戸村 肇 (トムラ ハジメ)

写真a

所属

政治経済学術院 政治経済学部

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

決済を中心とする金融制度分析及び定常インフレ率の決定要因を研究課題としている。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年10月
    -
    2006年04月

    London School of Economics and Political Science,   Ph.D. in Economics (Thesis title: "Economic analysis of the post-1990 stagnation in Japan.")  

  • 1999年07月
    -
    2000年06月

    London School of Economics and Political Science,   MSc. in Economics  

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    東京大学   法学部  

学位 【 表示 / 非表示

  • 2006年   University of London   Ph.D.

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   政治経済学術院   教授

  • 2015年09月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   政治経済学術院   准教授

  • 2014年04月
    -
    2015年08月

    東京大学   大学院経済学研究科   講師(任期付)

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    北海道大学   大学院経済学研究科   准教授

  • 2006年07月
    -
    2012年03月

    Bank of Canada,   Senior Analyst

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 金融、ファイナンス   金融制度分析

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • インフレ率

  • 決済制度

論文 【 表示 / 非表示

  • Nominal contracts and the payment system

    Hajime Tomura

    The Japanese Economic Review    2020年07月  [査読有り]

     概要を見る

    A limited ability of the court to distinguish different qualities of goods of the same kind is introduced into an overlapping generations model. The model shows that fiat money recognizable by the court can circulate as both the means of debt repayments and the means of payments for goods endogenously. The model predicts that private money must be able to substitute the role of the civil court in contract enforcement, in order to replace legal currencies.

    DOI

  • Payment Instruments and Collateral in the Interbank Payment System

    Hajime Tomura

    Journal of Economic Theory   178   82 - 104  2018年  [査読有り]

     概要を見る

    The interbank payment system operated by the central bank can be characterized as a collateralized implicit interbank settlement contract to prevent a hold-up problem. This result explains the rate-of-return dominance puzzle on bank reserves.

    DOI

  • Fiscal cost to exit quantitative easing: the case of Japan

    Hiroshi Fujiki, Hajime Tomura

    JAPAN AND THE WORLD ECONOMY   42   1 - 11  2017年06月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper simulates the cash flows and balance sheet of the Bank of Japan (BoJ) before and after the end of Quantitative and Qualitative Monetary Easing (QQE) under various scenarios. The simulations show that the BoJ will record significant accounting losses after the end of QQE, because the yields on Japanese government bonds (JGBs) acquired during QQE will be lower than the interest rate on excess reserves after the end of QQE. These losses are fiscal costs for the consolidated Japanese government, as they correspond to increased interest expenses to the public. The extent of the BoJ's accounting losses depends crucially on the duration of QQE and the interest-rate elasticity of banknote demand. (C) 2017 The Authors. Published by Elsevier B.V.

    DOI

  • Investment Horizon and Repo in the Over-the-Counter Market

    Hajime Tomura

    JOURNAL OF MONEY CREDIT AND BANKING   48 ( 1 ) 145 - 164  2016年02月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper presents a three-period model featuring a short-term investor in the over-the-counter bond market. A short-term investor stores cash because of a need to pay cash at some future date. If a short-term investor buys bonds, then a deadline for retrieving cash lowers the resale price of bonds for the investor through bilateral bargaining in the bond market. Ex-ante, this hold-up problem explains the use of a repo by a short-term investor, the existence of a haircut, and the vulnerability of a repo market to counterparty risk. This result holds without any uncertainty about bond returns or asymmetric information.

    DOI

  • Asset Illiquidity and Dynamic Bank Capital Requirements

    Hajime Tomura

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CENTRAL BANKING   10 ( 3 ) 291 - 317  2014年09月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper introduces banks into a dynamic stochastic general equilibrium model by featuring asymmetric information as the underlying friction for banking. Asymmetric information about asset qualities causes a lemons problem in the asset market. In this environment, banks can issue liquid liabilities by pooling illiquid assets contaminated by asymmetric information. The liquidity transformation by banks results in a minimum value of common equity that banks must issue to avoid a run. This value increases with downside risk to the asset price and the expected degree of asset illiquidity. It rises during a boom if productivity shocks cause the business cycle.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 全国銀行協会平成28年度金融調査研究会報告書 「新次元の金融政策のあり方」

    ( 担当: 単著,  担当範囲: 第六章「マネーストックとノミナルアンカー」)

    全国銀行協会  2017年07月

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 信用と保険に対する貨幣の補完機能に関する理論研究

    2019年  

     概要を見る

    「信用が存在しうる環境でなぜ貨幣が必要になるのか」という研究課題については、「Nominal Contracts and the Payment System」という単著論文を書き上げ、査読付き国際学術雑誌であるInternational Journal of Central Bankingに投稿した。この論文では、貨幣を裁判所が認識できる債務返済手段(法貨)として位置づけ、その結果、貨幣が財市場での支払手段として使用され、また、日中当座貸越など、現在実際に行われている中央銀行による弾力的な貨幣供給が必要になることを理論モデルで導出した。介護のような社会保険支出の相互保険の機能を、法定通貨とは別の貨幣を社会に導入することで代替できるかについては、「Elderly Care and Multiple Monies」という早稲田大学現代政治経済研究所ワーキングペーパーの改訂作業を行った。

  • 決済システムにおける中央銀行の必要性の理論分析、そのマクロ経済学への含意の分析

    2015年  

     概要を見る

    当該研究費により、東北大学で開かれた2015年日本金融学会秋季大会における非伝統的金融政策のセッションに出席した。その知見を活かし、日本銀行の「量的・質的金融緩和」が日本銀行のバランスシートに与える影響についての長期シミュレーションを行った。分析結果は2016年8月のNBER Japan Projectカンファレンスで報告される予定である。また、平行して、中央銀行が商業銀行に日中当座貸越をする必要があるようなlimited participationを標準的なマクロモデルである新古典派成長モデルに簡易な形で導入することに成功した。この結果は2016年4月東京大学でのマクロ経済学ワークショップで発表される予定である。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • ファイナンスの基礎(大学院、日本語)

    一橋大学ICS  

  • マクロ経済学入門(学部、英語)

    早稲田大学、2017年度秋学期ティーチングアワード・総長賞受賞  

  • 金融経済学(大学院、日本語・英語)

    北海道大学、東京大学  

  • 日本経済論(学部、英語)

    早稲田大学  

  • ミクロ経済学入門(学部、英語)

    早稲田大学  

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年06月
    -
    2021年02月

    金融庁  決済高度化官民推進会議

  • 2017年11月
    -
    2019年06月

    金融審議会  金融制度スタディ・グループ

  • 2015年07月
    -
    2015年12月

    金融審議会  決済業務等の高度化に関するワーキング・グループ

  • 2014年10月
    -
    2015年04月

    金融審議会  決済業務等の高度化に関するスタディ・グループ