川上 諒子 (カワカミ リョウコ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

講師(任期付)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

    早稲田大学大学院   スポーツ科学研究科   スポーツ科学  

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    鹿屋体育大学大学院   体育学研究科   体育学  

  • 2003年04月
    -
    2006年03月

    鹿屋体育大学   体育学部   体育学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(スポーツ科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年12月
    -
    継続中

    新潟大学大学院   医歯学総合研究科   客員研究員

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学スポーツ科学学術院 講師(任期付)   Faculty of Sport Sciences

  • 2015年04月
    -
    継続中

    国立健康・栄養研究所 健康増進研究部 協力研究員

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    国立国際医療研究センター   疫学予防研究部   客員研究員

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学スポーツ科学学術院 助手   Faculty of Sport Sciences

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本健康支援学会

  •  
     
     

    日本体育測定評価学会

  •  
     
     

    日本運動疫学会

  •  
     
     

    アメリカスポーツ医学会(ACSM; American College of Sports Medicine)

  •  
     
     

    日本公衆衛生学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 栄養学、健康科学

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 身体活動、運動、体力、全身持久力、筋力、筋量、サルコペニア、老年医学、2型糖尿病、メタボリックシンドローム、測定評価法、生物統計学、コホート研究、疫学、公衆衛生学、ヘルスプロモーション、スポーツ観戦

論文 【 表示 / 非表示

  • Association between alcohol dietary pattern and prevalence of dyslipidaemia: WASEDA'S Health Study.

    Kumpei Tanisawa, Tomoko Ito, Ryoko Kawakami, Chiyoko Usui, Takuji Kawamura, Katsuhiko Suzuki, Shizuo Sakamoto, Kaori Ishii, Isao Muraoka, Koichiro Oka, Mitsuru Higuchi

    The British journal of nutrition    2021年07月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    The association between a dietary pattern characterised by high alcohol intake and dyslipidaemia has not been fully investigated. Therefore, the present study aimed to investigate the association between alcohol dietary patterns and the prevalence of dyslipidaemia and its components. This cross-sectional study enrolled 2,171 men and women aged ≥40 years who were alumni of a Japanese university. To identify dietary patterns, a principal component analysis was performed based on the energy-adjusted food intake estimated by a brief-type self-administered diet history questionnaire. Three dietary patterns were identified, the second of which was named the alcohol dietary pattern and was characterised by a high intake of alcoholic beverages, liver, chicken, and fish. This alcohol dietary pattern was associated with reduced low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C) levels. The fully adjusted odds ratios (95% confidence intervals) of high LDL-C for the lowest through highest quartile of alcohol dietary pattern score were 1.00 (reference), 0.83 (0.64-1.08), 0.84 (0.64-1.10), and 0.68 (0.49- 0.94), respectively. Subgroup analysis showed that the alcohol dietary pattern was inversely associated with the prevalence of dyslipidaemia in women, whereas it was positively associated with high triglyceride levels in men. In conclusion, the alcohol dietary pattern, characterised by a high intake of alcoholic beverages, liver, chicken, and fish, was associated with the prevalence of dyslipidaemia and its components. This finding provides useful information for the prevention and treatment of dyslipidaemia by modifying the diet.

    DOI PubMed

  • Determinants of Resting Oxidative Stress in Middle-Aged and Elderly Men and Women: WASEDA’S Health Study

    Takuji Kawamura, Kumpei Tanisawa, Ryoko Kawakami, Chiyoko Usui, Tomoko Ito, Hiroki Tabata, Nobuhiro Nakamura, Sayaka Kurosawa, Wonjun Choi, Sihui Ma, Zsolt Radak, Susumu S. Sawada, Katsuhiko Suzuki, Kaori Ishii, Shizuo Sakamoto, Koichiro Oka, Mitsuru Higuchi, Isao Muraoka

    Oxidative Medicine and Cellular Longevity   2021   1 - 11  2021年06月  [査読有り]

     概要を見る

    Previous studies have not investigated the determinants of resting oxidative stress, including physical fitness, as it relates to redox regulation. The present study therefore was aimed at identifying lifestyle and biological factors that determine resting oxidative stress, including objectively measured physical fitness. In 873 middle-aged and elderly men and women, age and anthropometric parameters, lifestyle-related parameters, medication and supplementation status, physical fitness, biochemical parameters, and nutritional intake status, as well as three plasma oxidative stress markers: protein carbonyl (PC), F2-isoprostane (F2-IsoP), and thiobarbituric acid reactive substances (TBARS), were surveyed and measured. The determinants of PC, F2-IsoP, and TBARS in all participants were investigated using stepwise multiple regression analysis. In PC, age (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M1">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mo>−</mo>
    <mn>0.11</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M2">
    <mi>P</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.002</mn>
    </math>
    </inline-formula>), leg extension power (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M3">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mo>−</mo>
    <mn>0.12</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M4">
    <mi>P</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.008</mn>
    </math>
    </inline-formula>), BMI (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M5">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.12</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M6">
    <mi>P</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.004</mn>
    </math>
    </inline-formula>), and HDL-C (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M7">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.08</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M8">
    <mi>P</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.040</mn>
    </math>
    </inline-formula>) were included in the regression model (adjusted <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M9">
    <msup>
    <mrow>
    <mi>R</mi>
    </mrow>
    <mrow>
    <mn>2</mn>
    </mrow>
    </msup>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.018</mn>
    </math>
    </inline-formula>). In the F2-IsoP, smoking status (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M10">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.07</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M11">
    <mi>P</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.060</mn>
    </math>
    </inline-formula>), BMI (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M12">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.07</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M13">
    <mi>P</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.054</mn>
    </math>
    </inline-formula>), and HbA1c (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M14">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mo>−</mo>
    <mn>0.06</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M15">
    <mi>P</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.089</mn>
    </math>
    </inline-formula>) were included in the regression model (adjusted <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M16">
    <msup>
    <mrow>
    <mi>R</mi>
    </mrow>
    <mrow>
    <mn>2</mn>
    </mrow>
    </msup>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.006</mn>
    </math>
    </inline-formula>). In TBARS, glucose (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M17">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.18</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M18">
    <mi>P</mi>
    <mo>&lt;</mo>
    <mn>0.001</mn>
    </math>
    </inline-formula>), CRF (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M19">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.16</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M20">
    <mi>P</mi>
    <mo>&lt;</mo>
    <mn>0.001</mn>
    </math>
    </inline-formula>), age (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M21">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.15</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M22">
    <mi>P</mi>
    <mo>&lt;</mo>
    <mn>0.001</mn>
    </math>
    </inline-formula>), TG (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M23">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.11</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M24">
    <mi>P</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.001</mn>
    </math>
    </inline-formula>), antioxidant supplementation (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M25">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.10</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M26">
    <mi>P</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.002</mn>
    </math>
    </inline-formula>), and HbA1c (<inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M27">
    <mi>β</mi>
    <mo>=</mo>
    <mo>−</mo>
    <mn>0.13</mn>
    </math>
    </inline-formula>, <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M28">
    <mi>P</mi>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.004</mn>
    </math>
    </inline-formula>) were included in the regression model (adjusted <inline-formula>
    <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" id="M29">
    <msup>
    <mrow>
    <mi>R</mi>
    </mrow>
    <mrow>
    <mn>2</mn>
    </mrow>
    </msup>
    <mo>=</mo>
    <mn>0.071</mn>
    </math>
    </inline-formula>). In conclusion, the present study showed that age, anthropometric index, lifestyle-related parameters, medication and supplementation status, objectively measured physical fitness, biochemical parameters, and nutritional intake status explain less than 10% of oxidative stress at rest.

    DOI

  • Female Athletes Genetically Susceptible to Fatigue Fracture Are Resistant to Muscle Injury

    Eri Miyamoto-Mikami, Hiroshi Kumagai, Kumpei Tanisawa, Yuki Taga, Kosuke Hirata, Naoki Kikuchi, Nobuhiro Kamiya, Ryoko Kawakami, Taishi Midorikawa, Takuji Kawamura, Ryo Kakigi, Toshiharu Natsume, Hirofumi Zempo, Koya Suzuki, Yoshimitsu Kohmura, Kazunori Mizuno, Suguru Torii, Shizuo Sakamoto, Koichiro Oka, Mitsuru Higuchi, Hisashi Naito, Naokazu Miyamoto, Noriyuki Fuku

    Medicine & Science in Sports & Exercise   Publish Ahead of Print  2021年03月  [査読有り]

    DOI

  • “筋トレ”の疫学:Muscle-strengthening exerciseに関するナラティブレビュー

    門間陽樹#, 川上諒子#, 山田綾, 澤田亨

    運動疫学研究   in press  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Body flexibility and incident hypertension: The Niigata wellness study

    Yuko Gando, Susumu S. Sawada, Haruki Momma, Ryoko Kawakami, Motohiko Miyachi, I‐Min Lee, Steven N. Blair, Minoru Tashiro, Chika Horikawa, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Kazuya Fujihara, Kiminori Kato, Hirohito Sone

    Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports    2020年11月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • トレーニングのための生理学的知識

    著者:Zsolt Radák, 監訳:樋口満( 担当: 共訳)

    市村出版  2018年10月 ISBN: 9784902109504

Misc 【 表示 / 非表示

  • 全身持久力が高い人は長期間にわたって2型糖尿病の罹患リスクが低い (運動・身体活動のエビデンス144)

    川上諒子

    月刊健康づくり   42 ( 6 ) 15  2019年06月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • アメリカスポーツ医学会(ACSM; American College of Sports Medicine)の紹介 (学会傍聴記)

    川上諒子

    トレーニング科学   31 ( 2 ) 97 - 100  2019年  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 高齢者が野球場へ出かけてプロ野球を観戦することで主観的幸福感が高まる可能性 (運動・身体活動のエビデンス136)

    川上諒子

    月刊健康づくり   41 ( 9 ) 24  2018年09月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 肥満でありかつ筋力が低い人では2型糖尿病の有病率が高い (運動・身体活動のエビデンス127)

    川上諒子

    月刊健康づくり   41 ( 1 ) 24  2018年01月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • サルコペニアの簡易評価法としての椅子片脚立ち上がりテストの妥当性検証研究

    川上諒子, 村上晴香, 丸藤祐子, 澤田亨, 真田樹義

    デサントスポーツ科学   37   92 - 98  2016年06月

    担当区分:筆頭著者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第6回日本介護予防・健康づくり学会大会 若手奨励賞

    2018年11月   第6回日本介護予防・健康づくり学会  

  • 61st American College of Sports Medicine Annual Meeting International Student Award

    2014年05月   アメリカスポーツ医学会(ACSM; American College of Sports Medicine)  

  • 第64回日本体育学会 若手研究奨励賞

    2013年08月   第64回日本体育学会  

  • 鹿屋体育大学 学業成績優秀者学長表彰 (3年次早期卒業)

    2006年03月   鹿屋体育大学  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 下腿周囲径計測によって筋量の変化を簡易評価できるか:縦断的検証

    若手研究

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2026年03月
     

    川上 諒子

  • 各種体⼒要素と難聴発症に関する予防疫学研究

    研究奨励金

    研究期間:

    2020年02月
    -
    2021年04月
     

    川上諒子, 丸藤祐子, 曽根博仁, 加藤公則

    担当区分: 研究代表者

  • 下腿周囲径計測によるサルコペニア簡易評価の臨床的意義と確立への展開

    若手研究

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    川上 諒子

     概要を見る

    サルコペニアは、「加齢に伴う筋量や筋力の低下」と定義されている。超高齢社会に突入した我が国において、要介護リスクであるサルコペニアを早期に発見し、予防・改善の対策を行っていくことは重要である。しかしながら現在、国民がサルコペニアか否かを一般的に判別できるような環境は整備されていない。
    本研究課題では、下腿周囲径計測によるサルコペニア簡易評価の臨床的意義とその確立に向けた研究の実施を目的とし、課題①:肥満や下腿浮腫等どのような特性を有する対象者であっても下腿周囲径計測によりサルコペニアの評価が可能かを検討するとともに、課題②:誰もが使用可能で、より高精度なサルコペニア簡易評価のための推定式の開発を目指す。
    本研究では、大学同窓生を対象とした大規模コホート研究の参加者のうち、大学施設で実施する健康診断・体力測定に参加可能な中高齢者を対象に検討を行う。初年度の2018年度においては、研究計画どおりに測定の遂行に従事し、対象者のリクルート等のマネージメントを実施するとともに、データ入力・整備を行い、研究協力者とともに測定の流れを確立してきた。実際に、2018年度では215人の測定を実施し、これまでに総計1,168人の測定が問題なく完了している。2019年度においては、昨年度に引き続き測定遂行に従事するとともに、段階的にデータ解析を進めていく予定である。
    2018年度は、課題①の肥満者であっても下腿周囲径計測によりサルコペニアの評価が可能かを検討した。その結果、肥満者(男性r=0.81、女性r=0.69)および非肥満者(男性r=0.76、女性r=0.78)のいずれにおいても正の相関関係が認められ、肥満状況にかかわらず、下腿周囲径は筋量の簡易評価に適用できる可能性が示唆された。本研究成果は、第6回日本介護予防・健康づくり学会大会において研究発表を行い、若手奨励賞を受賞した。

  • 身体活動およびその他の生活習慣要因とサルコペニアの関連構造を解明する

    研究活動スタート支援

    研究期間:

    2015年08月
    -
    2017年03月
     

    川上 諒子

     概要を見る

    本研究では、中高齢者を対象に身体活動ならびにその他の生活習慣要因とサルコペニアの関連を検討した。本研究の結果、年齢、喫煙状況、余暇身体活動、たんぱく質摂取量、はそれぞれ独立してサルコペニアの頻度と有意な関連が認められた。サルコペニアの頻度に対する余暇身体活動とその他の生活習慣要因の交互作用についてはいずれの生活習慣要因においても有意ではなかった。

  • 質問紙を用いたサルコペニアのスクリーニング・簡易評価法の開発

    特別研究員奨励費

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2015年03月
     

    川上 諒子

     概要を見る

    サルコペニアは、「加齢に伴う筋力の低下、または老化に伴う筋肉量の減少」と定義されている。誰もが容易に利用可能なサルコペニアの簡易評価法を開発することは、要介護者が急増している我が国において必要性が高く、意義深い研究であると考えられる。
    前年度において、特定健診・特定保健指導の標準的な質問票による身体活動調査によってサルコペニアの簡易評価が可能か否かを検討した結果、質問票単独では精度が十分でないことが示唆された。そこで、本年度は下腿周囲長に着目し、下腿周囲長がサルコペニアの簡易評価法として有用か否かについて検討を行った。
    (方法)40歳以上の男女526名を対象とし、立位時の下腿の最大周囲長とDXA法を用いた筋量の評価を行った。DXA法で得られた四肢筋量の値を基にサルコペニアを判定した。(結果)サルコペニア該当者の割合は、男性7.3%、女性7.0%であった。下腿周囲長と四肢筋量との間に有意な正の相関関係が認められた(男性:r=0.81、女性:r=0.73)。また、ROC解析によりサルコペニア評価のための下腿周囲長の最適カットオフ値を求めたところ、男性は34cm(感度88%・特異度91%)、女性は33cm(感度76%・特異度73%)であった。(結論)下腿周囲長と四肢筋量との間に比較的強い相関関係が示され、下腿周囲長はサルコペニアの簡易的な代替指標として使用できる可能性が示唆された。また、サルコペニア推定のための下腿周囲長の最適カットオフ値は男性34cm、女性33cmであった。(研究成果の発表)第69回日本体力医学会において本研究成果の内容を発表した。さらに、国際雑誌「Geriatrics & Gerontology International」に原著論文が受理された。

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 下腿周囲径計測によるサルコペニア評価と糖尿病有病率の関連

    2020年  

     概要を見る

    本研究では、下腿周囲径と自記式問診票および血液検査により判定した糖尿病有病率の関係を横断的に検証することを目的とした。対象者は40歳以上の中高齢男女1314人であった。糖尿病有病者数は66人と少なかったため、糖尿病境界型を含めた165人を本研究のアウトカムとして解析した。性別ごとに下腿周囲径の値に基づき3分位に群分けをした。性別、年齢、体脂肪率、運動習慣、喫煙習慣、飲酒習慣、糖尿病家族歴を調整後、最も下腿周囲径が小さい群(T1)を基準とした場合の他の2群の多変量調整オッズ比(95%信頼区間)は、T2群で0.91(0.59-1.42)、T3群で0.84(0.51-1.38)となった。下腿周囲径が大きい群ほど糖尿病有病のオッズ比は低い値であったが、統計学的に有意な関係は認められなかった(トレンド検定P値=0.486)。今後、さらに解析者数を増やして検討するとともに、追跡調査を行い、縦断的な解析を行う予定である。

  • 下腿周囲径計測による全身筋量評価に対する上肢と下肢の筋量比の影響

    2019年  

     概要を見る

    本研究では、下腿周囲径計測による全身筋量評価に対する上肢と下肢の筋量比の影響を検証することを目的とした。対象者は40歳以上の中高齢男女1248人であった。立位時の下腿最大周囲径とDXAによる身体組成の測定を行った。上肢と下肢の筋量の間には強い正の相関関係が認められた(男性r=0.83、女性r=0.81)。低筋量に対する下腿周囲径のROC曲線のアンダーカーブ面積は、上肢筋量が占める割合が多い群(男性0.85、女性0.81)よりも、少ない群(男性0.91、女性0.86)でわずかに高値となったが、いずれの群も高いアンダーカーブ面積であった。以上より、上肢筋量が占める割合が多い者ではわずかに精度が下がるものの、下腿周囲径計測によって低筋量の簡易評価が可能であることが示唆された。

  • 筋量の簡易評価指標としての下腿周囲径と体力との関連

    2017年  

     概要を見る

    本研究では、筋量の簡易評価指標としての下腿周囲径と体力との関連について横断的に検討することを目的とした。対象者は40歳以上の中高齢男女898人であった。立位時の下腿最大周囲径、握力および脚伸展パワーの測定を行った。下腿周囲径は、握力(r=0.58)および脚伸展パワー(r=0.59)との間に中程度の正の相関関係が認められた。ROC曲線による解析の結果、低筋量者(握力:男性&lt;30kg、女性&lt;20kg)を予測するための下腿周囲径のカットオフ値は男性27.5cm(感度67%、特異度64%)、女性25.3cm(感度60%、特異度62%)であった。以上より、精度はそれほど高くはないものの、下腿周囲径計測によって低筋力の簡易評価が可能であることが示唆された。

  • サルコペニア予防のために必要な身体活動の量およびその強度に関する研究

    2015年  

     概要を見る

    本研究では、身体活動量とサルコペニアとの関連について横断的に検討することを目的とした。40歳から85歳の中高齢女性509人を対象とした。三次元加速度計を用いて客観的に身体活動量を評価した。また、DXA法を用いて評価した骨格筋指数をもとに、サルコペニアを判定した。中強度以上の身体活動量の三分位によるサルコペニアのオッズ比を求めた結果、身体活動量が最も少ない第1三分位に対する各分位の調整オッズ比(95%信頼区間)は、第2三分位で0.83(0.54-1.29)、第3三分位で0.53(0.34-0.83)となり、有意な負の量反応関係が認められた(P=0.006)。以上より、中強度以上の身体活動量が多い女性ではサルコペニア該当者が少ない可能性が示唆された。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学演習

    早稲田大学大学院  

    2018年04月
    -
    継続中
     

  • 論文作成技法

    早稲田大学大学院  

    2018年04月
    -
    継続中
     

  • スポーツ英語:文献(健康スポーツ)

    早稲田大学  

    2018年04月
    -
    継続中
     

  • 情報処理

    早稲田大学  

    2018年04月
    -
    継続中
     

  • 公衆衛生学

    早稲田大学  

    2018年04月
    -
    継続中
     

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    継続中

    日本運動疫学会  編集委員

  • 2020年10月
    -
    継続中

    日本運動疫学会  理事

  • 2020年04月
    -
    継続中

    日本健康支援学会  編集委員

  • 2020年04月
    -
    継続中

    日本健康支援学会  評議員

  • 2017年10月
    -
    継続中

    日本運動疫学会  総務委員

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 年齢・肥満によらずふくらはぎ周囲⻑でサルコペニアのスクリ ーニングが可能

    インターネットメディア

    執筆者: 本人以外  

    一般社団法人日本スポーツ栄養協会   スポーツ栄養Web  

    2020年11月

  • ふくらはぎ周囲⻑のサルコペニア判定カットオフ値― 早⼤

    インターネットメディア

    執筆者: 本人以外  

    HealthDay News, CareNet 他  

    2020年11月

  • スポーツと健康:観戦でも「健康増進」熱い応援で心も体も元気! プロ野球を観戦すると健康になる!?

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    株式会社ヤクルト   ヘルシスト  

    2020年03月

  • 野球観戦 幸福感アップ:高齢者の健康維持に効果

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    毎日新聞  

    2019年09月

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 未病いやしの里センター県展示施設BIOTOPIA me-byoエクスプラザ

    神奈川県 県西地域活性化プロジェクト  

    2017年09月
    -
    2018年04月