UEDA, Michiko

写真a

Affiliation

Faculty of Political Science and Economics, School of Political Science and Economics

Job title

Associate Professor

Homepage URL

https://waseda.pure.elsevier.com/en/persons/michiko-ueda

Degree 【 display / non-display

  • Massachusetts Institute of Technology   Ph.D.

 

Papers 【 display / non-display

  • Implementing Real-Time Data Suicide Surveillance Systems

    Anna Baran, Rebekka Gerstner, Michiko Ueda, Agnieszka Gmitrowicz

    Crisis   42 ( 5 ) 321 - 327  2021.09

    DOI

  • Who is more likely to ignore experts' advice related to COVID-19?

    Brian A. O'Shea, Michiko Ueda

    Preventive Medicine Reports   23   101470 - 101470  2021.09  [Refereed]

    DOI

  • Suicide Risk and Prevention During the COVID-19 Pandemic: One Year On

    Mark Sinyor, Duleeka Knipe, Guilherme Borges, Michiko Ueda, Jane Pirkis, Michael R. Phillips, David Gunnell

    Archives of Suicide Research     1 - 6  2021.08  [Refereed]

    DOI

  • Graph-based open-ended survey on concerns related to COVID-19

    Tatsuro Kawamoto, Takaaki Aoki, Michiko Ueda

    PLOS ONE   16 ( 8 ) e0256212 - e0256212  2021.08  [Refereed]

     View Summary

    The COVID-19 pandemic is an unprecedented public health crisis with broad social and economic consequences. We conducted four surveys between April and August 2020 using the graph-based open-ended survey (GOS) framework, and investigated the most pressing concerns and issues for the general public in Japan. The GOS framework is a hybrid of the two traditional survey frameworks that allows respondents to post their opinions in a free-format style, which can subsequently serve as one of the choice items for other respondents, just as in a multiple-choice survey. As a result, this framework generates an opinion graph that relates opinions and respondents. We can also construct annotated opinion graphs to achieve a higher resolution. By clustering the annotated opinion graphs, we revealed the characteristic evolution of the response patterns as well as the interconnectedness and multi-faceted nature of opinions. Substantively, our notable finding is that “social pressure,” not “infection risk,” was one of the major concerns of our respondents. Social pressure refers to criticism and discrimination that they anticipate receiving from others should they contract COVID-19. It is possible that the collectivist nature of Japanese culture coupled with the government’s policy of relying on personal responsibility to combat COVID-19 explains some of the above findings, as the latter has led to the emergence of vigilantes. The presence of mutual surveillance can contribute to growing skepticism toward others as well as fear of ostracism, which may have negative consequences at both the societal and individual levels.

    DOI

  • Green space and suicide mortality in Japan: An ecological study

    Wenhao Jiang, Andrew Stickley, Michiko Ueda

    Social Science & Medicine   282   114137 - 114137  2021.08  [Refereed]

    Authorship:Last author, Corresponding author

    DOI

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Economic analysis of suicide prevention : towards evidence-based policy-making

    Yasuyuki Sawada, Michiko Ueda, Tetsuya Matsubayashi

    Springer  2017 ISBN: 9789811014994

  • 自殺のない社会へ : 経済学・政治学からのエビデンスに基づくアプローチ

    澤田 康幸, 上田 路子, 松林 哲也

    有斐閣  2013 ISBN: 9784641173910

Misc 【 display / non-display

  • コロナ下における自殺―現状と対策の方法

    上田路子

    臨床心理学    2021.09

  • COVID-19による経済危機と自殺

    松林哲也, 上田路子

    日本社会精神医学会雑誌   30 ( 2 ) 142 - 150  2021.05

  • Japan’s suicide rate highlights the other health challenges stemming from the pandemic

    Michiko Ueda

    Washington Post    2020.12  [Invited]  [International journal]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 自殺と報道

    上田路子, 松林哲也

    日経ビジネス 新しい経済の教科書     106 - 111  2015.05  [Invited]

     View Summary

    2015/5/20

  • 政治学・経済学から示す自殺対策のエビデンス

    Michiko Ueda, Tetsuya Matsubayashi

    よくわかる自殺対策―多分野連携と現場力で「いのち」を守る     43 - 46  2015.04

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • メディアと自殺:メディア上の自殺に関する情報の実態とその自殺者数への影響の解明

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2024.03
     

    上田 路子

  • 自然言語処理を用いた自殺リスクの高い個人の推定とその成果のSNS相談事業への応用

    挑戦的研究(萌芽)

    Project Year :

    2021.07
    -
    2023.03
     

    上田 路子

  • チャット悩み相談に寄せられた相談内容の深刻度判定とその成果の相談事業への応用

    Project Year :

    2021.04
    -
    2022.03
     

  • 社会経済環境と自殺

    Project Year :

    2019.04
    -
    2020.03
     

    Michiko Ueda

    Authorship: Principal investigator

  • 自殺報道の過去30年間の変遷とその影響:5カ国データの比較実証研究

    Project Year :

    2018.10
    -
    2020.03
     

    Michiko Ueda

    Authorship: Principal investigator

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 日本人の自殺念慮と自殺観の背景に関するサーベイ調査

    2020  

     View Summary

    日本人の自殺念慮(死にたいと思うこと)と孤独感に関するサーベイ調査を2021年1月実施した。対象は日本在住の一般市民1000人とした。また、早稲田大学に在籍する学生を対象としたオンラインサーベイも実施した。後者では自殺念慮については質問しなかったものの、抑うつ傾向と不安障害、孤独感や孤食について調査を行った。

  • 大規模クラスルーム内のピアエフェクトについての研究

    2020   田中久稔, 星野匡郎

     View Summary

    本研究は大規模教室で実施される講義を用いてフィールド実験を行い、教室内着席位置と学生の学業パフォーマンスの因果関係を明らかにすることを目的としているが、2020年度は大教室における講義が行われなかったため、実験は実施することができなかった。そのため、将来に向けて準備を行った。

  • 自殺に関するポジティブなメディアコンテンツの人への影響についての実験

    2019  

     View Summary

    本研究では、自殺に関する内容を含む映画を用い、ポジティブな内容(例:主人公が自殺を考えていたが、その後立ち直ったストーリー)とそうでない内容(例:悩みを抱えた主人公が悩みの解決に至らず、最終的に自ら命を絶つ)の二つの種類の映画を被験者に見せ、その前後で自殺に関する考えなどがどのように変化するかを計測する実験を実施することを目的としていた。研究計画を立てる際には、自殺に関する報道や情報でもその内容が最終的にポジティブなものであれば、自殺を考えている人に良い影響を与えるということが先行研究により示されていることを参考にした。その後研究内容に改善を加え、19年度は実験の準備を行った。

  • 自殺報道と自殺の連鎖:ツイッターデータを用いたメカニズム分析

    2016   松林哲也, 澤田康幸

     View Summary

    本研究は著名人の自殺に関する SNS(ソーシャルネットワークサービス)上での人々の反応を分析した。具体的には、2010年から2014年に自殺で亡くなった23名の著名人の死亡記事が報道された前後におけるツイッターでの投稿数を分析した。その結果、自殺報道直後に死亡した著名人に関するツイッターでの投稿数は急増すること、しかしすべての著名人についての投稿数が増えるわけではなく、新聞などでは取り上げられているものの、ツイッターの利用者の間でほとんど話題になっていない著名人の自殺もあることが明らかになった。さらに、ツイッター上で話題になった著名人の自殺報道の後には自殺者数がより多く増加する傾向も明らかになった。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>