2022/12/02 更新

写真a

タカハタ キヨト
高畑 清人
Scopus 論文情報  
論文数: 0  Citation: 0  h-index: 14

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
理工学術院 大学院情報生産システム研究科
職名
准教授

他学部・他研究科等兼任情報

  • 理工学術院   基幹理工学部

学内研究所・附属機関兼任歴

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

 

研究分野

  • 電子デバイス、電子機器

研究キーワード

  • シリコンフォトニクス

  • マイクロ波フォトニクス

  • 光インターコネクション

  • 光半導体デバイス

  • 光電子集積

論文

  • Over-67-GHz-bandwidth Membrane InGaAlAs EADFB Laser on Si Platform

    Tatsurou Hiraki, Takuma Aihara, Yoshiho Maeda, Takuro Fujii, Tomonari Sato, Tai Tsuchizawa, Kiyoto Takahata, Takaaki Kakitsuka, Shinji Matsuo

    Optical Fiber Communication Conference (OFC) 2022   M3D.2  2022年03月  [査読有り]

     概要を見る

    A membrane InGaAlAs electro-absorption modulator with an over 67-GHz bandwidth is integrated with a DFB laser on a Si platform. The integrated device shows a dynamic extinction ratio of 3.8 dB for 100-Gbit/s non-return-to-zero signals.

    DOI

  • Membrane InP-based Modulator and Laser on Si

    Tatsurou Hiraki, Takuma Aihara, Takuro Fujii, Koji Takeda, Yoshiho Maeda, Tai Tsuchizawa, Takaaki Kakitsuka, Kiyoto Takahata, Shinji Matsuo

    2021 IEEE 17th International Conference on Group IV Photonics (GFP)   WA2  2021年12月  [招待有り]

    DOI

  • 60-GHz-bandwidth O-band Membrane InGaAlAs Electro-Absorption Modulator on Si Platform

    Takuma Aihara, Tatsurou Hiraki, Yoshiho Maeda, Takuro Fujii, Tai Tsuchizawa, Kiyoto Takahata, Takaaki Kakitsuka, Shinji Matsuo

    2021 IEEE 17th International Conference on Group IV Photonics (GFP)   WA1  2021年12月  [査読有り]

     概要を見る

    We demonstrate a 60-GHz-bandwidth O-band electro-absorption modulator (EAM) on a Si photonics platform. The EAM consists of an InGaAlAs multiple quantum well with a lateral p-i-n junction, and is fabricated by heterogeneous integration technique. Clear eye opening for 100-Gbit/s non-return-to-zero signal is demonstrated.

    DOI

    Scopus

  • Product-sum photonic integrated circuit based on microring resonators and MMI coupler on SOI

    Ruikang Luo, Kiyoto Takahata

    Proceedings of the International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices, NUSOD   2021-September   127 - 128  2021年09月  [査読有り]

     概要を見る

    A product-sum photonic integrated circuit consisting of SOI-based cascaded microring modulators and a 4×1 multimode interference coupler is proposed for CNN computing. A basic product-sum operation is numerically demonstrated for 2×2 matrix.

    DOI

    Scopus

  • 50-GHz-bandwidth Membrane InGaAsP Electro-absorption Modulator on Si Platform

    Tatsurou Hiraki, Takuma Aihara, Yoshiho Maeda, Takuro Fujii, Tai Tsuchizawa, Kiyoto Takahata, Takaaki Kakitsuka, Shinji Matsuo

    Journal of Lightwave Technology   39 ( 16 ) 5300 - 5306  2021年05月  [査読有り]

    DOI

  • "Vertical optical waveguide comprising square base cuboid cores with size modulation for multilayer chip-to-chip interconnection "

    Songping Ran, Takaaki Kakitsuka, Kiyoto Takahata

    Proc. of the 8th International Conference on Photonics, Optics and Laser Technology (PTOTOPTICS 2020) ,     174 - 179  2020年  [査読有り]

  • "50-GHz-bandwidth Electro-absorption Modulator with Membrane InGaAsP Lateral p-i-n Diode on Si Platform"

    T. Hiraki, T. Aihara, Y. Maeda, T. Fujii, T. Tsuchizawa, K. Takahata, T. Kakitsuka, S. Matsuo

    European Conference on Optical Communication (ECOC2020), Tu1B-4    2020年  [査読有り]

  • "Edge Model Embedding Method for Planar Filter Synthesis "

    Kosuke Katayama, Kiyoto Takahata, Takashi Ohsawa, Takaaki Baba

    RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP)     502 - 505  2019年  [査読有り]

  • "New evaluation method of crosstalk penalty for PAM4 signals "

    Siyuan Duan, Hanzhi Chen, Qiang Du, Kiyoto Takahata

    Asia Communications and Photonics Conference (ACP2019), M4A.269    2019年  [査読有り]

  • "A waveguide-based bidirectional optical delay unit with Bragg reflectors "

    Chenge Ao, Ruikang Luo, Kiyoto Takahata

    Asia Communications and Photonics Conference (ACP2019), M4A.288    2019年  [査読有り]

  • 30-km Error-Free Transmission of Directly Modulated DFB Laser Array Transmitter Optical Sub-Assembly for 100-Gb Application

    Shigeru Kanazawa, Wataru Kobayashi, Yuta Ueda, Takeshi Fujisawa, Kiyoto Takahata, Tetsuichiro Ohno, Toshihide Yoshimatsu, Hiroyuki Ishii, Hiroaki Sanjoh

    JOURNAL OF LIGHTWAVE TECHNOLOGY   34 ( 15 ) 3646 - 3652  2016年08月  [査読有り]

     概要を見る

    We fabricated the first compact 100-gigabit Ethernet (100GbE) transmitter optical sub-assembly (TOSA) using a directly modulated DFB laser (DML) array monolithically integrated with an optical multiplexer. Specially designed InGaAlAs/InGaAlAs multiple quantum wells make it possible to obtain a large gain in the 1295-1310-nm wavelength range and to operate at a high temperature of 55 degrees C. The four-channel DML array chip is only 2.0 mm x 2.4 mm in size, and the fabricated TOSA is only 7.2 mm(W) x 14.3 mm(L) x 6.5 mm(H), which fits a CFP2 or smaller 100-GbE transceiver. For all the lanes, the 3-dB bandwidths of the TOSA exceeded 17 GHz, and it could operate at 25.8 Gb/s. With 25.8-Gb/s x four-channel simultaneous operation, error-free transmissions over a 30-km single-mode fiber were demonstrated for all the lanes.

    DOI

    Scopus

    30
    被引用数
    (Scopus)
  • Compact Hybrid-Integrated 100-Gb/s TOSA Using EADFB Laser Array and AWG Multiplexer

    Takaharu Ohyama, Yoshiyuki Doi, Wataru Kobayashi, Shigeru Kanazawa, Takuya Tanaka, Kiyoto Takahata, Atsushi Kanda, Takeshi Kurosaki, Tetsuichiro Ohno, Hiroaki Sanjoh, Toshikazu Hashimoto

    IEEE PHOTONICS TECHNOLOGY LETTERS   28 ( 7 ) 802 - 805  2016年04月  [査読有り]

     概要を見る

    We have developed a compact hybrid-integrated four-lane x25.8 Gb/s transmitter optical sub-assembly (TOSA) for a 100 Gb/s transceiver for 40-km transmission. The TOSA has a simple configuration in which a four-channel electroabsorption modulator integrated distributed feedback (EADFB) laser array is directly attached to the input waveguide end-faces of a silica-based arrayed waveguide grating (AWG) multiplexer. We integrated a lateral tapered spot-size converter for the EADFB laser to achieve a high optical butt coupling efficiency between the EADFB lasers array and the AWG multiplexer. We confirmed that the TOSA, which is 19.9 mm x 6 mm x 5.8 mm, achieved error-free operation for a 40-km transmission with a high average optical output power of over 0.3 dBm at an operating temperature of 55 degrees C.

    DOI

    Scopus

    17
    被引用数
    (Scopus)
  • Compact Hybrid Integrated 100-Gb/s Transmitter Optical Sub-Assembly Using Optical Butt-Coupling Between EADFB Lasers and Silica-Based AWG Multiplexer

    Takaharu Ohyama, Yoshiyuki Doi, Wataru Kobayashi, Shigeru Kanazawa, Kiyoto Takahata, Atsushi Kanda, Takeshi Kurosaki, Takuya Tanaka, Tetsuichiro Ohno, Hiroaki Sanjoh, Toshikazu Hashimoto

    JOURNAL OF LIGHTWAVE TECHNOLOGY   34 ( 3 ) 1038 - 1046  2016年02月  [査読有り]

     概要を見る

    A compact hybrid-integrated 100 Gb/s (4 lane x 25.78125 Gb/s) transmitter optical sub-assembly (TOSA) has been developed for a 100 Gb/s transceiver for 40-km transmission over a single-mode fiber. The TOSA has a simple configuration in which four electro-absorptionmodulator-integrated distributed feedback (EADFB) lasers are directly attached to the input waveguide end-face of a silica-based arrayed waveguide grating (AWG) multiplexer without bulk lenses. To achieve a high optical butt coupling efficiency between the EADFB lasers and the AWG multiplexer, we integrated a laterally tapered spot-size converter (SSC) for the EADFB laser and employed a waveguide with a high refractive index difference of 2.0% for the AWG multiplexer. By optimizing the laterally tapered SSC structure, we achieved a butt-coupling loss of less than 3 dB, which is an improvement of around 2 dB compared with a laser without an SSC structure. We also developed an ultracompact AWG multiplexer, which was 6.7 mm x 3.5 mm in size with an insertion loss of less than 1.9 dB. We achieved this by using aMach-Zehnder interferometer-synchronized configuration to obtain a low loss and wide flat-top transmission filter spectra. The TOSA body size was 19.9 mm (L) x 6.0 mm (W) x 5.8 mm (H). Error-free operation was demonstrated for a 40-km transmission when all the lanes were driven simultaneously with a low EA modulator driving voltage of 1.5 V at an operating temperature of 55 degrees C.

    DOI

    Scopus

    23
    被引用数
    (Scopus)
  • "Flip-Chip Interconnection Technique for Beyond 100-Gb/s (4 × 25.8-Gb/s) EADFB Laser Array Transmitter"

    S. Kanazawa, T. Fujisawa, K. Takahata, Y. Ueda, H. Ishii, R. Iga, W. Kobayashi, H. Snajoh

    IEEE J. Lightwave Technology   34 ( 2 ) 296 - 302  2016年01月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

    Scopus

    17
    被引用数
    (Scopus)
  • “56-Gbaud 4-PAM (112-Gbit/s) operation of flip-chip interconnection lumped-electrode EADFB laser module for equalizer-free transmission”

    S. Kanazawa, T. Fujisawa, K. Takahata, Y. Nakanishi, H. Yamazaki, Y. Ueda, W. Kobayashi, Y. Muramoto, H. Ishii, H. Sanjoh

    Optical Fiber Communications Conference (OFC2016), W4J.1    2016年  [査読有り]

  • “Transmission of 214-Gbit/s 4-PAM signal using an ultra-broadband lumped-electrode EADFB laser module”

    S. Kanazawa, H, Yamazaki, Y. Nakanishi, T. Fujisawa, K. Takahata, Y. Ueda, W. Kobayashi, Y. Muramoto, H. Ishii, H. Sanjoh

    Optical Fiber Communications Conference (OFC2016), PDP-Th5B.3    2016年  [査読有り]

  • "Low-driving-voltage Operation of MZI-type EA Modulator Integrated with DFB Laser using Optical Absorption and Interferometric Extinction”

    Y. Ueda, T. Fujisawa, S. Kanazawa, W. Kobayashi, K. Takahata, H. Sanjoh, H. Ishii, M. Kotoku

    IEEE J. Selected Topics in Quantum Electron.   21 ( 6 ) 1501306  2015年11月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    9
    被引用数
    (Scopus)
  • High-Speed (400 Gb/s) Eight-Channel EADFB Laser Array Module Using Flip-Chip Interconnection Technique

    Shigeru Kanazawa, Takeshi Fujisawa, Hiroyuki Ishii, Kiyoto Takahata, Yuta Ueda, Ryuzo Iga, Hiroaki Sanjoh

    IEEE JOURNAL OF SELECTED TOPICS IN QUANTUM ELECTRONICS   21 ( 6 ) 1501106  2015年11月  [査読有り]

     概要を見る

    We fabricated a 400-G flip-chip interconnection eight-channel EADFB laser array module. The flip-chip interconnection technique provides a higher modulation bandwidth and lower electrical crosstalk than the wire interconnection technique. The 3-dB bandwidth of the flip-chip interconnection subassembly was about 50 GHz. And the electrical crosstalk of the flip-chip interconnection module was suppressed to less than -20 dB below 35 GHz. We obtained clear eye openings for all eight lanes under eight-channel 50-Gb/s simultaneous operation after a 10-km SMF transmission.

    DOI

    Scopus

    13
    被引用数
    (Scopus)
  • "Flip-Chip Interconnection Lumped-Electrode EADFB Laser for 100-Gb/s/λ Transmitter"

    S. Kanazawa, T. Fujisawa, K. Takahata, T. Ito, Y. Ueda, W. Kobayashi, H. Ishii, H. Sanjoh

    IEEE Photon. Technology Lett.   27 ( 16 ) 1699 - 1701  2015年08月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    39
    被引用数
    (Scopus)
  • Transmitter Optical Subassembly Using a Polarization Beam Combiner for 100 Gbit/s Ethernet over 40-km Transmission

    Takaharu Ohyama, Akira Ohki, Kiyoto Takahata, Toshio Ito, Nobuhiro Nunoya, Hiroyasu Mawatari, Takeshi Fujisawa, Shigeru Kanazawa, Ryuzo Iga, Hiroaki Sanjoh

    JOURNAL OF LIGHTWAVE TECHNOLOGY   33 ( 10 ) 1985 - 1992  2015年05月  [査読有り]

     概要を見る

    A transmitter optical subassembly (TOSA) has been developed for a 100-Gbit/s Ethernet system for a long optical transmission distance over a 40-km single-mode fiber (SMF). To obtain a high optical output power and a high dynamic extinction ratio, the TOSA consists of two two-channel distributed feedback laser diode array chips integrated with electro-absorption modulators (EADFB laser array chips) with a 2 x 1 multimode interference (MMI) optical coupler and a polarization beam combiner for wavelength multiplexing. The TOSA is 8.7 mm x 28.7 mm x 6.5 mm including an LC-type receptacle. The TOSA has a twin collimator path for two EADFB laser array chips. The wavelength multiplexer consists of a mirror, a half-wavelength plate, and a polarization beam combiner. The TOSA could improve the optical output power by around 2 dB compared with a TOSA with a four-channel EADFB laser array chip and a 4 x 1 MMI optical coupler. An optical modulation amplitude of over 0.5 dBm and a mask margin exceeding 21% were obtained for each lane when all lanes were operated simultaneously with an EA modulator driving voltage of 1.5 V at a bit rate of 25.78125 Gbit/s, which fully satisfies the 100GBASE-ER4 specifications. We demonstrated error-free operation for an SMF transmission of over 40 km. Moreover, we confirmed that the TOSA was capable of error-free SMF transmission over 60 km with a power penalty of less than 1.4 dB.

    DOI

    Scopus

    12
    被引用数
    (Scopus)
  • Flip-chip mounted 25.8-Gb/s directly modulated InGaAsP DFB laser with Ru-doped semi-insulating buried heterostructure

    Shigeru Kanazawa, Toshio Ito, Tomonari Sato, Ryuzo Iga, Wataru Kobayashi, Kiyoto Takahata, Hiroaki Sanjoh, Hiroyuki Ishii

    IEICE ELECTRONICS EXPRESS   12 ( 1 ) 1 - 4  2015年  [査読有り]

     概要を見る

    The first directly modulated InGaAsP DFB laser module using the flip-chip mounting technique was fabricated for 25.8-Gb/s operation. The fabricated laser chip has p-and n-electrodes on the surface side. This structure is suitable for flip-chip mounting, which provides a high modulation bandwidth. The fabricated module provided clear eye opening with a dynamic extinction ratio of over 4 dB when operated 25.8 Gb/s.

    DOI

    Scopus

    5
    被引用数
    (Scopus)
  • “400-Gb/s Operation of Flip-chip Interconnection EADFB Laser Array Module” (Invited)

    S. Kanazawa, T. Fujisawa, K. Takahata, H. Sanjoh, R. Iga, Y. Ueda, W. Kobayashi, H. Ishii

    Optical Fiber Communications Conference (OFC2015), Tu3I.1    2015年  [査読有り]  [招待有り]

  • “High-linearity Avalanche Photodiode for 40-km transmission with 28-Gbaud PAM4”

    M. Nada, S. Kanazawa, H. Yamazaki, Y. Nakanishi, W. Kobayashi, Y. Doi, T. Ohyama, T. Ohno, K. Takahata, T. Hashimoto

    Optical Fiber Communications Conference (OFC2015), M3C.2    2015年  [査読有り]

  • “Compact Hybrid-integrated 100-Gbit/s TOSA for 40-km Transmission”

    T. Ohyama, Y. Doi, S. Kanazawa, W. Kobayashi, T. Tanaka, K. Takahata, A. Kanda, T. Kurosaki, T. Ohno, H. Sanjoh, T. Hashimoto

    Opt-Electronics and Communications Conference (OECC2015), JMoC.32    2015年  [査読有り]

  • Very-low-voltage operation of Mach-Zehnder interferometer-type electroabsorption modulator using asymmetric couplers

    Y. Ueda, T. Fujisawa, S. Kanazawa, W. Kobayashi, K. Takahata, H. Ishii

    OPTICS EXPRESS   22 ( 12 ) 14610 - 14616  2014年06月  [査読有り]

     概要を見る

    We have proposed and developed a new type of electroabsorption modulator (EAM) that employs both optical absorption and interferometric extinction. The EAM operates at a record low voltage of 0.2 V at 25.8-Gbit/s modulation, which can reduce optical transmitter power consumption and allows the adoption of cost-effective CMOS drivers. (C) 2014 Optical Society of America

    DOI

    Scopus

    9
    被引用数
    (Scopus)
  • InP-based compact transversal filter for monolithically integrated light source array

    Yuta Ueda, Takeshi Fujisawa, Kiyoto Takahata, Masaki Kohtoku, Hiroyuki Ishii

    OPTICS EXPRESS   22 ( 7 ) 7844 - 7851  2014年04月  [査読有り]

     概要を見る

    We developed an InP-based 4x1 transversal filter (TF) with multi-mode interference couplers (MMIs) as a compact wavelength multiplexer (MUX) 1700 mu m x 400 mu m in size. Furthermore, we converted the MMI-based TF to a reflection type to obtain an ultra-compact MUX of only 900 mu m x 50 mu m. These MUXs are made with a simple fabrication process and show a satisfactory wavelength filtering operation as MUXs of monolithically integrated light source arrays, for example, for 100G bit Ethernet. (C) 2014 Optical Society of America

    DOI

    Scopus

    20
    被引用数
    (Scopus)
  • Compact flip-chip interconnection 8 x 50 Gbit/s EADFB laser array module for 400 Gbit/s transceiver

    S. Kanazawa, T. Fujisawa, A. Ohki, K. Takahata, H. Sanjoh, R. Iga, H. Ishii

    ELECTRONICS LETTERS   50 ( 7 ) 533 - +  2014年03月  [査読有り]

     概要を見る

    The first compact electroabsorption modulators integrated with distributed-feedback (EADFB) laser array module using flip-chip interconnects have been fabricated for a 400 Gbit/s transceiver. Eight 50 Gbit/s EADFB lasers and an optical multiplexer were monolithically integrated on one chip in an area of only 3.2 x 4.8 mm. The flip-chip interconnects provide a higher modulation bandwidth. Clear eye opening was achieved for all eight lanes under 50 Gbit/s operation.

    DOI

    Scopus

    14
    被引用数
    (Scopus)
  • Compact Flip-Chip Interconnection 112-Gbit/s EADFB Laser Array Module With High Eye-Mask Margin

    Shigeru Kanazawa, Takeshi Fujisawa, Nobuhiro Nunoya, Akira Ohki, Kiyoto Takahata, Hiroaki Sanjoh, Ryuzo Iga, Hiroyuki Ishii

    JOURNAL OF LIGHTWAVE TECHNOLOGY   32 ( 1 ) 115 - 121  2014年01月  [査読有り]

     概要を見る

    The first compact and high-performance optical transmitter using flip-chip interconnects has been developed for a 112-Gbit/s transceiver. The flip-chip interconnects provide lower crosstalk and a higher modulation bandwidth than wire interconnects. The flip-chip interconnection module has 3-dB frequency bandwidths of over 30 GHz. This value is up to 5 GHz better than that of a wire interconnection module. Under four-channel simultaneous operation, the OTU4 mask margins for all four lanes of the flip-chip interconnection module exceed 37%. These values are degraded up to only 4% compared with those for single-channel operation. In addition, an error-free transmission through 10 km of single-mode fiber at 112 Gbit/s is demonstrated.

    DOI

    Scopus

    12
    被引用数
    (Scopus)
  • “Successful Demonstration of Low-Voltage (1 Vpp) MZI-Type EAM-Integrated DFB Laser for 25.8-Gbit/s 40-km Transmission”

    Y. Ueda, T. Fujisawa, S. kanazawa, W. Kobayashi, K. Takahata, H. Sanjoh, H. Ishii

    IEEE Int. Semiconductor Laser Conference (ISLC2014), MD3     52 - 53  2014年  [査読有り]

    DOI

  • “8 x 50-Gb/s simultaneous operation of EADFB laser array using flip-chip interconnection technique”

    S. Kanazawa, T. Fujisawa, K. Takahata, H. Sanjoh, R. Iga, H. Ishii

    IEEE Int. Semiconductor Laser Conference (ISLC2014), MD6     58 - 59  2014年  [査読有り]

    DOI

  • Compact 100 Gb/s Ethernet Transmitter Optical Sub-Assembly Using Polarization Beam Combiner

    Takaharu Ohyama, Akira Ohki, Kiyoto Takahata, Toshio Ito, Nobuhiro Nunoya, Takeshi Fujisawa, Shigeru Kanazawa, Ryuzo Iga, Hiroaki Sanjoh

    IEEE PHOTONICS TECHNOLOGY LETTERS   25 ( 24 ) 2416 - 2418  2013年12月  [査読有り]

     概要を見る

    A compact transmitter optical sub-assembly (TOSA) has been developed for a 100 Gb/s Ethernet system with a long transmission distance of 40 km over single-mode fiber. The TOSA consists of electro-absorption modulator integrated distributed feedback laser diode arrays and a polarization beam combiner for wavelength multiplexing to obtain a high optical output power and a high dynamic extinction ratio. We confirmed that the TOSA successfully achieved an error-free four-lane x 25.8 Gb/s transmission, i.e., a total bit-rate of 100 Gb/s, over 40 km.

    DOI

    Scopus

    10
    被引用数
    (Scopus)
  • “Compact 100GbE transmitter optical sub-assembly using polarization beam combiner”

    T. Ohyama, A. Ohki, K. Takahata, T. Io, N. Nunoya, T. Fujisawa, R. Iga, H. Ishii

    IEEE Photon. Technology Lett.   25 ( 24 ) 2416 - 2418  2013年12月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    10
    被引用数
    (Scopus)
  • "Low-Loss Cascaded Mach–Zehnder Multiplexer Integrated 25-Gb/s x 4-Lane EADFB Laser Array for Future CFP4 100 GbE Transmitter”

    T. Fujisawa, S. Kanazawa, Y. Ueda, W. Kobayashi, K. Takahata, A. Ohoki, T. Itoh, M. Kotoku, H. Ishii

    IEEE J. Quantum Elaecton.   49 ( 12 ) 1001 - 1007  2013年12月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    31
    被引用数
    (Scopus)
  • Ultracompact, 160-Gbit/s transmitter optical subassembly based on 40-Gbit/s x 4 monolithically integrated light source

    Takeshi Fujisawa, Toshio Itoh, Shigeru Kanazawa, Kiyoto Takahata, Yuta Ueda, Ryuzo Iga, Hiroaki Sanjo, Takayuki Yamanaka, Masaki Kotoku, Hiroyuki Ishii

    OPTICS EXPRESS   21 ( 1 ) 182 - 189  2013年01月

     概要を見る

    The first ultracompact transmitter optical subassembly for long-distance, beyond-100-Gbit/s data communication systems based on a monolithically integrated light source is developed. The light source consists of four InGaAlAs-based electroabsorption modulator integrated DFB lasers (EADFB lasers) and their optical multiplexer and these components are monolithically integrated on one chip, resulting in very small chip size of 2.4 x 3.3 mm(2). This small chip makes it possible to reduce the size of the transmitter module. Very small transmitter optical subassemblies (TOSAs), using the chip and employing three-dimensional interconnection board, is fabricated, whose volume is only 1.82 cc. By using the TOSA, 40-Gbit/s x 4 operation with the clear eye openings up to 10-km single mode fibre transmission is demonstrated. Electrical crosstalk under the multi-lane operation is also evaluated, and the error-free transmission is achieved with the power penalty to the discrete operation of 1 dB. (C) 2013 Optical Society of America

    DOI

    Scopus

    14
    被引用数
    (Scopus)
  • "50 Gbit/s uncooled operation (5-85°C) of 1.3-µm electroabsorption modulator integrated with DFB laser"

    T. Fujisawa, S. Kanazawa, W. Kobayashi, K. Takahata, A. Ohki, R. Iga, H. Ishii

    IET Electron. Lett.   49 ( 3 ) 204 - 205  2013年01月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    7
    被引用数
    (Scopus)
  • "Ultra-Compact 100 GbE Transmitter Optical Sub-Assembly for 40-km SMF Transmission ”

    S. Kanazawa, T. Fujisawa, N. Nunoya, A. Ohki, K. Takahata, H. Sanjoh, R. Iga, H. Ishii

    IEEE J. Lightwave Technology   31 ( 4 ) 602 - 608  2013年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    48
    被引用数
    (Scopus)
  • "InP-based compact reflection-type transversal filter”

    Y. Ueda, T. Fujisawa, K. Takahata, M. Kohtoku, H. Takahashi, H. Ishii

    Int. Conference on Indium Phosphide and Related Materials (IPRM2013), TuD4-3    2013年  [査読有り]

  • “Low crosstalk and high modulation bandwidth 100GbE optical transmitter using flip-chip interconnects”

    S. Kanazawa, T. Fujisawa, K. Takahata, A. Ohki, R. Iga, H. Ishii

    Int. Conference on Indium Phosphide and Related Materials (IPRM2013), TuD4-2    2013年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

  • “4× 25-Gbit/s EADFB laser array monolithically integrated with cascaded Mach-Zhender multiplexer”

    T. Fujisawa, S. Kanazawa, Y. Ueda, W. Kobayashi, K. Takahata, A. Ohoki, T. Itoh, M. Kotoku, H. Ishii

    Opt-Electronics and Communications Conference (OECC2013), MK1-3    2013年  [査読有り]

  • Very-low-voltage operation of mach-zehnder interferometer-type electroabsorption modulator

    Y. Ueda, T. Fujisawa, S. Kanazawa, W. Kobayashi, K. Takahata, H. Ishii

    IET Conference Publications   2013 ( 622 ) 342 - 344  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    We have proposed and developed a new type of electroabsorption modulator (EAM) that employs both optical absorption and interferometric extinction. The EAM operates at a record-low voltage of 0.2 V at 25.8-Gbit/s modulation, which can reduce optical transmitter power consumption and allows the adoption of cost-effective CMOS drivers.

    DOI

    Scopus

  • "1.3-µm 4x25-Gb/s EADFB laser array module with large-output-power and low-driving-voltage for energy-efficient 100GbE transmitter"

    T. Fujisawa, S. Kanazawa, K. Takahata, W. Kobayashi, T. tadokoro, H. Ishii, F. Kano

    OSA Optics Express   20 ( 1 ) 614 - 620  2012年01月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    76
    被引用数
    (Scopus)
  • “Extremely small-form 100GbE transmitter optical sub-assembly for future inter data center cloud networks”

    S. Kanazawa, T. Fujisawa, N. Nunoya, A. Ohki, K. Takahata, H. Sanjoh, R. Iga, H. Ishii

    Optical Fiber Communications Conference (OFC2012), PDP-5B.8    2012年  [査読有り]

  • “Theoretical and experimental investigations of laser characteristics of novel rear-grating structure and its application to uncooled light source”

    T. Fujisawa, K. Takahata, W. Kobayashi, R. Iga, H. Ishii

    Conference on Lasers and Electro Optics (CLEO 2012), CM1A4    2012年  [査読有り]

  • “Ultra-high-speed electroabsorption modulator integrated lasers for 100GbE and beyond”(Invited)

    T. Fujisawa, S. Kanazawa, K. Takahata, W. Kobayashi, T.Tadokoro, R. Iga, H. Ishii

    Opt-Electronics and Communications Conference (OECC2012), 3D2-1     75 - 76  2012年  [招待有り]

    DOI

    Scopus

    7
    被引用数
    (Scopus)
  • "Ultracompact, 160-Gbit/s transmitter optical subassembly based on 40-Gbit/s×4 monolithically integrated light source"

    T. Fujisawa, S. Kanazawa, K. Takahata, A. Ohki, Y. Ueda, R. Iga, H. Sanjoh, T. Yamanaka, M. Kotoku, H. Ishii

    European Conference on Optical Communication (ECOC2012), We.1.E.1    2012年  [査読有り]

  • Extremely Compact Transmitter Optical Sub-assembly for Next-generation 10-km 100GbE Transceivers

    K. Takahata, T. Fujisawa, A. Ohki, S. Kanazawa, T. Yamanaka, H. Sanjoh, R. Iga, H. Ishii

    2012 23RD IEEE INTERNATIONAL SEMICONDUCTOR LASER CONFERENCE (ISLC)     56 - 57  2012年  [査読有り]

     概要を見る

    An extremely compact 1.3-mu m, 4x25-Gbit/s TOSA was made by using monolithically integrated EADFB laser array with rear-grating DFB lasers. The dynamic extinction ratio and optical modulation amplitude are high enough for 10-km 100GbE.

  • "Electroabsorption Modulator Integrated Light Sources for Future High-speed Ethernet,"

    T. Fujisawa, S. Kanazawa, K. Takahata, H. Ishii

    NTT Technical Review   10 ( 12 ) 1 - 5  2012年  [招待有り]

  • "Ultracompact, 160-Gbit/s transmitter optical subassembly based on 40-Gbit/s × 4 monolithically integrated light source"

    T. Fujisawa, T. Itoh, S. Kanazawa, K. Takahata, Y. Ueda, R. Iga, H. Sanjoh, T. Yamanaka, M. Kotoku, H. Ishii

    OSA Optics Express   21 ( 1 ) 182 - 189  2012年  [査読有り]

  • “A Compact EADFB Laser Array Module for a Future 100-Gb/s Ethernet Transceiver” (Invited)

    S. Kanazawa, T. Fujisawa, A. Ohki, H. Ishii, N. Nunoya, Y. Kawaguchi, N. Fujiwara, K. Takahata, R. Iga, F. Kano, H. Oohashi

    IEEE J. Selected Topics in Quantum Electron.   17 ( 5 ) 1191 - 1197  2011年09月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

    Scopus

    54
    被引用数
    (Scopus)
  • "Long-Reach 100 Gbit Ethernet Light Source Based on 4x25-Gbit/s 1.3-µm InGaAlAs EADFB Lasers"

    T. Fujisawa, K. Takahata, W. Kobayashi, T. TadokoroA. Ohki, N. Fujiwara, S. Kanazawa, T. Yamanaka, F. Kano

    IEICE Trans. Electron.   E94C ( 7 ) 1167 - 1172  2011年07月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    4
    被引用数
    (Scopus)
  • " 1.3-µm , 50 Gbit/s electroabsorption modulators integrated with DFB laser for beyond 100G parallel LAN applications"

    T. Fujisawa, K. Takahata, W. Kobayashi, T. Tadokoro, F. Fujiwara, S. Kanazawa, F. Kano

    IET Electron. Lett.   47 ( 12 ) 708 - 710  2011年06月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    47
    被引用数
    (Scopus)
  • " 1.3-µm 4x25-Gb/s Monolithically Integrated Light Source for Metro Area 100-Gb/s Ethernet "

    T. Fujisawa, S. Kanazawa, H. Ishii, N. Nunoya, Y. Kawaguchi, A. Ohki, N. Fujiwara, K. Takahata, R. Iga, F. Kano, H. Oohashi

    IEEE Photon. Technology Lett.   23 ( 6 ) 356 - 358  2011年03月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    65
    被引用数
    (Scopus)
  • “1.3-µm, 50-Gbit/s EADFB lasers for 400GbE”

    T. Fujisawa, K. Takahata, W. Kobayashi, T. Tadokoro, N. Fujiwara, S. Kanazawa, F. Kano

    Optical Fiber Communications Conference (OFC2011), OWD4    2011年  [査読有り]

  • “Monolithically integrated transmitter for 100GbE” (Invited)

    T. Fujisawa, S. Kanazawa, H. Ishii, N. Nunoyaa, Y. Kawaguchi, A. Ohki, N. Fujiwara, K. Takahata, R. Iga, F. Kano, H. Oohashi

    Opt-Electronics and Communications Conference (OECC2011)     458 - 459  2011年  [招待有り]

  • “Large-output-power, ultralow-driving-voltage (0.5 Vpp) operation of 1.3-μm, 4×25G, EADFB laser array for driverless 100GbE transmitter”

    T. Fujisawa, S. Kanazawa, K. Takahata, W. Kobayashi, T. Tadokoro, H. Ishii, F. Kano

    European Conference on Optical Communication (ECOC2011), Mo.1LeSaleve.1    2011年  [査読有り]

  • "1.3-µm, 4×25G, EADFB laser array module for compact 10-km 100GbE transceivers"

    K. Takahata, T. Fujisawa, S. Kanazawa, F. Kano

    IEEE Photonics Conference (IPC2011), TuD2     208 - 209  2011年  [査読有り]

  • “4×25-Gbit/s, 40-km SMF transmission based on 1.3-μm electroabsorption modulators integrated with DFB lasers for 100-Gbit/s Ethernet,”

    T. Fujisawa, S. Kanazawa, K. Takahata, Y. Kawaguchi, A. Ohki, W. Kobayashi, N. Fujiwara, T. Tadokoro, T. Yamanaka, F. Kano

    Opt-Electronics and Communications Conference (OECC2010), 6D1-2     50 - 51  2010年  [査読有り]

  • “4×25-Gbit/s, 1.3-μm, monolithically integrated light source for 100-Gbit/s Ethernet” (Invited)

    T. Fujisawa, S. Kanazawa, N. Nunoya, H. Ishii, Y. kawaguchi, A. Ohki, N. Fujiwara, K. Takahata, R. Iga, F. Kano, H. Oohashi

    European Conference on Optical Communication (ECOC2010), Th.9.D.1    2010年  [査読有り]  [招待有り]

  • “Low-voltage operation of 100-Gbit/s EADFB laser array module”

    S. Kanazawa, T. Fujisawa, N. Nunoya, A. Ohki, K. Takahata, H. Sanjoh, R. Iga, H. Ishi

    IEEE Int. Semiconductor Laser Conference (ISLC2010), TuC-2     57 - 58  2010年  [査読有り]

  • “An optically clocked transistor array with dual serial-to-parallel and parallel-to-serial conversion capability for optical label swapping”

    R. Urata, R. Takahashi, T. Nakahara, K. Takahata, H. Suzuki

    IEEE Photon. Technology Lett.   18 ( 1-4 ) 67 - 69  2006年01月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    7
    被引用数
    (Scopus)
  • “High-Speed Optical Packet Processing Technologies for Optical Packet-Switched Networks” (Invited)

    H. Takenouchi, T. Nakahara, K. Takahata, R. Takahashi, H. Suzuki

    IEICE Trans. Electron.   E88C ( 3 ) 286 - 294  2005年03月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • “Opto-electronic Packet Switches for 40-Gbit/s, 16-bit Asynchronous Burst Optical Packets”

    K. Takahata, R. Takahashi, T. Nakahara, H. Takenouchi, H. Suzuki

    IEEE Photon. Technology Lett.   17 ( 3 ) 684 - 686  2005年03月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    4
    被引用数
    (Scopus)
  • ”3.3-ps electrical pulse generation from a discharge-based metal-semiconductor-metal photodetector”

    K. Takahata, R. Takahashi, T. Nakahara, H. Takenouchi, H. Suzuki

    IET Electron. Lett.   41 ( 1 ) 38 - 40  2005年01月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    16
    被引用数
    (Scopus)
  • “An Optically Clocked Transistor Array for Dual Serial-to-Parallel and Parallel-to-Serial Conversion of Optical Packets”

    R. Urata, R. Takahashi, T. Nakahara, K. Takahata, H. Suzuki

    Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO2005), CTuF2   ( 1 ) 722 - 724  2005年  [査読有り]

  • “Time-domain 16-bit label swapping and self-routing of 40-Gb/s burst optical packets”

    T. Nakahara, R. Takahashi, H. Takenouchi, K. Takahata, H. Suzuki

    IEEE Photon. Technology Lett.   16 ( 9 ) 2153 - 2155  2004年09月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    11
    被引用数
    (Scopus)
  • “40-gb/s 32-bit optical packet compressor-decompressor based on an optoelectronic memory”

    H. Takenouchi, R. Takahashi, K. Takahata, T. Nakahara, H. Suzuki

    IEEE Photon. Technology Lett.   16 ( 7 ) 1751 - 1753  2004年07月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    9
    被引用数
    (Scopus)
  • “40-Gbit/s 16-bit Burst Optical Packet Generator Based on Photonic Parallel-to-Serial Conversion”

    H. Takenouchi, K. Takahata, T. Nakahara, R. Takahashi, H. Suzuki

    IEICE Trans. Electron.   E87C ( 5 ) 825 - 827  2004年05月  [査読有り]

  • “Photonic random access memory for 40-Gb/s 16-b burst optical packets”

    R. Takahashi, T. Nakahara, K. Takahata, H. Takenouchi, H. Suzuki

    IEEE Photon. Technology Lett.   16 ( 4 ) 1185 - 1187  2004年04月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    46
    被引用数
    (Scopus)
  • “40-Gbit/s photonic random access memory for photonic packet-switched networks” (Invited)

    R. Takahashi, T. Nakahara, K. Takahata, H. Takenouchi, T. Yasui, N. Kondo, H. Suzuki

    Photonics West 2004, SPIE Proceedings   5356   130 - 141  2004年  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

    Scopus

    6
    被引用数
    (Scopus)
  • “Photonic packet router for 40-Gbit/s 16-bit burst optical packets”

    K. Takahata, R. Takahashi, T. Nakahara, H. Takenouchi, H. Suzuki

    Optical Fiber Communications Conference (OFC2004), TuQ3    2004年  [査読有り]

  • “40-Gbit/s 32-bit optical packet compressor/decompressor based on a photonic memory”

    H. Takenouchi, R. Takahashi, K. Takahata, T. Nakahara, H. Suzuki

    Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO2004), CThQ6    2004年  [査読有り]

  • “High-Speed Optical Packet Self-Routing by All-Optical Serial-to-Parallel Conversion” (Invited)

    T. Nakahara, R. Takahashi, H. Takenouchi, K. Takahata, H. Suzuki

    OptoElectronics and Communications Conference (OECC2004), 15B1-1     602 - 603  2004年  [招待有り]

  • "Ultrafast ptical Packet Processing Technologies Basd on Novel Hybrid Optoelectronic Devices,"

    H. Takenouchi, T. Nakahara, K. Takahata, R. Takahashi

    NTT Technical Review   2 ( 7 ) 47 - 56  2004年  [招待有り]

  • "Parallel-to-serial Converter Usng Metal-Semiconductor-metal Photodetector and Its Application ro Bypass/dropp Packet Switching,"

    K. Takahata, H. takenouchi, T. Nakahara, R. Takahashi

    NTT Technical Review   2 ( 7 ) 39 - 46  2004年  [招待有り]

  • “32-bit label swapping of 40-Gbit/s burst optical packets with intensity tracking of input label”

    T. Nakahara, H. Takenouchi, R. Takahashi, K. Takahata, H. Suzuki

    European Conference on Optical Communication (ECOC2004), Th3.6.2     938 - 939  2004年  [査読有り]

  • “High-speed optical packet processing technologies based on novel optoelectronic devices” (Invited)

    H. Takenouchi, R. Takahashi, K. Takahata, T. Nakahara, H. Suzuki

    Information Technologies and Communications (ITC2004), SPIE Proceedings   5595   277 - 290  2004年  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

    Scopus

  • “Ultrafast optoelectronic packet processing for asynchronous, optical-packet-switched networks” (Invited)

    R. Takahashi, T. Nakahara, K. Takahata, H. Takenouchi, T. Yasui, N. Kondo, H. Suzuki

    OSA J. Optical Networking   3 ( 12 ) 914 - 930  2004年  [招待有り]

  • “Compact High-Power Photonic Millimeter-Wave Emitter Module for 60-GHz-Band Fiber Radio Links”

    Y. Doi, S. Fukushima, K. Takahata, K. Yoshino, H. Ito

    IEICE Trans. Electron.   E86C ( 7 ) 1311 - 1317  2003年07月  [査読有り]

  • “Electrical parallel-to-serial converter using MSM-PDs for optical communication networks”

    K. Takahata, H. Takenouchi, T. Nakahara, R. Takahashi, H. Suzuki

    Photonics West 2003, SPIE Proceedings   4998   76 - 84  2003年  [査読有り]  [招待有り]

  • “Electrical parallel-to-serial converter using MSM-PDs and application to bypass/drop self-routing”

    K. Takahata, T. Nakahara, H. Takenouchi, R. Takahashi, H. Suzuki

    IET Electron. Lett.   39 ( 1 ) 105 - 107  2003年01月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • “Photonic Random Access Memory Using Serial-to-Parallel and Parallel-to-Serial Conversion”

    R. Takahashi, T. Nakahara, K. Takahata, H. Takenouchi, T. Yasui, N. Kondo, H. Suzuki

    Optical Fiber Communications Conference (OFC2003), TuQ3     275 - 277  2003年  [査読有り]

  • Ultrafast photonic interfaces for storage networking using serial-to-parallel and parallel-to-serial conversion”

    H. Suzuki, R. Takahashi, T. Nakahara, H. Takenouchi, K. Takahata, T. Yasui, N. Kondo, J. Yumot

    SPIE Optical Data Storage 2003, TuE12   5069   35 - 44  2003年  [査読有り]

  • “Ultrashort electrical pulse generation using a normal metal-semiconductor-metal photodetector”

    K. Takahata, R. Takahashi, T. Nakahara, H. Takenouchi, H. Suzuki

    Conference on Lasers and Electro-Optics Europe (CLEO-Eur2003)     523  2003年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    7
    被引用数
    (Scopus)
  • “16-bit programmable label swapping for 40-Gbit/s optical packets”

    T. Nakahara, R. Takahashi, H. Takenouchi, K. Takahata, H. Suzuki

    European Conference on Optical Communication (ECOC2003), PDP Th4.3.6     70 - 71  2003年  [査読有り]

  • “40-Gbit/s-to-10-Gbit/s Bit-rate Converter for 16-bit Optical Packets Using a Photonic RAM”

    H. Takenouchi, K. Takahata, T. Nakahara, R. Takahashi, H. Suzuki

    European Conference on Optical Communication (ECOC2003), Th3.3.4     1044 - 1045  2003年  [査読有り]

  • “Photonic time-domain add-drop multiplexer for 40-Gbit/s 16-bit burst optical packets”

    K. Takahata, R. Takahashi, T. Nakahara, H. Takenouchi, H. Suzuki

    Annual Meeting of the IEEE Lasers and Electro-Optics Society (LEOS2003), PDP-1    2003年  [査読有り]

  • “60-GHz Monolithic Photonic Millimeter-Wave Emitter for Fiber-Radio Application”

    K. Takahata, Y. Muramoto, S. Fukushima, T. Furuta, T. Ohno, T. Ishibashi, H. Ito

    IEICE Trans. Electron.   E85C ( 6 ) 1378 - 1380  2002年06月  [査読有り]

  • “Photonic Parallel-to-serial Converter using MSM-PDs for Bypass/Drop Self-Routing,”

    K. Takahata, T. Nakahara, H. Takenouchi, R. Takahashi, H. Suzuki

    European Conference on Optical Communication (ECOC2002), 8.2.3   3  2002年  [査読有り]

  • “Compact 60-GHz photonic millimeter-wave emitter module for fiber radio link”

    Y. Doi, S. Fukushima, K. Takahata, K. Yoshino, H. Ito

    IEEE International Topical Meeting on Microwave Photonics (MWP2002)     65 - 68  2002年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    5
    被引用数
    (Scopus)
  • “A 40Gbit/s 16-bit photonic parallel-to-serial converter”

    H. Takenouchi, K. Takahata, T. Nakahara, R. Takahashi, H. Suzuki

    Annual Meeting of the IEEE Lasers and Electro-Optics Society (LEOS2002), ME4     45 - 46  2002年  [査読有り]

  • “Optically-Fed Radio Access Point Module for a Fibre-Radio Downlink System”

    S. Fukushima, H. Fukano, K. Yoshino, Y. Matsuoka, S. Mitachi, K. Takahata

    IEICE Trans. Electron.   E84C ( 2 ) 271 - 273  2001年02月  [査読有り]

  • “10-Gb/s InP-Based High-Performance Monolithic Photoreceivers Consisting of p-i-n Photodiodes and HEMT’s”

    K. Takahata, Y. Muramoto, K. Kato, Y. Akatsu, A. Kozen, Y. Akahori

    IEICE Trans. Electron.   E83C ( 6 ) 950 - 958  2000年06月  [査読有り]

  • “Ultrafast Monolithic Receiver OEIC Composed of Multimode Waveguide p-i-n Photodiode and HEMT Distributed Amplifier”

    K. Takahata, Y. Muramoto, H. Fukano, K. Kato, A. Kozen, S. Kimura, Y. Imai, Y. Miyamoto, O. Nakajima, Y. Matsuoka

    IEEE J. Selected Topics in Quantum Electron.   6 ( 1 ) 31 - 37  2000年01月  [査読有り]

  • “Monolithically integrated millimeter-wave photonic emitter for 60-GHz fiber-radio applications”

    K. Takahata, Y. Muramoto, S. Fukushima, T. Furuta, H. Ito

    IEEE International Topical Meeting on Microwave Photonics (MWP2000)   2000 ( 1 ) 229 - 232  2000年  [査読有り]

    DOI CiNii

    Scopus

    19
    被引用数
    (Scopus)
  • “Characteristics of InAlAs/InGaAs high-electron-mobility transistors under illumination with modulated light”

    Y. Takanashi, K. Takahata, Y. Muramoto

    IEEE Trans. Electron Devices   46 ( 12 ) 2271 - 2277  1999年12月  [査読有り]

  • “52 GHz bandwidth monolithically integrated WGPD/HEMT photoreceiver with large O/E conversion factor of 105 V/W”

    K. Takahata, Y. Muramoto, H. Fukano, Y. Matsuoka

    IET Electron. Lett.   35 ( 19 ) 1639 - 1640  1999年09月  [査読有り]

  • “High efficiency edge-illuminated uni-traveling-carrier-structure refracting-facet photodiode”

    H. Fukano, Y. Muramoto, K. Takahata, Y. Matsuoka

    IET Electron. Lett.   35 ( 19 ) 1664 - 1665  1999年09月  [査読有り]

  • “Ultrafast monolithic receiver OEIC module operating at over 40 Gbit/s”

    K. Takahata, Y. Miyamoto, Y. Muramoto, H. Fukano, Y. Matsuoka

    IET Electron. Lett.   35 ( 4 ) 322 - 324  1999年02月  [査読有り]

  • “40-Gbit/s WGPD/HEMT monolithic photoreceiver with output voltage of 1 Vp-p”

    K. Takahata, Y. Muramoto, H. Fukano, Y. Matsuoka

    OptoElectronics and Communications Conference (OECC'99)   2   1657 - 1659  1999年  [査読有り]

  • “Characteristics of InAlAs/InGaAs high electron mobility transistors under 1.3-μm laser illumination”

    Y. Takanashi, K. Takahata, Y. Muramoto

    IEEE Electron Device Lett.   19 ( 12 ) 472 - 474  1998年12月  [査読有り]

  • “46.5-GHz-Bandwidth Monolithic Receiver OEIC Consisting of a Waveguide p-i-n Photodiode and a HEMT Distributed Amplifier”

    K. Takahata, Y. Muramoto, H. Fukano, K. Kato, A. Kozen, O. Nakajima, Y. Matsuoka

    IEEE Photon. Technology Lett.   10 ( 8 ) 1150 - 1152  1998年08月  [査読有り]

  • “High-performance Monolithically Integrated pin/HEMT Photoreceiver” (Invited)

    K. Takahata, Y. Muramoto, H. Fukano, K. Kato

    OptoElectronics and Communications Conference (OECC'98), 14B3-1     132 - 133  1998年  [招待有り]

  • “50-Gbit/s operation of monolithic WGPD/HEMT receiver OEIC module”

    K. Takahata, Y. Miyamoto, Y. Muramoto, H. Fukano, Y. Matsuoka

    European Conference on Optical Communication (ECOC'98)   3   B67 - B69  1998年  [査読有り]

  • “20 Gbit/s monolithic photoreceiver consisting of a waveguide pin photodiode and HEMT distributed amplifier”

    K. Takahata, Y. Muramoto, H. Fukano, K. Kato, A. Kozen, O. Nakajima, S. Kimura, Y. Imai

    IET Electron. Lett.   33 ( 18 ) 1576 - 1577  1997年08月  [査読有り]

  • “30-Gbit/s Monolithic Photoreceiver Consisting of a Waveguide p-i-n Photodiode and a Distributed Amprifier”

    K. Takahata, Y. Muramoto, H. Fukano, K. Kato, A. Kozen, K. Noguchi, O. Nakajima, S. Kimura, Y. Imai

    European Conference on Integrated Optics (ECIO'97), EFB4     538 - 541  1997年  [査読有り]

  • “High speed receiver OEICs using waveguide pin photodiodes and HEMTs” (Invited)

    K. Takahata

    IEEE MTT-S International Microwave Symposium (IMS'97), WMB (Workshop)    1997年  [招待有り]

  • “46.5-GHz-bandwidth monolithic receiver OEIC consisting of a waveguide pin photodiode and a distributed amplifier”

    Y. Muramoto, K. Takahata, H. Fukano, K. Kato, A. Kozen, O. Nakajima, Y. Matsuoka

    European Conference on Optical Communication (ECOC'97)   5 ( 448 ) 37 - 40  1997年  [査読有り]

  • “10-Gb/s Two-Channel Monolithic Photoreceiver Array using Waveguide p-i-n PD’s and HEMT's”

    K. Takahata, Y. Muramoto, Y. Akatsu, Y. Akahori, A. Kozen, Y. Itaya

    IEEE Photon. Technology Lett.   8 ( 4 ) 563 - 565  1996年04月  [査読有り]

  • “Broad-range tunable wavelength conversion of high-bit-rate signals using super structure grating distributed Bragg reflector lasers”

    H. Yasaka, H. Ishii, K. Takahata, K. Oe, Y. Yoshikuni, H. Tsuchiya

    IEEE J. Quantum Electron.   32 ( 3 ) 463 - 470  1996年03月  [査読有り]

  • “Analysis and application of a novel model for estimating power dissipation of optical interconnections as a function of transmission bit error rate”

    M. Yoneyama, K. Takahata, T. Otsuji, Y. Akazawa

    IEEE J. Lightwave Technology   14 ( 1 ) 13 - 22  1996年01月  [査読有り]

  • “High-speed signal wavelength conversion using a unidirectional-output wavelength conversion device with asymmetric-k DBR structure,”

    H. Yasaka, K. Takahata, K. Kasaya, K. Oe

    IEEE J. Quantum Electron.   31 ( 1 ) 82 - 91  1995年01月  [査読有り]

  • “A 10-Gbit/s Monolithically Integrated Long-Wavelength Two-Channel Photoreceiver Array using Waveguide p-i-n PDs and HEMTs”

    K. Takahata, Y. Muramoto, Y. Akatsu, Y. Akahori, A. Kozen, Y. Itaya

    Integrated Photonics Research (IPR'95), IThA1   95 ( 156 ) 6 - 8  1995年  [査読有り]

     概要を見る

    高効率で高速光信号が受信可能な導波路型pinフォトダイオードとHEMTで構成したプリアンプとをモノリシック集積した2チャネル受信用OEICを試作した。本OEICは2インチウエハ面内で良い均一性を示し、その3dB遮断周波数帯域は8.0GHz、トランスインピーダンスは155Ωであった。また、クロストークは10GHzまでの帯域で-20dB以下に抑えられていた。10Gbit/sNRZ光信号に対する受信感度は両チャネルでそれぞれ、-16.1dBm、-15.3dBmと良好な結果を得た。これは、受信用アレイOEICの動作報告としては最高速のものである。

    CiNii

  • “A Unidirectional Output Optical Frequency Conversion Device with an Asymmetric-k DBR Structure”

    K. Takahata, K. Kasaya, H. Yasaka, Y. Kondo, M. Ikeda

    IEEE J. Quantum Electron.   30 ( 5 ) 1219 - 1226  1994年05月  [査読有り]

  • “Broad-range wavelength conversion of 10 Gbit/s signal using a superstructure grating distributed Bragg reflector laser”

    H. Yasaka, H. Ishii, K. Takahata, K. Oe, Y. Yoshikuni, H. Tsuchiya

    IET Electron. Lett.   30 ( 2 ) 133 - 134  1994年01月  [査読有り]

  • “Frequency response of a unidirectional-output optical frequency conversion device with an asymmetrical-k DBR laser structure”

    H. Yasaka, K. Takahata, K. Kasaya, K. Oe

    IEEE Photon. Technology Lett.   5 ( 11 ) 1306 - 1310  1993年11月  [査読有り]

  • “Optical frequency conversion device with asymmetric-k DBR structure”

    K. Kasaya, K. Takahata, H. Yasaka

    IEEE Photon. Technology Lett.   5 ( 3 ) 321 - 324  1993年03月  [査読有り]

  • “Nonlinear ion Bernstein wave heating experiment in the WT-3 tokamak”

    Y. Yasaka, H. Takeno, M. Sakka, O. Sakai, R. Itatani, T. Fujimoto, H. Suemitsu, K. Takahata, M. Fukao, S. Tanaka, Y. Terumichi

    Plasma Physics and Controlled Fusion   35 ( 3 ) 379 - 389  1993年03月  [査読有り]

  • “Wavelength Dependence of Optical Frequency Conversion Device with an Asymmetric-k DBR Structure”

    K. Takahata, K. Kasaya, H. Yasaka

    IET Electron. Lett.   28 ( 22 ) 2078 - 2079  1992年10月  [査読有り]

  • “Spectral linewidth of MQW DFB lasers with intensity-modulated TM-polarized light injection”

    H. Yasaka, K. Kasaya, K. Takahata, M. Naganuma

    IEEE Photon. Technology Lett.   4 ( 7 ) 679 - 682  1992年07月  [査読有り]

  • “Measurement of gain saturation coefficients in strained-layer multiple quantum-well distributed feedback lasers”

    H. Yasaka, K. Takahata, M. Naganuma

    IEEE J. Quantum Electron.   28 ( 5 ) 1294 - 1304  1992年05月  [査読有り]

  • "One-directional output optical frequency conversion device with asymmetric k-structure"

    H. Yasaka, K. Takahata, K. Kasaya, M. Okamoto, Y. Kondo, M. Naganuma, M. Ikeda

    European Conference on Optical Communication (ECOC'92), WeA10.5    1992年  [査読有り]

  • “Gain saturation coefficients of strained-layer multiple quantum-well distributed feedback lasers”

    H. Yasaka, K. Takahata, N. Yamamoto, M. Naganuma

    IEEE Photon. Technology Lett.   3 ( 10 ) 879 - 882  1991年10月  [査読有り]

  • RADIAL-DISTRIBUTION OF ION TEMPERATURE IN A WT-III TOKAMAK PLASMA, AS DETERMINED FROM ABEL INVERSION OF IMPURITY LINE-PROFILES

    S MIYACHI, K SAWADA, K TAKAHATA, H SUEMITSU, T FUJIMOTO, R OKASAKA, K ISHII, Y HIRATA, M FUKAO, H TANAKA, T MAEKAWA, Y TERUMICHI, S TAKAKA

    JOURNAL OF QUANTITATIVE SPECTROSCOPY & RADIATIVE TRANSFER   42 ( 5 ) 355 - 357  1989年11月  [査読有り]

  • RATIO OF BALMER LINE-INTENSITIES RESULTING FROM DISSOCIATIVE EXCITATION OF MOLECULAR-HYDROGEN IN AN IONIZING PLASMA

    T FUJIMOTO, K SAWADA, K TAKAHATA

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   66 ( 6 ) 2315 - 2319  1989年09月  [査読有り]

  • SPECTROSCOPIC DETERMINATION OF HYDROGEN AND ELECTRON-DENSITIES IN PLASMA IN THE IONIZING PHASE - APPLICATION TO WT-III

    T FUJIMOTO, K SAWADA, K TAKAHATA, K ERIGUCHI, H SUEMITSU, K ISHII, R OKASAKA, H TANAKA, T MAEKAWA, Y TERUMICHI, S TANAKA

    NUCLEAR FUSION   29 ( 9 ) 1519 - 1521  1989年09月  [査読有り]

  • Numerical transport studies for the CASTOR tokamak

    T. Fujimoto, K. Sawada, K. Takahata, K. Eriguchi, H. Suemitsu, K. Ishii, R. Okasaka, H. Tanaka, T. Maekawa, Y. Terumichi, S. Tanaka

    Nuclear Fusion   29 ( 9 ) 1519 - 1521  1989年  [査読有り]

     概要を見る

    The Balmer line intensities of atomic hydrogen from the WT-III tokamak plasma have been observed and interpreted in terms of the collisional-radiative model. The atomic and molecular hydrogen densities are deduced together with the electron density. Going from the plasma centre to the edge region along the minor radius, the atomic hydrogen density increases slightly and molecular hydrogen is found only in the periphery. In the edge region, the atomic hydrogen density reaches 1 × 1016 m−3 and the molecular hydrogen density 4 × 10l7 m−3The electron density distribution is consistent with that determined by infrared laser interferometry. © 1989 IOP Publishing Ltd.

    DOI

    Scopus

    12
    被引用数
    (Scopus)

▼全件表示

書籍等出版物

  • 「電源不要な超小型光マイクロ波変換モジュール」月間EMC (2000年12月号)

    髙畑 清人, 福島 誠治, 三田地 成幸

    科学情報出版  2000年12月

Misc

  • C-3-44 縦横テーパスポットサイズ変換器集積レーザによる石英系平面光波回路との直接光結合損失改善の検討(C-3.光エレクトロニクス,一般セッション)

    高畑 清人, 大山 貴晴, 小林 亘, 土居 芳行, 三条 広明, 橋本 俊和

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016 ( 1 ) 182 - 182  2016年03月

    CiNii

  • C-4-15 4チャネル直接変調DFBレーザアレイTOSAの100Gbit/s動作(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    金澤 慈, 小林 亘, 高畑 清人, 石井 啓之, 三条 広明

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016 ( 1 ) 219 - 219  2016年03月

    CiNii

  • C-4-14 フリップチップ接続技術を用いたEADFBレーザモジュールの周波数応答特性の平坦化(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    金澤 慈, 上田 悠太, 高畑 清人, 石井 啓之, 三条 広明

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2015 ( 1 ) 151 - 151  2015年08月

    CiNii

  • C-3-45 LDアレイとAWGの直接光学結合による100Gbit/s用TOSA(光モジュール,C-3.光エレクトロニクス,一般セッション)

    大山 貴晴, 土居 芳行, 小林 亘, 金澤 慈, 高畑 清人, 神田 淳, 黒崎 武志, 田中 拓也, 大野 哲一郎, 三条 広明, 橋本 俊和

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2015 ( 1 ) 119 - 119  2015年08月

    CiNii

  • C-3-55 石英系平面光波回路とスポットサイズ変換器集積レーザとの直接光結合によるマルチレーン光学系検討(光導波路回路,C-3.光エレクトロニクス,一般セッション)

    大山 貴晴, 土居 芳行, 小林 亘, 田中 拓也, 金澤 慈, 高畑 清人, 三条 広明, 橋本 俊和

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015 ( 1 ) 179 - 179  2015年02月

    CiNii

  • 招待講演 フリップチップ接続技術を用いた50Gb/s x 8Ch EADFBレーザアレイ (光通信システム)

    金澤 慈, 藤澤 剛, 高畑 清人, 三条 広明, 伊賀 龍三, 石井 啓之

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 281 ) 211 - 214  2014年10月

     概要を見る

    従来のワイヤ接続と比較して、広帯域かつ、低クロストーク動作が可能となるフリップチップ接続技術適用した、400G用合波器集積8チャネルEADFBレーザアレイモジュールを作製した。本モジュールを用いることで、35GHzまで急激な帯域劣化のないフラットなE/O応答特性を実現し、8チャネル同時動作時でも良好な50Gb/s信号のアイ開口を得ることが出来た。

    CiNii

  • DFBレーザを集積したマッハツェンダ干渉計型電界吸収光変調器の低駆動電圧動作 (光通信システム)

    上田 悠太, 藤澤 剛, 金澤 慈, 小林 亘, 高畑 清人, 三条 広明, 石井 啓之, 神徳 正樹

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 281 ) 153 - 157  2014年10月

     概要を見る

    電界吸収型光変調器(EAM)を集積した半導体レーザは低消費電力・低コストな中距離光伝送用の光送信器に重要な素子であり、送信器の低消費電力化の観点から、その駆動電圧振幅(V_m)の低減が強く望まれている。我々は従来のEAMの光吸収に加えて干渉計による消光作用を利用する事で消光比の大幅な向上が可能となる、即ち所定の消光比を得るためのV_mの低減が可能となるマッハツェンダ(MZ)型EAM(MZEA)を提案し、その低電圧動作を実証してきた。更に今回、このMZEAを分布帰還形レーザ(DFBレーザ)と集積したMZEA-DFBレーザを作製し、従来のEAM集積DFBレーザと同程度の光出力強度と低V_m動作を同時に実現したので報告する。

    CiNii

  • C-4-1 フリップチップ接続EADFBレーザアレイモジュールの50Gb/s x 8Ch動作(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    金澤 慈, 藤澤 剛, 高畑 清人, 三条 広明, 伊賀 龍三, 石井 啓之

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014 ( 1 ) 155 - 155  2014年09月

    CiNii

  • C-4-7 光吸収と干渉を用いたMZ干渉型EA変調器の極低電圧動作(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    上田 悠太, 藤澤 剛, 金澤 慈, 小林 亘, 高畑 清人, 三条 広明, 石井 啓之

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014 ( 1 ) 161 - 161  2014年09月

    CiNii

  • C-4-7 非対称カプラを用いたMZ干渉型EAMの極低電圧動作(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    上田 悠太, 藤澤 剛, 金澤 慈, 小林 亘, 高畑 清人, 石井 啓之

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014 ( 1 ) 243 - 243  2014年03月

    CiNii

  • 100GbE用低損失合波器集積型電界吸収型変調器集積光源アレー (レーザ・量子エレクトロニクス)

    藤澤 剛, 金澤 慈, 上田 悠太, 小林 亘, 高畑 清人, 大木 明, 伊藤 敏夫, 神徳 正樹, 石井 啓之

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 395 ) 135 - 140  2014年01月

     概要を見る

    25Gの電界吸収型変調器集積レーザ(EADFBレーザ)4台、及びそれらの低損失光合波器(MUX)をモノリシック集積したチップを用いた、100Gbitイーサネット(100GbE)用小型送信モジュールを作製した。原理損のない、縦列接続したマッハ・ツェンダフィルタを合波器(MZ-MUX)に用いている。作製したMZ-MUXのロスは2から3dBであり、従来の1×4MMIのロスに比べて4dB程度改善した。このMZ-MUXを4つのEADFBレーザアレーにモノリシック集積することで、光源の出力改善を実現した。フィルタに折り返し構成を用いることで、チップサイズを従来と同等としている。作製したチップを我々が開発してきた小型TOSAに実装し、セミクール動作でシステムに必要な光出力を満たしつつ、10キロ伝送後も明瞭なアイ開口を得た。電流注入によるフィルタのチューナビリティについても調査し、低い注入電流でフィルタ特性をチューニングできることを確認した。

    CiNii

  • 100GbE用低損失合波器集積型電界吸収型変調器集積光源アレー (エレクトロニクスシミュレーション)

    藤澤 剛, 金澤 慈, 上田 悠太, 小林 亘, 高畑 清人, 大木 明, 伊藤 敏夫, 神徳 正樹, 石井 啓之

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 396 ) 135 - 140  2014年01月

     概要を見る

    25Gの電界吸収型変調器集積レーザ(EADFBレーザ)4台、及びそれらの低損失光合波器(MUX)をモノリシック集積したチップを用いた、100Gbitイーサネット(100GbE)用小型送信モジュールを作製した。原理損のない、縦列接続したマッハ・ツェンダフィルタを合波器(MZ-MUX)に用いている。作製したMZ-MUXのロスは2から3dBであり、従来の1×4MMIのロスに比べて4dB程度改善した。このMZ-MUXを4つのEADFBレーザアレーにモノリシック集積することで、光源の出力改善を実現した。フィルタに折り返し構成を用いることで、チップサイズを従来と同等としている。作製したチップを我々が開発してきた小型TOSAに実装し、セミクール動作でシステムに必要な光出力を満たしつつ、10キロ伝送後も明瞭なアイ開口を得た。電流注入によるフィルタのチューナビリティについても調査し、低い注入電流でフィルタ特性をチューニングできることを確認した。

    CiNii

  • 100GbE用低損失合波器集積型電界吸収型変調器集積光源アレー(光-無線融合NW、新周波数(波長)帯デバイス、フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、一般)

    藤澤 剛, 金澤 慈, 上田 悠太, 小林 亘, 高畑 清人, 大木 明, 伊藤 敏夫, 神徳 正樹, 石井 啓之

    電子情報通信学会技術研究報告. MWP, マイクロ波・ミリ波フォトニクス   113 ( 397 ) 135 - 140  2014年01月

     概要を見る

    25Gの電界吸収型変調器集積レーザ(EADFBレーザ)4台、及びそれらの低損失光合波器(MUX)をモノリシック集積したチップを用いた、100Gbitイーサネット(100GbE)用小型送信モジュールを作製した。原理損のない、縦列接続したマッハ・ツェンダフィルタを合波器(MZ-MUX)に用いている。作製したMZ-MUXのロスは2から3dBであり、従来の1×4MMIのロスに比べて4dB程度改善した。このMZ-MUXを4つのEADFBレーザアレーにモノリシック集積することで、光源の出力改善を実現した。フィルタに折り返し構成を用いることで、チップサイズを従来と同等としている。作製したチップを我々が開発してきた小型TOSAに実装し、セミクール動作でシステムに必要な光出力を満たしつつ、10キロ伝送後も明瞭なアイ開口を得た。電流注入によるフィルタのチューナビリティについても調査し、低い注入電流でフィルタ特性をチューニングできることを確認した。

    CiNii

  • 偏波多重を用いた100GbE用光送信モジュール(TOSA) (レーザ・量子エレクトロニクス)

    大山 貴晴, 大木 明, 高畑 清人, 伊藤 敏夫, 布谷 伸浩, 藤澤 剛, 金澤 慈, 伊賀 龍三, 三条 広明

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 264 ) 75 - 80  2013年10月

     概要を見る

    シングルモード光ファイバを用いた伝送距離40km (100GBASE-ER4)に準拠する100ギガビットイーサネット(100GbE)用の小型光送信モジュール(TOSA)を開発した。今回、より大きな光出力パワーを得るために、1.3μm波長帯800GHz間隔で2波長ずつ発振する電界吸収型変調器集積分布帰還レーザをモノリシック集積した光源チップを2個使用し、さらに2つの微小コリメータ光学系において偏波多重を行う光合波構成を取り入れた。その結果、従来構成に比して約2dBの光出力改善を図ることができ、100Gbit/s(4波長レーン×25.8Gbit/s)における40kmエラーフリー伝送動作を確認したので報告する。

    CiNii

  • C-3-49 モノリシック集積光源用の小型MUXのための反射型InPトランスバーサルフィルタ(光集積デバイス,C-3.光エレクトロニクス,一般セッション)

    上田 悠太, 藤澤 剛, 高畑 清人, 神徳 正樹, 石井 啓之

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2013 ( 1 ) 171 - 171  2013年09月

    CiNii

  • C-4-13 偏波多重を用いた小型100GbE用光送信モジュール(TOSA)(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    大山 貴晴, 大木 明, 高畑 清人, 伊藤 敏夫, 布谷 伸浩, 藤澤 剛, 金澤 慈, 伊賀 龍三, 三条 広明

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2013 ( 1 ) 221 - 221  2013年09月

    CiNii

  • C-4-14 フリップチップ接続EADFBレーザアレイモジュールの28 Gbit/s×4ch動作(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    金澤 慈, 藤澤 剛, 高畑 清人, 大木 明, 伊賀 龍三, 石井 啓之

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2013 ( 1 ) 222 - 222  2013年09月

    CiNii

  • フリップチップ実装EADFBレーザアレイモジュールの低クロストーク・広帯域動作 (電子部品・材料)

    金澤 慈, 藤澤 剛, 高畑 清人, 大木 明, 伊賀 龍三, 石井 啓之

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 188 ) 31 - 34  2013年08月

     概要を見る

    低クロストーク、広帯域化に有効なフリップチップ接続を用いた4Ch-EADFBレーザアレイモジュールを作製した。また、4チャネル同時動作時の100GBASE-LR4マスクテストでは、本モジュールを用いることで従来型のワイヤ接続モジュールと比較して最大24%のマスクマージンの改善を確認した。

    CiNii

  • C-10-10 28Gbit/s級ドライバ回路実現に向けたプリエンファシス機能の基本検討(C-10.電子デバイス)

    脇田 斉, 中村 誠, 福山 裕之, 綱島 聡, 栗島 賢二, 金澤 慈, 藤澤 剛, 高畑 清人

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013 ( 2 ) 70 - 70  2013年03月

    CiNii

  • ポスト100Gマルチレーン方式向け電界吸収型変調器集積光源

    藤澤 剛, 金澤 慈, 高畑 清人, 大木 明, 上田 悠太, 小林 亘, 伊賀 龍三, 三条 弘明, 山中 孝之, 神徳 正樹, 石井 啓之

    電子情報通信学会技術研究報告. OPE, 光エレクトロニクス   112 ( 259 ) 97 - 101  2012年10月

     概要を見る

    100GbEでは、送信側において、1波当たり25-Gbit/sで動作する光源を4台用いる、マルチレーンLAN-WDM方式が採用されている。将来のポスト100GbEにおいても、マルチレーン方式の採用は必須と考えられるが、その際、1波当たりの伝送速度を向上することも波長多重数を減らし、送信モジュールのサイズを低減する観点から非常に重要と考えられる。我々は、これまでに100GbEへの適用が可能な、25-Gbit/s,1.3um帯電界吸収型変調器集積レーザ(EADFBレーザ)の研究を行ってきたが、ポスト100Gシステムへの適用を目指し、EA変調器部分の更なる高速化設計を行った。試作したEADFBレーザはセミクール駆動(45℃)で、50-Gbit/s動作において40km伝送後まで明瞭なアイ開口を示した。また、EADFBレーザを4台モノリシック集積したチップを作製し、超小型の4ch集積型TOSAを試作し、1チャネルあたり40-Git/sの高速動作を確認したのでそれについても報告する。

    CiNii

  • ポスト100Gマルチレーン方式向け電界吸収型変調器集積光源

    藤澤 剛, 金澤 慈, 高畑 清人, 大木 明, 上田 悠太, 小林 亘, 伊賀 龍三, 三条 弘明, 山中 孝之, 神徳 正樹, 石井 啓之

    電子情報通信学会技術研究報告. LQE, レーザ・量子エレクトロニクス   112 ( 260 ) 97 - 101  2012年10月

     概要を見る

    100GbEでは、送信側において、1波当たり25-Gbit/sで動作する光源を4台用いる、マルチレーンLAN-WDM方式が採用されている。将来のポスト100GbEにおいても、マルチレーン方式の採用は必須と考えられるが、その際、1波当たりの伝送速度を向上することも波長多重数を減らし、送信モジュールのサイズを低減する観点から非常に重要と考えられる。我々は、これまでに100GbEへの適用が可能な、25-Gbit/s,1.3um帯電界吸収型変調器集積レーザ(EADFBレーザ)の研究を行ってきたが、ポスト100Gシステムへの適用を目指し、EA変調器部分の更なる高速化設計を行った。試作したEADFBレーザはセミクール駆動(45℃)で、50-Gbit/s動作において40km伝送後まで明瞭なアイ開口を示した。また、EADFBレーザを4台モノリシック集積したチップを作製し、超小型の4ch集積型TOSAを試作し、1チャネルあたり40-Git/sの高速動作を確認したのでそれについても報告する。

    CiNii

  • 超高速イーサネット用変調器集積光源 (特集 フォトニックネットワークに貢献する光半導体技術)

    藤澤 剛, 金澤 慈, 高畑 清人

    NTT技術ジャーナル   24 ( 10 ) 53 - 56  2012年10月

    CiNii

  • C-3-33 100GbE向けモノリシック集積光源高出力化のためのInPトランスバーサル・フィルタの透過特性(パッシブデバイス(1),C-3.光エレクトロニクス,一般セッション)

    上田 悠太, 藤澤 剛, 高畑 清人, 神徳 正樹, 高橋 浩, 石井 啓之

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012 ( 1 ) 150 - 150  2012年08月

    CiNii

  • C-4-9 100GbE用次世代トランシーバ向け超小型TOSA(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    金澤 慈, 布谷 伸浩, 藤澤 剛, 大木 明, 高畑 清人, 三条 広明, 伊賀 龍三, 石井 啓之

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012 ( 1 ) 219 - 219  2012年08月

    CiNii

  • C-4-10 リアグレーティングレーザを用いた、43Gbit/s EADFBレーザのアンクール(5〜85℃)動作(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    藤澤 剛, 高畑 清人, 小林 亘, 金澤 慈, 伊賀 龍三, 石井 啓之

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012 ( 1 ) 220 - 220  2012年08月

    CiNii

  • C-4-7 100GbE向けモノリシック集積光源の高出力化、低電圧駆動化(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    藤澤 剛, 高畑 清人, 金澤 慈, 小林 亘, 田所 貴志, 伊賀 龍三, 石井 啓之

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012 ( 1 ) 258 - 258  2012年03月

    CiNii

  • 次世代100GbEトランシーバ用モノリシック集積光源

    藤澤 剛, 金澤 慈, 石井 啓之, 川口 悦弘, 布谷 伸浩, 大木 明, 高畑 清人, 伊賀 龍三, 狩野 文良, 大橋 弘美

    電子情報通信学会技術研究報告. LQE, レーザ・量子エレクトロニクス   111 ( 267 ) 77 - 80  2011年10月

     概要を見る

    1波当たり25-Gbit/sで動作する、1.3um帯の電界吸収型変調器集積レーザ(EADFBレーザ)4台、及びそれらの光合波器(MUX)をモノリシック集積したチップを用いた、中、長距離用100ギガビットイーサネット(100GbE)用小型送信モジュールを作製した。EA変調器には、消光比に優れ、正孔のパイルアップ抑制にも有効なInGaAlAs系引張歪量子井戸を用い、さらに、高周波の帯域を確保するために、低誘電率BCB埋め込みのリッジ型導波路を用いた。一方、MUX部には、光閉じ込めが強く、放射損失の小さなハイメサ型導波路を用い、MUXには素子長が短く、波長依存性の小さなMMIカプラを用いている。作製した素子を、12mm×20mmという超小型のパッケージに実装し、40℃において100Gbit/s動作での、シングルモードファイバ上10、40kmエラーフリー伝送を達成した。これらの結果から、本モジュールは将来世代の100GbE用トランシーバに有用と考えられる。

    CiNii

  • 次世代100GbEトランシーバ用モノリシック集積光源

    藤澤 剛, 金澤 慈, 石井 啓之, 川口 悦弘, 布谷 伸浩, 大木 明, 高畑 清人, 伊賀 龍三, 狩野 文良, 大橋 弘美

    電子情報通信学会技術研究報告. OPE, 光エレクトロニクス   111 ( 266 ) 77 - 80  2011年10月

     概要を見る

    1波当たり25-Gbit/sで動作する、1.3um帯の電界吸収型変調器集積レーザ(EADFBレーザ)4台、及びそれらの光合波器(MUX)をモノリシック集積したチップを用いた、中、長距離用100ギガビットイーサネット(100GbE)用小型送信モジュールを作製した。EA変調器には、消光比に優れ、正孔のパイルアップ抑制にも有効なInGaAlAs系引張歪量子井戸を用い、さらに、高周波の帯域を確保するために、低誘電率BCB埋め込みのリッジ型導波路を用いた。一方、MUX部には、光閉じ込めが強く、放射損失の小さなハイメサ型導波路を用い、MUXには素子長が短く、波長依存性の小さなMMIカプラを用いている。作製した素子を、12mm×20mmという超小型のパッケージに実装し、40℃において100Gbit/s動作での、シングルモードファイバ上10、40kmエラーフリー伝送を達成した。これらの結果から、本モジュールは将来世代の100GbE用トランシーバに有用と考えられる。

    CiNii

  • C-4-21 100GbE用EADFBレーザアレイの高出力化(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    金澤 慈, 布谷 伸浩, 藤澤 剛, 大木 明, 高畑 清人, 伊賀 龍三, 石井 啓之

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2011 ( 1 ) 236 - 236  2011年08月

    CiNii

  • C-4-22 ポスト100GbE向け50-Gbit/s動作EA変調器集積DFBレーザ(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    藤澤 剛, 高畑 清人, 小林 亘, 田所 貴志, 金澤 慈, 大橋 弘美

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2011 ( 1 ) 237 - 237  2011年08月

    CiNii

  • C-4-2 100Gbit/sイーサネット用モノリシック集積光源(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    藤澤 剛, 金澤 慈, 布谷 伸浩, 石井 啓之, 川口 悦弘, 大木 明, 藤原 直樹, 高畑 清人, 伊賀 龍三, 狩野 文良, 大橋 弘美

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2010 ( 1 ) 192 - 192  2010年08月

    CiNii

  • C-4-3 100GbE用EADFBレーザアレイモジュールの低電圧動作(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    金澤 慈, 藤澤 剛, 布谷 伸浩, 石井 啓之, 川口 悦弘, 大木 明, 藤原 直樹, 高畑 清人, 伊賀 龍三, 狩野 文良, 大橋 弘美

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2010 ( 1 ) 193 - 193  2010年08月

    CiNii

  • High-Speed Optical Packet Processing Technologies for Optical Packet-Switched Networks

    TAKENOUCHI Hirokazu, NAKAHARA Tatsushi, TAKAHATA Kiyoto, TAKAHASHI Ryo, SUZUKI Hiroyuki

    IEICE transactions on electronics   88 ( 3 ) 286 - 294  2005年03月

     概要を見る

    Asynchronous optical packet switching (OPS) is a promising solution to support the continuous growth of transmission capacity demand. It has been, however, quite difficult to implement key functions needed at the node of such networks with all-optical approaches. We have proposed a new optoelectronic system composed of a packet-by-packet optical clock-pulse generator (OCG), an all-optical serial-to-parallel converter (SPC), a photonic parallel-to-serial converter (PSC), and CMOS circuitry. The system makes it possible to carry out various required functions such as buffering (random access memory), optical packet compression/decompression, and optical label swapping for high-speed asynchronous optical packets.

    CiNii

  • B-10-78 フォトニック時間領域アッド・ドロップ多重器(B-10. 光通信システムB(光通信))

    高畑 清人, 高橋 亮, 中原 達志, 竹ノ内 弘和, 鈴木 博之

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2004 ( 2 ) 449 - 449  2004年03月

    CiNii

  • シリアル-パラレル変換を用いた40Gbit/s光ラベル認識とセルフルーティング

    中原 達志, 高橋 亮, 竹ノ内 弘和, 保井 孝子, 高畑 清人, 鈴木 博之

    電子情報通信学会技術研究報告   103 ( 428 ) 65 - 70  2003年11月

     概要を見る

    高速光パケットのラベル処理は、将来の大容量パケットスイッチネットワークを構築する上で必須の技術である。我々は、40Gbit/sを超える高速な非同期バースト光ラベルを高機能なCMOS電子回路により処理するためのインタフェース装置として、光クロック発生器(単一パルス発生器)および全光シリアル-パラレル変換器を開発した。本報告では、これら装置の構成と動作について説明するとともに、これらの適用により実現した、CMOS電子回路による40Gbit/s光ラベル認識および光パケットのセルフルーテイング実験結果について紹介する。

    CiNii

  • B-5-224 60GHz帯モノリシック光・ミリ波エミッターの広帯域化

    高畑 清人, 伊藤 猛, 村本 好史, 石橋 忠夫, 伊藤 弘

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2001 ( 1 ) 510 - 510  2001年08月

    CiNii

  • PBC-1-4 フォトニック・マイクロ/ミリ波ソース

    石橋 忠夫, 伏見 浩, 古田 知史, 高畑 清人, 大野 哲一郎, 伊藤 弘

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2001 ( 2 ) 786 - 787  2001年03月

    CiNii

  • 電磁エネルギーの有効利用 電源不要な超小型光マイクロ波変換モジュール

    高畑 清人, 福島 誠治, 三田池 成幸

    EMC   13 ( 8 ) 104 - 111  2000年12月

    CiNii

  • 長波長帯超高速モノリシック受信用OEIC

    高畑 清人, 村本 好史, 深野 秀樹

    NTT R & D   49 ( 9 ) 546 - 552  2000年09月

    CiNii

  • 1V_<p-p>出力40 Gbit/sモノリシック受信OEIC

    高畑 清人, 村本 好史, 深野 秀樹, 松岡 裕

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2000 ( 1 ) 294 - 294  2000年03月

    CiNii

  • 単一走行キャリア端面入射屈折型フォトダイオード

    村本 好史, 深野 秀樹, 高畑 清人, 松岡 裕

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2000 ( 1 ) 370 - 370  2000年03月

    CiNii

  • 5.8GHz帯光給電無線アクセスポイントモジュール

    福島 誠治, 深野 秀樹, 吉野 薫, 松岡 裕, 三田地 成幸, 高畑 清人

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2000 ( 1 ) 690 - 690  2000年03月

    CiNii

  • 5.8GHz帯ファイバ無線用無給電無線アクセスポイントモジュール

    福島 誠治, 深野 秀樹, 吉野 薫, 松岡 裕, 三田地 成幸, 高畑 清人

    電子情報通信学会技術研究報告   99 ( 662 ) 43 - 48  2000年03月

     概要を見る

    ファイバ無線のダウンリンクに適用可能な無給電無線アクセスポイントモジュールを開発した。モジュール内には、フォトダイオード、アンテナ、入射光学系が集積されている。フォトダイオードとして、高速かつ高出力の単一走行キャリアフォトダイオードを用いているため、5.8GHz帯にて最大1.4dBmの無線信号を無給電で出力することができた。モジュールは大変コンパクトに作製され、その寸法は5x2x1cmである。

    CiNii

  • SC-3-3 マルチモードWGPDと分布型増幅器で構成した40Gbit/s受信OEIC

    高畑 清人, 村本 好史, 深野 秀樹, 宮本 裕, 松岡 裕

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1999 ( 1 ) 289 - 290  1999年08月

    CiNii

  • C-3-86 50Gbit/sモノリシック受信OEICモジュール

    高畑 清人, 宮本 裕, 村本 好史, 深野 秀樹, 松岡 裕

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   1999 ( 1 ) 240 - 240  1999年03月

    CiNii

  • 40 Gbit/s 導波路型pin-PD/分布型増幅器-受信OEIC

    高畑 清人, 村本 好史, 深野 秀樹, 加藤 和利, 幸前 篤郎, 中島 長明, 松岡 裕

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   1998 ( 1 ) 386 - 386  1998年03月

    CiNii

  • 導波路型pin-PDと分布型増幅器のモノリシック集積による30Gbit/s受信OEIC

    高畑 清人, 村本 好史, 深野 秀樹, 加藤 和利, 野口 一人, 幸前 篤郎, 中島 辰明, 木村 俊二, 今井 祐記

    電子情報通信学会技術研究報告. LQE, レーザ・量子エレクトロニクス   97 ( 153 ) 41 - 46  1997年07月

     概要を見る

    従来構造の受信OEIC (面型受光素子+帰還型増幅器)の限界を超える超高速受信用OEICの実現に向けて, 導波路型pinフォトダイオード(WGPD)とHEMT分布ベースバンド増幅器で構成された受信用OEICをInP基板上に作製した. 本受信OEICの3db遮断周波数帯域は20 GHz, 20Gbit/sRZ疑似ランダム光信号に対する受信感度は-10.4dBmであった. また, 30Gbit/sの光信号に対しても良好なアイの開口を示した. この受信OElCを構成しているWGPD, 分布ベースバンド増幅器は単体では100GHz前後の帯域を達成しており, WGPD/分布型増幅器-OEICは40Gbit/sを越える超高速動作の可能性を有している.

    CiNii

  • 30Gbit/s導波路型pin-PD/分布型増幅器-受信OEIC

    高畑 清人, 村本 好史, 深野 秀樹, 加藤 和利, 幸前 篤郎, 野口 一人, 中島 長明, 木村 俊二, 今井 祐記

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   1997 ( 1 ) 346 - 346  1997年03月

     概要を見る

    高速光通信システムにおける受信器として, 受光素子とプリアンプをモノリシック集積した超高速受信用OEICが近年活発に研究されている。しかし, これらの多くは面型受光素子と帰還型増幅器の構成であり, 20 Gbit/sを越える高速化のためには, 受光素子構造の見直し, 分布型増幅器の採用, 等が必須である。従来より我々は, 受信OEICの40it/s動作実現を目指して, 高速動作可能な導波路型pinフォトダイオードを用いたOEICの研究, 及び広帯域分布ベースバンド増幅器の研究を進めてきた。今回, 導波路型pinフォトダイオードと分布型増幅器をモノリシック集積した受信用OEICで30 Gbit/s動作を実現したので報告する。

    CiNii

  • 差動増幅器をモノリシック集積した高利得広帯域受信OEIC

    高畑 清人, 池田 睦夫, 赤津 祐史, 幸前 篤郎, 赤堀 裕二, 中島 長明

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   1996 ( 1 ) 360 - 360  1996年03月

     概要を見る

    10Gbit/s級の超高速動作を目指した受信用モノリシックOEICとしては、これまでに受光素子と帰還増幅型プリアンプを集積したものが数多く報告されている。しかし応用を考えた場合に、これらのOEICの利得は必ずしも十分ではなく、高利得化が課題のひとつであった。今回我々は、帰還増幅器の後段にさらに差動増幅器をモノリシック集積した受信OEICを作製し、3dB滞域7.2GHz差動増幅器を含めたトランスインピーダンス60dBΩを実現した。また差動増幅器を集積することにより、DCにレベル変動を調整するフィードバックとしての利用、識別器への差動入力、等応用面での利点もある。

    CiNii

  • 導波路型pinフォトダイオードを用いた10Gbit/s 2チャネル受信OEIC

    高畑 清人, 村本 好史, 赤津 祐史, 赤堀 裕二, 幸前 篤郎, 板屋 義夫

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   1995 ( 1 ) 174 - 174  1995年03月

     概要を見る

    10Gbit/s級の超高速動作を目指した受信用モノリシックOEICとしては、従来面入射型構造を有するものがいくつか報告されていたが、これらは導波路型光素子との光結合には不向きである。前々回我々は、面入射構造に比べ導波路型光素子との整合性に優れる導波路型pinフォトダイオードとInAIAs/InGaAs-HEMTで構成したプリアンプとを集積した受信OEICの10Gbit/s動作を報告した。今回、導波路型pinフォトダイオードを用いて2チャンネル受信OEICを試作し、10Gbit/sNRZ光信号に対し良好な受信感度を有することを確認したので報告する。

    CiNii

  • 30p-TG-11 WT-3における不純物イオンの空間分布

    江利口 浩二, 高畑 清人, 未満 英俊, 藤本 孝, WT-グループ

    年会講演予稿集   45   152 - 152  1990年

    DOI CiNii

  • 6a-J-10 WT-IIIにおける不純物イオンの空間分布

    高畑 清人, 江利口 浩二, 末満 英俊, 藤本 孝, WT-IIIグループ

    秋の分科会予稿集   1989   254 - 254  1989年

    DOI CiNii

  • 5a-E6-7 軽元素不純物イオンの分布と温度の決定

    高畑 清人, 沢田 圭司, WT-グループ

    秋の分科会予稿集   1988   196 - 196  1988年

    DOI CiNii

  • 5a-E6-8 中性水素発光線強度比によるプラズマ診断〜中性水素原子・分子・電子密度

    沢田 圭司, 高畑 清人, WT-グループ

    秋の分科会予稿集   1988   197 - 197  1988年

    DOI CiNii

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 自由空間電子走行型光電変換デバイスの創生とテラヘルツ波パルスビームの実現

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    研究代表者らが開拓してきた、レーザ光のコヒーレンス性を用いたフォトミキシングによるテラヘルツ波発生・制御技術を新展開させるため、革新的デバイスを実現し、従来困難であった時間的かつ空間的なエネルギーの集中を可能とする「テラヘルツ波パルスビーム」の基盤技術大系を確立する。具体的には、半導体内で光電子を走行させる従来手法から脱却し、自由空間での電子走行により既存技術よりも100倍以上高出力な、新規概念のデバイスを創生する。そして本デバイスだからこそ実現可能となる高出力テラヘルツ波パルスビームを用いた500GHz~1THz級の超高速無線通信やテラヘルツ波深層イメージング等の新産業開拓可能性を探索する

  • 多値振幅変調用小型多チャネル光送信モジュールのチャネル間クロストークに関する研究

    独立行政法人日本学術振興会  科研費

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    本研究では、次々世代以降の高速光イーサネット、及び高速高密度光インタークネクションに共通して必要となる小型多チャンネル多値振幅変調光電気インターフェイスに適用する光送信モジュールを対象として、高速多値変調信号のチャネル間クロストークの影響に着目して、次の3つの課題に取組んだ。課題(1)クロストーク抑制に適したモジュール構造の探求。課題(2)チャネル間隔とクロストークの相関の明確化。課題(3)クロストークペナルティの簡易な評価方法を確立。以下、各々の課題について研究実績を記述する。課題(1):高速光信号を生成する電界吸収型変調器集積DFBレーザ(EML)と変調電気信号を伝達するための線路基板との接続にはんだバンプを用いる構造について、三次元電磁界シミュレータ上に構築した構造モデルを用いて解析を行い、はんだバンプ径は大きい方が若干クロストークを抑制できるが、バンプ高さ・位置については検討の範囲ではほぼクロストークに影響を与えないことを確認した。課題(2):上記の三次元解析モデルを用い、モジュール小型化に向けてチャネル間隔を狭めた際に250μm以下になるとクロストークが急上昇することを確認した。また、光送信モジュール全体の特性解析のために電気の入力信号からEMLの光出力までを統合的に解析する光電気統合解析モデルをEML等価回路モデルを用いて構築し、信号伝送線路間だけではなく、EML間の基板を介したクロストークも含めた解析を行った。課題(3)伝送信号の符号誤り率(BER)の劣化度合いを表す指標であるクロストークペナルティの評価について、信号雑音比(SNR)とクロストークペナルティの関係式を導出し、従来の評価方法(BER測定に基づく評価)の約半分の評価時間でクロストークペナルティが評価できる方法を見出した。NRZ信号だけでなくPAM4信号に対してもこの手法が有効であることを、伝送シミュレーションにより確認した

  • 光信号処理用全光シリアル-パラレル変換回路の研究

    公益財団法人電気通信普及財団  研究調査助成

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

  • 多値振幅変調用小型多チャネル光送信モジュールのチャネル間クロストークに関する研究

    独立行政法人日本学術振興会  科研費

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    本研究では、次々世代以降の高速光イーサネット、及び高速高密度光インタークネクションに共通して必要となる小型多チャンネル多値振幅変調光電気インターフェイスに適用する光送信モジュールを対象として、高速多値変調信号のチャネル間クロストークの影響に着目して、次の3つの課題に取組んでいる。課題(1)クロストーク抑制に適したモジュール構造の探求。課題(2)チャネル間隔とクロストークの相関の明確化。課題(3)クロストークペナルティの簡易な評価方法を確立。以下、各々の課題について今年度の研究実績を記述する。課題(1):高速光信号を生成する電界吸収型変調器集積DFBレーザ(EML)とその変調器部への変調電気信号を伝達するための高周波伝送線路基板との接続にハンダバンプを用いる構造について、今年度導入した三次元電磁界シミュレータ上に解析モデルを構築した。解析は基礎検討の段階であり、隣接チェネル間クロストークを解析するための2チャネルモデルを用いて、バンプの位置、数を変化させた際の信号伝送特性(伝送損失、クロストーク信号レベル)の変化をチェックした課題(2):光送信モジュールの特性解析のためには電気の入力信号からEMLの光出力までを統合的に解析する光電気統合解析モデルの構築が必要となるが、今年度は基礎検討として電気回路シミュレータ上にEML等価回路モデルを構築し、それを用いてクロストークに起因する伝送信号の劣化度合いを検証した。課題(3)伝送信号の符号誤り率(BER)の劣化度合いを表す指標であるクロストークペナルティを従来の評価方法(BER測定に基づく評価)と比較して短時間で評価する方法を確立するために、クロストークの影響を雑音として捉えて信号雑音比(SNR)とクロストークペナルティの相関に着目する評価手法の基礎検討を行った。今年度は研究室内のシミュレーション環境の立上げ、及び解析モデルの検討に計画よりも時間を費やしたため、研究の進捗が若干遅れた。課題(1)については、ハンダバンプを用いた構造についての解析モデルを構築したが、条件の最適化や新たな構造の検討は完了することが出来ていない。課題(2)については、光送信モジュール内での電気クロストークの発生箇所として隣接伝送線路間を想定した解析モデルを構築し、その伝送信号への影響を検証した。しかし、隣接EML間のクロストークについては着手出来ていない。課題(3)については、クロストークペナルティの新たな評価手法について試行錯誤した結果、クロストークの影響を雑音として捉えて信号雑音比の変化に着目する手法を有力と判断した。課題(1)クロストーク抑制に適したモジュール構造の探求、については、特にLSIチップ間光インタークネクションでは高密度化の要求が高いことから、チャネル間隔を100μm以下まで狭小化してもクロストークを抑圧できるモジュール構造の探索を行う。隣接する信号線の間の強化グランドを配線基板面だけでなくその周囲の空間部分に対しても設ける構造の導入、電磁波遮断物質の利用等、広い範囲で構造、技術探索を実施し、PAM4信号に対してクロストークを十分に抑圧できる構造を提案する。課題(2):チャネル間隔とクロストークの相関の明確化、については、隣接伝送線路間だけではなく隣接EML間のクロストークも取り入れた光電気統合解析モデルを構築し、シミュレーションによりチャネル間隔とクロストークの相関を明確化する。課題(1)で検討されたクロストーク抑圧モデルを逐次取り入れることで統合モデルをアップデートし、新たな構造に対してもチャネル間隔とクロストークの相関を明確化する。課題(3)クロストークペナルティの簡易な評価方法を確立、については、SNRに基づいたクロストークペナルティ評価手法をNRZ信号に対して確立した後に、これをPAM4信号にも拡張するために必要な改良を加え、PAM4信号に対しても従来手法よりも簡易に、且つ短時間でクロストークペナルティを導出する手法を確立する

講演・口頭発表等

  • Design of a photonic integrated circuit for product-sum computing

    Ruikang Luo, Kiyoto Takahata

    The 15th International collaboration Symposium on Information, Production and Systems (ISIPS 2021), B2-6  

    発表年月: 2021年11月

  • Dispersion engineering of kagome lattice Si photonic crystal waveguide

    Deji Li, Kiyoto Takahata

    The 15th International collaboration Symposium on Information, Production and Systems (ISIPS 2021), B2-3  

    発表年月: 2021年11月

  • Siプラットフォーム上O帯メンブレンInGaAlAs電界吸収型変調器

    開達郎, 相原卓磨, 前田圭穂, 藤井拓郎, 佐藤具就, 硴塚孝明, 髙畑清人, 松尾慎治

    第82回応用物理学会秋季学術講演会, 10p-N405-9  

    発表年月: 2021年09月

  • Siプラットフォーム上薄膜InGaAsP電界吸収型変調器

    開達郎, 相原卓磨, 前田圭穂, 藤井拓郎, 土澤泰, 髙畑清人, 硴塚孝明, 松尾慎治  [招待有り]

    信学技報, OCS2020-41 OPE2020-73 LQE2020-79  

    発表年月: 2021年02月

  • Design of a Compact Silicon Electro-Optic Modulator Based-on Indium-Tin-Oxide Integrated Directional Coupler with Subwavelength Gratings

    Hanzhi CHEN, Kaihang LU, Takaaki KAKITSUKA, Kiyoto TAKAHATA

    The 14th International collaboration Symposium on Information, Production and Systems (ISIPS 2020), B3-5  

    発表年月: 2020年11月

  • Design of Mode Size Converter on SOI Waveguide for Improvement of Coupling Efficiency and Misalignment Tolerance with Single-mode Fiber

    Liang DONG, Deji LI, Kiyoto TAKAHATA

    The 14th International collaboration Symposium on Information, Production and Systems (ISIPS 2020), B3-2  

    発表年月: 2020年11月

  • New evaluation method of crosstalk penalty for multi-channel transmitters

    Siyuan DUAN, Hanzhi CHEN, Kiyoto TAKAHATA

    The 13th International collaboration Symposium on Information, Production and Systems (ISIPS 2019), B8-7  

    発表年月: 2019年11月

  • Bidirectional optical delay unit for 8-bit sereial-to-parallel conversion

    Chenge AO, Ruikang LUO, Kiyoto TAKAHATA

    The 13th International collaboration Symposium on Information, Production and Systems (ISIPS 2019), B8-2  

    発表年月: 2019年11月

  • A compact SOI-based polarization beam splitter

    Jingyan Chang, Ye Bo, Kiyoto Takahata

    第27回電子情報通信会九州支部学生会講演会  

    発表年月: 2019年09月

  • Mode size converter on SOI waveguide for improvement of coupling with SMF

    Liang DONG, Hao LI, Kiyoto TAKAHATA

    第27回電子情報通信会九州支部学生会講演会  

    発表年月: 2019年09月

  • Training Dataset Synthesis for Planar Filter Circuits Learning

    Kosuke Katayama, Kiyoto Takahata, Takashi Ohsawa, Takaaki Baba

    平成30年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  

    発表年月: 2018年09月

  • Design of multi-layer optical waveguide with a tapered cube core structure

    Chonglun Cui, Songpin Ran, Takashi Ohsawa, Takaaki Baba, Kiyoto Takahata

    第26回電子情報通信会九州支部学生会講演会  

    発表年月: 2018年09月

  • Evaluation method of crosstalk penalty based on SNR analysis

    Qiang Du, Liang Dong, Kiyoto Takahata

    第26回電子情報通信会九州支部学生会講演会  

    発表年月: 2018年09月

  • Analysis on crosstalk of a multi-channel optical transmitter

    Xiangyu Gan, Chang Guo, Jingyan Chang, Kosuke Katayama, Takaaki Baba, Kiyoto Takahata

    第26回電子情報通信会九州支部学生会講演会  

    発表年月: 2018年09月

  • IEEE802.3における400GbE標準化の状況

    髙畑 清人  [招待有り]

    フォトニックデバイス・応用技術研究会   光産業技術振興協会  

    発表年月: 2014年10月

  • ECOC2009 国際会議報告

    髙畑 清人  [招待有り]

    エイトラムダフォーラム   イーラムダネット  

    発表年月: 2009年10月

▼全件表示

学内研究費(特定課題)

  • 大容量光インターコネクション用多層光導波路構造の研究

    2021年  

     概要を見る

    For chip-to-chip inter-connection, a Tbit/s-classcapacity is expected in the near future. Therefore, optical chip-to-chipinterconnection has attracted considerable attention owing to its high-speedand power-saving operation. To achieve a huge capacity, a multilayer opticalwaveguide structure for connection between chips is indispensable, and such astructure requires vertical waveguide section which is much difficult to formthan a conventional horizontal waveguide. For easy fabrication of the verticalwaveguide section, a design of multilayer waveguide structure with nonuniform cuboidcores has been studied in our lab. However, an unnatural layer-numberdependence of coupling efficiency has been observed.&nbsp;&nbsp;Inthis year, we have found the reason of such an unnatural characteristics of couplingefficiency by detailed analysis on the light beam distribution and optimizedthe design of nonuniform cuboid cores. The optimized design can provide aten-layer waveguide with a coupling efficiency larger than -4 dB. In addition,the crosstalk dependence on the channel pitch between two waveguides have beeninvestigated. The results indicate that the nonuniform cuboid core structure canaccept the 28% narrower channel pitch than the uniform cube core structure whenthe crosstalk criterion is -20 dB.

  • 導波路型光デバイスを用いた光論理演算方法の研究

    2020年  

     概要を見る

    &nbsp;For future all-optical signal processing, a 3×3 multi-mode interferometer(MMI) based optical logic gate is studied by to achieve logic OR, XOR, NAND, XNOR, AND, NOR, and NOT (= seven logics) with a fixed design of the MMI. Due to the operating principle of the MMI, the logic NOR and logic AND are difficult to be achieved only by phase shift keying (PSK) signal or on-off keying (OOK) signal with MMI based optical logic gates. Therefore, a combination between two input signals and reference signal has been investigated in detail by using numerical simulation based on beam propagation method (BPM). The logic operation of the MMI is evaluated using a contrast ratio of output signal “1” to output signal “0”. It has been shown that all seven logic operations are achievable with an identical 3×3 MMI based optical logic gate by adjusting combination between input signals.&nbsp;

  • 多値振幅変調用小型多チャネル光送信モジュールのチャネル間クロストークに関する研究

    2020年  

     概要を見る

    In this work, we have continued "Studyon an inter-channel crosstalk in a multi-channel optical transmitter module formulti-level pulse amplitude modulation”, which was funded by JSPS KAKENHI untilMarch 2020. In KAKENHI work, the new method which can halve a measurement timeof a crosstalk penalty by replacing some of bit-error-rate measurements with measurementof noise power was proposed and verified by optical transmission simulationusing a transmission system model equipped with ideal models ofelectro-absorption optical modulator and photodiode. In this work, accuratemodels closer to real optical devices have been used in the transmission systemmodel instead of the ideal device models. With this upgraded model, theproposed evaluation method has been verified, and its effectiveness had beenconfirmed. In addition, we have also examined a method for evaluating thecrosstalk penalty based on the degree of signal waveform deterioration due tothe influence of crosstalk.

  • 光信号処理用小型光パラレル・シリアル変換回路構成法の研究

    2019年  

     概要を見る

    A simple and compact design of a delay waveguide unit for an optical serial-to-parallel conversion (OSPC) is proposed. It consists of a delay waveguide and Bragg reflectors and can supply optical path difference with one channel configuration for bit separation and unification in the time domain. In the unit, an identical delay waveguide can be used for several different carrier waves and the one delay unit is used twice in bidirectional operation. This leads to reduction in device complexity and size. The proposed unit is designed based on the silicon-on-insulator optical waveguide with eight apodized gratings for 40-Gbit/s 1:8 OSPC. The designed unit shows the potential to reduce the size of the delay part in the OSPC to about 1/8 of the reported approach, and good wavelength selectivity of eight gratings is confirmed with simulation.

  • 高速大容量光インターコネクション用高密度多チャンネル光導波路構成法の研究

    2017年  

     概要を見る

    将来の超高性能AI等で必須となる高速大容量LSIチップ間通信への適用を目的として、並列光インタークネクション用高密度多チャンネルポリマー光導波路について、以下2項目の基礎検討を行った。1) 高密度化のための多チャネル導波路レイアウトの最適化1.55 mm帯シングルモード導波路に対して面心正方格子状導波路レイアウトを用いた場合に、チップサイズの1/4のエリアに10,000ch以上の光導波路を配置可能であること確認した。2)垂直方向の低損失光導波構造の検討多層光導波路を用いたチップ間接続でキーとなる垂直方向の光導波構造について、クラッド層にも付加的に導波路構造を導入することで大幅な損失改善が見込めることを示した。

 

現在担当している科目

▼全件表示