示システム

    土佐伸一郎, 田中二郎

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム_情報処理学会___565-575  

    発表年月: 2011年07月

  • ウェアラブル拡張現実感による情報端末の仮想化

    加茂浩之, 田中二郎

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム_情報処理学会___1223-1233  

    発表年月: 2011年07月

  • ダメージを演出するための鋭い感触を呈示する手法の検討と開発

    萩原正宏, 高橋伸, 田中二郎

    第20回エンタテインメントコンピューティング研究会_情報処理学会___1-5  

    発表年月: 2011年05月

  • 楽曲嗜好データを用いた楽曲発見支援ツールの開発

    白井智子, 三末和男, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(142回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会___1-8  

    発表年月: 2011年03月

  • 表とパラレルコーディネートを組み合わせた視覚的分析ツールの評価

    結城崇, 三末和男, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(142回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会___1-8  

    発表年月: 2011年03月

  • 表とパラレルコーディネートを組み合わせた視覚的な分析ツール

    結城崇, 三末和男, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(140回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会___1-8  

    発表年月: 2010年10月

  • GPUを利用したライブ映像パフォーマンス向け映像合成システム

    小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎  [招待有り]

    情報処理学会 第80回プログラミング研究会_情報処理学会___  

    発表年月: 2010年08月

  • メンバーへのメッセージ送信機能を有する電子行方表

    藤原仁貴, 志築文太郎, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(139回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会___1-6  

    発表年月: 2010年07月

  • ペンの影を重畳表示する プレゼンテーションツールにおける影のデザイン

    村田雄一, 栗原一貴, 望月俊男, 志築文太郎, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(139回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会___1-5  

    発表年月: 2010年07月

  • マネーフローコンテキストを利用した携帯家計簿システム

    韮澤賢三, 志築文太郎, 田中二郎  [招待有り]

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2010)シンポジウム論文集_情報処理学会  

    発表年月: 2010年07月

  • マルチタッチを利用した携帯情報端末用日本語入力方式とその評価

    君岡銀兵, 志築文太郎, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(138回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会___1-6  

    発表年月: 2010年05月

  • ユーザへの問いかけに基づく日常活動のアウェアネス支援システム

    大脇佑平, 志築文太郎, 田中二郎  [招待有り]

    第七回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集_日本創造学会___73-80  

    発表年月: 2010年02月

  • ComeCam-II:「誰が何を見ているか」を伝えるライブカメラシステム

    樋口潤, 高橋伸, 田中二郎  [招待有り]

    第六回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集_日本創造学会___198-205  

    発表年月: 2009年02月

  • リモートポインティングと方向キー操作を組み合わせたアイコン選択手法

    藤原仁貴, 志築文太郎, 田中二郎

    第六回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集_日本創造学会___148-155  

    発表年月: 2009年02月

  • 人物に関連付けられた物体によるコミュニケーションシステム

    野上僚司, 志築文太郎, 田中二郎

    第六回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集_日本創造学会___156-163  

    発表年月: 2009年02月

  • 書誌情報ネットワークビュー操作に基づく文献サーベイ支援

    小池諭, 三末和男, 田中二郎

    第六回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集_日本創造学会___206-213  

    発表年月: 2009年02月

  • ORCA: 実行トレースと画面変化の対応を可視化することによるGUIプログラム理解支援システム

    佐藤竜也, 志築文太郎, 田中二郎

    第72回プログラミング研究会_情報処理学会___1-17  

    発表年月: 2009年01月

  • Browsing 3D media using Cylindrical Multi-touch Interface

    Shizuki, Buntarou, Naito, Masaki, Tanaka, Jiro

    IEEE International Symposium on Multimedia  

    発表年月: 2008年12月

  • 鏡状アプライアンスにおける会話的インタラクション手法

    長尾聡, 高橋伸, 田中二郎

    楽天研究開発シンポジウム____35-38  

    発表年月: 2008年11月

  • A technique for displaying presence information on a live camera image using 3-D mask objects

    Higuchi, Jun, Takahashi, Shin, Tanaka, Jiro

    8th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction  

    発表年月: 2008年07月

  • Double-crossing: A new interaction technique for hand gesture interfaces

    Nakamura, Takashi, Takahashi, Shin, Tanaka, Jiro

    8th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction  

    発表年月: 2008年07月

  • 公共大画面への注視情報取得システム

    南竹俊介, 高橋伸, 田中二郎

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム_情報処理学会___  

    発表年月: 2008年07月

  • Support for understanding GUI programs by visualizing execution traces synchronized with screen transitions

    Sato, Tatsuya, Shizuki, Buntarou, Tanaka, Jiro

    16th IEEE International Conference on Program Comprehension  

    発表年月: 2008年06月

  • データフロー図に基づくリアルタイム映像合成システム

    小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(128回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会_2008_50_1-6  

    発表年月: 2008年05月

  • 動画共有非同期コミュニケーションにおける一体感を向上させるインタフェース

    川井康寛, 志築文太郎, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(128回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会_2008_50_31-36  

    発表年月: 2008年05月

  • ガリバー: 板書内容の再利用環境

    酒井慎司, 三末和男, 田中二郎

    第五回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集_日本創造学会___119-126  

    発表年月: 2008年02月

  • 円筒型マルチタッチインタフェース

    内藤真樹, 小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎

    情報処理学会研究報告(127回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会)_情報処理学会_2008_11_37-43  

    発表年月: 2008年01月

  • Computer-assisted learning based on a ubiquitous environment - Application to Japanese Kanji learning.-

    Yann, Jacquinot, Shin, Takahashi, Jiro, Tanaka

    第四回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集_日本創造学会___49-54  

    発表年月: 2007年02月

  • ネットワークの可視化を簡単にするスプレッドシート用インタフェース

    小池諭, 三末和男, 田中二郎

    第四回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集_日本創造学会___35-42  

    発表年月: 2007年02月

  • Personal Web Archive: Webページのバージョン閲覧支援システム

    若松亮太, 志築文太郎, 田中二郎

    第四回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集_日本創造学会___43-48  

    発表年月: 2007年02月

  • IdeaCrepe:履歴レイヤー構造を持つ知識創造支援ツール

    中園長新, 三末和男, 田中二郎

    第三回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集_日本創造学会___84-91  

    発表年月: 2006年02月

  • 波紋を用いたインターネット上のざわめきの提示手法

    岩淵志学, 久松孝臣, 高橋伸, 志築文太郎, 三末和男, 田中二郎

    第三回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集_日本創造学会___100-107  

    発表年月: 2006年02月

  • 手書き入力を利用した、画面に直接書き込めるメモ帳の作成

    岩村憲一, 三末和男, 田中二郎

    第三回知識創造支援システム・シンポジウム予稿集_日本創造学会___92-99  

    発表年月: 2006年02月

  • 図形と文法: 知のツールとしてのメタGUI

    田中二郎, 三浦元喜

    第一回知識創造支援シンポジウム予稿集_日本創造学会___7-11  

    発表年月: 2004年02月

  • Readable representations for large-scale bipartite graphs

    Sato, Shuji, Misue, Kazuo, Tanaka, Jiro

    12th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems  

  • Two-Handed Interactive Menu: An Application of Asymmetric Bimanual Gestures and Depth Based Selection Techniques

    Karam, Hani, Tanaka, Jiro

    16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI)   (Heraklion, GREECE) 

  • Interaction Technique Combining Gripping and Pen Pressures

    Suzuki, Yu, Misue, Kazuo, Tanaka, Jiro

    14th Interntional Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems   (Cardiff, WALES) 

▼全件表示

特定課題研究

  • 仮想現実/拡張現実環境向けの3次元ジェスチャ入力の高度化

    2020年  

     概要を見る

    本研究では仮想現実/拡張現実環境を念頭に置き、具体的な応用システムを意識した、より高機能で高速な入力が可能なジェスチャセットを設計・実装することを目指した。 我々は既に本研究で利用するジェスチャについてまず第一水準から第三水準までのジェスチャセットを定めた。これらのジェスチャを用いればユーザは任意の仮想物体を選択しそれを操作するとともに、空間上のメニューを用いて希望する操作を行うことが出来る。我々はそれぞれのジェスチャについて詳細仕様を定めシステムの実装を行った。 次にシステムの有効性を評価するための応用システムとして仮想店舗によるeコマース環境を構築した。この仮想店舗に様々な商品を展示し、3次元ジェスチャ入力の操作感について評価を行った。また、仮想現実ではなく拡張現実を用いた店舗についても、Microsoft Hololensを用いて試作システムを構築した。

  • 機械学習を用いた高機能3次元ジェスチャ入力認識に関する研究

    2020年  

     概要を見る

    本研究では環境構築のためのヘッドマウンテッドディスプレィ環境としては、HTC ViveおよびHololensを用いた。また手指の操作の認識にはいずれも深度センサとしてLeap Motionを用いた。 本研究で利用するジェスチャについて我々はその水準を定め、これらのうち最も重要で核となる第3水準のジェスチャ(複合ジェスチャ)について研究を進めた。ここではジェスチャの種類を単に認識するだけでなくジェスチャの開始を認識し、手の動きに合わせて仮想物体やメニューの操作を行う必要がある。そのためジェスチャの開始と終了(クリック動作)を速やかに認識することが重要となる。 本研究では動的な時系列を扱う機械学習の手法を適用し、より正確にクリックダウンとクリックアップのタイミングを認識し、高速で連続的な操作が可能なようにした。

  • 仮想現実/拡張現実システム向けの3次元ジェスチャ入力の高度化に関する研究

    2019年  

     概要を見る

    本研究では、仮想現実/拡張現実システムの入力手段として3次元ジェスチャ入力の高度化に取り組んだ。我々はまず3次元ハンドジェスチャセットを定義した。そのための方法として、従来から2次元で広く用いられているマルチタッチジェスチャに着目し、マルチタッチジェスチャを3次元化するという方法をとった。また本研究の適用領域としては仮想現実/拡張現実に基づくe コマース環境を想定した。我々は本研究で利用するジェスチャの水準を最初に定め、それぞれの水準に対応するジェスチャセットを定義した。我々はそれぞれのジェスチャについて詳細仕様を定めるとともにそれらを実装し、ジェスチャの精度に関して簡単な評価実験を実施した。本研究成果は学術論文誌に掲載された。

  • ユビキタス環境におけるジェスチャ入力の高度化とその応用

    2017年  

     概要を見る

     ジェスチャとは、一般には「身振り」や「手振り」を指す。本研究では情報機器への入力に用いる空間的な手振りによるハンドジェスチャを対象として研究を行った。 ジェスチャ入力の高度化については、タッチパネル等での入力に用いられている2次元のマルチタッチジェスチャを3次元のジェスチャに拡張することを試みた。具体的には主要と思われるマルチタッチジェスチャ5種類 (Zoom, Rotate, Scroll, Swipe, Drag) を実装した。 また、ジェスチャ入力の応用として、ジェスチャによる個人認証の研究に取り組んだ。ユーザはあらかじめ深度カメラ(Leap Motion)の前で特定のジェスチャを登録しておき、認証の際には同じジェスチャを深度カメラの前で行い個人認証を行う。 作成した認証システムの評価を行い、False Acceptance Rate (FAR)とFalse Rejection Rate(FRR)を計測した。FAR としては1.65%, FRR としては 4.82%であった。

  • ユビキタス環境におけるジェスチャ入力の高度化に関する研究

    2016年  

     概要を見る

     本研究では空間的な手振りによるハンドジェスチャを研究対象とした。従来のジェスチャと比べより表現力が高く、複雑な情報を高速に入力でき、かつ認識精度が高いジェスチャのセットを定義、実装、評価することを目指した。 本研究では、そのようなことを実現する枠組みとして、従来のジェスチャにクリック動作を組み込んだ。クリックとは特定の指を素早く上下させる動作であり、クリックダウン、クリックアップに分けることができる。まず我々は、このクリック動作を正確に検知するアルゴリズムを考案し実装した。 次に、このクリック動作を伴う空間ジェスチャの応用例として、仮想空間キーボードを試作した。ここではほぼ現実のキー配列に近い形の仮想空間キーボードを実現できることを確認した。

  • プライバシーを考慮したライフログの記録・検索・共有

    2016年  

     概要を見る

     本研究では自動記録によるライフログを研究の対象とし、ライフログデバイス(情報携帯端末)でデータを取得する際のプライバシー保護、および取得されたライフログデータの検索および共有の枠組みに関して研究を行なった。 本研究では、各ユーザはライフログデバイスを着用していると想定する。各ユーザはあらかじめ自分のプライバシーポリシーを入力しておく。ユーザがある場所に到着すると、まず適用されるプライバシーポリシーがチェックされる。問題がなければスマートフォンの機能を使用しライフログが自動記録される。ライフログの検索については、人物、写っているオブジェクトや位置情報に着目した検索を行うようなライフログビューアを作成した。また蓄積したライフログを友人間で共有する枠組みを設計した。&nbsp;

▼全件表示

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2012年06月
    -
    2016年05月

    日本ソフトウェア科学会  学会誌編集委員長

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    筑波大学  enPiT/ビジネスアプリケーション分野代表

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    茨城県高度情報化推進協議会  幹事

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    情報処理推進機構  産学連携推進委員会委員

  • 2009年
    -
    2010年03月

    高度情報通信人材育成支援センター  特定非営利活動法人 高度情報通信人材育成支援センター 発起人

  • 2008年
    -
    2009年09月

    情報処理推進機構  未踏人材発掘・育成事業に係るプロジェクトマネージャ

  • 2007年
    -
    2008年03月

    茨城県  いばらき研究開発推進事業における専門審査員

  • 2007年
    -
    2008年

    情報処理学会  理事

  • 2007年04月
    -
     

    情報科学国際交流財団  特定分野研究交流助成運営委員

  • 2004年
    -
    2005年

    電子情報通信学会  情報・システムソサイエティ庶務幹事

  • 1990年
    -
    1993年

    日本ソフトウェア科学会  理事

▼全件表示